これからの季節に親子でハイキング! >>

旗地で再建築不可物件の活用方法はありますか?
コンテナレンタルなども良いですが
駐車場もありません
何か活用方法はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

いろいろ制約はありますが、柱一本残してほぼ再築レベルの改築


ができる場合もあります。
アパートや借家であれば、旗竿地は不利にはなりませんから却って
利回りが良くなる場合もあります。

経験のある工務店、設計士、不動産などに相談してみたらどうで
しょう。
    • good
    • 0

安く取得しましたか?



地震などで跡形もなく更地になれば立替などもしやすく再区分けしてもらえるかもしれませんね。
仙台(?)などは30年周期で地震が来る確立が99%とかやってましたが、あなたの地域はどうですか?

天災を待つのもしんどいですしね。現実的に考えましょうね。

東北は土地も安そうですかが、あなたの取得してる土地は坪いくらくらいですか?広さは?

コンテナするくらいですから結構広いけど坪50万くらいでしょうか。
旗ならもう少し落ちますかね。

旗に土地売るなんて通常はしませんよね。騙し取るとかなら別ですが。それくらい相手を貶めてでもって気がないとあなたの土地を旗から救う手立てはありません。

自家用につかうのでしたら、駐車場なしの家を建築するのもいいですし、嫌なら売って別の整形地を購入する資金に当てたらどうでしょうか。余っている土地でしたらたとえ坪数が減っても旗ちなどよりはよほど価値が出てくるでしょうね。

再建築は市役所などへ図面もっていけば通常立て替えれるものですがね。最悪は前の方が指摘している柱一本のこしてで立替はかないますよ。

旗はなにかとつらいですね。
    • good
    • 0

地域、条件などがわかりませんので何とも言えませんが。


竿の部分の幅が狭い事での建築不可なら、隣地から少し土地を買って建てられるようにする事を考えますが。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築不可の土地に小さな小屋なら建てられますか

購入を検討している物件に接する通路が行政から道路として認められていないとのことで建築不可の土地になっています。主に菜園として使用する予定ですが、週末に泊まれるような小さな小屋とかガレージであれば建築可能でしょうか?ある一定の面積以下であれば(10平米まで?)建築物とならないと聞いたような気がするのですが。

Aベストアンサー

10m2以下は建築確認申請が不要なだけで、接道していない土地には小さな物でも違法です。プレハブ物置程度は多めに見られる場合が多いですが、キャスター付きあるいは土間に置くだけで何時でも動かせる状態でないといけません。ボルト1本でも止めると建物扱いですが、少しは固定しないと台風の時には他所に飛んで行き被害を与える可能性もあります。宿泊はテント持参、農耕道具や肥料はその都度自宅から車で運ぶつもりでないなら、購入を諦められたほうが良いと思います。

そのような土地を購入されて孫子の代で相続に困られている話も良く聞きます。
売りに出ているのもそのせいかも知れませんね。

ちょっと突っ込んだ方法は取れるかどうか分かりませんが、仮に上手く許可が取れても、建て直す時や増築時に、また駄目になる場合もありますから、あまり無理をすると良くないかもしれません。

Q再建築不可の物件の利用法は?

どうか教えてください。

法律の変更によって再建築不可になってしまった物件を所有しています。
隣家との話し合いや、不動産屋さんや市役所の建築課に相談しましたが、救済措置はなく、どうしようもないとのことです。

現在、転勤の為、他県に居住し、その再建築不可物件には、今後住む予定はありません。
再建築不可の為、売却が出来ません。
どのようにすればよいのでしょうか?

このまま、死ぬまで固定資産税を払っていくしかないのでしょうか?
そして私の死後、その不良物件を血縁者に残し、また血縁者は税金を払っていくしか方法はないのでしょうか?
もし火事や地震で崩壊した場合はどうなるのですか?
家屋が老朽化し朽ち果てても、そのまま保存しておくしか仕方がないのでしょうか?

どうか再建築不可の物件の処分方法を教えてください。

Aベストアンサー

きっと接道条件などの問題でしょう。
建築法の改訂で資産が大幅下落した、いわば行政の被害者って日本中にたくさんいます。

このような物件でも需要のある地域では買い手は付くのですが、一般的には売却は難しいです。
ローンが降りませんし、柱1本残してリフォームといっても事実上、再建築ですから、違法行為を引き受ける施工会社がいないからです。

資産価値がないのですから固定資産税も高くはないと思いますが、これは子孫が相続放棄しないかぎり、払い続けます。

火災など起きれば近隣には迷惑をかけますが、出火元は損害倍賞責任は問われないと法に定められています。

このような土地の使い道についてですか、地域に有益な産業を併用することで、再建築が認められるのだそうです。
例えば東京なら、地下室でウドの栽培をするとか。
役所に相談してみて下さい。


人気Q&Aランキング