(思ってたより長文になりました)

周辺国が軍拡を進める一方、日本は軍縮を続けています!

航空兵力は重要な要だと僕は思います。
そこでF4ファントムの代替としてユーロファイターかF35が上がっていますがどちらが数的なことや質的に考えていいのでしょう?
また、今からはF35を採用するにも時間がかかると聞きました!
今はユーロファイターで10年くらい凌いでそのあとでF35を採用すれば日本の航空優勢は確実な気がします。

F15を主力にして汎用性に優れなおかつf22以外の戦闘機を寄せ付けないユーロファイター、憧れの第5世代戦闘機F35、日米共同開発の賜物F2などがいれば安心でしょうか?

あと、日本独自で開発が進んでいる心神は現実に装備にまで漕ぎ着けますでしょうか?
それから、アメリカが提案するF2スーパー改は実現可能性ありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは




> ユーロファイターかF35が上がっていますがどちらが数的なこと
> や質的に考えていいのでしょう?

どっちもどっちですな。(-.-)y-゜゜

EFは基本、空自が熱望する第5世代機じゃないですし、F-35は
フルスペックのBlock3がデリバリ出来るのは、どう考えても2015
年以後でしょうし・・・。

帯に短し・・・、ってとこでしょう。


> 今はユーロファイターで10年くらい凌いでそのあとでF35を採用
> すれば日本の航空優勢は確実な気がします。

航空優勢って・・・、もちろん我が国の領空ないしは、周辺空域での
話ですよね?
空自以外で、それを実行出来るのは米軍だけだと思いますよ、今
も、そして近い将来も・・・。

北方領土付近(ロシア)、尖閣諸島付近(中国)で、それぞれ半日
程度は優勢な状況がもしかしたら生み出せるかもしれませんが、
でも、しょせんその程度でしょう。

特に中国なんか、広大な空域を統制(管制)して、多数の航空機を
用いてミッションをずーーーっと継続出来る能力なんか、まだまだ
無いですから・・・。

ましてや"空だけじゃなく"海自&米海軍のイージス艦群を相手に
せにゃならんですから、それはもう"しんどい"でしょう。


> F15を主力にして汎用性に優れなおかつf22以外の戦闘機を
> 寄せ付けないユーロファイター、憧れの第5世代戦闘機F35、
> 日米共同開発の賜物F2などがいれば安心でしょうか?

20機か40機か定かじゃありませんが、そんな程度の数だったら、
思い切って"EA-18G(Growler)"にして、地上配備の電子戦
飛行隊、とか作ったら、もう(相手には)嫌がられるでしょうねぇ。


> 心神は現実に装備にまで漕ぎ着けますでしょうか?

あれは"技術実証機"ですから、実用機としての配備計画はありま
せん。


> それから、アメリカが提案するF2スーパー改は実現可能性あり
> ますか?

あり得ないでしょう。
そんな事するんだったら、スパホ買うほうがまだマシ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりましたEA18GとF/18スーパーホーネットなんかもいいって事ですね!

お礼日時:2011/03/10 21:17

今はまだいいんですが、将来の中国の航空圧力に備える戦略が必要。


今の自衛隊には致命的欠陥が2つあって、日本防衛のための制空権確保の面においてはそれは

1.法的な問題とそれに伴う運用上の問題により、原則的に先制攻撃ができない。
2.長期防衛戦略を持てない。予算権が防衛省に無い。

1によって空自のスクランブル等においては、敵機に対して圧倒的な不利が発生してます。
通常では敵が攻撃してくるまでこちら側から攻撃できません。この事情は敵側にも熟知されてます。

戦闘機同士の空中戦では、敵の攻撃前にこちら側が攻撃して敵機を撃墜するのが基本で、つまり先制攻撃が基本で、その戦術上で各戦闘機が設計されてる。
第5世代戦闘機で、ステルスというのも敵機がこちらを発見する以前に敵機を撃墜してしまおうという思想の現れだし、高速・高運動性というのも敵に攻撃させずに一方的に一気に勝敗をつけようとする戦術思想に寄与するし。

ところが航空自衛隊は敵が攻撃してくるまで待つ… という、恐ろしいほどの捻じ曲がった武士道精神をシビリアンから強制的に持たされている狂った軍隊です。
こういう我が方の戦略上では、
■敵機を数桁上まわる高度な性能を持った航空機■
でないと、航空優勢は保てません。戦略の劣勢をハードの個別性能でカバーする戦術ですね。(勿論これは日本だけの特殊事情ですよ)

これまでは軍事的に出遅れた周辺国事情と日本の高度な経済力と米国製最新鋭戦闘機の優先的供給体制とでこれが可能だった。
圧倒的な性能の航空機を所持する事により、自衛隊の「先制攻撃なし」のドバカな戦術でも日本の空を守れてきたのであります。
予定されていたF22はそのためにも必要な機種だったんですが、これを日本に渡さないと決定された。


また、2の欠陥である、予算権が防衛省になく、しかも政府・軍部のどこにもまともな長期防衛戦略を立案する部署が無い。。。。

勿論防衛省では関係者はどうやれば良いかは分かってます。
比較的安価な米国製戦闘機を導入し、浮いた防衛予算で心神後継機の開発に資金投入し、周囲を圧倒するステルス戦闘機を自国単独で生産する。
全てはそれが実現するためのつなぎ… である。とする戦略がベスト。

しかし予算権が防衛省に無いし、こういう長期的な開発計画を立てられないし、長期国防計画もまともに作られないんですよね。
となると自衛隊にとっての最良なのがF22だった。どれほど金がかかろうとも、F22で押す。と。

F22が×になった現在、万事休すでして、この万事休すの中での数少ない救いの手がユーロファイターの導入ですね。
これをライセンス国内生産する。制空能力はF22に次ぐ能力があると目されてるし、戦闘機技術を学べる部分も大きい。国内防衛産業も維持できる。
改造もかなり自由に許可されるとの話でもあるし。

将来はユーロファイターで制空戦闘を、心神後継機で海洋防衛を、、、と。
日本は制空戦闘機だけでもダメなので、異様に航続距離が長くて大型対艦ミサイルを沢山持てる戦闘機が必須。それが将来の心神後継機。。国産。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

やっぱり国民一人ひとりの意識の問題と社民党や公明党、共産党などの左翼、宗教カルト勢力の横暴で日本がこんなに苦しめられている!

中国・朝鮮などに揺すられて。
次期戦闘機の議論ももっと真剣に行われなければならないし、今の日本には問題が山済みな感じがします

今はユーロファイターで少し時間を稼ぎながら、その時間でF35にするのか心神にするのか、
決めていくべきですね!

僕個人として言わせてもらうと心神かな?って思っています!

お礼日時:2011/03/11 20:52

ユーロファイター・タイフーンはいわゆる4.5世代、導入が現実的な機体ですが、空自はそれほど欲しがってはいません。


なにより中国のように数を揃えられない以上、量より質で勝負するしかなく、そのためにはできるだけ新しい世代の機体が望ましいと考えているようです。
40機程度のユーロファイターで10年を凌ぐ、というのは極めて中途半端なんですよ。無駄に機種を増やすのは、長い目で見て費用対効果の面で不利です。
有力視されているトランシェ3はまだ開発中ですし。

F-35は早くて2015年、今から購入を希望したとしても、ライセンス生産も絶望的な上に、計画もまだまだ不透明、買いたくても買えない状況です。

ただ、中国がどんなに経済力に物を言わせて、いろいろな機体を開発したとしても、技術を習得し、ノウハウを得て戦力化していくのは並大抵のことではありません。
アメリカですら、F-22を開発から実践レベルに持ち込むまでには20年以上を費やしていますから。
なおかつ、海上には高性能なイージス艦もあり、まだまだ日本側は優勢なのです。


私は、中途半端な4.5世代機を導入するのであれば、F-15J MSIPのレーダー・セントラルコンピュータ改装と寿命延長改修を早くすすめるべきと考えています。
なにせF-15Jは初期の機体からもう30年以上の運用実績があり、運用やメンテナンス、改良等の技術も確立しているからで、老朽化をいかに防ぎ、電子装備の陳腐化を改善していくことのほうが重要です。
さすがに機体自体の性能は、ユーロファイターやSu-35系にやや劣るかもしれませんが、現代の戦闘はアビオニクスの優劣が勝敗を分けると言っても過言ではありません。
陳腐化が進む電子装備の改善を急ぐべきです。


心神は技術実証機であって、次世代機開発のため実験をする機体であって、戦闘機ではありません。
例えここから自国開発の戦闘機へ発展させたとしても、向こう20年はかかるでしょう。

F-2 Super Kaiは、ロッキードマーチンが2004年に提案したプランですが、自衛隊がこれを採用検討したこともなく、それ以降は何の話も出ていませんので、現実はありえません。


自分はなんとなくF-18の改良型が採用されそうな気がしているのですが…。
慣れているアメリカ機ですす。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、僕もf15近代化改修をやるべきではないかと思ったことが何度かあります。

このような小さな声を大きなうねりに変えて日本政府や防衛省、そして国民的な議論を交えながらやらないと日本の安全保障が中国朝鮮などに脅かされてしまう!

一刻も早くこのFX選定を行う事を我々、国を愛するものは考えていかなければ!

お礼日時:2011/03/10 23:30

ちょっと勘違いしているようですが、航空兵器が優れていれば優位に立つと言う訳ではありませんよ。


いくら優秀な航空機でもパイロットの腕が悪ければ、劣勢になります。

先の戦争のとき日本海軍は搭乗員(パイロット)の命を軽視したため、開戦からわずか10ヶ月で熟練の搭乗員の80%が戦死しました。
翌昭和18年の南太平洋海戦ではとうとう開戦以来の熟練の搭乗員の95%が戦死して、この後は飛行時間が100時間や200時間と言う素人のような搭乗員が主力になりボロ負けに負けました。
昭和19年には最新鋭の爆撃機や雷撃機が登場したにも関わらず、マリアナ沖海戦では380機出撃して無事に母艦に帰還したのは20数機と言う惨憺たる結果に終わりました。

自衛隊の最大の弱点は実戦経験がない事です。
仮想敵国の中国大陸やロシア、一応味方のアメリカでさえ国内で実戦さながらの大規模な軍事演習が出来ます。
翻って日本は軍事演習をやろうものなら、左翼陣営から集中攻撃されますね。
こんな事でどうするのでしょう。

空中戦や爆撃・雷撃をした事がなくてどうやって航空優位にたてるのでしょうか?
ただミサイルを撃てばよいと言うものでもありません。
それに優秀な戦闘機を持っていればよいというものではありません。
国を守るのには、優秀で経験豊富なパイロットこそ必要です。

質問者様は飛行機がお好きなようですが、飛行機だけが優秀でもなんともならないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、すいません。
でも、悔しいです。

実践さながらの訓練は出来ないんですね・・・。
僕はてっきり航空自衛隊は100時間もの訓練を年間を通しやってると聞いたものです!
でも実践に対応出来なきゃ駄目じゃん。

くそー、左翼の妄想的平和主義の野郎、一体日本をいつまで苦しめるつもりなんだ!(怒)

お礼日時:2011/03/10 20:21

いくら性能の優れた戦闘機でも輸入する戦闘機は「日本仕様」となり性能を落とした装備になります。


攻撃能力を落とした使用となるのです。それは憲法上の問題で攻撃能力は落とされるのです。
日本独自で一日も早く開発すべきですがご存知の通り防衛関係予算は縮小されている為なかなか開発が進まないのです。国民(政権)の国家感の欠如です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにF4ファントムが導入されるにあたって当時のベトナム戦争の衝撃的な活躍から、
当時の野党社会党(ウリナラマンセー、中国朝鮮大好き)の攻撃から与党の自民党が攻撃力を落とした上での導入になってしまった事は聞きました!
一人ひとりの国民が左翼は言ってる事おかしいと言うところになってから議論すべきでした。

最もおかしいのは今の菅直人や土井たか子など朝鮮人かと疑いたくなるような奴がルワンダに行ったときなんか小銃一丁か二丁かなんて馬鹿な議論がまかり通ってた!
でも、今はそこまでおかしな議論は社民党や公明党以外は言わないし、歴史や軍事に対しての認識が良くなりつつあるのでまだ期待できます!

お礼日時:2011/03/10 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次期主力戦闘機がF35に正式決定

次期主力戦闘機、F35の採用を決定
2011/12/20 10:28

 政府は20日午前、安全保障会議を首相官邸で開き、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として米国製の最新鋭ステルス機F35の採用を決めた。同機は米ロッキード・マーチン社製で、米英など9カ国が共同開発する。レーダーに発見されにくい高ステルス性や僚機との情報ネットワークシステムといった性能面で高い評価を得た。続いて開く閣議で了解を得る。

 FXはF35のほか、米国のFA18(米ボーイング社製)と英独など欧州4カ国が共同開発するユーロファイター(英BAEシステムズなど)が候補だった。防衛省と空自は9月末以来、性能や経費、国内企業の参画度合いなど4項目の評価基準を基に、点数評価制によって選定を進めていた。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0E2E2E2828DE0E2E3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

F22がダメになってついにF35に正式決定したみたいだね
F35めっちゃかっけーけど強いのかな?中国とか北朝鮮とかガクブルしちゃうかな?
皆はF35のことどう思うかな?

http://www.youtube.com/watch?v=tgwW_hxmZAU

次期主力戦闘機、F35の採用を決定
2011/12/20 10:28

 政府は20日午前、安全保障会議を首相官邸で開き、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として米国製の最新鋭ステルス機F35の採用を決めた。同機は米ロッキード・マーチン社製で、米英など9カ国が共同開発する。レーダーに発見されにくい高ステルス性や僚機との情報ネットワークシステムといった性能面で高い評価を得た。続いて開く閣議で了解を得る。

 FXはF35のほか、米国のFA18(米ボーイング社製)と英独など欧州4カ国が共同開発するユーロファ...続きを読む

Aベストアンサー

ロッキードが技術サポートの条件が一番良く、ステルス技術などをパクりやすいので、次期の国産化に有利と言う判断。

性能面では最先端だけど、その分、実績が無く信頼性は低い。
まあ日本人の器用さ・賢さで、上手く操縦・運用すれば、ソコソコは機能するでしょう。


> F35めっちゃかっけーけど強いのかな?

デザイン的には・・戦闘機史上、最悪の部類だと思う。


> 中国とか北朝鮮とかガクブルしちゃうかな?

日本の次期戦闘機くらいには、一喜一憂を垂れ流さない。
中国や北朝鮮は核保有国であり、専守防衛の日本とは、戦略・戦術が根本的に異なるから。

アチラは日本に核ミサイルを着弾させば勝ち。
コチラは一発でも着弾させられたら負け。
この違い、判る?

攻めより守りの方が、遥かに大変なのヨ。

Q次世代戦闘機「F35」、韓国の入札で脱落。

webニュースで見たのですが、韓国の聯合ニュースは16日、【韓国軍が2017年の実戦配備に向け進めている次世代戦闘機の入札で最新鋭ステルス戦闘機F35Aが外れた】と報じたとありました。これは、日本の航空自衛隊が、導入しようとしていた次世代戦闘機「F35A」が、入札時に、韓国の入札により、導入を外したと言う事でしょうか?それとも、日本はまったく関係なく、韓国が選定対象から、F35Aを外したと言う意味でしょうか?米ボーイングのF15SEとユーロファイターの2機種に絞ったとありますので、韓国側のみのニュースと思うのですが、『航空自衛隊が』ともあります。横槍ならば、尚も嫌がらせが続いている訳で、今後韓国に支援金や、しなくとも良い賠償をするならば、国民選挙をして欲しいものです。特亜に税金を注ぎ込むのは、大反対です。

Aベストアンサー

日本の自衛隊には導入決定済みです。日本は全く関係ありません。日本の場合、価格は2の次で、当然開発費補てんの意味合いもあります。有事の際、敵国がどこかになりますが、北朝鮮・中国・ロシアとなると、実際に攻撃するのは日米どちらになるのか判りませんが、緒戦は最新鋭の武器で叩くことが最重要になりますので、同じ攻撃機である方が戦略面も補給面も有利なのです。

単に韓国は現実的な案としてF15保有国としてSEを導入を考えているだけです。ユーロファイターは無いです。

QF35の導入で大丈夫なのか…

自衛隊が導入予定のジェット戦闘機のF35ですが、実際のところ大丈夫なんですか。
まずくすれば、日米共に次期主力戦闘機不在、若しくは大幅な戦力減となって、対中国制空能力は灰燼に帰すのでは…
尖閣有事の際にも勝機はありませんよね。

また、防衛大臣はF35の価格が安くなったので追加注文も検討するとか何とか言ってましたが、そもそも価格不明な機体の価格が安くなったから… というのはバカと違います?
向こうは価格を安くする分、当初の価格を値上げして計算してますよね。

以上、どんなもんなんでしょう。軍事機密に属する部分もありますので、間違っててもバレませんので気軽な気持ちで教えてもらってもOKです。

Aベストアンサー

ロイターによれば
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN0FL07I20140716
F35はエンジンを2つでなく1つにしたためにそこが弱みになっているそうです。2007年以降13回も飛行停止。そのためエンジンの再設計中のようですが、設計の失敗という批評家もいます。

米国は2400機のF35を導入予定で、オーストラリアは58機、韓国は40機を購入する計画。日本はとりあえず24機導入予定で、その後(F15の置き換えで)追加発注もあり得るとのことです。オスプレイも最初は不評でしたが、今では事故も少なくなっていますから、F35についてももう少し様子を見るというところでしょうか。

一方ではF35の後継機として2030年を目指して国産ステルス機を開発中です。これにも期待ですね。
http://aviationweek.com/awin/japan-aims-launch-f-3-development-2016-17
http://defense-update.com/20140418_atd-x-shinshin.html#.U85Xaqhj2SM

ロイターによれば
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN0FL07I20140716
F35はエンジンを2つでなく1つにしたためにそこが弱みになっているそうです。2007年以降13回も飛行停止。そのためエンジンの再設計中のようですが、設計の失敗という批評家もいます。

米国は2400機のF35を導入予定で、オーストラリアは58機、韓国は40機を購入する計画。日本はとりあえず24機導入予定で、その後(F15の置き換えで)追加発注もあり得るとのことです。オスプレイも最初は不評でしたが、今では事故も少なくな...続きを読む

QF35。仕様が違うようですが、改は許されるの?

webを見ていたのですが、航空自衛隊の次期主力戦闘機として採用する空軍仕様のF35Aについて米は、”日本に売却するF35には3F型ではなく、至近距離の空中戦が不可能な「3I型」が搭載されると明言、日本側の要求を満たさない戦闘機しか納入できないことを認めた”とありました。春先のニュースのようですが、当方が目にしたのは初めてでして、この米と日本で仕様が異なるF35ですが、納入後、日本が独自の技術を搭載する事は認められているのでしょうか?それとも許されない事なんでしょうか?日本の得意とするところで、アメリカ以上のモノが出来そうですが?

 

Aベストアンサー

>納入後、日本が独自の技術を搭載する事は認められているのでしょうか?それとも許されない事なんでしょうか?

許されています。

>日本の得意とするところで、アメリカ以上のモノが出来そうですが?

出来そうです。

日本が最初に取得する F35A が Block2B/3I であるのは開発が遅れに遅れている F35A の Block 3F が完成するのを待っていられないので、Block 3F の試験機とも言える Block 2B/3I で良いから訓練及び実証用の機体を取得する予算を計上しただけのことです。

訓練を終えて前線に就く空自隊員達が使用する F35A は Block 3F の日本向け改修版になります。

米空軍は既に Block 1A~2B を 70 機近く発注し、取得していますが、その殆どが Block 2B/3I 以前の「Missile を撃てない、飛行訓練専用の機体」であり、Missile を撃てる機体は日本が最初に取得するものと同じ Block 2B/3I からとなります。・・・いずれ一部の機体、Block 2B/3I は Block 3F に改修される筈です。

Block 1A~3F は以下のようになっています。


Block 1A
LRIP (Low Rate Initial Production:初期低率生産) Lot 1 を 2 機、Lot 2 を 12 機を米空軍に納入済み
兵装の運用能力を持たず、基本的な飛行制御能力のみの Software を搭載する機体で、初期的な訓練に使用する。

Block 1B
LRIP Lot 3 を 17 機、米空軍と英空軍に納入
Block 1A の Avionics 改良型で、兵装の運用能力を持たず、基本的な飛行制御能力のみの Software を搭載。

Block 2A
2013 年度生産分までの LRIP Lot 4 を 32 機、Lot 5 を 35 機米空軍に納入
基本的な Data Link や Radar/Sensor Fire Control System を搭載する機体で、兵装関係の Simulation を行える。

Block 2B/3I
2014~2016 年度生産の LRIP Lot 6~8 で、IOC (Initial Operating Capability:初期作戦能力) を有する。
日本が取得する最初の機体もこの Block 2B/3I。
爆弾倉に内装する中距離空対空 Missile、滑空誘導爆弾、Laser 誘導爆弾を最大 2 基まで運用が可能。
F35A は爆弾倉にこれらを最大 4 基まで内装できるが、兵装試験機の意味合いを持つ Block 2B/3I では 2 基までの運用能力に制限しており、これを IOC 機と呼びます。

Block 3F
2017 年度生産の Lot 9 以降の機体で、完全な Mission 遂行能力を持つ。


F35 は開発が遅れて日本が取得する最初の機体は Block 2B/3I になるのですが、この機体は訓練及び実証機ですので兵器が使えて訓練に支障を来さないものであれば良いのです。

勿論、訓練を終えた隊員が最前線に就く際の機体は完全なものでなければならないのですが、その頃には Block 3F の取得が可能になっています。

ただし、米空軍向け F35A が使用可能とする Missile/爆弾群の中には航空自衛隊が使用しない兵器も含まれますし、F15J 用に独自開発した AAM4 (99式空対空誘導弾) は F35A に搭載不可能、AAM5 (04式空対空誘導弾) も F35A 側に改装を要する Missile であるなど、航空自衛隊用には独自の改良が必要になる可能性があります。

F15J は J-MSIP (Japan-Multi-Stage Improvement Program:日本専用多段階能力向上計画) によって 2 度の近代化改修を受けており、F35 も当然のことながら日本独自の改修が施される筈です。

2010 年から配備された J-MSIP-2 (形態二型) 改修機は F35 のような JHMCS (Joint Helmet Mounted Cueing System:Helmet 内装着統合目標指定装置) で AIM-9X のように発射直後に反転してすれ違った敵機を追える AAM5 (04式空対空誘導弾) を撃ち出せる世界最強の F15 戦闘機になっています。・・・因みに米空軍の F15E や韓国空軍の F15K は攻撃機型であることから下図のように高度 7600m で超音速へ加速しても M1.3 程度しか出せないのに対し、空自の F15J は軽く M2.0 超への加速が可能であり、どちらが先により高い高度と速度で相手の背後に回り込めるかは機体の飛行性能からも明らかです。

なお J-MSIP-2 では F35A のような IRST System (Infra-Red Search and Track System:赤外線捜査追跡装置) の搭載も予定して 2008 年には実機搭載試験を開始して 2010 年には開発が完了したのですが、実戦配備は時期尚早と判断されたのか 2012 年度改修予算からは外されています。

日本が取得する F35A は米空軍が取得する F35A (Block 3F) と機体の飛行性能は同じものですが、電子戦装置 (電波攪乱装置) や一部の Missile などが日本独自のものになるだろうと思います。

別に日本向けだから Grade Down しているというわけではありません。・・・そのような勘ぐりは杞憂です(^_^;)。

日本では核弾頭 Missile や対 Radar 突入 Missile、大型誘導爆弾なんて使いませんので、そのようなものを使えるようにするための可動部品や Computer Program などを搭載しても故障原因が増えるだけで何の Merit もありませんので、必要なもものだけを最高の Grade で取得するだけのことです。

実際 F15J では電子線装置を Black Box 化 (中味は非公開) 化されたのですが、それならば独自のものにしてしまおうと、日本は独自の装置を作ってしまいました。

更に F15J では Stealth 性を有する小型無人 Jet を翼下から射出できるようになっており (下写真)、つい先日、尖閣諸島近辺の飛んできたところを日本の Radar 網に引っかかり、Scramble 発進した F15J に写真を撮られた中国の小型無人 Propeller 機 (翼龍) とは違って中国の Radar 網に引っかかることなく偵察をしてくる能力を持っています。・・・米国では一時、ICBM 弾頭を撃ち落とす Missile を装備できる F15C を作ったことがありましたが、勿論、日本には必要の無いものです。

日本向け F35A は米国からただ供与されるだけの Grade Down Model ではなく、日本独自に開発するものが加わるものですので、米国製よりも性能が劣るというわけではない筈です。・・・なにしろ F15J MSIP-2 では米国の F15 最終型である F15E や韓国に配備されたばかりの F15K を遙かに凌ぐ空対空戦闘能力を所有するに至っているのですから・・・。

>納入後、日本が独自の技術を搭載する事は認められているのでしょうか?それとも許されない事なんでしょうか?

許されています。

>日本の得意とするところで、アメリカ以上のモノが出来そうですが?

出来そうです。

日本が最初に取得する F35A が Block2B/3I であるのは開発が遅れに遅れている F35A の Block 3F が完成するのを待っていられないので、Block 3F の試験機とも言える Block 2B/3I で良いから訓練及び実証用の機体を取得する予算を計上しただけのことです。

訓練を終えて前線に就く空自隊員達...続きを読む

Q韓国 次期戦闘機 F15SEの性能は?

仮定の話ですが、今、韓国は米国離れというよりは、中国に重点を置かざるを得ない状況と思います。国内での人気獲りの為なのか?重なる嘘が、とうとう限界に来て、反日を旗印にせざるを得ないのか?そんな事は知った事ではありませんし、この事が今後の日韓関係において、二度と助けない、援助はしないという方向に向いてくれれば大歓迎なんですが、今後、日米と中国で、尖閣諸島を巡る紛争が起き、韓国が中国側についた場合、韓国が購入したF15SEとは、かなりの戦闘性能を持った戦闘機なんでしょうか?それとも日本が購入したステルス機(F35Jでしたか?)の足元にも及ばない程度の戦闘機でしょうか?殲は相手では無いとして。

Aベストアンサー

>韓国が中国側についた場合、

F15系の部品供給が止まりますので、1年ぐらいで飛ぶ事が出来なくなります。
飛ばないF15はF15KでもF15SEでも同じ鉄クズ(ジュラルミン・クズ?)ということです。

韓国が部品を作れない国である事はご存じでしょう?
海軍はイージス艦を3隻保有しておりますが、部品の調達を含む維持・整備ができずに、米韓合同演習の時に3隻中の2隻が軍港で”おやすみ”していた韓国です。
現在は自由主義圏におるので、注文すれば欲しいだけ部品を買える状態でさえも、このていたらくですよ。
F15SEの部品は高度な技術が必要な部品ですから100%アメリカのボーイング傘下の指定企業から調達するしかありません。

(仮定の話ですが)アメリカの属国から離れたら、F15KもF15SEも滑走路に置いたまま脱出訓練などにつかわれるだけでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報