柔道の試合を真面目に見たのがはじめてなんですが感動しました。田村選手かっこいいですね!
で、質問なんですが、田村選手が3回戦で1本勝ちをした時、相手の選手がいつまでもゴロゴロと転がっていました。あれは痛いからですか?悔しいからですか?

他の選手も負けるとゴロゴロしてる人が多いですよね。
痛いんならしょうがないですが、悔しくてゴロゴロは「武道」として考えるとみっともないですね。わたしはガッツポーズするのも嫌いなもんで気になります。スポーツと思えばいいのかな。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

怪我や痛みもあるでしょうが、大体の人は精神的ダメージ(疲れもあるか・・・)によるものでは無いでしょうか?



世界的規模に広がった柔道ですが、外国では武道として習うより、スポーツ(または格闘技?)として習う事が多く、特に指導者(コーチ)も日本人以外の場合は純粋にスポーツとして教えている場合もあります。
その為武士道精神などは希薄で、あくまでも勝つ事に重きを置くわけです。
そうなると、他のスポーツと一緒で、悔しさやその他の気持ちで、または“放心状態”などでゴロゴロというのも仕方有りません(レスリングなどでも時折見られます)。オリンピックや国際大会では、国の期待を背負うのでなおさらでしょう。

また寝たままの状態で、終了した場合、精神的ショックですぐには起き上がれないのは仕方ないのでは?
当然、立った状態で終了したのならわざわざ寝転がり、ゴロゴロすることも無いでしょう。

日本で生まれた柔道ですが、国際化に伴い精神的な指導は国ごとの習慣の違いで、後回しになる、もしくは理解されないまま広がっていったせいではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。柔道の場合は転がった状態で勝敗がつくので目につきやすい、ということなのかもしれませんね。
外国ではスポーツ精神はあっても、武道精神はないって感じなのでしょうか。
だからといってわたしに武道精神を語れ、って言われても困りますが・・・。感覚の問題ですよね(^^;
回答くださってありがとうございました。

お礼日時:2003/09/15 17:15

>悔しくてゴロゴロは「武道」として考えるとみっともないですね。


仰せの通りです。返す言葉もありません。
怪我をしようが痛みがあろうがそれを隠してでもかばいもせずぶつかる…それが武道でしょう。

私は元柔道部員です。
野村選手と手合わせした事もあります。当然負けましたが(笑
今回の試合、調整不足で60kg級の野村選手…久しぶりだったから優勝できなかった。でも銅メダル。
みんながんばった…そう言いましたね。
でも野村選手はそんな事一言も言いませんでしたよね?
かつての山下選手…負傷!対戦相手はそこを責めなかった…何て言って感動をよんでいますが。
片足負傷の選手にどちらの足を責めても負傷した足を攻撃しているんです。何故か解りますよね…

何でも良い、格闘技をやっていればこれぐらいは解るかと思うんですけどね…
年に百数十試合もする野球よりも
一度負けたらおしまい…と言う野球の方が一喜一憂ですよね?
さらにこれを柔道に当てはめるなら毎試合『9回二死満塁』から始まるようなものです。
言わば『有効、効果、技あり』はファウルボールに近い。ほんの一瞬気の緩みで負ける。それが柔道です。
まして、各階級に各国から一人しか参加できない。社会主義国で無くとも国を背負ってやってくる。
ただ勝つために…それだけのためにね。
だから負けた瞬間『呆然』頭が真っ白…この気持ちすごくよく解ります…解らないですか…まぁ仕方が無いでしょうけれど…

ドーハの悲劇その瞬間の日本代表…彼らを責めましたか?
シュートを外してもヘラヘラ笑顔の選手を罵りませんでしたか?
M2で足踏み続ける阪神のふがいなさ…これも責めますか?
こんな感想を持っても良いです。
ですが格闘技を見る以上は
こんなショボイ気持ちは例え思っても口にすべきでない。
そう私は思います。

ま…私が無名のまま終わったのは口数が多かったからでしょう…
今日団体戦があります。
『日本が勝つか負けるか』ではなく
選手一人一人どういう気持ちでいるか
これを考えて見て欲しいなぁと思います…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そして、なんだか不愉快にさせてしまったみたいで・・・すみませんでした。

極真空手をやっていますので、初級者ながらも格闘技・武道の経験はありますし、競技としての試合にも出ています。ここ最近、極真の試合ばかりを見ていたので、ガッツポーズをしたり、負けて悔しがったり、というのを礼をして試合場を降りる前にやってるのが不自然に見えたのだと、今思いつきました。
似たような胴衣(もともと空手の胴衣は柔道の真似らしいんで)を着てるから、なおさらそう感じたのかもです。サッカーや野球、格闘技ならK1とかプライドでは、このようには思いませんので・・・。

頭の中が真っ白なんですよね。わかるような気がします。でも、やっぱりなあ~って、心のどっかで思っちゃったりします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/09/15 17:27

理由は、回答1の方の書いた通りだと私も思います。


西欧では、健全な一流のスポーツでは負けて悔しがるのがスポーツマンシップであり、負けて薄笑いする日本人は「気味が悪い」存在のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>負けて悔しがるのがスポーツマンシップ
そうだったのですか。知りませんでした。そういえば、外国人は勝った時・負けた時の表現が激しいですね。
日本人は薄笑いしてるように見えるんですか。じっと耐えてる・・・とは理解してもらえないんですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/09/15 17:19

きのうの解説者の話では、不自然な角度で手をついたために痛めたか、もともと怪我してるところがあってそこをいためたんじゃないかとか言ってました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっ、そうなんですか。かわいそうに・・・。
それにしては、主審とかまわりの人とか、クールに見てて誰も助けようとしませんでしたね。そんなもんなんでしょうか。
すばやい回答ありがとうございます。

お礼日時:2003/09/15 13:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガッツポーズ

ガッツポーズはガッツ石松がポーズしたのでそう呼ぶようになったと言ってましたが本当でしょうか?もっと前からガッツポーズってあったような???おしえて下さい。

Aベストアンサー

本当です。
おっしゃるとおりポーズ自体は前々からあったようなんですが、
それに「ガッツポーズ」という『名前』がついたのが、「ガッツ石松が(誰とやったかは忘れましたが)チャンピンになった際の記事」と言われています。

Q田村亮子選手の笑顔の大きな写真を探しています。

Webで、ヤワラちゃんが笑った顔の、なるべく大きく鮮明な画像を探しています。髪をちょんと結った、トレードマークの姿がよいです。もし画像の見られるサイトを御存知でしたら教えていただけますか。

Aベストアンサー

ここより大きいのはないかと思われますが。

参考URL:http://news.kyodo.co.jp/kikaku/sydney/gallery/gallery0916.html

Q「ガッツポーズ」に代わるいい日本語はないでしょうか

「ガッツポーズ」という和製英語を聞くと、ガッツ石松や、ボーリング雑誌などを連想して、
あまりいい気持ちがしません。
「ガッツポーズ」に代わる、良い日本語は無いものでしょうか。

Aベストアンサー

勝ち見栄(--を切る)

Q角田選手、西選手、佐竹選手のリングスでの試合

正道会館の角田選手、元正道会館の佐竹選手、和術の西選手は、90年代あたまに、リングスに参戦していたようですが、どのようなルールで試合をしていたのでしょうか? この時代に活躍していた選手に興味があります。

対戦相手ごとにルールが変わるようなしあいをしていたのでしょうか? それとも、毎回同じルールで試合をしていたのでしょうか?

西選手の試合だけは、一度ビデオで見たことがありますが、スタンディングは顔面掌底、グランドは打撃なしのような感じでした。

それから、この3人の試合は、常に「競技」的なものだったのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

その3選手はレギュラー参戦的だったのでRINGSルールで試合をしていました。

それ以外に「実験リーグ」なるものがあって、正道会館の選手が数名参戦していました。
覚えているのはアダム・ワット選手、玉城選手、後川選手、無名の関節が柔らかい選手(笑)

当時のRINGSルールですからスタンドでは顔面は掌底のみ、膝がついた相手への打撃は一切なしです。
3人とも打撃が得意だったので肘パット着用の上での肘ありルールで闘っていたと記憶しています。

対戦相手によってルールが変わるというかキックルールで行われた試合などもありましたね。
実験リーグでのワットVS岩下など。

一番変則的だったのが実験リーグでの後川VS平直行の試合です。
奇数ラウンドと偶数ラウンドでルールが異なり、キックルール(グローブあり)、RINGSルールを混ぜるというものでした。

最後の、「競技」的 という言葉がよくわかりません。
どういう意味でしょうか?「競技的でない」のはどのようなものでしょうか?

Qガッツポーズは和製英語ですか。

ガッツポーズというのは、ガッツ石松からきた和製英語と聞きましたが、では、ガッツポーズに相当する正しい英語は何ですか。winning poseとかfighting pose でしょうか。

Aベストアンサー

clench one's fist(s) in triumph
hold up one's fist(s) in triumph
pump one's first in the air
two fisted salute

といった辺りですね。仰る通り、ガッツポーズはガッツ石松から来た和製英語です。

Qガッツ

ガッツ石松が昔、暴走族かなんかと乱闘して裁判になった、という事件をご存じの方、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

弟が池袋でトラック運転手達に絡まれ、一緒にいた弟の知人がガッツに助けを求めてきたの応じ現場に駆けつけ、路地で20人と乱闘し8人をKOした。
だったっけかな
まだ世界チャンピオンではなかった頃の話だと思います。(東洋太平洋チャンピオンとか)
最驚、ガッツ伝説という本に詳細と当時のスポーツ新聞が載っていたと思います。

Qソフトテニスでガッツポーズはいけない?

先輩から試合でガッツポーズしてはいけないと言われました
硬式のプロ試合では普通に選手はガッツポーズしてますが
ソフトテニスではいけないのですか?

Aベストアンサー

娘がソフトテニスしていますが、
相手へのガッツポーズは「禁止」みたいです。
ペア同士での小さいものはいいらしいのですが・・・相手へみせるガッツポーズは、場合によっては「反則負け」とみなされると聞きました。

地域によっても違うと思いますが・・・

腕をあげる程度ならばいいのかも!

ただ、質問者様の所属している部では長くその規則になっているみたいなので、「腕をあげる程度はどうですか?」と程度を聞いたらいいかもです。 部活頑張って下さいね♪

Qガッツ石松のケンカ

ガッツ石松がケンカ慣れした暴力団7人と何でもありのケンカをしてガッツ1人で暴力団7人全員を病院送りにした事件があったそうですが、プロボクサーのケンカの強さはどのくらいなんでしょうか。

Aベストアンサー

極道の喧嘩は何でもありですが
極道の連中が棒や石その他の武器を手にする暇も無いくらい
素早くKOしてしまったのです
其れこそアッという間もないとはこの事だったのでしょう
相手が極道だということで
ガッツ石松は警察で始末書を取られてケリが付いたそうです
其の当時の新聞の社会面に結構大きく載っていました
其れこそアッという間もないくらい
喧嘩が商売の極道が武器を取る間もないくらい
早くて強かったのです。

Q武道の試合でガッツポーズ

お願いします。

いわゆるフルコンタクト空手を幼少期から15年間やっていました。現在はやっていません。

子供のころから、「するな」と言われるわけでもなく、「試合で勝ってもガッツポーズしてはいけないもの」「相手に礼を尽くさねばならない」と思っていて、実際に試合で優勝しても、壇上を降りるまでは喜びの感情は現さないように徹してきました。それに、他の選手もガッツポーズをしている人をみることはほとんどありませんでした。

なので、柔道の試合などで勝ってあからさまなガッツポーズをしている選手を見ると、子供のころから「なぜガッツポーズをするのか」と思っていました。なので、柔道はあまり好きではありませんでした。

柔道は国際的な競技になりましたし、そうなってくると本来の「武道」からは少し離れて「スポーツ」になってしまうのは致し方ないことかと思います。それに、一般的には選手の感情が見て取れた方が見ている方も楽しめると思います。

最近では空手も国際化したこともあって、壇上でガッツポーズする選手は珍しくありません。それでも日本選手にはほとんどいないですね。

もうだいぶ稽古もしていませんが、個人的な意見ではやはり武道という根本を忘れず、戦ってくれた相手にも礼を尽くしてほしいと思ってしまいます。確か剣道ではガッツポーズをすると一本が取り消しなんですよね。

例えばメジャーリーグではホームランを打っても相手のピッチャーに失礼のないようにガッツポーズはしませんよね。それでもエンターテイメントとしては成立しています。

みなさんは「ガッツポーズ」についてどう思われますか?武道をやっていた方、見るのが好きな方、さまざまな意見を頂けると嬉しいです。

あと、柔道の試合を見ていると、技をかけた後すぐに審判の方を見ていますが、これもなんだか見苦しく見えてしまいます。この行動には何か意味があるのでしょうか?もしわかる方がいらっしゃったら回答をお願いします。

お願いします。

いわゆるフルコンタクト空手を幼少期から15年間やっていました。現在はやっていません。

子供のころから、「するな」と言われるわけでもなく、「試合で勝ってもガッツポーズしてはいけないもの」「相手に礼を尽くさねばならない」と思っていて、実際に試合で優勝しても、壇上を降りるまでは喜びの感情は現さないように徹してきました。それに、他の選手もガッツポーズをしている人をみることはほとんどありませんでした。

なので、柔道の試合などで勝ってあからさまなガッツポーズをしている選...続きを読む

Aベストアンサー

どう思うか思わないかは関係なく、一見、非合理な無意識ともいうべきものが社会構造の中には仕込まれているという「構造主義」って、知ってますかね。

まあ、これ、あまり関係ないとしても、「無意識」というものは分かりますよね。

とすると、ガッツポーズを見た人が、無意識の内に「不快感」を醸成してしまう可能性があること、想像できますかね。そして「不快感」の最上級が「殺意」であること、分かりますかね。

で、無意識の内に「殺意」のバネが絞り絞られて、ついに爆発する瞬間が来る可能性、分かりますかすね。

例えば、フルコン系ならば、本人のはっきりとした意識と関係ないところで、顔面に思っ切り反則の突きを入れる可能性あるんですよね。そして、当てる積りは全くないのに、つい、間違えて当たっちゃいました、申し訳ないことです、と、弁明します。

そういう可能性を想像できる人で、長く、ひとつの格闘技、ひとつの武道を続けようとする人は、決して、ガッツポーズなどしない。

生死にかかわらない安直な競技スポーツの場合、試合中に、その種の心配事は起り得ないので、ガッツポーズする。柔道、リスリングという組技系の場合、試合で命を落とす可能性が低いので、ガッツポーズが可能。ただし、重量級の場合、生死に関わる技もあるので、あまり、ガッツポーズする人が居なくなる。ちょっと、間違えちゃった、手が滑っちゃったということで、体重を乗せて頭から落とすことが可能だからね。

また、アメリカ野球は必ず報復として頭にボールを投げるので、命に関わる。だから、野球を愛していて、長く野球をやっていたいと思っている人は、極力、ガッツポーズしない。

どう思うか思わないかは関係なく、一見、非合理な無意識ともいうべきものが社会構造の中には仕込まれているという「構造主義」って、知ってますかね。

まあ、これ、あまり関係ないとしても、「無意識」というものは分かりますよね。

とすると、ガッツポーズを見た人が、無意識の内に「不快感」を醸成してしまう可能性があること、想像できますかね。そして「不快感」の最上級が「殺意」であること、分かりますかね。

で、無意識の内に「殺意」のバネが絞り絞られて、ついに爆発する瞬間が来る可能性、分かりま...続きを読む

Q新田選手と佐藤選手。

昨日のK-1見てて思ったんですが、新田選手のあのレベルは、日本キック界のトップクラスなのでしょうか?格闘技は全くの素人ながらそんなに強く感じなかったんですが…。(30歳越えてたのでピークが過ぎただけかも)

それと、色々な所で『佐藤嘉洋選手が、強い!!』と聞きますが、昨日の新田選手(K-1ルール)といい勝負ですか?

Aベストアンサー

新田選手は日本キック界のトップクラスと言って良いと思います。
そんなに強く感じなかったとのとこですが、動きがそれほどスピーディーではないからでしょうか?
戦った選手の話によると
「ローキックなども一見遅く見えるが実はかなり重く威力がある」とのこと。
また、多くの選手は、後半どうしても威力やスピード、手数等が落ちてきたりするものですが、新田選手は延々と最初のペースを保ったまま動けるそうです。
この辺に新田選手の強さの鍵があるのかも知れません。

佐藤選手との比較は、最近の佐藤選手の実績、試合内容を見る限りでは、K-1ルールといえども、佐藤選手に分があるように思えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報