学校は、どうして学校と呼ぶのでしょうか?「孟子」から由来とは、広辞苑にも、書いていますが、「孟子」のどんな文章から「学校」と呼ぶようになったのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。


するどい質問ですね。

>「孟子」のどんな文章から「学校」と呼ぶようになったのでしょう?

ずばり「孟子」という本です。孟子が書きました。

『孟子』
滕文公章句上
「次には教育の政策が肝要です。庠・序・学校などをつくって人民を教育しなければなりません。夏の時代には校といい、商の時代には序といい、周の時代には庠(しょう)といい、名こそ違っておりますが、そこで学ぶ内容はみな同じです。
このように上に立つ者が人間の道を明らかにして教え導けば、人民は感化されて大いに国は治まるものです」

ここでいう「庠・序」は中国古代の郷学の意で、転じて学校という意味でした。

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~china/book8-2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そのまま学校と言ってたんですね。

お礼日時:2003/09/18 19:02

こんにちは。


「学校」は中国古代、「庠序」と呼ばれていたそうです。
孟子の「梁恵王章句」(だったかな、ちょっと自信ありません)に「庠序(しょうじょ)の教えを謹む」、という漢詩があります(漢文は忘れてしまいました)。
庠序は古代、「郷学」という意味で、これが転じて学校、になったそうです。
日本の江戸時代にも「郷校」という藩が設けた庶民向けの教育機関がありました。閑谷学校や典学館が有名でしょうか。
つまり孟子の「庠序(しょうじょ)の教えを謹む」とは「学校の教えを謹む」という意味になると思います。

この位しかわからないのですが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2003/09/18 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【孔子や孟子の子孫ってまだ生きてますか?】 それとももう家系は途絶えてしまってますか?

【孔子や孟子の子孫ってまだ生きてますか?】

それとももう家系は途絶えてしまってますか?

Aベストアンサー

孔子や孟子の、子孫を名乗る人は、沢山居ます。
先日、韓国スナックに遊びに、行った際、マネージャーが、私は孔子の30うん代目の子孫だ、と、言って居ました。
其の人の名前は、孔(コン)と
言う名前でした。
本当に子孫かは、真偽の程は、分かりません。
孟と言う名前の人もいます。
昔、大陸との、交流が有り、
その結果、孔孟の子孫が、韓半島に、住み着いたものと、思われます。
本場の中国でも、孟、孔、姓は、数多く有ると、思いますが、参考書等で、
確かめて見ると良いでしょう。

Q「佑啓我後人=我ガ後人ヲ佑啓ス 孟子」 の意味

佑啓我後人=我ガ後人ヲ佑啓ス の意味を教えて下さい。

子供の名前を考えていて、この言葉を見つけました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>「佑啓我後人 孟子」の意味を・・・

・「われこうじんヲゆうけいス」。
・中国語(標準語)でyou qi wo hou ren.と発音します。

意味は;
「私の子孫に神仏のご加護を与え未知をひらき、教え導く」or
「私の後世の人々に神仏のご加護を与え未知をひらき、教え導く」-孟子になります。

・佑you4:神仏の加護を与える。補助。保護。
孟子が現存の'古代'時代に於いては「佑」の字は俗字で、「裕」の字と同意で、こちらのほうがより神の加護の意が強まる(古代中国語)。日本語では両方使用中だと思いますが。
天佑:天の助け。保佑:神仏のご加護。

・啓qi3:ひらく。あける。未知をひらき、教え導くこと。始める。出発すること。打開する。述べる。書簡の意。
孟子現存の頃は「啓」の字の「攵」が無い字と有る字の二種ありました。意味は無いほうがひらくの意、有るほうが教えるの意。後世になって有るほうが廃止されて一字に統一されて、「未知をひらき、教え導くこと」の意になりました(現代中国語)。日本語では「啓」一字だけです。
啓蒙:初学者を教え導く。啓明:明けの明星、金星。啓示:教える。啓用:始める。

・我wo3:私。わたし。

・後人hou4 ren2:後世の人。子孫。

もし「佑啓」さんというお名前ならとっても素敵でしょうね。読み方はお好きなように読んで登録可能だったと思います(戸籍法上)。

文字の歴史を蛇足で失礼しました。

>「佑啓我後人 孟子」の意味を・・・

・「われこうじんヲゆうけいス」。
・中国語(標準語)でyou qi wo hou ren.と発音します。

意味は;
「私の子孫に神仏のご加護を与え未知をひらき、教え導く」or
「私の後世の人々に神仏のご加護を与え未知をひらき、教え導く」-孟子になります。

・佑you4:神仏の加護を与える。補助。保護。
孟子が現存の'古代'時代に於いては「佑」の字は俗字で、「裕」の字と同意で、こちらのほうがより神の加護の意が強まる(古代中国語)。日本語では両方使用中だと思い...続きを読む

Q孟子、孔子とかの名言で

孟子、孔子とかの名言で目先の成功、不成功で一喜一憂するなと言う様な意味合いの言葉と正確な意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

孟子、孔子ではないですが、中国の古い書物に書かれている言葉です。
また成功、不成功ではなく、目先の出来事に一喜一憂するなという事です。
http://mizote.info/image/02profile/30kaisetu_jinkan.html
よく人間(にんげん)と読む人がいますが、「じんかん」です。
     
また中国の史記ですが、このような言葉も
http://kotowaza-allguide.com/ka/kafukuazanaerunawa.html

Q漱石の「三四郎」「門」「それから」はどんなストーリーですか?

夏目漱石の本は「坊ちゃん」「草枕」「虞美人草」を詠みました。
しかし、内容や単語が難しすぎたのか、ストーリーにのめりこむほどの魅力は感じませんでした。

「三四郎」「門」「それから」の三部作は名作らしいですが、いったいどんなストーリーなのでしょうか?
簡単に説明してください。
できればその魅力も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「三四郎」「それから」「門」は初期三部作と言われるものですね。
いずれも恋愛による苦悩がテーマだと思います。

本当に簡単に説明しますね。

「三四郎」は、インテリの男子学生の当時のフェミニスト的な女性への片想いのお話です。

「それから」は、主人公の男と、その友人、その妻の三角関係のお話です。

「門」は、不倫の末に、結婚した夫婦のその後のお話です。

すでにお読みになった作品の、単語などが難しいと感じたのであれば、他の作品も同様に感じると思いますが、
でも、文章の前後でなんとなく意味がつかめたりするものではないですか?
私は、漱石は、小学校高学年から中学生にかけて読んだので、意味のわからない単語、読めない漢字だらけでしたが、
それでも、彼の文章のトリコになって夢中で、わからないながらにも自分の感覚で楽しんでいました。

お読みになった「坊ちゃん」は、漱石の作品の中でも、一番読みやすく、おもしろくなかったですか?
私は、漱石の作品はこれを一番先に読んだのですが、声を出してゲラゲラ笑って読みました。
そして、「夏目漱石っておもしろい!」これが最初の感想でした。
そう思った私が次に読んだのが、
「こころ」でした。
これを読んでびっくりしました。
「坊ちゃん」とはまるで違う作品。
私は、ガツーンと殴られたような衝撃を感じました。

初期三部作もよいですが、
後期三部作のひとつである「こころ」もぜひお読みなってください。

「三四郎」「それから」「門」は初期三部作と言われるものですね。
いずれも恋愛による苦悩がテーマだと思います。

本当に簡単に説明しますね。

「三四郎」は、インテリの男子学生の当時のフェミニスト的な女性への片想いのお話です。

「それから」は、主人公の男と、その友人、その妻の三角関係のお話です。

「門」は、不倫の末に、結婚した夫婦のその後のお話です。

すでにお読みになった作品の、単語などが難しいと感じたのであれば、他の作品も同様に感じると思いますが、
でも、文章の前後...続きを読む

Q孟子が「朽ちかけた塀の横を通らないように

孟子が「朽ちかけた塀の横を通らないように
するのが本当の~~だ」とか何とか言って
いたような気がします。~~は、勇気でしたか?
出典(巻き)も教えてください。

Aベストアンサー

http://suzumoto.s217.xrea.com/website/mencius/mencius08-30.html

に、


「天命を知る者は、ガケとか崩れかかった塀のそばには立たない」(盡心章句上、二)と孟子は言うのである。

とあります。


出典の所はリンクになっています。以下のページです。
http://suzumoto.s217.xrea.com/website/mencius/mencius13-02.html

Q守屋 毅が書いた文章ですけど。文章の名前は「趣味」です。

外人です。詳しく教えてくださいませんか。
これはその文章の一部分ですけど、
近代になって日本が西洋とあらためて接触した時、その

科学や技術に、さしたる驚がくをおぼえず、またそれゆえに、これといった抵抗もなく、ヨーロッパの知識を受容することができたのは、江戸時代に趣味として蓄積してきた高度な教養のおかげであったとは、いえるかもしれない。江戸時代の大衆の趣味は、共通して「お稽古ごと」という特色をもっていた。なにがしかの技術や知識・芸能をしかるべき先生からならうこと自体を趣味とするのである。ここでも、われわれの想像をこえるようなものが、たとえば医学といったものが「お稽古ごと」の対象にふくまれていた。
質問(1)「お稽古ごと」は何の意味ですか。ほかの言葉で説明していただけないでしょうか。特に「ごと」のつかいかたです。

Aベストアンサー

「お稽古ごと」は「稽古事(けいこごと)」に「お」がついたもので,
「稽古して身につける技芸」のことです。
具体的には舞踊,楽器演奏,書,絵画,武芸などが含まれます。
現代ならバレエにピアノに習字に空手といったところでしょうか。

「ごと」は「事(こと)」の連濁で,
「賭け事(かけごと)」,「祝い事(いわいごと)」などと同じ使い方です。

Q人為を排して天地自然のままに生きることを説き、孔子・孟子の思想とならぶ中国の代表的思想は何か 教えて

人為を排して天地自然のままに生きることを説き、孔子・孟子の思想とならぶ中国の代表的思想は何か
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

老子の「無為自然」が問いにある代表的な思想だと思います。
後の道教に発展していく思想ですが、
老子自体がよくわからないようですね。
今になっても評価が定まっておらず、研究すると面白いのかもしれません。

Q今「阿部昭」がかいた文章を読んでいます。テーマは「命」です。

外人です。今「命」という文章を読んでいます。分からないところがあります。教えていただけませんか。よろしくおねがいします。
次はこの文章の一部分です。
それはともかく、動物の行動を見ているだけでも、私には楽しい。彼らが、松やいぬアカシアの幹を、垂直に、一気に、何メートルも駆け上がったり、飛んでいる虫を捕ろうと宙高く踊りあがったりするのを見るたびに、動物ってなんと無駄のない正確な運動をするんだろう、と今さらのように感嘆するのだ。
 畜生のあさましさ、などという言葉が人間にはあるが、そうとばかりは言えない。人間の母親でさえ、子供を生むこと育てることをいとい、捨てたり死なせたりする世の中なのに、猫の育児は細心の情愛と無限の忍耐そのものである。
質問(1)「畜生のあさましさ、などという言葉」は何の意味ですか。ほかの言葉で言い換えることができますか。
分かりやすい言葉で説明してくださいませんか。

Aベストアンサー

こんばんは。

> 質問(1)「畜生のあさましさ、などという言葉」は何の意味ですか。

「畜生」というのは、もともと仏教用語から来た言葉ですが、一般には、人間以外の動物、広くは鳥や虫や魚も入れた人間以外の生物の総称として使います。時には人間に対しても、不道徳で人間らしくない行いをする人を軽蔑した言い方で「畜生」と言ったりします。
「浅ましさ」とは「愚(おろ)かさ、醜さ、情けなさ、見苦しさ」のことですので、
この文での「畜生の浅ましさ」を簡単に言い換えると
「(人間以外の)動物の愚かさ」(beast's foolishness)となるでしょうか。

……そういう言葉が人間の世界にはあるが、動物ばかりがそうだとは言えない。人間の母親でさえ子供を生むこと育てることを嫌い…… 
と続きます。

Qみなさんは『孟子』を読んで最も勉強になったことは?

『孟子』を読んでみて最も勉強になったことや、社会人になることに際して、この本から学んだことなどあったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

孟子の教えは、孔子と同じく大変、人格形成に役立ちますね。
以前はよく読みましたが、
最近は韓非子を読むことが多くなりました(笑)。

【仁者に敵なし】

【君主は庖厨に遠ざかる】

【小をもって大に易つ】

【四十にして心を動かさず】

などの言葉はいいですね。

【賢者にして、後に此れを楽しむ、
 不賢者は此れありといえども、楽しまざるなり】

この言葉も気に入っています。
道徳の頽廃、役人の腐敗が多い時に、孟子の教えは大変貴重ですね。

Q「語彙(ごい)が豊富」=「文章がうまい」?

「上手な文章を書くには、語彙をふやすべき!」
という考え方が世間にけっこう多いようですが、
本当にそうなのでしょうか?

いわゆる“良文”について、自分としては
「語彙の豊富」さよりも、
・読み手に親切か?」
・借り物の表現・思想に頼りすぎていないか?
といった点のほうが大事だと考えています。

語彙をいっしょうけんめいに増やすことは、
もちろん表現の幅を広げますが、
一方では、“かっこよさげ”な言葉に頼りすぎて、
ひとりよがりな書き方につながる危険もありますよね?

けして「語彙をふやす」姿勢を批判するつもりはありません。
ただ、先述した自分の考え方に「修正が必要?」と思いましたので。。。
ごく個人的な意見でも大歓迎です。
みなさんの思うところを参考にさせてください。
(じつはこの質問文にもサッパリ自信なし!)

Aベストアンサー

語彙の豊富さは、文章を作成する前の段階で必要なのでは?
自分の伝えたい事柄を適格に表現するためには、やはり語彙は豊富でないといけないと思います。
ただ、それを文章にする段階では、こんどは“”なるべく分りやすく、短く簡潔に”を心掛けないと
ただ自分の知っている言葉を羅列しただけの、読みにくい文章ができてしまいます。
みせびらかすのではなく、分りやすい文章を陰で支えるのが語彙の豊富さだと思います。


人気Q&Aランキング