ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

学校は、どうして学校と呼ぶのでしょうか?「孟子」から由来とは、広辞苑にも、書いていますが、「孟子」のどんな文章から「学校」と呼ぶようになったのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。


するどい質問ですね。

>「孟子」のどんな文章から「学校」と呼ぶようになったのでしょう?

ずばり「孟子」という本です。孟子が書きました。

『孟子』
滕文公章句上
「次には教育の政策が肝要です。庠・序・学校などをつくって人民を教育しなければなりません。夏の時代には校といい、商の時代には序といい、周の時代には庠(しょう)といい、名こそ違っておりますが、そこで学ぶ内容はみな同じです。
このように上に立つ者が人間の道を明らかにして教え導けば、人民は感化されて大いに国は治まるものです」

ここでいう「庠・序」は中国古代の郷学の意で、転じて学校という意味でした。

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~china/book8-2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そのまま学校と言ってたんですね。

お礼日時:2003/09/18 19:02

こんにちは。


「学校」は中国古代、「庠序」と呼ばれていたそうです。
孟子の「梁恵王章句」(だったかな、ちょっと自信ありません)に「庠序(しょうじょ)の教えを謹む」、という漢詩があります(漢文は忘れてしまいました)。
庠序は古代、「郷学」という意味で、これが転じて学校、になったそうです。
日本の江戸時代にも「郷校」という藩が設けた庶民向けの教育機関がありました。閑谷学校や典学館が有名でしょうか。
つまり孟子の「庠序(しょうじょ)の教えを謹む」とは「学校の教えを謹む」という意味になると思います。

この位しかわからないのですが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2003/09/18 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qある関心から『周禮』と『周禮注疏』を読みたいと思っています。 もし注釈本やそれに準じるものがあったら

ある関心から『周禮』と『周禮注疏』を読みたいと思っています。
もし注釈本やそれに準じるものがあったら教えて下さい。
無ければ自分で読まないといけないのですが、私は漢文を白文から読んだことがありません。
古典籍を読むために役に立つ知識や書物、読むために必須の辞書類などがあったら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

周礼については詳しく無いのですが、例えば東京都立図書館で蔵書検索をかけると 
11
[ 和図書 ] 周礼通釈 下
本田二郎/著 -- 秀英出版 -- 1979.11
12
[ 和図書 ] 周礼通釈 上
本田二郎/著 -- 秀英出版 -- 1977
中央
15
[ 和図書 ] 周礼経注疏音義校勘記 下
加藤虎之亮/著 -- 無窮会 -- 1958
中央 
16
[ 和図書 ] 周礼経注疏音義校勘記 上
加藤虎之亮/著 -- 無窮会 -- 1957
等が出て来ます。
お近くの図書館で検索をかけてみてはどうですか?

Q孔子、旬子、孟子、老子の思想、諸葛孔明について教えて

古代中国思想史について勉強中です。これらに詳しい方、上に挙げた偉人の
『それぞれの思想の大きな特徴、違い』
について教えていただけますか?資料が見つかりにくく、自身も病気で思考能力が鈍って困っています。

また、『中国初期の中心的思想家たちについて、違いなどが詳しく書かれた、わかりやすそうな参考図書』や、『サイト』などを知っていたらそれも教えて下さい。

それと、これはちょっとした疑問なんですが三国志にでてくる諸葛孔明は兵法などでこれら古代思想を取り入れているらしいのですが、誰のなんという思想を取り入れているのでしたっけ???あんまり関係ないけど少し気になったもので。

それでは、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。
大学で中国文学を専攻しました。
自分の研究テーマはまさしく春秋時代でした。

そうですね、

孔子、孟子、荀子いずれも儒家に属しますが、
その考えは違うのですね。

孟子は「性善説」荀子になると「性悪説」を唱えます。
荀子の弟子には韓非や李斯がいますが、彼らの思想は「法家」に属します。秦の始皇帝が彼らの思想に心酔し、重用したのはご存知でしょう。

儒家に対するのが老子や荘子の「道家」思想です。
老子の思想は一言でいえば「無為自然」をよしとし、理想の国のあり方は「小国寡民」です。

書物については簡単に読めるものとしては「マンガ中国の思想シリーズ」はいかがでしょう?
「孔子の思想」「孟子、大学、中庸の思想」「孫子、韓非子の思想」「老荘の思想」
すべてあります。

ちなみに諸葛亮の兵法は1さんがあげていらっしゃいますね。特に影響を与えているのは「孫子」です。
孫子は孔明だけでなく、曹操も愛読し、自ら注釈を作ったといわれています。
日本では「風林火山」の武田信玄も愛読者でした。
この「風林火山」も孫子の引用です。

私が勉強したのはもう過去の話なので、自信なしとさせていただきます。

参考URL:http://i16.jp/j/jp/books-jp/ALPHAXE8F1BBD6C3E9.html

こんにちは。
大学で中国文学を専攻しました。
自分の研究テーマはまさしく春秋時代でした。

そうですね、

孔子、孟子、荀子いずれも儒家に属しますが、
その考えは違うのですね。

孟子は「性善説」荀子になると「性悪説」を唱えます。
荀子の弟子には韓非や李斯がいますが、彼らの思想は「法家」に属します。秦の始皇帝が彼らの思想に心酔し、重用したのはご存知でしょう。

儒家に対するのが老子や荘子の「道家」思想です。
老子の思想は一言でいえば「無為自然」をよしとし、理想の国のあり方...続きを読む

Q孟子の性善説、荀子の性悪説

タイトルに関連したことでご回答いただきたいことがございます。

これらふたつの説、加えて中庸説などは、なぜ議論されるものとなったのでしょうか。

教育の必要性を説くことが目的かそれとも宗教の勧誘でもしたいのか…
考えてみましたがモヤっとするばかりです。

お手数と存じますが御教授いただけると幸いです。
お願いいたします。

Aベストアンサー

端的に言って どうしたら大勢の人が善人になれるかという設問は人間にとって切実な問題です。
だから善と悪の因果を知ることは、誠実な心の人にとっては無意識からの心の要求ともなっているのだと思っています。

やはりfireball1さんも、その意味での誠実な心からこの二つの「説」をめぐる議論にモヤモヤを感じているのだとお返事から察せられました。

 こんなふうに考えられないでしょうか。

性善説は、子供の頃の純粋無垢な新鮮な特に昔の我々が森や太陽の光とともに暮らしていた頃の思い出からの自然な感覚から善を連想して、もともと仁儀礼智は備わっていると本気で感じ、それを、そういう民衆が信頼できる統治者のあるべき姿と結びつけたもの。 それに類すると言われている西洋のペスタロッチなどの教育理論も、そこから子供たちの長所を見つめることがいかに大事かを発見していったもの。 歴史的には、大いに人生に役に立ってもきた「説」だったのですが、仁にしても特に自然から離れた生活の文明人にとっては自然なままでそこに最初からあるというのは
甘い幻想となってしまう。
本性というのならば、性悪説の言う本来だれにも欲望がありそのままでは
争いが主となり礼も何もなくなってしまうとうほうが、本来そなわった性質の部分(部分ですが)をよく言い表しているのではないか。  でもなんです。 この欲というのは、切実な貧苦や病苦等にあえいでいる時はとくに争いの方にのみ発展しますが、欲があるからこそ切々と心が通じ合えたり、それが元気のみなもとになったり、だからこそ精力善用を説いて争いそのものの中に武道の道を追求したりするように、 経験上からはその「(部分)」をもって性悪説とするのは半賭けだ。

人間にあたえられた最大のもともとの能力は「自己や自分たちの状況を見つめ反省する能力」だし、それこそ大人がともすれば忘れがちな新鮮な五感の世界、星や川の流れやその光の世界、またそうした新鮮な「感受する側の心」の世界をさらに発展せせてくれる本物の芸術の世界による、心ゆとりが、初めて貧困さへ超えて人間の中に「まごころ(善のふりを自分の名誉保全などのためにいくらでも仮面をかぶってしまえばすることのできる能力を人間はもっている。その能力を純粋に善のための想像力として生かすのも、嘘の無いまごころが前提とならなければ真心自体が存在基盤をなくしてしまう。それも嘘かもしれないですからね。)」の可能性を生んでくれる。

 これは こんなふうに多くの経験を通した多くの知恵を学んで、その中から中途半端な論議は卒業されるべき ほんとに切実なこれからの社会の課題だともいえるのではないでしょうか。
わたしは 知識はけっこう貧しい肉体労働者ですが、むかし知恵はそんな人たちの中に大きなものがあるときがあると学校の先生から聞いたことがあり、n 自分も歳食ってすこしそうなれたのかなとか思ってます。
でも知恵は知識があってよりいっそう役立つとも聞いてます。
こんなふうに おおきな観点 おおきな度量から研究をされにつづけられてあなたのような誠実は研究者が これからの社会のリーダーとなられんことをお祈りしています。

              がんばってください。期待しています。

端的に言って どうしたら大勢の人が善人になれるかという設問は人間にとって切実な問題です。
だから善と悪の因果を知ることは、誠実な心の人にとっては無意識からの心の要求ともなっているのだと思っています。

やはりfireball1さんも、その意味での誠実な心からこの二つの「説」をめぐる議論にモヤモヤを感じているのだとお返事から察せられました。

 こんなふうに考えられないでしょうか。

性善説は、子供の頃の純粋無垢な新鮮な特に昔の我々が森や太陽の光とともに暮らしていた頃の思い出からの自...続きを読む

Q本のこの部分、何て呼ぶの?

小説などで、「~へ」といった献辞のページが本文の前についていることがありますが、
同じような扱いで、他の人の著作の一部を引用したページが巻頭にあることがありますよね。
あれは何と呼ぶものなのか、ご存知の方がいたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

エピグラフって言いますよね♪
日本語では「題辞」なんて言ったりします。

本来は「碑句」のことを指した言葉だったんですよ。

Q【孔子や孟子の子孫ってまだ生きてますか?】 それとももう家系は途絶えてしまってますか?

【孔子や孟子の子孫ってまだ生きてますか?】

それとももう家系は途絶えてしまってますか?

Aベストアンサー

孔子や孟子の、子孫を名乗る人は、沢山居ます。
先日、韓国スナックに遊びに、行った際、マネージャーが、私は孔子の30うん代目の子孫だ、と、言って居ました。
其の人の名前は、孔(コン)と
言う名前でした。
本当に子孫かは、真偽の程は、分かりません。
孟と言う名前の人もいます。
昔、大陸との、交流が有り、
その結果、孔孟の子孫が、韓半島に、住み着いたものと、思われます。
本場の中国でも、孟、孔、姓は、数多く有ると、思いますが、参考書等で、
確かめて見ると良いでしょう。

Q「佑啓我後人=我ガ後人ヲ佑啓ス 孟子」 の意味

佑啓我後人=我ガ後人ヲ佑啓ス の意味を教えて下さい。

子供の名前を考えていて、この言葉を見つけました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>「佑啓我後人 孟子」の意味を・・・

・「われこうじんヲゆうけいス」。
・中国語(標準語)でyou qi wo hou ren.と発音します。

意味は;
「私の子孫に神仏のご加護を与え未知をひらき、教え導く」or
「私の後世の人々に神仏のご加護を与え未知をひらき、教え導く」-孟子になります。

・佑you4:神仏の加護を与える。補助。保護。
孟子が現存の'古代'時代に於いては「佑」の字は俗字で、「裕」の字と同意で、こちらのほうがより神の加護の意が強まる(古代中国語)。日本語では両方使用中だと思いますが。
天佑:天の助け。保佑:神仏のご加護。

・啓qi3:ひらく。あける。未知をひらき、教え導くこと。始める。出発すること。打開する。述べる。書簡の意。
孟子現存の頃は「啓」の字の「攵」が無い字と有る字の二種ありました。意味は無いほうがひらくの意、有るほうが教えるの意。後世になって有るほうが廃止されて一字に統一されて、「未知をひらき、教え導くこと」の意になりました(現代中国語)。日本語では「啓」一字だけです。
啓蒙:初学者を教え導く。啓明:明けの明星、金星。啓示:教える。啓用:始める。

・我wo3:私。わたし。

・後人hou4 ren2:後世の人。子孫。

もし「佑啓」さんというお名前ならとっても素敵でしょうね。読み方はお好きなように読んで登録可能だったと思います(戸籍法上)。

文字の歴史を蛇足で失礼しました。

>「佑啓我後人 孟子」の意味を・・・

・「われこうじんヲゆうけいス」。
・中国語(標準語)でyou qi wo hou ren.と発音します。

意味は;
「私の子孫に神仏のご加護を与え未知をひらき、教え導く」or
「私の後世の人々に神仏のご加護を与え未知をひらき、教え導く」-孟子になります。

・佑you4:神仏の加護を与える。補助。保護。
孟子が現存の'古代'時代に於いては「佑」の字は俗字で、「裕」の字と同意で、こちらのほうがより神の加護の意が強まる(古代中国語)。日本語では両方使用中だと思い...続きを読む

Q性善説の意味?

最近の「性善説」という言葉の使われ方が「なんだか変だな」と思っているのは私だけでしょうか?

善なる要素を持って生まれてきても、努力しなければ善を引き出せないし、悪に染まる。だからこそ努力が必要で、努力無しでは悪になる。
と言うのが、孟子の性善説の趣旨だったと思うのですが。
性善説も性悪説も話のきっかけが違うだけで、聖人を目指すと言う目的や努力が必要と言う点で、「双子の男女」のような思想だったと理解していたのですが…。
それとも孟子のほかに語源があるのでしょうか?

皆様のど意見お聞かせください。

※専門カテの方が良いのか迷ったのですが…。

Aベストアンサー

中学生の頃「性善説」というのは、『セックスもマスターべーションも身体に善いのだからどんどん励め』という主旨の孟子の教えだ」と、悪い先輩に教えられ妙に嬉しかった記憶があります。「でもなぁ山田、荀子というのがいて、やっぱり身体によくないから慎めという『性悪説』というのもあるのだぞ」と言われがっかりしました。
余談でした。_| ̄|○

最近のTV雑誌で、「規制緩和をすすめるのは性善説で考えるのでなく、性悪説で考えていくほうがいい。」という使われかたをしますね。

つまり、人間はもともと放っておいて善なる方向に向かうものと思うのは危険で、根本は、水は低きに流れる。類は友を呼ぶ。悪貨は良貨を駆逐する。朱に染まれば赤くなる。郷に入りては郷に従えで、悪い奴がいたらそいつになびいていってしまうものだ。放置すれば性悪者が現れてかならず汚染されるからしっかり監視すべきだ。
それに対して、市場原理というものを尊重しできるだけ介入しないでおくほうが、神の見えざる手、ナッシュ均衡、予定調和、まぁラプラスの悪魔とかが出てきてサイコロを振ったりするのか、スプレッドシート上でモンテカルロシュミレーションをするのか、もはや忘れたが、とにかく一定の秩序に落ち着く。そうそう悪いようにならんだろう。というコイズミ的楽観論なわけですね。
性悪説は基本的に性悪女が御人好しのアダムを唆すことを予言する悲観論。ところで性悪女がいるなら性善男という言葉もあっていい。
小便男みたいで語感がわるいか。

こういう文脈で使われていたりするのではないでしょうか。

>善なる要素を持って生まれてきても、努力しなければ善を引き出せないし、悪に染まる。だからこそ努力が必要で、努力無しでは悪になる。
>と言うのが、孟子の性善説の趣旨だったと思うのですが。

というか、基本的にどうやれば世の中の秩序を保てるかという話ですよね。

孟子は、悪がどうこうでなく仁義礼智という法秩序の根本につながる心を人は備えているから、特に規制や強制されなくても自覚を持てば混乱なく治まる。リーダーが仁義礼智を持って行動すればモラルが生まれ治安ができる。
そう言っています。
一方荀子は、人の根源は功名心や欲や嫉妬や甘言を喜ぶ怠け心だから、心の赴くままに行動したら、争奪や紛争や奔放な無礼者が出てきて秩序が乱れる。まずルールやマナーで人を感化してはじめて治まるものだ。


>性善説も性悪説も話のきっかけが違うだけで、聖人を目指すと言う目的や努力が必要と言う点で、「双子の男女」のような思想・・

というか、放任主義か規制による感化かという統治の方法論、人生訓というより為政の者の視点の取り方を言っているのだと思います。


自信がないので、今改めて教科書を紐解けば

孟子の言い分は 社会の秩序の基本は仁義礼智を行うことにあるが、その糸口を人は生まれつき持って
いる。矯正されなくても、根本にある良心の4つの現れが仁義礼智をめざめさせる。、

人にはうまれつき、悪いことを見ていたたまれないと思う感情がある、これは仁につながる。
人にはうまれつき羞恥の感情がある、これは義につながる。
人にはうまれつき謙遜の感情がある、これ礼につながる。
人にはうまれつき是非の感情がある、これは智につながる。
生まれながらにそういう素養を持っている。仁義礼智は社会秩序と政治の基本だからだれでもこの4つの感情を拡大し
充実すれば仁義礼知を充実でき世の中まるく治められる。

けっこうニューエイジのポジティブシンキングに近いですね。

荀子は人間の本性は悪。善というのは後天的な矯正によるという、星一徹型のスパルタオヤジ
人間は放っておけば
(1)利益を追求したがるも。結果、他人と争い奪いあい、譲りあうことがなくなる。
(2)他人を嫉んだり憎んだしたがる。その結果傷害沙汰になって信頼しあうことがなくなる。
(3)都合のいいものだけを見て、心地よい話しばかりを聞きたがる。結果放縦になり、礼儀や道理をないがしろにする
つまり、基本的にたるんだ方向にいきがちだから常に気合を入れろと言っている。アニマル浜口というべきか。

人の生まれつきの性質心情のおもむくままに行動すると、ついには世の中が混乱に陥るようになる。
まず規範の感化や礼儀に導かれて、世の中が平和に治まるのである。
ここが骨子。

つまり「、荀子の『性悪説』は文意そのまま、水は低きに流れる。自由勝手にやらせたらいずれは問題がおきる。
最初から規範を示してやらなあかん。

ということで上記の文脈の使い方で違和感ないと思います。

中学生の頃「性善説」というのは、『セックスもマスターべーションも身体に善いのだからどんどん励め』という主旨の孟子の教えだ」と、悪い先輩に教えられ妙に嬉しかった記憶があります。「でもなぁ山田、荀子というのがいて、やっぱり身体によくないから慎めという『性悪説』というのもあるのだぞ」と言われがっかりしました。
余談でした。_| ̄|○

最近のTV雑誌で、「規制緩和をすすめるのは性善説で考えるのでなく、性悪説で考えていくほうがいい。」という使われかたをしますね。

つまり、人間はもと...続きを読む

Qライオンの事を百獣の王と呼ぶ理由

ライオンを百獣の王と言う理由というか由来をお教え下さい。

Aベストアンサー

 
  ライオンは、その身体の大きさや強さや、咆吼から、英語で、King of Beasts という愛称で呼ばれます。これは、「獣の王」で、「百」は入っていませんが、日本語にする時、「多くの獣の王」で、「百獣の王」としたのでしょう。
 
  また、ライオンは、参照ページの英文の説明にあるように、アフリカ語で(何というアフリカ語か分からないのですが)、Kiros と呼ばれており、これは、元の言葉で、「王」を意味し、人々は、キロスを、「ジャングルの王」だと考えているという説明があります。(本当は、「ジャングルの王」はオランウータンで、ライオンは「草原の王」だとも書かれています。確かにそうかも知れません)。
 
  とまれ、アフリカでも、「ジャングルの王」で、その名が「王」ですから、「百獣の王」も、この当たりに発想の起源が関係しているのでしょう。無論、アフリカで「王」と呼んだのは、まさにその大きさや強さや、堂々とした姿、咆吼などが、「王」に相応しいからでしょう。
 

参考URL:http://www.asiamex.com/tayabas/9.html

 
  ライオンは、その身体の大きさや強さや、咆吼から、英語で、King of Beasts という愛称で呼ばれます。これは、「獣の王」で、「百」は入っていませんが、日本語にする時、「多くの獣の王」で、「百獣の王」としたのでしょう。
 
  また、ライオンは、参照ページの英文の説明にあるように、アフリカ語で(何というアフリカ語か分からないのですが)、Kiros と呼ばれており、これは、元の言葉で、「王」を意味し、人々は、キロスを、「ジャングルの王」だと考えているという説明があります。(本当は、...続きを読む

Q孟子、孔子とかの名言で

孟子、孔子とかの名言で目先の成功、不成功で一喜一憂するなと言う様な意味合いの言葉と正確な意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

孟子、孔子ではないですが、中国の古い書物に書かれている言葉です。
また成功、不成功ではなく、目先の出来事に一喜一憂するなという事です。
http://mizote.info/image/02profile/30kaisetu_jinkan.html
よく人間(にんげん)と読む人がいますが、「じんかん」です。
     
また中国の史記ですが、このような言葉も
http://kotowaza-allguide.com/ka/kafukuazanaerunawa.html

Q小学校、中学校、高校などの書道の講師になるには?

小学校、中学校、高校などの書道の講師になるにはどうしたらよいのでしょうか?大学は卒業しておりますが、書道の専門学科の大学を卒業したわけではなく、現在書道教室を運営しております。もし今からでも私立などの学校の書道の講師になれる試験などがあれば。。。と思っています。ご存知の方、教えてください。教職免許はとっていません。講師なので教職免許はいらないとも聞いたことがあるのですが、実際のところはわかりません。。。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。
私の知人は、書道は師範ですが、学校教育にまつわる資格の類は何も持っていません。
その高校で働く方と、知人の書道の先生が親しかったようです。
知人の場合、本当に書道の授業がある日の授業の時間だけ勤務していましたので、私が先に回答した際に使った「非常勤講師」という表現は適切ではないかも。もう少しお手伝い的な立場かもしれません。

その知人が高校に教えに行き始めたのはずいぶん前のことで、今とは事情もちがうかもしれません。


人気Q&Aランキング