先日骨董屋漫画を読んでいましたらこんなエピソードが出てきました。

骨董屋に客が来て
吉原辺りで花魁が使っていたとおぼしきたばこ盆。朱塗りで格子造り、蒔絵も何もないが下部の抽斗の金具が獅子の彫り、に合う煙管と火入れが欲しい
と言う。
「二本置くなら煙管は朱塗りでない方がいいかな」
という店の者の台詞に応えて客が、茶席に使うわけじゃないから煙管は一本でいい、朱塗りで花魁が使うような長めの物を、と言う台詞が判りません。
後半の花魁が使うような長め、は判るのですが(そういう商売のひとが格子の向こうから煙管を伸ばして袖を引く、という描写を読んだことがある)茶席に使わないならなんで一本で良いんですか?
あと、一本きりならたばこ盆とお揃いの朱塗りでよくて、二本なら揃ってない方がいいというのは何故?
更にそれを受けて、
「では火入れは染め付け、いや万暦様がいいですかね」
という台詞も出るのですが、それが何故かも判らない。何か、(染めの着物に織りの帯、みたいな)決めごとがあるのですか?
話が進んで、雁首と吸い口に牡丹の彫りがある煙管が出されてくるのですが、その煙管を見て客が
煙管に牡丹があるなら火入れは青磁か染め付けを置いてみよう
と言うのも判らない。何故に牡丹だったら青磁か染め付け??(牡丹の煙管が出されてくる理由は判るのですが)

話は骨董と少しずれますが、骨董屋と客がこのたばこ盆を使っていたのはどんな花魁だったろうか、という話をしていて、
文殊菩薩を守りとしていたので獅子柄を好んだ、で、彼女の禿は猫を好んだだろう…と無責任に想像するわけですが。
文殊菩薩を守りにしていた女性が獅子柄を好む、という話の脈絡は“文殊菩薩は獅子に乗っている”の注釈で理解できましたが、その女性が使っていた禿は猫を好む、という話の繋がりが理解できません。
何故文殊菩薩→獅子→猫、なんですか?

A 回答 (2件)

骨董関係にはまったく詳しくないのですが、わかる範囲で。



まず、茶道具には煙草盆が含まれます。
茶室に付属した待合という建物で、客が茶席の空くのを待つのですが、そこに煙草盆が用意されています。

煙草盆というのは、火入れ(常に炭をおこしておくもので、金属製か陶磁器製)、灰落とし(煙草の灰を捨てる容器で、竹製が多いけれど中には金属、陶磁器製もある)、煙草入れ(刻み煙草を入れる)がワンセットになっています。
普通のものにはあまり煙管はついていないと思いますが、特注品として、煙管をおくための、切れ込みや引き出しがついているのもあるようです。

遊郭で使われたものなら、あくまで花魁の個人的な所持品であると考えられます。
花魁の持ち物に、対(ペア)というのは不似合いですよね。

>「では火入れは染め付け、いや万暦様がいいですかね」

染付は陶磁器の彩色方法で、白磁にコバルト顔料で絵付けをしたもの。
万暦様、というのは、おそらく万暦赤絵のことと思われます(志賀直哉の短編に『万暦赤絵』というのがあって、そのなかに、ものすごく高い万暦赤絵の花瓶の話が出てきます)。これも同様に、陶磁器の彩色方法で、赤絵というだけあって、こちらは赤に特徴があります。
おそらく想像なのですが、その煙草盆には金属製より陶磁器製のもののほうが似合う(遊郭の煙草盆にそういう特徴があったかどうかはわかりません)、という、蘊蓄のやりとりではないでしょうか。

>煙管に牡丹があるなら火入れは青磁か染め付けを置いてみよう

これは色のコントラストではないでしょうか。
染付は白磁に青の紋様、青磁は青緑色の磁器です。
朱塗りの煙管、牡丹の彫り、とくると、万暦赤絵のものより、白磁か青磁、と言っているのでは?

遊郭の風俗というのはほとんど知らないのですが、かむろ、というのは8~9歳くらいの少女で、花魁の世話をする存在であったようです。で、かむろの身の回り一切は、花魁が負担していたらしい。
当然、着るもの、装飾品など、花魁が自分の好みで選んだことと思います。
獅子の子→猫、という連想は比較的しやすいと思うのですが、もしかしたら落語や歌舞伎などに典拠があるのかもしれません。
    • good
    • 0

>「二本置くなら煙管は朱塗りでない方がいいかな」



「二本置く」=お客さま用。
「朱塗りでない」=派手でない。

>「茶席に使うわけじゃないから煙管は一本でいい、朱塗りで花魁が使うような長めの物を」

「茶席に使うわけじゃない」=自分だけで使う。
「朱塗りで花魁が使うような長めの物を」=たばこ盆にマッチする花魁風の派手なものを。

>「では火入れは染め付け、いや万暦様がいいですかね」

 「染め付け、いや万暦様」=絵柄があり、派手なもの。

>「煙管に牡丹があるなら火入れは青磁か染め付けを置いてみよう」

 「牡丹」=朱の大輪で派手。
 「青磁」=とても穏やか。
 「染め付け」=白磁に絵付けしたもので、比較的落ち着いている。
 取り合わせで3つ派手なものを揃えると野暮なので。

>「文殊菩薩を守りとしていたので獅子柄を好んだ、で、彼女の禿は猫を好んだだろう」

 「文殊菩薩」=獅子に乗る。
 「禿(かぶろ)」=童女。
 「猫」=獅子⇒唐獅子からの発想。

と、こんな風に理解しました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報