燃焼系アミノ酸とカプサイシンとでは、
どちらの方が 脂肪の燃焼効果があるのでしょうか?
 どっちのサプリメントを飲むか迷ってます。

A 回答 (1件)

アミノ酸は、脂肪燃焼効果は全くありません。


カプサイシンの場合は、体温を僅かに上げる効果があるので、基礎代謝を上げる事で消費カロリーを増やすことが出来ます。

いずれにしても、20分以上継続した運動を続けないと、脂肪燃焼は起きません。

まあ、カプサイシンを飲んだ場合、脂肪になるエネルギーを”少しだけ”減らす事が出来るかもしれないって所でしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膵臓癌後の発汗促進方法について

70代前半男性が膵臓癌をして、手術後転移は確認されませんでした。その後半年くらい経って、疲れやすく倦怠感が抜けない事と、発汗がなくなったことを悩んでいます。何か良い対処法や発汗を促進させる飲食物や行動などあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

血糖値のコントロールがうまくできていない可能性があります。
外科医ではなく、糖尿病専門医の診察を受けてください。

Qアミノ酸の摂取量,アミノ酸とプロテインを両方摂る方法は?

今現在、ジムでのトレーニング後にアミノ酸サプリメントを服用しているのですが、摂取量が多いのか少ないのか分かりません。
また、プロテインとアミノ酸サプリメントは上手く両方摂ると良いとは聞くもののどうすればいいのか分かりません。。。

●運動メニュー
 毎日ジムで「筋トレを15分~休憩5分~水泳を30分」

●サプリメント摂取
 ・筋トレ直後(水泳直後ではありません)
  ロイシン:1200mg
  イソロイシン:750mg
  バリン:810mg
  グルタミン:500mg

 ・就寝前
  アルギニン:1000mg

●体格
 ・身長体重 162cm 50Kg
 ・体脂肪 8%(←もともと体脂肪が低い)

・・・ということです。

ご質問したいことをまとめますと、「筋肉をたくさんつけたい!」という目的の場合、

(1) 現状摂取しているアミノ酸サプリメントの摂取量は妥当でしょうか?
(2) アミノ酸サプリメントとプロテインを両方摂る場合はどのようにすれば良いでしょうか?
 (摂るタイミング,アミノ酸サプリとプロテインの摂取量など)

以上、よろしくご教示の程よろしくお願いします。

今現在、ジムでのトレーニング後にアミノ酸サプリメントを服用しているのですが、摂取量が多いのか少ないのか分かりません。
また、プロテインとアミノ酸サプリメントは上手く両方摂ると良いとは聞くもののどうすればいいのか分かりません。。。

●運動メニュー
 毎日ジムで「筋トレを15分~休憩5分~水泳を30分」

●サプリメント摂取
 ・筋トレ直後(水泳直後ではありません)
  ロイシン:1200mg
  イソロイシン:750mg
  バリン:810mg
  グルタミン:500mg

 ・就寝前
  アルギニ...続きを読む

Aベストアンサー

1:不足です。勿論食事でのタンパク質を考えない場合です。

2:以下参照してください。

消化器官が弱いとか、プロで厳密に行なうとか、食欲がトレで落ちてしまってとかでなければ、アミノ酸はそれほど必要性を感じません。

こういう必要の有る場合を考えて、常に使用できるようにアミノ酸は用意して居ることは良いことでしょうが、使用方法は難しいですので、非常時に単発で使う程度でよいでしょう。
店やジムなどは儲かるから薦めるでしょうが・・・。

医療用で点滴の場合は、昔々はプロティンを使って大変なことが起きており、
そのためアミノ酸は重宝しているのですが、飲む場合は必要性は少ないです。


プロティンだけで出来ますよ。値段の点も考えると、牛乳に豆由来のプロティンを体重分gで十分です(食事でのタンパク質も含む)。
又、アミノ酸だけで必要を満たすことはかなり時間的なものを厳密に考えないと内臓に負担をかけすぎます。


で、此の大豆蛋白だけで(食事は除く)取るとすると、運動の3時間から4時間前に一回、
(運動中に疲れが出るようなら、其処にアミノ酸を使用)、
運動直後に一回。 
寝る1時間前に一回飲むと良いでしょう。

又、超回復の日も確実に常に筋肉がアミノ酸を使えるようにしておくと良いでしょう。

体脂肪が低いですが、何か目的を持って行なっているのでしょうか?
ソウでないなら、もう少し増やしておいたほうが、年齢にもよりますが、色色な面で都合が良いです。 
例:風邪をひきやすいとか治り憎いとかが年齢により起こります。

1:不足です。勿論食事でのタンパク質を考えない場合です。

2:以下参照してください。

消化器官が弱いとか、プロで厳密に行なうとか、食欲がトレで落ちてしまってとかでなければ、アミノ酸はそれほど必要性を感じません。

こういう必要の有る場合を考えて、常に使用できるようにアミノ酸は用意して居ることは良いことでしょうが、使用方法は難しいですので、非常時に単発で使う程度でよいでしょう。
店やジムなどは儲かるから薦めるでしょうが・・・。

医療用で点滴の場合は、昔々はプロティンを...続きを読む

Qカプサイシンは発がん性があり、世界ではキムチの輸入を禁止にしている国もあると聞きましたがキムチ等のカ

カプサイシンは発がん性があり、世界ではキムチの輸入を禁止にしている国もあると聞きましたがキムチ等のカプサイシン物質を含む食品の輸入を禁止している国を教えてください。

あとカプサイシンを1kg食べたら死ぬそうです。

この話が本当なら、毎日キムチを食べている韓国人のがん発症率は高いはずです。

韓国人の死因統計でガンは何位なのでしょうか?

韓国人の何割が癌で亡くなっているのか知りたいです。

本当ならがんで死にまくっているはずです。

Aベストアンサー

詳しくは知りませんが、どんな栄養素でも一気に1キロも摂取したらヤバイんじゃないでしょうかを

Qお勧めのプロテインorアミノ酸サプリメントは?

体力をつけたいのです。
しかし胃下垂な為、昔から体が細く体重も平均値より20キロ程少ないので、スタミナがつかなくてハードな筋トレなどが出来ません。(身長177cm、体重65キロ前後で、ガリガリです(^^;
そこでお勧めのプロテイン(食品や粉末のもの?)があれば教えて下さい。
また、何かで「筋肉はプロテインよりもアミノ酸の方がよい」と聞いたのですが本当なんですか?
もし本当ならお勧めのアミノ酸(サプリメントとかになるんでしょうか)教えて下さい。

ちなみに隔日ペースで腕立て伏せはしています。

Aベストアンサー

 まずは、自重をつかったウェイト・トレーニングから始めましょう。それもきつければアイソメトリック・トレーニングを。
 まず、力を強くする、体重を増やすには、大きな筋群(胸、背中、脚)を鍛えるのが最も効率的です。腕立て伏せ(プッシュアップ)を正しいフォームで10回、3~5セット。リュックサックに重りを入れてしっかりと背負い、大体、2カウントであげ、4カウントくらいかけてさげていきます。また、ベンチに脚をかけたり(胸筋上部重点)、その逆(胸筋下部)、手幅を狭める(胸筋内側と上腕三等筋)、広げる(胸筋外側)、力がついてきたら、腕立てジャンプ(筋肉の爆発的反応、瞬発力、神経系機能の強化により稼動する筋線維の増加)などもしましょう。また、ベンチを2台つかうと、より強い刺激を得ることができます。
 プッシュアップは胸筋をメインに、三角筋、上腕三頭筋を鍛えるものですが、非常に多くの関節が関わる多関節運動で副次的に前腕、腹部、下背部、大腿四頭筋さえもつかわれます。だから、初心者から上級者までにすすめられるエクササイズです。
 次に腹筋運動(シットアップ)を正しいフォームで。あげてきて、完全にあげきる手前で2秒静止、ゆっくりと下ろしていき、完全に下げきる手前まで。これで1回。これが正しいやり方です。それを10~30回暗いしかできないと思います。捻りをくわえる腹筋(ツイスティング・シットアップ)も行いましょう。
 第三に、下背部と大殿筋、ハムストリングスを鍛える、ライイング・バック・アーチを行います。これはうつぶせになり、両手両足をまっすぐに伸ばし一直線になり、息を吸いながら腕・頭・体幹・脚を同時に上げて腰を反らせます。4秒程その姿勢を保持し、息を吐きながらゆっくりと下ろします。この3つをまず、きちんとできるようにしましょう。それとチンニング(懸垂に似ているが背中の筋肉で体を引き上げる)
 さらに、それができるようになってきたら、ダンベルを買ったり、ジムの土日祝会員になって土日トレーニングして、水曜、木曜にダンベルや腕立てなどをやってみてはいかがでしょうか。
 それと、スプリント走も効果的です。
 プロテインはいろいろなものがありますが、縷説すると、原料はホエイ(乳清)、カゼイン、大豆があります。そして、通常、ビタミンとミネラルが添加されています。
 ホエイは乳タンパクからカゼインを取り除いたもので吸収も早く、体内での利用率も非常に高く、最も優れたたんぱく質と言え、筋肉のバルクアップに最も効果的です。だから、一つに絞るなら、ホエイプロテインでしょう。しかし、カゼインには、ゆっくりと吸収されるため、長時間にわたって血中のアミノ酸値を維持するというメリットがありますし、大豆タンパクには脂肪をつきにくくしたり、活性酸素に抗う力があります。
 また、タンパク質の形としては大きいものからたんぱく質、ペプチド、アミノ酸となっており、最も吸収が良いのは最も小さい単位であるアミノ酸のようなものですが、実は、ペプチドが一番だということが研究でわかっています。だから、結論としてはホエイのペプチドがベストということになります。が、いろいろな目的のための様々なプロテインをTPOによって使い分けるべきです。
 例えば、エネルギー系のプロテインというものがあります。これは炭水化物とたんぱく質が理想的な比率である3:1で含まれているものが多いです。一日三回プロテインを飲むとすると、トレーニング前のこれを飲み、トレーニング直後にはホエイペプチドを飲み、寝る前にはホエイプロテインにホエイペプチドが配合されているものを飲む。(次の日の朝までの長時間絶食状態になるため、ペプチドでは無いプロテインが必要。しかし、就寝後30分~1時間半は最も成長ホルモンが分泌されるため就寝前にペプチドがいい)というのが一つの例です。また、大豆プロテインは減量期におすすめです。カゼインはゆっくりと吸収されるので、間食やたんぱく質が不足する朝食に。
 
 お薦めのプロテインとその特徴
 「エネルギーチャージ スピード&パワー」 エネルギー源として優れたデキストリンと果糖、運動時のエネルギー利用を効率化する効果もあるホエイたんぱく配合。また、体の細い人は、エネルギー源となる炭水化物が不足して食事や筋肉のたんぱく質が分解されつかわれている傾向にあるので、たんぱく質よりも炭水化物を摂ることが、ウェイとアップの近道です。
 ザバス プロシリーズ 「プロテイン タイプ1 ストレングス」 ホエイペプチド100%+グルタミン
 ウイダー「ホエイプロテイン プレーン」 タンパク質含有率86%のハイレベルプロテイン。ホエイタンパクの30%がペプチドです。トレーニングによる体づくりに不可欠な分岐鎖アミノ酸3種類(約4000mg)と成長ホルモンの分泌を促すアルギニン(約500mg)、筋肉づくりに効果的なグルタミン(約1500mg)といったアミノ酸が配合。
 
 ザバス プロシリーズ「プロテイン タイプ2 スピード」筋肉づくりに高い効果のあるホエイペプチドと体脂肪をつきにくくする作用と活性酸素に抗う作用のある大豆タンパクをペプチドの形で1:1で配合。
 ザバス プロシリーズ「ダブルエックスLBM」 筋力をつけながらも体脂肪の少ない体を要求される減量期に。大豆タンパクに骨格や結合組織の材料となり、大豆タンパクと協働して脂肪をつきにくくすることが解っているコラーゲンをペプチドの形で配合。
 参考書にどうぞ
 ウイダー「自宅で、ひとりでできる!筋力アップエクササイズがわかる」
 「体を変えるトレーニングと食事がわかる」
 「忙しい人のための簡単にできる10分間トレーニングがわかる」
 「ダンベル・トレーニングの基本がわかる」
 「ビジネスマンのためのボディ・リストラクチャリング」
 「ウイダー・トレーニング・バイブル」
 「ウイダー・スポーツ・ニュートリション・バイブル」
 「ウイダー・フィットネス・バイブル」
 
 また、普段の食事は低脂肪乳、ヨーグルトなどの乳製品、納豆、豆腐などの大豆製品、魚、肉、緑黄色野菜などをしっかり食べましょう。

参考URL:http://www.weider-jp.com

 まずは、自重をつかったウェイト・トレーニングから始めましょう。それもきつければアイソメトリック・トレーニングを。
 まず、力を強くする、体重を増やすには、大きな筋群(胸、背中、脚)を鍛えるのが最も効率的です。腕立て伏せ(プッシュアップ)を正しいフォームで10回、3~5セット。リュックサックに重りを入れてしっかりと背負い、大体、2カウントであげ、4カウントくらいかけてさげていきます。また、ベンチに脚をかけたり(胸筋上部重点)、その逆(胸筋下部)、手幅を狭める(胸筋内側と上腕三等...続きを読む

Q発毛?カプサイシン&イソフラボン

こんにちは。
先日、初めてカプサイシンとイソフラボンを
同時に取ると発毛効果があると知ったのですが、
カプサイシンを摂取しても髪の毛に悪くないのでしょうか?
イソフラボンは良さそうですが、昔から辛いものは、
頭皮?に悪いと認識していて摂取は控えてきたのですが。
試しにやってみて脱毛が促進すると怖いので教えてください。よろしく御願いします!

Aベストアンサー

髪の毛の専門家,理容師です。

まず,カプサイシンについてです。

カプサイシンの摂取は,限度を守れば大丈夫でしょう。
というのは,カプサイシンを摂取しますと,血管が拡張します。
かなり大量に摂取しますと,汗を掻きますよね?
あれは,血管が拡張したために,汗腺から汗が出やすくなったためなのです。
問題は,汗を掻くと言うことです。
汗は,尿と違い,体内に必要なものまで体外に出してしまいます。
そのため,身体に大切なミネラルなどが不足しやすくなってしまいます。
体内に吸収されている栄養のバランスが崩れてしまいますと,育毛に問題が出てしまいます。
ですから,発汗するかしないか,そのギリギリの量のカプサイシンを摂取するようにしなければならないと考えられます。
ですから,「限度の問題」なのですよ。

さて,今度はイソフラボンについてです。

イソフラボンとは,たぶん,大豆イソフラボンのことでしょう。
大豆イソフラボンは,エストロゲンという女性ホルモンの一種にたいへん酷似しています。
そのため,働きも酷似しています。
前髪と頭の天辺の髪の毛は,ある意味,女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けていると考えられますので,一見,良さそうに思えるでしょう。
しかし,O型脱毛症の直接的原因が「毛根の栄養失調」だとわかり,M型脱毛症の直接的原因が「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの一種の働きによるものだとわかってきています。
ということは,O型脱毛症の改善には,大豆イソフラボンの関わりは薄いと考えられます。
M型脱毛症の改善には有効だろうと考える人も多いかもしれませんが,女性ホルモンが増加しますと,男性ホルモンも増加します。
つまり,女性ホルモンに酷似した大豆イソフラボンを摂取しますと,その分だけ,男性ホルモンが増加するのではないかと考えられるのです。(確か,基本的にはこうだったように思いますが,ちょっと自信がありません)
このとき,もし,テストステロンというジヒドロテストステロンの材料となる男性ホルモンの一種が増加しますと,それに併せて,ジヒドロテストステロンも同じ割合だけ増加すると考えられます。
また,この話を抜きに考えても,男性の場合,男性ホルモン対女性ホルモンの割合は「99:1」ですから,少しくらい女性ホルモンが増加しても,男性ホルモンの働きを邪魔することはありませんし,また,男性ホルモンと女性ホルモンの働きは,相反するものではありません。
ですから,大豆イソフラボンを一生懸命摂取しても,M型脱毛症に対して発毛作用があるとは考えられません。

たぶん,カプサイシンとイソフラボンを実際に一緒に摂取して,発毛した人がいるかもしれません。
しかし,この場合,発毛を促したのは,カプサイシンの働きだけだったのではないかと想像しています。
しかも,O型脱毛症の人に対してだけが有効だったのだと想像しています。

なお,カプサイシンを摂取すればいいと受け取るかもしれませんが,実際は,そうではありません。
摂り過ぎないにしても,体内の栄養状態が良好になっていませんと,その効果は発揮されないからです。
髪の毛を作る材料は,体内に吸収されている栄養ですからね。
血行が良好の人でも,栄養不足状態になっていますと,絶対と言っていいくらいに発毛することはありません。
食事内容も含め,「体内の栄養状態」を見直すことも大切になりますよ。

髪の毛の専門家,理容師です。

まず,カプサイシンについてです。

カプサイシンの摂取は,限度を守れば大丈夫でしょう。
というのは,カプサイシンを摂取しますと,血管が拡張します。
かなり大量に摂取しますと,汗を掻きますよね?
あれは,血管が拡張したために,汗腺から汗が出やすくなったためなのです。
問題は,汗を掻くと言うことです。
汗は,尿と違い,体内に必要なものまで体外に出してしまいます。
そのため,身体に大切なミネラルなどが不足しやすくなってしまいます。
体内に吸収され...続きを読む

Q有酸素運動と燃焼系のアミノ酸について

私は今水泳をしてダイエット中です。

有酸素運動と併用するとダイエットに有効な
燃焼系のアミノ酸があるというので、
調べまして現在、
BCAAとカルニチンとアルギニンを摂取しています。

色々と調べていると
アルギニンはオルチニンと一緒にとると良いとか、
CLA共役リノール酸は痩せる記事を知りまして、
また購入しようと思っています。

ふと思ったんですが、
BCAA+カルニチン+アルギニン+オルチニン+CLAと
こんなに沢山のサプリメントを摂ることになるんですが、有効な摂取の仕方でしょうか?

これはいらないんじゃないかとか、
これを追加した方がいいなど
御意見を伺いたく質問させていただきました。

宜しく御願いします。

Aベストアンサー

ご存知のように、アミノ酸の吸収率は、アミノ酸パターンによって決められていす。

8種類の必須アミノ酸の内、どれか1種類でも不足していれば、不足してるレベルまでしか身体作りにつかえません。
 身体作りに使えなかったアミノ酸は、代謝して、排出しなければならないので、身体に負担が掛かります。

詳しいことはわかりませんが、記事の意味は、あえて身体に負担を掛けて、ダイエットする仕組みなのでは?

ちなみに、わたしのダイエット方法は、豆腐をたべることです。低カロリーで、アミノ酸化100!
400グラム 40円 経済的です!

QカプサイシンのADIはなぜ算定されないのか?

カプサイシンダイエットについて調べていたら
カプサイシンはアドレナリンの分泌を促進する。
過剰な場合、大脳辺縁系の扁桃体や海馬などに損傷を与える。
結果、PTSDのような症状を呈するようになるとされている。これが世界でも朝鮮民族にのみ見られるとされる精神病、火病(ファッピョン)の原因の一つであると考えられている。
(引用元URL:http://www.wdic.org/w/SCI/%E3%82%AB%E3%83%97%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3)
ということを知りました。
引用元にあるように大韓民国では自国の問題ですのでカプサイシンについて研究されているようですが、
日本でも程度の差はあれ唐辛子を普通に食べますよね?
私はチゲ鍋など辛いものが好きなのですが、こういうことを知ると不安になります。

日本人の食事摂取基準についても調べたのですが、カプサイシンの項目はありませんでした
厚労省はカプサイシンの耐用上限量を示すべきではないでしょうか?
そういった動きはないのですか?

Aベストアンサー

なんで無いのって設定する必要性が無いから。
火病とカプサイシンの関係だって、「そうかもね」程度でわかってないですしね。

一々そんな情報に泳がされてたら・・・
ちなみにトウガラシって医薬品でもあるんですよ。

さて、ADIですが、慢性毒性や急性毒性容量で最も低い値の100分の一と言う計算で設定されています。
参考URLを見て貰えばわかりますが、急性毒性はありますが慢性毒性のデータはありません。


マウスの経口急性毒性が質問者さんの引用元にもあるように47.2mg/kgなのでADI(慢性が無いので正確ではありませんが)は0.472mg/kgとなり、体重50kgの人では23mgのカプサイシンを摂取しても平気と言うことになります。

何かのサイトでトウガラシ2gにカプサイシン6mgが入っていると見たので(種類により差があると思いますが)これから考えるとトウガラシのADIは約7~8g程度ということになりますね。
一味トウガラシを大さじ一杯毎日食べても平気って事ですからね。

急性毒性なんてこの100倍なので…
そんなに食うかね普通…

まぁちゃんとした毒性も何も示されていないのに、わざわざ上限設定しないでしょう。

参考URL:http://www.nacalai.co.jp/MSDS/07127.pdf

なんで無いのって設定する必要性が無いから。
火病とカプサイシンの関係だって、「そうかもね」程度でわかってないですしね。

一々そんな情報に泳がされてたら・・・
ちなみにトウガラシって医薬品でもあるんですよ。

さて、ADIですが、慢性毒性や急性毒性容量で最も低い値の100分の一と言う計算で設定されています。
参考URLを見て貰えばわかりますが、急性毒性はありますが慢性毒性のデータはありません。


マウスの経口急性毒性が質問者さんの引用元にもあるように47.2mg/kgなのでADI(慢性が無いので正確で...続きを読む

Qお勧めの脂肪燃焼系のサプリメントを教えて下さい

脂肪を燃焼させるサプリメントを探しているのですが,お勧めがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

私が使ってるのは
L-カルニチンと
αーリポ酸です。
共に年齢が上がると体内での生産が減ってしまうそうです。
この成分が少なくなると俗に言う中年太りとか起こるみたいです。

Q食べ合わせによる、癌リスクの軽減?に関して

唐辛子を試していたが、逆に癌リスクを高めるとネットに掲載されていた。
食道癌、胃がんを促進すると。
だが前立腺癌には効果的とのこと。
そこでコーヒーを取り入れ、唐辛子入りの食事を試した後、コーヒーを飲む。
コーヒーに含まれるクロロゲンなる成分が、癌になりにくくするらしいのだ。
そこでお聞きしたい。
この組み合わせであれば、唐辛子のデメリットは打ち消せるのだろうか?
またそのほか、考えうる可能性にはどんな事があるのだろうか?
この点に関して、意見を求む。

Aベストアンサー

とりあえず、一度にバケツ一杯の唐辛子が食べれるようになったら、癌の心配をしてください

Qアミノ酸の効果

アミノ酸は集中力が付くと紹介されていましたが、どの程度効果があるものですか?
気休め?沢山飲まないとだめ?
何かと一緒に飲むと良い?
これのほうが良いよというのはありますか?

Aベストアンサー

全ての人は、毎日知らないうちに多量のアミノ酸を摂取しています。なぜなら、タンパク質(肉、魚、大豆製品などに多く含まれます)が消化管で消化されるとアミノ酸になり、それを吸収して生命活動に利用しているからです。
 そのような中で、少量のアミノ酸を別に摂取する意味はほとんどありません。病気などで肉などを摂取できない人の場合は、それなりの意味がありますが。


人気Q&Aランキング