今度、サボテンを育ててみたいと思っています。
そこで・・・

1:はっきり言って、サボテンって育てやすいですか?

2:やはり病気とかもあるのでしょうか?

3:オススメの種類(育てやすいとか可愛いとか)を教えてください

回答お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは



1.育てやすいですよ。 水遣りも真夏と真冬以外では種類にもよりますが、1週間~10日に一回ぐらいですので、旅行へ行っても平気です。

2.病気はありますが、他の植物に比べて予防は簡単だと思います。 ちゃんと予防していればまず虫やダニにやられることはありません。

3.お勧めの種類は、あとから好みが出てくると思います。最初は花色の綺麗な物とか、刺の無い種類とか、触っても痛くない刺の物が、扱いやすくて良いかもしれません。

PS

ホームセンター等においてある、表面が固まった砂にして販売してあるものは、育たずにダメになってしまうことが多いですが、このURLのお店なら大丈夫ですよ。

参考URL:http://www.yamauchi-engei.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホームセンターとかにおいているものはだめになりやすいんですか!!知りませんでした・・・。
ありがとうございました

お礼日時:2003/09/20 13:04

余りにも種類が、多すぎてよく分らないのですが


球形?と云うか丸みのある品種は寒さにも強く霜にあてず凍らさなければ越冬できます
大阪の場合フレーム程度で屋外の越冬が出来ます

クジャクサボテン・月下美人などのように平べったいタイプは、寒さに弱いので室内で越冬させた方が無難なようです

夏は日焼けの恐れが有るので寒冷紗を張るか半日陰の処に置くとよいと思います

植え替え 毎年春か、秋に土(砂)を変えます
トゲ対策として革の手袋で作業するとよいでしょう
肥料は、殆ど必要としませんが、植え替え時に少量の緩行性肥料を、使うか無くてもよい

サボテン類でよくある失敗は水の遣りすぎです

開花中(蕾も含む)のシャコバサボテン(デンマークカクタス)は、普通の草花程度の水やりで十分です(蕾がないときは、控えめに)

殆どの品種は日光を好みますが一部に日陰を好む物もあり購入時に確認してください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりいろいろあるのですねー
どうもありがとうございました

お礼日時:2003/09/20 13:06

日本の風土に適した植物で無いので育て易いとは言いない、病気も含めて、


棘の粗いもの病気に罹りにくい、伊東のサボテン公園でも見学すると考えが変わると思います。
以前に見学したときは直売もありました。
写真と実物は違えます一個でよいから、これが欲しいと言う物も沢山あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本のものではないのでタイヘンなのでしょうか・・・。
どうもありがとうございました

お礼日時:2003/09/20 13:05

サボテンの部屋という下記サイトが参考になると思います、花の写真もきれいです。



参考URL:http://www.ruimo.com/cactus/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
参考にさせていただきます

お礼日時:2003/09/20 13:02

1.ズボラな人ほど簡単なようです。

気にしすぎて水をやりすぎると腐るし、虫が湧くし・・(T.T)
2.土に小バエが卵を産むとウジがワサワサ・・
3.どうもサボテンは嫌いだぁ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小バエですか・・・それは嫌ですね!!!
ちょっと迷っちゃいます・・・

お礼日時:2003/09/20 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサボテンの植え替え

鉢植えのサボテンが大きくなっています。
植え替えしたいと思っていますが、植え替え時期と方法を教えてください。

サボテンの針の対応苦戦しそうです。

Aベストアンサー

 お住まいがどこか分かりませんが、植え替えはもう止めた方が良い時期です。植え替え時期は、成長期の前で、4月~6月、9月~11月が良いですね。今からだと10月が良いと思います。
 夏(7~8月)は休眠期なので、植え替えはしません。風通しの良い日陰に置いて(あるいは遮光して)、水は全くやりません。この時期に水をやると、蒸れて根腐れをおこします。
 植え替えをする時、1週間程度水をやらずに乾かし、土をよく取り除き(根を痛めないように丁寧に)、新しい用土に植え込み、水はやらずに2週間程度日陰に置いてください。

 サボテンの針対策は、作業用の皮手袋(溶接用のが厚くて良い)ですね。ホームセンターにあります。

Qサボテンの育て方

鉢植えのサボテンが数個集まったので寄せ植えを作ろうと思います。
そこでサボテン用の土(砂?)というのを購入したのですが、
白くて粒も大きめでサラサラ。こんなサラサラの土に植えても
大丈夫なのでしょうか?(屋外に置こうと思うので風などでサボが
倒れないかしら?)
それから、サボテンの種というのをもらい、半信半疑に植えて
みたら、意外と簡単に芽をだし、直径1.5cm(針も含めて)
くらいまで成長しました。このサボも寄せ植えに一緒に植えたい
のですが、小さすぎるとよくないのではないかと思いまして。
どのくらい成長したら植え替えてもいいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

サボテンにも種類があり、通常の培養土でも十分OKのものもたくさんありますよ。例えば、シャコバサボテンとか(ウチはほとんど普通の培養土です。サボテンの土を使うとなぜか失敗します)
普通の土の場合は、水遣りに気をつけて下さい(雨もです)。サボテンは、もともと乾燥したところの植物であることを忘れないで!
また、寄せ植えについてですが、まず、植え替えのお話から。通常植物は、イッキに大きな鉢に植え替えると、成長がにぶる、という特徴があります。サボテンも同様か、と思います。なので、できるだけサイズが同じくらいのサボテンを適当な大きさの鉢(すいません現物見てないので、不明瞭な表現ですが)に寄せ植えするのがベストでしょう。
とはいうものの、小さいコばっか集めて作ればいいかというとそうでもありません。小さいコは、変化に対応する力がまだありませんので、少し大きくなってから(これはサボテンの種類によって異なります)にしましょう。
植え替え(寄せ植えも同じ、根っこの環境が変わりますのでね)は、人間にたとえるなら大手術と同じです。
ちなみに、サボテンの植え替え(寄せ植えも含みます)は、春先が失敗が少ないと思います。秋口からは休眠するコが多いので。今年の夏に種まきしたのなら、来年の春ぐらいまでそのまま育ててみてはいかがでしょう。
それと、サボテンの寄せ植えに多肉植物を加えても、ベリーグッドです。
秋は花が咲くサボテンが多く、楽しみですね!

サボテンにも種類があり、通常の培養土でも十分OKのものもたくさんありますよ。例えば、シャコバサボテンとか(ウチはほとんど普通の培養土です。サボテンの土を使うとなぜか失敗します)
普通の土の場合は、水遣りに気をつけて下さい(雨もです)。サボテンは、もともと乾燥したところの植物であることを忘れないで!
また、寄せ植えについてですが、まず、植え替えのお話から。通常植物は、イッキに大きな鉢に植え替えると、成長がにぶる、という特徴があります。サボテンも同様か、と思います。なので、で...続きを読む

Qサボテン金鯱の植え替え方

サボテン金鯱の植え替え方

サボテン金鯱の根が鉢にぎゅうぎゅうになってきたので
春頃に植え替えようと思っています。
金鯱ってトゲがものすごく固くて鋭いので
植え替えのときにトゲに刺さらないようにするには
どうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

我家には現在3鉢の金鯱がありますが、流石に植替えの時には覚悟が
いりますね。とにかく強刺ですから、下手に触ると手や指先から出血
して痛い目にあいます。

我家では金鯱の植替えは一番最後に行いますが、金鯱の命と言える物
は鋭い刺ですから、刺を痛めないように我家では発泡スチロールの板
を使っています。金鯱の鉢を横倒しにして、金鯱の本体が当たる位置
に発泡スチロールの板を敷きます。板は刺よりも厚い物を使用しなけ
れば、突き破って刺の先を折ってしまいます。板はホームセンターで
売られています。
金鯱を起こす時には、発泡スチロールの板の下に手を入れ、反対の手
には溶接用の皮手袋をはめ、バーベキュー用のトングを使用するよう
にしています。最初はトイレットペーパーを巻き付けていましたが、
我家の金鯱は大きい物が直径30cmはあるので、一巻では足りないの
で3~4巻も使っていました。無駄な事と取り外すのが手間なので、
発泡スチロールの板を使うようになりました。

皮手袋だけでは絶対に怪我をします。他の方が皮手袋が良いと言われ
てますが、経験上から言わせて貰えば皮手袋だけでは怪我をします。
一番小さな鉢は直径が15cm程度ですから、皮手袋とトングだけでも
怪我をする事はありませんが、大きい物は皮手袋だけでは怪我をする
だけです。手を怪我をしない事と、刺を折らない事が重要です。

植替えを翌年の春にと言われますが、基本的な植替え時期は5~9月
の間です。少しでもダメージを少なくするため、僕は5月のGWの間
から梅雨入りまでの間に植替えをするようにしています。
鉢は金鯱の直径(肉厚の部分ではなく、刺先から刺先で計るようにし
ます。その直径より3cmほど余裕がある鉢を選び、必ず深鉢にして下
さい。

我家には現在3鉢の金鯱がありますが、流石に植替えの時には覚悟が
いりますね。とにかく強刺ですから、下手に触ると手や指先から出血
して痛い目にあいます。

我家では金鯱の植替えは一番最後に行いますが、金鯱の命と言える物
は鋭い刺ですから、刺を痛めないように我家では発泡スチロールの板
を使っています。金鯱の鉢を横倒しにして、金鯱の本体が当たる位置
に発泡スチロールの板を敷きます。板は刺よりも厚い物を使用しなけ
れば、突き破って刺の先を折ってしまいます。板はホームセンターで
売られていま...続きを読む

Qサボテンの育て方

きょう花屋でサボテンを見て一目惚れして買ってきたんですけど
店員さんに育て方を聞きそびれてしまって...

コップにサボテンが入っていて、黄色の飾り砂(?)みたいなのに植えてあって
かちんこちんに固まっていて、コップを逆さにしても落ちないんですよ。
こんなサボテンの場合一体どうやって育てたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

>それで質問なんですけど、どんな土に植え替えたらいいんでしょうか?
>普通に家の畑にある土でもいいですか?

土というより砂ですね。専用の砂も売られていますが、川砂2:赤玉土1:園芸用培用土1程度の割合で混合したものを使っても大丈夫です。
市販の砂は小型のサボテンにとって排水が良すぎるものもあるので、赤玉土等を2割ほど混ぜると良いでしょう。

畑の土に植えるとたいていのものは過湿で根が傷んでしまい、腐ることが有ります。(私は知っていてわざとやったりもしましたが・・・)

Q根腐れしたサボテンの植え替えは春まで待つべき?

柱サボテン(名前不明。くびれのない円柱型でトゲは黄色で短い)の根元が去年頃から茶色になり、支えがないとそこから曲がります。
 過去の質問を調べると、どうやら根腐れの様子。切り取って土に植えると再び根付くとありますが、サボテンの植え替え時期=春まで、やはり待った方がいいでしょうか?
 ちなみに現状は頂点部分に赤い小さな花がいくつか咲いており、上半分はトゲも勢いよく出てます。なお同じ鉢に、球型サボテンや、この柱サボテンの子供と思われる細長いサボテン(現在はまだ柱状ではなく木のような形)がいくつも植わっています。他のサボテンにも悪い影響が出るなら、早急に出さなきゃいけないでしょうか?

Aベストアンサー

このままだと、痛んでいる箇所が広がる一方です。
が・・・お花がついているんですよね。

とりあえず、痛んでいる箇所より上で切って
乾燥させましょう。
乾燥後、新しい多肉用土に差してみてください。
切ったそれより下の痛んでいる部分は削ってください。
お花が付いているので回復は難しいかもしれません。

子吹きしているのなら、なおのこと
気候のいい今の内に治療して下さい。

この冬は室内の、平均気温10~15度程度の気温差の無い室内で
養生してください。

うまく回復するといいですね。

Qサボテン豊麗丸の育て方

いつもお世話になっております。
豊麗丸の花が咲きました。
(すぐにしぼんでしまったのですけれど・・・)

サボテン、しかも調べてみたらたくさんあった「花」の
咲くもの、は購入したこと自体が始めてです。

一人暮らしのアパートに日頃置きっぱなしなのですが、
大丈夫か不安。
花咲くサボテンも、普通のサボテンの育て方と同じで
いいのか、ご存知の方はご回答願います。

サイトや本をみたところ同じでいいんだと理解して
おります。
しぼんだ花は・・・切ってあげようかとも思うのですが・・
今はそのまんまにしてあります。

サンスベリアだけは元気でいてくれるけれど、
環境のせいか、わりとたくさんの植物をだめにして
しまったので、上手に育てたいです。

Aベストアンサー

参考までに…
一般的なサボテンの育て方
http://booget.com/hontou/
http://www.sabosabo.com/shopping/hakase.htm

豊麗丸は無いですが品種別育て方と写真↓
http://www.hi-ho.ne.jp/bk_ashiya/cultivation.htm
http://dictionary.bloom-s.co.jp/kanri-sabo/

誰も書込がなかったため参考までに書いておきました。
サボテンは経験が浅いため力になれずすいません(^.^)

Qミニサボテンの植え替え

ミニサボテンを入手しました。
まだ親指のさき位の小ささですが、どうせなら花が咲くまで大きくしたいです。

植え替えの方法を調べたら、鉢から引き抜いたら根を崩さずそのまま一回り大きな鉢に植える、という方法と、古い土は振るい落としてヒゲ根も切ってしまう、というものが見つかりました。
どちらが失敗せずに(サボテンを枯らさずに)より大きく育てることが出来ますか。

それから、直射日光は避けたほうが良いようですが、UVカットガラス越しの光線もアウトでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先ほどの補足になりますが

直射日光は避けた方が良いという理由は、
売られているサボテンのほとんどが温室育ちなので、たとえ砂漠の暑いところで育つタイプのものでも日焼けしたようになり、緑色の皮の部分が、茶色く・硬く変化してしまう為です。ガラスごしでも最初はすりガラス等が良いかもしれません。透明なガラスでしたら、少し窓から離しておき、序々にガラスに近づけていくと良いかと思います。ある程度ガラス越しの日光に慣れたサボテンなら秋~冬の直射日光を多少浴びたところで問題はないと思いますが、夏場のカンカン照りはやはり日焼けを起こします。一度変化してしまうと、その後も普通に成長しますが、変化してしまった部分は元に戻らなくなります。

室外で育てるのは、日本は湿気なども多いので基本的には鉢植えにして、室内で育てた方が上手くいきます。

その辺で売られているサボテンの多くは暑い地方で育つタイプの物なんですが、まれに高原型というのがあったりするんですよね。私は暑い地方専門なので高原型の方はなんとも言えないのですが…。緑色で刺があるタイプなら、この育て方で大丈夫だと思います。

頑張ってくださいね♪

先ほどの補足になりますが

直射日光は避けた方が良いという理由は、
売られているサボテンのほとんどが温室育ちなので、たとえ砂漠の暑いところで育つタイプのものでも日焼けしたようになり、緑色の皮の部分が、茶色く・硬く変化してしまう為です。ガラスごしでも最初はすりガラス等が良いかもしれません。透明なガラスでしたら、少し窓から離しておき、序々にガラスに近づけていくと良いかと思います。ある程度ガラス越しの日光に慣れたサボテンなら秋~冬の直射日光を多少浴びたところで問題はないと思いま...続きを読む

Qサボテンを丸く育てたいです。

サボテンを育てるのは、初めてです。調べたところ「エピラサンテ属」のサボテンだと思います。きれいな丸に育てたいんですが、友人に聞いたところ「細長く育った」といっています。
何かいい方法、心がけること、などありましたら。回答お願いします。

Aベストアンサー

まん丸に育つのと、小さいころは玉サボテンでも、大きくなると自然に伸びてしまうものが有ります。

細長くなってしまう原因としては、
品種の性質の関係で綺麗な玉になりにくい場合と、
室内栽培では日光不足のため特に新芽付近が徒長して長くなることが考えられます。
根元は太いのに、頂点だけが不自然に延びている場合などは日光不足で、急に日に当てると日焼けして赤くなります。

ポイントとしては、真夏以外は十分に日光に当てることと、
春と秋の成長期には10日置き位に十分に水をやって太らせることです。

Qミニサボテンの植え替えについて

サボテンを育てようと思い、園芸ショップでミニサボテンを買ってきました。

でも買った時に入ってた鉢がすごく小さくて;
少しでも大きく育てたいと思い。
大きめの鉢とサボテン用の土を新しく買って、植え替える事にしました。

そんなわけでさっそくネットで調べた通りに植え替えたのですが。

ちゃんと育つのかとっても心配です;;

アドバイスをください;

Aベストアンサー

*鉢が大きすぎ
(1)サボテンは成長速度が遅い(普通の植木でさえ植え替え時は一回り上のサイズです)
(2)サボテンに対し鉢が大きいと水分がなかなか蒸発しない
⇒売られているサボテンの土表面が固まっている様な物は取り除きますがサボテンは基本的に小さめな鉢を使用します

*植え替え時期ではない
(1)サボテンの植え替え時期はGW後です
これからもっと気温が下がる時期に植え替えはNG
⇒サボテンは南国の植物ですよね
今の様な寒い時期は休眠期に入っています

とは言え、植え替えしちゃってるからねぇ…以下の事に注意してください
(1)終日の温度に差が出ない様に置き場などを工夫する⇒日の当たる時間帯は窓際、夜は部屋の中央の高い場所に置く(蒸れたら腐りますよ)
(2)水やりしない(基本的にサボテン類は冬場に水をあげない)←梅雨~初秋まで“乾いたらあげる”です


ところでサボテン用の土を使用しましたか?
専用々土の方がより水はけは良いですよ(できれば100均は避けて)


次回の植え替えは来年かな(土中の栄養が失くなるので植え替えは必要)
鉢は現在使用の物、或は一回り小さい物で


サボテンは植物の中でも言葉を理解できると言われています(毎日、話し掛けてあげれば良いですよ)

購入も暖かくなってからの方が扱いやすいですし、できれば専門書にサッと目を通してからの方が知識が入り失敗しにくくなります

余談ですが形良く育てるなら一方向だく日に当てるのではなく、クルクルと回してあげると良いです

頑張ってね

*鉢が大きすぎ
(1)サボテンは成長速度が遅い(普通の植木でさえ植え替え時は一回り上のサイズです)
(2)サボテンに対し鉢が大きいと水分がなかなか蒸発しない
⇒売られているサボテンの土表面が固まっている様な物は取り除きますがサボテンは基本的に小さめな鉢を使用します

*植え替え時期ではない
(1)サボテンの植え替え時期はGW後です
これからもっと気温が下がる時期に植え替えはNG
⇒サボテンは南国の植物ですよね
今の様な寒い時期は休眠期に入っています

とは言え、植え替えしちゃってるからね...続きを読む

Qサボテンの育て方を教えてください!

今日ホームセンターで花がついたサボテン(ニシキマルという物)を買った
のですが、解説書には 水遣りの間隔(春秋は2週に一度、夏冬は1ヶ月に一
度)と日のあたるところへ置くように と 1~2年に一度植え替えをしろ
と書いてあったのですが初心者の為それだけでは良く理解出来ません!
なので以下の点を教えてください。

・水遣り間隔は上記の通りで良いのか? 又水はどんな量をどんなものを使い鉢の(サボテンの)どこにやれば良いのか?
・おき場所や部屋の温度などは?
・植え替えはどんな時にするのか?
・その他注意点は?
・今日買ったのですが水はどうすれば?

色々ありますがご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サボテンで恐いのは過湿による根腐れ それが全身に及んで腐ってしまうこと


水やりですが やるときは鉢底から流れ出るくらいの量を掛けて上げてください
鉢土にやってください
球体に水滴が付き 直射日光が当たると レンズ効果で 部分ヤケが起ることがあります
たまには 球体を洗う目的で 頭から掛けてやります

生育期 最低気温15℃ 最高気温20~25℃ くらいの時期は 用土が乾いたら次の水やりを行なう

長雨が続く梅雨時 や 生育適温を大きくはずれる時期は 水やりを極端に控える
真夏も 夏眠 と言って 生長が止まります
真冬は できれは最低気温5℃以上  10℃くらいは保ちたいです
 かと言ってあまり温度をあげすぎると 体調を崩す事が有ります
5℃以下0℃くらいしか保てない場合は 水やりは秋口から控えて行き 来春まで完全にやめます

植え替えについては 書くと長くなるので #2さんの紹介のサイトをみてください


人気Q&Aランキング

おすすめ情報