ファイナンシャルプランナーの勉強をしているのですが、国民健康保険は家族単位で加入となっていましたが、社会保険は個人で加入となっていました。どう違うのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

法人企業や5人以上雇用する個人事業主は従業員を社会保険に加入させる義務があり、また保険料の半分を負担しなければなりません。


年金については、厚生年金(社会保険庁管轄)又は厚生年金基金(独自に企業で設立)になり、健康保険については政府管掌健康保険(社会保険庁管轄)又は独自に健康保険組合を設立することになります。
公務員については共済年金と共済健康保険があります。

社会保険の健康保険は、上記のように勤めている人が加入できるものです。
この保険に加入している人を被保険者といい、この保険でその人が扶養している家族を被扶養者として、保険を掛けることができます。このときに支払う保険料は本人の保険料だけですむため、結局本人に家族がおまけで付いてくるだけなので、基本は被保険者が個人で加入していることになります。

一方上記社会保険に入れない人が加入する国民健康保険では、そもそも扶養と言う概念はありません。国民健康保険は1世帯にひとつだけ保険証が発行され、そのなかに加入者の名前が並ぶことになります。保険料の支払い義務は世帯主になります。
また、問題の保険料ですが、

a)世帯全体にかかる定額の保険料(世帯割)
b)加入した人数に比例する保険料(人頭割)
c)加入している人全員の所得の合計金額に応じて決まる保険料(所得割)
d)加入している人の持っている資産により決まる保険料(資産割)

の合計金額がその世帯の国民健康保険の保険料となります。(自治体により多少差異があります)加入者が増えれば保険料もあがり、年収も考慮されますので社会保険のように扶養という考え方もありません。

この点から国民健康保険は家族単位といえ、社会保険の健康保険は個人単位といわれているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい説明ありがとうございます。親身に回答してくださってありがとうございました。

お礼日時:2003/09/20 11:45

国民健康保険は家族単位で加入というよりも、世帯単位で加入と言ったほうが良いかもしれません。



国民健康保険には扶養者と言う考え方はありませんので、一枚の保険証に何人か記載されていても、それは扶養ではなく世帯で加入していると言う考え方で、それぞれの人の国民健康保険料を世帯で支払って加入していることとなっています。

それに比べ社会保険は、被保険者(会社の従業員)が、その給料の金額により健康保険料を納めていて、その健康保険証に記載されている被扶養者は、健康保険料を納める必要がありません。このあたりが個人加入(厳密には会社単位で加入)していることとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても簡潔でわかりやすい回答でした。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/20 11:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民保険と社会保険の違いがわかりません。

国民健康保険と社会保険の違いが全くわかりません。

1、何が違うのですか?

2、国民保険は国と世帯が負担して、社会保険は自分と会社が負担してるのですか?

3、国民健康保険の場合は明細書は自治体からきますよね。じゃー社会保険はどこから明細が来るのですか?

4、社会保険を扱ってる健康保険組合は誰が運営してるのですか?会社が運営してるのですか?
(僕の企業の内定先の社内報には健康保険組合からのお知らせと収支内訳が載ってますが)

なぜ、国民健康保険と社会保険が別なのか分かりません。

Aベストアンサー

#3です。
健康保険組合のことについて、少し補足しましょう。

健康保険組合から収支内訳が、なぜ出ているかということについてですが、健康保険組合にしても社会保険事務所と同様に公的機関ですので、その収支というのは加入している被保険者に対して、公表しなければなりません。
設立したのが民間の法人企業であっても、業務内容は社会保険事務所の業務を代行しているため公的機関となり、健康保険組合の職員も「公法人職員」という、半分は公務員と言う立場になります。

社会保険が法定給付(法律で決まっている給付)を行うのに対し、健康保険組合では法定給付に加え、付加給付と言うものを行っている健康保険組合が多くあります。
付加給付とは、法定給付にプラスアルファして、健康保険組合独自で支給されるのものです。

あなたが、これから加入する健康保険組合は、社内報に健康保険組合からのお知らせが入っていると言うことから、企業独自で設立した健康保険組合ではないかと推測いたしますが、この場合の健康保険料は労使折半ではない可能性もあります。
健康保険組合が独自の運営を行っている関係上、保険料率や負担割合についても組合独自で決めることができます。
そのため、単一企業で設立された健康保険組合に加入した場合は、健康保険料が極端に安い場合があります。

ただ、最近は#2の方もおっしゃっている通り、健康保険組合の運営もかなり厳しいものとなっており、経営として黒字(利益を出すことはできないので、黒字の場合は翌年または翌々年の保険料で調整します。)になっているのは、若い社員が多くて給料の高い方が多く被保険者となっている健康保険組合ぐらいではないでしょうか。

#3です。
健康保険組合のことについて、少し補足しましょう。

健康保険組合から収支内訳が、なぜ出ているかということについてですが、健康保険組合にしても社会保険事務所と同様に公的機関ですので、その収支というのは加入している被保険者に対して、公表しなければなりません。
設立したのが民間の法人企業であっても、業務内容は社会保険事務所の業務を代行しているため公的機関となり、健康保険組合の職員も「公法人職員」という、半分は公務員と言う立場になります。

社会保険が法定給付(法律で決...続きを読む

Q国民健康保険より社会保険の方がメリットが多いのですか?

こんにちは。
お聞きしたいのですが、国民健康保険より社会保険の方がメリットが多いのでしょうか?そんなに違いがあるのでしょうか?

変えれるものなら社会保険にしたほうが良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じぐらいの収入なら、国保だと、保険は国保、年金は国民年金に入らなければならず、負担感としては、国保と国民年金の方が大きいように思います。

社会保険に同じ収入で入れば、掛け金の半分は会社負担だし。
それと、下でも書いておられますが、傷病手当などもあります。
事業主でなければ、失業すれば、ある程度の期間入っていれば、失業保険ももらえますし。

自営で自分で社保にして入っても、失業保険などはないですけども。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報