普通の黒いフライパンや中華鍋なんですが、金ダワシを使ってごしごしやっていたら黒い部分がはげて銀色のステンレス(?)が見えてきました。
そのせいか普通に油をしいて調理してもその部分だけ焦げ付いてしまいます。
こんなフライパンの再生方法をご存じありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 金ダワシを使ったのなら、一遍綺麗に磨いて、それからクレンザーで磨いて、空焼きをして水と亀の子ダワシで磨く、これを2回以上繰り返し、油を多めに敷き、屑野菜をしばらく炒め、これをすて熱いうちにもう一度水・亀の子で洗い、もう一度熱し、薄く油で全体を拭き上げ、しまう。



 テフロン鍋などより、ずっと長持ちして、油も少量で済みます。知り合いは、目許が痙攣すると医者に行ったら、鉄分不足と言われ、鉄フライパンにしたら治ったそうです。

 ん?あなたが言っている“普通のフライパン”って、テフロンの奴?あれは、地がアルミですよね。これの場合も前述の方法でやれると思いますが。アルミは鉄よりもくっ付き易いでしょうね。

 最近、私は百円ショップで鉄のフライパンを買ったんですが、厚さも1.3ミリあり充分使えます。前述の手入れ方法は、これについていた使用前のメンテ方法ですが、チャーハンもオムレツも少量の油で全然くっ付きませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明不足ですいません。鉄のフライパンです。

さっそくやってみました。
これで今晩の夕食の準備でくっつかなければOKっすね(^-^)。

お礼日時:2001/04/19 15:43

テフロン加工のテフロンが剥げてしまったのでしょうか?それとも鉄のお鍋ですか?



テフロンであればちょっとはげたら再生は厳しいと思いますが、鉄製なら使った後に焦げを取ったら油をなじませておけば、まただんだん良い感じになってくると思います。

■お鍋の大掃除
http://homepage1.nifty.com/yukoyuko/dougufuraipa …

■お鍋のお手入れ
http://www.fujitv.co.jp/jp/kurashi/katei/j084.htm

http://homepage1.nifty.com/yukoyuko/dougufuraipa …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません説明不足でしたね。鉄のフライパンです(^-^;。

ポイントは「油をなじませておく」ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/19 15:44

ステンレスだと判らないんですけど、鉄ならば、まず、銀色?に磨いた状態から、空っぽのまま火であぶり、乾煎りします。

すると黒っぽくなります。
全体的に黒っぽくなったら、一度冷まして、まずは野菜炒めを作りましょう。

野菜炒めまでは絶対に油を引かないでください。かならず綺麗な状態から火であぶります。コツといえばこれがコツでしょうか。

それで復活するはずです。

なお、この方法はステンには適用できませんのでご注意。

#一応やったことあるので、経験者としておきます。(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/19 15:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフライパンどれがおすすめですか?

ティファールの28センチih対応のフライパンを使っていたんですが1年過ぎたあたりから
焦げ付きはじめ新しいフライパンに変え変えようと思っています。

そこでまたティファールのフライパンにするか、ネットで見たビタクラフト(初めて使います)のフライパンにするか迷っています。
どちらがおすすめですか?
また他にもおすすめのフライパンがありましたら教えて下さい。
アルミはやはりよくないでしょうか?

色々知らないことばかりで宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ティファールなどのテフロン加工がしてあるフライパンは、どんなに高級であろうと、その素材の特質から、長持ちはしません。

テフロンは、強火が厳禁なので、中華などの高温で短時間で炒め物をしたいときなどは使えません。
普通の人は、気にせず強火で使ってしまうので、さらに耐久性を落としてしまいます。

鉄のフライパンはどうですか?

有元葉子さんのとか、軽量を売りにしている鉄のフライパンがありますよ。

鉄のフライパンを使っていますが、炒め物など、野菜から水分が出ずにシャキっと仕上がるし、餃子もカリ!ジュワっと美味しく焼けます。

おすすめですよ。

Q鉄フライパンの購入を考えています。柳宗理ファイバーライン鉄フライパンとリバーライト鉄フライパン極で

鉄フライパンの購入を考えています。
柳宗理ファイバーライン鉄フライパンとリバーライト鉄フライパン極で迷っています。
どちらがイイでしょうか?それとも他にもっといいものがありますか?
色々アドバイスを頂けたらなと思います。

Aベストアンサー

私は極を使ってます
友人はエンボス加工(ファイバーライン加工と同義)
一長一短有ります
フライパンとして使うには 柳宗理
中華鍋は極だと思います 

柳宗理は 脂の馴染みが良いので 焦げ付きにくくあおらなくても焦げにくいです
食材を触らずの調理が出来ます
鉄鍋の最終の手入れが必要です

極 鍋をあおる料理に向いてます 軽くて扱いやすい
手入れは不要錆びない(錆びにくい)ので楽です

両製品は家庭用で 凄く使いやすくなってます
焼いた物を直接オーブンで加熱を続けたりは不可能です
極は軽くて使いやすいですが 取っ手が貧弱ですが十分使えてます

QIH用おすすめのフライパン

こんばんは。
IH対応のフライパンで熱効率のよいおすすめのメーカーを教えてください。
先日安物のIH対応フライパンを購入して大失敗でした。
フライパンの温まり方が悪く炒め物をしても水っぽくて全然おいしくないのです。
ほんと安物買いの銭失いでした・・。
少々高くてもおいしい料理ができるものをと思います。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

先日マーブルコートのフライパンを購入しました。
BIO オリエント マーブルコート
というやつです。底がフラットで熱ムラが少なく、焦げ付きもなくてとてもいい感じです。お値段も4000円程度で手ごろでした。楽天で購入しました。
安物は底が少し盛り上がっていて熱ムラがひどく、真ん中が焦げ付きやすいです。油や液体が回りに流れていってしまうので、オムレツなどがうまく焼けません。底がしっかりフラットであること、がまずは第一条件でしたが、今回購入したものはとりあえず満足できるものでした。
調理の際、フライパンはしっかり温めましたか? 私は炒め物をする際は、まずは中で30秒~1分ほど、十分にフライパンを温めてからしていますよ。
これだけで、炒め物でも強にしなくても美味しくできます。

Qすぐに黒色がはげた鉄のフライパンは本物でしょうか

鉄のフライパンを買っていきなり炒め物をして、洗剤で洗いましたら次の日に錆が出ていました。
日々それを繰り返しているとどんどん黒色がはげて錆がひどくなります。
はげた部分は金属のシルバー色でびっくりしました。
これって本物の鉄100%なのでしょうか。
鉄100%に見えるように表面だけに黒い鉄が塗ってあるのではないでしょうか。
(昔、家にあったフライパンはとにかく真っ黒で錆なんかありませんでした。)

Aベストアンサー

http://fulafula.sblo.jp/article/4711958.html
【黒錆の付け方・参考例】

こんにちは。
ご質問内容のフライパンは状況から判断して本物の鉄製フライパンに間違いないです。

ちなみに、鉄本来の色は銀色ですが空気中の酸素と反応して錆やすいために、一般的には塗装やメッキ加工などを施して錆を防いでるのが普通です。
そして、鉄錆には「赤錆」と「黒錆」があることを知ってください。

普通に見掛ける「赤錆は不安定な錆」ですから錆が進行してしまいますが「黒錆は安定してる錆」なので黒錆を付けると錆が進行しないですから、使い始める前に黒錆を付けるのが鉄製フライパン&中華鍋の常識になってます。

従って、家(実家?)にあった真っ黒なフライパンは黒錆を付いたフライパンなのです。

なお、現在の鉄製フライパンに付いてる黒い膜は「錆防止用の被膜」ですから熱で剥がれてしまうのは仕方がないです。

そして、被膜が剥がれて銀色の地肌になった鉄は赤錆が付きやすい状態なので、付いた赤錆を紙ヤスリやスチールウールなどで綺麗に落として、地肌を露出させたフライパンをコンロなどで「空焼きすると黒っぽく変色」しますが、それが黒錆です。

この黒錆も付き始めは薄いですから、強く擦ってしまうと黒錆が落ちて地肌が出て赤錆が付いてしまうので、洗う時は注意してください。
理想は、油膜が常に付いてる状態が好ましいですから、洗剤は使わないほうが良いです。

まぁ、今どきはテフロン加工やフッ素加工したフライパンが一般家庭では主流ですが、鉄製フライパンを使い込むとテフロン加工などを施したフライパンのように、焦げ付き難く使いやすいフライパンになりますから愛着が湧いてきます。

http://fulafula.sblo.jp/article/4711958.html
【黒錆の付け方・参考例】

こんにちは。
ご質問内容のフライパンは状況から判断して本物の鉄製フライパンに間違いないです。

ちなみに、鉄本来の色は銀色ですが空気中の酸素と反応して錆やすいために、一般的には塗装やメッキ加工などを施して錆を防いでるのが普通です。
そして、鉄錆には「赤錆」と「黒錆」があることを知ってください。

普通に見掛ける「赤錆は不安定な錆」ですから錆が進行してしまいますが「黒錆は安定してる錆」なので黒錆を付け...続きを読む

Q底の薄いフライパンのおすすめはありますか

ガスコンロが、温度調節付きのハイテクなガスコンロなのですが、今使っている、底が厚く焼く面がデコボコのテフロンのフライパンでは、温度変化が遅くて、かえってデキが悪いのです。

そこで、底の薄い、表面が平らな、熱伝導の良いフライパンを買おうと思います。でも、安いの高いのいろいろあって、高いのを買ったほうがいいのか、安いのでも同じなのか、わかりません。
昔の鉄フライパンのほうが、料理はおいしかったような気がするので、鉄フライパンが気になっています。

鉄フライパンが良いでしょうか?手入れのラクなおすすめのメーカーはありますか?

テフロンでも底の薄い、表面の平らなフライパンてありますか?

Aベストアンサー

ちょっと高価にはなりますが、このようなフライパンはいかがですか?
うまく使うと一生モンのフライパンです。

参考URL:http://www.nisikimi.co.jp/

QTefalのステンレススチール フライパン&鍋セット

海外在住者です。

先日、Tefalのステンレススチール フライパン&鍋セットを購入しました。日本で主流なTefalのフライパン(準備OKになったら真ん中の赤い色が変わるという、黒いコーティングがされてるもの)ではなく、ほんとうにただの銀色のフライパン&鍋セットです。

早速使ってみたところ、フライパンが全然ダメです・・・油を引いてもすぐに具材がくっついてしまうのです。こういうものなのでしょうか?Tefalというブランド名できっと、銀色でもくっつかないんだ!と思って購入してしまったのですが・・・

同じようなものを使っている方いらっしゃいますか?どのように使用したらくっつかないのでしょうか?

くっついたあと、フライパンを洗うときも一苦労です。。。

Aベストアンサー

たぶんその銀色のフライパンは、テフロン加工されてないので、コツが必要な鍋だと思います。
私はティファールではなく、ビタクラフト(五層構造の底が厚い鍋)で、同様の鍋を持っています。
この場合、肉・魚など、油を含む食品は、水滴チェックしてから、鍋に材料を入れると、
食材が持つ油分や水分で、上手に調理ができます。

水滴チェックというのは、鍋を1~2分間、中強火くらいで加熱して、水を1~2滴垂らすと、
鍋の表面に水滴がころころ転がるようになる
まで、鍋を熱してから使うことです。

肉などを鍋に入れてからも、素材からじんわり油が出てくるまで、
いじらず、ジッと待ちます。我慢できずにいじると、鍋にくっつくことになりますので、要注意です。

焼き魚の場合、クッキングシートを敷いて、調理すると、こびりつきなく、きれいに焼けます。

卵やホットケーキなどは、少量の油をなじませてからでないと、
うまくいかない場合が多いようです。この場合も、鍋を充分に
温めてから、使ってみてはいかがでしょうか。

それから、鍋に食材がこびりついたら、鍋が熱いうちに、お湯を
注いで、しばらく置いておくと、洗いやすいです。

テフロンははげますけど、コツもいらないし、便利ですよね。
ステンレスの鍋は、慣れるまでに、時間がかかりますが、
めげずに、がんばってくださいね。

たぶんその銀色のフライパンは、テフロン加工されてないので、コツが必要な鍋だと思います。
私はティファールではなく、ビタクラフト(五層構造の底が厚い鍋)で、同様の鍋を持っています。
この場合、肉・魚など、油を含む食品は、水滴チェックしてから、鍋に材料を入れると、
食材が持つ油分や水分で、上手に調理ができます。

水滴チェックというのは、鍋を1~2分間、中強火くらいで加熱して、水を1~2滴垂らすと、
鍋の表面に水滴がころころ転がるようになる
まで、鍋を熱してから使うことです。

...続きを読む

Qおすすめのフライパンは?

母がフライパンをほしがっているのですが、今、“レミパン”と“ティファール”で迷ってるみたいです!

どちらの方が長持ちして、使い勝手がよいですか?
また、利点やら欠点があったら教えてください☆

あと、値段は2万弱で上記以外のおすすめのフライパンはありますか?

Aベストアンサー

私のおすすめはアサヒ軽金属工業の「ディナーパン」です。

☆メリット
・炒め物・焼き物は油なしでOK(カロリーカット効果)
・こびりつかない
・少量の水で茹で物ができる(とうもろこし・卵等も)
・焼きむらが少ない(餃子のハネが綺麗にできます)
・耐熱仕様の透明な蓋がついているので、中身の状態が一目瞭然
★デメリット
・結構重い
(しっかりした金属を使っている証拠だとは思います。安いフライパンは軽いし)

また、ティファールを使った経験がありますが、上手に手入れをしないとすぐテフロン加工がはげてしまいます。こびりついたら絶対に金タワシを使ってはいけません(苦笑)ハンバーグやムニエルを焼くとこびりつきやすいです。そうなってしまったらひと晩水に漬けておくしかないですね(苦笑)

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.asahikei.co.jp/goods/d4-1.html

Q初ステンレスフライパン購入についてご相談

某メーカーのステンレスフライパンを永年使えるように買おうと思っています。
個人的には28㎝が希望ですが、次の三つで迷っています。一つ目に買うものとしたらどれがよいですか?正直、使いやすさは③がベストですが①はデザイン的に一目惚れの域に達する品です。

①28㎝両手鍋
②28㎝片手鍋
③24㎝片手鍋

Aベストアンサー

28cmですね
ステンレスの無水鍋の場合 大きいと色んな料理が出来ます
使い方を間違わない限り 焦げ付きません(3層構造以上)
感覚的には 馴染んだ鉄鍋の感覚(油と水を使わず使えるのがメリット)です
メーカーによっては26cmも有ったはずですよ
ビタクラフトの 両手ナベ 25.5cm 5.3Lとか(高価なのでセールの時買い)
生活春秋のIH 無水鍋 24cmお勧め
優れもので 蓋も使えます 安くて1つで二通りデス
Amazonでは1万円を切る
http://musui.co.jp/item/index.html

Qおすすめのフライパン(特に長持ちして使いやすいもの)

いつも3000円程度のフライパンを買って使っているのですが、
1年程度でテフロンがほとんど剥げてしまい、使いにくくなって仕方ありません。
中華鍋以外で、長持ちして(できれば使い勝手の良い)フライパンはありませんか?
何かおすすめの鍋があったら教えてください。

Aベストアンサー

私は、3代続いて使用しているフライパンや鍋なんていうのに憧れてます。ですので、高くても一生物を、と、随分色々なフライパンを試しました。
テフロンの高~いもの、プロが使用するという鉄製のもの、ル・クルーゼ、銅製、ステンレス・・・

結果、大満足したのは、鋳鉄のフライパンです。重いのだけは大欠点ですが、油なじみがよいので少しの油で大丈夫だし、焦がしても気軽に金属タワシでゴシゴシこすれるし・・・

私がそのフライパンを見極めるリファレンス料理は、目玉焼きと焼き餃子なのですが、過去に使用したフライパンと桁違いの出来上がりです。
目玉焼きなんて、水を落として蓋をして・・なんてしなくても、黄身が半熟で白身はしっかり焼けて、裏側は少しカリカリという理想の焼き方が、特に注意しなくても出来上がります!!

よく見かける鋳鉄のフライパンは、あかぬけないデザインがイヤでしたが、釜定のものはとても良いデザインで、気に入ってます。一生手放しません!!

Qステンレスフライパンで焼きそばを上手に作る方法

ステンレスのフライパンで焼きそばがこびりついて上手に作れないんですが
どういう風にやるのがいいんでしょうか。

鉄のフライパンで作っても少しこびり付くんですが、ステンレスだとかなり酷くて
そばの1/3くらいはもう駄目になってしまいます。

ステンレスフライパンは高温の調理には向いてないでしょうか。

Aベストアンサー

麺にしっかり火を通したいんですね。
麺を入れるときに袋から出して,炒めながらほぐそうとしていると焦げ付くってことでしょうか?
その時は,先に麺を袋から出して水か油でも掛けてほぐして下さい。
それと多分フライパンに入れる油が少ないです。
油を少なくしたいなら樹脂加工の物を使った方が簡単です。
ステンレスは多層ですよね?
高温は家庭用コンロぐらいなら大丈夫ですが,強火は苦手です。
中火で,と説明書き無かったですか?

1、材料を全て用意していつでも投入出来るようにする。基本ですが,これを怠って冷蔵庫なんかを往復していると焦げ付きます。
2,フライパンを熱して,油を多くして(最低でも今の倍ぐらい)少し煙が出るくらいまで熱して。待ってる間に麺をほぐして。
3,肉を入れてくっつかなくなる程度火を通し,野菜を入れる。
4、キャベツ(もやしが水分多く出ますのでお勧め)を入れると水が出てきますからそこで,弱火にして具材の上に麺投入。蓋をしちゃって下さい。慣れたら蓋や水はいりません。あとは混ぜつつ調味料入れるだけ。

慣れると野菜をしゃっきりさせたい!とか欲が出るはず。
やっている内に自分なりの手際が出来るでしょうから,蓋をしなくても自然と出来るようになると思いますよ。
色々楽しんで下さい。

ところでフライパンを撫でてみて下さい。
黒い焦げが残っていたり,ザラッとしてませんか?そこから焦げ付きやすくなります。
その時は,ナイロンスポンジかスチールウールに目の細かいクレンザー使って軽く撫でるように,しっかり落として下さい。
鉄も一緒です。
意外と今時の樹脂加工が焦げ付きだしても,下地が出てなければ割と復活します。

細かい傷は平気です。
その程度で表面がどうにかなるぐらいなら,鉄のへらなんか使えません。
わざわざ油がのるように,鉄だとファイバーライン加工やエンボス加工してある物も有るぐらいですから。
ステンレスだと多層でしょうから,そういった加工は普通しませんが。
ステンレスで細かい傷が気になるなら,ピカールでも使って磨いて下さい。

なぜか樹脂加工も鉄も使った後に洗剤使うな!と良く言いますが,カスが残っていると焦げ付きやすいので普段から洗剤付けてしっかり落として下さい。
洗剤使った方がナイロンたわし使っても攻撃性が低いです。
普通,説明書きにもちゃんと書いて有りますが、都市伝説みたいな物ですかね。
その後火に掛けて水気飛ばして薄く油塗っておくと良いですよ。

麺にしっかり火を通したいんですね。
麺を入れるときに袋から出して,炒めながらほぐそうとしていると焦げ付くってことでしょうか?
その時は,先に麺を袋から出して水か油でも掛けてほぐして下さい。
それと多分フライパンに入れる油が少ないです。
油を少なくしたいなら樹脂加工の物を使った方が簡単です。
ステンレスは多層ですよね?
高温は家庭用コンロぐらいなら大丈夫ですが,強火は苦手です。
中火で,と説明書き無かったですか?

1、材料を全て用意していつでも投入出来るようにする。基本ですが,これ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報