無料で使えるポートフォリオで、各銘柄の移動平均乖離率が表示されるものをご存知ないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2ですが、IEでやったらうまくいきました。


周期を日次にすると5日25日75日
週次にすると5週25週75週
月次にすると5月25月75月
になるようです。

詳細設定で期間を変えられるようですが
最高で75までのようです。

自分でいうのもなんですが、結構よさそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
説明が悪くてすみません。
移動平均の乖離率を数値として、ポートフォリオの1つの表示項目として出すことができるものを探しています。

お礼日時:2003/09/15 17:28

日経の株価スーパーチャートで


「スーパーチャートの使い方」をみると
移動平均乖離率が表示されるはずなのですが・・・
私のブラウザでは表示されません。
やり方が悪いだけなのかわかりませんが。
やってみてうまくいったら教えてください。

日経のポートフォリオからでもこの画面が開ける
はずです。

参考URL:http://superchart.nikkei.co.jp/servlets/Query?SR …
    • good
    • 0

「無料で使えるポートフォリオ」というのは、なにかツールのようなイメージをお探しですか?


失礼ですがポートフォリオの意味をご存知ないのでは?

参考URL:http://www.tse.or.jp/glossary/gloss_h/portfolio. …

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。
説明が悪くて申し訳ございません。
無料というのは、証券会社のものではなく、ヤフーやニフティのように、無料で使えるポートフォリオという意味です。
探しているのは、ポートフォリオの画面上に、たとえば「前日比」や「PER」のように表示できる項目の1つに「移動平均乖離率」があるものをご存知ではないかという質問でした。申し訳ございません。

補足日時:2003/09/15 17:29
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q企業ポートフォリオ分析(PPMとGM)

企業ポートフォリオ分析(PPMとGM)
経営管理論の本をよんでますが、さっぱりわかりません。
わかりやすく説明してほしいです。

Aベストアンサー

GEジェネラル・エレクトリック社はさまざまな分野に進出し、大きな業績を上げていたのですが、あまりに広い分野に進出しすぎてしまい、採算の取れない部門が出てきました。また、進出した分野があまりにも広範囲にわたったため、経営のマネジメントも、複雑になりすぎてしまい、どこをどうマネージしてよいのか訳が分からなくなってしまいました。そこで、全社的に選択と集中を行い、これから事業を継続して注力する分野を決めようとしました。

手元にデータがないのですが、当時のGE社は事業部が60以上もあり、それをさらに分けて100以上の部門からなっていました。重役会議では

「うちのA部門をもっと拡充するために、もっと予算をくれ。」とか
「いやそっちのA部門よりうちのB部門の方がこの先伸びるんだから、予算配分を多くしてくれ。」
「C部門は売り上げが落ちてきて危機的な状況なのだから、それを打開するために予算をくれ。」
「とんでもないよ。C部門なんて落ち目なんだから、さっさと撤退してうちのD部門を拡充すべきでしょう。」
「いや、そうではなくて、わがE部門では・・・・・・。」

といった議論でまとまりがつかなくなってしまうのです。
そこで、これらの事業を、戦略的に関連のある、いくつかのグループに分けました。これが戦略的事業単位SBUです。そして、このSBUのうち、どのSBUを重視するかの判定をしようとしました。
ここからがPPMです。

判定のための切り口は2つです。
1つ目の切り口は、市場成長率つまりその事業の市場が今後大きくなるかどうかです。
2つ目の切り口は、相対的マーケットシェアつまり、わが社がその市場でどれだけのシェアを獲得しているかですが、これはわが社がその分野でどれだけの技術力や営業力を持っているか、ということでもあります。

この2つの切り口で、2×2のマトリックスを作ります。すると、
1)市場成長率が大きくてマーケットシェアが小さい
2)市場成長率が大きくてマーケットシェアが大きい
3)市場成長率が小さくてマーケットシェアが大きい
4)市場成長率が小さくてマーケットシェアが小さい
の4つの象限ができます。

自社のSBUのそれぞれが、この4つの象限のどこに当てはまるかを考え、そのSBUをどうするか決めてゆくのですが、そのためにはこの4つの象限がどんな意味を持っているのかを考えておく必要があります。
そのために応用するのが、製品ライフサイクルPLCという考え方です。

PLCでは、人間が誕生し、成長し、熟年となり、そして老衰してゆくように、製品も誕生し、成長し、熟年となりそして衰退してゆくと考えます。

ある製品を開発しました。その製品は開発されたばかりで、ゼロから売り出してゆくので、市場成長率は当然高いです。まだ売り始めたばかりなので、市場占有率は低いです。でも頭打ちになるかもしれませんし、ずっと伸びてゆくかもしれません。まだ利益は出ません。これを儲かる製品にするためには、さらに改良を重ね、宣伝を行い、製品の認知度を高めなければなりません。ですから金食い虫のくせに儲かるかどうかわからないのです。これが上記の1つ目の象限、「問題児」です。

製品が売れ始め成長期になると、他社も類似の製品を市場に投入し始めます。自社がそれまでに十分大きなマーケットシェアを獲得しておくと、競合がいても、その市場で利益が得られます。しかし、他社に追い着かれないためには製品の改良と営業などに資金を投入しなければなりません。儲かるけれども維持にはお金がかかる。これが2つ目の象限「花形製品」です。

さらに成熟期になると、製品はもっと売れ、その結果その製品は市場にあふれ、ターゲットはみんなもうすでにその製品を持っている、という市場が飽和した状態になります。そうなると、新規購入需要はなくなり買い替え重要のみになります。この時期にはターゲットはその製品のことをよく知っていますから、広告をしても売り上げは増えません。しかし広告をしないと他社に取られてしまうので維持的な広告をします。また、改良もしつくされているので、飽きられないためのマイナーチェンジをします。ですから大きな資本を投入する必要はありませんし、大きな市場シェアを獲得していると、大きな利益が得られます。これが上記の3番目の象限、PPMでいう「金のなる木」です。

やがて衰退期になります。衰退していても、それなりに利益が得られれば良いのですが、自社の市場シェアが少ないと赤字になります。企業にとっては、どうしようもないお荷物になってしまいます。これが上記の4番目の象限、PPMでいう「負け犬」です。


金のなる木から得た資金を問題児や花形製品に投入して新たな金のなる木に育て、負け犬になったら撤退するというのがPPMです。

GEジェネラル・エレクトリック社はさまざまな分野に進出し、大きな業績を上げていたのですが、あまりに広い分野に進出しすぎてしまい、採算の取れない部門が出てきました。また、進出した分野があまりにも広範囲にわたったため、経営のマネジメントも、複雑になりすぎてしまい、どこをどうマネージしてよいのか訳が分からなくなってしまいました。そこで、全社的に選択と集中を行い、これから事業を継続して注力する分野を決めようとしました。

手元にデータがないのですが、当時のGE社は事業部が60以上も...続きを読む

Q5日&25日移動平均乖離率でスクリーニングしたい!

タイトル通り、5日&25日移動平均乖離率でスクリーニングできるサイト、証券会社、ソフトを探しています。有料でも構いません。
5日移動平均乖離率でスクリーニングできるサイト、25日移動平均乖離率でスクリーニングできるサイトは知っているんですが、同時にスクリーニングできるサイトをしりません。
例えば、25日移動平均乖離率が-25%で、5日移動平均乖離率が-15%という、二つの条件でスクリーニングしたいのです。
現在は、上記のことをする場合、あるサイトで25日移動平均乖離率が-25%の株をしらべ、そこでスクリーニングした株を、また別のサイトで一つずつ5日移動平均乖離率が-15%かをチェックしています。
これはすごく手間なので・・・。
25日移動平均乖離率と5日移動平均乖離率が同時にできたら物凄く助かります。
また、「このサイトと、このサイトを利用すれば、もっと簡単に5日&25日移動平均乖離率でスクリーニングできるよ」といった、間接的な方法をご存知の方も、よろしければ助けてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

以前は短期と長期の移動平均乖離率を絞り込み条件にできるサイトがあり使ったことがありましたが、今探してみるとどうもないようです。確かniftyだったと思うのですが。検索条件をカスタマイズするには、市販のチャートソフトを使うか、自分でAccessかExcelにデータベースを構築するしかないというのが私の結論です。長い目で見るとExcelやAccessを使えるようになると、移動平均の乖離率はもちろん、一目均衡表の雲の上下とかいろんなことができますよ。

Q重回帰分析ダミー変数ありで使用できるような事例と数値データはないでしょうか。

重回帰分析でレポートを書きたいのですが、重回帰分析ダミー変数ありで使用できるような事例と数値データはないでしょうか。
よろしかったら誰か教えてください(>_<)

Aベストアンサー

それをきいちゃ~おしめ~だろ~
って言われそうな質問ですが。

重回帰分析とは多変量関数の線形回帰分析ですよね?
ダミー変数ってのは回帰を証明するための誤差吸収変数ですよね?
ってことは、そういうデータを引っ張ってきて、
てきと~な理論(モデル)を作れば、
レポートできるんじゃないでしょうか?

学部の講義だったら、
計量モデルを厳密に作れというレポートとは思えないのですが。
大学院だったら、
そんなのもできね~の?って感じです。

Q50日移動平均線の乖離率

についてですが、なかなかサイトでありません。
例えば東証1部の銘柄でスクリーニングやランキングででてくるのが望ましいのです。 証券会社でもサイトでもかまいません。教えてください。もう少しで自分のスタイルが確立できそうなんです。

Aベストアンサー

 通常、日単位の移動平均線は5日、25日、75日を使用するので情報提供する側も5日、25日、75日で出してきます。50日移動平均線ランキングを見たい!と思っても需要が無いので多分どこも情報提供していないと思いますよ。
 75日移動平均線は動きがゆったりなのでおそらく75日移動平均線乖離率ランキングと50日移動平均線乖離率ランキングの差はあまり無いでしょう。少なくとも75日移動平均線乖離率ランキング1位の銘柄が50日移動平均線乖離率ランキングにおいて100位以下になった、なんてことはありえないと思います。
 75日移動平均線乖離率ランキングの1位から100位まで(これはヤフーファイナンスサイトで入手できます)の銘柄コードを元に、過去50日の四本値をダウンロードして50日移動平均値と乖離率を算出し、50日移動平均線乖離率ランキングを改めて作成する、というエクセルマクロを組めばいいと思います。

任意の銘柄コードのデータダウンロード用エクセルマクロの作り方はリンク先を参考にしてください。

「えー、そんなのめんどくさいよー、誰か代わりにやってよー!」
という場合は私が貴方に代わって資産を増やしてあげますので私に全財産を預けてください。(笑)

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~iryo/kabu/tool/kikabu_load.html

 通常、日単位の移動平均線は5日、25日、75日を使用するので情報提供する側も5日、25日、75日で出してきます。50日移動平均線ランキングを見たい!と思っても需要が無いので多分どこも情報提供していないと思いますよ。
 75日移動平均線は動きがゆったりなのでおそらく75日移動平均線乖離率ランキングと50日移動平均線乖離率ランキングの差はあまり無いでしょう。少なくとも75日移動平均線乖離率ランキング1位の銘柄が50日移動平均線乖離率ランキングにおいて100位以下になった、なんてことはありえないと思い...続きを読む

Q最適な分析方法は?

様々な気象要素(量的)の値から、量的なある事例数及び事例の有無を予測するための統計学的手法について、どなたか教えていただけないでしょうか?

統計学の素人で、主にエクセルしか手元にありません。
求めたい事項は、
(1)事例(及び事例数)に対してどのような要素を説明変数とすべきか?
(2)どのような手法で分析をすべきか
です。
漠然と重回帰分析で、危険度から順に削除していく方法かなと思っていますが、ある方からロジスティック回帰分析が良いのではといわれました。ロジスティック回帰分析については知識がないため良く分かりません。

まとまりがない質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の内容が漠然としすぎている気がします。

求めたい事項に関しては、事例が分からないと、説明変数を決めることが出来ません。明日の降水量を予測するのに、株価を使ってもほとんど意味がないですしね。また、分析手法も解析する対象によって様々です。

ですが、量的な気象要素の値から、事例の有無を予測する統計的手法については、確かにロジスティック回帰分析がよさそうです。
ロジスティック回帰分析を使うと、量的な説明変数から、質的な事例の確率を解析できるからです。例えば、東京の気圧がいくらの場合、雨が降る確率はいくらか、ということが解析できます。

このあたりの具体的な解析手段は、様々な書籍やネット上でも閲覧できるので、そちらを参考にしてください。個人的には、「自然科学の統計学」(東京大学出版会)が、最初に勉強するには良かったと感じています。

ただし、統計学を利用して結果を解析した後は、その結果が本当に正しいものかどうか検討をよろしくお願いします。たまに、単に闇雲に行った統計解析を見ることがあります。まあ、これは蛇足かもしれません。

Q移動平均線乖離率について知りたいことがあります。

私は株を初めて1年半ほどです。
私はデイトレやスイングトレードをしているので、日足のチャートを主に使っています。

有名な投資家の方の本に「株価は移動平均線に収れんされていく」
と言うようなことが書かれていました。
移動平均線乖離率が大きければ買い、売りの判断がしやすいとおもいました。
移動平均線乖離率のランキングのようなものはあるでしょうか?
聞いたことがあるような、ないような・・・
私は探したけれど、わかりませんでした。
どなたかご存じですか?

Aベストアンサー

困り度3で一時間以上放置されてるのも、アレですので


ヤフーファイナンスや株式新聞のHP
http://quoterank.yahoo.co.jp/ranking/search?b=1&tm=day&mk=11&kd=21&ca=3&
http://www.kabushiki.co.jp/technical/25daysdiffer_tse11.jspx;jsessionid=21475BDF3E989D40E9CE144623050C76

Q金型業界でのPPM分析は可能ですか?

こんばんは。はじめまして。
この度、上司にPPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)の作成を依頼されました。私の会社はプラスチック用金型製造業なのですが、受注生産である金型業界においてPPM分析をすることに意味はあるのでしょうか?

また、作成するにあたりプラスチック金型業界の成長性や市場シェアが分かるようなものをご存じの方がいましたら、お教え願います。やはり、それなりの費用をかけてデータを入手するしかないでしょうか?

Aベストアンサー

>受注生産である金型業界においてPPM分析をすることに意味はあるのでしょうか?

どういう軸でSBUを区切るか、によると思います。
たとえば素材別にプラスチックA、プラスチックB、プラスチックCと区切るか、分野別に玩具用、携帯電話用、家電製品用とか、あるいは取引会社ごとに、A社向け、B社向け、C社向け等です。
どういう区切り方をしたときに、キャッシュフローの適正配分の参考になるかを考えてみてはいかがでしょうか。

いくつか作ってみて、どういう区切り方をしても役に立たないのであれば、PPM分析に意味がないことを証明したことになりますから、「何通りの方法でPPM分析をして見ましたが、意味のある結果は出ませんでした」という内容の報告書を作って上司に提出できると思います。

成長性や市場シェアについては、明確な定義がされていないことがPPMの欠点として成書に挙げられていますから、とりあえず大まかに(感でもいいですから)作ってみて、使い物になりそうだとわかってから、本格的に調査をしてみてはいかがでしょうか。

Q移動平均乖離率について

よろしくお願いいたします。

移動平均乖離率は、移動平均線の上にローソク足があれば、プラス乖離で、移動平均線の下にローソク足があれば、マイナス乖離だと思います。

では、
(1)移動平均線上にローソク足があるものは、プラス乖離かマイナス乖離 なのか?

(2)スクリーニングで陽線が5日移動平均線上にある銘柄を検索する場合 は、どのように設定したらよいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.移動平均線とローソク足の終値が一致するなら乖離はゼロになりますね。しかし完全に一致(乖離ゼロ)の銘柄は意外と少ないと思います。

2.その場合には5日移動平均とのプラス乖離銘柄を検索し、乖離が小さなものから並べると良いでしょう。
逆にマイナス乖離でも同じように検索すれば5日線に近い銘柄を選び出すことができます。

ちなみにYahooファイナンスで25日線からの低乖離ランキングは下記のように表示できます。
http://quoterank.yahoo.co.jp/ranking/search?b=1&kd=20&mk=11%2c%2012%2c%2021%2c%2022%2c%2031%2c%2032%2c%2043%2c%2047%2c%2083%2c%2087%2c%2094%2c%2017%2c%20A1%2c%20A7%2c%2037&ca=3&tm=day&

http://quoterank.yahoo.co.jp/ranking/search?b=1&kd=22&mk=11%2c%2012%2c%2021%2c%2022%2c%2031%2c%2032%2c%2043%2c%2047%2c%2083%2c%2087%2c%2094%2c%2017%2c%20A1%2c%20A7%2c%2037&ca=3&tm=day&

1.移動平均線とローソク足の終値が一致するなら乖離はゼロになりますね。しかし完全に一致(乖離ゼロ)の銘柄は意外と少ないと思います。

2.その場合には5日移動平均とのプラス乖離銘柄を検索し、乖離が小さなものから並べると良いでしょう。
逆にマイナス乖離でも同じように検索すれば5日線に近い銘柄を選び出すことができます。

ちなみにYahooファイナンスで25日線からの低乖離ランキングは下記のように表示できます。
http://quoterank.yahoo.co.jp/ranking/search?b=1&kd=20&mk=11%2c%2012%2c%2021%2c...続きを読む

QYahoo!ファイナンスのポートフォリオについて。

Yahoo!ファイナンスでは一つのポートフォリオに対して50銘柄まで登録できますが、そのポートフォリオの数が結構多いんです。それをそのまま他のIDに移行したいんですが、一気に移行する方法はあるでしょうか?

それとも一つのポートフォリオの中の50銘柄をコピーして他のIDのポートフォリオにコピーして、それを繰り返すしかないでしょうか?

また良ければご返答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>それとも一つのポートフォリオの中の50銘柄をコピーして他のIDのポートフォリオにコピーして、それを繰り返すしかないでしょうか?

それしか方法はないと思います。
但し、一つずつやらなくてもメモ帳に登録内容をコピーしておいて
別のIDでログインし直せばコピー・ログオフ・ログオン・ペーストを
繰返す必要がありません。
メモ帳にコピーする時は50個ずつ解る様に行間を
開けるなどの工夫は必要です。

Q分足での移動平均乖離率を見たいです。

5分足での移動平均乖離率を、登録銘柄一覧表示とかで見れるツールなどはありませんか??

証券会社は5社くらい口座開設してますが、いずれのツールもありませんでした。
あと、ネット検索で色々と探してもみましたが、ダメでした。。
やはりVBAなどで自作するしかないのでしょうか・・・。

有料でも構いませんので、ご存知であれば教えて頂けると助かります。
宜しくお願いします。


補足です。
・分足は1分足でも構いません。
・移動平均は25本くらいが理想です。だいたいで構いません。

Aベストアンサー

株価移動平均乖離値=終値/株価移動平均 なので
分足では、終値が確定されていないので計算できません。 ので
分足に於いての表示もありません(できません)。
当然、自作もできません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報