NZの地震と、今回の東北の大地震は、
関係あるのですか?
NZでプレートが動いて、その影響で日本の東北のプレートが動いた
なんてことは、あるのでしょうか?
もし、どうだとしたら、今後まだ日本で地震がおくるんじゃないかな、と不安です・・・
こういった方面に詳しいかた、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

多くの番組でやっていますが、プレートが違うので関係ありません。




Youtube 津波・地震無料動画まとめ@東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)
http://blog.livedoor.jp/youtubedougamatome-tsuna …
    • good
    • 1

オーストラリアのブライアン・エバンス教授は、「関連しているのは間違いない」との見解をオーストラリアン紙に発表、「ある場所でずれが生じると、ほかの場所にストレスが生じえる、地震や津波が続いて起こることは異常なことではない」と述べた。

日刊ゲンダイより

ちなみに、テレビで、これから1週間くらい地震が起きる可能性を言っていた。
    • good
    • 3

今朝見たニュースの中に、こういった記事がありました。


http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-11 …
そうだとすれば本当に恐ろしいです。
    • good
    • 2

離れすぎています


100%無いと言って良いでしょう
有るとしたらもっと世界的に起きていると思います
今後の地震の可能性は、余震は2週間前後あると思って下さい
さらに大きい地震の発生の可能性は、過去の資料から、無いとは言えません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですか?
近い気がしていました。でも、遠いといわれるとそうかと思いました。
でも、まだ、大きな地震があるかもしれないんですね?
これ以上、被害がひどくならないといいと祈るばかりです。。。。
ありがとうございました!!!

お礼日時:2011/03/12 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地震の前兆?

最近日本海側で、ダイオウイカやリュウグウノツカイなどめったに見られない深海生物が浜に漂着するケースが相次いでいて、これらの深海魚は海底変化の影響を受けやすいため、いま海底で何かが起きていて、漂着は地震の前兆ではないかというニュースを見ました。

☆地震の前兆ではないとすると、ほかにはなにが考えられますか

☆地震の前兆だと仮定した場合、地震がおきるのはそれらの漂着がみつかった浜の近辺ということなのでしょうか

Aベストアンサー

さすがに詳しい学術研究はないので発生源等に関しては何ともですが・・・
一般に地震の基となる岩盤破壊、あるいは地下のマグマなどの動きで
地磁気が乱れるのか、電磁波が発生するのかのメカニズムがあるとみられています。

この乱れを動植物は嫌う傾向にあり、色々な変態行動をおこします。
海洋では深い場所の異変なら深海魚、浅い場所なら底物の魚がよくかかるときが
要注意といわれています。

この過程通りならば逃げてきた先で地震が発生する可能性はあります。
ただ、温暖化で北極や南極の氷が溶けて、深海の海流に異変があるのも事実です。
結局のところ生態系も何も謎に包まれているので何ともいえないのですが、
獲れた近くの人は用心をした方がいいという当然の帰結に落ち着くでしょう。

話は変わりますが、オーストラリアの地質学者が今後50年以内に東アジアで
プレートの異変があると警告しています。
主にヒマラヤの造山運動に関することらしいですが、その過程で中国内陸部に
多くの巨大地震がおこると警告しています。

まあ、世界的に活動期に入ったようで、それを象徴するように巨大地震が
立て続けにおきているのは不気味ですね。

さすがに詳しい学術研究はないので発生源等に関しては何ともですが・・・
一般に地震の基となる岩盤破壊、あるいは地下のマグマなどの動きで
地磁気が乱れるのか、電磁波が発生するのかのメカニズムがあるとみられています。

この乱れを動植物は嫌う傾向にあり、色々な変態行動をおこします。
海洋では深い場所の異変なら深海魚、浅い場所なら底物の魚がよくかかるときが
要注意といわれています。

この過程通りならば逃げてきた先で地震が発生する可能性はあります。
ただ、温暖化で北極や南極の氷が...続きを読む

Q【大地震】今現在、大地震のまえの静けさなのでしょうか??

・週末地震説

・日本付近で台風通過後あるいは雷雨のあと晴れたときが要注意
新潟中越地震、能登半島沖地震、新潟中越沖地震がそうだった

・TEC21(www.tec21.jp)によると29日ごろにM4地震多発だと日本付近で大地震リスク高い
釧路沖M4地震1個
福島県沖M4地震2個
伊豆諸島M4地震2個
この1~2日で合わせて5個

・USGS(earthquake.usgs.gov/eqcenter/recenteqsww/Quakes/quakes_big.php)によると
M5.0 2008/08/29 10:20:55 MINAHASA, SULAWESI, INDONESIA
日本時間できょう19時でM5地震が丸一日おきてないこと

とブログに書いてあったのですが。。
今現在、大地震のまえの静けさなのでしょうか??

Aベストアンサー

予測不能ですから、いつ大地震になっても不思議はないでしょう。

リスクは、常に同じです。マックスです。

備えあっても、憂いばかり。みんな、本当に備えできてますか。

事後の対処に万全を期するのみでしょう。
しかし、そこも怪しい状況でしょう。巨大地震だとお手上げです。

自然の威力・脅威には、翻弄されるのみのようです。

Q福島県で地震が続いてますが大地震の予兆でしょうか。

福島県で地震が続いてますが大地震の予兆でしょうか。
又は火山の噴火では。

Aベストアンサー

こればっかりは判りませんね。

地震とは、断層のズレが発生しそのズレが耐えられなくなった時に発生します。

小さな地震が続くと、ズレの大きさが小さなうちに地震によってズレが収まっていると言う事も考えられますので、それにより大きな地震にならなくて済んでいるという考え方も有ります。

かといってそれ以上に大きく断層が動いているのであれば、さらに大きな地震が発生する可能性もあると言う事にもなります。
簡単に断定する事は出来ません。

Q10年前の阪神大震災から今回の新潟中越地震、復興の取り組み方

阪神大震災から丁度10年、「99年頃といえばまだ日本がバブル崩壊前の経済成長に戻れるという幻想が辛うじて残っていた、だから復興の形もそんな80年代そのものだった」という言葉を聞きました。ゼネコンが前面に出てきて復興復興と進められ、莫大な電量を消費するイベント「ルミナリエ」などの復興のアピールをもって目に見える亀裂だけを塗り固めていったような復興と語っていました。
被災者を疎開させて、神戸に人工的な基盤をつくって全く新しい町にするという発想すら語られたといいます。震災は貧しい人から犠牲にしていきました。

そんな時代から10年。また悲劇が起こったのですが、今回復興に対する取り組み方や視点は変わったのでしょうか?良くご存知の方があれば現状を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
日本の大災害の復興では、大抵、そういう型の復興になっちゃってますね。

ただ、今回の新潟の方では、関東や阪神といった大都市とは違う側面がかなりあるかと思います。

というのは、被災地の多くが農村である事で、ビルがいっぱい建ち並び、コンクリートだらけにして・・・って条件はまずないでしょう。

類似例で、三宅の噴火では、やっと現地に帰れるようになりましたが、入ったゼネコンの仕事はもっぱらライフライン確保で、大規模開発、再開発の類ではないです。

新潟でも、帰れるかどうか・・・という状況らしいですが、こういう点でどういう復興をするのか、大変興味深く見守っていくつもりです。

願わくば、元のような仕事を再開できるような復興になって欲しいです。
間違っても東京のようなコンクリートジャングルにして欲しくないですね。

奥尻島のような復興がのぞまれます。

Q夢占いお願いします、地震速報の夢を見ました。

夢占いお願いします、地震速報の夢を見ました。
彼氏と部屋にいるとき、テレビで『北海道で震度11』という地震速報が流れるという夢です。
地震の夢は環境の大きな変化の予兆を意味するようですが、地震速報はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

占いには詳しくありませんが、回答してもいいでしょうか?私も夢はよく見ますが、私の場合ストレスを発散しているようです。と大学で心理学を学んだ妻がいつも言います。
で、私の直感で申し訳ないのですが、あなたの見られた地震速報の夢は、「大きな転機」を意味しているのではないでしょうか?あるいはあなたの潜在意識の中にそのような渇望があるのかもしれません。例えば転職や結婚などが、近い将来に待っている気がします。

Qなぜ東北大地震で日本の揚陸艦は出動しないのでしょう

今回、アメリカ軍の支援で空母の他、最新の強襲揚陸艦を派遣してくれています。
しかし、日本の自衛隊も「おおすみ」型揚陸艦3隻や「ひゅうが」型ヘリ空母系護衛艦など、被災地域支援にはぴったりの艦船を保有しています。

「おおすみ」型にはホバークラフト型揚陸艇があり、港湾施設が壊れ、また沿岸部の道路が寸断された海岸部の各集落の調査・支援そして救助には最適と思われます。

また「ひゅうが」型であれば大型ヘリを多数保有しているのですから、海上作戦基地、救助者受け入れのための一次施設として大きな活躍が予想されています。

これらの艦船が導入されると知ったとき、戦場での活躍より、自然災害の我が国で緊急災害出動時の活躍を期待したものです。
しかし今現在、テレビなどの報道でこれらの艦船の活躍する姿は残念ながら見ることができません。

なぜ、今このときに活躍していないのでしょうか?

どんな事情が考えられるのでしょうか?
一番必要な機材が使われていない焦燥を感じます。
そして、その代わりにアメリカ軍の艦船が支援することに何か意図があるのでしょうか?

どなたか正確な知識をお持ちの方、教えてください。
私には理解できません。

今回、アメリカ軍の支援で空母の他、最新の強襲揚陸艦を派遣してくれています。
しかし、日本の自衛隊も「おおすみ」型揚陸艦3隻や「ひゅうが」型ヘリ空母系護衛艦など、被災地域支援にはぴったりの艦船を保有しています。

「おおすみ」型にはホバークラフト型揚陸艇があり、港湾施設が壊れ、また沿岸部の道路が寸断された海岸部の各集落の調査・支援そして救助には最適と思われます。

また「ひゅうが」型であれば大型ヘリを多数保有しているのですから、海上作戦基地、救助者受け入れのための一次施設として大...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

いちおう・・・、
"ひゅうが"は定期メンテを延期して、三陸沖に向け出航。
"おおすみ"は、ARF参加をとりやめて、急遽日本に帰国中。
"くにさき"は、呉から出発準備中。
"しもきた"は、不明(ドック入渠中との情報もあり)、という状況です


> なぜ、今このときに活躍していないのでしょうか?

すみません・・・、今 宮城三陸沖には、前述の各艦艇を始めとした
海自のフネだけで25隻!
海保は(小さな巡視艇を含め)約200隻、展開中ですよ。
それに、加えて米軍のレーガンやブルーリッジまで来ているワケ
ですから、とんでもない規模のオペレーションが展開中です。

特に"ブルーリッジ"と"ひゅうが"は、卓越した指揮統制能力を持つ
フネですから、エリアの海空の統制と、ペンタゴン、市ヶ谷とそれぞれ
ダイレクトにコミュニケーションが可能です。
また両艦同士を多分データリンクで連接するハズですから、かなり
大規模の作戦が可能でしょう。

おかげで横須賀は"もぬけの殻"状態で、逆に「大丈夫か?」
って声も上がっているくらいです。


> 「おおすみ」型にはホバークラフト型揚陸艇があり、港湾施設が壊れ、
> また沿岸部の道路が寸断された海岸部の各集落の調査・支援そし
> て救助には最適と思われます。

いえいえ、海上に浮遊物がまだたくさん浮いていますし、一部には
遺体もある、と言われていますので、LCACと言えども そうそう安易に
はビーチング出来ないでしょう。

こんにちは

いちおう・・・、
"ひゅうが"は定期メンテを延期して、三陸沖に向け出航。
"おおすみ"は、ARF参加をとりやめて、急遽日本に帰国中。
"くにさき"は、呉から出発準備中。
"しもきた"は、不明(ドック入渠中との情報もあり)、という状況です


> なぜ、今このときに活躍していないのでしょうか?

すみません・・・、今 宮城三陸沖には、前述の各艦艇を始めとした
海自のフネだけで25隻!
海保は(小さな巡視艇を含め)約200隻、展開中ですよ。
それに、加えて米軍のレーガンやブルーリッジまで来ている...続きを読む

Q地震と地鳴り

 地震の揺れが来る直前ゴーという音が地鳴りですよね?これは地震の震動が大気に伝搬して発生するとどこかで聞いたことがあるのですが、この地鳴りへの疑問です。教えていただけるとスッキリします。
 調べてみると地震の P 波は秒速 5KM 程度と空気中を伝わる音(300-400メートル毎秒)よりもずっと速いようです。これは土や岩盤は気体より密度が高いので当然ですよね。ではなぜ、揺れの前に地鳴りが聞こえるのでしょう?

Aベストアンサー

全くの素人ですのでご期待の内容になっているかどうか不安ですが、感じたことという程度でご覧頂けたらと存じます。

地鳴りが地震そのものより速いのは、主に次の(1)、(2)の2つの理由によるのではないかと思われます。

(1)震源と音源
地震波は震源から伝わってきて、そのときの早さが仰せのようなスピードです。一方、音は震源からではなく、地表まで伝わった地震動が空気を震わせてそれが人の耳に到達します。
したがって、地震動が地表に達した後に、そこから地震動として体に達するまでに通る経路の長さと同じく空気の振動として耳に達するまでに通る経路の長さは体感的な時間を考えるうえでは殆ど差がないので、人がどちらを先に感じるかを考えるうえでは5KMと300-400メートルという差は実際問題としては小さい(殆どゼロ)と言えるから。

(2)体が地震動を感じる感度は相当に鈍いと思います。僅かの揺れは感じないと思います。確かに、震度5とか6とかになればすぐ感じますが、2くらいだと感じないことも多いのではないでしょうか。しかし、聴覚はかなり敏感で僅かの物音も聞き取れます。
一方、「秒速 5KM 程度」という値はP波の速度ですが、P波は震動のエネルギー(震動の強さ)としては小さく、人がメインの揺れとして感じるのはP波の後に来るS波です。
そのため、P波が地上のものを揺らせて地鳴りを生じ、人はそれを聞いて「地鳴りだ!」と思い、次にその後に来るS波を体で感じて「地震だ!」と思うため、そもそも時間的ギャップがあるから。

以上のように思います。

ただ、地盤の構造、震動の種類(短周期の震動か長周期の震動か)、建物の構造、など、人が感じる地震動の強さと地鳴りの強さを規制する要素がケースバイケースで異なるので、常に地鳴りが先だとは限らないのではないかとも思います。地鳴りを先に聞いた人はそれを強調するのでそのように一般的に思われているだけであって、そうではなくて逆だと感じている方も多いのではないかと思います

焦点の定まらない感想のような話で申し訳ありません。何かのご参考までにと申し上げた次第です。

全くの素人ですのでご期待の内容になっているかどうか不安ですが、感じたことという程度でご覧頂けたらと存じます。

地鳴りが地震そのものより速いのは、主に次の(1)、(2)の2つの理由によるのではないかと思われます。

(1)震源と音源
地震波は震源から伝わってきて、そのときの早さが仰せのようなスピードです。一方、音は震源からではなく、地表まで伝わった地震動が空気を震わせてそれが人の耳に到達します。
したがって、地震動が地表に達した後に、そこから地震動として体に達するまでに通る経路の長...続きを読む

Q地震雲がでてから大地震まで

今外を見たら地震雲がありました。
竜巻のように山から空へむかって縦に太い雲があり、その周りにも横筋のように薄く長いくもがいくつもあります。

これが地震雲だとしたら・・・
だいたい地震雲が出てから実際に地震が起きるまでの時間はどれくらいですか??

Aベストアンサー

私もさっき自転車で帰宅途中に同じような雲を見て気になってました!
私が見た時は太い雲の筋が一本、長く(空の半分くらい)横に走っていて、その雲の端の辺りから細い雲の筋が竜巻のように縦に上がっていました。私は神奈川県横浜市在住です。

今回の地震の当日や前日に同じような雲を見たという書き込みがありましたので少し気になります。。
素人感覚としては余震の震源地が関東に近づいてきている気がしますし、今日明日、今週末ぐらいは少し防災の準備を念入りにやっておこうと思っています。

Q緊急地震速報について

緊急地震速報について
先日、携帯電話に地震速報が流れました。
ドコモの携帯を使用しています。
福島県が震源地でしたが東京にいましたが地震速報が流れました。
そこで質問なんですが福島地域に住んでいる人には地震がある数秒まえに
啓太に事前予告刑法なるものが携帯に流れたのでしょうか?
それとも従来通り自身が起きてから速報が流れたのでしょうか?

Aベストアンサー

 地震速報の情報レベルですが、一般的に提供されるのが地震を観測し複数のポイントで判断。その無い様により予測される震度が高い場合に出るようにしています。
 しかし、鉄道会社などには最初の地震を感知した情報を元に判断するようです。より早く対処するために。その為情報量が少ないので予想が外れることもあります。

 地震予知ではありませんので、地震が発生したことで警報をだします。
 震源地に近いところほど間に合いませんが、遠くなるほど時間の余裕が出来ます。これは地震の仕組みから出来た考えです。

 それと予測が外れる可能性として、お住まいの地盤の状態などによって変わることもあります。

 

Q地震予知は出来ないのに東南海大地震・・騒ぎすぎ

南海トラフとかで東南海大地震が発生しその津波が巨大である・・どうにもこうにもならんくらい巨大だというニュースを見ました。

そこで2つの疑問を持ちました、疑問1。

地震予知は出来ないのではないでしょうか・・だったらなぜ東南海巨大地震が起こるというのですか?
地震予知が出来ないことは阪神大震災や東北大震災を予兆すら察することが出来なかった事実からして証明されていると思います。

確か前首相の菅さんは東海地震は87%の確率で起こるとか言いませんでしたっけ、下一桁までなんで言えるのでしょうか。

当南海大地震の可能性があるというなら、起こらない可能性もあるわけでなぜ起こる可能性のほうだけ大騒ぎするのでしょうか。

備えあれば憂いなし・・そんなこと言うなら地球以外の天体と衝突する可能性だってあるわけで、どう備えるのでしょうか?

2つ目の疑問ですが、
地震より被害の大きいのは津波だと思います。
しかし津波は地震が起こってから発生します。
だからいくら大きい津波でも対策は相当程度可能だと思います。

だって海を見ていれば津波が来るかどうか大きさがどうかは見えます。
現在は別としても将来は沖に浮かべたブイなどで正確に把握可能だと思います。

私の言いたいのはマスコミによる不安を煽る商法というか、根拠の乏しい不安をいたずらに騒ぎすぎではないでしょうか

あまりテレビを見ないのでもしかしたら私の勉強不足かも知れませんが

南海トラフとかで東南海大地震が発生しその津波が巨大である・・どうにもこうにもならんくらい巨大だというニュースを見ました。

そこで2つの疑問を持ちました、疑問1。

地震予知は出来ないのではないでしょうか・・だったらなぜ東南海巨大地震が起こるというのですか?
地震予知が出来ないことは阪神大震災や東北大震災を予兆すら察することが出来なかった事実からして証明されていると思います。

確か前首相の菅さんは東海地震は87%の確率で起こるとか言いませんでしたっけ、下一桁までなんで言えるのでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろな方が表現を変えて回答をされていますね

1については
地震予知は現状ではできません。これは地震予知連絡会も東日本大震災後に認めています。
そして簡単に言えば今までの地震予知は単なる統計学です。
地層の堆積物や歴史的な文献を調べて、地震が起こった周期を数十年~数百年単位で絞っているだけです。
そうした周期がある程度分かっていて、小学校などで習った太平洋ベルト地帯と重なる日本の経済を支えている地域と重なる東海、東南海などの地震が注目をされて研究がつづけられているわけです。

結果としてその周期から考えると、そろそろ起こるのではないかと言われているわけです。

2についてですが
地震と津波では被害の受け方が違います。
阪神大震災では都市部であったこともありますが、直下型地震であり最大震度が7でした。直下型ですので津波による被害は基本的になく、地震による建物の倒壊や火災などで6千人以上の死者が出ました。
一方東日本大震災では同じ震度7は記録されていますが、震源が太平洋沖130kmで複数の連動する地震が起こったので、基本的には津波による被害が中心で1万5千人以上の死者がでました。

同じ揺れであっても揺れの周期が違うことや都市部とそうでない地域、また阪神大震災後の揺れに対する対策が進んだことなどで簡単には比較ができないのですが、これからは質問者さんが書かれているように津波をいかに早く観測して高さを予測するかだと思います。

参考URLにあるように、沖合での観測体制もブイを浮かべてGPSで変動を計測するなども始まっていますが、津波は沖合では振れの幅が小さく、陸地に近づくと大きくなる特徴から普通の波の揺れと津波を見分けるのは意外と難しいので、なかなか課題があるようですね

そして、他の方の回答にお礼などで書かれていますが、私自身も質問者さんが感じられているようにある特定の災害ばかりに力を注いだ報道や対策はやはり偏りがあると思います。
大雨が降ればダムや河川のことを中心にし、地震が来れば耐震や津波対策ばかり報道しますが、もちろん優先度はあるでしょうが、トータルで考え伝えるべきだと思いますね

最近震災以来このサイトでも「防災グッツは何を用意したらいいのか」の質問がかなりありましたが、地震にばかり目を向けていて、台風や火山などにどうするかは気にしていない方がほとんどです。
また、地震だって天気のいい日に起こるとは限らず、台風のさなかに東日本大震災が起きたらどうするのかなども考え出せばきりがないですが、少しは考える必要があると思いますね

マスコミのインタビューでも「絵になるコメントや映像」ばかりが伝えられますが、そうじゃないコメントや映像もたくさん現地では見聞きします。

まあ、注目を得るためには必要なんでしょうが、それに踊らされる人が多すぎると自分なんかも思いますね

参考URL:http://www.fdma.go.jp/neuter/about/shingi_kento/h24/tsunami_hinan/02/shiryo_03.pdf

いろいろな方が表現を変えて回答をされていますね

1については
地震予知は現状ではできません。これは地震予知連絡会も東日本大震災後に認めています。
そして簡単に言えば今までの地震予知は単なる統計学です。
地層の堆積物や歴史的な文献を調べて、地震が起こった周期を数十年~数百年単位で絞っているだけです。
そうした周期がある程度分かっていて、小学校などで習った太平洋ベルト地帯と重なる日本の経済を支えている地域と重なる東海、東南海などの地震が注目をされて研究がつづけられているわけです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング