『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

この世で最もブロック・カウンターがしやすいラケット・ラバーを教えてください!
ラケットはシェークハンド、ラバーはフォアが裏ソフト、バックは表ソフトでお願いします!


ちなみに今使っているのは、

ラケット・・・ニッタク シャライデン
フォアラバー・・・バタフライ エクリプス・ソフト
バックラバー・・・バタフライ スーパーアンチ

です。
これは結構いいほうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般論で言えば、相手の攻撃を『受け止める』のがブロック、『弾き返す』のがカウンターだな。


なんで用具の性能が真逆に近いんじゃないか?

共通点は前陣で行うことくらいかな。
安定性だけを見るなら、用具の弾みは低い物、回転はある程度かかった方が良いからコントロール系の裏ソフトが良いだろう。
完全に止めるだけならアンチでもいいだろね。慣れは必要だけど。

シャライデンは廃番になってるけど、ミッドスローくらいだっけ?
まぁ、その用具なら良いんじゃない?
使い易い用具が一番だって。
なんか不満があって変えたいの?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく説明して下さり、ありがとうございます。シャライデンはですね・・・木が堅くてブロックをするときどうもボールが下に行くのと、ミッドスローの割には弾みすぎなのがいまいちでした。(自分の感覚ではHS7よりも弾む)次はインナーフォースALを考えています。ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/13 09:41

ブロックとカウンターを重視するなら裏ソフトは粒が太めで、相手の球威に押されないものを選ぶとよいでしょう。


「実は後陣でのプレイがメインでした」のようなオチがないことを願いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕は前陣でのプレイがメインですね。わかりやすい回答、ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/07 19:27

結論から言わせて貰いますと、質問が「愚」であるとしか思えませんが、、、。



まあ、のっけから、こんな回答で、お気を悪るくしないでください。
ただ、この手の質問が頻繁に繰り返されているので、、、
もう、いい加減うんざりなんですね。

というか、ここ「教えて卓球♪」は、
あまりの低次元な数々の質問や回答に呆れ果てて、
まともな質問者や回答者が、寄り付かなくなっているのが実情なんです。

貴方の質問は、、、
この世で最も「ドライブ」がしやすいラバー・ラケットを教えてください!
という類の質問と同義なのは、理解出来ますよね。

「ドライブ」を「サーブ」でも「レシーブ」だろうが、
その他幾らでも差し替えても構わないですし、
この世で最も「ゲームで勝ちやすい」ラケット・ラバーを教えてください!
でも、全く同じでことで、、、

それらが皆、「愚」な質問だということにお気付きになりませんか?

で、最終結論的な回答としては、、、
そんなの人其々なのだから、そんなラケット・ラバーなど存在しません。(><
ということになりますが、如何でしょう?

で、「愚」な反論をさせない為に。
貴方が最も○○がし易いというような、個人的な意見でも良いと思うなら、
最初から、そのような一文を添えるべきでしょう。

私の個人的意見としても、そのようなラケットやラバーは、残念ながら見当たりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。質問の仕方が間違っていました。これからは気をつけていこうと思います。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/06 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバックのラバーが決まりません…

卓球暦3年の裏裏のドライブマンです。
ラケットはコルベルスピードをつかっているのですが
バックのラバーが決まりません。

ラクザ7を使っていて回転はかけやすく気に入っているのですが
ラケットが重くなってしまい思うように振り切れません。

似た感触でできるだけ軽いラバーを探しているのですが
なにかないでしょうか?

Aベストアンサー

コルベルスピード 90g と重めです。インナーフォース・ZLC も最初その位で気に入っていたのに、去年は 83g 位に軽くなってました。今、ホームページ見ると 89g とマシになってます。90g で注文したのに、1番 近いのが 86g だったので仕方なしに使ってるのですが、買い直そうかなぁ

コーチは 「ラケット・ラバーは振れるんだったら、重ければ重いほど良い。威力が増す。中から厚、厚から特厚に変えていくのは慣れるけど。重いのに慣れたら、軽くできない」 と言って、中から厚、厚から特厚にしました

スクールに入る前は 「僕は軽いラケット、ラバーでないとダメだ」 と思い込んでて、重量指定をして軽いラケット探したり、ラバーでも軽いの重量指定してお店が問屋さんからすごい嫌がられたと言ってました

でも、僕は素直なので、コーチから言われたことは、「エッ! 無理」 と思いながら、できるまでします。ラバー重いのに変えた数日は 「僕には無理では?」 と悩んでましたが、慣れます

ただ、コーチによっては、「特厚はレシーブで弾みすぎ、コントロールが難しい。打った感覚が鈍い」 と 厚に戻すよういうコーチがいたり、僕よりはるかに上手な選手で 「厚使ってたけど、重くて中にした」 というおばさんがいたりするので、人それぞれ自分にあった重さがあるのかもしrませんが、、、

そういうコーチ、おばさんの打ち方を見てると、動きが硬いです

腕力で打ってる感じがするので、見ていてこっちが疲れそうです

手とかぶらんぶらんで脚の体重移動、体の回転で打つと腕は全然 疲れないので、力を抜いて打つ打ち方を心がけると重くても大丈夫です

ラクザ7に似たラバーというと、ラザント パワーグリップ、テナジー05、オメガVプロ、エボリューションMX-P どれも良くてお勧めです。重いという人もいますが、僕にはどれも重さの違い感じません。ラクザ7ソフト、アルヘルグは僕には柔すぎました

ankotappuri さんが今、特厚ならラクザ7 厚にするとかでも良いと思います

コルベルスピード 90g と重めです。インナーフォース・ZLC も最初その位で気に入っていたのに、去年は 83g 位に軽くなってました。今、ホームページ見ると 89g とマシになってます。90g で注文したのに、1番 近いのが 86g だったので仕方なしに使ってるのですが、買い直そうかなぁ

コーチは 「ラケット・ラバーは振れるんだったら、重ければ重いほど良い。威力が増す。中から厚、厚から特厚に変えていくのは慣れるけど。重いのに慣れたら、軽くできない」 と言って、中から厚、厚から特厚にしました

スクールに...続きを読む

Q前陣速攻型に一番合うラケットって何でしょうか?

前陣速攻型に一番合うラケットって何でしょうか?
私が今使っているラバーが、
フォア テナジー・05 バック スピーディーP.O.です。
バタフライのラケットで教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人によりますよ、そういうのは。

ある人が、「弾みがよくって前陣速攻がしやすい」と言っていても、別の人は「弾みが強くてコントロールが効かない」という場合もあります。
必ずしも後者の技術が低いからではありません。
逆に高いからこそ求めるスペックが厳しくなることもあるのです。

一般論から言えば前のお二人の推薦ラケットになるでしょうが、単板の閃光シリーズがもしかしたら合うかもしれません。

こんな考え方もあるってことです。
参考までに。

Q特殊素材ラケットは上達の阻害!?

特殊素材ラケットは上達の阻害!?
掲示板を見ていると初心者には特殊素材ラケットは上達の阻害になるという意見をよく目にします。どの位のレベルに到達すれば特殊素材ラケットを使用しても良いとなるのでしょうか?例えば、フォアラリーが100回、バックラリーが100回などご意見御座いましたら教えてください。ちなみに現在使用しているラケットはプリモラッツカーボンを使用しています。バックハンドブロックで対ドライブを止めることは出来るのですが、弾こうとするとオーバーしてしまい悩んでおります。オーバーするのであれば面をもっと被せるのが基本だと思いますが、木材合板に戻そうかとも考えております。皆様のご意見宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が空いてきました。(keykeykeykeykeyには何故か申し訳ない気がするのですが)
 
 カットを考えていると、王輝選手の技術説明でカットの変化をつけるのに、切る方法はラケットの下部でボールを捉えボールの後ろを切り下ろす。切れていないカットはラケットの上部でボールを捉え擦り切る距離を短くするのです。
 通常のロング打法やドライブなどはラケットのスイートスポットでボールを捉えることが原則ですが、カットはラケット面のどこでボールを捉えるかが大切なことだと気付きました。そうすれば中心部にスイートスポットが集約されている用具は?
 ラケットのどこでボールを捉えてもスイートスポットのない用具の方が合理的ではないでしょうか。サーブの方法でもこのような方法で変化をつける人がいます。

 現状、考え方がまとまっていませんが一言で片付けられない思いを持ち始めました。

 日卓に契約選手のカットマンは一時期ビオンセロを使用と添え書きがしていました。最近はティルナです。何故、ウィルトリアではないのでしょうか?それが疑問の始まりでした。

 

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が...続きを読む

Qフェイントロング2と3の違いを教えて下さい

フェイントロング2と3の違いを具体的にお教え下さい。
私、カットマンです。あなた様が推薦するのはどちらですか?
スポンジの厚さ,硬さを含めその理由を具体的にお教え下さい。
ちなみに、私のラケットはダーカー7P-2A DF,フォア面はニッタクモリストDF薄です。
現在バック面に、ヨーラのオクトパスOXを使用していますが、板に直接あたるので、はね過ぎてオーバーしてしまうことに悩んでいます。そこで、フェイントロング2または3(ともにスポンジあり)にしようと考えています。
スポンジが厚くても回転がかかりますか?個人的には戦術的に「変化」よりも「回転(ぶつぎれ)」を好みます。
よろしくご助言下さい。

Aベストアンサー

フェイントロングと言うラバーは、面白いラバーでして。
まず!フェイントロング2ですね粒の硬さは少し柔らかい感じの
なんて言うんか実際にカットした際、ゴムの凸凹がかなりグイッと
最後まで倒れる感じで、非常に球離れが遅くなり
すこーしイメージしてください。
なんかピン球が下回転がかかっているけど、フリックした時の
あの球の球道みたいに沈んでくれません。
なので僕はあえてカットのコントロールがあまり良くないタイプ
のラバーだと実際使ってみて思いました。
フェイントロング3ですね。
これを僕はちょっとお勧めするんですが。まず、粒の細さ、硬さ
そしてなんと言ってもこの長さこれは、アナタにぴったりだと思うんですが、まずですね粒の細さこれはですね。
ラバーにピン球が当たる際、たくさん粒が太いよりも
よく粒の数があたりますよね?
これはですね、ピン球1個に対して当たる凸凹が多いと言うことは
よりピン球を摩擦すると言うことになりますね?
だからまず、あなたが言っている回転が優れてるわけです。
次に!硬さこれ大事だと思うんですけど粒が硬いことで
粒をカットする時のヘニャンと倒すのがやっぱり少し力がわずかながら
いるんです。やっぱり少しの力で粒が曲がらないと言うことは、
当然その分はねないと言うことですね。あなたが言っていた跳ね過ぎ、
これもカバーできると思うんです。そしてですね長さなんですが、
やっぱりカットマンで重要なツッツキも、早く粒に当たるんで球離れが
早くなりより早く沈むんです。だからツッツキ戦にもフェイントロング3をぜひ!お勧めいたします。

フェイントロングと言うラバーは、面白いラバーでして。
まず!フェイントロング2ですね粒の硬さは少し柔らかい感じの
なんて言うんか実際にカットした際、ゴムの凸凹がかなりグイッと
最後まで倒れる感じで、非常に球離れが遅くなり
すこーしイメージしてください。
なんかピン球が下回転がかかっているけど、フリックした時の
あの球の球道みたいに沈んでくれません。
なので僕はあえてカットのコントロールがあまり良くないタイプ
のラバーだと実際使ってみて思いました。
フェイントロング3ですね...続きを読む

Qテナジー使用について

自分はテナジーを貼っていますが、最近ネットでテナジーは初、中級者は使ってはいけないなどという言葉がよく目につくようになりました。
上達しなくなるだとか。

・・・自分はどうなんだろうかという疑問が生じてきました。
なのでわかっている方に質問させていただきます。
ずばり、どのレベルになったらテナジーを使ってもいいのですか。
初級者、中級者、上級者の区切りはどこですか。
自分は市16(最高8)、中信16、県32のものです。
まだ、使ってはいけないのならどんなラバーがいいですか。
まだまだ高弾性ラバーで十分でしょうか。

自分はコントロールラバーから高弾性、テンションといろいろ使い、上達?と時と共に回転量、スピードなどに不満を持つようになりました。
先輩に「お前テナジーでいいんじゃね?」といわれていテナジーに乗り換えてから回転量、スピードともに満足しています。しかし、完全に生かしきれているかはわかりません。

これからも卓球を続けていきたいので良い選択をしたいです。

質問たくさんになってしましました。難しい質問かもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言ってしまえば、自分の使いたいラバーを使えば良いんじゃね?w

それじゃアレなんで、テナジーってオート(自動)で回転掛かっちゃうだろ?
自分で努力して回転かけようとしなくなる…結局ラバー頼りになる。
手打ちでもそれなりの球打てるしなwww
その奥の「領域」に踏み込まなくなる可能性が出てくるんだな。

因みにさぁ、テナジーでイレギュラーバウンドする位のドライブ、打てる?
最大回転をかければ、その位は出来るし、それ位の技術を持ってないとテナジーの真のポテンシャルを引き出すのは難しいな。


初級・中級云々、人各々だからなぁ区分けなんて。
自称中級の初級者がウジャウジャしてるしなwww

俺の考える中級は、一通りのショットと技術を、安定して駆使出来る者かな。
その中でも全国クラス以上を上級とみてるけど。


実際、県上位クラスでないと、使いこなせてないんじゃないかとは思うけどね。
多分、その成績では何使っても大して違いは無いと思う。君の住んでるトコが強豪ばかりなら話は別だけどwww

Q粘着ラバーに合うラケット(シェーク)は?

高弾性やテンション系に浮気していた元粘着ユーザーです。
「いろいろなラバーを使ってみよう」ということでしばらく粘着から離れていましたが、久々に友人のキョウヒョウで打ったところ、「やっぱり私の筋肉ドライブ(笑)に付き合ってくれるのは粘着しかない!」との結論に達しました。

前置きがアレな感じになりましたが、本題に入らせていただきたいと思います。

ラバーを粘着に変えるのに合わせてラケットも買い換えようと思います。 いくつか候補を絞りましたが、どのラケットが粘着ラバーと相性が良いでしょうか?(もちろん、これら以外のラケットで良さげなものがあればご紹介ください)
・粘着時代に使っていたラケットの後継、孔令輝スペシャル
・ユーザーの評価良し、ティモボル・スピリット
・同じく、コルベル・スピード
・たまには奮発(笑)、バイオリン

私の戦型は前~中陣の回転重視の両面ドライブ、ラバーは両面キョウヒョウ(PRO2)あたりを考えています。
よろしくお願いします。

……友人から「プロで両面粘着なんてあんまりいないよ」「単調になる」とか言われても、自分で打ってて楽しいければいいんですー

高弾性やテンション系に浮気していた元粘着ユーザーです。
「いろいろなラバーを使ってみよう」ということでしばらく粘着から離れていましたが、久々に友人のキョウヒョウで打ったところ、「やっぱり私の筋肉ドライブ(笑)に付き合ってくれるのは粘着しかない!」との結論に達しました。

前置きがアレな感じになりましたが、本題に入らせていただきたいと思います。

ラバーを粘着に変えるのに合わせてラケットも買い換えようと思います。 いくつか候補を絞りましたが、どのラケットが粘着ラバーと相性が良い...続きを読む

Aベストアンサー

世界最高レベルの中国選手は粘着ラバーユーザーが多いですよ。
ニッタク天極3等も御勧めします。
ニッタクの粘着ラバーはスポンジが硬いので、中強打すれば飛びます。
粘着ラバーの欠点に重いが有ります。
なので一般的にラケットは軽量で弾む物が良いのかと。
記された中ですと孔令輝スペシャル(平均重量84g、スピード:ファースト)も良いでしょうね。

参考URL:http://eshop.butterfly.co.jp/html/item/001/002/item1433.html

Q前陣ドライブ型 テナジー

こんにちは。中2で卓球をしています。

前陣での両ハンドドライブ型です。


食い込ませてスピードのあるドライブで、一発で抜くのが主な得点源です。

自分は非力なので、あまり硬いラバーでは食い込ませる事ができません。今もヴェガヨーロッパを使っています。

ヴェガではスピード不足と感じてきたので、フォア面のラバーをテナジーに替えようと思ったのです。

そこで質問なんですが

(1)テナジーで一番柔らかいのは64と聞きますが、ヴェガアジアぐらいでしょうか?

(2)05と64では台上のやりにくさはかなり違うものなのでしょうか?それともほぼ変わらないのでしょうか?

(3)非力なのでなるべく軽くしたいので、中を貼るつもりですが、中では十分に食い込まないでしょうか?

県大会ベスト8レベルのものです。

駄文ですいません。

Aベストアンサー

初めまして。

私の観点で回答させていただきます。



(1)テナジーで一番柔らかいのは64と聞きますが、ヴェガアジアぐらいでしょうか?

  → 半年前程前に逆の変更しました。

   <バックハンド>
    【変更前】テナジー64(特厚) → 【変更後】ヴェガアジア(特厚)

     感想:(1)ほとんど同じ打球感です。違和感はあまり感じませんでした。
        (2)引っかかりが、若干64の方がありました。
        (3)寿命はヴェガアジアの方が短かったです。

     結果:ほぼ同じラバーと感じました。

        64の方が優れたラバーと思いましたが、金銭面を考慮しヴェガアジア
        に乗り換えました。



(2)05と64では台上のやりにくさはかなり違うものなのでしょうか?
  それともほぼ変わらないのでしょうか?

 → 全然違います。

  <05>:引っ掛ける技術がやり易いです。
       ― (1)切るツッツキ
       ― (2)ストップ
       ― (3)チキータ
     
  <64>:弾く技術がやり易いです。
       ― (1)フリック(払い)
       ― (2)流しツッツキ

    結果:自分としては、トータル的に台上は05の方が優れていると思います。

       過去に中国ラバーを使用したことがありますが、とても台上がやり易かったです。
       05は中国ラバーと近い感覚で台上ができる!というイメージです。



(3)非力なのでなるべく軽くしたいので、中を貼るつもりですが、中では十分に食い込まないでしょうか?

  → 一番難しい質問と思いました。

    自分の「ラケットの重さ」のとらえ方を超簡単に書くと以下となります。


    (1)ラケットを軽くする(中にする):スイングスピードUPで多彩な球種に対応できる
          :切り返しが早くなるので多彩な球種に対応できる
                     :台上がやりやすい

    (2)ラケットを重くする(厚にする):回転がかかる
                     :相手の威力を殺さず返球できる
                     :相手コートの深い場所に返球できる


   結果:個人差がかなりあると思いますが、県大ベスト8レベルでしたら、
      十分技術がお有りと思いますので、厚をおすすめします。

      理由をざっくりまとめると、格下には軽いラケットの方が勝ちやすい。
      格上に挑みたいなら、ある程度重量のあるラケットでないと苦しい。
      ですかね・・・。
      あくまでも、私のイメージですが。

      いずれにしても、相手の戦系や得意な技術によってラケットの重さの、
      有利/不利がかなり変わってくるので、一概には言えないですね。

      ベストは重いラケットでも高スイングで振れる!だと思います。(矛盾してますが)
      トッププレーヤーはやってますよね・・・。
      



長々と回答してしまいましたが、参考になればと思います。

初めまして。

私の観点で回答させていただきます。



(1)テナジーで一番柔らかいのは64と聞きますが、ヴェガアジアぐらいでしょうか?

  → 半年前程前に逆の変更しました。

   <バックハンド>
    【変更前】テナジー64(特厚) → 【変更後】ヴェガアジア(特厚)

     感想:(1)ほとんど同じ打球感です。違和感はあまり感じませんでした。
        (2)引っかかりが、若干64の方がありました。
        (3)寿命はヴェガアジアの方が短かったです。

     結果...続きを読む

Q反転ペンの裏面に貼るおすすめの粒高ラバー

はじめまして。

社会人になり再び卓球を始めた反転ペンプレーヤーです。
(前陣~中陣異質ドライブマンを目指しています)
現在はフォア面に「ファスタークG-1」、バック面に「ベストアンチ」を使用しています。

最近ラケットを角丸型反転から角型反転(バイオリン)に換え、フォア面のラバーの厚さも厚くしたところ、以前よりかなり重く感じるようになりました。(角型ですからある程度は仕方ないのかもしれませんが...)

また、重くなったことでドライブを打つ際も、腕の振りが鈍く、ボールを思うように擦り上げられずにボールの質が表ソフトラバーの角度打ちのような感じになってしまっています。(回転は一応それなりにかかっているのですが、上がらないと言った感じです)

このままではマズいと思い、とりあえずアンチラバーに飽きてきたこともあり、裏面のアンチラバーを粒高に換えて(1枚ラバーか超極薄など)、ラケットの軽量化を図りたいと思っています。しかし、あまり粒高ラバーの経験が無いため、どのラバーが自分の希望に合っているかわかりません。そこで、皆さんからお勧めの粒高ラバーを教えて頂きたく、質問致しました。

自分の希望としては以下の通りです;

1. なるべく弾まない粒高ラバー(使用ラケットがバイオリンの為、結構弾む)

2. アンチとまではいかなくても、ツッツキ時あまり回転のかからないラバー(回転のメリハリでミスを誘いたい)

3. 粒高ということである程度の変化、及びナックルボールが出しやすいもの


自分としてはカールP-1R(特薄)かフェイントロング2(超極薄もしくはOX)で悩んでいるのですが、どう思われますか?

皆様の知恵を分けて頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします。
 

はじめまして。

社会人になり再び卓球を始めた反転ペンプレーヤーです。
(前陣~中陣異質ドライブマンを目指しています)
現在はフォア面に「ファスタークG-1」、バック面に「ベストアンチ」を使用しています。

最近ラケットを角丸型反転から角型反転(バイオリン)に換え、フォア面のラバーの厚さも厚くしたところ、以前よりかなり重く感じるようになりました。(角型ですからある程度は仕方ないのかもしれませんが...)

また、重くなったことでドライブを打つ際も、腕の振りが鈍く、ボールを思うように擦...続きを読む

Aベストアンサー

福岡春菜選手や田勢美紀江選手があのラバーを使っているのは、安定性とのバランスをとっているから。
決して変化性能だけで選んでいるわけじゃない。

オーストリアのカットマン、陳衛星選手は以前はカールP1Rだった。
TSPは前陣向けとして出してるラバーだ。
要するに好み。

前陣向きならどちらかと言えばカールシリーズ、カット向きはフェイントロング系かな。
軽打から強打まで、変化を付けて返し易いのがカール系、強ドライブをぶち切れカットで返し易いのがフェイントロング系。

さて、個別の回答。

1.粒が細くて軟い方が弾まない。スポンジも柔い方が弾まない。アンチのなんかフニョフニョだろ?カールシリーズは硬いから、叩くと割とスピードが出る。でも所詮粒高、裏や表ほどにはどうしても、ね。

2.大抵の粒高は掛からないよ。アンチと違うのは、頑張れば掛かるってこと。それでも表ソフトの方がよっぽど掛かる。この、自分の意思で回転量が変えられるってところが、アンチが廃れても粒高は残っている理由だ。もちろん、アンチより扱いは難しくなるけどね。当たり具合で摩擦性能が変わらないアンチの方が扱い易くはある。

3.粒が曲がり易い方がナックルになり易い。たぶん。要するに回転を跳ね返さなけりゃナックルになる。氷みたいに滑る訳じゃないし。


まぁ、取り合えずカールP1Rじゃないかなぁ。
後は好みだし。
個人的にはフェイントSOFTかファントム008だけど。


P.S.
ニッタクの性能表見るとバイオリンはミッドスローなんだけど、そんなに弾むと感じてる?
ま、これも個人の打ち方とかで変わるしね。

角型が重く感じるのは長いからであって、ラバーの面積は角丸の方が広いか変わらない程度。
なので、グリップエンドに重りを付けると軽く感じられる。
試しに一円玉でも貼り付けてみればいい。

福岡春菜選手や田勢美紀江選手があのラバーを使っているのは、安定性とのバランスをとっているから。
決して変化性能だけで選んでいるわけじゃない。

オーストリアのカットマン、陳衛星選手は以前はカールP1Rだった。
TSPは前陣向けとして出してるラバーだ。
要するに好み。

前陣向きならどちらかと言えばカールシリーズ、カット向きはフェイントロング系かな。
軽打から強打まで、変化を付けて返し易いのがカール系、強ドライブをぶち切れカットで返し易いのがフェイントロング系。

さて、個別の回答。

1....続きを読む

Qキョウヒョウ2でカットマンは可能でしょうか?(卓球ネタ)

現在カットマン歴5年ほどの、それなりの卓球経験者のカットマンです。
これまでは、タキネスやタキファイアなどのいわゆるカット用カットマン定番ラバーを使っていました。
しかし、キョウヒョウ2のラバーシートの実物をさわってみると、それまで使っていたラバーをはるかにしのぐような粘着力です。カタログでは“ドライブ攻撃用”となっていますが、カットマン用ラバーとしても使える、と思ったわけです。
別にドライブ攻撃をプレイスタイルに織り交ぜたいわけでなく(そういうメリットもあるでしょうが)、ただ純粋にあの粘着力はカットマン用守備ラバーよりいいんじゃないかと思ったのです。
しかし、もしかすると、いくら粘着力があってもシートやスポンジの硬さ等がカット用としては不向きなんじゃないかと不安にもなるわけです。やっぱりキョウヒョウ2を守備用ラバーとして使うデメリットって多いのでしょうか?そのへんのメカニズム等詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

ラバーに関しては打球感があうかどうかというのが大きな問題だと思います。
キョウヒョウ2の場合個人的には全く弾まない部類に入るのでカットは出来る
と思います。シートが今まで使用されているラバーと感じが違うので違和感が
あるかもしれません。
あのラバーの1番のネックは重いので今までと同じ厚さでもラケットの重量面
に気をつけたほうがいいです。

Q下回転をドライブで返しやすいラバー

下回転のボールをドライブで返しやすいラバーがあれば
教えてください。

七枚合板のアクティブ7に合うラバーでお願いします。

Aベストアンサー

率直に答えてしまうと粘着性ラバーです。

でも、貴方がいつも高弾性や、ハイテンションをお使いなのであれば、スレイバー系統をお勧めします。TSPのエクシズもいいですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング