人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

基本的には明るい人間です。半年ぐらい前までは、物事をいい方に考えるタイプでした。それが、ある人の言葉や私に対する態度に傷ついてから、自分に自信をなくしてしまったみたいです。ちなみにある人は、多少きつい言い方をする人ですが、全く悪くなく、私の横着な態度を叱ってくれただけです。「そのとおり」だったから、ショックだったのかもしれません。これまでは自分のことを支持してくれる人ばかり周囲にいたので甘えていたせいではないかとも思います。どっちにしても「信用されていない」「嫌われている」恐怖症で、他の面でもうまくいかなくなりました。

先日、その人と私の尊敬する人、ほか数名の人たちの前で、自分の意見を発表する機会がありました。私の話は、的が外れていて、失笑を買いました。とても傷つきました。彼ら(目上の人)とは今後も付き合わなければならない関係です。

私としては、済んだことなので早く忘れ、他のことに取り組みたいのですが、何度もその情景がリフレインされて、そのたびに落ち込みます。気分転換にでかけても、出先で落ち込んだりします。そのシーンが忘れられないのです。

みなさんはこんなとき、どうやっていやな出来事を忘れていますか?

A 回答 (11件中11~11件)

「そのとおり」な欠点を指摘してくれる人は、それを直したら今より良くなるよ、と言ってくれているも同然なので、そんなに気にすることはありません。


本当にあなたがいなくなればいい、と思っている人間は、けして指摘などせず、親切顔をしてあなたがいなくなるのを待っています。そういうものです。

そのことはきっとあなたもわかっているのでしょう。
これからいくらでもそんなことはありますから、「もお、これをやったらすべて忘れて出直し!」という儀式を自分で決めておけばよいのです。

私の場合はカラオケで、「柳が瀬ブルース」「さらば涙といおう」をダブルで歌うことです。つまらないことでいいから、自分に合った儀式を行って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お優しい心の伝わるご回答、ありがとうございます。儀式ですか。なるほど。私もピンクレディや郷ひろみはよく歌いますが。今度「さらば涙といおう」を加えてみます。

お礼日時:2003/09/19 22:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング