痴呆で摂食障害のため、実母が札幌東区のとある総合病院に入院中です。
2日ほど前から、突然、おとなしく従順になってしまいました。

ほとんどしゃべらず、体も動かしません。
ただベッドに横になり、テレビを眺めています。
まばたきもあまりしていないようで、涙が出ていますが、
手でぬぐおうともしません。

意識はハッキリあり、手を貸せば起き上がれますし、歩いて
トイレにも行けます。
でも、問い掛けなどに対する反応は鈍く、首を立てに振るだけです。
「意識は有っても、心、ここにあらず」って感じです。
また、常に小刻みに震えています。

看護婦さんに見てもらっても、
「いいえ、震えてないと思いますよ?」との答え。
我が家では4人で交代に付き添いしていますが、全員
が震えているとの認識で一致してます。
どんな目でみたら、震えてなく見えるのか不思議なほどです。

前の晩までは、同じ事を何度も繰り返し延々としゃべり続けたり、
言うことを聞かずに点滴用の針を勝手に抜いてしまったり、
夜中になっても眠らずに家に帰ると言い張りベッドから起き上がろう
としたり。

かなり、同室の患者さんや看護婦さんには迷惑を掛けたようです。

それが、突然前述の状態になってしまったのです。

看護婦さんに「鎮静剤でも使って下さったんですか?」と聞いた所、
3秒くらい私の顔をみたまま言葉に詰まった後、
「いいえ、お薬はなにも変わってませんよ。いつもと同じです」
との答え。

実はその日の昼間、見慣れない点滴をしたのを父が覚えていました。

その事を看護婦さんに投げかけてみたところ、タンパク質不足のため
それを補う点滴だとの答え。

答えの真偽はともかく、やはり「いつもと同じ」ではなかったのです。

どなたか、母がおとなしく従順になり、小刻みに震えている理由を
教えてください。可能性でも結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

それも痴呆の症状だと思われます。


家の祖母もそういう症状がありました。
動と静を繰り返すものでした。
鎮静剤を打たれたのではとの疑問ですが
それによるものではないと思われます。
鎮静剤では痙攣はたしかよほどの量でないかぎり
でないと記憶しております。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

痴呆に動と静の波がある点については、やはり周りいる痴呆老人介護経験者の
皆さんもおっしゃる所です。

では、小刻みな震えについては、どう思われますか?

お礼日時:2001/04/19 21:58

痴呆には色々なタイプと色々な経過があります。


脳のある部分が変性していくのが痴呆ですが、場所と進行の程度により皆違います。
大変失礼かとは存じますが、少し誤解があるようなので訂正させていただきます。痴呆患者さんが病院に入院する場合は痴呆の治療でと言うことではありません。この痴呆は、薬では抑えられません。そしてこの痴呆を悪化させるもの、急速に症状を変化させるものが、入院です。入院という状況は刺激(目、耳、鼻、舌)が極端に少ない状況でどうしても昼夜逆転してしまいます。訳が分からなくなって、暴れるて点滴を抜いたりする様になります。私は外科医でしたが、痴呆患者の手術に関して、1週間で痴呆がかなり進行する可能性が高いと家族に言っておきました。
お母様の場合、摂食障害と低栄養に対しての治療をするための入院なのです。低栄養状態は肺炎などを起こしやすくするので、改善できればしたほうがよいのです。従って病院においては、まず自分の口から可能な限り摂食させ、不十分な場合はアルブミンとかアミノ酸の点滴をします。処置としては一般的なものです。かたや、痴呆そのものに対してアプローチしているのが老人養護施設です。ここでは集団生活の中で、様々な刺激がある環境を作りだし、痴呆の進行を遅らせ様とします。特別な薬等の治療はこの施設自体では行いません。
お母様のケースは、静止時振戦と、せん妄と思われます。この二つも痴呆の際によく見られます。静止時振戦はパーキンソン氏病という脳の変性疾患でみられます。この場合脳の変性がある場所も侵したためで、
パーキンソン症候群と呼ばれます。これはパーキンソ
ン氏病とは症状が似ているだけで、全く別のものです。パーキンソン氏病は薬がありますが、残念ながら、症候群には効果ありません。ただしせん妄は改善する可能性があります。一番の方法は退院ですが、栄養状態不良、体調不良で退院されても、家ではとても
見切れないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても解かりやすく納得のいくお話です。

私達家族にとっても、もともと今回の入院は、
「痴呆の治療」が目的ではなく「摂食障害と低栄養に対しての治療」
が目的でした。

この点についてはと「私達家族の希望」と「病院の診療」は完全に
一致していました。(本日退院した為もう過去形になります)

問題は、
神経科管轄で投与していた、何種類かの薬なのです。
そしてそれらを使うに当たっての、「目的」や「期待できる効果」や
「予期される副作用」などについての説明不足なのです。

なぜ、説明してくれないのでしょうか?
ましてや、こちらから聞いているのになぜ正直に答えてくれないのでしょうか?
理解に苦しみます。この「インフォームドコンセント」のご時世に。

当初の質問文にも書きましたが、
なぜ「震えてる」のに、「震えてない」と言うのでしょう?
なぜ「投与している薬の種類が変わっている」のに「いつも通り」と
言うのでしょう?

今回の件については、「グラマリール」という薬が新たに投与されている
事が最終的に判明しました。当然、必要性があっての投与と理解しています。

「突然、静かで従順になり小刻みに震える」と言う症状は、まさに
この薬が持つ「期待できる効果」と「予期される副作用」そのもの
である事も本で確認できました。

お礼日時:2001/04/21 20:59

自信も確証もありませんが、躁病の治療に使う気分安定剤「炭酸リチウム」を投与されたのでは?


普通錠剤で投与されるものですが、中毒量と効果が最大になる量が接近している薬で、私自身躁うつ病の治療の途上で飲んでいますが、血中濃度が上がると手が震えたり身体が震えたりしました。この震えが典型的な炭酸リチウムの副作用です。(あと吐き気・嘔吐があります。)
ただ、この薬は急に効果が現れるものではないので、違うかもしれません。鎮静剤などの可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

今のところ、吐き気や嘔吐の症状は出てないです。

但し、今日突然、血液検査が行われ、その結果、あす輸血が決定しました。
(既に土曜日の退院が決まっている今ごろになって突然!?)

看護婦の説明では、検査の結果、貧血状態であるとの判断から
だそうです。

どう思われますか?

お礼日時:2001/04/19 22:07

痴呆の方は時々正気に戻ったり、狂気のようになってみたりと、陽気になったり沈んだり、周囲の人間を戸惑わす事が多いですね。



私も親父を見ていたとき、ちょうど電気の接触不良とよく似た感じを受け悲しい想いをしましたが、これは止むを得ないと思います。

多分いろいろな神経の接触先があって、その日その日で違う回路に繋がっているのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

やはり痴呆には陰陽の波があるという事ですね。

では、小刻みな震えについては、どう思われますか?

お礼日時:2001/04/19 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。

Q84才の父が食事を食べなくて衰弱する一方

父(84歳)が、この前の暑さでまいってしまったのか、食事を受け付けなくなり、一切食事を拒否します。意識はしっかりしていますが、しんどい様子で眠っている時間が多いようです。
医師に相談すると、食事をとらないほかにも、点滴もしても10分と長続きしなくて(自分で抜いてしまう)もうやめてしまったと言いましたので、当方がべったり付き添いで見守っていた所2本まで点滴が入りました。多少安心しました。(私が居なくなるとまただめかもしれません)
老人が食事を取らなくなる理由は何なんでしょうか?エンシュアという液体栄養物質も嫌がって口にしませんし・・。
父親が言うには、圧迫感があるというのです。
それだけで、食欲は無くなるものなのでしょうか?

聞くところによると、老衰の症状として、衰弱と食欲の減退から食事を取られなくなり、更に衰弱が進行し、死に至るケースが老衰であるという考えがありますが、どうなのでしょうか?(このケースは老衰によるものなのでしょうか)

医師も初めてのケースらしく戸惑っております。(処置する方法が見つからない) 頑なにここまで食事を拒むケースは見たことが無いようです。精神面からアプローチすべきか?  老人性痴呆を疑ってみるほうが良いのでしょうか?医師も病院を出て行ってほしがります。正直この状態で出て行けば、必ず死が目の前です。

身体は、がりがりで、生きているのが不思議な状態です。栄養経路を断絶し、このまま、家で見取って最後を迎える方が本人の為なのか、わかりません。

どうぞ、お知恵をお貸しください。

父(84歳)が、この前の暑さでまいってしまったのか、食事を受け付けなくなり、一切食事を拒否します。意識はしっかりしていますが、しんどい様子で眠っている時間が多いようです。
医師に相談すると、食事をとらないほかにも、点滴もしても10分と長続きしなくて(自分で抜いてしまう)もうやめてしまったと言いましたので、当方がべったり付き添いで見守っていた所2本まで点滴が入りました。多少安心しました。(私が居なくなるとまただめかもしれません)
老人が食事を取らなくなる理由は何なんでしょうか?エ...続きを読む

Aベストアンサー

僕の母は胃腸科の入院で点滴の限界を医師から告げられ、飢餓状態で命も危なく(飢餓と発熱)当院では手に負えないこと、そして胃ロウ手術の実績のある医師のいる救急病院の紹介をされ、待ったなしで父と僕の兄弟姉妹で相談して胃ロウ手術のできる病院に入院し、手術の内容と過去の手術実績、成功率の説明(インフォームドコンセプト)をうけ、手術承認書を書いて、手術室控え室の隣(カーテンを引いただけ)の手術室で手術をして貰いました。父、僕、妹が隣で手術が終わるのを待ちました。手術後は胃ロウの回りに肉や皮が盛り上がって外部と胃の内部が栓付きチューブでつながった状態になって内出血も無ければ10日~2週間位後(はっきり覚えていない)包帯をとって退院OKがでて、ホームへ一ヶ月以内に戻れました。
医療や介護が家族でできない以上、他人の医師や看護婦や介護士に任せるしかありません。できるだけ頼み込んで要望を入れてしまうしか無いですね。腹を立てていてもお父上の飢餓状態と命の危険が進むだけです。飢餓状態になると脳に十分なブドウ糖や酸素や血流量が確保されずお父上の正常な脳機能(判断能力)が無くなってしまい、栄養失調状態が続けば脳萎縮などが進行して痴呆が進行しないとも限りませんので、まず飢餓状態から脱出するために、早急な胃ロウ手術が必須となります。できるだけお父上の手術に絶えるだけの体力があるうちに手術をされた方がいいと思います。僕の母の場合が、手術病院から胃腸科医院に迎えにきてもらい、手術に耐えるだけの体力を確認して1~2日経過を見てから手術を行いました。
貴方のお父上の場合、お父上の体力があるうちに、胃ロウ手術をされた方がいいような気がします。精神科の治療は時間がかかりますし、飢餓状態が続くほど脳も萎縮して痴呆が進むのではと思います。
精神科は元気で十分な体力と痴呆もなくまともに精神科医師との会話が成立することが前提で、治療に半年以上かかるかと思います。その前に飢餓状態が進めば、命が危なくなってしまう恐れが十分あります。
飢餓状態を回復するには、精神科より、栄養を確保するための便法としての胃ロウ手術の方が良いかと思います。飢餓状態になるとお父上がまともに意思表示さえできなくなってうつろな状態になって、精神科どころでないと思います。
まず、生命を維持できるだけの栄養を身体に取り込むことが必須だと思います。精神科が必要なら命の危機がなくなったそのあとでよいのではないでしょうか?
胃ロウの手術できる病院の医師に一度お会いになって説明を受けたり、手術概要を書いたパンフレット(説明書)を貰ってこられたら如何でしょうか?

僕の母は胃腸科の入院で点滴の限界を医師から告げられ、飢餓状態で命も危なく(飢餓と発熱)当院では手に負えないこと、そして胃ロウ手術の実績のある医師のいる救急病院の紹介をされ、待ったなしで父と僕の兄弟姉妹で相談して胃ロウ手術のできる病院に入院し、手術の内容と過去の手術実績、成功率の説明(インフォームドコンセプト)をうけ、手術承認書を書いて、手術室控え室の隣(カーテンを引いただけ)の手術室で手術をして貰いました。父、僕、妹が隣で手術が終わるのを待ちました。手術後は胃ロウの回りに...続きを読む

Q入院した父がすごく暴れたようです。

質問失礼します

父が入院しました
私は実家から離れていて
母が救急車よんで、入院手続きもしました
尿路感染症という病気らしく、
肺や肝臓の菌が廻ってしまったとの事。
入院して2目くらいは、普通に会話したりといつもの父だったようですが、
今日母が病院にいくと、もの凄く暴れたり、母に暴言を吐いたりと
凄かったようです。
母は「あんなお父さん見た事ない」とかなりショックを受けてしまったようです。
暴れたり、暴言を吐いたりするのは入院してる患者さんには珍しくないのでしょうか?
原因が分からず、心配です。

どなたかお答えいただけると大変助かります

Aベストアンサー

お答えします。

お父様はご高齢(70歳代以上)ですね。脳炎とか脳の病気がおきたのではないことを前提としてご説明します。
状況から「せん妄」とよばれる状態です。

高齢者の方が入院による環境の変化と心身のストレスのために、状況を理解せず認知症が強い状態と似た状態となり、特に暴れたり、乱暴になったりします。
時間が経つとおさまることもありますが、退院するまで持続することもあります。

「せん妄」は「環境の変化による心理的・精神的なもの」と理解している医療関係者も多いのですが、高齢者の場合、せん妄を生じる場合はそのほとんどが初期の認知症であることがわかってきています。もちろん日常生活には支障のない程度の初期です。

ご経験になったように人格が変ってしまいます。でも退院すれば元にもどります。
せん妄自体は入院中の一時的なものですので、退院すればすむのですが、その後の対応が重要です。入院担当は内科とか外科とかの医者や看護師さんの場合、上述のように「心理的なものだから」ということで退院してせん妄がおさまるとそのままです。

ところが、せん妄は初期の認知症の重要なサインでもありますので、神経内科にかかって認知症の詳しい検査を受けることをお勧めします。前認知症状態や多発性脳梗塞、脳波異常など軽度の兆しがあることが多いのです。適切な治療や対応により本体の認知症の発症を遅らせることができる場合もあります。

せん妄そのものを心配する必要はありませんが、その後が重要です。

○先に「脳炎とか脳の病気がおきたのではないことを前提」と書きましたが、高齢者では「尿路感染症+せん妄」と思っていたのが脳炎だったりするしたも稀にあります。発熱や意識低下があるので医者がよく観察すれば区別はつきます。

お答えします。

お父様はご高齢(70歳代以上)ですね。脳炎とか脳の病気がおきたのではないことを前提としてご説明します。
状況から「せん妄」とよばれる状態です。

高齢者の方が入院による環境の変化と心身のストレスのために、状況を理解せず認知症が強い状態と似た状態となり、特に暴れたり、乱暴になったりします。
時間が経つとおさまることもありますが、退院するまで持続することもあります。

「せん妄」は「環境の変化による心理的・精神的なもの」と理解している医療関係者も多いのですが、高齢者の...続きを読む

Q入院中の大部屋。うるさい患者について

私は今病気で入院をしています。

大部屋なのですが、そこに入ってきたお婆ちゃんのお喋りが本当にうるさくて不快です。

自分は病院にお喋りしに入院してるんだ。
と言っていました。

さらに
検査で異常がない事がわかったのに
家に帰っても一人ぼっちだし、病院のご飯を食べたいから入院期間を伸ばしてもらった。
とも言ってました。

こっちは病気で具合が悪くてゆっくり寝てたいのに、そのお婆ちゃんは一日中ペチャクチャとお喋り。


一度話出すと同じ話を延々と繰り返し、終わる気配が全く見えません。

病院を社交場かなにかと勘違いしている様です。

こんな後期高齢者の医療費の為に国の税金から大部分が負担されていると思うと腹立たしいです。

毎日ストレスを感じますが、個室のベッド代を払うのもお金が勿体ない気がしてしまいます。


こういう時はどうしたら良いでしょうか?

初めての入院なので困っています。


こういう方ってどこの病院にもいる者なんでしょうかね?

Aベストアンサー

病棟看護師長に話して、他の入院患者の迷惑である事を言って貰うしかないでしょうね。
病棟に談話室の様な部屋があるのなら、そこへ行くように促して貰うとか。
『自分は病院にお喋りしに入院してるんだ。』と言っていて何も異常が無いのであれば、看護師長から担当医師へ
上げて貰って強制退院してもらうしかないでしょう。
人が居る所でお喋りをしたいのであれば、デイサービスでも受けて皆と話しをする様にすれば良いのですが、
場所もわきまえない方の様ですから友達も出来ずに嫌われてしまうのかな!?
最悪は御自分の病室を変えて貰うしか無いかも知れません。
お気の毒です。
お大事に。

Q肺炎の急変について

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。

転院の前日に38度強の熱が出ましたが主治医は転院は問題ないとのこでしたが転院当日先方の病院へ経過を連絡し確認したところ経過観察のため転院を延期し検査を依頼されました。(当日は熱は下がっていました)

その依頼により、胸部レントゲン血液検査が行われました、結果炎症反応9とかなり高状態で1週間程度の経過観察と言われました。

その翌日の朝、病院から態急変したとの連絡で駆けつけたところ父は酸素マスクをつけ呼吸も浅く非常に苦しそうにしておりました、意識はない状態で、一時的に心停止に近い状態であったと伝えられました。

その後医師より、レントゲンを見せられ昨日の朝のレントゲンでは肺炎の大きな広がりはなかったが、今朝のものは胸いっぱいに肺炎が広がっており非常に厳しい状態ですと言われ、現実に翌日の夕方に息をひきとりました。

そこで、ご意見をお願いします
1.誤嚥性肺炎だろうと言われました、肺炎は僅か半日足らずで死にいたるほど急激に症状が進むものですか?

2.転院の2日前に(亡くなる3日)に付き添っていたとき息が苦しそうで肩で息をし、手足が先日までとは違いすごく冷たくなっていました、これは肺炎の兆候として治療に反映はできなっかたのしょうか?

3.入院中37度強の熱が1日をとうして出たり出なかたりしていましたが。これは肺炎を起こしているサインとして予防的な治療の目安にはならなかったのでしょうか?

高齢での肺炎は非常に厳しいものとは分かっているつもりですが、なにかもやもやしたものが拭い去れずこの場をかりて質問をさせて頂きました、出来れば医療関係者のかたの率直な意見を頂ければと思います

宜しくお願いします。

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。
...続きを読む

Aベストアンサー

1、まず誤嚥性肺炎、特に高齢者の場合は予後が悪く、急激に換気障害に陥り、あっという間に死亡してしまうことは確かにあります。うっかり喉にものが入っただけのように感じるかもしれませんが、極めて重病なのです。ましてや、脳梗塞などがあり、異物を排除できない上に高齢という極めて状態がよくない場合はなおさらです。
2,3、高齢の場合は肺炎の兆候は出にくく、発熱も殆どない場合も少なくありません。手が冷たかっただけではサインとしては目安にはならなかったと思います。看護師が定期的に体温を測っているはずで、急激な低下や上昇があれば通常は主治医に報告がいきます。このあたりは主治医に詳しく再度説明して頂いてください。その方が納得いくと思います。

QIVHだけでどの位生きられるのでしょうか?

IVHだけでどの位生きられるのでしょうか?
79歳の父親なのですが、リンパ腫の初期段階で
入院してから、次々に体調を崩し始めました。
入院してしばらくしてから、徐々に認知症が進みはじめ
体力も体重も急激に落ちたように思えます。
嚥下機能も衰えている為、流動食以外禁止となりましたが
本人が拒否。
更に、腸炎でも、何か難しい腸炎だと言われました。
そんな中、もう、終わりだ…。というほどに
衰弱したのですが、主治医から、回復の見込みは
五分五分ですが。ということで高カロリー輸液を勧められ
今、使用してもらっています。
胃ろうは体力面を考えると、手術できない。と言われました。
しかし、個人的な感想ですが、飛躍的な回復だと思えません。
むしろ、高カロリー輸液だけで、命を永らえさせている事に
罪悪感すら感じる事が多いです。
本来、物が口から食べられなくなったら、寿命は終わりだと
いう考え方や、不自然な延命、色んな意味で、無理な延命を
選んでこなかった家族のルーツがあるからだと思いますが。
不謹慎かも知れませんが、IVHのように便利なものが無かった頃のように
普通の点滴のみで、枯れるようになくなる。眠るように亡くなるのが
父の希望だと言ってましたし、僕もそう思います。
父との時間が少し、増えた喜びもありますが、ベッドに拘束され
訳が解らない時間を過ごさせてしまっている罪悪感と、複雑な気持ちです。
IVHをしていると、普通の点滴より、相当延命効果があるのでしょうか?
蛇足ですが、主治医は延命処置では無いと言っていますが、私から見ると
延命処置以外の何者でも無い気がして、怒りすら覚える事もあります。

IVHだけでどの位生きられるのでしょうか?
79歳の父親なのですが、リンパ腫の初期段階で
入院してから、次々に体調を崩し始めました。
入院してしばらくしてから、徐々に認知症が進みはじめ
体力も体重も急激に落ちたように思えます。
嚥下機能も衰えている為、流動食以外禁止となりましたが
本人が拒否。
更に、腸炎でも、何か難しい腸炎だと言われました。
そんな中、もう、終わりだ…。というほどに
衰弱したのですが、主治医から、回復の見込みは
五分五分ですが。ということで高カロリー輸液を勧められ
今、使...続きを読む

Aベストアンサー

別に違和感を私は感じません。下記HPのように普通の感情であり、私も日本における通常の終末期医療にむしろ強い違和感を感じます。
延命治療とは、回復の見込みがないのにいたずらに生命を維持させる行為を示します。よって、主治医がまだ”回復”するチャンスが半分はあると見ているのなら、延命行為とは呼べません。
ただ、”回復”が何を意味するのか、主治医ときちんと話す必要があります。最終的なゴールを胃ろう(PEG)を作って寝たきりで退院とするのか、ちゃんと歩いて会話をして自分で食事を取れるのをゴールとするのか、主治医の”回復”が何を意味しているのか確認すべきと思います。
そこで、ゴールが希望と違うようなら、そこからは延命治療となります。
よく主治医と相談されるのが大事と思います。

参考URL:http://intmed.exblog.jp/10829856/

Q認知症の人が夜に起きるのはなぜでですか?

こんばんは

うちには認知症のおばあちゃんがいるのですが、
「もう寝る」と言ってから3時間くらい、ベッドに行っては
起きて家人の顔を見に来(寝ている寝ている場合は起こし)、
顔をみたらベッドに戻るという動作を繰り返します。

眠くないのかと思って「しばらく起きてる?」ときくと
「いや、寝る」と言うので、おそらく眠いんだとは思うのですが、
ベッドに行っては戻るを繰り返します。

祖母が眠くないときは部屋から出て来て、
眠くなるまでTVなどをみて、眠くなったら寝に行くのですが、
その後も数時間、起きる→寝るを繰り返します。

病院で相談したら睡眠薬をくれたんですが、そうすると
フラフラになりながら起きたり寝たりを繰り返すので、
怪我でもしては大変と思って使用をやめました。

こういうとき、祖母の心理状態ってどんなものなんでしょうか?
また適切な対応の方法、やめてもらえるいい手段などあれば
どうぞアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

家の場合、「目的なく歩く」と言う徘徊です。外へは行きません。
なぜか夕方から夜間が多いのですが、施設で聞いたら、「皆がそう。夕方症候群で」との事。ネットで調べれば納得がいきます。
夜間、廊下を歩いている。ベッドに入れる。すぐ忘れて出てくる。こちらは興奮して寝れなくなる。 昨年は、この繰り返しのうちに、冬になり、動きが少なくなり、春まで楽でした。

今年は、もっと激しくなりました。頻繁に出てくる。顔に次々青にえを。朝何度も床で寝ている。どうしたのかと思ったら、胸に大きな青あざが。ベッドから落ちたと言う事になり、ベッドの柵が2本になりました。今のところ乗り越えて出てきていません。

寝させてから見に行くと、寝付くまでは、起き上がって柵をつかんでいます。本当は出てきて歩きたいのでしょうね。

睡眠薬ですが、初めがうつ病だったので、そのまま飲んでいます。
弱い薬しか出しませんから、寝ない日もあります。
ふらふらになって歩くと、危険が増すでしょうね。

1の方の言われるように、昼間横にさせぬよう、相手をして、歩かせるのは効果的だと思います。
タダ、実行可能でしょうか?
こればっかりは、いい方法はないようです。

ネットで「夕方症候群」は検索してみてください。

家の場合、「目的なく歩く」と言う徘徊です。外へは行きません。
なぜか夕方から夜間が多いのですが、施設で聞いたら、「皆がそう。夕方症候群で」との事。ネットで調べれば納得がいきます。
夜間、廊下を歩いている。ベッドに入れる。すぐ忘れて出てくる。こちらは興奮して寝れなくなる。 昨年は、この繰り返しのうちに、冬になり、動きが少なくなり、春まで楽でした。

今年は、もっと激しくなりました。頻繁に出てくる。顔に次々青にえを。朝何度も床で寝ている。どうしたのかと思ったら、胸に大きな青あ...続きを読む

Q認知症(アルツハイマー)で精神病院(隔離病棟)へ

初めて質問します。
心が晴れません。
何かアドバイスを頂ければと思います。
とても混乱していて説明が下手でしたらすいません…;;


私は25歳の派遣社員。女です。
父母、父方の祖母。妹との実家暮らしだったのですが、
1ヶ月前にアルツハイマーの為に祖母を老人施設に預けました。
その施設は、「ふつうの生活をしながら」をモットーにされていた為、
散歩もありおやつもあげてくれて、私は安心していました。

ところが、祖母の乱暴な性格のせいで、
入居者さんとのケンカ(夜中に祖母が入居者さんの部屋に入っていく等。)
それを止めようとした職員様へ、噛む・唾を吐く 等、暴れた為に
「もう、ここでは見れません」と断られてしまいました。
結局1ヶ月でそこの老人ホームから断られてしまった形になったのですが、 
そんな時、丁度家の隣が認知症専門の精神科だった事もあり、
そこの病院の先生が、「うちに入院させたらどうだ」と言って下さいました。
入院施設のある病院は家の隣とは別で、車で30分の山の奥にあるのですが、
院長先生の紹介の為、お世話になる事にしました。


祖母の病室は、トイレは勝手に出来ない様に鍵がかかっていて、
水も勝手に飲めない様に水道も一切ありませんでした。
結構心が痛みましたが、老人施設で断られていますし、もう他がないので
仕事が休みの時におやつでも持って行ってあげよう、と自分を納得させていました。

そうして1ヶ月。
1ヶ月たった今、そこの精神病院から電話がかかってきました。
「至急来て下さい!」との事で駆けつけたとこ、
祖母が暴れたせいで、個室の病室が酷い有様になっていました。
壁は壁紙を剥がしたせいでボロボロ。ベッドのマットも布団もビリビリに破いていて、
床も少し壊した跡がありました。

暴れた理由として、
散歩に行こうとしたとこを看護婦さんが止めた、
着替えを手伝われたくない、

との事で、看護婦さんや周りの患者さんに噛む、唾を吐く、等したそうです。
そのせいで、院長先生からも、
「ここまでひどいとは思わなかった。うちではもう術がないので最終段階の処置をしますが、嫌だったら今連れて帰っても構わない。」と言われ、
その最終段階というのが…

「びっくりなさらないで下さいね」と看護婦さんに言われ、
鍵付きの扉を2回くぐって通された部屋が、

まるで殺人でも犯した人間が入る様な、一言でいうと牢獄でした。
コンクリート固めの真っ暗な窓のない狭い空間。
トイレは床に小さな穴。(カーテンなんか無い)
そこにマットが敷いてあるだけ。真っ暗。
精神安定剤を服用させながらそこに寝てもらうとの事でした。

私は涙が止まりませんでした。
いくら暴れるといっても犯罪を犯した事なんて一切ありません。
私も何度も唾をかけられ噛まれ叩かれ、憎たらしく感じるときもありましたが、
祖母がいなかったら父もいません。当然私もいません。
それ以前に、人間です。

薬漬けにより悪化していく中、あの鉄格子に入れられたのではさすがに人間狂ってしまうのではないだろうかと可哀想で仕方がありません。(祖母はアルツハイマーと診断されましたが自分の住所も言えます。ふつうの感情はあります。)

そんなところに祖母を入れている自分が嫌なだけかもしれません。
母に、「仕事を辞めておばあちゃんが死ぬまで私が面倒見る」と言ったら、
あんたの人生はどうなるの? と言われました。
父も、そんなわけに現実的にいかないだろう と言われました。

「いくら世間から冷めた目で見られようが、おばあちゃんが外を徘徊する時は私も着いて行く。仕事は今はとりあえずやめる。排泄物も私が見る。」と言ったら「今連れ戻してももうどうしようもない。仕方無い。」と父に止められます。
母は「自分はもうこれ以上面倒は見れない」と言います。

実際私も、祖母をあんな牢獄みたいなとこに入れたままふつうに生活する自分が嫌で、祖母を連れ戻そうとしているだけなのかもしれません。結局はそんな自分が嫌で、祖母というよりは自分を守りたいだけなのかもしれません。

あんなところに祖母を入れて平然と生活をしている自分の老後も絶対に良くないものだと思っております。それは一生思って行きていこうと思います。

私がまだ子供じみているのでしょうか。
やはり、私は今のまま仕事をしていく事が世間的にふつうなのでしょうか。
とても混乱していて、祖母を思うと涙が止まりません。
やはり連れ戻すべきでしょうか。とても悩んでいます。

初めて質問します。
心が晴れません。
何かアドバイスを頂ければと思います。
とても混乱していて説明が下手でしたらすいません…;;


私は25歳の派遣社員。女です。
父母、父方の祖母。妹との実家暮らしだったのですが、
1ヶ月前にアルツハイマーの為に祖母を老人施設に預けました。
その施設は、「ふつうの生活をしながら」をモットーにされていた為、
散歩もありおやつもあげてくれて、私は安心していました。

ところが、祖母の乱暴な性格のせいで、
入居者さんとのケンカ(夜中に祖母が入居者さんの部屋に入っ...続きを読む

Aベストアンサー

同じような症状を起こしていた母がいます。

同じく一般のところは無理で、最初は一般の精神科病棟、少し落ちついてから認知症用の老人病等に移りました。
うちの母の場合は、最初にいきなり、そういう隔離部屋でした。保護室といわれてました。つまり暴れても怪我をしないように周り中マットやウレタンがしてあります。更に身体拘束もされました。
自傷他傷の恐れがある場合は仕方が無いのです。
あなたもおばあさんを犯罪者にさせたくないでしょう?

母の場合は、順に身体拘束が解かれ、保護室を出たのが約1ヶ月ほどかかったでしょうか。それから一般の相部屋でした。その時から面会が許されました。周りは若い人が多くて、統合失調症でしょう、見るからにおかしな人の集団です。看護師さんに頭が下がります。そこに3ヶ月くらいでしょうか、やっと認知症専門のところに行けました。なお、その後も体調などで薬を必要量よりも大幅に減薬すると、暴れて、その病棟の保護室に行くこともありました。

ただね、わかってほしいのは、そうして治療すると、そのうち段々落ち着いてきます。薬も減らして、ちょうどいい量を目指してくれます。半年もするとかなり良くなりますし、病院の暮らしに慣れてくるとさらに良くなってきます。
私の母は結局、その認知症病棟に4年半くらいいて、安定してきたから大丈夫でしょうと、普通の老人施設に受け入れてもらえました。そろそろ2年なりますが、環境の変化が心配だったのですが、よく適応して追い出されずにすんでます。

確かに始めに強制的に薬で押さえ込んで、身体拘束までと悲しくなりますが、(それで激しく反対した身内もいます)今、落ち着いて施設で暮らしている姿を見ると、やはり医者の言うことは聞くものです。
あのままにしていたら、きっと大怪我をしたり、事故にあったり、警察沙汰や、それより何より本人の観光にも悪いです。暴れていた時は血圧が180以上ありました。いつ死んでもおかしくないです。

保護室に一生いるのではないのです。快方に向かえば、徐々に緩い部屋に移ります。
また、普通の施設に行けるまで、良くなることだって決して稀ではないのです。
おばあさんを、おいしゃさんを、信じてみませんか?

同じような症状を起こしていた母がいます。

同じく一般のところは無理で、最初は一般の精神科病棟、少し落ちついてから認知症用の老人病等に移りました。
うちの母の場合は、最初にいきなり、そういう隔離部屋でした。保護室といわれてました。つまり暴れても怪我をしないように周り中マットやウレタンがしてあります。更に身体拘束もされました。
自傷他傷の恐れがある場合は仕方が無いのです。
あなたもおばあさんを犯罪者にさせたくないでしょう?

母の場合は、順に身体拘束が解かれ、保護室を出たのが約1ヶ...続きを読む

Q認知症で死にますか?

認知症の方の死亡原因は何でしょうか?
例えば、高齢で認知症になり、進行が早くても体が元気であれば
生きていられますよね?そういった場合、介護生活が長引くという
可能性がある、その考えでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

特養に勤めています。
確かに在宅などでは事故も多いかと思いますが、施設などの場合は転倒などの事故がそのまま死因につながることは少ないかと思います。
今や認知症はお年寄りだけの病気ではないですが、仮にお年寄りが大半と仮定して考えると、やはり身体が元気で疾患は認知症だけ、という方のほうが少ないかと思います。何かしらの疾患をかかえていて、いわゆる生活習慣病が引き金になった脳血管疾患や内臓疾患も多く様々ですが、認知症がひどくなってくると、これらに対してのセルフケア(食事に気をつけたり、決められた時間に薬を飲んだり、適度な運動、睡眠をとる、といったようなこと)ができなくなります。
なので、こういったこと全てにおいて在宅なら家族、ヘルパー、訪問ナース等が介入しないと、病気がひどくなってしまいます。
施設に入所している方なら、各職種のスタッフが対応します。
それでも慢性化したお年寄りの病気は治療困難なことも多く、現状維持させて酷くならないようにする、というのが現実的な対応になっています。
なので、認知症の症状として「拒否」が多くなると、例えば、決まった時間に薬を飲ませられなくなったり(吐き出してしまったり)しますし、食事を食べ物として認識できなくなると、食事摂取量は当然減少し、介助しても口を開けなくなったり、飲み込めなくなってしまうと必要な栄養や水分が取れず、衰弱していき、病院のお世話になる→もともと抵抗力や体力があまりない→さらに弱る→亡くなる、という流れになってしまうことも多いかと思います。
また、病院のお世話になった場合も、ひどい「暴力」や「抵抗」などがあり、適切な治療(点滴や注射)が受けられない(抑制して無理やることもありますが)時にもお年よりは衰弱していきます。
認知症と一言で言っても様々な症状がみられるので、一概には言えませんが、拒否や抵抗はみられず、ボーっと1日過ごしているようなタイプや、こちらの言ったことにそのまま応じてくださるような従順な大人しいタイプの認知症の方の場合は上に挙げたようなケースはさほど当てはまらず、体力が落ちて入院しても無事に治療を受けて退院される→長生きするケースが多いように思えます。
元気なら寿命が長くなる=介護生活が長引くか、はその方を取り巻く環境や認知症の症状の出方などにも大きく左右されると思いますよ。

特養に勤めています。
確かに在宅などでは事故も多いかと思いますが、施設などの場合は転倒などの事故がそのまま死因につながることは少ないかと思います。
今や認知症はお年寄りだけの病気ではないですが、仮にお年寄りが大半と仮定して考えると、やはり身体が元気で疾患は認知症だけ、という方のほうが少ないかと思います。何かしらの疾患をかかえていて、いわゆる生活習慣病が引き金になった脳血管疾患や内臓疾患も多く様々ですが、認知症がひどくなってくると、これらに対してのセルフケア(食事に気をつけ...続きを読む

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング