マンガでよめる痔のこと・薬のこと

24で11級程度の級位者です。
周りの強い人から3手詰の詰将棋を完全に覚えてしまいなさい、
とアドバイス受けました。
時間をかければそれなりに覚えられるとは思いますが、
覚えるときの”コツ”のようなものあればぜひ教えてください。
よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

早々のお礼をありがとうございます。


少々補足をしたく再度投稿致します。

丸暗記が棋力向上(終盤に関し)に効果はあるとは思います。
また、目的が丸暗記ということでしたので、前回の回答をさせていただきました。

昔、羽生名人が「終盤はいくつかのパターンに分類できる」というような発言をして、物議されましたが
少なくとも400程度の詰将棋で分類できるほど将棋の終盤は簡単ではありません。
つまり、詰将棋400の丸暗記はあくまでも読む力、もしくは正解の指し手を思いつくためのトレーニングと思って下さい。
3手詰の丸暗記もその手段のひとつにしかすぎず、難解な終盤を乗り切る力をつけるには暗記したものを応用する力が必要になってくると思います。

励みとして、タイムトライアルも面白いと思います。
しかし、たとえば50題を3分で解けるものを、2分に1分にすることは、終盤力アップに意味があるのかと言われるとどうかな?と思います。丸暗記できたら、次は5手詰7手詰と少し長めの詰将棋にトライして、読む力をつけることも必要になります。
暗記した3手詰の形にするためにはどうすればいいのか?を考える力です。
11級とのことですので、おそらく近い将来思い当たる時期がくるとは思います。
そのときに、ああ・・・と、思っていただければと思い、再投稿しました。
いつか、どこかの大会や道場で対局するかもしれませんが、よろしくお願いします。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなりました、申し訳ありません。
昨日 (3/8) は所用があり、ここを覗くことができませんでした。
羽生名人の話は次のようなものを聞いたことがあります。
・・・「7手詰までをパターン化して覚えているらしい」・・・
400題の丸暗記は、「形と手順を覚えるトレーニング」と思っています。
タイムトライアルに関しては iskshi さんとちょっと意見が分かれます。
3分が1.5分になれば大いに結構と考えます。
終盤、秒に終われて詰むや詰まざるやの局面できっと役に立つでしょう。
勿論丸暗記できたら次は5手詰です。
将棋倶楽部24でお会いすることはかないませんか?
名簿(検索)でお探ししましたが、「検索一致した会員いません!」と出ました。
ありがとうございました。
2011-03-09 22:22

お礼日時:2011/03/09 22:19

道場等では四段で指しております。


他の回答者様とのやりとりを拝見すると、目的は将棋に強くなることよりも詰め将棋400題を暗記することのようですね?
もちろん、それも強くなるひとつの方法かとは思います。

英単語の暗記と同じように、暗記ですから、繰り返ししかないと思います。
有段者になると手筋ものとか、簡単な3手詰めなら見た瞬間に詰められるようになります。
繰り返し同じ問題といっても400題だとボリュームがありますから、全てを丸暗記はできなくても
瞬間的に回答できるようになるためには、繰り返ししかないと思います。
何回繰り返せばできるようになるかはわかりませんが、必ずできると思います。
私自身はそういうトレーニングはしたことありませんが、将棋自体が強くなる効果も期待できると思います。

本来は10秒程度でも考えて、変化まで読みきって正解を・・・がいいと思いますが・・・^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

iskshi 様、こんばんは

このような回答をお待ちしておりました。
確かに、 目的は400丸暗記することです。
理由は、 丸暗記することで将棋が強くなると思っているからです。
400題瞬時にして解答が言えることができれば、
考えてわかる状態から、見ただけでわかる、知っている状態にまで高めたことになりますよね。
そうなれば、実戦の終盤において自分に自信が持てると考えます。
「アマなら終盤」・・終盤力をつけるためのひとつとして丸暗記したいのです。

!!!繰り返ししかない!!!

そうですね、やはりそうですよね。
今一覧表を書き終えたところです。
1冊:200題÷4=50題を1ブロックにして、1ブロック解くのにかかる時間(分)を記入します。
もうほとんど確認のための解答は見ません。
怪しいなと思うものだけ見ます。その数も徐々に減ってきます。
短くなっていく所要時間を励みにとことんやってみようと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/07 23:12

コツのようなものは確かにありますが、


結局コツを覚えた所で、その問題がどのパターンに当たるのかが解らなければ意味がありません。
その辺は、繰り返し練習しないと身につきません。

簡単な話、
1手詰めのパターンを全て覚えてから、3手詰めのパターンを覚えれば良いのです。
(詰めの形は色々変わっても、パターンの数は限られています。)

3手詰を完全にマスターしたら、5手詰めも解ける様になります。
なぜかと言うと、1手指した後に、全て3手詰めの形になっていなければ解けない事が直ぐにわかりますから、初手の発見が容易になるためです。


なので、先ずは1手詰めを完全に覚えてしまう事です。
3手詰めなんて直ぐに解けるようになります。(最初から3手詰めをやるのは間違いです。)

この回答への補足

3手詰をマスターすれば5手詰もわかる・・当然だと思います。
「初手の発見が容易になるため」というのはどういう意味ですか?
1手目に対する玉方の応手(2手目)により、3手目を考えるわけですよね。
初手(1手目)の発見が容易になりますか?

「まず1手詰を覚えること」といわれる意味がわかりません。
1手詰なんて、問題が1000問あれば100%正解を出す自信がありますが。
覚える必要性を全く感じません。
なので3手詰に挑戦しているわけで。

補足日時:2011/03/07 22:50
    • good
    • 0

将棋倶楽部24で6級のものです。



私は詰め将棋は結構解きましたが、詰め将棋の形そのものは覚えませんでした。
本などにも「覚えたほうがいい」とありますが、あれは「詰めパターンを覚える」ことなのです。
つまり、実戦でよくある形の王様を、大体どのようにして詰めるのか。
詰め将棋そのままの図を暗記するのではなく、
「この状態で相手玉を詰ますにはどういう手順で前に行く駒がいくつ必要なのか。桂馬はいくつ必要か」というのを把握しなくてはいけません。
そのために「覚えろ」というのです。
詰め将棋は、実戦に向いている作品があって、実際に実戦に同じ配置で出てくることがあります。
その際に、「確かこの配置は・・・」と思い出せるようになればいいと思います。

だから、覚えろというよりは、実際の詰め手順が結構大事(詰め将棋というのは大概捨て駒から入ります)なので、「詰め将棋ってこういう風にして解くんだ」とか、「何の駒がこれだけ必要だ」というのが必要ではないかと、思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

200題x2冊=400題の3手詰問題集を所持しています。
イ)逃げ道に捨てよ
ロ)危険地帯に誘え
ハ)邪魔駒消去
ニ)打ち場所を作る為の捨て駒
ホ)守備駒の移動
イ+ロで400題中の75%を占めます。
それを踏まえたうえで、400題すべてを丸暗記したいのです。
パッと見て解けるようにしたいのです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/06 17:16

個人的な感想ですが、目的と手段が逆な気がします。



詰めるコツを覚えるために詰将棋を覚えるのが良いわけであって、
それを目的としてコツを教えてくれと言うのは変というか何と言うか。

要するに、そのあなたが求めているコツを掴む方法が詰将棋を覚えることなのです。

まあ、自分でやってみて基本パターンを覚えれば覚えなくてもすぐに分かるようになると思います。

何でもそうですが、自分で考えながらやることです。
聞いてもだめですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえ、とにかく丸々暗記したいのです。
考えながら解くのではなく、パッと見てわかる状態にしたいのです。
コツなんてない、ただ解きまくることでしょうか。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/06 17:09

詰将棋は奇抜な手で詰める観賞用の詰将棋と、実戦形の終盤の詰め手筋中心の(初心者なら驚く手でも有段者なら当たり前の手)の詰将棋があります。



質問者さんは指し将棋の終盤が強くなるための勉強としても詰将棋ですので、実戦形詰め手筋中心の3~7手詰のものをたくさん解くことが効果的です。

しばらく考えてわからなければ答えを見て構いません。
そうか、そうだったのかと理解したら次に進みます。
数日後に同じ問題を見ると、パッと答えが出るものとそうでないものが出てきます。
またわからなければ答えを見て再確認します。
これを100題200題と繰り返していきますと、実戦の終盤で良く似た形が出た時ほとんど考えずに詰みの有無がひらめきます。

覚えるというより、考えてわからなかったものの答えをみて「そうか、そうだったのか。」と感心することで自然に身につきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3手詰200題x2冊をもうかなり前からやっています。
その400題すべてを、
「考えてわかる」状態から「見ただけでわかる」状態にしたいのです。
完全に記憶してしまいたいわけです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/06 17:05

詰め将棋のポイントは、邪魔駒を見つけること、柱を立てて相手の王が逃げる先をつぶすこと。

王がどこへ動いてしまったら詰みが消えるのか、相手のどの駒が手駒に加われば詰めるのか、相手にどの駒を渡してしまうと詰みが消えるのか発見することです。

心理的に指しにくい妙手が実は正解となるのが、よくできた詰め将棋作品です。大駒を捨てる、成らずで指す、相手の駒を取らないなど。

これらを詰め将棋を数多く解いて発見し身につけるというのがオーソドックスな方法論なわけです。

好著があります。

湯川博士著、門脇芳雄監修『将棋無双―秘伝 詰むや詰まざるやに挑戦』山海堂、2006。

江戸時代の人たちが詰め将棋の解き方の手ほどきを受けに、棋士の屋敷にに習いに集まる、という趣向で、分かりやすく段階的に説明しています。詰め将棋のポイントを実感しながら発見する手間は大きく減ります。

ただし、制限時間内に詰む手順を見つけるためには、実際に詰め将棋を解きまくる以上の訓練はありません。

駒をただで取らせたり、成らなかったり、相手の駒をとらなかったりまで手を読むには時間が余計かかります。その時間を十分短くするためには、解いて解いて解きまくるしかないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「解きまくる」ですね、わかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/06 17:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三手詰めの本は6冊ほどといたのだが・・・

こんにちは、皆様。
私の頭では3手詰めは解ける問題もおおいので、ここ2ヶ月間ほどせっせと3手詰めを解いてきました。

解いた本は以下の通りです。
あっと驚く三手詰 森信雄
なめたらあかん三手五手 森信雄
パワーアップシリーズ 三手、五手詰将棋(三手の部分だけ)
将棋3手詰入門ドリル 椎名龍一
3手詰ハンドブック 浦野真彦
3手詰ハンドブック2 浦野真彦

次のステップアップとしては他にもあるかもしれない、3手詰めの本をさがしているのですが、ネットでもみあたらないです。
5手詰の本は私にはまだ、むずかしすぎるようです。
効果的に実力アップするには上記の三手詰の本を2週、3週して読み直しておけばよろしいのでしょうか?また、私の棋力に見合った本などがありましたら、教えていただけますよう、よろしくお願いします。 最近は将棋仲間との将棋だけが生きがいです。そんな私に指南していただけたらと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

詰将棋を解く目的は何でしょうか?
単なる時間つぶし?
それとも(指し)将棋が強くなるために・・・ですか?
あ、将棋仲間がいらっしゃるのですから、後者ですね。
でしたら、”暗記する”ことです。
すべてでなくていいから、その6冊から選んで500題。
丸暗記することです。
「詰将棋に慣れてくると次第に詰め手筋が心地よいリズムのように自然と頭に浮かんでくる」まで。
考えて解くのではなく、見ただけで分かるまで。
基礎体力をつけましょう。

Q解けぬ詰将棋をどうする?

こんばんは
終盤力をつけるために、詰将棋を勉強しています。
まずは、3手、5手詰からはじめています。
5手詰で、どうしても解けないものがあります。
これらに対してどうしたものか悩んでいます。
解答を見てしまうか、解けるまで何回もトライしたほうがいいのか。
力を付ける目的があるというのを前提に、良きアドバイスください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

解答を見る、に一票です。

5手詰めくらいでしたら、手筋一発ですね。
知らない手筋は天才でないと、なかなか思いつくものでは
ありません。
答えを見て納得し、また後日解いてみる、でしょう。

Q棋力UPには詰将棋?

誰に聞いても、棋力をあげたけりゃ毎日1問でも詰将棋を解きなさい。
って大体言われます。
それから毎日詰将棋を解くようにしていますが棋力があがったという実感がまだわきません。

やはり詰将棋を解くことは棋力UPへの近道なんでしょうか。
3~7手詰でも効果はありますか?

詰将棋は序盤や中盤にも効果ありですか?

ど素人なので優しくアドバイス願います。

Aベストアンサー

詰将棋を解くことが棋力上達の早道であり、王道なのは間違いありません。
ただし、物事には適齢期というものがあるので、のめり込むのも禁物です。

5手以内の詰将棋はいわゆる稽古であり、如何に早く解けるか。
試合前に簡単な3手、5手を集中して解いて臨むと手が見えます。
 
7手からが登竜門になり、2桁の詰みまで解ければ有段者です。
ここでの課題は盤面を如何に脳内で正確に再現するかです。
当然の如く、序中盤にも大いに効果があります。

詰将棋は駒の能力を最大限に発揮させるように出来ています。
それは将棋の定跡も全く同じ。
定跡を並べていると綺麗に手が流れていくかが分かります。
これは詰将棋の感覚がないと、なかなか身に付きません。

とはいえ、実際の将棋では詰将棋的な感覚があだになることもあります。
手厚い手、入玉的な感覚、いずれも詰将棋とはマッチしません。
ここを越えることができれば強豪への道が開けます。

早く上達したければ階級を2段階ほど上げてしまう手はあります。
つまり質問者さんの場合は11手に挑戦するということです。
難解度が増すと一桁の詰将棋が楽に見えて来ます。
継続は力なりです。頑張ってみてください。

詰将棋を解くことが棋力上達の早道であり、王道なのは間違いありません。
ただし、物事には適齢期というものがあるので、のめり込むのも禁物です。

5手以内の詰将棋はいわゆる稽古であり、如何に早く解けるか。
試合前に簡単な3手、5手を集中して解いて臨むと手が見えます。
 
7手からが登竜門になり、2桁の詰みまで解ければ有段者です。
ここでの課題は盤面を如何に脳内で正確に再現するかです。
当然の如く、序中盤にも大いに効果があります。

詰将棋は駒の能力を最大限に発揮させるように出来ています...続きを読む

Q3手の詰将棋の本

浦野七段の
『3手詰ハンドブック』(日本将棋連盟刊)1と2を所持しています。
2冊あわせて400題を大体覚えたので次をと考えています。
お勧めの3手詰の本を紹介下さい。
浅川書房から出た新版3手詰ハンドブックがいいのでしょうか?
それともほかにいいのがありますか?
それとも3手詰はどれも手筋が似たりよったりだから、
5手詰に進んだほうがいいのでしょうか?
よろしくアドバイス下さい。

Aベストアンサー

捕捉質問とありましたので再度、お邪魔しますね。

NO1の方の意見と別段、対極にあるとは思いません。
むしろ同感です。
三手詰め、いわゆる三手の読みは将棋の基本ですから、
その技術を磨くのは良い事でしょう・・・・。

ちよっと説明が難しいのですけど、例えばですよ、
あなたが3+2=?はと聞かれたら、小学生のように、
いちいち指を折って数えます?それとも紙に式を書いて計算しますか?

あなたはチラッと眺めただけで5の答えが出るでしょう。
だってあなたはそれ以上の難しい+算ができますもの・・・
二桁の+算は勿論、三桁だって頭の中で答えが出せるかも・・です。
それ以上はさすがに無理でしょうけど紙に計算式を起こせば、
答えは簡単に出るはずです。

羽生さんにとっての三手詰めは、あなたの3+2=?と同じです。
羽生さんがチラッと眺めて解るのは当然過ぎるくらい当然です。
だって将棋の+算が何桁も頭の中で出来る人ですから・・・。

詰め将棋が趣味と言うのなら、私も何も言う事はないのです。
頭の体操にもなりますし、何より面白いですから・・・
ただ、詰め将棋を将棋の強くなる為のステップと捉えるなら、
そろそろ次の二桁の+算にすすまれたらと・・そう思いました。

捕捉質問とありましたので再度、お邪魔しますね。

NO1の方の意見と別段、対極にあるとは思いません。
むしろ同感です。
三手詰め、いわゆる三手の読みは将棋の基本ですから、
その技術を磨くのは良い事でしょう・・・・。

ちよっと説明が難しいのですけど、例えばですよ、
あなたが3+2=?はと聞かれたら、小学生のように、
いちいち指を折って数えます?それとも紙に式を書いて計算しますか?

あなたはチラッと眺めただけで5の答えが出るでしょう。
だってあなたはそれ以上の難しい+算ができますもの...続きを読む

Q1手詰の詰将棋は誰に必要か?

私の棋力は24でR600(10級)くらいの級位者です。
1手詰なんて簡単にわかるものだと思っています。
1手詰の詰将棋の本が販売されているようですが、それは必要なものなのでしょうか?
10級くらいの私にも有益なものでしょうか?
詰み形を知る方法として価値のあるものなのでしょうか?
超初心者だけがやればいいというのは間違った考えでしょうか?
よろしくご回答下さい。

Aベストアンサー

将棋倶楽部24で5級のものです。

1手詰めや簡単な3手詰めなどの棋書は、本来レベルが初心者(24でR0~350ぐらい?)
までの方に、お勧めなのは
「詰みの基本型を知る」「捨て駒などの将棋の終盤の基本技術を習得する」とかだと思うんです。

24で10級の方だと、そういうのは基本的にマスターしていると思います。
なので、1手詰めはをする必要は無いかな、と思っています。
3手詰めになりますと、とある24で11級の方が「3手詰めハンドぜんぜん解けない。」とおっしゃっていたのを覚えていますので、終盤力に自信がなければ3手詰めハンドブックなどを解くことをお勧めします。

逆に終盤力で巻き返す将棋ならば、3手詰めどころ5手詰め(24で中級~上級相当)の詰め将棋でも物足りないと思います。
当時24で10級ぐらいに居た僕は3手ハンドは解けていたので5~7手などを中心に取り組みました。

もちろん、1手詰めでも有段者、いや羽生さんでも逃したことがあります。
なので完璧を追い求めるといつまででも1手詰めになってしまうので(汗
大体1冊の正答率が8~9割になったり、どの問題でも確実に1回は分かるようになったら違う書籍に移ったほうがいいと思います。

将棋倶楽部24で5級のものです。

1手詰めや簡単な3手詰めなどの棋書は、本来レベルが初心者(24でR0~350ぐらい?)
までの方に、お勧めなのは
「詰みの基本型を知る」「捨て駒などの将棋の終盤の基本技術を習得する」とかだと思うんです。

24で10級の方だと、そういうのは基本的にマスターしていると思います。
なので、1手詰めはをする必要は無いかな、と思っています。
3手詰めになりますと、とある24で11級の方が「3手詰めハンドぜんぜん解けない。」とおっしゃっていたのを覚えていますので、終盤力に自信...続きを読む

Q最も効率のよい将棋の勉強の方法

こんにちは。少し前に将棋クラブ24にはまって、だいたいレート1200弱ぐらいまで行ったのですが、進学やらアルバイトやらでやめてしまい、最近二年ぶりに対戦してみました。一気に弱くなったというわけでもなく勝ったり負けたりといったところです。

もちろんこれが一番という最善の回答はないでしょうが、できれば有段者の方でこうしたら突然伸びた、などというのがあればアドバイス欲しいな、などと思います。僕はどちらかと言うとじっくり考えて、悪くなっても粘ってじりじり逆転を狙うというタイプです。7手前後の詰め将棋ならだいたい難なくこなせますし、必死問題集とかもやったりします。ときどき新聞の将棋欄を盤に並べたりもします。web対戦後などはなるべく反省するようにしています。

定跡を勉強するのは嫌いではないんですが、どちらかというと手筋とか終盤の寄せ方などを重点にしたいです。本屋でよく終盤の本とかありますが、大抵必死中心なので少し興ざめしてしまいます。僕はどちらかというと、たとえば手がかりのないような局面で、なんとかあやを求めていったりとか、厳しい局面で勝負手をひねり出したりできるようになりたいのです。もちろん実戦が最大の勉強になるとは思うのですが、対戦しまくって勝ったり負けたりというのは性格的に好きではありません。そういった勉強をするのにはどうするのがよいでしょうか。

棋譜並べもずいぶんよさそうに思うのですが、漠然と並べてしまうだけになったりしますし、これはというような書籍や、あるいは将棋ソフトでもあればなと思っております。

こんにちは。少し前に将棋クラブ24にはまって、だいたいレート1200弱ぐらいまで行ったのですが、進学やらアルバイトやらでやめてしまい、最近二年ぶりに対戦してみました。一気に弱くなったというわけでもなく勝ったり負けたりといったところです。

もちろんこれが一番という最善の回答はないでしょうが、できれば有段者の方でこうしたら突然伸びた、などというのがあればアドバイス欲しいな、などと思います。僕はどちらかと言うとじっくり考えて、悪くなっても粘ってじりじり逆転を狙うというタイプです。7手...続きを読む

Aベストアンサー

再び、#3です。

24で1200から初段の1550点までの人たちは、層は厚いのですが、実力的に大きな差はないと思います。

ただ思うのは、その中で弱い人はやはり、「あんまり読んでないな」とか、形勢判断を無視した大駒の交換とかをする人たちだと感じます。

初段クラスになると、読みを入れない(早指しなどで感覚だけで指す)とぼろぼろ負けますし、お互いに読み合いをすることで、将棋をいっそう楽しむことができるとも言えます。ですので、まずは先を読む習慣をつけるのがいいと思います。

次は、どんな手を思い付けるかと、どの手を選ぶかが問題になって来ます。

どんな手を思い付けるかは、経験によるところが大きく、どれだけ手筋を知っているか、どんな手を見たことがあるかによるので、棋譜並べや観戦が勉強になるでしょう。

どの手を選ぶか、が形勢判断によるところです。
一般に言われる基準には、手番、駒の損得、駒の働き、玉の堅さがありご存じかと思います。

もっと微妙な差を考える時には、とりあえず、
「自分が指しやすいか?」というのが一つの基準になります。
そこで、もし指しにくいと感じるなら、その原因がどこにあるのかを考えて、次にはそれを改善するように努めます。(論理的思考はお手の物ですよね?)

まとめると、次の指し手や現在の局面についての「意味」を考えるようにすれば、すぐに初段に上がれると思います。頑張って下さい。

再び、#3です。

24で1200から初段の1550点までの人たちは、層は厚いのですが、実力的に大きな差はないと思います。

ただ思うのは、その中で弱い人はやはり、「あんまり読んでないな」とか、形勢判断を無視した大駒の交換とかをする人たちだと感じます。

初段クラスになると、読みを入れない(早指しなどで感覚だけで指す)とぼろぼろ負けますし、お互いに読み合いをすることで、将棋をいっそう楽しむことができるとも言えます。ですので、まずは先を読む習慣をつけるのがいいと思います。

次は、どん...続きを読む

Qプロ棋士(男)と女流棋士のレベル差はどの程度・・?

プロには男と女が分かれていますが、私の感覚的には特別体力勝負をするわけでもないし、男女平等や均等法などが叫ばれている今日、将棋界も一本化なっても良いのでは?と考えたりします。

実際のところ今の男と女流とでは、レベルがかなり違い過ぎるのでしょうか?(例えば女流タイトル保持者であれば、男の方でいけばどの辺のクラスか?)

それと、古いしきたりとかで、男と女は一局交えてはいけない決まりでもあるのでしょうか?
どなたか将棋歴史等に詳しい方、教えて下さい!!

Aベストアンサー

男性と女性とでは棋力に差があるなどといわれますが、実際のところ差がつく理由ははっきりとはわかっていません。
脳の構造が男性と女性とでは異なるという説もありますし、将棋人口の男女比の差が棋力の差に直結していることも考えられます。

女流トップの棋力は奨励会初段レベルといわれています。奨励会初段レベルの実力なのになぜ男性プロに勝てるのだと思われるかもしれませんが、実際研究会などの場では男性プロも奨励会初段程度に相当数取りこぼしているの
ではないかと思われます。逆に言えばそれほど最近の奨励会のレベルの向上は目覚しく、プロの中堅をあっさり倒せるレベルの奨励会員が数多くなっていることの現れと言うことができると思います。そんなレベルの高い初段と女流トップが同レベルなのですから、実力的にはそう悲観するべきレベルではないと思います。中井、清水に限って言えば10回やれば2、3回勝てるレベルにはあると思います。

しかし中井、清水とそれ以外の女流とでは歴然たる格差が存在し、それらのレベルの低さが女流は弱い、女性は男性より劣っていると叫ばれる一因ではないかと思います。
実際中井、清水を除いた一般的な女流のレベルはアマ3段から4段程度で、アマチュアの少々強い方ならば勝負になる程度の棋力です。この一般的な女流棋士のレベルの底辺を底上げしていかないことには男性との差は埋まらないのではないかと思います。

なお、現在女性の最高位は関西奨励会の岩根忍さんで、1級です。

男性と女性とでは棋力に差があるなどといわれますが、実際のところ差がつく理由ははっきりとはわかっていません。
脳の構造が男性と女性とでは異なるという説もありますし、将棋人口の男女比の差が棋力の差に直結していることも考えられます。

女流トップの棋力は奨励会初段レベルといわれています。奨励会初段レベルの実力なのになぜ男性プロに勝てるのだと思われるかもしれませんが、実際研究会などの場では男性プロも奨励会初段程度に相当数取りこぼしているの
ではないかと思われます。逆に言えばそれほ...続きを読む

Q将棋が強くなる方法は強い人とたくさん対戦する以外に何があるんでしょうか?

わたしは将棋が好きで暇なときよくやるんですが、弱すぎるので、全然勝てなくて最近は少し嫌になってきました。とくに弟に勝てないので勝ちたいです。

ちなみに私の将棋の弱さは、K-shougiの中と対戦して「待った」を何回もやって3回に1回勝てるぐらいです。

何でもいいですから将棋が強くなる方法を教えて欲しいです。

Aベストアンサー

 john6さんがどの位の棋力の持ち主かは解らないですが、共通する強くなる方法を書きます。(あくまで私論ですが…)

 将棋のソフトがあるようでしたら、それにある定跡の研究みたいなのがあれば、それでちょっと覗くぐらいで良いので見て見れば良いでしょう。
 勿論john6さんの持ち戦法があるならそれを勉強するのがいいでしょう。

 で、コンピュータの強さを現状より2段階上にして常に戦って見ることです。俗に、棋力が2段上の人と戦うという「2段階上達法」っうのを聞いた事があります。
 普段と違った手が見えて、為になると思いますが、嫌にならない程度に抑えて見てください。
(対人ではなくCOMである欠点の、相手側からの意見が聞けないというのがありますので。)


 で、全てに共通することですが、「感想戦」を必ずやりましょう。
 是非おこなってください。
 COMとするときは、もう一度棋譜を並べてみて、何処がいけなかったかを探すだけでも凄い進歩になります。悪い手が見えたら、次はどういう手にすれば良かったかを考えて見て、できるならその局面から指し直しをすると良いでしょう。


 で、詰め将棋に関しては、暇な時に考える程度でいいんじゃないかと思います。習慣づけばなおよいです。
毎日のノルマをこなして行くのも一手ですが、宿題みたいに思って、嫌になってしまてはもともこもないです。

 楽しく、コツコツと時間をかけて(棋力とは比例すると思います。)。
 2段階上達法と感想戦です。。
<感想戦の回数と棋力は比例する>
(^O^)/

 john6さんがどの位の棋力の持ち主かは解らないですが、共通する強くなる方法を書きます。(あくまで私論ですが…)

 将棋のソフトがあるようでしたら、それにある定跡の研究みたいなのがあれば、それでちょっと覗くぐらいで良いので見て見れば良いでしょう。
 勿論john6さんの持ち戦法があるならそれを勉強するのがいいでしょう。

 で、コンピュータの強さを現状より2段階上にして常に戦って見ることです。俗に、棋力が2段上の人と戦うという「2段階上達法」っうのを聞いた事があります。
 普段と違...続きを読む

Q将棋の先読みの仕方、コツを教えてください。

将棋初心者です。
私は何事でも先を読むことが苦手で思考力がとても乏しいので、将棋を通して先読み力をアップさせたいと思っております。

訓練次第で上級者並の先読み力を身に付けたいのですが、
先読みの上手な仕方、コツなどが全然分からないのでどうか教えてください。

羽生善治さんは過去、一手打つのに千手読むと言われていたらしいですが、どのくらいの時間で千手も読むことができるのでしょうか?先読みが苦手な自分にとっては千手も読むなんてとても考えられません・・;

Aベストアンサー

将棋は指す、囲碁は打つですから、まず。
質問者さんのイメージだと天才的なインスピレーションでどんどん手が読めていくイメージなんでしょうが、そのイメージは全く違います。
将棋の上手な人は、実にたくさんの定跡を覚えています。ひとつの定跡は100手ほどですが、変化手順といって、例えば50手目にaという手じゃなくbという手をさした場合はこうなって不利なのでという手順も知って定跡を覚えているので、その変化手順にも、bじゃなくcもdもありえますし、bの次の手もb1b2b3とたくさんありえますので、100手ほどの定跡一つを知っているといっても数万数十万手を理解していることになります。
だから、1手選択するにも初心は白紙ですが、上手な人はすでに数万手数億手の蓄積がありますから、瞬時に最善手を選択できるのです。アマチュアでも強い四段になると、驚くほど定跡を知っていて、将棋世界の03年3月号の103頁に出ていた変化なんてものもキッチリ覚えています。
羽生さんの千手を読むというのは、ある場面で、知識として数億数兆手相当の変化を知っていて、手の組み合わせなんかを変えてみてよりより手の検討を千手くらい対局の場でやってみるということなので、数億手数兆手の蓄積の無い人には、絶対無理な話です。
ちょっとしたコツを覚えて、それだけでうまくやっているというのは公務員や業界団体職員の様な特権階級の人の生き方であって、一般の人にはちょっとしたコツを覚えてもそもそも特権階級じゃないので、意味なんて全く無いのですが。自転車なんかだとちょっとしたコツを覚えると乗れるようになりますが、将棋が羽生さんとは行かなくても、プロ並みにうまくなるのはコツじゃないです。(まあ、8級(将棋倶楽部24の8級じゃないですよ)の人が4,5級を目指した場合のコツはあるでしょうが、どこがおかしくて8級なのか、おかしい箇所は人によって違いますから、一般的にはいえません)
話がそれましたが、膨大な先例を覚えるという作業が将棋の上達には必要な訳で、プロ並みにうまい人は誰もがやっています。棋譜を並べていて「あれっ」と思うところを研究することも、当然やります。研究は一局並べてすぐやっても効率悪いです。考える材料がないですから。少なくとも先ずは1万局並べてからのほうがいいです。1万局並べているうちに1局2局並べた時に感じた疑問のほとんどは感じなくなっています。手を読む力というのは、10万局もならべると、だれでもつくようになります。
でも、その前提の10万局の棋譜並べという作業は誰でも出来ることじゃないんです。マラソンの選手が練習で30キロ走ることはなんでもないことですが、素人にはとんでもないことであるのと同じです。
ときどきプロのスポーツ選手の練習量が紹介されてその多さに仰天するというのがありますが、将棋でも質問者さんの想像を超える量の棋譜並べと研究を強い人はやっています。
例えば10万局くらいならべて見れば、自然と手が見えてくるようになります。手の見え方に多少の個人差があって、それがたまたまセンスがいいと強豪という呼び名を手に出来ますが、市の文化祭で優勝する程度の強さなら、ここでのセンスはいらないでしょう。10万局並べるという当然のことをするだけでいいでしょう。
なので、将棋で先を読む力は人生には役立ちません。
けれど、手法は役立ちます。人生やお仕事で悩んだ場合先人たちが同じように悩んでさまざまな方法で解決していますので、その先例をたくさん覚えるという手法を知るということです。人生での先例は、将棋年鑑とか、大山名人全集みたいにまとめられてはいませんから、ひとつひとつ探し出すのに骨は折れますが、先人も同じように悩んでそして解決していると確信できることは人生に役立つことでしょう。

将棋は指す、囲碁は打つですから、まず。
質問者さんのイメージだと天才的なインスピレーションでどんどん手が読めていくイメージなんでしょうが、そのイメージは全く違います。
将棋の上手な人は、実にたくさんの定跡を覚えています。ひとつの定跡は100手ほどですが、変化手順といって、例えば50手目にaという手じゃなくbという手をさした場合はこうなって不利なのでという手順も知って定跡を覚えているので、その変化手順にも、bじゃなくcもdもありえますし、bの次の手もb1b2b3とたくさんありえますので、100...続きを読む

Qもっとも最低限の努力で定跡を覚えられる戦法は?

三間飛車でしょうか?四間飛車でしょうか?中飛車でしょうか?
僕は今居飛車党で24で二段なのですが、序盤で力負けすることが多く、
また膨大な定跡を覚える気力もありません。
四間飛車を覚えるとすると、
指しこなす本x3
四間飛車の急所x4
相振り革命x3で合計11冊くらいでしょうか?
これは流石に厳しいので、アドバイスをください。
24のレートとしては2000を目標にしています。

Aベストアンサー

どの戦法も、昔の定跡が最近の本に紹介される事は滅多にありません。
反対にゴキゲン中飛車などは発展著しく、定跡書の発行が遅れています。ですので、定跡を勉強しただけではお望みの結果にはなかなかたどり着かないでしょう。

居飛車の定跡を学んだそうですが、定跡から何を学んだのでしょうか?
ほとんど具体的な手順ばかり学んだのではありませんか?
もちろん手順は大事です。しかし、その手前にある駒組の考え方や効率的な駒の進め方はご存じでしょうか?
もしご存じなければ、現在手に入りやすい本で次の二冊をおすすめします。
羽生さんの「上達のヒント」、谷川さんの「本筋を見極める」です。
どちらの本も駒組の基礎など、普遍的な要素がかなり詰まっており、
全ての対局に役立つものと思います。中には目から鱗が落ちるくらいの発見もあるでしょう。

苦しんで指すのも、楽しみのうちだと思います。2000に到達して報われる日が来ると思います。

駒組などが上手になると、駒落ちも上手下手どちらを持ってもかなり指せるようになりますし、
過去に読んだ定跡書をもう一度見直した時に、以前は気づかなかったことに気づくようになります。

どの戦法も、昔の定跡が最近の本に紹介される事は滅多にありません。
反対にゴキゲン中飛車などは発展著しく、定跡書の発行が遅れています。ですので、定跡を勉強しただけではお望みの結果にはなかなかたどり着かないでしょう。

居飛車の定跡を学んだそうですが、定跡から何を学んだのでしょうか?
ほとんど具体的な手順ばかり学んだのではありませんか?
もちろん手順は大事です。しかし、その手前にある駒組の考え方や効率的な駒の進め方はご存じでしょうか?
もしご存じなければ、現在手に入りやすい本...続きを読む


人気Q&Aランキング