最新閲覧日:

一体この二つは何をするものなのでしょうか?教えて下さい

A 回答 (4件)

#3での質問ですが、ブースターを取り付ける事で改善できると一概に言えません。

確かにブースターをつけると信号は増幅しますが、hamaokaさんの住んでおられるような山が多いところでは受信状況が悪く信号が低い可能性があります。その為TVの写りが悪くなる等の障害が起きます。受信した信号がある程度の低さであればブースターを取り付ける事で改善されますが、あまりにも受信した信号が低すぎるとブースターで増幅した時にノイズも一緒に増幅してしまうので、変わらなかったり余計にひどくなったりもします。ブースターもUchのみ(\8,000程度)、UchVch(\12,000程度)くらいの値段します。(メーカー:八木アンテナの場合) 決して安いもんではないので電気屋さんとかに相談した方が良いでしょう。
hamaokaさんの住んでおられる所はUchの受信ですか?もしそうならUchの信号はアンテナの受信角度が狭く、風などでずれてしまってるかもしれません。アンテナの角度の調整でも良くなったりしますんで、角度の調整も考えてみてはどうでしょうか?
また、アンテナの角度調整やブースターでの増幅も無理な場合は有線TVという手もありますよ。(近くに有線TVの放送局とかがあればの話ですが)
    • good
    • 0

分配器は(TVの場合)アンテナで受信した信号を2つ以上の部屋でTVを見たい時に分配(等分に分ける)場合に使用します。

2分配器や4分配器等がありますが、分配できる数が多くなると減衰は大きくなります。また、分岐器というのもあって、等分に分けるのではなく本線から分岐(枝分かれ)させる時に使用します。壁のコンセントと一緒についているTVのアンテナ差込口やビデオデッキの後ろにあるアンテナ端子INとOUT等はそれです。(差込口で末端の場合もありますが)
分配器はおおもとから各部屋に一本ずつTVの配線をする時に使用、分岐器は一本の線で各部屋にTV配線する時(マンション等)に使用です。
ちなみに、BSやCS(スカパー等)をTVと同じ線に信号を流す時に使う混合/分波器というのもあります。
ブースターですが、(TVの場合)受信した信号が弱い時または分配すると減衰で信号が弱くなりTVの写りが悪くなる時に取り付ける増幅器です。これを取り付ける事によって受信状況が悪くて乱れてしまった信号などを調整してくれる物やUchとVchの混合あるいはBSやCSの混合器も兼ねたものもあります。
ほとんどの場合アンテナと分配器の間に取り付けられます。
ブースターはCATVや有線放送にも使われていて放送局から利用者の家の間にもいくつか電柱に取り付けられています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます、ひとつお聞きしたいのですが、自分のすんでるところは、山が多いので電波が悪いのだそうです、この場合は、ブースターを使えば改善するのでしょうか?

お礼日時:2001/04/20 18:32

分配器とは、アンテナやブースターから出た同軸ケーブルを


分けるもの。

ブースターとは、分配で弱くなったり、もともと電波が弱いものを
増幅するものです。

ブースターには、屋外型と屋内型があります。
屋外型は、テレビの上等に電源部アンテナのところに増幅部と言うものを
つけるタイプ。
屋内型は、天井裏等に、ブースターを設置するタイプです。
最近は、屋内型が多いのではないでしょうか?

詳しくは、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://home3.highway.ne.jp/welcome/tv/parts/bunp …
    • good
    • 0

分配器は信号を二つ以上に分けるもの。

(信号強度は減衰します)

ブースターは信号強度を増幅するもの。(外部からのエネルギーが必要です)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ