デンドリマーとかスターポリマーと呼ばれるものがありますよね。超分子の一種ということになりますが。

こういったデンドリマーあるいはスターポリマーが、現在実用化されている分野はあるのでしょうか?ちょっと調べたところでは、透過型電顕の内部標準物質として市販されているようですが、そのような特殊用途以外での実用化例はあるのでしょうか?

また、実用化されていなくても、将来実用化が期待されている(=特長が活かせる)分野としてどのようなものが考えられるのか、ご存知の方がいらしたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

デンドリマーやスターポリマーなどの分岐ポリマーの最大の特長は、1つの分子内に多くの末端を持ち、そこを官能基化できるというところではないでしょうか。

デンドリマーの官能基かとその応用に関しては次のReviewが参考になると思います。
Prog. Polym. Sci., 2000, 25(7), 987

デンドリマーの内部は比較的空洞なため、そこに何かを取り込むという使いかたがあります。例えば何か触媒となるような金属を取り込んで、[デンドリマー+金属]を再利用可能な触媒として利用する方法。例えば、
Acc. Chem. Res., 2001, 34(3), 181

まだ他にもシュガーポールみたいに分子認識などの方面にも実用化が期待されているものもあります。手元ないので文献をお教えできなくて申し訳ないのですが。その他生体関連での応用(診断薬とかドラッグデリバリーとか)が見込まれています。

TEMの内部標準物質として使われていたのは知りませんでしたが、材料としての特性では、レオロジー関係でしょう。昔の話ですが、スターポリマーを使うと同じ分子量のポリマーと比べて粘度が下がるので必要となる有機溶媒が少ない、環境にやさしい塗料が開発できる、という特許を見たことがあります。

デンドリマーの応用に関しては、最近のコロイド(ポリマーコロイド)に関する本を読めば、大体は書いてあると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます!
時間をみつけてもう少し成書をあたってみます。

お礼日時:2001/05/01 00:54

 Phi_P さんがお書きの内容と同じですが,参考 URL のペ-ジには「機能材料 1998年1月号 p8-15」からの情報として「機能性超分子化学の設計と将来展望(I 超分子の合成)」と題する情報が載っています。

ここには,デンドリマーの応用として次のものが出ています。

1)正確な大きさを持っていることから,透過電子顕微鏡の内部標準物質として市販されている。

2)高分子化したデンドリマーは粘度が非常に低いことから,塗料・コーテイング等の応用が期待されている。

3)ある種のデンドリック高分子は,細胞膜を容易に透過することから DNA・医薬品のキャリアーとしての検討が始まっている。


 また,大阪大学大学院・薬学研究科・分子薬科学専攻・生体機能分子化学分野では,化学修飾デンドリマーをはじめとしたカチオン性高分子を用い高効率の経口遺伝子導入法の開発を行なっているそうです(http://kogaku01.phs.osaka-u.ac.jp/Theme%202.html)。

 さらに,同研究室は,デンドリマーの種々のリガンドを高密度に導入可能である点を利用し,肝細胞の高機能化を計っているそうです。これが実用になると,類似の手法で種々の生体組織や臓器を再生あるいは再構築する事が可能となり,従来の移植に替わる治療法として期待されます(http://kogaku01.phs.osaka-u.ac.jp/theme%201.html)。

参考URL:http://www.s-iri.pref.shizuoka.jp/tech/nmater/so …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
ご指摘のURLは先に当たってみました。やはり大体同じような用途に辿り着くみたいですね。

お礼日時:2001/05/01 00:56

MiJunです。


追加情報です。
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「高分子11月号、1998」
http://ipcj.com/book/material_polymer/902.htm
(デンドリマーの科学と機能)
http://ipcj.com/book/material_polymer/908.htm
(分岐ポリマーのナノテクノロジー)
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20000301/bessi3 …
(巨大分子のナノ空間を利用する機能制御)
http://www2.crl.go.jp/kk/CRL_News/0009/nanotech. …
(注目されるナノテクノロジー)

これらの他にも、「化学」・「現代化学」・「化学と工業」等のバックナンバーを探されては如何でしょうか?
応用よりも合成等が多いでしょうが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.spsj.or.jp/c5/kobunshi/kobu98/kobunsh …
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は参考になりますでしょうか?


=======================================
光を制御する次世代高分子・超分子/高分子学会/エヌ・ティー・エス/2000.2 
超分子化学/妹尾学,荒木孝二,大…/東京化学同人/1998.11 
機能性超分子の設計と将来展望/緒方直哉,寺野稔,由…/シーエムシー/1998.6 
レーン超分子化学/Jean-Marie…[他]/化学同人/1997.5 
超分子化学の基礎と応用/エヌ・ティー・エス/1996.1 
超分子化学/F.Vogtle[他]/丸善/1995.3 
超分子の科学/上野昭彦/産業図書/1993.7 
=====================================
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます!
もう少し成書等をあたってみようと思います。

お礼日時:2001/05/01 00:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデンドリマーの命名法

デンドリマーの命名法について調べています。
インターネットでは、デンドリマーの構造や応用例についてはよく述べられているのを見掛けるのですが、命名法に関するものが上手く見つかりません。

これから図書館に行って調べてこようと思っているのですが、デンドリマーについて基礎的な事から記載されている書籍等どなたかご存知無いでしょうか?

Aベストアンサー

デンドリマーの本って高いね。
しかも、質問者さんの答えが出そうな本は英語。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC

澱粉と一緒で、命名法はないんじゃないかなあ。
(勝手に思う)

Q酸化亜鉛の実用化

はじめまして。酸化亜鉛について勉強しているですが実用化するにはどの程度発光強度が必要なのですか?また、実用化されている窒化ガリウムはどの程度の発光強度なのでしょうか?知っている方教えてください
おねがいします

Aベストアンサー

質問分が端折っておりますが 要はLEDに付いてですね? 

何ヶ月か前のニュースでは初めて発光した位で効率うんぬんの状態では無いようでしたが

1/10のコスト、10倍以上の効率が言われておりました

ググッテ見ましたら 沢山の情報はありませんでした キィーワード 酸化亜鉛 LED

カテ違いでしょう 科学か物理が適当に思います

Qデンドリマーに関する・・・

 デンドリマーに関する論文を読もうと思っているんですが、なにかおもしろい論文はありますでしょうか?これは、おもしろかったというのがあれば教えてください。できれば、初心者にも読みやすくて、興味深いものがいいのですが・・・

Aベストアンサー

一口にデンドリマーといっても
その何に興味を持つかで変わりますが
一般的には機能発現だと思いますので、
東大の相田先生の論文なんかどうでしょう?
下に相田研のHPのアドレス書いときます。
ここのPublicationsから適当に選んでみては?

何を持って初心者とするのか分かりませんが、
(分野違いなのか、学部生なのか)
雑誌自体は、
速報誌ならChem.Com.
フルペーパーならJ.O.C.
あたりが読みやすいかな?

実際に面白いのは、
Natureやscience、
J.Am.Chem.Soc.、Angw.Chem.Int.Ed.

だと思います。

アメリカ化学会(ACS)や王立化学会(RSC)
のHPにいって、グラフィカルアブストラクト
見て決めるのもありかと・・・。

参考URL:http://macro.chem.t.u-tokyo.ac.jp/

Q可視光応答型光触媒の実用化は?

最近、可視光応答型光触媒について 雑誌等で目にしますが、実用化はどの程度進んでいるのでしょうか?

無限にあるともいえる可視光で、有害物質を分解できたらすばらしいと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私自身は実用化例を聞いたことがありません。光触媒(酸化チタン)の応答波長の可視光シフトの技術は、増感色素の添加や、貴金属担持など古くから存在しますが、そもそも光触媒自体の実用化がまだまだこれからですから。。。

可視光応答型の酸化チタンで、実用レベルに近いといわれている(と思う)ものは、エコデバイスというベンチャー企業が東大の橋本先生と共同で開発したプラズマ処理型と、別の会社(名前忘れた)が開発した、白金微粒子担持型です。
エコデバイスのものは、業界紙では何回も発表がなされていて、実用化度は高いと思われます。メカニズムとしては、アナターゼ型の酸化チタン中に、安定な酸素欠陥を生じさせて、これが一種のドーパントとして作用し、応答波長が可視光にシフトすると考えられています。
一方、白金担持型は、技術的には古いのですが、この会社のものは、担持させる白金の粒径をナノオーダーまで微細化したところに特徴があるらしく、これにより量子トンネル効果が発現し、触媒反応のエネルギー障壁が下がるようです。このため、一般的には触媒作用がないルチル型の酸化チタンでも触媒効果が出るようで、安価なルチル型を使用できるところが大きなメリットです。

ただ、これは光触媒の大御所である藤嶋先生も指摘されていることですが、現在実用化されている(紫外応答型)光触媒製品の中には、ほとんどまがいものに近いものも多く、そもそも光触媒がどのようなアプリケーションに適しているのかをきちんと考えないと、せっかくの日本発の技術もなかなか日の目を見ないのではないでしょうか?

以上、解答になっているかどうかわかりませんが。。。

私自身は実用化例を聞いたことがありません。光触媒(酸化チタン)の応答波長の可視光シフトの技術は、増感色素の添加や、貴金属担持など古くから存在しますが、そもそも光触媒自体の実用化がまだまだこれからですから。。。

可視光応答型の酸化チタンで、実用レベルに近いといわれている(と思う)ものは、エコデバイスというベンチャー企業が東大の橋本先生と共同で開発したプラズマ処理型と、別の会社(名前忘れた)が開発した、白金微粒子担持型です。
エコデバイスのものは、業界紙では何回も発表がなされてい...続きを読む

Q化学のエネルギーや熱の分野(結合エネルギー、燃焼熱、生成熱等)が苦手なんですが、そこの分野だけまとめ

化学のエネルギーや熱の分野(結合エネルギー、燃焼熱、生成熱等)が苦手なんですが、そこの分野だけまとめてある参考書や問題集って何かありますか?

Aベストアンサー

そんなものは、燃焼熱とか生成熱の定義を正確に覚えさえすれば、あとは適当に足したり引いたりすればできるものですので、それだけをまとめたものがあるとは思えませんね。
計算ができないのであれば数学の勉強をしなさいという話です。

そもそも、それができないというあなたは、生成熱や燃焼熱の定義を正確に言えますか?熱化学反応式が書いてあるなら、それを知らなくても解けるでしょうけど、「〇〇の燃焼熱(あるいは生成熱)は〇〇kJである」というのを熱化学反応式でかけなければ解けるわけがないですね。

結局、解けないというのであれば、何かの問題があるはずで、それが計算なのか、言葉の理解なのか、明確にするのが先決です。それができないのではわかるようになるのは大変でしょうね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報