教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

福島原発事故については
「水で冷却できなかったので、深刻な事態になっている」
というような 論調ばっかりで マスコミも東京電力も
それ以外のことに まったく 言及しておりません
原発専門家 も 技術院 も 同様です

そもそも 水で冷却するなどという超初歩的発想の
停止手段しかないことこそ 根本問題です
(だれ一人として そんな論調が見られない)

これでは ブレーキの無い自転車みたいなもので
足を地面へこすりつけて自転車を止めなさい
と 言っているような 低レベルの原子力制御技術としか いえません

本筋として 停止方法としては 制御剤で燃料をつつんで停止させる
もしくは 燃料をそれぞれ距離を引き離して核分裂を停止させる
というような 根本的安全対策技術を適用しなければ
ならなかったのでないでしょうか
福島原発は40年以上前のものなので、古い安全技術水準のまま
改善することもなく 現在に到ったのでないのでしょうか
(大幅改良すると数千億円かかるだろうから)

理由は
「ほんとのことを発言すると、どこの地区も原発を受け入れてくれない」
ということなのでしょうが、

原発の現在の技術水準とか その他もろもろについて
みなさまの ご教示を宜しくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

今回は想定外の事だったと思います、というか今回のことを想定しだしたのがここ数年の話で、研究会では今回の大津波の予測を出し、さてどうするかという段階だったようです。


複合的な要因としては、世の中クリーンエネルギーで火力(重油等を燃やします)発電が縮小傾向にあるとか、環境団体の圧力で、古い原発を廃止して新原発を建設できないなど、利害関係的なものもあると思う。
本来なら40年は古すぎるので、とっくに廃炉すべきだったと思いますが、何もない時点で廃炉しますが電気が十分に供給できませんから、今後は計画停電しますなどいえませんし、火力発電にシフトしますが、環境面を考えるとコストがかかるので、電気代を倍にしますとか言って納得できますか。
今できることは何とか爆発を抑え、この経験を生かして安全な方法を話し合うしかないと思います。
場所も設備も運用も問題は有りすぎるほど有りながら、事情でどうしようもなかったのが今回の結果です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
この欄をお借りして皆様に お礼 申し上げます
おかげさまで 多くの 理解ができました
1点だけ 反論したしますと
皆様 「原発は停止しているよ」と申していますが
停止中のはずの4号機からも 発熱(ある意味 軽い核分裂)
しており 爆発してしまいました

わたしの言いたいのは、確実な意味での停止方法が
用意されていないならば、安全対策ができていない状況であり
技術者の怠慢だったということを主張したいのです

素人考えですが、停止させる時には核燃料へ制御剤をまぜるとか
核燃料の大きさを極端に分割して自然的発火(核分裂状況)を
しない程度の大きさにしてから、保管する
といったような 安全対策思想が必要であったと思うのです

「停止してからでも余熱が長く出るんだから、水冷却しか
 方法が無いんだよ 素人はわかってないから困るね」
では 原子力技術者としては あまりに無責任だと思います
スリーマイル事故の教訓を生かして技術を進歩させることこと
技術者の使命なのではないでしょうか

わたしは、東京電力 や メーカー(たぶん 東芝など)
が 経済的理由で「水冷却方式」を選び しかも それ以外の
第2の安全対策を用意しなかったのが 事故拡大の要因だと
思っています

東京電力も保安院も大学教授も なんか 奥歯にものの
はさまったような言い方しかしないのは そのような負い目が
あるからだと推測している次第です

お礼日時:2011/03/15 15:21

> それ以外のことに まったく 言及しておりません



確かに東大の名誉教授なども言及してませんね。
アナタは東大教授以上の頭脳の持ち主でしょうか?

原子力発電は、世界の頭脳集団が考え出したものであり、素人が思いつきでモノを言うと恥をかいますよ。


> そもそも 水で冷却するなどという超初歩的発想の
> 停止手段しかないことこそ 根本問題です

「根本問題」などと、ものすごく断定的に書いておられますが、専門家でしょうか?

仮に科学技術を駆使した、冷却能力に優れた液体や媒体があるとして、その製造工場が被災したらどうするんですかね?

遠隔地に置けば、緊急対応出来ませんが?

貯蔵しておく?
タンクも被災する可能性がありますけど?

水冷方式と言うのは、非常に効果的で、最も安価で、何より「最も安全・確実」だからです。

液体は蒸発する際、大量の熱を奪います。
これを気化熱(潜熱)と言います。
水は気化する際、熱を奪う能力が高い液体の一つとして選定されています。

他にも水は、液体の中で最も取扱いがしやすいし安価。
気化する温度も妥当。

何より大量に手に入ります。
例えばいくら冷却能力が高くとも、特殊な液体で手に入りにくければ、今回の様な緊急時には何の役に立ちません。
原発に関わらず火力でも、発電所は高温・高圧技術を駆使していますので、冷却が付きもので、今回の様な有事の際には、最悪の場合、海水も用いますので、海浜地域に設置されます。
実際に今回も海水が注入されました。


> 本筋として 停止方法としては 制御剤で燃料をつつんで停止させる

やってます・・・。


> 福島原発は40年以上前のものなので、古い安全技術水準のまま
改善することもなく 現在に到ったのでないのでしょうか

可能な範囲で、常に最新技術が導入されています・・・。


> 「ほんとのことを発言すると、どこの地区も原発を受け入れてくれない」
> ということなのでしょうが、

それこそ原子力発電技術など、メカニズム等は簡明で、「ほんとのこと」などその気になれば、小学生でも調べられます。

M9と言う地震エネルギーをナメてませんか?
広島型原発の3万発分ですが。

今回で明らかになったのは、近くで核爆発クラスの衝撃・振動を受けても、原子炉が緊急停止したことです。

問題点は、有事の際の補助機能・安全装置が正しく機能しなかったことと、当初は再稼働を目指したが、結果的に被害者(被爆者,怪我人)を出すに至ってから、炉を廃棄する方針での対策になってしまったことです。

現状ままでも、レベル4程度の災害にしかなりません。
10km四方くらいに、放射能影響で環境被害があるかな?程度で、人的被害は恐らく無いレベルです。
    • good
    • 0

元発電技術者ですが。


お考えの基礎が間違ってます。

)停止方法としては 制御剤で燃料をつつんで停止させる
それがホウ素を添加した水なんです。
他にも核分裂を抑制する物質はあるけど、それを充填するためには
原子炉を解放状態にしなくちゃいけない。
例えばロシアのチェルノブイリで使っていた黒鉛炉とか。
これなら、原子炉は道路側溝に使われているようなコンクリ板1枚で
外部と遮蔽しているだけなので、中に何でも放りこめます。
(その代り何でも簡単に出てきますけどね。)

)もしくは 燃料をそれぞれ距離を引き離して核分裂を停止させる
核分裂はもう止まってます。
西側の原子炉ってのは、極論すれば核分裂を止めようと働く原子炉に
アクセルを踏み続けて動かす原理なので。

いま問題になっているのは、「核分裂が止まっても残留熱によって
温度が上がる。」って事です。
大体運転時の3%位の熱が出るんですが、これはもう効率的な冷却剤
である液体、中でも二次被害(分解による爆発が容易に起こらない、
ハンドリングもしやすい等々)を考えると、水(ホウ素を添加しますが)で
冷却するしかないですね。

)福島原発は40年以上前のものなので、古い安全技術水準のまま
)改善することもなく 現在に到ったのでないのでしょうか

原子炉本体とは言いませんが、設計基準は確かに古かったかもしれませんね。
例えば津波の高さの予想。

こういう自然に対する設計値には、過去の「定量出来る。」実績が使われます。
今回なら明治時代の津波データを使ってるのかな?
(平安時代の記録はあるようですが、定性的であっても定量出来ないので。)

今回は、その規模を遥かに超えた、それどころか世界の観測(定量)史上でも
トップ幾つかに入るものだったのですよね。
だからこそ、原発に限らず、宮城県も水没したと。
あの堤防も設計思想が古いというか、予想値を超える津波が来た。


正確な事を発表していないとか、嘘のデータを使うってのは、基本ないですよ。
まして、改良しないと事故になるんだし、改良したコストも(独占企業なら)電気
料金として回収できるんだから。


むしろね。
もう今の生活や経済を守るためには、危なくても原発を使うしか手がないってのが
現在に至った最大の理由じゃないですかね?

人は便利な生活を求めるし、そうなると需要がどんどん伸びる。
今更PCもエアコンもない生活、外国はPC使っているけど日本国内は使用禁止
なんて生活には戻れないでしょう?

そうなると発電所が必要だけど、日本は燃料がない。
石油ショックの例もありますし、石油に頼れないですよね?
(最近も原油供給に不安が出てる状態ですしね。)

また電力需要量に比べて国土もせまい。
自然エネルギー(太陽・風力)なんて、もう国土の何分の1かをソーラーで埋め尽くす
なんてしないと、現在のエネルギーをまかない得ないものですしね。
それに、天気次第で全く発電されない状況にもなるし、電気の値段は恐らく現在の
2~3倍になるでしょうしね。

2~3倍の、何時停電するかわからない、しかも量制限のある電気じゃ、生活も
生産もできませんよね。

だから。
これが良い切っ掛けなので、計画停電があろうが無かろうが節電しましょう。
    • good
    • 0

そもそも 水で冷却するなどという超初歩的発想の停止手段しかないことこそ 根本問題です(だれ一人として そんな論調が見られない)


これでは ブレーキの無い自転車みたいなもので足を地面へこすりつけて自転車を止めなさいと言っているような低レベルの原子力制御技術としかいえません
本筋として 停止方法としては 制御剤で燃料をつつんで停止させるもしくは燃料をそれぞれ距離を引き離して核分裂を停止させるというような根本的安全対策技術を適用しなければならなかったのでないでしょうか>
連鎖的な核分裂は地震直後に既に停止しています。その後も燃料自体は熱を発するので、これを冷却しないとシースや燃料自体が溶けることになります。冷やすのは基本的に水でしか出来ず(軽水炉ですから)、燃料を何かで包んだり離しても冷えることはありませんので意味がないでしょう。
    • good
    • 0

 核分裂反応自体は、地震発生時において、自動的に制御棒が挿入された事により、原子炉内の中性子数が0近くにまで下がった事で、既に実質的に停止しています。


 ですから、

>制御剤で燃料をつつんで停止させる
>もしくは 燃料をそれぞれ距離を引き離して核分裂を停止させる

といった対応を今更行っても意味がありません。
 現在問題となっているのは、核分裂反応そのもののエネルギーではありません。
 エネルギーが発生するのは、核分裂反応が起きた時だけでは無いのです。
 放射性物質の原子核が放射線を出して、別の原子核に変わる場合にも、核分裂と比べれば少ないながらも、化学反応とは比べものにならない程の、大きなエネルギーが発生します。
 使用済み核燃料には、大量の放射性物質が含まれていますから、それが放射線を出して崩壊する際のエネルギーにより、使用済み核燃料は、強力に発熱し続けるため、冷却が不充分だと高温になるのです。
 放射性物質が放射線を放出する現象は、中性子の吸収等の、外部からの刺激が無くても起きますから、制御棒の挿入による中性子密度の低下には全く影響されず、燃料棒内の放射性物質が崩壊して量が減るのを待つ以外には、燃料棒の発熱を弱くする方法は存在しません。
 そのため、水等で冷却し続ける他に方法がないのです。
 もし、制御剤で燃料を包んだりすれば、熱が逃げない様に断熱材で包む様なもので、冷却を妨げて、事態を悪化させると思います。
    • good
    • 0

ちなみに海水引き込んで冷やすってのは原子炉を二度と使えなくなる処置だったそうですが、


今回はM9.0の地震の中で今までは想定しえない状況だったってことで
最終手段に至ったんだと思いますが・・・。

>「ほんとのことを発言すると、どこの地区も原発を受け入れてくれない」
→多分これは違いますね。本質は当然話してないと思いますが、しかし
 本当のことはある程度話してますね。なんせ全世界が見てる案件になってますんで・・・。

>福島原発は40年以上前のものなので、古い安全技術水準のまま
→これも、改良は続けてますね。ずっと同じことしてるなんて言えませんしやれません。

不安をあおることをしたくないってのが一点でしょう。

一応東電と原子力保安院を信用するなら、(全世界に発信されてるのでそこで嘘はつけません。)
放出された放射能の数値は微量です。
一般生活でも被爆は既にしてるわけですが、その数値の4,5倍でした。
(20ミクロンって数値の時の話です。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング