クレーム費用の相殺仕訳について教えてください。

当社(A社)が負担する取引先(B社)のクレーム費用(10円)を、B社への売上(100円)と相殺してくれと言われました。

実務的な流れとしては、

1)100円の売上伝票の発行
2)マイナス10円の売上伝票の発行

となるのですが、この場合の仕訳は以下の通りで宜しいでしょうか。
ちなみにクレーム費用については当社では通常、外注加工費として処理しています。

1)売掛金 100/売上 100
2)外注加工費 10/売掛金 10

※売上を直接減額するのはおかしいですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その仕訳でもええよ。



きっちりやるなら、費用の仕訳はA社がクレーム費用を負担するて合意した日付で、相殺の仕訳はこのタイミングで相殺なて合意した日付で、それぞれ切ることになるわ。せやから、例えば後日の入金時に相殺てことで合意しはったんなら、合意した日と入金日とが違うもの、合意した日に外注加工費の未払金とか買掛金とかで仕訳して、入金時に未払金とかと売掛金とを相殺する。

でも、金額大きうなければ、売掛金でいきなり差っ引いても構へんし、日付もどっちでも構へん。

もち、負担するて合意した日と同日に相殺もしてまえて話でまとまってたなら、売掛金から直接差し引いて全く問題あらへんよ。

売上を減額するんは、売上を値引きしましょとかいう話でまとまったときな。値引くて話で合意がないといかん。逆に、値引くて話で合意したなら、値引く理由は何でも構へん。

せやから、クレーム分を負担て話から出発しとっても、その分だけ売上を値引くてことでもしも合意しはったんなら、売上を減らすし、むしろ売上を減らさないかん。

まそんなとこ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼遅くなって申し訳ありません。
地震で全てひっくり返ってしまいました。

お礼日時:2011/03/25 18:02

これは売上値引きには当たらないでしょう。


貴社が最初からB級品や規格外を承知で安値で売る場合は値引きと言うことになると思いますが、この場合は通常は発生しない販売後に生じた事故ですね。

通常の製造工程や販売過程で日常的に発生する程度のクレームは製造原価か売上原価に含めます。

一方、予期しない事故等は臨時的費用という性格上、別な処理をするほうが普通です。
金額がそれほどでもなければ一般管理費、ある程度であれば営業外費用、会社の利益を帳消しするほどの巨額であれば特別損失ということになります。

したがって、外注加工費という科目を一旦使ったとしても、決算書上でその影響が大であれば表示の組み換えで営業外や特別損失などもありえるケースだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

お礼遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2011/03/25 18:03

普通は売上値引じゃないの??



売上代金を、取引量、クレームなどを理由として減額した場合に用います。


2)売上値引 10/売掛金 10

本来の外注とクレーム値引きが混在し、実際いくらの値引きが発生してるか
速やかに把握できない。

適正な原価率が把握できない。

>※売上を直接減額するのはおかしいですよね?

外注加工費の方がおかしい。普通は売上値引きを使うけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼遅くなって申し訳ありませんでした!

お礼日時:2011/03/25 18:04

相殺というのは債権債務が両建てで同じ相手にある場合の処理です。



従って通常は相殺は資産勘定、負債勘定の間で行います。

上記の例で言えば

 売掛金   100/売上高 100   売上計上
 外注加工費 10/買掛金  10   クレーム計上

買掛金  10/売掛金  10   債権債務相殺

という流れです。

普通は、売掛金の回収や買掛金の支払いは毎月定時に行いますね。
実務はその回収や支払いの時に同時に相殺処理をするので、売掛金と買掛金の相殺のような処理になるのではないでしょうか。

もちろん臨時に 外注加工費 10/売掛金 10
の仕訳を起すのも間違いではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明ありがとうございます!

御礼遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2011/03/25 18:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上げの全額を返金したときの仕訳について

個人事業主で、青色申告します。

複式簿記での、仕訳についてお教えください。


(仮に下記のような場合)
売上げの入金が、5月12日に、事業用口座へ、15000円あったのですが、

諸事情により返金することになり、2日後の14日、事業用口座から全額15000円返金として支払いました。


当方にはめったにない事例で、この場合の仕訳はどのようになるのかわからず、困っています。
どなたかお詳しい方、ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

個人事業ということですので、売掛金勘定を使用せず経理をしているとすると

5/12  普通預金 / 売上 15,000円
5/14  売上 / 普通預金 15,000円

ということになります。
売掛金勘定を使用しているとすると

5/12 普通預金 / 売掛金 15,000円
5/14 売上  / 普通預金 15,000円

こんなところでどうでしょうか?

Qクレーム品処理後のお詫品の取扱いについて

お世話になります。
食料品加工業者です。
先般、取引先に生鮮食料品を納品しておりましたが、同品にクレームがあり、別の品をもってクレーム対応を取らせていただいておりますが、本生鮮食料品は各家庭に配達されたものでして、お詫びの品として、調味料セット(1セット3,000円×370セット)を当該家庭にお届けいたしました。
この場合のお詫びの品に係る費用は、損金処理できますか。交際費扱いなどのように費用として認められないものに該当なるものでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業務に関連している費用ですので、損金経理できます。また、交際費等とは、得意先や仕入先その他事業に関係のある者に対し、接待、供応、慰安、贈答などの行為のために支出する費用をいいます。
今回の場合は、一般消費者に対しての損害賠償費用ですから、交際費に含めないでいいと思います。表示上は特別損失などで計上するのが一般的なのではないかと思います。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q不良品処分の会計処理について

衣料品小売店において、不良品(自己)や売れ残り品を廃棄処理した際の仕訳を教えてください。初歩的な質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

商品の廃棄に関しては、本来棚卸資産の費用化なので、期末棚卸高から控除されていれば、売上原価として費用化できます。
しかし、売却したわけではないので、売上原価から除き、営業外費用や特別損失として別建てする必要があります。
会計では、このようなケースを「他勘定振替」といい、PL表示上はグロス計上された当期商品仕入高から間接的にマイナスし、別勘定で改めて計上することになります。
帳簿上の仕訳としては、商品廃棄損とか雑損失として、仕入勘定から振り替えます。
いずれにしても、本質は、「本来、売上原価計算の対象となる仕入物が、本来の売上原価計算からはずれて、他勘定へ振り返られる」ということです。
そこが明示できれば、ある意味、勘定科目は「雑損失」でも「廃棄損」でもかまいません。

Qお客様への菓子折りの勘定科目を教えて下さい。

初歩的な質問になりますが、
お客様に、従業員がお渡しする、お詫びの菓子折り代としての費用は、接待交際費か雑費か教えて頂けないでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

少額であれば、どちらでも構わないと思いますが、接待交際費で処理するのが一般的です。

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。

Q不良品の処理について

工場で製造したお菓子が製品として出庫した後に不良品であ
ることが判明しました。
この不良品に使用した原料は製造原価の原料費にはならずに、
営業外費用の雑損失に振替えないとだめでしょうか?
また製品として出庫される前の段階で不良品と判明した場合は、原料費ではなくどのような科目に計上したらよいでしょうか?

Aベストアンサー

 具体的な処理に合わせた、経理処理をする必要が有ります。
>出庫した後に不良品であることが判明しました。

 返品処理ならそのように(売上げ減、→製品(在庫)廃却処理)
 製品の交換ならそのように(製品(在庫)廃却処理)
 これらは、御社で損失処理の方法が決まっていませんか?

>この不良品に使用した原料は製造原価の原料費にはならずに、

 これは、変りません。製品が不良になっただけで、製造原価は変りません。

>製品として出庫される前の段階で不良品と判明した場合は、原料費ではなくどのような科目に計上したらよいでしょうか?

 製造段階であれば、製造段階の損失として管理されます。(製造原価の一部になります)
 製品在庫勘定で出荷前に不良とわかって廃棄する場合は、製品在庫廃却処理

 上記それぞれの具体的処理の仕方は、会社の規模などにより異なると思いますので、御社のルールに沿ってやる必要が有ります。
 
 

Qシステム使用料の勘定科目

経理初心者です。会社で楽天のシステムを使用しています。システム使用料は勘定科目は何になるのですか?このような質問ですみませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は
支払手数料 楽天 現金
で起票しています。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報