今、人間環境学の授業で日本の公害について勉強していて、日本政府は「日本の公害は終わって88年以降公害患者はいない」と言っているみたいなんですが、私は今も公害は現在進行中で昔よりひどくなっていると思っています!例えば自動車廃棄ガスなど・・・。みなさんは日本の公害は終わったと思いますか?みなさんの意見を聞かせて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あなたの公害の定義は何ですか?

    • good
    • 0

こんにちは。


つい最近まで掛かりましたが、かつて「四大公害」などといわれましたが、水俣病などの代表的な訴訟は片付いたようですね。ですが、仰る通りあらゆるところで環境の悪化は進んでいます。また、何かの理由で人体や環境を犯す原因が流出するといった事態がなくなったということはないと思います。

公害と環境破壊には違いがあります。
公害には被害者と加害者がいます。訴訟が起こせるのはそのためです。ですが、環境破壊は、被害者イコール加害者です。オゾン層の破壊を食い止めようと思ったら我々はスプレーの使用を止めなければなりませんし、温暖化を防ごうと思ったら今までのような生活を改めなければなりません。
それから、公害が比較的地域的な問題であるのに対して、環境破壊は広域、もしくは地球全域に及びます。ですから、それをひとつの国の力で解決することはできないんです。このようなものを「国際環境」と呼ぶのだそうです。

被害者と加害者が決められないのですから、環境問題を訴訟で解決することは少なくともできませんよね。ディーゼル規制などの新技術の開発や普及には国のお金が使われるのだそうです。特定の企業に責任を追及できないのであれば、それは当然監理を怠った国の責任でやるべきことだとなります。ですが、国が責任を取ったからと言ってそれで済むわけではありませんよね。そんなことを言っている内に、利便さという恩恵に預かっていた我々の元には、しっかり環境税などの付けが回って来ます。被害を被ったひと達への賠償も、全てが我々の税金から支払われるのではないでしょうか。

何と言いましょうか、ここまで来ると環境の破壊はおいそれとは止まりません。
「誰のせいだ、責任者出て来い!」などとと言っていられる頃の方がまだ益しだったようですね。
    • good
    • 1

 「公害」というと,社会経済の発展に伴う,健康被害・環境破壊等を連想しますが,#1さんの仰るような当時公害病といわれた水俣病やイタイイタイ病も原因は特定の企業によるものであったと思います.



 環境の悪化に対する健康への影響は,昨今ますます関心が高まってきており,昔の「公害」という名称では片づけられなくなり,「公害病」という名称も聞かれなくなってきたのだと思います.

 しかし,オゾンホールや地球温暖化,ダイオキシン,環境ホルモンなど新たな問題が発生し,地域の問題から地球全体の問題に広がってきていますが,これらは何故か「公害」とは呼んでませんね.

 そういう意味では,喘息など昔の「公害」の典型的な症状は現れませんが,自分たちが気づかぬうちにジワジワと地球全体が現代の「公害」に浸食され,いづれ取返しのつかない状態になることも十分考えられます.このほうがむしろ怖いと私は思います.

 ご質問の「日本の公害」から主旨がはずれてしまいましたが,要は「日本の公害」から「地球の公害」に広がってきているのだと思います.
    • good
    • 1

花粉症も、幹線道路沿いで患者が多くでている統計もあり、自動車の排気ガスが影響しているとも言われ、新しい公害とも言えます。



廃棄物処分場も、新たな公害の発生源とも見られており、土壌汚染も調査をしなければ分らないものもあり、顕在化していない公害発生源は数多くあると見ていいでしょう。
    • good
    • 1

88年以降公害病患者がいないかどうかはともかくとして、水俣病やイタイイタイ病などが発生した悲惨な時代よりは良くなっているのではないでしょうか?


自動車の排ガスは規制が厳しくなったり、車自体の排ガス対策の性能も向上しています。
ただ、最近はゴミの不法投棄やそれに伴う土壌・地下水汚染など、新たな種類の問題が発生していると思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特定施設の定義

教えてください。

排水基準が適用される、「特定施設」の定義がよくわかりません。

・排水量(日量何トン排水しているか?)

によって、指定されたりされなかったりするのでしょうか?。

以上、よろしくお願いします。
なお、当方、丸善の「公害防止の技術と法規(水質編)」は持っています。

Aベストアンサー

「公害防止の技術と法規(水質編)」の法規編をご覧ください。

水質汚濁防止法の第2条の2に特定施設の定義があります。
要するに排水基準値が定められている項目(Cdなどの有害物質やCODなどの生活環境項目)に該当する汚水を出す施設で、そのあとの水質汚濁防止法施行令の別表第1にある施設のことをいいます。

この別表第一には、業種ごとに施設の種類を列記してあります。

たとえば、この別表第一の2は、
畜産食品製造業の用に供する施設云々とありますね。
これは、たとえば、牛乳製造工場なんかが該当しますよね。
工場にはさまざまな機械・施設がありますが、その中で次のイロハに書かれている施設に該当するものを「特定施設」といいます。
たとえば、イの原料処理施設でしたら、牛乳を混合したりするタンクなどがそれにあたりますね。

排水基準が適用されるのは、
カドミウムなどの有害物質は、排水量にかかわりなく、特定施設のある事業場すべてに適用されます。
また、CODやBODなどの生活環境項目については、一日の平均的な排水量が50トンを超える事業場について適用されます。
ですから、特定施設があっても、排水基準が適用されるケースとされないケースがあります。

また、条例でより厳しく排水基準を適用されるように規定しているところもあります。

以上簡単にご説明させていただきました。わからない点がありましたら、また補足質問してください。

「公害防止の技術と法規(水質編)」の法規編をご覧ください。

水質汚濁防止法の第2条の2に特定施設の定義があります。
要するに排水基準値が定められている項目(Cdなどの有害物質やCODなどの生活環境項目)に該当する汚水を出す施設で、そのあとの水質汚濁防止法施行令の別表第1にある施設のことをいいます。

この別表第一には、業種ごとに施設の種類を列記してあります。

たとえば、この別表第一の2は、
畜産食品製造業の用に供する施設云々とありますね。
これは、たとえば、牛乳製造工...続きを読む

Q教えて!一般廃棄物の焼却、溶融時に発生するばいじんはすべて産業廃棄物?

一定の能力以上の焼却炉や溶融炉から発生するばいじんは、大気汚染防止法上、産業廃棄物に分類されています。しかし、行政が運営する一般廃棄物対象の上記施設から発生するばいじんは一般廃棄物だと言う人がいます。間違いではないでしょうか。

Aベストアンサー

政令では、
第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及びこれらの廃棄物を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)

別表3の14項 ダイオキシン類対策特別措置法施行令別表第一第五号に掲げる施設

同別表第一第5号
廃棄物焼却炉:火床面積(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの火床面積の合計)が0.5m2以上又は焼却能力(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの焼却能力の合計)が1時間当たり50kg以上のもの

以上から、通常発生するばいじん・燃えがらは特別産業廃棄物になります。
ただ、溶融炉で処理をされ、ダイオキシン類を含まない(基準以下)とされる場合は除外されます。
溶融時に発生するばいじんは、再度溶融炉に戻すのが一般的です。

政令では、
第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及び...続きを読む

Q公害病について、質問があります!!

 はじめまして。

 今、学校の宿題で、公害について調べています。

 四大公害など、日本の公害病のことは、大体分かったのですが、世界の公害病についてが、よく分かりません。
 世界にも、四大公害病のようなものはありますよね??

 詳しいことが分かる方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

公害 KOUGAI と世界共通となっていて
日本が発祥とされているのは、誠に恥かしい話ですね・・・

最近では、中国がその当時の日本に近く
オリンピック開催も一部では囁かれていたそうです。

詳しい事は、ウィキペディアに載ってますので
それを元に、更に調べてみてください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%AE%B3

Q一般廃棄物と産業廃棄物について

一般廃棄物をクリーンセンターで焼却、その後処分場まで運搬し処分を行う場合、クリーンセンターで焼却後に排出した灰は産業廃棄物になると思うのですが如何でしょうか。飛灰は有害産業廃棄物として無害化処理をした後焼却施設から搬出しなければならないと思います。
一般廃棄物の場合、焼却後も排出された灰は一般廃棄物であるという行政関係者の発言ですがどちらが正しいのでしょうか。
わりやすくお教えください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

以前、関係する仕事をしていました。

法律では、産業廃棄物として定義されたもの以外は、一般廃棄物です。

一般廃棄物は基本的に煮ても焼いても(?)一般廃棄物です。
この場合、焼却残さ、飛灰とも一般廃棄物です。

ただし#1さんのご指摘のとおり、奇妙な点の多い法律です。
下水処理場で生じる廃棄物は産業廃棄物になります。

なお廃棄物行政は、以前は厚生省でしたが、今は環境省所管です。

参考URL:http://www.env.go.jp/recycle/

Q政治公害とは・・・?

大学受験用の政治経済の参考書「センター試験政治経済が面白いほどとける本」の中に「公害の分類」という項目があるのですが。
(1)産業公害(2)都市公害
これはいいのですが、
(3)政治公害
とあって、その例として
「基地周辺の騒音、電波障害、薬品・食品の安全監視の怠慢」
が挙げられているのですが、
「薬品・食品~」はまだ「政治」っぽいなとうなずけるのですが、
「基地周辺の騒音、電波障害」
とはどういった性格から「政治」公害に位置づけされているのですか?
お願いします。

Aベストアンサー

米軍基地の処遇については、日米安保条約及び地位協定、それに日本国政府の「思いやり」施策があります。

米軍基地については、地元への雇用対策や地域経済への貢献もありますが、その一方で、騒音や電波障害が野放し(日本国政府公認)になっていること指しているものと思います。

政治公害と言う言葉は殆ど聞いたことはありませんでしたが、「公害」と表現する以上、本来有ってはならないものという解釈なんでしょうね。

地位協定の見直しの議論は、かなり前から有りますが、政府の具体的対応が遅々として進んでいないと言うことだと思います。

参考URL:http://list.room.ne.jp/~lawtext/1960T007.html

Q今オゾン層の破壊ってどれぐらい進行しているのでしょうか?

今オゾン層の破壊ってどれぐらい進行しているのでしょうか?「フロンを撤廃して代替フロンを使用するようにしても、代替フロンも結局フロンの一種だからオゾン層の破壊は進行しているんだ」というような話を聞いたことがあるのですが...?また、今現在残っている古い冷蔵庫とか自動車とかのフロンガスがオゾンへ与える悪影響はどの程度なんでしょうか?

Aベストアンサー

参考になりそうなページをいくつか。

http://www.eic.or.jp/ecolife/c005.html
http://www2.big.or.jp/~yba/eco/001.html

代替フロンに関して
http://www.wnn.or.jp/wnn-eco/word/56.html

数年前にオゾン層に達しているフロンは現在まで使用した量の10%なんて言ってましたよね。
昨今問題になったものだと名古屋の水害時に廃棄された冷蔵庫や自動車から大量のフロンが
流出しましたね。

Q「公害」の単語を、初めて使ったのは誰

 「公害」という単語は、大昔からあったとは、想えません。公務員の公、すなわち、現在の日本を駄目にした高級公務員の害を予想して、このような単語を用いたのでは無いハズです。
 「おおやけ」という意味なら、おおやけに出した害、おおやけなら必要悪のように出してもOKと受け取ることもできます。「広い」という意味なら「公害」ではなく「広害」と名づけるべきでしょう。

 そこで、誰がこの単語を思い付き、最初に使用したのか、を知りたくなりました。公害の原点と言われる渡良瀬川の場合は、公害ではなく「鉱毒」という単語が使用されていたように記憶しています。
 新聞では、1951年1月13日の朝日新聞の見出しに「工場公害防止条例を施行」があることは知りました。施行日の何日前に制定されたのかは、分かりませんが、この日以前に「公害」の単語が存在したと推定されます。
 「公害」の単語が、最初に使われた経緯を教えてください。

Aベストアンサー

公害 ・ 由来  で検索してみました。


http://www2.obirin.ac.jp/unv/research/sanken/53kou.pdf

によると

1881年の大阪堺市街商工業取締法に表れているとあります。残念ながら この法文には途中までしか到達できませんでしたが、

「大正10年代の公有水面埋立法」はみつかりました。

下のサイトです

たしかにこの第32条の4項と6項には 公害の言葉がのっています。
条文の右の改正追加の文字がその項目にはありませんので、大正10年の法案からあったように思われます。

この研究者の方の論文の文脈からみて、

1881年の大阪堺市街商工業取締法 や

河川法 などにも公害の語があるのかも知れません。

河川法などの条文そのものは検索すれば比較的簡単にみることが出来ますので、ご覧になったらいかがでしょうか。

ただ、公有水面埋立法での使われ方をみると、現在使われている意味と同じであるかは何とも言えませんね。

ご検討下さい。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/T10/057.HTM

公害 ・ 由来  で検索してみました。


http://www2.obirin.ac.jp/unv/research/sanken/53kou.pdf

によると

1881年の大阪堺市街商工業取締法に表れているとあります。残念ながら この法文には途中までしか到達できませんでしたが、

「大正10年代の公有水面埋立法」はみつかりました。

下のサイトです

たしかにこの第32条の4項と6項には 公害の言葉がのっています。
条文の右の改正追加の文字がその項目にはありませんので、大正10年の法案からあったように思われます。

...続きを読む

Q今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩

今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩化炭素や、フロン)をこどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?
簡単な説明の仕方を教えてください。

Aベストアンサー

オゾンホールはフロンが原因ということになっています。しかし、それは濡れ衣でした。
フロン原因説では、フロンが成層圏で塩素を放出して、これがオゾンを壊すという説なのですが、その反応には紫外線が不可欠です。
オゾンが減るという場所と時期は、南極の春先です。南極の春先では日光は水平に入射しますから、大気の中を通過する長さは、垂直入射の10倍になります。ということは、紫外線は宇宙へ散乱してしまってほとんど存在しません。

オゾンホールのフロン原因説のウソ
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss021/t01.htm#s13

>こどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?

オゾンホールの問題は、代替フロンの特許をもっている企業が仕掛け、その御用学者が宣伝して歩きました。

Q戦前の4大公害

戦後の4大公害といえば水俣病、新潟水俣病、四日市ぜんそく、イタイイタイ病ですが、戦前の4大公害といえばどういうものがあるでしょうか。

戦前の4大公害について調べる課題が出て困っています。

Aベストアンサー

戦前の公害というと鉱山関連の鉱害しか思い浮かばないのですが、
下記URLに鉱害以外のケースも含め何例か挙げて有ります。
http://www.maizuru-ct.ac.jp/civil/shikura/Assess/Chap-1.pdf

これを手掛かりに各ケースを調べ、肉付けされたらいかがでしょうか。

Q日本では放射性廃棄物はどのように処理しているの?

原子力発電所からは、毎日のように様々な放射性廃棄物が出ていると思うのですが、いったいどこで、どのように処理しているのでしょうか?
低レベルの汚染水は普通に海に流してるのは知ってるんですが、高い線量のパイプとかコンクリートとか・・・どうしてるんでしょう?

そしてこれからどうするのでしょうか?
日本のように国土が狭く、どこにでも人や動物が暮らしている国ではなかなか廃棄が難しいと思います。
海外に運んで処理しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 核廃棄物は自国内で処理する、というのが国際ルールです。ですので、海外へは持ち出せません。しか政府は
発展途上国に大金を払って廃棄の契約を取りつけるいう裏技を考えているかも知れません。

 原子炉から取り出された後は、原子炉建屋内のプールに保管されています。政府見解では、高速増殖炉もんじゅの開発はあと2000年くらいで完成するそうです。それまではプールで一次仮置きすることになります。福島原発では水素爆発したので、このプールが野ざらし状態になっています。台風の直撃でも受ければ修羅場になるのはほぼ確実です。

 六ヶ所村の処理施設も、処理の技術はまだ開発途上なので、核廃棄物をプールに貯めています。あと2.3年で満杯になったあとの計画はまだ白紙状態です。こちらも2000年程度は手つかずのまま放置されるでしょう。

 これらの再処理施設には毎日6000万円の予算が投じられているそうです。再現はもちろん電気料金と税金です。電力会社や政治家、官僚が寄付をするなんてあり得ません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報