教えてください!
簡単なことなのかもしれませんが、
北海道のとうもろこしは、なぜおいしいんでしょう?
とうもろこし栽培に適した気候とか、そういうのがあるのでしょうか?
自分でも調べてみたんですが、なかなか欲しい答が探せなくて・・・
農業に詳しい方、とうもろこし好きな方、どうかお願いします!

A 回答 (1件)

北海道のとうもろこしがおいしいのは、昼と夜の気温差が大きいため、昼間に


できた糖分がでんぷんに変化せず残るから甘い、と高校の時に聞いたような
気がします。
生物学的な根拠はわかりませんが。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わ♪すばやい回答ありがとうございます!
そか、気温の差があった方が良いということなのでしょうね。
大通のとうきびおいしいですよね~♪

お礼日時:2001/04/19 16:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトウモロコシの栽培

添付した画像の頃は、水やりは(毎朝)どのくらいの量をすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

夏場は雨も少なく乾燥しますので、とにかくたっぷりです。
前日、当日に雨が大量に降った場合は不要です。
http://www.sc-engei.co.jp/plant/vegetable/cultivate/?kid=61

Q工業的な農業から、有機栽培・エコ栽培へ?

卒業研究で、GM作物について研究しています。
まず、国内での観点から見たときGM作物が必要か否か?と考えると 実害的な問題として、消費者の反応は未だ反対のままですし、日本の狭い耕地で栽培しても交雑の危険は否定できないですし、せっかく地域のブランド力もあるのだから 栽培する必要はないだろうと思います。(ざっと考えてです。

ではなぜGM作物栽培が必要とされるのか?
農のグローバル化に押されアメリカの圧力に押され、外国の食べ物であふれ 農家は輸入農産物に価格が負け 有機栽培も今のところ基準の厳しい点やコストがかかり 思うような大きな効果は現れていない。
消費者は飽食に慣れ安い食品に手をだすことが多く、小売店や卸売り市場、生産者はそれに見合った体系となってゆく。

所得を確保するために大規模化をしなければいけない。
それにはGM作物栽培を選択したい人も出始める。
(良いか悪いか効果が出るかはおいておき、そう思う人が出ても仕方ないと思います。)

本来ならば、身土不二の精神のもとに 地産池消を進め有機栽培・エコ栽培に切り替え、消費者もそれに応えていくのが良いと思います。

ですが、有機栽培・エコ栽培をと言っても全ての農家がそれに切り替えることはできないと思うのです。
人手もいるだろうに 離農が進み新規就農も横ばい。
商売にも色々な方法があるように、全ての農家がそうなるのは本当に良いことなのか?もしそうしたらアメリカはどう出てくる?消費者だって皆が善人ではないように(と言ったら極端ですけど;)、皆が同じ意識をもって高い野菜を買うことができるだろうか?と深読みする自分がいます。
なんだか 現実的に考えて綺麗ごとで片付けたくはないという気持ちがあります。

作成中なのでうまくまとまっていないのですが、どなたかアドバイスをお願いします。

卒業研究で、GM作物について研究しています。
まず、国内での観点から見たときGM作物が必要か否か?と考えると 実害的な問題として、消費者の反応は未だ反対のままですし、日本の狭い耕地で栽培しても交雑の危険は否定できないですし、せっかく地域のブランド力もあるのだから 栽培する必要はないだろうと思います。(ざっと考えてです。

ではなぜGM作物栽培が必要とされるのか?
農のグローバル化に押されアメリカの圧力に押され、外国の食べ物であふれ 農家は輸入農産物に価格が負け 有機栽培も今のと...続きを読む

Aベストアンサー

まず、今後これ以上、有機・エコ農業が爆発的に増加することはありえません。水は高いところから低いところに流れます。ただでさえ収入の少ない農家が、身銭を切って、労働力を費やして、慣行のものと大して変わらない値段の有機を選びますか?
一度有機で作物を作ってみればわかります。

かといって、私には、GM作物が日本に必要とも思えません。あれは、研究者たちの利己的な探究心によるものに思えてなりません。
「海外も研究しているし、遅れないように日本でも‥」みたいな感じじゃないでしょうか。
 GM作物が問題なのは、なにも「危険」だからといっているわけではなく、takasaki0307さんが言っているように、どんなに適正に管理をしても、非GM作物と交配を続けるでしょう。そして、それを買いたくない人に選択の余地がなくなってしまうことです。
 国民のコンセンサスを得られないうちから、圃場レベルの実験を行うのはおろかなことです。

 肥料の効率的な使用、より毒性の低い農薬の開発、堆肥の併用という地道な努力で少しずつ環境への負荷を減らしていくべきと考えます。

 ただし、農家減少、自給率低下にはこの方法では歯止めはききません。もっともGM導入もこの点では同じですが。

まず、今後これ以上、有機・エコ農業が爆発的に増加することはありえません。水は高いところから低いところに流れます。ただでさえ収入の少ない農家が、身銭を切って、労働力を費やして、慣行のものと大して変わらない値段の有機を選びますか?
一度有機で作物を作ってみればわかります。

かといって、私には、GM作物が日本に必要とも思えません。あれは、研究者たちの利己的な探究心によるものに思えてなりません。
「海外も研究しているし、遅れないように日本でも‥」みたいな感じじゃないでしょうか。
...続きを読む

Qとうもろこしの栽培

 とうもろこしの先端部分に実が入らないのはどういうことが原因ですか。

Aベストアンサー

受粉は当然の事ながら大きな要素ですが、それだけでは一部しか解決しないと思います。
トウモロコシの早生種は先端まで実が入りにくいですが、それはせいぜい2cmまでで、それ以上は
他の要因が大きいです。
雨以外にも逆に乾燥や低温も考えれますが、それ以上に多いのが株自身の生育不足です。
本来、トウモロコシの生育を大きく左右する3つの要素があります。
1.日当たり、日照・・・今回は関係ないと思います。 2.排水の良い土地での裁培は絶対。
3.それと肥沃な土地での裁培が大きなポイントです。トウモロコシはとても肥欲です。
多すぎたかな?と思うような量でも吸い上げます。また普通は効きすぎてこわい鶏糞でも使えるくらいです。
早生種だと思いますが今、雄穂の先端までは150cm位でしょうか、200cmは越していますか?
株元4段目位の節の大きさは10円?500円?ここの直径は実の大きさに正比例します。
「株は大きいのに?」であれば、やはり雨かもしれません。

参考URLは「JAながの農作業Q&A」一部です。ただし左下の図は関係のないほかの物の増殖方法のようです。

参考URL:http://www.ngn.janis.or.jp/agri/gijutuin/haru/qah007.html

受粉は当然の事ながら大きな要素ですが、それだけでは一部しか解決しないと思います。
トウモロコシの早生種は先端まで実が入りにくいですが、それはせいぜい2cmまでで、それ以上は
他の要因が大きいです。
雨以外にも逆に乾燥や低温も考えれますが、それ以上に多いのが株自身の生育不足です。
本来、トウモロコシの生育を大きく左右する3つの要素があります。
1.日当たり、日照・・・今回は関係ないと思います。 2.排水の良い土地での裁培は絶対。
3.それと肥沃な土地での裁培が大きなポイント...続きを読む

Q果樹栽培からみた日本の気候

果樹栽培からみた日本の気候を大きく2つに分けるとそれぞれどう違いがありますか?また、それらの代表的な果樹といったらどういうのが挙げられるでしょうか?

Aベストアンサー

ミカン。
筑波山麓が北限

Qとうもろこし栽培 元肥を忘れました!!

畑のスペースを借りて初めて野菜を作ってみることになりました。
とうもろこしを栽培することになり、マニュアル本の通り、種を植える一週間前に苦土石灰を混ぜ二週間前に牛糞を混ぜました。
そしてマルチをして種をまいて『べたがけ』をしたのですが…
本を読み返してみると、二週間前に牛糞とともに化成肥料も混ぜなければならなかったことに気がつきました。
本によると、とうもろこしは肥料を多めに与えることがポイントとのことだったので、どうしたら良いか悩んでいます。
どなたか教えていただけませんか。

もうひとつ、『マルチ』はいつ除去するのですか?どのくらい成長したら取り除いてよいのか、そのままでよいのか教えてください。

Aベストアンサー

マルチは20年以上前にしかやっていないので、間違っている場合があり枡。面倒でやめましたから

マルチの撤去は、
初期成育時の雑草防除を目的としている場合には、とうもろこしの草丈が雑草よりも高くなった頃、原則として、つゆの前後です。ただし、高温になるような土地では、5月中下旬には撤去しないと、根が枯れるなどの高温障害が出る可能性があります。

発芽を目的にマルチを使っている場合は、霜害の発生の恐れがなくなったらば、撤去します。八十八夜がめやすですが、地元気象台の遅霜についての情報を確認してください。
どちらの目的でマルチを使用したのが、文面からは読み取れませんから。

肥料の成分がわからないのですが、化学肥料の10-10-10 から15-15-15程度の野菜用肥料、ですと、マルチをとった後の雨の日の直前に根から3-6cm内を除いて大体根から30cm程度の範囲に規定の分量をまいてください。

とうもろこし栽培の基本は、窒素肥料の多肥です。枯れるか枯れないかギリギリを見極めて与えます。窒素肥料過多で栽培が困難な土地で窒素を少し抜くかな、と思ったときに栽培するのがとウモロコシです。

マルチは20年以上前にしかやっていないので、間違っている場合があり枡。面倒でやめましたから

マルチの撤去は、
初期成育時の雑草防除を目的としている場合には、とうもろこしの草丈が雑草よりも高くなった頃、原則として、つゆの前後です。ただし、高温になるような土地では、5月中下旬には撤去しないと、根が枯れるなどの高温障害が出る可能性があります。

発芽を目的にマルチを使っている場合は、霜害の発生の恐れがなくなったらば、撤去します。八十八夜がめやすですが、地元気象台の遅霜について...続きを読む

Q【農業】についての質問です。大学生時代にサツマイモの栽培ぐらいしかした事ありません。農学は全くの人

【農業】についての質問です。
大学生時代にサツマイモの栽培ぐらいしかした事ありません。農学は全くの人間です。

Q,スーパーに並ぶ農作物の仕入れ値はどのような過程で決められてますか?

Aベストアンサー

青果物市場での値段です。
ただし、青果物市場を通さず 直接JAないしは農家の人と取引する場合もあります。この場合は、前もって値段を決めておいて取引しますが 市場価格が大きく変動したら 多少調整するシステムです。

Qとうもろこしの栽培について

とうもろこしの栽培について
(1)追肥のタイミングはいつなんでしょうか??
(2)マルチを張って栽培しいますが、マルチを剥がしてから追肥した方がいいのでしょうか??
(3)追肥後は土上げをしてあげた方がいいのでしょうか??
草丈は40~60cm位です。結構、分株してます。
葉色は肥料切れしている様子はありません。
何も分からず栽培を始めてしまい、かなりてこずってます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)元肥がしっかり入っていれば追肥の必要すらないです。
  育ち具合を見て適宜やったらいいです。
(2)マルチは剥がす必要ないです、隙間から配合などやっておけばいいでしょう。
(3)マルチをはがして追肥するなら、肥料は土をかぶせたほうがいいです。
 
  分株してるのは初期に霜などで痛んだからじゃないでしょうか?
 一本立ちといいますから、余分なものは切り取った方がいいでしょう。
 せめて2本にしましょう。

Q農業と冬季の寒冷・風雪気候の関係

農業を行うにおいて、冬季の寒冷気候がどのような利益不利益を及ぼすか?少し抽象的ですが、具体例などをあげてもらえればありがたいです。おねがいします

Aベストアンサー

最近では露地栽培は少なくなりましたが、イチゴやエンドウ、チューリップなどは寒さに当たらないと実はできません。と言う点を考えると寒さは必要なものと考えます。
 しかし、おおかたの場合は、雪で田畑が覆われると作物ができなくなるというマイナスの方を考えてしまいますね。
 ちなみに今年のように冬に雪が少ないと夏の水不足の心配も出てきます。といっても近年は、局地的な豪雨とかが起こっているので、水の心配は内容に思われがちですが、あくまでも局地的に多いのであって日本全土を見た場合は水不足になるかもしれません。

Qトウモロコシのキセニア・・・

とうもろこしのキセニア現象によって、優性形質の花粉で受粉すると、
とうもろこしの種子は、すべてその優性形質のものになるのですか?

Aベストアンサー

その通りです。キセニアとは重複受精で胚乳も受精するために花粉親の優性形質が直ちに胚乳に現れる現象を言います。例えば白色系のものに黄色系の花粉を交配しますとすべて黄色になります。

Q山梨県(勝沼)でぶどう栽培が盛んな気候的な理由は?

 山梨県はぶどうの生産量日本一だそうですが、これはやはり気候が適しているからということでしょうか。あるいは、歴史的な経緯が何かあるのでしょうか。もし、気候が適しているとしたら、どのような気候がぶどう栽培に適しているのでしょうか。

Aベストアンサー

気候が適しているのは、雨の降り方(少ない)位だと思います。
歴史と土壌によるものが大きいのではないでしょうか。
山梨は扇状地が多く砂地で水捌けが良く、標高が500~600m位で、昼夜の温度差が大きく、日照時間が多く、傾斜地であるetc.が甲州葡萄と言う品種に適したと言う事でしょうか。

また、山梨は昔養蚕が殆どで余り恵まれた土地ではなく お米は、水の問題が有りました。狭い傾斜地で葡萄や桃は高収入が得られる事から地域全体で育成した経過が有ります。

山梨の葡萄は、全て水捌けが良い土地にあう品種ばかりでは有りません。山梨の中でも色々な品種の葡萄をいまだに探して作っています。葡萄は、色々な条件にあう品種が沢山有ります。日本の何処でも作れて適した品種はそれぞれ有ると思います。その中で勝沼は栽培面積が歴史的に多くなったということだと思います。


人気Q&Aランキング