私は五年前に良性の脳腫瘍で手術をしました。
 なぜ私が?今まで病気らしい病気はしたこともないのに。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一つの考えとして。


[一部は公なものでは有りませんが、私が色々なのを見ていると、そうおもえます。
全部が全部、これ一つでくくれるのでないのは、勿論ですよ。そんなに身体が単純なら医師は要りませんから。]


血流の盛んな臓器・部位には癌は出来にくいです。

血球が堅くてよく物質の代謝が出来ていないとか、血管異常があるとか、正常でなくなると出るようですね。
    • good
    • 0

親戚の子供二人(男の兄弟)が脳腫瘍でした。

妹はなりませんでした_
その担当医師が言うには(又聞きですが)お母さんとお父さんの血液型(ABO式以外、遺伝子か・・そういうレベル)で 相性が悪くて男の子に発症してしまう ということでした。
脳腫瘍以外では聞いた事があるのですが、ホントかなぁ? そういうこともあるのかなぁ?? 組み合わせによっては女の子にだけ出やすくなるとかも有り得るのかなぁ??? って感じの話ですが_ 実際は脳腫瘍ではなくて脳の何かが処置できずに悪化したのかも知れないですが・・

嘘かもしれないので・・(笑) なにか証明されているのなら私も真実を知りたいです。
    • good
    • 0

私も3年前に良性の脳腫瘍(下垂体腫瘍)で手術をし3ヶ月間入院しました。

手術は開頭法でなく、上歯茎と唇の間を切開して行う手法のもので、手術ミス(とは思いたくない)では無いんですが、脳に空気が入って合併症を併発し一時ですが生死をさまよってきました。

私も質問者さんと同様、「なんで俺がこんな事に・・・?」という気持ちで一杯でしたが、今はあまり深くこだわって考えないようにしてます。(自分の性格が比較的クヨクヨして、マイナス思考に陥り易いので・・・)

脳腫瘍といっても様々な種類があるし、腫瘍のできる箇所もいろいろです。私も入院中、担当医や他の専門医あるいは看護婦さん等に病気の原因や今後の対応策について尋ねました。
結論は「直接的に何が原因かは定かではない」「だから、特にこれこれに気を付けろ的な事は特にはない」という事でした。(不規則な生活をしてても、成らない人は病気にならない。)だから、かえって不気味なんですよネ。

言える事は、体に何らかの付加が掛かっていなければ病気にはならない事なので、知らず知らずのうちにバランス(心も体も)が崩れていたんでしょうね。

あくまでも自分の経験からの「私の場合はこうだったという事とこう思う」というお話です・・・ご参考に成れば幸いです。
    • good
    • 0

こころをあらためましょう

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脳腫瘍の基礎知識〜初期症状・良性と悪性の違い・治療方法

    脳腫瘍とはどんな病気か  頭蓋骨のなかにできる腫瘍です。体のほかの部位にできたがんが転移してくる転移性(てんいせい)脳腫瘍と、脳そのものから腫瘍ができる原発性(げんぱつせい)脳腫瘍に分類されます。原発性脳腫瘍は、さらに良性と悪性とに分けられます。  診断は、手術で取り出した腫瘍を顕微鏡で観察して最終的に決めます。一般に悪性脳腫瘍は周囲に根を生やすように発育し、それに対し良性脳腫瘍は周囲の脳とはある境...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガンになる原因は食事とストレスどっちでしょうか?

ガンになる原因は食事が大きいと聞きましたが、本当にそうなのでしょうか。若いときですが、ある人の嫌がらせによって一生分位のストレスを数ヶ月で感じてしまったため、ストレスが多すぎたため細胞レベルで傷ついていると思います。それ以来、がん予防に良いと聞いて、リコピンを含む食事やにんにくを毎日食べるようにしていますが、そういったことを継続していても、極度のストレスにはかなわないのではないかと思います。やっぱりいくら食事に気をつけていても、病気になるときはなりますよね?
変な質問ですが、不安なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の考えですが、やはりストレスがガンの原因としては大きいと思います。
ガン細胞をやっつける一番の免疫はNK細胞といいます。NK活性はストレスで下がりますし、笑うと上がる事はよく言われることで、お笑いがガンの延命効果があることも度々耳にする事です。
ある程度年をとると二人に一人ガンになりますので、ほとんどの人が免疫力が低下するので、ある程度の年齢になれば誰がガンになってもおかしくありません。
ある程度の年齢でガンになるのはストレスもあるでしょうが、その人の食生活、生活習慣も大きくなります。しかし若い人のガンはこれは十中八九ストレスでしょうね。若い人のガンでストレスと関係ないという人は聞いたことがありません。

精神的なストレスもありますが、肉体的に無理していても結構なストレスになりますので、注意が必要です。

しかしガンは成長期間が必要な細胞ですので、一時的にNK細胞が弱ったとしても後からまた盛り返したら、少し遅れても処理が間に合うかもしれません。なるべくのんびりした生活を送るようにされたらいいのではないでしょうか。
睡眠がストレスの多さの目安になりますので、自律神経が乱れるほどのストレスだと不眠になりますし、NK活性が低下します。
食習慣は長い間の習慣によってガンになりやすいという事もあるかもしれませんが、かなり気の長いはなしです。タバコのようなものでしょうか。タバコも30代40代ではまずガンの原因にはならないでしょう。
人生50年といわれた時代にはまずタバコの害はほとんどなかったと思われます。しかし現在70歳まで生きれないという人がほとんどいないような時代です。タバコの習慣はガンの大きなファクターになっています。

私の考えですが、やはりストレスがガンの原因としては大きいと思います。
ガン細胞をやっつける一番の免疫はNK細胞といいます。NK活性はストレスで下がりますし、笑うと上がる事はよく言われることで、お笑いがガンの延命効果があることも度々耳にする事です。
ある程度年をとると二人に一人ガンになりますので、ほとんどの人が免疫力が低下するので、ある程度の年齢になれば誰がガンになってもおかしくありません。
ある程度の年齢でガンになるのはストレスもあるでしょうが、その人の食生活、生活習慣...続きを読む

Q脳腫瘍になった時の日常生活で気をつける事

脳腫瘍になったようです。
日常生活で気をつける事があったら教えてください。
例えば、ストレスに気をつけるとか、デットクスとか
食事、運動とかに気をつけるとか?
健常者が、健康に気をつけるのと同じ事が、やはりいいのでしょうか?

Aベストアンサー

脳腫瘍に対する特化したものは知らないのですが、ガン一般でいえば下記のような点に心がけたらよいと思います。内容は健常者も日頃から注意したほうのがよいものばかりですが。

食事ですが先ず動物性脂肪を減らします。そして、無農薬有機の玄米を主食とし、白菜、キャベツ、大根などの白い野菜や緑黄色野菜、ブロッコリースプラウト(=新芽)、キノコ、ニンニク、ショウガ、大豆、海草などを多く摂取します。どれも無農薬もしくは少ないものに心がけます。添加物が無いものが望ましいです。塩分も少なくし、飲み水は浄化したものを使用します。

人の体の免疫の多くの部分を担っているという腸管内免疫を高めるために整腸に心がけます。毎食、納豆かヨーグルト(なるべく低脂肪のもの)をオカズもしくはデザートとして加えるのは効果があります。

下記URLの「腸管免疫系を活性化する乳酸菌」の部分を参照:

http://web.bureau.tohoku.ac.jp/manabi/manabi21/mm21-45.html

整腸に関して私が記載させて頂いた下記のURLのANo.3:

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=1141322

食事に関して記述されている参考HP:

http://www.ola-method.net/ola/shoku.html

睡眠は早寝して十分にとるようにします。出来れば夜9時頃には就寝したいです。私の場合、習慣がつくまでもしくは習慣がくずれてしまったときには眠剤の助けを借りていました。

適度な運動は免疫力を上げますので大切です。

また、その他「気持の持ち方など」は下記の病院の道場で頻繁に模様されていて、ここの診察券をもっている方は誰でも参加出来ます。基本的に無料ですが有料のものもあります。

http://www.obitsusankei.or.jp/he-exe/purpose.html

上記の病院を経営している帯津良一さんには著書が多数あります。

http://www.obitsusankei.or.jp/hp-guid/greeting.html

帯津良一の本の一例(沢山あります):

http://www.sociohealth.co.jp/book/db1/data.cfm?code=5805512

今回のご質問に対する直接的な回答になりませんが、「免疫療法」および「サプリメント」に関して私が記載させて頂いた下記のANo.3を参考下さい。この中に記載のハスミワクチンは保険は使えませんが費用は「30万円/年」程度です。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

また、同じく私が記載させて頂いた下記のANo.2も参考下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1459999

脳腫瘍に対する特化したものは知らないのですが、ガン一般でいえば下記のような点に心がけたらよいと思います。内容は健常者も日頃から注意したほうのがよいものばかりですが。

食事ですが先ず動物性脂肪を減らします。そして、無農薬有機の玄米を主食とし、白菜、キャベツ、大根などの白い野菜や緑黄色野菜、ブロッコリースプラウト(=新芽)、キノコ、ニンニク、ショウガ、大豆、海草などを多く摂取します。どれも無農薬もしくは少ないものに心がけます。添加物が無いものが望ましいです。塩分も少なくし、飲...続きを読む

Q良性の脳腫瘍

主人ですが、脳の奥に腫瘍があり良性なので急いで処置しなくても3.4ヶ月おきに検査しながら様子みましょうと言うことになりましたが、大きくなると皮膚の感覚がなくなったり、目が見えにくくなったりするとの事です。未だそう言った症状は現れませんが、もともと口数は少ない方ですけど、うつになったのかと思うくらい無表情で殆ど笑わなくなりました。そう言う事も腫瘍の原因と考えるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在の状態が精神的なものの可能性が高いという点では、他の回答者に同意します。担当医に相談して必要があれば精神科や心療内科受診を検討しても良いでしょう。

 質問文を読んだ限りでは、今回の良性腫瘍は頭蓋底部の髄膜腫や神経鞘腫などを指していると思われます(他に良性腫瘍といえば下垂体腺腫や頭蓋咽頭腫などもありますが、「大きくなると皮膚の感覚が・・・」という点から違うでしょう)。
 脳腫瘍の悪性度というのは腫瘍細胞の増殖能や周囲への浸潤度で決まります(脳腫瘍はあまり遠隔転移しません)。確かに悪性脳腫瘍は周囲への浸潤傾向が強いので全摘出がほとんど不可能ですが、良性脳腫瘍であれば全摘出できることも多いです。ただ、腫瘍のある場所が頭蓋底部など深部であった場合には、腫瘍の周囲に重要な脳神経、血管、脳幹などがあるため手術の難易度が高くなります(即ち手術のリスクが高くなります)。
 たとえ腫瘍が見つかったとしても無症状で増殖速度が非常にゆっくりならば、まずは経過観察というのが一般的な方針でしょう。定期的にMRIを行なって、腫瘍の増大が見られないうちは治療の必要は無いでしょう(そのまま寿命が来るかも知れません)。もしも増大傾向が見られれば、手術のリスクと治療で得られるメリットを天秤にかけて後者が前者を上回り、尚且つ本人家族の希望があれば手術を行なうというのが一般的な考え方と思います。
 良性腫瘍(疑い病変)に対していきなりガンマナイフをかけるというのはあまり一般的な考え方では無いでしょう。

 いずれにしても主治医の先生と良く話し合ってみてください。

 現在の状態が精神的なものの可能性が高いという点では、他の回答者に同意します。担当医に相談して必要があれば精神科や心療内科受診を検討しても良いでしょう。

 質問文を読んだ限りでは、今回の良性腫瘍は頭蓋底部の髄膜腫や神経鞘腫などを指していると思われます(他に良性腫瘍といえば下垂体腺腫や頭蓋咽頭腫などもありますが、「大きくなると皮膚の感覚が・・・」という点から違うでしょう)。
 脳腫瘍の悪性度というのは腫瘍細胞の増殖能や周囲への浸潤度で決まります(脳腫瘍はあまり遠隔転移しませ...続きを読む

Q髄膜腫の手術後の気になる症状

私の母(67才)が髄膜腫の開頭手術を受けました。
左頭頂部の腫瘍で、右手足のマヒで病院に行って、
初めて腫瘍が見つかったのですが・・・

術前は、脳の浮腫を抑える薬のお陰で、正直何も不自由はありませんでした。
手術で腫瘍は全部取れたそうなのですが、手術二日目の今日、少し気になる症状が・・・
手術直後には、なめらかに動いていた手足の動きが悪くなっているのです。
自分ではたてるつもりだったようですが、足に力が入らず立てなかったようです。
あと、つじつまの合わないことを言ったり。
11時間におよぶ大手術だったので、翌日朝まで、麻酔で眠らされていました。
このことも何か影響あるのでしょうか?

手足の動きはリハビリで回復するのでしょうか?
腫瘍を全部取った事による弊害・・・ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

術後2日目であれば
手術による浸襲で脳が浮腫んでいるのかもしれません。
脳が浮腫むと言われているような神経症状が出てきても不思議ではないと思います。

まだ2日目なので何とも言えないですが、しばらくは様子を見ていてもいいと思います。

Q白血病や、癌になるにはどうすればいいですか?

失礼な質問をして、ごめんなさい。ですが、教えてください。白血病や、癌になるにはどうすればいいですか?教えてください。理由などは聞かないでください。また、怒りの声や、説教も書かないでください。ただ、この質問に答えてください。

Aベストアンサー

 #3 maneuver7890様の仰ることを支持します。もう少し、悲観的ですが。病気になる仕組みが分かっても、必ずしも治療法に結びつかないということです。

 ガンについては、発ガン性物質は、ガン細胞発生の確率を高めるに過ぎません。そういう物質の多くは、もし、ほぼ確実にガンを発生させるような量を用いれば、個体としてはガン発症以前に死んでしまいます。致死量よりずっと多いので。100個体中1個体とか、そういうことでしかありません。

 白血病も同様です。

 どちらも、経験的に発症の確率が上がるものはいくつか知られていますが、発症の仕組み解明には至っていません。内科的治療法や予後の再発予防も、経験に基づく確率的なものです。

 それは、たとえば治療において相矛盾するものがあることからも分かります。たとえば、内部被ばくを含めた放射線はガン細胞発生率を高めますが、逆にガン細胞死滅の治療にも用いられます。

 治療法ではなく、確実にガン発生する方法を発見できれば、その仕組み解明ができなくとも、大変な発見になることは間違いありません。

 確実性ではないですけれども、一つだけガン発生率を高める方法はあります。長生きすることです。高齢になるほど、死に至るかどうかはともかく、ガンを経験する率は高まって行きます。これは、統計に確かに全体的な傾向として表れています。

 #3 maneuver7890様の仰ることを支持します。もう少し、悲観的ですが。病気になる仕組みが分かっても、必ずしも治療法に結びつかないということです。

 ガンについては、発ガン性物質は、ガン細胞発生の確率を高めるに過ぎません。そういう物質の多くは、もし、ほぼ確実にガンを発生させるような量を用いれば、個体としてはガン発症以前に死んでしまいます。致死量よりずっと多いので。100個体中1個体とか、そういうことでしかありません。

 白血病も同様です。

 どちらも、経験的に発症の確率が上がるもの...続きを読む

Q髄膜腫の手術後の悩みです

2月20日に直径5cm程の左前頭葉きゅう隆部髄膜腫の摘出手術を受け3月1日に退院して自宅静養中なのですが夜寝ているときに頭皮の下の辺りに何か液体がたまる感じ(というか実際に触ってみるとブヨブヨっとした感触)があります。日中起きているときは全くそんなことはないのですが、夜布団に入ると枕の位置を変えるたびに重力に従って液体が移動します。
朝目覚めると、頭皮の切開部分(ほとんどかさぶたも取れていますが)の痕から黄色っぽい透明な液が微量ながらにじみ出たような状態の日もあります(いちおうイソジンを塗っています)。日によって気になったりならなかったりなのですが・・・・。
1週間後に手術のフォローで外来に行く予定にはなっていますが、急いですぐにでも病院に行くべき事なのか、あわてる必要がないものかご教示いただけませんでしょうか?ちなみに術後の硬膜はゴアテックスをつかったとのことです。髄液漏れならどうしようという感じです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

脳神経外科医師です。

 何でもなければ良いのですが、もしも髄液が皮下に漏れていて、それがさらに皮膚の外に漏れ出ているのだとしたら、早めに診て貰った方が良いと思います。

 そこからばい菌が入って創感染を起こすと、最悪の場合、再手術をしてしばらくの間は骨を外したままにしなければならなくなります。

 現在の創部の状態がどのようになっているかは実際に診てみなければ分かりませんが、早めの受診をお勧めします。

Q開頭手術後、傷の周りが張ってます。

開頭手術後(脳腫瘍)、傷の周りが張ってます。
理由を教えてください。どの位続くのですか?
また、よい洗髪方法を教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私と全く同じ症状なので驚きました。

私は動脈瘤でした。先月の末に手術をし、先週やっと退院しました。

医師に確認したところ、個人差が激しく数日で治る方や数ヶ月から1年ほどかかる方もいらっしゃるようです。そして部分的ではあるらしいですがずっと麻痺したままの場合もあるそうです。そうはなりたくないので方法は?とも聞きましたが特にないそうです。

そしてシャンプーですが、爪をたてないのは勿論で、傷口はサッと流す程度。傷口の周り、特に麻痺している部分はマッサージするように丁寧に洗うと刺激にもなると教わりました。

お互いに早くおさまるといいですね。

Q良性脳腫瘍に手厚い医療保険を探しています。

良性脳腫瘍に手厚い医療保険を探しています。

脳ドッグを自費(健康保険利用してない)にて受診しました。
脳に良性の腫瘍が判明。
医療保険は今1つ掛け捨てで加入していますが
もう1つ加入をしたいと思っています。

医療保険の審査に通るまでは、
痛みに絶えながらも
病院へいく(健康保険適用)つもりはありません。
どこか、お勧めの保険がありましたら
探すポイント等、
是非教えてください。

特に知りたいのは、専業主婦です。
日額の限度額とは、入院日額のことですか?
限度額はどの位でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目に止まりましたので一言。

告知義務違反で契約解除されるのが落ちです。
他2件の回答に補足です。保険会社はドックを受診された
事を必ず見つけます。健康保険の有無を問わず。
また、契約後1年以内(会社・保険種類)での新生物(癌や腫瘍)では
保証されない場合が有ります。

私は長年掛けて来た保険を更新していたにも関わらず更新後
半年で入院した所、告知義務違反で前契約に戻され保険金が
減らされた経験が有ります。その後、色々と勉強もしました。
加入は難しいしと思います。病気を治してから3~5年後なら
死亡保険位なら入れるかもしれませんがガン保険は望みが
ないでしょう。

私も過去に腫瘍を摘出しています。若かった事も有り保険に入れましたが
条件付+割高な保険料で死亡保障のみでした。
完治させる方が先だと思います。素人ですが経験者としての意見です。

Q眠るように死ぬ方法ってあるでしょうか?

あくまで健康な人が眠るように死ぬ方法、または眠ったまま二度と起きないという風に死ぬ方法ってあるでしょうか?
これは自殺志願のための投稿ではなくて、自分もいつか死ぬわけですからこんな死に方ができたらいいなと思っています。
医療の現場で行われる安楽死・尊厳死ってこういう方法なのでしょうか?またはこれに近いでしょか?

Aベストアンサー

「突然死」という言葉を聞いたことがありますか?
昨日まで元気だった方が、朝になっても起きてこないので、見に行ったら死んでいた。
こういう事例はよくあるそうです。
10年以上前になりますが、兵庫医大の法医学の教授の講演を聞きました。
テーマは「突然死」
突然死のおよそ80%は、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)だそうです。
その中で、就眠中に亡くなるのは、およそ65%くらいだそうです。
急性心筋梗塞でも「眠るように」とはいかず、ある程度は苦しんだ末に亡くなるのでしょう。
私も、眠るように死ねればと思っております。
回答になってなければ、ごめんなさい。

Q良性脳腫瘍の術後に記憶喪失?

少し信じられなくて、話を聞いてください。
私は20代、普段は脳神経内科の看護師をしています。

一昔前にネットゲームで知り合った私より3つ年上の同性(女)の方で、1度だけお会いした事があるくらいで普段もまめに連絡をするようなタイプではないのですが、仲は良い方だと思います。以後、Aさんと呼ばせていただきます。

その他に連絡を取っていたゲーマーさんから、Aさんが脳腫瘍(髄膜腫)があって開頭手術をし、良性ではあったけど術後に左目の視力が全くなくなり、かつ記憶喪失となったとのことでした。

Aさんと話す機会があり、病状は視力と記憶以外は何の問題もなく経過していると言っていました。
ちなみに記憶喪失の内容は、生活レベル(火を使う、車の運転など)や自分の仕事内容は問題なく既に仕事復帰もしているとのことですが、人の名前や顔、どんな人だったかを忘れたと言っていました。

私のことも全く覚えていませんでした。

そこで質問なのですが、

良性脳腫瘍の術後に記憶喪失になる方は多いのでしょうか?
Aさんの言っていることがちょっとしたご都合主義と言いますか…仕事の内容は覚えてて、人の名前は覚えていないって事もあるんでしょうか?

また、脳腫瘍の術後の合併症の中で視力に関係あるものとしたら半側空間無視とか視野欠損などのイメージなのですが、全く見えなくなることもあるのでしょうか?

正直こないだ話している分では、いわゆる構ってちゃんとしか思えませんでした。
もともとそういう部分もあるタイプの人だったので、やや過剰の構ってちゃんになってしまってるのではないかと思ってしまいました。

また一応下っ端ですが看護師として働く身、実際はどうなのか少し気になったので質問させていただきました。普段は脳内で、外科的な知識に乏しいので教えてください。
脳外に詳しい方や、実際に手術をした方など、
回答よろしくお願いします。

少し信じられなくて、話を聞いてください。
私は20代、普段は脳神経内科の看護師をしています。

一昔前にネットゲームで知り合った私より3つ年上の同性(女)の方で、1度だけお会いした事があるくらいで普段もまめに連絡をするようなタイプではないのですが、仲は良い方だと思います。以後、Aさんと呼ばせていただきます。

その他に連絡を取っていたゲーマーさんから、Aさんが脳腫瘍(髄膜腫)があって開頭手術をし、良性ではあったけど術後に左目の視力が全くなくなり、かつ記憶喪失となったとのことでし...続きを読む

Aベストアンサー

今年2月に髄膜腫の手術をした経験者です。私の場合、運動神経に近い場所に腫瘍があったので『神経を傷つけてしまった場合、手に麻痺が残ることがあります。その時はリハビリ頑張りましょう!』と言われました。
幸い、何の合併症も後遺症もなく経過良好(麻酔から覚めた直後、1度右手に軽度の痺れがあった程度です。)で、次の予約は1年後になっています。
今、同意書を読み返してみたのですが『予測される合併症、偶発症、危険性』に『意識障害、言語障害、半身麻痺、痺れが一過性あるいは永続性に残ることがある』という記載がありました。
『このような症状はごく稀で、もちろんこのようなことが起きないように最善を尽くしますが、100%ではないので手術される方にはお伝えしなくてはならないんです…。』とおっしゃっていました。
それから、視力に関する記述は見当たらないです…。私は運転免許を持っていませんが、左眼が全く見えなくて車の運転が問題なく出来るの?という疑問を持ちました。

私は専門知識がないので素人判断だったり不明なことがあるかも知れませんが、お役に立てれば…と思っていますので何でも聞いてください(^^)v

拙い文で申し訳ございません(>_<)

今年2月に髄膜腫の手術をした経験者です。私の場合、運動神経に近い場所に腫瘍があったので『神経を傷つけてしまった場合、手に麻痺が残ることがあります。その時はリハビリ頑張りましょう!』と言われました。
幸い、何の合併症も後遺症もなく経過良好(麻酔から覚めた直後、1度右手に軽度の痺れがあった程度です。)で、次の予約は1年後になっています。
今、同意書を読み返してみたのですが『予測される合併症、偶発症、危険性』に『意識障害、言語障害、半身麻痺、痺れが一過性あるいは永続性に残ることがある...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング