物理学は、文系の大学の一般教養でやったきりなので全くの素人ですが、高校時代は理系にいましたので、大変興味があって、今少し研究しています。

その中で少し疑問に思ったのですが、ヘリウム原子は普通、陽子ふたつに中性子がふたつですが、中性子のない、陽子がふたつだけの原子(ヘリウム原子というべきか、2重水素というべきか)は自然界に存在しないのでしょうか?もし存在しないのであれば、その理由はなんでしょうか?また、人工的に核融合反応か何かで作れるものなのでしょうか?ご存じの方、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

核力について補足。


強い力と言われる様に電磁気力より、遥かに強い力ですが、力が届く距離が短くて、隣りの粒子ぐらいまでしか届きません。

あと、前の投稿では書かなかったんですが、核力は陽子と中性子との間に働く力と考えてください。
陽子のみ、中性子のみでは充分に働きません。

核力をイメージで書きます。
単純化のため、前の投稿のように、中性子は陽子が服を着込んだものと思ってください。
原子核の中で、ある中性子が服を脱いで隣りの陽子に渡します。この時、服を脱いだ中性子は陽子になって、服を渡された陽子は中性子になります。
これをいろんな所で繰り返すこと、服を引っ張りあうことで、陽子-中性子が引きあって原子核になります。

ちなみに、この服は中間子という粒子ですが、
この機構を提唱してノーベル賞をとったのが、湯川秀樹博士の中間子理論です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんどもありがとうございました。
中性子が単体でいると陽子になってしまうこと、陽子と中性子の服の引っ張りあいの例え、非常によくわかりました。湯川秀樹博士の中間子理論とは、もちろん聞いたことはありましたが、これでよくわかりました。新たに本も読みながら、もう少し勉強してみます。

お礼日時:2003/09/17 23:18

話が進んでいますね。



中性子は、それ単体では15分ほどで壊れて、陽子(と幾つかの素粒子)になります。
その理由は、両者ともほとんど同じ質量の粒子なんですが、陽子より中性子の方がごくわずかに重いため、安定な(より軽い)状態へ移ろうとするためです。

大体、次のような感じで考えてください。
中性子とは、陽子が服を着込んだ状態です。
放って置くと邪魔な服を脱ぎ捨てて身軽になろうとすると。
    • good
    • 0

ではクーロン斥力はないのに中性子が2個結合した二重中性子がなぜ存在しないのか?



パウリの排他律のため、ですよね。
(なぜ排他律がはたらくのかまでは説明できませんが)

ヘリウム2についても、基本的には同じはずです。クーロン斥力のせいではなく、核力が働かないから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
mugisakenomiさんのお答えは、SRX6さんなどのお答えと結局同じことなのか、反対のことなのか・・・。
これはきっとパウリの排他律を理解できないとわからないことですね。調べてみます。
二重中性子は存在しないのですか?単体の中性子も存在しないのかな?単体の陽子は存在するのに単体の中性子はなぜ存在できないのでしょうか。

お礼日時:2003/09/17 18:39

陽子と陽子の間には、引力である核力と、斥力であるクーロン力が働きます。

核力は、クーロン力より大きいので、陽子と陽子は、くっ付きますが、ここに、中性子を一つ加えれば、よりしっかりと、くっ付くわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
う~む、核力はクーロン力より強いのですか?中性子がなくても一応は陽子同士はくっつくということでしょうか?

お礼日時:2003/09/17 18:31

単純化すれば、陽子は電磁気力(反発する力)と強い力(くっつける力)の両方を持ち、中性子は強い力だけを持ちます。


陽子だけが集まると、電磁気力の合計が強い力の合計を上回るので、中性子を加えて強い力を増やさないと原子核が壊れてしまう訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
非常によくわかりました。
中性子は強い相互作用を持っているので、
それが加わることによって陽子同士が結びつくことも可能になるのですね。

お礼日時:2003/09/17 18:28

理由はよく知りませんが核子間の結合には、その粒子のスピンが互いに同じ向きであることが必要で、スピンの向きが互いに逆だと核子間の結合が不安定になるのだそうです。



ですので、ヘリウム2を形成しようとすると、安定な核子対を形成するために2つの陽子のスピンが同じ向きにならなければならなくなり、それはパウリの排他原理により許されないため、ヘリウム2は存在できない・・・ということになります。

一方、重水素の原子核の場合、核子を構成する陽子と中性子のスピンが同方向でも排他原理に反しませんので存在できます。そして、このため重水素の原子核スピンは1となります(陽子スピン1/2+中性子スピン1/2=重水素原子核スピン1)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
スピンのことは、どこかで読んだ記憶があります。でもそれがこのことに関係しているとは知りませんでした。
それにしてもスピンとは不思議ですね。中性子や陽子のスピンを地球の自転のようなものと想像してよいのか、それとも全く別の性格を地球の自転に例えてスピンと名づけているのか、不思議です。
また、そのスピンし続けるエネルギーはどこからくるのか、もしスピンが止まればどうなるかなど、私にとってはなぞが深まるばかりです。

お礼日時:2003/09/16 23:55

ちなみに、引用はp.132です。



>宇宙の全ての核子が同じ定数を持つというのも、マクロの感覚では不思議ですね。

いい感覚ですね。ほんとにいい感覚ですよ。
どうしていい感覚なのかを語り始めると
かなり難しい話になるのでやめときますが。

>その定数は今後宇宙の進化とともに変わる可能性もあるのでしょうか。

その話も私が挙げた本の3.6章「基本定数は時間変化するか?」に出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
物理学は小さなミクロの研究が宇宙の大規模構造の研究につながるところが面白いですね。
ぜひその本、読ませていただきます。

お礼日時:2003/09/16 23:45

・・・逆に、強い力が現在より強いと、陽子2個を結合させてヘリウム2を作ることが可能になる。

通常ヘリウム2はクーロン斥力とパウリ原理のために2個の陽子が結合できず安定でないのだが・・・(中略)・・・αs(引用者注:強い相互作用の強さを表す定数)が1%強いだけでヘリウム2は結合できる。・・・(中略)・・・その結果として宇宙の水素はすべてヘリウムになってしまうだろう。また、弱い力が関与しないから、反応は急速に進み星の寿命は短くなってしまうだろう。

参考文献:池内了著「宇宙と自然界の成り立ちを探る」

というわけで、結論から言うと
ヘリウム2(2重水素というと陽子-中性子ペアになってしまう)
が存在しないのはエネルギー的に不安定だからです。
しかし、この不安定さは微妙な話で、
ちょっと結合定数が変わっただけでヘリウム2は生成されてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
その参考文献、一度読んでみます。
「強い相互作用」の定数の関係で、ヘリウム2は安定しないんですね。
宇宙の全ての核子が同じ定数を持つというのも、マクロの感覚では不思議ですね。
その定数は今後宇宙の進化とともに変わる可能性もあるのでしょうか。

お礼日時:2003/09/16 19:22

原子核を構成している陽子と中性子を、「核子」と呼んでいますが、核子の間には、核力が働きます。

この核力を介して、陽子と中性子は、原子核を形成しているわけです。ところが、中性子は、電気的に中性ですが、陽子は、正に帯電しています。同電荷の間には、反発力が働きますから、陽子と陽子は、お互いに反発し合っています。したがって、原子核は、適当に中性子を含むことで、安定になるわけです。安定な原子核をつくる、陽子と中性子の構成数は、大体、決まっていて、「マジックナンバー」と呼ばれています。「マジックナンバー」を外れるほど、原子核は、崩壊しやすくなり、安定して存在し得ないことになります。
ヘリウムのアイソトープには、ヘリウム3とヘリウム4があります。ヘリウム3の原子核は、陽子二つと中性子一つです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
陽子同士が反発するのはわかるのですが、電気的に中性の中性子を含むと安定する理由が今ひとつわからないのです。つまり、電気的にゼロの中性子は、その通り電気的な影響を及ぼさないと素人目には思えるので、なぜそれがあると陽子がくっつくことができるのでしょうか。ふたつの陽子はくっついておらず、それぞれ中性子と結びついているということでしょうか。

お礼日時:2003/09/16 19:09

ご質問の構造だと、質量数2のヘリウム同位体ということになると思いますが、


ヘリウムの安定同位体は、質量数3のものと4のものの2種類のようですので、
自然界には、安定的には存在しないと思います。
原子核中の陽子の割合が高いと、電磁的な斥力が働きますから、不安定になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね。ヘリウムの同位体というべきでしたね。
やはり自然界には存在しないんですね。

お礼日時:2003/09/16 18:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

種類 核」に関するQ&A: 抗核抗体が1280倍

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水素分子の連続スペクトル

分光について勉強しているものです。
質問が見当外れだったら申し訳ありません。

現在、水素ガスとヘリウムガスを混合放電して
ある特定の波長帯を観測しています(667nm、706nm、728nm付近)。

ヘリウムガスだけの場合では、ヘリウム原子の励起スペクトルが
綺麗に観測できます(667.8nm, 706.5nm, 728.1nm)。
ですが、水素ガスの割合を増やすと728nmの付近にだけ
連続スペクトルが観測されます。
これは、水素分子の回転スペクトルなのでしょうか?
そのような波長があるのでしょうか?
もし、水素分子の連続スペクトルに波長帯があるのであれば教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

>水素分子の回転スペクトルなのでしょうか?
エネルギー差だと思います。
まず、ライマン、パルマー系列の単一原子のエネルギー差を計算で波長を叩き出す事です。
E=hv=En-E(n+j)
(例、3S-2P)

励起スペクトルなど、難しい分野だと思いますが、頑張ってくらはい。
^_^

Q高校の原子分野についての質問です。 原子核反応において、原子核同士を衝突させたときと原子核に中性子等

高校の原子分野についての質問です。

原子核反応において、原子核同士を衝突させたときと原子核に中性子等の粒子をぶつけたときの反応は違うものなのでしょうか??

教えてください

Aベストアンサー

No.4です。ちょっと用語の使い方が適切ではなかったかもしれません。
鉄より軽い元素が「核融合」で作られると書きましたが、鉄より重い元素も「核融合」で作られます。
その意味で「鉄より軽い元素は、発熱反応の核融合」で作られ、「鉄より重い元素は、吸熱反応の核融合」で作られる、と書くべきなのでしょう。

学問的に正確に書くとどうなるのか、ちょっと自信がありません。とりあえずイメージ的な話として書きました。
「正確」に知りたければ、その筋の「書籍」なりを読んでください。

Q太陽光のスペクトルと構成元素

太陽からのスペクトルの暗線に水素とヘリウム以外にも色々な元素が見られるのはなぜですか?
言い換えれば、太陽の構成元素として水素とヘリウム以外の元素があるのはなぜですか?

Aベストアンサー

>太陽からのスペクトルの暗線に水素とヘリウム以外にも色々な元素が見られるのはなぜですか?
 太陽の光は、黒体輻射( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E4%BD%93 )によるものです。
 暗線は、地球に届くまでの空間に存在する元素を示します。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
『太陽の上層に存在するいろいろな元素や地球の大気中の酸素などによって吸収されたスペクトルであることが示された。( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E7%B7%9A )』

>太陽の構成元素として水素とヘリウム以外の元素があるのはなぜですか?
 の質問にはならないことが分かりますよね。

 第一世代の恒星の崩壊によって様々な元素が宇宙空間に存在しているということ。太陽は第二世代以降の恒星。

>太陽からのスペクトルの暗線に水素とヘリウム以外にも色々な元素が見られるのはなぜですか?
 太陽の光は、黒体輻射( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E4%BD%93 )によるものです。
 暗線は、地球に届くまでの空間に存在する元素を示します。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
『太陽の上層に存在するいろいろな元素や地球の大気中の酸素などによって吸収されたスペクトルであることが示された。( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%...続きを読む

Q陽は正の電気を持ち、中性子は中性である。 そのため、狭い原子核内では電気的に陽子は強く反発し合い、ま

陽は正の電気を持ち、中性子は中性である。
そのため、狭い原子核内では電気的に陽子は強く反発し合い、また中性子と陽子は結びつかないので、
これらの互いに重力が弱くしか効かない(質量の小さい)粒子から成る原子核はバラバラになるはずである。
なのに、実際には殆どの原子は安定して存在する。
この理由を簡潔に記せ。

至急この問題の答えを教えてほしいです。

Aベストアンサー

簡潔に書くなら「強い相互作用が働いているから」です。

強い相互作用は中性子や陽子とを結びつける力です。力の強さは電磁相互作用の100倍以上なので、陽子同士の反発に打ち勝って中性子や陽子を結びつけています。

みんな大好きWikipedia「強い相互作用」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E3%81%84%E7%9B%B8%E4%BA%92%E4%BD%9C%E7%94%A8

Qスペクトルについて・・・

先週授業で蛍光灯や太陽、水素、ヘリウム、ネオンなどの原子のスペクトルを見る実験をしました。そしてスペクトルについていろんな本を読みましたが、次のことが分からないので教えて下さい。
●原子の出すスペクトルはなぜ線スペクトルになるのか。
●原子の種類が変わるとなぜスペクトルの様子が変わるのか。
またこういうのが分かるサイトがありましたら一緒に教えて下さい。

Aベストアンサー

 イメージでお話しします。厳密ではありませんので,その点承知置きください。

 原子では,原子核の周りを電子が回っていることはご存じかと思います。電子は,原子の周りをどのように回れるかが決まっています(軌道)。そして,それに対応するエネルギーも決まっています。このとき,電子は好き勝手に原子の周りを回れるのではなくて,一定の規則に従った回り方しかできないことが知られています。たとえば,1 番,2 番,3 番,のように,とびとびになっています。
 原子にエネルギーを加えます。そうすると,電子はエネルギーをもらって,違う回り方をします。その「違う回り方」も前記の規則に支配されています。
 そして,(余分な)エネルギーをもらった電子は,不安定なので,もっとエネルギーの低い回り方をしようとします。このとき,そのエネルギーが電磁波(光)として放出されれば,とくにそれが可視光ならば,わたしたちはそれを見ることができます。ここで,電子の回り方に規則がありますから,その規則から定められるエネルギー(波長,色)の光しか出すことができません。たとえば,5 番から 3 番,4 番から 2 番,など。「3.5 番」などはないわけです。よって,特定の波長のみが見られる,すなわち,線スペクトルになるわけです。

 それで,原子の種類が違うとスペクトルの様子が変わるのは,原子ごとに,その「軌道」に対するエネルギーが違っているからです。

 イメージでお話しします。厳密ではありませんので,その点承知置きください。

 原子では,原子核の周りを電子が回っていることはご存じかと思います。電子は,原子の周りをどのように回れるかが決まっています(軌道)。そして,それに対応するエネルギーも決まっています。このとき,電子は好き勝手に原子の周りを回れるのではなくて,一定の規則に従った回り方しかできないことが知られています。たとえば,1 番,2 番,3 番,のように,とびとびになっています。
 原子にエネルギーを加えます。そうす...続きを読む

Q素粒子(電子、陽子、中性子など)について

素粒子(電子、陽子、中性子など)について

1)素粒子は物質ですか
2)素粒子は空間の状態ですか
3)真空にも素粒子はあるのですか

Aベストアンサー

1)電子は物質である
2)完全な真空には電子は存在しない
3)宇宙空間は完全な真空ではなく空気の非常にうすい状態にすぎない

これに関しては全てYesと言えるでしょう。
ただ、勘違いしておられると感じるのは、
電磁波は電子の動きではありません。
離れた場所の電子同士の相互作用です。
電子自体は媒質のあるところしか移動できませんが、
電磁波は媒質の無いところでも力が及びます。
※これを説明するためにクォークという概念があるのだと
 思います。(浅学なのでよくわかりませんが)

電磁波の一種である光は波動性と粒子性の両方を持つと言われています。
光が波動ならば受け取る相手のいない光は発射できませんし、粒子ならば
相手がいないところにも発射できます。はたしてどちらなのでしょう。

Q太陽のスペクトルについて

惑星状星雲はモノクロの(何本かの)スペクトルを持っているそうですが、それは、周辺の水素や酸素の出す光のスペクトルだそうです。
ところが太陽の光は、赤外線から紫外線まで連続のスペクトルを持ちますが、どうしてなのでしょう。今太陽にあるのは、水素とヘリウムだけだと思うのですが。
それから、「連続のスペクトル」と言いますが、数学で言うところの連続なのか、厳密には不連続なのかどちらなのでしょうか。
厳密には不連続だと思うのですが、もし、数学的な連続でしたら、どうしてそんな完全な連続が出来るのでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。「補足」に書かれたことについて。

>wikiの記事の「黒体放射と量子力学」と言うところに、「これは物理量は連続な値をとり、量子化されないとする古典力学と反する仮定」とあります。これからすると、数学的な連続ではなく、厳密には飛び飛びの不連続のようですが?

↓ これことですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E4%BD%93#.E9.BB.92.E4.BD.93.E6.94.BE.E5.B0.84.E3.81.A8.E9.87.8F.E5.AD.90.E5.8A.9B.E5.AD.A6

 いいえ。これは黒体から輻射される「振動数ν」の光のエネルギーが、「E=n*h*ν」(n=0, 1, 2 ・・・の整数)しかとり得ない、ということです。「振動数ν」そのものは連続的な値をとり得ます。


 同じような話に「光電効果」というものがあり、アインシュタインはこれを「光量子仮説」で説明し、ノーベル賞を受賞しています。「振動数 ν の光のエネルギーが、E=h*ν の整数倍」ということを、「振動数νの光は、エネルギー E=h*ν を持つ「光子」という粒子の集まり」としたものです。この場合も、エネルギーがとびとびの値をとるということで、振動数 ν は任意の値をとり得ます。
http://homepage2.nifty.com/einstein/contents/relativity/contents/relativity3005.html

No.1です。「補足」に書かれたことについて。

>wikiの記事の「黒体放射と量子力学」と言うところに、「これは物理量は連続な値をとり、量子化されないとする古典力学と反する仮定」とあります。これからすると、数学的な連続ではなく、厳密には飛び飛びの不連続のようですが?

↓ これことですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E4%BD%93#.E9.BB.92.E4.BD.93.E6.94.BE.E5.B0.84.E3.81.A8.E9.87.8F.E5.AD.90.E5.8A.9B.E5.AD.A6

 いいえ。これは黒体から輻射される「振動数ν」の光のエネルギ...続きを読む

Qなぜ、中性子は陽子と電子に分裂するのですか?

そして、
なぜ電子と陽子は、
特殊な状態では中性子になって安定するのですか?

又、
中性子が陽子と電子に分裂するときの条件と、
陽子と電子が1つの中性子になる時の条件を、分かりやすく説明して下さい。

よろしくお願いします。(^^

Aベストアンサー

> なぜ、中性子は陽子と電子に分裂するのですか?

中性子の質量が、陽子+電子+ニュートリノの質量より僅かに大きいから。

中性子 1.6749×10^-27kg
陽子 1.6722×10^-27kg
電子 9.1093826×10^-31kg
ニュートリノは無視してよい

> 特殊な状態では中性子になって安定するのですか?

たとえば、重水素では陽子2個では+電荷の反発力のエネルギーが大きいから

Q物理初心者ですがスペクトルについて

分光スペクトルっていろいろありますよね。
吸収スペクトル、反射スペクトル、光散乱スペクトル、発光スペクトルなどなど。私が使ったことがあるのは吸収スペクトルぐらいなんですが、それぞれ物質のどのような情報が得られるのですか?

Aベストアンサー

まず、

>吸収スペクトル、発光スペクトル
は基本的には同じものになります。
面白いもので発光するスペクトルでは発光させないと吸収するのです。
理由は簡単で発光は電子の順位が高いところから低い所に落ちるとき、吸収はその逆だからです。

ただ必ず吸収すれば発光するというものでもありません。
また発光するといっても複雑な経路をたどる場合は必ずそこで吸収するというものでもないですが。(ただ吸収できる状態を作り出せたりはしますが)

これから得られる情報はやはり電子順位がどうなっているのか?ということです。
もちろん原子・分子によりこの順位は異なるので、物質の同定などにも使えます。

>反射スペクトル、
こちらは物質の誘電率に関係します。実はこの誘電率もやはり電子の順位の構造を反映していますので吸収・発光スペクトルとも関係があります。
誘電率は複素数で表され、複素誘電率の虚部が吸収や発光に関係し、実部単体では屈折率、反射率の場合は実部と虚部の両方が関係します。
基本的には”クラマース=クローニッヒの関係式”というものがあり、どんなものでも、この実部と虚部には一定の関係があることがわかっています。

情報としては複素屈折率もある程度わかるし、これを応用して偏光も利用するとほぼ完全に複素屈折率がわかり、更に膜厚測定などにも使えます。

>光散乱スペクトル、
まず粒子の大きさですね。あとはその粒子を構成している物質です。
散乱スペクトルにも色々あって、物質特有の散乱を示すものなどもあります。
大気成分などを調べることも出来て、”ライダー”(バイク乗りとはスペルが違います)という名前の機器が開発されています。
更に流体中の微粒子の散乱ではドップラーシフトすることから、血流測定など結構応用範囲は広かったりします。

また入射した光と異なる波長の光を散乱するラマン散乱では、物質のひずみとか、温度を知る手段にも使えます。

ざっと取りとめもなく書きましたが、まだまだあるとは思います。とりあえずはこんなところでご勘弁を。

まず、

>吸収スペクトル、発光スペクトル
は基本的には同じものになります。
面白いもので発光するスペクトルでは発光させないと吸収するのです。
理由は簡単で発光は電子の順位が高いところから低い所に落ちるとき、吸収はその逆だからです。

ただ必ず吸収すれば発光するというものでもありません。
また発光するといっても複雑な経路をたどる場合は必ずそこで吸収するというものでもないですが。(ただ吸収できる状態を作り出せたりはしますが)

これから得られる情報はやはり電子順位がどうなっ...続きを読む

Q陽子と中性子って本当に重さ同じなんですか?

陽子と中性子って本当に重さ同じなんですか?
ちょっとの違いもないんですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

どうやって測ったか知りませんが、

陽子 1.67262x10^(-27) kg

中性子 1.6749×10^(-27) kg

というわけで、中性子の方が重いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報