オペルヴィータ5年落ち 35000キロ
点検時、ギアボックスからオイルもれ
交換で10万以上かかるといわれた
そんなに減りが多くないから様子をみようと言われたが
早く替えたほうがいいのでしょうか
当分乗り換える気はありません

A 回答 (2件)

補足に対して



私は、整備をやった後営業に回されたんですが、そのためか知識的なことはもってました。でも、年配のかたでも新任でも整備から上がってない人は専門的な知識はもって無かったですよ。もちろん、女性の営業の人もいました。
当然、メカ的なことは素人と変わらなかったです。
あるのとないのとではそれはあったほうがいいと思いますが、仕事は営業なのですから売るために必要な知識があれば私は良いと思います。メカ的なことは整備やフロントがいるわけですから生半可な知識でお客を困惑させるぐらいなら、整備に聞いたほうが間違いないと思います。
営業は売る車の性能やどういったところがポイントなのかそういう面を覚えるほうがより役立つと思いますよ。
売っている中で必ず競争する車がありますよね?
それらと比べて自車はどういった点が勝っているのか。
例えば、燃費がいいとか、居住性があるとか。
そこで、お客からなぜそんなに他社と燃費が違うのと聞かれ、こういう機能があるため燃費が向上してますといえるくらいのことは覚えておいたほうがいいと思います。
用は、カタログ上でどの部分を聞かれても困らないようにしておくと質問されたときに信頼を得られると思いますよ。もし、その中でわからない部分は整備の人とかに
聞いたらいいと思います。
故障などは私だってわからないものはたくさんあります。
経験の上で得る物も多いですから、そこまでの知識は必要ないと思いますよ。
女性、男性とかはあまり関係ないと思います。
女性の営業にはそのよさがありますからそういうものを前面に営業したら良いんじゃないでしょうか。
細かな気遣いや接し方、男性では気づかないことも多いですから。
営業の相手は車じゃなくて人間ですから。
まず自分を売り込むことを(覚えてもらうこと)重点においていけば良いと思います。
なんか、生意気な発言で申し訳ないですが、私の経験上でのことを考慮して書いてみました。
参考になれば幸いです。
大変ですが、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました
最近メカニックの本を買って読んでいたのですが
???のところだらけ
ただ目からうろこというかなるほどこうだったんだなんて
思うこともあり勉強になりました

商品を売る前に自分を売る
その自分は最低カタログに書いてあることくらいは説明できないといけませんね
てきとうに説明することもあったりして反省です

お礼日時:2001/05/01 00:21

ギアボックスのどのあたりから漏れているのでしょうか?


ドレン?エンジンとの間のとこ?
ヴィータってFFでしたよね?
FFだとエンジンとのつなぎからのオイル漏れの症状は良く起こります。おそらくそこのオイルシールの劣化だと思いますが。
現物確認できないのでなんともいえません。
にじみ程度だとしたら外車はしょうがないです。
そこを修理したとしてもまた同じところから、もしくは他からオイル漏れするでしょう。
滴り落ちるほど漏れているのなら早急に修理必要です。
その点検とはどこでされたのでしょうか?
ディーラー以外でならディーラーで見てもらうことを勧めます。
現物見たわけではないので自信なしにしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

じゃばらみたいな部分からです
恥ずかしながら私は自動車営業です
サービスフロントが的を得ない説明するんで
質問してみました
営業もおおまかなメンテナンスのこと勉強しなきゃなんでしょうか
サービスはすぐ何かあると営業に説明させるけど
専門的なことは困るなぁ わがままかなぁ

けっきょく様子をみるということになりました
ありがとうございました
ところでducatiさんはどんな自動車営業をのぞみますか?
女性なんてとんでもないでしょうか

お礼日時:2001/04/25 21:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q走行距離が10万キロをこえたら‥

よく、走行距離が10万キロをこえたらかえ時、とききますが、実のところはどうなんでしょうか?
わたしは、いま、フェスティバミニワゴンの1500ccにのっています。室内も広いし、こまわりもきくし、とくに不便は感じていません。ですが、通勤で一日40キロほど走っています。休日もほとんど自分の車で出かけます。燃費はリッター/11~12キロといったところです。
このままのペースでいくと、次の車検のまえに10万キロに届きそうなのです。買い替えの時期なのでしょうか?
また、燃費のよい、おすすめ車種がありましたら教えてください。
希望は4ドア以上であること、こまわりがきくこと、天井が高いこと、荷物がたくさん積めること、ある程度スピードがだせること、ぐらいかな。メーカーは問いません。
この先、子供がうまれたら、チャイルドシートつけなきゃいけなくなるし、悩みどころです。
でも、ミニワゴンもバッテリー交換したばっかりなんです。タイヤも全部新しくしたし、もうしばらくは乗るつもりですが‥
アドバイス、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 10万キロを超えると、たとえばエンジンのタイミングベルトやオルタネータ(発電器)のブラシなどをはじめとして、交換しておくべき部品が増えてくるのは事実です。
 しかしこれらの定期交換部品類はそんなに高価なモノではありませんし、走行距離比例で性能低下する可能性のある足回りのショックアブソーバなどの値段の張る部品は特に交換しないからと言って問題になるようなことはありませんから、10万キロを超えたから替えどきというのは一概には言えないと思います。
 一般的なユーザだと年間1万キロ程度しか走らない人が多いので、10万キロ走行次点で10年を超えることが多く、経年劣化する部分も含めると維持費の上昇(とくにディーラまかせだったりすると)があり得るという意味で、そのように言われるのでしょう。

 ご質問のように毎日通勤などで使い、日々の走行距離が大きいために普通より早く10万キロを迎えたようなケースのクルマはさほど傷んでおらず、実際に傷んだなという感じはお持ちではないでしょう。
 私も1台の車を新車で買ったら10年は乗る(通勤にも使う)ことを原則にしていますので、今までのクルマすべて15万キロから20万キロくらいまで使ってきました。
 その間、走行距離に応じて交換する部品・油脂類をきちんとメンテナンスするだけですが、毎日使っていると異常があっても発見しやすく、走行距離が大きいということはかえって良い方向に働いたとさえ言えます。

 今お乗りのフェスティバが調子よく、お気に入りであるなら、そのまま10年・15万キロ以上を目指されても良いのではないですか?

 どうしても買い換えたいということでしたら
1.ホンダ フィット
2.マツダ デミオ
あたりをクルマとしての出来も含めておすすめしておきます。
  

 10万キロを超えると、たとえばエンジンのタイミングベルトやオルタネータ(発電器)のブラシなどをはじめとして、交換しておくべき部品が増えてくるのは事実です。
 しかしこれらの定期交換部品類はそんなに高価なモノではありませんし、走行距離比例で性能低下する可能性のある足回りのショックアブソーバなどの値段の張る部品は特に交換しないからと言って問題になるようなことはありませんから、10万キロを超えたから替えどきというのは一概には言えないと思います。
 一般的なユーザだと年間1万キ...続きを読む

Q1000キロ点検、かかる時間は?

先月末に車を新車で購入し、早速1000キロ走ってしまいました。
それで週末に1000キロ点検をディーラーさんにお願いするのですが、

・かかる時間
・点検内容

はどういったものなのでしょうか?
また、なにか心構え(?)がありましたら、
教えていただけると嬉しいです。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1000キロ、1ヶ月点検は、驚くほど、あっという間に終わります。まあ、かかっても、20分位じゃないかな。
点検内容は サイドブレーキの引きシロ、ステアリングベルトのたわみ、等ですかね。車検証と一緒にメンテナンスシート(記録簿)をいただいていればそこに記載されています。

1000キロ走って、特に気になる所があれば伝えた方が良いですね。

それと、ディーラーにも依りますが、1000キロ点検ではオイル交換をしない所がほとんどですが、新車の場合、各機関(エンジン、ミッション内部等)の金属のバリが落ちやすいので、エンジンオイルの交換をお勧めします。
ディーラーが「必要ない」と言っても交換を希望した方が良いと思いますよ。

Q自動車に当分乗らなくなるのですが、廃車しないほうがいいのですか?

16年式家庭用小型貨物車(1年車検重量税18900円)に乗っているのです
が、しばらく使用する機会がないので一時廃車して維持費を減らそう
と考えています。
もうひとつ、廃車しないと現在18等級の任意保険等級引継ぎが
できないという問題もあります。

身近な人に聞くと、廃車、登録や車庫証明を取るのに大変だからやめ
たほうがいいと言われました。
アドバイスをお願いします。

昨年度は
自動車税16000円
車検費用48000円
任意保険25000円
合計89000円必要でした。

Aベストアンサー

俺は廃車にしないで2年間自宅の庭で放置して
おきました。

俺の軽は自動車税が年間7200円で
す。すなわち7200円の税金だけは払ってい
た事になります。

理由は廃車にしてナンバーを返却すると
たしかに自動車税7200円は課税され
ませんが次に車検を通して新規でナンバー
を交付するとなると非常に面倒です。

ナンバーが付いたまま放置しておけば
乗りたいときに車検を通してすぐにでも
乗れます。車検屋まで牽引するか近所
ならとぼけて運転していっちゃうか(
まずいですけどね)

ナンバーがないと車庫証明の発行で28
00円かかります。しかも警察に提出して
取りに行ってと往復2回も行かなければ
なりません。

さらにナンバーがないので陸運局で
登録しなければなりません。車検と
同時に登録ちなるでしょうから車検屋に
手数料1,2万?払っての登録となります。

なので2、3年程度なら手間暇考えれば
自動車税だけ無駄になりますがそんまま
放置しておいた方が楽だと思います。

任意保険が絡むとどうなんでしょうね?
俺は車を一台プラスして購入したので
軽は2年間乗らないと思い、任意保険は
新しく購入した方に変更したので。
No2さんの車検切れを待てば発行依頼が
できますというのであれば問題はないですが
一時抹消しないとダメだよとなれば問題
ですね。

俺は廃車にしないで2年間自宅の庭で放置して
おきました。

俺の軽は自動車税が年間7200円で
す。すなわち7200円の税金だけは払ってい
た事になります。

理由は廃車にしてナンバーを返却すると
たしかに自動車税7200円は課税され
ませんが次に車検を通して新規でナンバー
を交付するとなると非常に面倒です。

ナンバーが付いたまま放置しておけば
乗りたいときに車検を通してすぐにでも
乗れます。車検屋まで牽引するか近所
ならとぼけて運転していっちゃうか(
まずいですけどね...続きを読む

Q低速ギアと高速ギア

http://www.yanagawa-seiki.co.jp/factory/mission.html

リンクのギアの役割のところで、低速ギア時と高速ギア時の比較のところがわかりません。低速ギアはどういった状況の時に使われ、どういうメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 そのサイトの画像を元に話します。
 低速ギアではエンジンの回転数が半分(2000回転だとタイヤの回転は1000回転)しか伝わりませんが、回転力は2倍になっています。
 発進時や坂道など回転力が必要な場合は、低速ギアを使ってスピードを犠牲にして力を発生させているわけです。

 高速ギアではエンジンの回転数が2倍(3000回転だとタイヤの回転は6000回転)になっています。この場合回転力は半分になります。
 スピードが増すと回転力はあまり必要なくなりますので、タイヤを高速回転させるために高速ギアに切り替えます。

 なぜこのような仕組みが必要かというと、エンジンは低回転では回転力(トルクと言います)が少ししか出ないのです。しかし止まっている車を動かすためにはたくさんの回転力が必要です。そのために低速ギアで回転を落とす代わりに力を得ているのです。

Q雪道での走行 高いギア? 低いギア?

雪道の様な滑りやすい道路を走る時は、2速や3速で、エンジンブレーキがかかりやすい状態で走行・・・ と聞いた様な気がしたのですが、会社の人が4速とかの高いギアにして、回転数を下げトルクを抑えた方が良いと言っていました。 確かに同じ速度ならば、4速よりも2速や3速の方が回転数は高くなりますよね?
 この様に、同じ速度(時速30~40キロぐらい?)だったのならば、どちらが安全ですか?

Aベストアンサー

 加速及び巡航中は、#5さんの言われる通りの理由で、低いギアはだめです。
 但し、エンストのショックがタイヤに伝わってスリップする事もあり得ますから、高いギアのほうが良いとも言えません。
 私の場合は、ギア比は夏場と同じです。
 ギア比云々よりも、アクセル、ブレーキ、ハンドル等の、運転操作のやり方のほうが、重要だと思います。
 踏んだり回したりする時はもちろん、元に戻すときも、ゆっくりと注意深く行います。

 減速は、エンジンブレーキが主体で、それだけで止まる位の気持ちで、充分過ぎる程の余裕を持って行います。
 たまに勘違いをされている方も居られるのですが、エンジンブレーキとは、ギアを落とすことではありません。
 アクセルの踏み加減を、現在の車速を維持する場合よりも浅くして、車の運動エネルギーを、エンジンを回すのに消費されるエネルギーに転換することによって、減速する事なのです。
 ですから、エンジンの回転数が大きい程、消費するエネルギーが多く、ブレーキ力が大きくなります。
 ギアを落のは、車速当りのエンジン回転数を上げて、ブレーキの効きを良くするためです。
 つまり、60km/hならば4速でもエンジンブレーキは、それなりに効きますし、これが40km/hだと4速では効きが悪いので、3側に落とす必要が出て来るわけです。

 従って、ギアを4速で60km/hで走っている時に、エンジンブレーキを使うために、いきなり3側に落としてしまうと、ブレーキが効きすぎてスリップする恐れも少しはあります。
 安全を考えるならば、
(1)まずギアを変えずに、アクセルを少しゆっくり目に戻し、
(2)ブレーキパッドやシューがディスクやドラムに触れない程度に、ブレーキペダルを踏んで、テールランプを点灯させ、後続車に注意を促します。
(3)速度が落ちて来てエンジンブレーキの効きが鈍くなる手前あたりで、クラッチを切って、
(4)シフトレバーを1段落とし(間違えて2段以上落とさないで下さい)、
(5)クラッチを繋ぐときのショックを減らすために、軽くアクセルを吹かしつつ、クラッチを繋ぎ、
(6)(1)~(4)の操作を繰り返して、速度を落とす。
(7)停止する場合は、充分に速度を落としてから、フットブレーキを注意深くゆっくりと踏んで停止する。
(速度が10km/h程度でも滑る時は滑りますので、最後まで気を抜かないで下さい。)
と言うのがベストだと思います。

 最近の車にはABS装着車が多いと言っても、中には未装着車もあります。
 ご自分が運転される車には、ABSが装着されているかどうかを、念のために確認しておきましょう。
 例え装着されていても、油断してはいけません。
 ABSとて、伝家の宝刀ではありません。
 乾燥した路面と比べれば、確実にブレーキの効きは落ちていますし、ABSによっては、複数のタイヤが同時にロックした場合には、機能しないものも中にはあるらしいと聞いています。
 ABS装着車であっても、なるべくならフットブレーキを効かせる前に、エンジンブレーキ使って速度を落としたほうが良いと思います。
 季節やブレーキ装備に関り無く、フットブレーキを使う際には、エンジンブレーキを併用するのが基本です。

 余談ですが、北海道の場合、一般道でも80km/h程度で車が流れており、冬でもあまり速度が落ちません。
 私も60~70km/h位平気で出すのですが(←もちろん積雪路)、長蛇の列の先頭になり、どんどん追い越されました。
 3速等ではとても走れません。
 もしも、冬の北海道へ行かれるような場合は、道外の方は、ご自分で運転されたりしない事をお勧めします。

 加速及び巡航中は、#5さんの言われる通りの理由で、低いギアはだめです。
 但し、エンストのショックがタイヤに伝わってスリップする事もあり得ますから、高いギアのほうが良いとも言えません。
 私の場合は、ギア比は夏場と同じです。
 ギア比云々よりも、アクセル、ブレーキ、ハンドル等の、運転操作のやり方のほうが、重要だと思います。
 踏んだり回したりする時はもちろん、元に戻すときも、ゆっくりと注意深く行います。

 減速は、エンジンブレーキが主体で、それだけで止まる位の気持ちで、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報