先日、「デパスとセニラン」について質問したので、ご記憶にある方もいらっしゃるかと思います。今日、改めて病院に行ったところ、セニランの変わりとして新しくエチカーム0.5mgという薬が処方されました。エチカームであまり効果が無かったり、自分に合わないようだったらデパスに戻すとお医者さんに言われましたが、本で調べる限りデパスもセニランもエチカームもほとんど違いが無いように思います。(もちろん、私が素人で判っていないだけかもしれません。)今回は、デパスとエチカームの違いとして特徴や依存性、効果を教えてください。(個人差があるのは承知の上です。)自分でもよく判らないのですが、とにかく今は自分に合う薬を見つけることに必死です。もう、病院に行く度にコロコロと薬が変わり、その都度、副作用で苦しむのが嫌なのです。反面、安定剤なんて飲まなくてももう大丈夫かも・・・。と思う日もあったり、楽になりたいだけなのに、こんなにつらいならいっそのこと薬を飲むのを辞めてしまおうかとも思ったりします。冷静に考えると心のバランスが取れていない自分を自覚することもあります。経験のある方、専門職の方、アドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

デパスとエチカームは全く同じ薬です。



エチカームはデパスのジェネリックです。
ジェネリックについてご存じなかったら検索してください。

>エチカームであまり効果が無かったり、
>自分に合わないようだったらデパスに戻すと
>お医者さんに言われましたが

同じ薬なのに先生はなぜこのようなアドバイスをされたかというと、
今まで使っていた薬を薬価の安いジェネリックに変えると
お年寄りなど今まで飲み続けた前の薬のほうが効き目があるので
元に戻してほしいとか要望があるそうです。

名前はデパスではなくても
デパスと全く同じ薬はこれだけあります。
http://www.okusuri110.com/cgi-bin/dwm_yaka_list_ …

参考URL:http://www.okusuri110.com/cgi-bin/dwm_yaka_list_ …
    • good
    • 0

薬が変わるのは医師がどの薬が適当かを調べているだけです。



抗不安剤は同じ系統の薬であっても本人との相性の問題で効いたり効かなかったりします。
とりあえず副作用に気を付けながら処方通りに飲んで、
毎回具体的に結果を報告してください。
最初はこれの繰り返しです。

尚、2~4週間連続して処方通り飲まなければその薬で正しいのか判断できません。
地道に試してみるしかありません。
    • good
    • 0

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「心身安定剤」
因みに「エチゾラム」は「チエノジアゼピン系」です。

ご参考まで。

参考URL:http://www4.kiwi-us.com/~kako/rx/ku15/idx_ku15-1 …
    • good
    • 0

エチカームも、デパスと同じエチゾラムとなっていますけど、私の調べ間違いでしょうか(同じ成分でもドクターが混乱しているということもありますが。

)?

同じエチゾラムなら変わりはありません。

あ、違うのがありました。添加物が違っていました。

添加物の話になるとわかりませんね。ごめんなさい。

セニランと、デパスでは、一般にセニランの方が抗不安作用は強かったと思います。

ちなみに参考URLは添付文書が読めるサイトです。

参考URL:http://www.pharmasys.gr.jp/psearch/html/menu_ten …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q依存性と依存症…

「保健の授業でやったんだけど、アルコールには依存性があって、アルコール無しではいられなくなることがあるんだよね?で、そのことが、アルコール依存症って言うんだよね?じゃあさ、依存症と依存性の違いって何?」
と中学三年の息子言われたのですが、うまく返せませんでした。私は禁煙派ですので、迷ってしまいました。どう答えればよろしいのでしょうか?
この違いについて知っている方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま質問内容を拝見されていただきましたので、回答させていただきます。

依存症というのは、症状が発生した状態です。

依存性という中で、大きく分けて「精神依存性」「身体依存性」「精神毒性」の大きく3分類されます。

精神依存性とは、物質を摂取したいという欲求です。
身体依存性とは、物質が体内からなくなっていくことによる症状(禁断症状など)です。
精神毒性とは、妄想・幻覚・精神錯乱などの症状をいいます。

息子さんが「保健の授業でやったんだけどアルコールには依存性があって」というのは事実です。
アルコールは依存性が強いのは、間違いではありません。

しかし、「私は禁煙派ですので、迷ってしまいました」とありますが
アルコールとニコチンの依存性は別で、ニコチンは依存性がほとんどありません。

Q薬の飲み合わせ

マクサルトとナウゼリンとミオナールとエチゾラムは、いっしょに飲んで大丈夫でしょうか?

病院も薬局も夜で閉まっていて聞けないので、どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ☆
片頭痛と緊張型頭痛を併せ持っているのでしょうか?
辛そうですね。

薬剤自体の相互作用はありません。
作用の仕方がそれぞれ別ですから。

Q基質依存性が・・・

学校で酵母の無機呼吸によるCO2の測定をやりました。内容はシュクロース、グルコース、ラクトース、フルクトース、ガラクトースを用いたものです。その中で基質依存性を調べるんですが、基質依存性とはなにかわかりません。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

酵素には基質特異性と反応特異性があります。お調べになる酵母が持っている酵素が、糖を餌としてCO2を出す時、与える餌によって、この量に違いがあります。それは、酵母が持つ酵素の基質特異性によるものです。

酵母の種類によって、持っている酵素の種類に違いがあり、餌(糖:基質)の好き嫌いがあり、これはCO2の発生量に現れます。条件として「糖の種類」がある場合、これを、基質(ここでは糖)依存性といいます。この他に、条件として温度がある場合を温度依存性といいます。

Q眠前のお薬こんなに飲んでも普通なの?

16歳の娘は現在うつ症状があり、5月の初旬から入院中です。元々低血圧があり、日常的にふらつきや立ちくらみがあります。先週末初めて外泊することができました。日ごろから不眠を訴えていたのですが、眠前のお薬が5種類も飲んでいてびっくりしたのです。内容は、ハルラック0.25mg,ロンフルマン0,25mg,アンデプレ50mg,フルニトラゼパム2mg,ラボナをそれぞれ1錠ずつでした。正直こんなに飲んでも大丈夫!?と思いました。こんなに増えていることは私には全く知らされておらず、納得がいかなかったので病院に戻ったときにお尋ねしました。主治医の先生は別に普通で問題ありませんとおっしゃいました。でも、これだけ飲んでもまだ眠れないと言うことで、外泊した前日から就寝前に生食100ml,アタラックスP25mgの点滴も追加になったのです。私がクレームをつけたことで、眠前のお薬はその日から全て中止になりました。翌日本人に聞いてみると、中止になっても飲んでいたときと変わらないと言っていました。薬のことを保護者の私には何の報告もなくされていたので、なんだか不信感を持つようになりました。他に飲んでいるお薬は、エチセダン0,5mg毎食後、プロチアデン25mg毎食後、アレロック5mg朝食後、リズミック10mg朝夕2錠です。入院してから日に日に体が衰弱しているようで、早く退院させて連れて帰りたいと思っています。このような薬の処方は普通なのでしょうか?詳しい方教えて下さい。

16歳の娘は現在うつ症状があり、5月の初旬から入院中です。元々低血圧があり、日常的にふらつきや立ちくらみがあります。先週末初めて外泊することができました。日ごろから不眠を訴えていたのですが、眠前のお薬が5種類も飲んでいてびっくりしたのです。内容は、ハルラック0.25mg,ロンフルマン0,25mg,アンデプレ50mg,フルニトラゼパム2mg,ラボナをそれぞれ1錠ずつでした。正直こんなに飲んでも大丈夫!?と思いました。こんなに増えていることは私には全く知らされておらず、納得がいかなかったので病院に戻っ...続きを読む

Aベストアンサー

処方されている薬のほとんどが睡眠導入剤・睡眠薬です。
それもかなり強めの薬も入っています。
ハルラック(ハルシオン)0.25mは、通常の人間が飲めばまず30分後に意識を失います(普通は0.125mgからはじめます。ちなみに、欧州では0.25mg錠は販売されていません)。
フルニトラゼパム(ロヒプノール/サイレース)2mgも、通常最高処方量で常人が飲めば次の日の昼くらいまでフラフラになるくらいのものです(普通は1mgからはじめます。ちなみにこの薬は「レイプドラッグ」といわれ、米国では販売が禁止されています)。
ラボナは聞いたことなかったですが、バルビツール系の睡眠導入剤のようで結構強い薬のような気がします。
(ちなみにロンフルマン(レンドルミン)は「ラムネ」といわれているくらい弱い睡眠導入剤で、それだけ他に強い薬を飲んでいるのにほとんど意味がないと思います)。

肝心の抗うつ剤はアンデプレ(デジレル)だけなのも気になります。
他の薬は低血圧の薬やアレルギーの薬などのようです。アレルギーをお持ちなのでしょうか?
うつが不眠の原因なのであれば、むやみに睡眠導入剤を増やすのではなく、SSRIや三環系・四環系の抗うつ剤を順番に試していくべきです。

正直、ちゃんとした精神科の先生の処方とはとても思えません。
病院を変えるべきだと思います。

処方されている薬のほとんどが睡眠導入剤・睡眠薬です。
それもかなり強めの薬も入っています。
ハルラック(ハルシオン)0.25mは、通常の人間が飲めばまず30分後に意識を失います(普通は0.125mgからはじめます。ちなみに、欧州では0.25mg錠は販売されていません)。
フルニトラゼパム(ロヒプノール/サイレース)2mgも、通常最高処方量で常人が飲めば次の日の昼くらいまでフラフラになるくらいのものです(普通は1mgからはじめます。ちなみにこの薬は「レイプドラッグ」といわれ...続きを読む

Qホメオスタシス性(時刻非依存性)って?

昨日、本を読んでいたら、ホメオスタシス性(時刻非依存性)という言葉が出てきました。
ホメオスタシスは恒常性という意味まではわかったのですが、「時刻非依存性」の意味が
さっぱりわかりません。本の種類が、「睡眠」だったのですが、どなたかわかりやすく
説明してくださる方、いませんでしょうか?
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  ホメオスタシスというのは、生体(人間の身体など)が、ある一定の状態を維持するようになっている機構のことで、またそういう一定の状態を維持することを言います。例えば、こういう例が適当なのかどうか分かりませんが、体温は普通、病気にならないと一定です。これは体温調整のホメオスタシスがあるからです。また、身体のなかの水分も、一定に維持するようになっていて、水分が足りなくなると、喉が乾いて水を飲みたくなります。水を飲むと、水分が一定の量になり、ホメオスタシスが維持できるのです。睡眠も、一種のホメオスタシスだとも言えます。一定時間眠ることで、意識や身体の状態が、定常的な状態になります。
 
  「時刻非依存性」というのは何かよく分からないのですが、「時刻依存性」ということなら、睡眠で考えれば、睡眠リズムは、ある程度「時刻依存性」を持っています。例えば、昼と夜を区別する体内時計があり、睡眠の欲求や、心身の活動は、この体内時計によって定常性を維持されています。海外に行くと「時差ぼけ」が生じるのは、この体内時計による、睡眠の時刻依存性によるとも言えます。
 
  時刻依存性というのは、また、睡眠だと、入眠時とか覚醒時、REM睡眠時、深層睡眠時などに、何かが特定して起こる場合、時刻依存性と言えると思います。それに対し、時刻非依存性は、こういう睡眠のタイミングとは無関係に生じる何かのことだと言えます。例えば、無呼吸症というのは、睡眠の水準に関係なく起こり、呼吸のホメオスタシスを維持するため(血液中酸素濃度を一定にするため)、時刻に関係なく、無呼吸が続くと、睡眠が浅くなり、事実上、目覚めてしまうので、十分な睡眠が取れなくなるという症状です。
 
  どういう場面で使われているかで、もう少し意味が分かりやすくなるのですが。……と書いて来たのですが、試しに検索で「時刻非依存性」を調べると、睡眠の調節機構として、その言葉が出てきました。以下にURLを示しますが、ここで具体的になったのですが、「時刻依存性」の例として、上に、体内時計を上げましたが、まさに、そういう使い方をする言葉です。
 
  睡眠は、二つの身体の機構で調整されていて、その一つが、体内(生物)時計による、時刻に依存する睡眠と覚醒のリズムで、これを、「時刻依存性の概日リズム機構」と呼びます。他方、それとは別の調節の機構があり、両者は互いに補い合って睡眠と覚醒を調整していることになります。
 
  第二の調節の原理は、「時刻非依存性のホメオスタシス機構」によるもので、これは、徹夜などをして睡眠をあまり取らなかった場合、大脳で、睡眠の総量を計算している部分があり、身体に見合った一定量の睡眠を取るため、徹夜などがあって、睡眠が不足すると、次の日に眠ると、日曜などで、目覚ましをかけないでいると、よく眠ったと思って起きると、お昼にすでになっていたなどです。つまり、時刻依存のリズムだと、朝には目が覚めるのですが、足らなくなった睡眠の埋め合わせをするため、体内時計の覚醒時刻・睡眠時刻とは関係なく、例えば、お昼まで、ぐっすりと眠ってしまうというようなことです。
 
  つまり、睡眠時間の総量は均して一定になるよう、睡眠のホメオスタシスを維持するために、こういう時刻非依存性の眠りの調整が起こるということです。
 

参考URL:http://www.ashitech.ac.jp/jhome/jssr/jsleep/kagaku/kagaku07.html

 
  ホメオスタシスというのは、生体(人間の身体など)が、ある一定の状態を維持するようになっている機構のことで、またそういう一定の状態を維持することを言います。例えば、こういう例が適当なのかどうか分かりませんが、体温は普通、病気にならないと一定です。これは体温調整のホメオスタシスがあるからです。また、身体のなかの水分も、一定に維持するようになっていて、水分が足りなくなると、喉が乾いて水を飲みたくなります。水を飲むと、水分が一定の量になり、ホメオスタシスが維持できるのです...続きを読む

Q血圧を上げる薬を飲んでいても立ちくらみが…。

高1の女子です。この頃椅子に座っていて立ち上がったり、ベットから起きて立ち上がったりすると、激しい立ちくらみがします。一ヶ月くらい前から、病院から処方されたメトリジン(2mg)とリズミック(10mg)を飲んでいるのですが、立ちくらみはひどくなっているような感じがします。採血をしても貧血などの問題は無し、座っている時と途中で立った時に血圧を測っても、「あまり変わってませんね」と病院の方に言われました。身長157cm体重40kgとやせ型なのですが、体型も関係あるのでしょうか?起立性調節障害というのがあるみたいですが、私のような症状もそれなんでしょうか?対処法も知っている方いましたら教えてください!

Aベストアンサー

あなたは交感神経を緊張させる力が弱く必要な血圧を上げることが出来ないのです。
しかし、クスリに頼っていてはいけません。自律神経の働きが低下、自分の力で血圧を上げるコントロールが出来なくなってしまいます。

体が勝手にトラブルを起こしているのではありませんよ。必ず、そうなる原因があります。
自分で原因を追究して脱却しなければいつまでもそのままです。

いくつか原因となるものをあげますので、参考にして下さい。

強い心の不安や悩みなどのストレスを抱えてる場合ですが、生きる力が衰えてると血圧上昇反射も低下。

夜更かし生活が長いと、朝眠いので血圧を上げにくい。

甘いものの摂り過ぎも急激なインスリン分泌による低血糖で脱力が強まり血圧上昇が起こりにくくなります。

日頃から体を使うことが少ない運動不足の人は筋力が低下、発熱の力が低下して低体温になっています。そうすると生体は活力を失い、血圧を上げる交感神経の働きも弱ってしまいます。

いずれにせよ、クスリに頼らず、運動、体操、食事、入浴など生活の見直しをして改善をはからないといけません。

朝起きる前、椅子から立ち上がる前、手足を伸ばしたり、屈伸したりしながら一呼吸置いてから立ち上がるようにして下さい。
塩水を少し飲んでから立ち上がるのも効果がありますよ。

自分の体は自分で治さないと、いつまでも治りませんからね。

あなたは交感神経を緊張させる力が弱く必要な血圧を上げることが出来ないのです。
しかし、クスリに頼っていてはいけません。自律神経の働きが低下、自分の力で血圧を上げるコントロールが出来なくなってしまいます。

体が勝手にトラブルを起こしているのではありませんよ。必ず、そうなる原因があります。
自分で原因を追究して脱却しなければいつまでもそのままです。

いくつか原因となるものをあげますので、参考にして下さい。

強い心の不安や悩みなどのストレスを抱えてる場合ですが、生きる力が...続きを読む

Q拡散反射光の角度依存性について

物質に光を当てると拡散反射光が出ますが、その時に言われる物質によって角度依存性が違うと言う方がいるのですが、拡散反射光の角度依存性とは、どんな事なのでしょか?詳しくお教えいただけないでしょうか?

Aベストアンサー

完全拡散面と呼ばれる理想的な面を考えます。
すると、この面で拡散反射する光は面に垂直な方向に進む成分が最大となり、斜め方向では段々弱くなります。
これは入射光の角度にも依存しません。

現実の物質ではなかなかそうはなりません。
入射光の入射角と同一の反射角方向の光(これを正反射といいます)が強くなる傾向があります。
またその程度は物質によってかなり異なります。特に表面の性状に影響されます。
物質自身の光に対する吸収/反射特性も関係します。
中には代わった拡散反射特性になることもありえます。

上記では特に波長依存性は意識しませんでしたが、実際には波長によってもその反射特性は変化します。
極端な話特定の波長の吸収が強い物質だと、その波長だけ拡散反射そのものが極端に弱くなることもあります。

ご質問から汲み取れる話としては、このような話になりますが、これでよろしいでしょうか。

Q薬を飲む時に食事後とかいてありますが、別に食事を食べなくても薬を飲んでも問題ないですよね??

薬を飲む時に食事後とかいてありますが、別に食事を食べなくても薬を飲んでも問題ないですよね??薬の効果が落ちる事もないですよね??

Aベストアンサー

薬剤師です。

食事の影響を受ける薬とうけない薬があります。
吸収に食事の影響がない薬は、食事を取らないときでも飲んでかまいません。

ですが、影響がある薬はたくさんあります。
例えば、空腹の状態で飲むと胃を荒らす恐れがあるもの(ロキソニン(鎮痛剤)他)や、脂溶性なため、食後の、胆汁が分泌してる時に飲まないと、吸収が著しく悪くなるもの(エパデール(抗脂血症の薬)他。添付文書にも「空腹時に投与すると吸収が悪くなるので食後に服用すること」と記載あり)とか。

食事が抜けるようなら、「この薬に関してはどうなのか」を調べないと意味がないですよ。他の薬で大丈夫でも、あてにならないことが多いので。

ちなみに、今は製剤技術が上がったので、一部の薬を除いてはお茶やコーヒーで飲んでも効果にかわりはないです。
もちろん水に越したことはないですが、コーヒーはあるけど、水や白湯がないからと飲むのをやめる必要はないです。お酒は駄目ですけど。

Q発電電圧の照度依存性試験

太陽光発電で発電電圧や発電電流や電圧電流特性の照度依存性試験をしたのですが
照度依存性ってなんなんでしょうか?

すみません勉強不足で・・・・・

また発電電圧は照度が上がっても変化はあまりなく、
発電電流は照度が上がると発電電流は発電電圧よりも多く上がっていき、
電圧電流特性の時は電流は下がり電圧は少しだけ下がったのですが何故なんでしょうか?

Aベストアンサー

太陽電池パネルの仕様書を、もらって無いのでしょうか?

>また発電電圧は照度が上がっても変化はあまりなく、
発電電流は照度が上がると発電電流は発電電圧よりも多く上がっていき  が照度依存性の事です。

Q血圧の薬。降圧薬を飲むと異様に無気力になったり、意気消沈したり、テンシ

血圧の薬。降圧薬を飲むと異様に無気力になったり、意気消沈したり、テンション激減したり、元気が出なくなったりしませんか??副作用なのでしょうか??

Aベストアンサー

一般的に処方される薬であるカルシューム拮抗剤やベータブロッカーはうつの副作用があるので、
その傾向がある方が使うとはっきりするのかもしれません。
降圧剤はいろいろな種類が有りますから、院内処方の医者でも3種類ぐらいは手持ちのはず。
替えてもらって様子をみてください。
そう簡単に自分に合う薬は見つからないものと思えば気が楽です。
病気によったら薬の選択ができないようなものもあるわけですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報