貯蔵脂肪に不飽和脂肪酸の割合が比較的多いと
細胞にとって何か利点があるそうですが…

ぜんっぜん分かりません。何が利点になるのでしょうか?誰か教えてください。

A 回答 (1件)

◎ 酸化され難い



 後は御自分で考えてね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトナカイの鼻は赤いか?

「真っ赤なお鼻のトナカイさんは~」という歌があります。

歌にありますように、鼻が赤いトナカイの種類があるのでしょうか?
それともこの歌の中のトナカイだけがたまたま鼻が赤いのでしょうか?

もしトナカイの鼻が赤くないとすれば、サンタクロースとトナカイを結びつける何かが必要であったので創作されたものとおもいます。
サンタクロースとトナカイを結びつけるものはなにでしょう?
民話でもあるのでしょうか?

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

英語の歌詞が本当の原盤かどうかは知りませんが。

「Rudolph the red-nosed reindeer」
というのが英語の曲名です。

トナカイの名前がRoudlphです。
歌詞から推測すると、特別な鼻をもったトナカイだと思います。

<前略>
Rudolph the red-nosed reindeer(赤鼻のルドルフ)
Had a very shiny nose(光ってる鼻を持ってる)
And if you ever saw it(それを見ると)
You would even say it glows(光ってるってみんないうくっらいだよ)
All of the other reindeer(他のトナカイ達は)
Used to laugh and call him names(光ってるのを見て笑ったり、悪口を言う)
They never let poor Rudolph(かわいそうなルドルフは)
Play in any reindeer games(それによって仲間はずれにされていたんだ、しかし・・・)
まだ歌詞は続きます。結末が気になりますよね。
でもハッピーエンドですよ。
気になれば曲名で検索してみましょう!

英語の歌詞が本当の原盤かどうかは知りませんが。

「Rudolph the red-nosed reindeer」
というのが英語の曲名です。

トナカイの名前がRoudlphです。
歌詞から推測すると、特別な鼻をもったトナカイだと思います。

<前略>
Rudolph the red-nosed reindeer(赤鼻のルドルフ)
Had a very shiny nose(光ってる鼻を持ってる)
And if you ever saw it(それを見ると)
You would even say it glows(光ってるってみんないうくっらいだよ)
All of the other reindeer(他のトナカイ達は)
Used to...続きを読む

Q飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の相違について教えてください。

タイトルのとおり、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の相違について教えてください。
私は社会人で、学生の時に習ったことなのですが、いまいち理解できずにいます。。。
基本的なことだと思うのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

炭化水素基(-C-C-)の部分が単結合のみでできているものが「飽和脂肪酸」、二重結合を含むものが「不飽和脂肪酸」です。
下記のページに代表的な構造式が載っていますのでご覧下さい。

http://www.live-science.com/honkan/theory/compo02.html

参考URL:http://www.live-science.com/honkan/theory/compo02.html

Qトナカイの鼻が光る理由

トナカイの鼻が光る理由が
気になって気になって仕方がないです。

♪暗い夜道は~というトナカイの歌で、
どうやらトナカイの鼻は光っているようですが、
なぜ鼻が光るのか理由が知りたいのです。

もしかしたら、
サンタが赤い鼻のトナカイを慰めるために、
光ってもないのに光ってると言ってしまったのでしょうか。
そうではないと思いのですが…。

どなたか、ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

以前本(童話)で読んだ内容です。

トナカイに鼻は元々光りません(当たり前?)。
で、突然変異(か何かで)で鼻が光るトナカイが生まれました。 ここでは話を間単にする為にそのトナカイをヒカル君と呼びます。ヒカル君は鼻が光るため皆から馬鹿にされ仲間はずれにされていました。ヒカル君はいつも一人ぼっちで寂しい思いをしていました。
ある日のこと、サンタさんがやって来てヒカル君を見つけました。鼻の頭が光る為、夜道でも前が明るくなってクリスマス・プレゼントを運ぶ時便利だと言う事で一躍大スターになりました。そしてクリスマス前は大忙しとの事。

なぜ、「トナカイの鼻が光り出したのか?」と聞かないで下さい。そうしたら「本当にサンタさんはいるの?」と言う論議になります。

聖書の解説書あたりに詳細が書かれているのではないでしょうか?

Q飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸についてですが自動酸化され過酸化脂質になるそうですが不飽和脂肪酸は実際のところ我々の体にとっていいものでしょうか?それとも悪いものでしょうか?また飽和脂肪酸は酸化はされないのですか?両者がごちゃごちゃになってよくわかりません。誰か教えてください。

Aベストアンサー

No.2の一番下のリンクの記事に書いてありましたが、
「あちらを立てれば、こちらが立たず」という状況は、
長い人生の各場面で、しばしば出くわすことではないかと思います。
そのような場合、「道は中庸にあり」が一つの答えとなります。
「(決して両極端ではない)自分にとっての妥当なバランスを見つけ、
それを良しとする」という考え方です。
「(白や黒でなく、一見汚い)グレーゾーンに答えがある」などともいいます。

少し理詰めで考えてみましょう。
必要量を超える過剰な栄養を摂ることは明らかに有害です。
また、必須脂肪酸は不可欠なので、不飽和脂肪酸摂取をゼロにはできません。

http://www.sod-jp.com/page1/sikkanbetu/19/19-02.htm
↑ところで、こちらには「食事により体内に入る過酸化脂質」と
「体内で合成される過酸化脂質」のことが書かれています。
「(身体に)入る前の酸化」と「入った後の酸化」に分けられるのですね。

「バターの黄変したところ」などは体内に入れないほうがいいそうです。
ほかにも、劣化した脂質を食べないよう、よくよく気をつけるべきだと思います。
放置した食品、長期保存食品や開封した加工食品などです。
空気中の酸素に触れ、光が当たったような脂質は、劣化を疑うべきでしょう。
新鮮そのものの食品や、適切に保存処理された食品のみをなるべく摂るべきです。

体内での酸化を抑えることも考える必要がありそうです。
「不飽和脂肪酸が活性酸素と結びつき、過酸化脂質となります」とありますので、
活性酸素を捕捉する抗酸化物質を十分に摂るようにすると良いかもしれません。
抗酸化物質は老化を抑えるともいわれていますよね。

ただし、人体のメカニズムは複雑多岐なものです。
一部分にばかりこだわるのではなく、全体を多面的に見ようとするべきです。
取り入れた有害物の排出能力、有害物への抵抗力なども、関係するかもしれません。
結局、身体の状態を全体的に良くしておくにこしたことはないといえましょう。
食事だけではなく、睡眠や運動・精神状態など、全体を考えるということです。
俗に言う、「(自分の)健康法・健康習慣の確立」みたいなことですね。

http://sugar.lin.go.jp/japan/view/jv_9910a.htm#3-2
「栄養所要量」や「脂質所要量」という摂取量の基準が発表されています。
「飽和:一価不飽和:多価不飽和=おおむね3:4:3」などとあります。
身体の状態には個人差があるので、それらはあくまでも「目安」だと思います。

個人でも経時的に見れば、生活習慣や加齢によって身体の状態が変わりますので、
自分で頻繁に健康状態をチェックしたり、検診を受けるなどして、
現在の食生活で栄養のバランスが崩れていないか、もっと良くできないか、
などを常に考え続けるべきでしょう。自分を守るのは、結局自分自身です。

「自分に可能な最善を尽くしておく」という曖昧な戦略になってしまうのですが、
将来的に予防医学や栄養学が進歩すれば、個人の身体の状態を検査して、
その状態に最適な栄養所要量やレシピが提示されるような
システムが普及するかもしれません。
無駄の一切ない、人工的な“理想食”なども開発されるのかもしれません。
私の勝手な想像です。でも、しばらくは現在のままかもしれませんけどね。

ぜひ“自分流老化研究”によって、長寿を目指してみてください。
私の場合、「老」が徐々に忍び寄りつつある年齢なので、もっと切実です。

No.2の一番下のリンクの記事に書いてありましたが、
「あちらを立てれば、こちらが立たず」という状況は、
長い人生の各場面で、しばしば出くわすことではないかと思います。
そのような場合、「道は中庸にあり」が一つの答えとなります。
「(決して両極端ではない)自分にとっての妥当なバランスを見つけ、
それを良しとする」という考え方です。
「(白や黒でなく、一見汚い)グレーゾーンに答えがある」などともいいます。

少し理詰めで考えてみましょう。
必要量を超える過剰な栄養を摂ることは明...続きを読む

Qトナカイの名前のお酒?

サンタクロース率いるトナカイの名前がついたお酒があると聞きました。
お世話になっている先生にクリスマスにプレゼントで贈りたいのですが、どうしてもトナカイの名前のお酒というものがどれなのかがわかりません。
私が調べた限りでは、ワインに、名前の一部にトナカイの名前がついたものがあったのですが、それがサンタクロース率いるトナカイの名前のお酒と言われているものなのかどうかがわかりません。
何かご存知の方いらっしゃいましたら、どうか、情報提供お願いいたします!!

Aベストアンサー

こんばんは、飲食店経営者です。

トナカイの名前がついたお酒というのは聞いたことないですね。
すみません。

でも、質問タイトルを見てぱっと思いついたのは
ウオツカの「フィンランディア」というお酒。
トナカイの名前ではありませんが、ラベルにトナカイの絵が書かれています。

参考までに。

Q脂肪酸の貯蔵

動植物内において、脂肪酸がグリセリンとエステル結合した状態で貯蔵されるのはなぜでしょうか?どんな利点があるのでしょうか?

Aベストアンサー

遊離脂肪酸は毒性があるということを聞いた記憶があります。その理由は分かりません。グリセリンとエステル結合すると毒性が消失するのではないでしょうか。またエステル結合することによって更に疎水性が増せば細胞内で占めるスペースが小さくなるということはないでしょうか。

Qトナカイ?のししゅう・・・。

トナカイ?のししゅう・・・。
何のブランドでしょうか?
トナカイなのかも曖昧ですが、鹿のような形です。
アメリカのブランドかもしれません。
知っている方がいましたら、是非教えてください!

Aベストアンサー

たぶん「abercrombie & fitch」(アバクロンビー&フィッチ)だと思います。
刺繍はトナカイですね。
アメリカのカジュアルウエアのメーカーで、日本では銀座にお店があります。
人気のブランドで、コピー商品も多く出回っています。

参考URL:http://jp.abercrombie.com/webapp/wcs/stores/servlet/home_14108_10901_-10

Q不飽和脂肪酸について…

不飽和脂肪酸の役割を教えてくださいm(__)m あと、生体膜(脂質二重膜)って不飽和脂肪酸でできてるんですか? お願いします(>_<)ノ

Aベストアンサー

われわれの体内では決して合成することのできないもので、
オメガ6・ リノール酸
オメガ3・α-リノレン酸
の2つの不飽和脂肪酸(EFAs)がありまして、
これらが生体として維持されるのに欠かすことができません。
長い結合となった脂肪酸は各種のプロスタグランジンに合 成し直されたり、
生体内のほかのホルモン様物質に変化して細胞の働きを維持したりしています。
プロスタグランジンはお互い同士が攻撃しあいながら
炎症や熱、痛みなどをコントロールするという性質を持っており、。
また、血圧や血小板が凝固するのを抑制する働きもあります。


一方、生体膜(脂質二重膜)には不飽和脂肪酸は含まれていません。
以前、生体膜という質問で、このおしえて!Goo!でも紹介されたサイトをご紹介します。
よろしければご参照ください。

参考URL:http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/a-cg/a-100/a-120/IPA-acg200.htm

Q「真っ赤なお鼻のトナカイさん」

「真っ赤なお鼻のトナカイさん」
今年もクリスマスが近づいてきました。毎年クリスマスになると気になっていることがあります。それが真っ赤なお鼻のトナカイさんです。鼻が赤いことで泣いているトナカイにサンタさんは「暗い夜道はピカピカのお前の鼻が役に立つのさ」と言っています。しかし赤い折り紙を暗闇に置いたとしても、当然の事ながらそれが暗闇を照らすことはできません。このトナカイは、どのようにして暗闇を照らすほどの赤鼻を手に入れたのでしょうか?また、そんな赤い鼻を人間が持つことは可能でしょうか?ご回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トナカイに付いてはわかりかねますが、肝機能障害の症状のひとつとして鼻が赤くなる事があります。お笑いコント等で鼻を赤くした酔っ払いを演じますよね?あれはあながち間違いではないのですよ(^^)光る事はありませんが。

Qある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞

ある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞が40個分裂期の細胞が10個あったとします。
核一個あたりのDNA量が一倍の細胞(G1期の細胞)は100個、DNA量が二倍の細胞は(G2期と分裂期の細胞)は40+10=50個、S期の細胞はDNA量が1.25倍のもの、1.5のもの、1.75倍のものなどさまざまですね。それをグラフにすると次のようになります。
グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。
ちんぷんかんぷんです。
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

>G1期の細胞が100個
S期の細胞が 50個
G2期の細胞が 40個
分裂期の細胞が 10個

>グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。

「低い」とはグラフの縦軸のことをおっしゃっているのでしょうか?
それならば、縦軸は「細胞数」と書いてあります。

G1期の細胞が 100個
S期の細胞が 50個

ですから。。。。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報