短鎖型塩化パラフィンと塩素化パラフィンは違うものですか?

A 回答 (2件)

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「化学物質評価専門委員会(第5回)議事録」

塩素化パラフィンを3つに分類しているようです。
・短鎖:炭素数10∼13
・中鎖:炭素数14∼17
・長鎖:炭素数18∼30

ご参考まで。

参考URL:http://www.env.go.jp/council/05hoken/y052-05a.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
塩素化パラフィンの方がより広義の物質のようですね。

お礼日時:2003/09/20 15:00

MiJunです。



文字化けで失礼しました。
・短鎖:炭素数10~13
・中鎖:炭素数14~17
・長鎖:炭素数18~30
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩素化パラフィンについて

たまに、ゴム配合に塩素化パラフィンを配合することが
ありますが、パラフィンは加工性をよくする
為に配合していますが、パラフィンを塩素化することで、
普通のパラフィンに比べると効果がどう違うのでしょうか?
イメージ的に塩素化パラフィンの方が加工性に優れているよう
に思えるのですが?そういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

塩素化パラフィンとパラフィンとでは、添加目的が異なるのではないでしょうか。

通常のパラフィンは、いわば固形燃料のようなもの(分子量が小さければ液体)
ですが、塩素化されたものは燃えにくくなるため、ゴムの難燃性を向上させる
目的で添加されているものと思います。
(但し、環境汚染の問題で、現在は別のもの(臭素系など)を使うことの方が多い
 のではないかと思うのですが・・・;
 「グリーン調達」などでは、使用禁止の対象にもなっていますし)
http://www.env.go.jp/chemi/anzen/lcms_method/2-5-3.pdf

*なお、この物質の添加により、実際に加工性も変化するとは思います。
 但し、それを「主目的」にしているわけではないのでは、という意味です。

Qメタンの塩素置換体の名称が、塩化メチル、塩化メチレン、クロロホルムとなるのが理解できません。訳を知っ

メタンの塩素置換体の名称が、塩化メチル、塩化メチレン、クロロホルムとなるのが理解できません。訳を知っている方は教えてください

Aベストアンサー

慣用名なんで訳なんて無いです。
強いて言うと、CH3-がメチル基、-CH2-がメチレン基、炭素数が1つで
Hが1つのものにホルムを付けるような感じです。
正式には置換命名法で、クロロメタン、ジクロロメタン、トリクロロメタン、テトラクロロメタンでう。

Qキャンドル用のパラフィンワックス

キャンドル用のパラフィンワックス
という物体が売られていたのですが、
これを使ってパラフィンパックをしても良いのでしょうか?

美容用のパラフィンと違いはどこにあるのでしょうか?

使っても良い場合は使い方を教えてもらますでしょうか?

Aベストアンサー

私も質問者様と同じように、キャンドル・ジュンのピアスには
驚きました。(そんな事は書いておられますが...)

さて、パラフィンとは飽和炭化水素の総称です。
分子式がCnH2n+2で表されるもので、炭素数の違いや
構造の違いによって多くの種類の分子が存在します。

ここからは推定ですが....
キャンドル用のパラフィンと美容用のパラフィンでは、基本的には
よく似た物質ですが、キャンドル用の方がnが大きい値で融点が高く、
美容用は融点は低いと思われます。
キャンドル用の中にも一部のSMマニアが使うものには低融点のものが
ありますので、それならば美容用に転用できるかもしれません。

Q塩化と塩素化

塩化○○ という名称と 塩素化○○ という名称の化学物質があります。

この名前の付け方の違いはどこにあるのでしょうか?
置換型命名法と付加型命名法の差だという意見もあるのですが、よくわかりません。

素人にわかるレベルで教えてください。

Aベストアンサー

塩化と定義されると絶対的な個数を表すのでそれ単体での名称となります。例えばCCl4だと四塩化炭素ですよね。

塩素化というと、塩素に置き換えているだけなので絶対的な個数は指定していないことになります。固有の化学式ではなく総称的な意味合いです。
なので、例えば塩素化メタンだとメタンを塩素化したということでCH3ClでもCH2Cl2でもCHCl3でもいいことになり全て塩素化メタンだということができます。特に絶対的なものを表しているわけではないということになります。
高分子なんかは絶対的な名前で表すのは無理なのでは....

Q白灯油とパラフィンオイルについて教えてください。

ランプを買ったところ、白灯油とパラフィンオイルが使用可能とのことでした。とりあえずパラフィンオイルを一緒に買ってきたのですが、パラフィンオイルを使用後、白灯油を使用しても問題はないのでしょうか? また、逆の場合も大丈夫なのでしょうか? わずかにでも一方が残っていた場合、パラフィンなり白灯油を入れて混合状態で使用するとマズいのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

大丈夫、逆も大丈夫です。

混合でも構いませんし、ふつーの灯油でもアルコールでも純度の高いアルコールでも構いません

ガソリンやシンナー、ベンジン、塗料薄め液はダメです。




パラフィンオイルって白灯油のことです

Q塩化チオニルでの塩素化

アルコールを塩化チオニルを用いて塩素化する反応で、ピリジンを添加する理由はなんでしょうか?アルコールからの求核性を高めているということなんでしょうか?また、ピリジンを添加しないと反応しないものなんでしょうか?

Aベストアンサー

この試薬はなかなかやっかいな問題を持っております。
R-OH + SOCl2 → R-Cl + SO2 + HCl
上記反応において、
1:塩基ピリジンを加えない場合
反応はSNi機構で進行し、OHとClは同じ方向となりR*の立体は保持される
2:塩基ピリジンを加えた場合
反応はSN2機構で進行し、OHとClは逆方向となりR*の立体は反転する

Q短鎖型塩化パラフィンと塩素化パラフィンは違うものですか?

短鎖型塩化パラフィンと塩素化パラフィンは違うものですか?

Aベストアンサー

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「化学物質評価専門委員会(第5回)議事録」

塩素化パラフィンを3つに分類しているようです。
・短鎖:炭素数10∼13
・中鎖:炭素数14∼17
・長鎖:炭素数18∼30

ご参考まで。

参考URL:http://www.env.go.jp/council/05hoken/y052-05a.html

Q過塩素酸 塩素酸 亜塩素酸 次亜塩素酸

高校生の授業なのですがなぜハロゲンのオキソ酸で
でてくるたいとるのものとしては塩素酸が基準と
なっているのでしょうか?何か歴史的経緯はあるのでしょうか。接頭語はそれだけしかないからというこたえ
では納得できないです。急いでいますので
できれば速く返答お願いします。

Aベストアンサー

補足します。

このような非金属イオンの酸化物とみなせる物質を一般に「オキソ酸」と
言いますが、もっとも安定な酸を基準にするそうです。

化学IB・IIの新研究/卜部吉庸/三省堂

Qパラフィンを低温で分離(揮発)したいです

パラフィンが効果的に溶解する薬品を教えてください.酸・アルカリ以外でお願いします?
または,パラフィンを溶解させたり,反応させたりしてパラフィンを分解し,さらにその混合物を100度以下の温度で揮発させることはできるでしょうか?その方法を教えてください.当方有機化学はほとんどわかりません.良い方法があればお願いします.

Aベストアンサー

パラフィンといっても範囲が広いので、具体的に化合物を示されたほうが答えやすいのですが、まあ、常識的なアドバイスを。。

先ず、パラフィンのなんたらを 貼り付けておきました。

一般論として、パラフィンは揮発性が非常に低く化学的な安定性が高いものです。
ですから、反応させたり分解させるのは難しいと思います。また、揮発させるのも分子量が小さいもの以外は困難と思われます。

溶解に関しては、パラフィンはパラフィンに溶けますので(程度は限られる)、たとえば
ヘキサン、ヘプタン、オクタン、、、ウンデセン など飽和のアルキル炭化水素など試されたら良いと思います。

以上、アドバイスまで

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報