中古住宅の購入を考えています。今年いっぱいは居住中の予定です。売買契約をして手付金を支払った後に所有権の移転などの手続きをとってしまうと、私の方で固定資産税などの支払い義務が生じると思うのですが、これはしかたないのでしょうか?
または、引渡しされるまでは移転や登記の手続きをしないということはできるのでしょうか?不動産取引に詳しい方アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 固定資産税は,毎年1月1日現在の登記簿上の所有者に課税します。

ですので,年の途中で所有権が移転しても新所有者に支払う義務は生じません。
 対して,年の途中で売った側にすれば,手放した不動産の固定資産税を払い続けるのは馬鹿らしいことです。
 ですので,通常,本件のような場合,契約の中で固定資産税の負担割合を取り決めますので,仲介している不動産屋さんにお尋ねになればよろしいでしょう。
 
 それから,売買契約を締結し,法律上所有権が移転していても(民法上,互いの意思表示だけで所有権は移転しますが),残りの債権を担保するため,所有権移転登記をさせてくれません。
 銀行融資を受けて不動産を売買される場合,売主,買主,仲介不動産屋,司法書士,銀行が一堂に会して,書類をやりとりや鍵の引渡し等をすることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2003/09/24 15:29

固定資産税の納税義務は1月1日の登記簿上の所有者ですが


慣例では、
関東は1月1日(関西は4月1日)を基準に不動産の引き渡し日以降の日割り税額を、売り主に支払うことになります

分らないことは、不動屋さんに聞いてみては

この他にも不動産取得税・登記料・不動産屋の仲介料・司法書士の手数料・ローンの経費(抵当権設定料・保険料など)等々不動産価格の10から20パーセント程必要と思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考に致します。有難うございました。

お礼日時:2003/09/24 15:28

普通は手付金を支払った段階で所有権の移転登記はできません。

というか、現在の持ち主が、本当にお金を全額支払ってくれるかどうかまだ分からないのに、権利書を渡してくれるはずがありません。
現所有者が立ち退いた後、引渡しを行いますので、その際に、残代金の支払いと同時に権利書を受け取り、それから登記手続を行います。それまでは登記はしたくても普通はできません。
固定資産税については、1月1日現在の所有者に対して請求が行きます。引渡し日を基準に日割りで清算するのが普通のやり方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2003/09/24 15:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産取得税の金額(計算方法)

不動産取得税の金額(計算方法)

以前、固定資産税について質問させて頂きましたが、今回は不動産取得税について質問です。

昨年11月に土地を購入しました。
家はこれから引渡しです。

土地の評価額は1千120万円。
敷地は330m2。

この数字だけで不動産取得税がわかりますか?
減税措置などあるかと思いますが、どのように計算したら良いのかわかりませんので知識のある方、教えて下さい。

それから建物の取得税は、建物の評価額が出てからでないと計算は出来ませんか?
評価額は分かりませんが、

建物金額 1千650万
床面積  約128m2

になります。

この不動産取得税というものは、土地は昨年購入したので今年払い、建物は今年購入なので来年支払うのでしょうか?
それとも2つとも今年支払うのでしょうか?

あと、最後に質問ですが、減税措置をうける場合は申告をしなくてはならないのですか?
そうであれば何処に申告にいくのでしょうか?

初めての事でわからない事だらけなので詳しく教えて頂きたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

11200000円÷330×130=4412121  ÷2×3%=66100円
理由は面倒なので省きます。
土地が66100円
建物は建築費から一般の木造評価だと思われますから 0円です。
66100円を納付すればOKです。
管轄の県税事務所に(解らなければ○県県税事務所でネットで検索すれば、所在地管轄署などわかります)
土地建物登記事項の写し、土地売買契約書の写し、建物請負契約書の写し、印鑑、を持参の上出向いてください。記載の仕方などは先方で教えてくれます。
建物や、土地の登記事項はすべての登記完了後に司法書士より受領する識別情報通知に同封されているはず(通常は)ですから、それをコピーしてお使い下さい。(登記事項の質問者さんの住所が物件に変更されていることが必須条件です)
尚、土地の課税の割賦が先に来て、登記完了までに納付期限が到来してしまう場合は、66100円に延滞税が発生します。その場合は、
建築確認通知書、建築業者の建築証明書、請負契約書の写しなどを持参し、減額申請を行って仮に66100円を支払い、建物登記完了後、登記事項の写しを提出して、完了です。
原則、土地先行型で購入された場合は、自動で減額にはならない場合がほとんどです。申請は必要です。
取得税は1度きりの課税ですからご安心を。
当方不動産業者です。

11200000円÷330×130=4412121  ÷2×3%=66100円
理由は面倒なので省きます。
土地が66100円
建物は建築費から一般の木造評価だと思われますから 0円です。
66100円を納付すればOKです。
管轄の県税事務所に(解らなければ○県県税事務所でネットで検索すれば、所在地管轄署などわかります)
土地建物登記事項の写し、土地売買契約書の写し、建物請負契約書の写し、印鑑、を持参の上出向いてください。記載の仕方などは先方で教えてくれます。
建物や、土地の登記事項はすべての登記完了後に司法書士より...続きを読む

Q登記名義人の住所が亡くなったときのものと違っていた場合、相続の所有権移転の手続きの際に、どうすればいいのでしょうか

母が亡くなって、母名義の土地を相続することになり、所有権移転の登記申請をしようと思っているのですが、現登記名義人である母の住所が、以前住んでいた住所になっています。
亡くなる十数年前より、私たち家族と同居していたのですが、3年前に
家を立替て、元のこの家に家族で戻ることになったのです。
その際に、ここの土地の種目変更をしたのですが、その時に登記名義人の住所変更もしているようです。
住所変更したその日付が、今の家に引っ越して来た日なのに、どうしてわざわざ前の家の住所に住所変更しているのか、わからないのですが、
すみません、長くなりまして。つまり、教えて頂きたいのは、この度、
母から私に所有権移転の登記をする際、先に、登録名義人(母)の住所変更をしなくてはならないのですか?(前の家から今の家の)
登録免許税もそれぞれの登記に必要なのでしょうか?
わかりにくい文章ですが、どなたかご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

お母さんが亡くなった時の住民票に以前の住所として登記上の住所が載っていませんか。
たぶんそれで大丈夫だと思います。
もしも、そこにも載っていない時には場合によっては上申書を添付するようになります。

Q賃貸マンションの不動産取得税と登録免許税の計算は?

賃貸(ワンルーム)マンション(昭和62年3月建築、1棟12戸、構造鉄骨造3階建、価格7200万、消費税200万含む)
土地・建物の内訳⇒土地3000万・建物4000万

土地固定資産評価額⇒1800万
建物固定資産評価額⇒1650万
売主 不動産会社

上記を今月、購入予定ですが、不動産取得税及び
登録免許税はいくらかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

不動産取得税の計算には、土地面積・床面積のデータが必要になります。

Q所有権移転手続きについて

この度、町所有の土地を1筆購入しました。
私への所有権移転手続きをするに当たり、役所の担当者に問い合わせたら「嘱託登記は出来ないので、購入者たる貴方が権利者となって、手続きを行って下さい。」とのことでした。
経費等を考え、自分で移転登記申請をしたいと思います。
つきましては、申請方法は次の要領で良いのでしょうか。特に、添付すべき書類としては記載以外のが必要でしょうか。また、役所所有ですので「登記済証・印鑑登録証明書」はないようです。
愚問ですが、過去にご経験された方々、ご教示願います。

   登 記 申 請 書
登記の目的 所有権移転
原   因 平成○○年○月○日売買
権 利 者   ○県○郡○町○○○番地
        A
義 務 者   ○○○町
添付書類
登記原因証明情報 承諾書 代理権限証書 住所証明書

平成○○年○月○日申請  ○○○○法務局  御中
申請人兼義務者代理人   ○県○郡○町○○○番地
     A
           連絡先の電話番号  - -
登記識別情報等に関する書類は、代理人の住所宛にご送付願います。
課 税 価 格 金,000円
登録免許税 金,00円
不動産の表示(以下省略)

この度、町所有の土地を1筆購入しました。
私への所有権移転手続きをするに当たり、役所の担当者に問い合わせたら「嘱託登記は出来ないので、購入者たる貴方が権利者となって、手続きを行って下さい。」とのことでした。
経費等を考え、自分で移転登記申請をしたいと思います。
つきましては、申請方法は次の要領で良いのでしょうか。特に、添付すべき書類としては記載以外のが必要でしょうか。また、役所所有ですので「登記済証・印鑑登録証明書」はないようです。
愚問ですが、過去にご経験された方々、ご...続きを読む

Aベストアンサー

官公署が関与する登記手続きは官公署の嘱託によるのが通常です。しかも官公署が登記義務者になる場合には,通常登記申請に必要な登記義務者の登記識別情報や印鑑証明書といったものが提供できませんし,また発行された登記識別情報を嘱託人である官公署が受領することで官公署の権利の保全を図ることが期待できるので,本件のような官公署が売主になる登記では特に,嘱託によるのが普通なのではないかと思います。

とはいえ官公署が関与するからといって必ず嘱託によるものでもないようで,自治体所有物件に設定されている抵当権の抹消登記でしたら,関与したことがあります。登記がされたからといって自治体に不利益が及ぶことのない(むしろ利益しかない)登記だったからかもしれませんけど。

その際の手続きを思い起こしてみると,官公署が関与する登記なので,登記申請ではなく,登記嘱託にしました
(書類の表題が「登記嘱託書」になり,申請日の後ろの「申請」も「嘱託」になる)。
あとは基本原則と一緒で,細かいことですが「申請人兼義務者代理人」ではなく「権利者兼義務者代理人」,登記識別情報等の受領方法を「権利者の住所宛」に送付してもらうようにすればいいのではないかと思う程度です。

>権利者兼義務者代理人
>        ○県○郡○町○○○番地
>        A
>           連絡先の電話番号  - -
>義 務 者   ○○○町
>添付書類
> 登記原因証明情報 承諾書 代理権限証書 住所証明書
> 登記識別情報等に関する書類は、権利者の住所宛にご送付願います。
>平成○○年○月○日嘱託  ○○○○法務局 御中

ただしそれは町から委任状が出ている場合で,町から交付されるのが承諾書のみの場合は,

>権 利 者   ○県○郡○町○○○番地
>        (嘱託人)A
>           連絡先の電話番号  - -
>義 務 者   ○○○町
>添付書類
> 登記原因証明情報 承諾書 住所証明書
> 登記識別情報等に関する書類は、権利者の住所宛にご送付願います。
>平成○○年○月○日嘱託  ○○○○法務局 御中

という感じになるのではないでしょうか。

ただ最近は法務局も臨機応変な対応をしてくれて,申請書の書き方だけの問題であるならば,確認の電話が入ってそれでOKということにしてくれたりもするので,原案のままでも通用するように思います。

官公署が関与する登記手続きは官公署の嘱託によるのが通常です。しかも官公署が登記義務者になる場合には,通常登記申請に必要な登記義務者の登記識別情報や印鑑証明書といったものが提供できませんし,また発行された登記識別情報を嘱託人である官公署が受領することで官公署の権利の保全を図ることが期待できるので,本件のような官公署が売主になる登記では特に,嘱託によるのが普通なのではないかと思います。

とはいえ官公署が関与するからといって必ず嘱託によるものでもないようで,自治体所有物件に設定...続きを読む

Q不動産取得税の計算について

現在自宅の土地と家屋は私と妻の二人の名義になっています。私の死後の手続きの面倒を避けるためすべて妻の名義に変えたいと思います。ところで名義変更にかかる不動産取得税の計算ですが、「課税標準額×税率」とあります。この課税標準額とは「固定資産税課税標準額」と「都市計画課税標準額」を合算したものですか。納税通知書を見ると両方に家屋が含まれ、かなりの額になっています。もう、築20年ぐらいたつのですが。教えてください。

Aベストアンサー

具体的な資料がなく、うろ覚えなのですが…。

まず、課税標準額は固定資産課税台帳価格を基にします。
あくまで、基本的なだけで、現状によって変更できることに法律上なっているみたいです。

土地分については、「宅地」ならその1/2が課税標準額になります。
(たしか、今年の3月末取引分までの時限立法だと思いましたが、延長されると自分は期待しています…。)

また、共同名義ということなので、所有権移転する持ち分を課税標準額に掛けてください。

参考までに、不動産取得税は、相続の場合は課税対象にはなりません。(生前贈与は課税されます)
奥さんの土地と中古住宅取得とも判断できるため、税金の軽減措置の対象になるのでは?と判断できますが、ここで聞くよりも、1月4日には、たぶんお住まい都道府県税事務所も開いていると思いますの直接と問い合わせた方が良いと思いますが…。
築年と家屋の床面積と構造が木造OR鉄骨かは把握しておいてください。(1戸建ては200m2以内です。)

中途半端な情報ですいません…。

Q離婚・土地建物所有権移転

離婚します。
今住んでいる家に、妻と子供1人が継続で住む予定です。
土地は10割私名義で、土地は7.5割私名義、2.5割妻名義です。
慰謝料として土地建物を譲りたいのですが、贈与税とか
かかるのでしょうか?
月々のローンは私が払う予定です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

慰謝料はもらった側は贈与税だけでなく、税金がかかりません。ただし、社会通念上の妥当は範囲においてです。
この場合は心配ありません。

で、渡した側はNO1の方が回答されている通りで、あなたが譲渡税を払わなければならないわけですが、住居用の不動産については3000万円までは非課税(特別控除がある)です。
ですので、住んでいた土地建物を譲るこの場合は、税金はかかったとしてもあまりかからないかも知れません。

住宅ローンの減税受けていますか?
住民票が移ってしまえば、残念ながら今後は使えません。

Q不動産取得税

不動産取得税(東京)について教えてください。

2月に土地と建物を購入して8月になり不動産取得税申告書が送られてきました。

買った物に、不動産取得税の軽減がないので、不動産取得税の納税書が
送られるのを待っていましたが、8月になり不動産取得税申告書が送くられてきました。

不動産取得税申告書を出す必要はありますか?
出さないとペナルティがありますか?

教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産取得税申告書は、不動産取得税の軽減を受けるために提出するものなので、軽減が受けられないとわかっている場合には特に出す必要はないようなのですが、念のため都税事務所に電話でもして聞いてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、不動産取得税の軽減は、住居用不動産であればかなり広範囲に適用されるのですが、軽減がないということは事業用不動産ということでしょうか? 念のため、軽減の条件等が書かれているページを貼っておきます。

http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/index_f.htm#f5

Q不動産移転登記(相続)について教えて下さい

3月に母が亡くなりました。自宅の土地は事情があって家族に贈与分割し共有になっております。母の分は100/2です。この分を元に移転か息子名義に変更したいのですが、土地坪数は約60坪で100/2だと約1坪位の少ない為、専門家に頼むのも金額がかかってしまい、自分で手続きしたいと思いますが、可能ですか?   素人でも出来るようなら手続き方法等教えて下さい。インターネットの参考資料、手続きの書式等サンプル等教えて下さい。   宜しくお待ちしております。

Aベストアンサー

No.1です。
あ母さんに配偶者がいなければ(すでに死んでいる場合も含めて)兄弟3人に1/3ずつ相続の権利があります。
あなた一人の名義にする、という内容の遺産分割協議書を作成して、他の2人に実印、印鑑証明書付きで承諾をもらう必要があります。

Q教えてください。不動産取得税について。

昨日、県税事務所より不動産取得税の納税通知書が届きました。

結局、軽減されるようで支払う金額は大したことないのですが、
不動産屋と契約したときの計算書を見ると、不動産屋に払う計算書の内訳の中に不動産取得税1万円(請求19.5万円)とあります。

これは、不動産屋に1万円支払ったおいうことなのでしょうか?
無知ですいません。取得税の下に○月頃県税事務所より請求とあるのですが、なぜ不動産屋に払う諸経費の計算書に計上されているのかが、わからなくて。
詳しい方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産を取得した時に県税事務所から直接、我が家に納税通知書が届きました。不動産屋にいったん支払って、不動産屋から県税事務所に納税するなどという話はないと思います。県税事務所に不動産を取得したことを連絡する手数料みたいなものの間違いではないでしょうか。質問者様の記述どおり「不動産取得税」という項目があるなら、不動産屋の不正だと思います。

Q土地の登記・移転・抵当権設定等は自分達でできますか?

「土地を購入して家を建てる」という計画を立てています。登記手続きは通常司法書士さんにお願いすると思いますが、別に資格者でなくともできるとききました。素人でもできるものですか?目的は司法書士に払う報酬を節約する為ですが、非常に複雑ならお願いした方がいいかなと思っています。アドバイスお願いします!

Aベストアンサー

こんにちわ。
NO1の方が言っておられるようにご自身でもできます。
但し銀行融資等がある場合、金融機関は了承しないでしょう。
というのも銀行は抵当権設定等が同時にスムーズに行われないと非常なリスクを背負いますので素人(ごめんなさい)にはほぼ100%任せません。

融資をしたのに、所有権移転だけをして抵当権津の設定がされていないというケースも考えられますのでその場合、書類を渡した担当者はおそらく首でしょうから。

なお参考までに付け加えれば登記関係費用の大半は登録免許税という税金のたぐいで司法書士の手数料はそのうちのごくわずかです。
登記に必要な書類の不整備で所有権移転自体ができないという場合もありますので、安心のためにも専門家に任した方が良いと思いますよ。

素敵なマイホームを建ててくださいね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報