こんにちは。
現在25歳の社会人、男です。
高校時代の恩師に、20歳までに一通りの名作を読んでおけと言われましたが。結局大学時代にはその手の文学には手を出しませんでした。

本を全く読まないわけではないですが、好きなのが映画の原作などですので、歴史に残るような名作をあまり読んでいません。

今更なんですが、時間の空いた時にいろいろ読んでいこうと思っています。
なにかお薦めの作品や感動した作品がありましたら教えていただきたいと思います。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>高校時代の恩師に、20歳までに一通りの名作を読んでおけと言われましたが。

結局大学時代にはその手の文学には手を出しませんでした。


 それで正解だと思いますよ。
学校の試験の勉強じゃないんですから、
無理して名作と呼ばれるものを読むのは
無意味です。

 自分の人生、自分の興味の延長上と
して名作を読むと、それがなぜ名作と
言われているのか理解できますし、
ためにもなります。
 でも名作と呼ばれているからと
いう理由で読んでみても、つまらない
だけでしょう。

 若いと人が読むべき作品として、
1950年代くらいまでに生まれの人たちは
サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」
を挙げるようですが、これ今の若い人が
読んでも理解できず、つまらなくて当然
です。時代背景が違いすぎるんです。

>本を全く読まないわけではないですが、好きなのが映画の原作などですので、歴史に残るような名作をあまり読んでいません。

 今のままでいいんじゃないでしょうか?
あなたが興味をそそられ、つい手を出して
しまい、感動したものがあなたにとっての
名作であって、歴史に残るような、名作と
呼ばれているものの全ては、あなたにとっては
全て駄作かもしれないのです。

>なにかお薦めの作品や・・・
 
 敢えて個人的興味の範囲で言うなら、
三島由紀夫の作品は全てお勧めです。
三島は、生きていたときには異端児だったので、
今、彼の作品を読むと、そのストーリーの
ベースが昭和でも、そのかっ飛んだ内容が
現代にも通じるところがるんですね。

 とりあえずは
「不道徳教育講座 」(参考URL)
あたりから読まれることをお勧めします。

 内容の一部を説明すると、自動車で
人をひき殺した人が、自分で警察を呼んで、
「この人がいきなり飛び出したので
 よけきれなかった」と説明すると
いう話が出てきます。本当はスピードの
出しすぎだったのに。
 真相を知っているのは、助手席にいた
友人だけなんですが、その友人に対し
「Who knows?]
だれが真相など知っているのか?
別に嘘言ってもいいじゃないか。
と言うという話なんですね。

 まさに不道徳な話なんですが、
道徳や常識について深く考えた
ことがないと、不道徳や非常識が
どう悪いのか分からなくなくなる
人間のいい加減さが分かる仕組み
になっています。

 前に「人殺しの何が悪いのか?」
とテレビで発言した高校生について
論議があったことがありましたが、
人殺しはいけないと考えるのが
常識という、理由が曖昧な概念が広がって
いるため、大人たちがその理由を
すぐに明解に説明できなかったのが
議論が広がった理由でした。

 三島の作品には映画化もされた
ことで有名は「金閣寺」などが
ありますが、それ以外でも
人間社会や人間の深層心理を
えぐるような、鋭い内容の
作品が目立つように思えます。

 そんなわけで、現代日本文学の
代表の1つとして、三島由紀夫の全
作品をお勧めします。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041212 …
    • good
    • 0

こんにちは。



読書なんて自分の趣味でぜんぜんいいと思います。


好きなのが映画の原作などですので、歴史に残るような名作をあまり読んでいません。

わたしも名作なんて数えるほどしか読んでません。
そもそも外国の作家のものあんまり好きじゃないし。
(シェークスピアあたりは読みましたが)

そうそう、歴史上の名作ならシェークスピアはどうでしょう?映画もいっぱいありますし。
「ハムレット」「オセロ」「マグベス」「空騒ぎ」「ヴェニスの商人」「ロミオとジュリエット」etc

映画の原作でいうと、
浅田次郎「鉄道員」
桐野夏生「OUT」
高村薫「マークスの山」
真保裕一「ホワイトアウト」

海外なら
ジョン・グリシャム「評決のとき」「依頼人」等
トム・クランシー 「今そこにある危機」等
スティーブン・キング「スタンド・バイ・ミー」等
の作品はよく映画化されてますよー。
    • good
    • 1

日本以外の名作でしたら、まず下記を読まれて、


これだと思ったものを読まれるといいと思います。

『世界文学史物語』ジョン・メーシィ 大谷利彦訳 角川文庫 700頁位

人の一生には限りがあり、一方海外の名作の数は1500程度存在します。
場当たり的に作品を選択して読んでいくと、分野・作者が偏ったり、
本当の名作を読まない可能性が圧倒的に高くて危険です。

それと、『20歳までに一通りの名作を読んでおけと』と恩師に言われたそうですが、
私は、経験から、逆に20歳までは読まない方がいいと思っています。
そのくらいの年齢では社会経験もなく、名作を理解する素地が十分できていません。
(もちろん、例外もあるでしょうが)。
むしろ、社会人になった後、urikku24さんくらいの年齢から名作に触れ始めるのがいいように思います。


海外の名作を読む下地として、
『聖書』・『ギリシャ神話』は必須だと思います。
    • good
    • 1

こんにちは


私、以前、司書をしていた者です。
「名作を読みたい」という文を読んで、思わず、しゃしゃり出て来てしまいました。

まず、最初に、覚悟してもらいたいんです。
名作と呼ばれるものは、いまどきの人にとっては、はっきり言って“面白くない”です。
仮名遣いも分からないし、時代背景も不明であれば「意味、わかんないしぃ」となって、途中で挫折。。。となりがちです。
それでも、とりあえず、最後まで読んでください。お願いします。
“感動”や“面白さ”は、あとからついてくるものなんです。

で、。。。urikku24さんへのアドバイスなんですが。
図書館に行って『日本文学全集』『世界文学全集』を手にとってみてください。そして、有名どころの作家の作品で読みやすそうなものをひとつ選んで、試しに読んでみてください。なぜ『文学全集』を薦めるかと言うと、巻末に「解説」がついているから、です。

本来ならば、本なんてぇものは、面白くなければ読まなくて良いものなんです。
でも、最近の人は、読まなさ過ぎる!と、私は思います。常識的に“知ってて当然”と思われるものについても、「読んでない」なんて。。。
ウチの息子(大学生)なんですが、セルバンテスの「ドン・キホーテ」を知らなくて、「安売りのドンキ?」とか言いやがった!親として、あまりの情けなさに脱力しちゃいました(泣)

urikku24さんは映画がお好きでしたらスピルバーグ監督の『A・I』は、ご覧になりましたか?
では、童話の「ピノキオ」は読まれました?馬鹿にしているわけではありません。カルロ・コッローディ[著] 「ピノッキオの冒険」を完訳で読んだ人は少ないと思います。完訳で読んだあとで『A・I』を観ると、よりいっそう感動できるのに。。。と思うんですよね。
この秋、映画『リーグ・オブ・レジェンド』を観る予定でしたら、オスカー・ワイルド[著]『ドリアン・グレイの肖像』は、絶対、読んで欲しいです。お願い m( _ _ )m
映画を楽しみたいから、名作を読む。。。というやり方が、いちばん、とっつきやすいのかもしれません。
    • good
    • 2

私が読んでおもしろかったのは、


萩原朔太郎の「猫町」と、
カフカの「変身」です。
どちらも、とても不思議な気分になります。
異界的小説といった感じでしょうか。
もしよかったら読んでみてください。

ちなみに、「猫町」は青空文庫で読むことができます。


参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/000067/files/641.h …
    • good
    • 0

こんにちは。


urikku24さんと同い年のものです。自分も同じ様な事を言われた事があります。そして読んでないです(笑)学生時代から読んだとしても年間1冊・・・。でも、現国は出来た方です。センター試験で満点でした(自慢です。笑)

お薦めと言うほどでは無いですが、森鴎外?の「高瀬舟」はどうでしょう?短編で簡単に読め、内容も良かったです。この作品で何年、読書感想文を書いたことか(笑)
すぐ読み終わるので、読んでみて下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「リレーショナルデータベース」と「データベース」

「リレーショナルデータベース」と「データベース」は何が違うのでしょうか?
accessはリレーショナルデータベースとの事ですが,普通のデータベースと何が違うのでしょうか?

[データベースはこうだけど、リレーショナルデータベースはこうだよ!]
って教えて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

データベースというのはデータの集まりのことで、ソフトウエアのことではありません。データベースという用語は法律でも定義されています。
著作権法第2条第1項十の三
 データベース 論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう。

リレーショナルデータベースとは複数のデータベースを組み合わせて(関連付けて)一体として管理するデータベース構造(スキーム)のことであり、組み合わされる個々のデータベースのことはテーブルと呼びます。もちろんリレーショナルデータベースもデータベースの一種です。上記の法律の条文に照らしてみれば明らかでしょう。
EXCELのような表計算ソフトでもデータベース(テーブル)を構築することはできますが、リレーショナルデータベースを構築するには専用の管理機構が必要で、表計算ソフトでは構築不能です。

Accessのようなソフトはこのデータベースを管理・操作するためのソフトウエアであり、分類上「データベースソフト」あるいは「DBMS(データベース・マネジメントシステム)」と呼ばれます。素人向けはデータベースソフト、業務用はDBMSと呼ぶのが普通です。なお、マイクロソフトではAccessのことを、一般向けにはデータベースソフトウエアと呼び、技術者向けにはDBMSと呼んでいるようです。これらのソフトウエアで管理・操作する対象がデータベースでありリレーショナルデータベースなのであって、Accessなどのソフトウエアがデータベースなのではありません。

パソコンが仕事で使われることの少なかった初期(主にホビー・家庭用途)は、パソコン上で動作するデータベースソフトは「カード型」などのリレーショナル機能のないものが主流でした。住所録管理程度であればこれで十分でしたし、当時の表計算ソフトは現在のような大量データは扱えませんでしたから(最大500行とか)、Windows普及以前はデータベースソフトと言えばリレーショナル機能のないカード型ソフトが家庭や零細企業では普通に使われていました。
リレーショナルデータベースがあっても高価で(ビジネス用で一番普及していたdBASEは定価268,000円だったはず)、システム構築も簡単ではないので、システム化の進んだ大手企業やその関連会社でもなければ導入していないのが普通だったと思います。

データベースというのはデータの集まりのことで、ソフトウエアのことではありません。データベースという用語は法律でも定義されています。
著作権法第2条第1項十の三
 データベース 論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう。

リレーショナルデータベースとは複数のデータベースを組み合わせて(関連付けて)一体として管理するデータベース構造(スキーム)のことであり、組み合わされる個々のデータベー...続きを読む

Q古典文学を勉強したいです。 わたしの恩師から、あなたは古典文学を学んだ方が良いでしょうと言われまし

古典文学を勉強したいです。

わたしの恩師から、あなたは古典文学を学んだ方が良いでしょうと言われました。
お恥ずかしい話ですが、今の時点で古典文学がなんなのかすらわかっておりません。
ど素人が古典文学の世界に入る一番はじめの一歩として何をしたら良いでしょうか?何から読んだら良いでしょうか?

Aベストアンサー

恩師の助言であろうが、自分の興味のわかない物を読むのは苦痛でしかない。

古典文学も範囲は、とても広く、竹取物語、王朝文学の源氏物語、歴史物語の栄花物語、大鏡、軍記物語の平家物語、太平記、歌物語の伊勢物語、大和物語、説話物語の今昔物語、宇治拾遺物語とある。
歌集である万葉集は4千5百首、古今集は1千百首、私が学んでいる新古今集は2千首も有り、死ぬまでに、学び続けて行ければと思う位に膨大なものがある。
お薦めしないのは源氏物語で、54帳も有り、部分部分を読む事があっても、全体は難しい。

人の営みは、昔も今も大した変わりがない。30年前は、誰もパソコンも携帯を持って居なかった位しか差がない。

先ずは、自分の興味が有るもの。短いもの。初心者用に編纂された物をお薦めする。

Q【エクセル】データベースシートの値を印刷用シートに2段に分けて返すには?

データベース上では1行で横方向に複数のデータを落とし込んでいますが、
印刷用のシートはレイアウトの関係上1行のデータを2行ずつに返しています。

1人目1行目の各セルは
 A4=IF(データベース!A1="","",データベース!A1)
 A5=IF(データベース!B1="","",データベース!B1)
 A6=IF(データベース!C1="","",データベース!C1)
2行目の各セルは
 B4=IF(データベース!D1="","",データベース!D1)
 B5=IF(データベース!E1="","",データベース!E1)
 B6=IF(データベース!E1="","",データベース!E1)
2人目一行目(上から三行)の各セルは
 A4=IF(データベース!A2="","",データベース!A2)
 A5=IF(データベース!B2="","",データベース!B2)
 A6=IF(データベース!C2="","",データベース!C2)
2行目(上から4行目)の各セルは
 B4=IF(データベース!D2="","",データベース!D2)
 B5=IF(データベース!E2="","",データベース!E2)
 B6=IF(データベース!E2="","",データベース!E2)

これだと下にコピペすると参照先がずれてしまいますので手入力してます。
Row関数などを使って上手く参照させるように出来たらと考えています。
いい方法は無いでしょうか?

よろしくお願いいたします。

データベース上では1行で横方向に複数のデータを落とし込んでいますが、
印刷用のシートはレイアウトの関係上1行のデータを2行ずつに返しています。

1人目1行目の各セルは
 A4=IF(データベース!A1="","",データベース!A1)
 A5=IF(データベース!B1="","",データベース!B1)
 A6=IF(データベース!C1="","",データベース!C1)
2行目の各セルは
 B4=IF(データベース!D1="","",データベース!D1)
 B5=IF(データベース!E1="","",データベース!E1)
 B6=IF(データベース!E1="","",データベース!E1)
2人目...続きを読む

Aベストアンサー

ANo1です。

A4に
 =INDIRECT(ADDRESS(INT(ROW()/2)-1,COLUMN() + MOD(ROW(),2)*3,,,"データベース"))
を入力して、右、下方に必要なだけフィルコピーでいかがでしょうか?


※ ついでながら・・・・ご提示の式で
 =IF(データベース!A1="","",データベース!A1)
などは、『A1が""だったら""を、それ以外の場合はA1の値を表示』という意味になりますので、結局のところ
  =データベース!A1
で良いことになりませんか?

Q名作とエロ作品の違い

名作文学とエロ小説は、一体どう違うのでしょうかね?

カーマ=ストラ・金瓶梅・紅楼夢・源氏物語・永井荷風や団和夫や谷崎潤一郎とかの作品は、きわどいすごいセックス描写がありますが、「名作文学作品」といわれ、学校の国語や歴史の教科書まで出てきます。
しかし、団鬼六先生をはじめ、スポーツ新聞やエロ雑誌の小説は、「エロ小説」で、学校で教えたら社会問題化することでしょう。

団鬼ロク先生の作品も、もしかしたら数百年後には、名作になるのでしょうか?
瀬戸内晴海(寂聴)の作品は、評価を受け、叙勲までされているのに、団先生は、「エロ作家」で、その作品は18禁のエロ変態作品です。

この違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

作品自体が何を表現しようとしているかではないでしょうか。


名作は過激な描写もありますが、それはあくまで人の心理や風俗、あるいは人の業などを表現するためのものです。例えば源氏物語における過激描写は、恋愛の様々な形を表現するのに必要なものです。
団鬼六先生はすみませんが存じ上げていないのですが、いわゆるエロ小説などの過激な表現は、読者の性的欲求を満たすためのものなのではないかと思います。もちろん、アダルト小説でも性的なことを抜きにして、素晴らしいものもあるのかもしれませんが、その素晴らしさが名作というほどのものかどうかという違いだと思います。

上に挙げている名作を全て読んだことがあるわけではないし、アダルト小説も読まないので、間違った憶測を立てているかもしれませんが、おそらく何を目的とした表現かということだと思います。

Q別のACCESSデータベースのテーブルのレコードを追加したいのです

別のACCESSデータベースのテーブルのレコードを追加したいのです

同じ内容のデータベースが二つあります
データベース1とデータベース2を其々別の人がデータを入力しています
データベース1にデータベース2のテーブルで T_データT_データ明細の二つのレコードを追加したいのですがどの様にすればよいでしょうか

ご指導をお願いいたします。

Aベストアンサー

レコードカウントで採番する場合は、

rsInMain.AddNew
rsInMain!番号 = rsInNUM!番号 + 1
rsInMain!項目1 = rsOutMain!項目1
rsInMain!項目2 = rsOutMain!項目2
j = rsInMain!番号
rsInMain.Update

のところで、

rsInMain!番号 = rsInNUM!番号 + 1



rsInMain!番号 = rsInMain.RecordCount + 1

に置き換えればいいです。

それと、

'T_番号の更新
rsInNUM.Edit
rsInNUM!番号 = rsInNUM!番号 + 1
rsInNUM.Update

の部分はコメントアウトするか削除します。


こちらの環境では、レコードソースを
クエリ、テーブル、SQLどれも問題はないのですが。
一応、簡単にT_テーブルでオートフォームでフォームを
つくり、あとボタンをくっつけた簡単な
フォームでやっています。

Q中学生にすすめる文学作品

たいへんな本好きですが、ファンタジーやミステリーしか読まなかった子どもが、急に文学作品に興味を持ち、シェイクスピアとかドエトフスキーとかを借りてきました。
ですが、やっぱりというか・・挫折して読みきれなかったようです。
せっかく違うジャンルに興味を持ったのに、このままでは、「文学=面白くない」と言う図式が出来そうです。
どなたか「これ面白いよ~!」と言う本がありましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
アレクサンドル・デュマの『三銃士』『モンテクリスト伯』はいかがでしょう?
全巻読破すると、両作品とも長いですが『三銃士』は主人公が銃士隊長になるあたりまででも楽しめると思います。
『レ・ミゼラブル』なんかも読みました。
児童文学に近くなりますが、フィリパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』や、ミヒャエル・エンデは受入れ易いかもしれません。
日本人作家なら、私も夏目漱石好きです。『夢十夜』は短編で読みやすかったです。
それから、シェイクスピアを子供向けにラムという人が書いた本を子どもの頃読みました。
今もあるかどうか分かりませんが、シナリオではなく物語り風に書いてありました。

Qデータベースの正しい定義は?

初歩的な質問ですが、データベースを正しく定義するとどのようになりますか?

SQLとファイルシステムを一緒にしたものがデータベースですか?

また、データベースとデータベースエンジンの境界ってどこになりますか?

データベースを論じる記事を頻繁に目にしますが、さっぱり分かりません。データベースとオラクル、DB2、あるいは、SQLサーバーなどは必ずしも同じではないと思うのですが.. これらは単なる製品ではないでしょうか。製品の使い方を論じることはデータベースを論じることではないような気がしています。

データベースって何ですか?ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

データを寄せ集めて整理したファイルを、データベース(以下、DB)と呼んでいる人をネット上でたびたび見かけますが、それはDBの構成要素の一つに過ぎません。

DBを管理するソフト(DBMS)は、以下のような機能を持っています。

(1)データを統合させ、重複データを極力、持たせないようにする。
(2)データの構造変更が、直接、変更部分をアクセスしないアプリケーションには影響を与えない。(データの独立性)
(3)複数ユーザから検索、更新などがあっても、データに矛盾を発生させない(排他制御)
(4)部分回復、全面回復
アプリケーションの更新を無効にできる。更新したアプリケーションが異常終了しても自動的に回復。システム全体がダウンした場合の回復。
(5)セキュリティ機能
(6)DDL(=データ定義言語)で定義、DML(データ操作言語)で操作できる
 →リレーショナルDB用の言語は、DDLやDMLを総じて、SQLと呼ぶ。
(7)検索のオプティマイザ
(8)再編成
などなど。。。

>データベースを正しく定義するとどのようになりますか?

単に「データベース」というと、DBの実体(ファイル群)を指す場合やDBMSを指す場合があります。

>SQLとファイルシステムを一緒にしたものがデータベースですか?

SQLを解析して実行可能にしている部分や、OSのファイルシステムに近い部分は、DBMSを構成する一部分の機能です。

>データベースとデータベースエンジンの境界ってどこになりますか?

データベースエンジンとは、SQLを受け付け、DBアクセスを制御し、結果を返す部分でしょうから、DBMSの中核機能ということになると思います。

DBエンジン以外に、DBMSには(オペレータ)コマンド、コンパイラ、ユティリティなどが備わっています。

SQLは国際標準化団体により、標準仕様が提示されています。しかしこれだけでは、「ただのペーパー」であり、その仕様通りに動くソフトウェア(DBMS)を誰かが設計・製造しなければ、誰も使えません。

商用としてリレーショナルDBMS(RDBMS)を開発しているメーカーには、以下のような製品、会社があります。

(1)Oracle・・・オラクル
(2)SQL Server・・・マイクロソフト
(3)DB2 UDB・・・IBM

国産でも、以下のような製品、会社があります。
(1)Symfoware・・・富士通
(2)HiRDB・・・日立
(3)RIQSII・・・NEC

オープンソースとして無料で提供されているRDBMSもあり、代表的なものにMySQLやPostgreSQLなどがあります。
オープンソースは無料で使える反面、以下のようなサポートの問題があります。
(1)トラブルがあった場合のサポートがない
→有償契約でサポートを請け負う会社はある
(2)不良があった場合にいつ誰が調査、対策するのかが不確定
(3)機能サポートが、いつ誰によりされるのかが不確定

商用RDBMSの場合は、これらが明確です。

各RDBMSは、段階的にSQLに準拠して行っているものが多いですが、標準仕様のSQL内でも未サポートの部分、標準仕様と仕様差がある部分、独自機能があるのが一般的です。
これはSQLの標準仕様が出来上がってから、各メーカーがゼロから開発している訳ではないことやメーカー各々に独自の技術があるからです。

データを寄せ集めて整理したファイルを、データベース(以下、DB)と呼んでいる人をネット上でたびたび見かけますが、それはDBの構成要素の一つに過ぎません。

DBを管理するソフト(DBMS)は、以下のような機能を持っています。

(1)データを統合させ、重複データを極力、持たせないようにする。
(2)データの構造変更が、直接、変更部分をアクセスしないアプリケーションには影響を与えない。(データの独立性)
(3)複数ユーザから検索、更新などがあっても、データに矛盾を発生させない(排他制御)
(4)部...続きを読む

Q文学作品のサミングアップとは?

或る会報(100部程度)の編集を担当しています。
今回、著名な小説家のショートショートの「サミングアップ」としての寄稿がありました。原文の一部を拾い集めてオリジナルを数分の一に短縮したものです。原題と(原題の)作者名も明記されていますが、このような手法は広く行われていて、著作権に抵触しないのでしょうか? 
行われているとしたらその目的は? また、暗黙のルール(可能な限り原文に忠実に拾い出す、語順・助詞・かな漢字表現を変えないetc.)はあるのでしょうか?
サミングアップ自体が著作物になり得るのでしょうか?

Aベストアンサー

ネタバレのあらすじとでもいうんでしょうか?
レビュー(感想)みたいなもんでしょうかね。
必ずその著書を紹介する、オリジナルへの敬意を払うのであれば、
作者は 何も言ってこないと思いますよ。

結局、作者の利益を損ねたり、
横取りするような真似をすれば
著作権違反になるのでしょうが、
歌詞でも翻訳やパロディーで変えてしまうことも
ありますから
要約が著作権違反になるとは思えません。

Qデータベース数 or テーブル数

こんにちは。よろしくお願いします。
ただいまデータベース連動型のCMSを利用しているのですが、1サイトあたり100テーブルほど利用します。
1000サイトのデータベースを
1、1000データベース作成して管理
2、データベースに1000×100テーブル作成して管理
のどちらで管理した方がサーバーに負担が少ないでしょうか?
データベース数とテーブル数に限りはなかったと思うので、負担が少ない方で対応しようかと思ってます。

**現在、2の方法で行っているのですが、
phpMyAdminでデータベースを表示する際に、すごく時間がかかります・・・

Aベストアンサー

サイト間で交互になにか連携するデータや共有するテーブルやレコードが存在するのでしょうか?

1サイト内で完結する構造ならば1サイトに1データベース作るべきです

もし、サイト間で共有するデータやテーブル、レコードがあるならば、共有部分のみを1データベース作って、そこに突っ込む

そのサイト固有の情報はそのサイト用に1データベースを作っておく



サイトA->データベースA、データベースZを参照する
サイトB->データベースB、データベースZを参照する
サイトC->データベースC、データベースZを参照する

データベースA
 サイトA固有の情報
データベースB
 サイトB固有の情報
データベースC
 サイトC固有の情報

データベースZ
 サイトA~C共通の情報

って感じかなぁ
phpMyAdminはご存知のよにPHPで全てを管理しています、どんなテーブル構造やフィールド設計されても対応するように作られてますので大きくなれば大きくなるほど、負荷がかかります。
MySQLへ負荷がかかっているのではなく、PHP部分が重いだけです

大抵の場合はデータベースの負荷が原因というよりも効率の悪いスクリプトやプログラムやSQL文による負荷が大きいとおもいますよ

サイト間で交互になにか連携するデータや共有するテーブルやレコードが存在するのでしょうか?

1サイト内で完結する構造ならば1サイトに1データベース作るべきです

もし、サイト間で共有するデータやテーブル、レコードがあるならば、共有部分のみを1データベース作って、そこに突っ込む

そのサイト固有の情報はそのサイト用に1データベースを作っておく



サイトA->データベースA、データベースZを参照する
サイトB->データベースB、データベースZを参照する
サイトC->データベースC、データベー...続きを読む

Q純文学作品の読み方

どう説明して良いものかわからないのですが、私には、純文学作品の読み方がわかりません。
そういう技術がない、という事です。

例えば、安部公房の「方舟さくら丸」についてですが、こう評されている方がいました。

・構造としての特殊性をわざと設けていない ・副詞を削るレトリックを最低限に抑えている
・平易な文体を意識して心がけている 
・これらの意図を実施する事で、全体を通して現代の人間社会が陥ったアナロジィーの特殊性を
 現実以上にリアルに創造することに成功している
・それがこの作品の狙いの一つである

どういう訓練を積めば、このように文学作品を読み砕き、作品の構造を捉え、作品の作られた狙いがわかるようになるのでしょうか?

純文学作品を本格的に書いてみたいという願望がありまして、小説の構造、組み立て方をはじめ、これから勉強したいと考えています。

純文学にお詳しい方、何卒、ご協力ください。

Aベストアンサー

 構造主義を理解すれば、その手の読解法はある程度習得できるはずです。
 新書で『はじめての構造主義』、『記号論への招待』という本がありますので、とりあえずそれを読むといいでしょう。その後バフチン『小説の言葉』、できればレヴィ=ストロース『悲しき熱帯』、『野生の思考』、サイード『オリエンタリズム』も。

 また、主要な初期の近代小説(セルバンテス、スターン、ゴーゴリ、ドストエフスキー、フローベール、ボルヘス、メルヴィル、カフカなど)をざっと読んでおけば、技術的な理解がしやすいはずです。一見前衛的に見える技術の多くは、既にこの辺の作家がやっていますから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報