【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

今、日商簿記3級を勉強中なのですが、「訂正仕訳」で訳が解らなくなってしまい、どうやっても理解出来ないので、これを捨てて次の項目に行こうと思うのですが、試験を受ける上で訂正仕訳って出題頻度高いのでしょうか?もしくは重要とか…。
例えば、これが出来ないと決算表が作れない…といった心配はないでしょうか?(まだそこまで勉強が進んでいないので解らないんです。)
今まで順調に勉強してきたので、急につまづいてしまい何だか自信を無くしてしまっています。
どなたかアドバイスをお願い致します<m(__)m>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは No.1です。



>逆仕訳:仕入56,000/買掛金56,000
>正仕訳:仕入56,000/買掛金56,000
>ここまでは解るのですが、
>最終的な回答が→仕入112,000/買掛金112,000
>になるんです。これが解らないんです。

逆仕訳と正仕訳を一緒にして行っているからです。

通常は、訂正の仕訳であることを明確にするために
逆仕訳のみを行います。
その後、正しい仕訳を行います。

ただ、この場合

誤った仕訳は貸借を逆に記帳してしまった。 という
問題ですね。

従って、逆仕訳と正しい仕訳は結果的に同じ内容に
なっています。

なので、2つの仕訳をせずに、一回で修正してしまって
いる(つまり金額が倍になる)ということです。

仕訳としては、2つに分けて行うほうが、明確ですので
2つに分けて行う方が、取引を明確にするという意味では
より良い仕訳といえます。

ですから、2つに分けて記帳する方法を理解していれば
大丈夫です^^

では、なにかあれば補足してください
がんばって
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親身に何度もご回答頂き、本当にありがとうございます。
2つに分けて記帳する方法を理解していれば良いと解り安心しました。
勉強続けて頑張ります。

お礼日時:2011/03/13 19:29

こんにちは



訂正仕訳は

(1) 誤った仕訳の逆仕訳
(2) 正しい仕訳

になりますが、具体的にどんなものがわからないのでしょうか?


たとえば、商品100,000を売り上げ、全額掛けとしたが、誤って
売掛金を現金として記帳してしまった。 この場合

誤った仕訳

借 現金 100,000 /貸 売上 100,000

訂正仕訳

(1) 借 売上 100,000 /貸 現金 100,000
(2) 借 売掛金 100,000/貸 売上 100,000

のようになります。

どんな複雑な仕訳でも基本的には、逆仕訳を行ってから
正しい仕訳をすればよいので、誤った仕訳がどんな状態なのか
正しい仕訳はどうすればよいのかを確認して処理しましょう。

以上、なにかあれば補足してください。

この回答への補足

ありがとうございました。
訂正仕訳の最終的な仕訳が解らないんです。
例えば
逆仕訳:仕入56,000/買掛金56,000
正仕訳:仕入56,000/買掛金56,000
ここまでは解るのですが、
最終的な回答が→仕入112,000/買掛金112,000
になるんです。これが解らないんです。
何で数字が足されたものになるのかが意味不明です…。

補足日時:2011/03/13 14:52
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親切なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/13 14:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誤謬訂正仕訳の疑問。なぜ逆仕訳と正しい仕訳を足して訂正仕訳になるのか分

誤謬訂正仕訳の疑問。なぜ逆仕訳と正しい仕訳を足して訂正仕訳になるのか分かりません。

簿記3級を勉強中で、色々調べても分からなかったので質問です。
間違った仕訳を訂正する場合、

1.問題文を読んで正しい仕訳を行う。 (A)
2.誤った仕訳を行う。
3.誤った仕訳の逆仕訳を行う事で、誤った仕訳を相殺する。 (B)
4.(A)+(B)

の流れで行う事は理解できました。
しかし、なぜ正しい仕訳Aと、逆仕訳Bを足すのか
よく分かりません。

<例題>
4月1日のα店に対する現金売上が20,000円と書いてあったが、本当は30,000円であった。
これを訂正しなさい。

1.現金 30,000    売上 30,000(A)
2.現金 20,000    売上 20,000
3.売上 20,000    現金 20,000(B)    
4.A+Bなので
  現金 30,000    売上 30,000
  売上 20,000    現金 20,000

ここで、なぜA+Bをするのかが分からないんです。
2は間違いの仕訳なので、3で逆仕訳して相殺する(2と3が消し合う)のは理解できます。
しかし、相殺されたなら 1.現金 30,000    売上 30,000
しか残らないのでは?
2と3は相殺されているのに計算式で残っているのはなぜでしょうか。
また、逆仕訳した3と正しい仕訳の1を合わせる(足す)根拠が分かりません。
お答えいただけると嬉しいです。

誤謬訂正仕訳の疑問。なぜ逆仕訳と正しい仕訳を足して訂正仕訳になるのか分かりません。

簿記3級を勉強中で、色々調べても分からなかったので質問です。
間違った仕訳を訂正する場合、

1.問題文を読んで正しい仕訳を行う。 (A)
2.誤った仕訳を行う。
3.誤った仕訳の逆仕訳を行う事で、誤った仕訳を相殺する。 (B)
4.(A)+(B)

の流れで行う事は理解できました。
しかし、なぜ正しい仕訳Aと、逆仕訳Bを足すのか
よく分かりません。

<例題>
4月1日のα店に対する...続きを読む

Aベストアンサー

訂正仕訳を誤った仕訳を行うところから順を追って説明します。

質問者様の例題を使わせて頂くと

(1)仕訳を誤って行ってしまう(帳簿にすでに記載済み)

現金 20,000    売上 20,000

(2)一度誤った仕訳を元に戻すため逆仕訳を行う(下書き)

売上 20,000    現金 20,000

(3)誤った仕訳が相殺されたので正しい仕訳を行う(下書き)

現金 30,000    売上 30,000

よって訂正仕訳としては(2)の間違った仕訳の逆仕訳と(3)の正しい仕訳を足した仕訳を行う必要があります。

(4)訂正仕訳(帳簿に記載)

現金 10,000    売上 10,000

『4.(A)+(B)』の部分は上記(2)+(3)と同じ意味です。

混乱の原因は多分下記の部分を少し勘違いしているのではないでしょうか。

まず一つ目は『4.A+B』とかかれているように実際に帳簿上に反映させる仕訳は正しい仕訳と誤った仕訳の逆仕訳を足し合わせた4番目の仕訳のみです。1~3は下書きとして書くだけということです。

もう一つは3番の誤った仕訳は3番目の誤った仕訳の逆仕訳を切るために切るということです。下書きの下書きといったところでしょうか。

これを考慮して書き直すと

1.現金 30,000    売上 30,000
(2.現金 20,000    売上 20,000)
3.売上 20,000    現金 20,000

-------------------ここまで下書き---------------------

4.1+3

現金 10,000    売上 10,000

よって4番の訂正仕訳を切ることになります。

わかりにくいようでしたら、参照しているテキストの記述ではなく、一番上に書いた説明でもう一度整理してみたらいいと思います。

余談ですが、訂正仕訳を理解する上では一回相殺して正しい仕訳を切って足し合わせると言う説明をしますが、最終的には帳簿が正しい仕訳を切られた状態にするのが目的です。

そのため、慣れてきたら誤った仕訳と正しい仕訳の差を埋めるためにはどのような訂正仕訳を切ったらいいかを考えて訂正仕訳を切るといいと思います。

例えば上記の例ですと


誤った仕訳

現金 20,000    売上 20,000

正しい仕訳

現金 30,000    売上 30,000

上記二つの仕訳を見比べると借方に現金が10,000足りなく、貸方に売り上げが10,000足りません。

そのため訂正仕訳としては

現金 10,000    売上 10,000

となります。

複雑な時はやはり相殺仕訳と正しい仕訳をわけて足し合わせる方がいいと思いますのでそこらへんは臨機応変に。

回答は以上です。長文になってしまい申し訳ありませんでした。

訂正仕訳を誤った仕訳を行うところから順を追って説明します。

質問者様の例題を使わせて頂くと

(1)仕訳を誤って行ってしまう(帳簿にすでに記載済み)

現金 20,000    売上 20,000

(2)一度誤った仕訳を元に戻すため逆仕訳を行う(下書き)

売上 20,000    現金 20,000

(3)誤った仕訳が相殺されたので正しい仕訳を行う(下書き)

現金 30,000    売上 30,000

よって訂正仕訳としては(2)の間違った仕訳の逆仕訳と(3)の正しい仕訳を足した仕訳を行う必要があります。

(4)訂...続きを読む

Q簿記3級は暗記が大事ですか?勉強のコツは何ですか?

お世話になります。

簿記の3級に取り掛かっています。
まだ勉強を始めて数日なのですが
左右に何と言う名前が来るのか、さっぱり分かりません。
入る金額は簡単なのでわかるのですが・・・

資産が増えると左、減ると右とか
大まかな言葉としては覚えたのですが
どんな科目が入るのかが分かりません。

何回も繰り返して暗記するしかないのでしょうか?

3級をクリアしてる人に聞いたら
3級は2週間程度の勉強で受かると言われました。
しかし私には到底無理なようです。

簿記の勉強のコツとかがあったら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簿記でつまずく人は大抵、借り方、貸し方、左と右で
はてな。。。とこんがらがるケースがほとんどです。

まずは現金のあり方だけを覚えるといいです。
現金は基本的に(決算書などの)左側に残高が残ります。
まず、これだけ覚えてください。

そして、売上が上がると現金が増えるわけですから、
現金は左、売上はその反対で右に。

経費を使うと現金は減るわけですから、
現金は右に、経費勘定はその反対で右側にきます。

上の仕訳を例にしてみると、
現金残高10000円として、
現金1000/売上1000
経費500/現金500
となるわけです。(数字は適当です)

簿記は仕訳段階では引き算を使わずに、足し算だけで
表現しますので、現金が減るという引き算を使わず、
反対側に数字を載せることで現金の増減を表すので、
ここらが迷いやすいところなのです。

>どんな科目が入るのかが分かりません。

あとは、ほぼ日本語通りです。
下の言葉をさらに便宜上細かい勘定科目に分けているに過ぎません。
資産・・・現金・預金・土地・建物・売掛金
負債・・・借入金・買掛金
費用・・・○○費

ちょっとややこしいのは、同じ言葉で資産と費用の区別があるものでしょう。
これは最重要項目の決算書、清算表の問題には必ず出てきて、
配点に大きくかかわりますので、いくつかのパターンを全部覚える必要はあります。
家賃(費用)―前払家賃(資産)
支払い利息(費用)―未払い利息(負債)―前払い利息(資産)
など。

どんな勘定科目があるのかは、いちいち勉強するより、
どこかの会社の決算書でも見たほうが早いです。
みるのは費用項目くらいでよろしいでしょう。
どういうものがあるのか、さらりと3つ4つみるだけでいいです。

あとは、一通りさらってみたら、(全部理解できてなくてもよい)
一度、過去問を1つ解いてみることです。
そして、理解できていないところだけ見直します。
そして、その過去問の問題が理解できたら、次の過去問をやり、
また、わからないところだけ復習します。

だいたい10問くらい過去問をやり、理解を十分にしておき、
初見の問題をやって9割取れれば、ほぼ3級は合格できます。
(これは2級も同じです)
合格ラインは7割なんで、自宅で7割では問題によっては
落ちる場合もありますので、9割理解を目指してください。

簿記でつまずく人は大抵、借り方、貸し方、左と右で
はてな。。。とこんがらがるケースがほとんどです。

まずは現金のあり方だけを覚えるといいです。
現金は基本的に(決算書などの)左側に残高が残ります。
まず、これだけ覚えてください。

そして、売上が上がると現金が増えるわけですから、
現金は左、売上はその反対で右に。

経費を使うと現金は減るわけですから、
現金は右に、経費勘定はその反対で右側にきます。

上の仕訳を例にしてみると、
現金残高10000円として、
現金1000/売上1000
経費500/...続きを読む

Q訂正仕訳の問題が分からない。

訂正仕分けのテキストを読んでいるのですが、理解ができないです。
下記の問題ですが、

八百源は青森商店から商品2000円を仕入れ、代金は現金で支払った。
その際に、誤って金額を200円として仕訳していた。

(借)現金200円   (貸)仕入200円 ←誤った仕訳の反対仕訳
(借)仕入2000円  (貸)現金2000円←正しい仕訳

<回答>
上記が相殺され、
(借)仕入1800円  (貸)現金1800円 

という答えになるのですが、なぜこの答えになるのかがわかりません。
実際に動いているお金は、2000円なので、
(借)仕入2000円  (貸)現金2000円
上記の答えでいいのではないかと思います。1800円にすると、実際の支払った金額の2000円とは合わないので。

簿記に詳しい方がいらっしゃいまいしたら、ご回答をお願い致します。できれば、なぜ私の考えが違うのかも教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

この問題は
誤った仕訳

     仕入     200     現金     200     ・・・・・(1)


誤った仕訳の反対仕訳

     現金     200     仕入     200     ・・・・・(2)

正しい仕訳

     仕入    2,000     現金    2,000     ・・・・・(3)

ですよね。・・・・・ここまでは理解されているとのこと

では、各勘定元帳を考えてみてください。

                仕     入
     ---------------------------------------------
     現金    200 ・・・・・(1) l      
                      l 現金     200 ・・・・・(2)
     現金   2,000 ・・・・・(3) l


                  現    金
     ---------------------------------------------
                      l 仕入     200 ・・・・・(1)
     仕入    200 ・・・・・(2) l 
                      l 仕入    2,000 ・・・・・(3)

これを見ると分かると思いますが、(1)ですでに200円は記帳されています。
そこで差額のみを記帳するのです。

                  仕    入
    ----------------------------------------------
    現金    200 ・・・・・(1) l      
    現金   1,800 ・・・・・  l

                  現    金
     ---------------------------------------------
                     l 仕入     200 ・・・・・(1)
                     l 仕入    1,800 ・・・・・

元帳残高は、同じくなりませんか。

この手の問題は、検定試験に出題されますので、過去問題、練習問題などを活用して覚えておきましょう。

こんにちは

この問題は
誤った仕訳

     仕入     200     現金     200     ・・・・・(1)


誤った仕訳の反対仕訳

     現金     200     仕入     200     ・・・・・(2)

正しい仕訳

     仕入    2,000     現金    2,000     ・・・・・(3)

ですよね。・・・・・ここまでは理解されているとのこと

では、各勘定元帳を考えてみてください。

                仕     入
  ...続きを読む

Q経理(簿記)に向いていない性格の人っていますか?

ちょっと変なことなのですが、お心当たりの方の回答をお待ちしてます。

知人が今度、会社の経理を担当することになったらしいのですが、その知人曰く「自分は性格的に経理には向いていないから・・・」とのこと。

会社側としても苦肉の策で、無理を言って悪いが頼む、ということらしいです。で、夜に専門学校などに通っても良い(もちろん費用は会社持ち)から引き受けて欲しい、というウソみたいな好待遇です。

でも知人は「いや、性格的に無理だから・・・」の一点張りで、大げさではなく、退職も考えているみたいです。

なんでも、自分は理論的に納得できないと先へ進めない性格で、かなり昔に少しだけ簿記を勉強しようとしたときに、借方とか貸方とかの仕訳けを、理屈じゃなく機械的に丸暗記しろ、と教えられて以来、自分には性格的に簿記には向いていない、と思うようになったようです。

性格的に簿記(経理)に向いているとか、向いていないとかってあるものでしょうか?

ちなみに私は、今まで経理とは全く畑違いの仕事をしてきたので、想像もつかないことなのですが・・・。

Aベストアンサー

簿記ってとっても理論的ですよ。

ただ、勉強を始めたときその理屈を理解しにくいんです。

ですから、専門学校では機械的な暗記をすることを指導します。(実際は理屈も教えてくれてるんですがその場で理解できる人が少ないんです)

勉強が進めば(簿記2級合格レベル)すんなり理解できるようになります。

数学や物理の公式をとにかく覚えて、答えが出せるようになったらその公式の意味がわかってくる、、、みたいなのと同じものと考えていいと思います。

僕も勉強を始めたときはなにがなんだかさっぱりでした。
でも、機械的に暗記をし、仕分けをして答えを出していくうちに、簿記っていうのは理論的に出来上がった学問なんだな、、、と思えてくるようになりました。

ですから#1の方もお答えのようにその知人は経理に向いていると思いますよ。
ただ、本気で簿記を勉強していないだけです。

経理って会社経営の中枢です。
会社の状態が手に取るようにわかるので面白いと思います。
知人にぜひがんばってみるようにアドバイスしてあげてください。
きっと会社も知人に期待をしているんではないでしょうか?
経理経験がある人って会社にとって重要な人ですよ。
もし辞めるのなら経理をやってからでも遅くはないと思います。

簿記ってとっても理論的ですよ。

ただ、勉強を始めたときその理屈を理解しにくいんです。

ですから、専門学校では機械的な暗記をすることを指導します。(実際は理屈も教えてくれてるんですがその場で理解できる人が少ないんです)

勉強が進めば(簿記2級合格レベル)すんなり理解できるようになります。

数学や物理の公式をとにかく覚えて、答えが出せるようになったらその公式の意味がわかってくる、、、みたいなのと同じものと考えていいと思います。

僕も勉強を始めたときはなにがなんだかさ...続きを読む

Q簿記3級は本当に誰でも取れるのですか?

簿記全くの素人で、簿記3級を取得したものです。

受ける前は、「勉強すれば誰でも受かるよ」「簡単」と言われていました。実際、学校にも通い、試験が近づくと必死で勉強し、なんとか83点で合格できましたが・・・私は少なくとも「簡単」とは思えませんでした。また、先日受けた試験の合格率は50%くらいだったと思います。

私としては、「誰でも受かるほど簡単」とは思えません。皆さんはどうですか?

Aベストアンサー

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです。
そんな私が仕事のためとはいえ、簿記を勉強することには、周囲から『無謀だ』と猛反発を受けました。
しかし、職業柄、どうしても受からねばならない事情があったのです。
私にとっては、初めて独学で、本格的に目指す資格試験。
大学受験以来のプレッシャーでした。
手の使い過ぎで腱鞘炎になるし、
本試験日までは、寝不足や食欲不振に悩まされる日々が続きました。
試験会場には、商業高校生らしき若者が大勢詰め掛けていて、
教師らしき人々の励ましを受けていました。
制服姿の学生に混じっての孤独な社会人受検。気後れしたものです。

そして無事、簿記3級に合格したものの、
父親からは『なんだ、まだ3級か』
『うちの会社の経理のコは、みんな持ってるよ』と云われて
何となく、カチンときたのを憶えています。
会社の同僚からも、『あら、なぁに?2級じゃなかったの?』との声。
不思議だったのは、簿記を勉強した経験のある人からは
『頑張ったね。大変だったでしょう?』と、労いの言葉を戴いたことです。

質問者さまの、簿記3級に合格したものの、
3級って、大したコトないの?自分は3級でも、けっこう大変だったんだけどな…。
という今の心境は、何となく、お察しいたします。
当時の自分を見ているようです。

今思えば、周りからの"簿記3級は簡単!”という批評は、
簿記3級なんか…と軽視する意図などは、一切なしに、
また、簿記3級だから云々…という理屈も抜きにして(簿記って何?という輩も少なくない)、
俗に言う"検定試験を履歴書に活かせるのは、何でも2級レベルから”という認識の強さが、
無責任に、口にさせた台詞だったのかもしれません。
(会社によっては、何級からでも、ひとつの資格として認識されますが。)

他のかたが仰るように、周りの言葉に、変に過敏にならず、
努力した自分を一番よく知っている自分が、今までの努力を褒め称えてあげればよいのです。
お仕事されながらの受検は、大変だったことでしょう。
苦境を乗り越え、合格を勝ち取ったことは、自分の中で、ひとつの自信になったはずです。

しかしながら、国家試験を目指す人などが、これから簿記にチャレンジする初心者相手に、
訳知り顔で『日商簿記くらい簡単に取れないとね。』と、
あからさまに、上から物を見た言い方をするのを、巷で耳にするたび、
『たかが簿記で、そこまで偉くなれるのか?人間が小さい奴だな…』
と、(失礼ながら)私は、醒めた目で見ることにしています。
たまに、『自分には簿記のセンスがない。向かない。』と悲観的になる人もいますが、
センスの有無とは、個々の五感に係わる問題です。
誰しも、電卓片手に、生まれてきたわけではありません。
簿記で扱う数字は、算数とは違って、公式だけの感覚で解くものではないし、
簿記の根底に在る理論は、国語のように、日常生活に当たり前に転がっているものではないため、
わざわざ勉強時間を作って、一歩ずつ知識を身に付けてゆくしか、方法はないのです。
3級でも、2級でも、1級でも、センスなどに頼らず、こつこつ努力しないといけないのは、みんな同じです。

ただ、補足するとしたら、
簿記1級の資格試験や、税理士・会計士等の国家試験は、
簿記の知識を問うものでも、2級までの資格試験とは、採点方式等が異なるため、
合格のためには、個人の努力だけでなく、試験戦略・運の要素も絡んでくることになります。
簿記3級は、過去問題を制限時間内で70点取れる練習を、何度も積んでいれば、
本番での過度の緊張やケアレスミスに襲われない限り、充分に合格圏内を目指せるかと思います。

簿記2級となると、試験員が、ごくたまに、範囲外のようなイジワル出題をすることがあったり、
さらに、簿記1級では、周りの受験生の出来具合により、採点箇所が変化するらしいため、
死ぬほど努力していても、時として、その実力が充分に発揮できない状況が、足を引っ張ります。
人格が変わるぐらい勉強し、恋人を捨て、人生をかけて挑戦してさえも、
合格の実現が厳しい難関試験の前に、打ちひしがれる人を、私は、目の当たりにしています。
そのような『勉強しても受からせてもらえない、リスクの大きい試験』から比べれば、
簿記3級は、努力すれば受からせてもらえる良心的な試験だと言えるのかも知れないな…とは思います。

『簿記3級なら、がんばれば、誰だって合格できる』という言葉の裏には、
簿記3級は、ひとりひとりが実行可能な労力を惜しみさえしなければ、
誰にとっても、その努力が充分に報われる要素のある試験なんですよ。って気持ちが込められています。
私が友人に、受検を励ます意味で、その言葉をかけるとしたら、そうした意味を込めて用います。

簿記を好きになれると、自信を失くす時があっても、また立ち直って頑張れます。
華やかな勉強ではないし、あまり理解を得られない面もありますが、
私自身は、簿記学習を通じて、『算数キライ』の苦手意識を克服でき、根気や忍耐力もついて、よかったかな?と思います。

身の上話が長くなり(苦笑)、申し訳なかったですが、
あなたに簿記の勉強を続けてみようというお気持ちがあるのならば、
何とか、自信を持って、ご自分の道を歩んで頂きたく、この回答を書きました。

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです...続きを読む


人気Q&Aランキング