昼仕事、夜は飲み屋でバイトをしているA男がB子に、ある女子高の制服をバイトのイベントで使うから貸してくれと頼んだそうです。B子はその女子高だったC子に制服を借り、A男に貸したそうです。一ヶ月たっても返さないのでB子はA男に返せといったそうです。しかしA男は店に忘れたとか、店から給料前借してすぐやめたから取り行けないとか、さらにはその店が閉店してた等と言っていたそうです。そしてしまいにはなくしたと言いだしたので C子にあまりにも悪いので弁償しろとB子はA男に言ったそうです。するとA男は見ず知らずの人に金を払うのはやだから"示談書"をC子に書かせて持って来いと言ってるんだそうです。C子はそんな男に名前とか住所を書いた示談書なんて書きたくないと言ってます。これっていったいどうしたらいいですか?そして示談書とは?さらにA男に何か罰はないんですか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

示談書とは、利害関係にある当事者同士がある問題を解決した際に、どの様な条件で解決したかを書いて、お互いに署名・押印する書類です。


なぜ、作成するかというと、後日になってその問題を再びもちだして、紛争が再びおきたときの証拠にするためです。
示談書は、弁護士に頼まなくても、当事者だけで作成できます。
さて、この問題では、Aが全面的に悪く、賠償責任が発生しますから、弁償するのは当然の責任です。

そこで、解決方法は、AはBに弁償して、BがCに弁償するという方式になります。

それで、Aとbで示談書を作成して、BとCで示談書を作成すれば、Cの住所はAには知られません。

示談書の見本です。
用紙は何でもかまいません、鉛筆ではなくボールペンで書きます。

           示談書

Aを甲とし、Bを乙とし、甲および乙は、**** 年 * 月**日、AがBより借り受けたCの制服を紛失した件につき、次の通り示談する。


1. 甲は乙に対して、制服代の損害賠償として金 *****円を支払う。
2 .乙は甲の前記行為を許すものとし、以後、被害届け、告訴などを出さない。
3. 本示談により本件に関する紛争が一切解決したものとし、乙は、以後何らの請求をしない。
4 甲乙間には本示談書に記載されたもの以外、何らの債権債務がないことを相互に確認する。
                      以上
****年 *1 月**日

住所 **市**町〇〇丁目〇〇番〇〇号
(甲) 氏名  〇〇 〇〇    印

住所 **市**町〇〇丁目〇〇番〇〇号
(乙) 氏名  〇〇 〇〇   印
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しい回答ありがとうございました。友人が実はB子ですごく悩んでいたので早速おしえてあげました。B子もとても感謝していました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/20 10:56

示談書とは前出の方の回答のようにお互いの合意書ではありますが、


賠償する側(A男)が賠償を受ける側(本来、B子)に対して
賠償後は一切の責任を負わないとか裁判を起こさないなどの
確認をお願いするためのものでもあります。
よって、賠償する側が示談書を作成して賠償を受ける側に
署名・捺印してもらうのが通常のやり方です。

賠償額については
制服を購入した時点の価格が仮に6万円だとすると
高校3年間のうち2年間使用していたのであれば
現在の価値は残り1年分の2万円となります。
すでに卒業されていたのであれば制服の価値は0円となります。
ただし、一概に上記の計算によるものではありませんので
あくまでも話し合いで決められた金額なりますが、
購入時点の6万円が賠償金額となることはあり得ません。

人それぞれ考え方が異なり、
高校の記念に大切に保管しておいた制服かもしれませんが、
全ての人がそのようにしているわけではありませんので、
現在の価値はほぼ0円となってしまうのが実状です。
だからといって相手から何の補償もないというわけではなく
慰謝料として購入価格の10分の1程度の金額を受け取れれば
良いほうかもしれません。
賠償額からみて裁判や調停は時間的な損失を考えると合わないと思います。
また、調停の場合は8千円程度の費用が必要ですし、
この費用を相手方からもらうことは出来ません。

刑法に照らし合わせれば
窃盗罪や詐欺罪などに該当するかもしれませんが、
警察がどのように対応するかが分かりません。
もし、A男が窃盗罪で捕まったとしても
制服が戻ってくる保証も、賠償をしてもらう保証もありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。
B子に教えてあげました。
A男のことは許せないですが解決できそうだからよかったと言っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/20 10:58

 示談書は利害の対立する当事者同士が話し合い、お互いの条件を提示し、譲歩しあって争いにピリオドを打つ際の合意書で、実際の損害の算定は素人には難しく、大抵は専門家である弁護士に相談するようです。

口頭での話し合いでも示談できますが、後々問題が起こることが懸念されます。当事者双方が作成人で、双方合意の上で作成し、各一通を保管します。
 示談書は通常事故・事件の特定、賠償金額と支払期日、加害者本人と被害者本人の署名・押印が明記してある必要があります。
 A男の罪を問うのなら簡易裁判所に調停を申し立てることですが、A男が非を認めない時、示談に応じない時はこうするしかないでしょう。(料金がかかります)
 当のC子さんが示談書を拒絶していては、泣き寝入りするか、代理人に頼むしかないと思いますが、この際A男の言いぶんを良く聞いてみて、口頭で示談してみることにしてはどうでしょう。そうした事はちゃんと記録しておいて、いざとなれば調停も辞さぬ覚悟をきめなくてはなりませんが。
 以上は全くの素人が調べた範囲にすぎませんので下のアドレスのサイトを参考にされますことをお奨めします。
 

参考URL:http://www.e-birdweb.com/zero/solution.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんにポイントを差し上げたいのですが、差し上げられなくてもしわけないです。みなさんのご回答で本当に助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/20 11:01

困ったA男ですね。


A男とC子とは関わり合うことがそもそもおかしなことです。
A男とB子との問題と、B子とC子との2つの問題と考える必要があります。
A男は、B子から制服を借りて、B子に返す必要があるいます。B子はC子から制服を借りてB子はC子に制服を返す必要があります。
B子はA男から制服が返してもらえなかったら、制服に見合う分の弁償をしてもらう権利が発生します。
また、C子はB子に制服に見合う弁償を要求することができます。

示談書とは、裁判等で争いをやめて、話し合いで問題を解決し、その内容を文面にしたものです。

まず、A男とB子とが話し合いがつけばそこで示談書ができます。話し合いで解決ができないときには裁判を起こします。それと、平行してB子はC子と話し合い、または裁判で問題を解決する必要があります。
裁判といっても最近は費用もいらない簡単にできるものがありますので調べてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございました。
ポイントを差し上げられなくてもうしわけありません。
みなさんに差し上げたいのですが、、、、、、。
B子はこれで解決するとよろこんいました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/20 11:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 土地Xの共同権利者A及びB(Aの子。配偶者C及び子3人がいる。)につ

 土地Xの共同権利者A及びB(Aの子。配偶者C及び子3人がいる。)について、仮にAが死亡した場合、そのまま放っておくことは問題ないでしょうか(つまり、Bのみが権利者となります。)。または、何か届出を行ったり、税金の問題が発生するのでしょうか。
 また、A(Bの親、Aの配偶者はすでに死亡)死亡後、Cを土地Xの共同権利者として追加することについて、「相続」に関する問題は発生するのでしょうか。
 ちなみに、Bには妹(配偶者及び子2人がいる)が1人います。
 現在、関係書籍を読んでいるところで、平行して質問させていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

土地xのAの持分はAの相続人に相続されます。
Aの相続人はBと妹のようですから、二人で相続します。どのように分割するかは、
・Aに遺言があれば、遺言に従う。
・遺言がない場合には、全相続人で話し合い決める。決めた内容は分割協議書を作成する。
・分割協議書が作成できない場合、相続登記は法定相続分B1/2、妹1/2でのみ登記可能。
ということになります。

相続登記をせず、そのまま放っておくことも可能ですが、その場合Aの持分は暗黙的に1/2、妹1/2の権利になります。妹死亡後は妹持分は妹の相続人が同様に相続していきます。

CはAを相続することはできません。Aが遺言で持分をCに遺贈すると書いていた場合のみCへの登記が可能です。
Bの持分をCに贈与することは相続とは無関係に可能です。

税金については、
・相続税についてはXを含むの遺産全部の評価額がわからないとわからない
相続税は、Xを登記するかしないかや、Xを誰が相続するかには影響されない。
・Xについての登記関係の税金については、登記時点で登記免許税等が発生する。
 不動産取得税は相続人(B,妹)にはかからないが、Cが受贈した場合にはかかる場合と
 かからない場合がある。
です。


 

土地xのAの持分はAの相続人に相続されます。
Aの相続人はBと妹のようですから、二人で相続します。どのように分割するかは、
・Aに遺言があれば、遺言に従う。
・遺言がない場合には、全相続人で話し合い決める。決めた内容は分割協議書を作成する。
・分割協議書が作成できない場合、相続登記は法定相続分B1/2、妹1/2でのみ登記可能。
ということになります。

相続登記をせず、そのまま放っておくことも可能ですが、その場合Aの持分は暗黙的に1/2、妹1/2の権利になります。妹死亡後は妹持分は妹の相続人...続きを読む

QAがBに業務処理を委任し、BとC間で締結した契約の、Bの委任終了に伴う権利義務について

 AがBに対し、物品の売却業務を委任し、それに伴ってBがCと、それぞれ、契約の当事者として物品売買契約を締結しました。
 その後、物品の引き渡しや代金の支払いなどの契約内容が履行される前に、AがBに対する委任を解除しました。(そのことについてBは同意しています)
 そして、その後当初AがBに委任した内容と同じ内容をEに委任しました。
 このような状況で、BとCの物品売買契約内容を、EとCの物品売買契約として認めることはできますか?(Eは引き継ごうと思っています)
 できるとすれば、どのような手続きを取ればいいんでしょうか?
EがCに対して、Aから委任を受けましたということを通知して、Cが承諾すれば成立するんでしょうか?
 BとCの契約を解除し、EとCが新たな契約を結べばいいとも思いますが、どうなんでしょうか?(民法でいう更改?)
 Aは本社、B、EはAの営業所で、会社内部の取り決めでBに委任されていた内容をEに委任することになったという状況です。
 Cは個人のお客様です。
 このようなことを、法的にはどういうんでしょうか?

Aベストアンサー

>BとEは、A会社の営業所ですので、同じ会社、法人ということになると思っています。

 そうしますと契約当事者は、A会社とCであって、BとCではありません。B(正確には、A会社営業所Bにおいて権限を有している者)は、A会社の内部的な業務権限の配分により、A会社の代表者に代わって、A会社の名において、ある物品販売の契約を締結する権限が与えられているのであって、B(の権限のある者)が契約当事者になるわけではありません。
 従って、内部的にE(の権限のある者)が引き継ごうか、契約当事者はA会社であることに違いはなく、法的に独自の意味を有するわけではありません。当然、Cの承諾も不要です。(Eの担当者が引き継ぐことを知らせるのは、客商売としては当然でしょうが。)

QA子とB男の間柄は、法律的に「親族」ですか?

  B男ーーー内縁関係ーーーB男の妻    元夫(離婚)
                    |       |
                    |       |
                    ーーーーー×ー
                        |
                        |
             A子        長男
              |         |
              |         |
              ーー内縁関係ーー
               (すでに別居中)  
                   |
                   |
                  長女C (父である長男が認知、A子が親権者)
 
   ※内縁関係は、一度も婚姻関係にはありません。

上記、相関図において、A子から見て、B男は法律的に「親族」になりますか?

A子は、長女C(4歳)と2人で暮らしています。

B男が、A子の娘である長女Cを、「わしの孫じゃ」と言い張って聞きません。

B男は、知らない間に何度か連れ去り(未成年者略取)を行っており、A子が、引き取りに行くと「お前には絶対に渡さない」「この子を置いて帰れ」と毎回トラブルになります。

また、A子は、このB男から「渡さないなら○○するぞ」「逃げても絶対に捜すぞ」と脅迫されています。

警察は、民事不介入なのか、シェルター行け、110番しろとしか言いません

A子はB男を告訴したいのですが、親族間のトラブルは受理しないと聞きます。

  B男ーーー内縁関係ーーーB男の妻    元夫(離婚)
                    |       |
                    |       |
                    ーーーーー×ー
                        |
                        |
             A子        長男
              |         |
              |       ...続きを読む

Aベストアンサー

質問は二つに分かれてます。

>A子から見て、B男は法律的に「親族」になりますか?
親族とは、六親等の血族と配偶者が代表的です。
A子とB男は血族でないので親族ではありません。
A子とB男が養子縁組をすれば、法定血族となり親族となりますが、常識では考えられません。

>わしの孫じゃ
B男が、A子の娘である長女Cをわたしの孫じゃは見当違いですが、民事不介入で警察は動きません。
しかし、他人による誘拐ですので、都会議員もしくは県会議員からの圧力で交番で相談にのってもらうよう手配するか、弁護士と相談するしかないでしょう。
警察は県単位ですので、議員の方が早いことも考えられます。
とりあえず市区町村議員なら気楽にあえますので、そちららから解決の道を模索してみてください。

QA、B、Cの内、売買契約でBが詐欺を働いた場合の物品の所有権。

小説読んでいたら気になる事が出てきたので質問させてください。

なお、この話は100%フィクションです。


ある会社A、B、Cがあります。

BはAから珍しい動物を1200万で購入する契約を結び、珍しい動物をもらいました。代金は2ヵ月後にまとめて支払う契約をしました。この2ヶ月間は動物の所有権はAにあります。

1ヵ月後、BはCへその動物を700万で販売しました。即日、Cは代金を700万円支払い、動物をもらい、BとCは売買の契約書を書きました。

Cは動物の所有権をBが持っていると思い、またBは私が動物の持ち主だとCに説明しました。

その後Bは倒産。経営者は行方を眩ませました。
Cのもとには動物と購入証が残ります。

BとCは共謀していない(Cは動物を買っただけ)です。

この時AはCに対し、法的に動物の所有権を主張することができるのか、という話です。


法律に詳しい方、どうか回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ああ、可能性としては低いけどもう一つ検討しておこうか。

もしも、Bは初めから騙し取るつもりでAと売買契約を結んだ(とはどこにも書いていないから、本来検討する必要はないがね。これは問題を勝手に作りすぎではある)とするなら、AB間の売買契約についてAが詐欺を理由に取消すという可能性があるね。この場合、どうなるかってーと、問題はどこでAが取消したかだ。まず、BC間の売買契約の後で取消したなら96条3項の問題として、Cが所有権を取得するということになる。BC間の売買契約の前に取消したならこれは判例では178条の問題で処理するのが筋ということになる。

んだけどね、そもそもAB間の契約には「所有権留保特約」が付いているわけ。そうすると、AB間の売買契約で所有権はBに移転していないというのは絶対なの。そして、無権利者から権利を取得することはできないのが原則だから、たとえ96条3項の適用があってもあるいは178条で処理するにしても、CはBから所有権を取得することはできないのが原則なの。96条3項にしろ、178条にしろ「一応は所有権を有する者から取得した場合」の話であって、Bには最初から最後まで所有権がないんだから、これは96条3項とか178条では解決できないの。だから結局は192条を考えざるを得ないわけだ。ってことは、最初から192条一本でけりが付く話なんだよ。だから96条は関係がないってわけ。

ああ、可能性としては低いけどもう一つ検討しておこうか。

もしも、Bは初めから騙し取るつもりでAと売買契約を結んだ(とはどこにも書いていないから、本来検討する必要はないがね。これは問題を勝手に作りすぎではある)とするなら、AB間の売買契約についてAが詐欺を理由に取消すという可能性があるね。この場合、どうなるかってーと、問題はどこでAが取消したかだ。まず、BC間の売買契約の後で取消したなら96条3項の問題として、Cが所有権を取得するということになる。BC間の売買契約の前に取消したならこれは...続きを読む

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報