はじめましてm(_ _)m素朴な疑問ですみませんが「
行動心理学」という言葉を聞きました。いったいどういうものなのでしょう・・まずは何から学べばいいのでしょうか・・・知っている方いましたら教えてくださいませんか?・・・どうぞよろしくお願いします
m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

行動心理学とは



字の通り行動に対する心理学です。
心理学の内の一つです。

例を
人間の右利きの人は、追いかけられている時に分岐点に来ると左に曲る可能性が高い。
人が見た方向が気になり見てしまう。
人が水を飲むと同じく飲んでしまう。
など
ある条件の時にとる人間の行動についての学問、ある行動をとった時の心理状態についての学問と思われます。

条件反射及び内臓機能等、意志では操作出来ない体の動き以外の動作、行動には全て心理が伴います。
こういった文章の書き方についても、その人の心理状態や
生活環境、学歴等が測ることが出来ます。
最近で言うプロファイリングも行動心理学を活用しています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理学の専門用語「消化」について

心理学の専門用語で消化ってありますよね。
定義としては、昔体験した嫌な事は時とともにほとんど忘れ、良い思いでは忘れにくい。
しかし、これは本当なのでしょうか?むしろいい思い出よりも悪い思い出の方がたくさん思い出すことができます。又、忘れたくとも忘れることがまったくできません。
自分の精神状態が異常なだけなのでしょうか?
また解決する方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

昇華 じゃなくて 消化、、、


過去にある人が、同窓会に参加して毒をもった事件があった。
中学校の時にクラスの人にいじめられて、ずっと恨みを抱き続けていて、大人になったある日同窓会のとき復讐をしたわけです。


この人の場合、「悪い時代もあったが、それは過去のこと」と消化していないからじゃないかと。


この人は自分をいじめた人たちが、同窓会でニコニコ自分に話しかけてきたのをみて、「しらばっくれてる」って怒りが湧き上がったそうなんですね。


「許してもらえるとでも思っているのか よく平気な顔で話しかけられるな」と思ったそうなんですね。


で、事情聴取をして、毒をもった理由を同級生たちは知らされたのですが、いじめをしたという記憶が一人も無かったんです。
だから「復讐されて当然」と誰も反省することは無かった。



推測ですが、いじめをされてもニコニコとして流していたので、まさかこの人が屈辱を感じているとはクラスの人たちはわからなかったのではないか と。



恨みという感情は強烈で、良いことより記憶に残りやすい。
心的ダメージを受け恨みを抱くから。



「悪い時代もあったが、遠い昔の過去のこと。」と水に流せるのは、その人が現在幸福だから。


この犯人は現在幸せじゃないのは、中学校の頃のいじめられたからだと思っていたそうなんです。
楽しいことがあっても、いじめの記憶がよみがえり、ダメージの記憶の方が強すぎて、楽しいという感情を抑えてしまったんじゃないかと。


ですが、これは自己保存の本能が原因かも。
例えばライターで遊んでいて、やけどをしたら、次からライターの取り扱いに注意するじゃないですか。
痛い思いをしたということをきれいに忘れてしまったら、何度も同じことを繰返してしまうじゃないですか。
だから、動物は危険な目にあった時の記憶の方をなかなか忘れないようにできている。


そのシステムなので、当然 良い記憶より悪い記憶の方が強烈に残るんです。


だけど、使いこなせたら、過去のことだとできる。
ライターでやけどをして二度とライターを使わなければ、バーベキューの時は誕生会の時に困るじゃないですか。
過去に痛い思いをし、危険物を人生から排除するんじゃなくて、危険物だけど使い方によっては有益なら、注意をして活用する って場合もある。


例えばいじめにあった経験があれば、人に優しくできるでしょ?
いじめられるという経験は、避けられるものなら避けたいでしょうけど、いじめられたことが無い人より、人に対して優しくできるでしょ?
マイナスの経験をプラスに活かすわけです。



子供の頃に親に虐待された人々は、今も心に深い傷をおっており、結婚をしても幸福感を得られない人が多いばかりか、自分の子供も虐待して、連鎖を繰返しているそうなです。


そんな虐待の経験を持つ人が多い中で、わずかに虐待の連鎖の鎖を断ち切れた人がいる。
自分の経験を踏まえ、子供にはそんな思いはさせないと愛情を注ぐ人が稀にいる。


どうして立ち直れたのかと聞くと、過去のことだと水に流せているからのようなんです。
過ぎ去ったことで、戻れない過去のできごとなので、戻ることはないので、決別することができたようなんです。


そんなことを穏やかな表情で語っていたようです。


人には復元能力があり、できた傷を修復することができる。
中には治りかけた傷を触ってまた悪化させる人もいますが。
どうしても傷が気にかかり触ってしまうんでしょうね。
消化できないので、できた傷に注目して、修復しようとする体に対して妨害をしてしまうんでしょうね。


ただ、何度も何度も治りかけた傷を悪化させている人も、結局は身体の直したいエネルギーに負けて、傷口は閉じると思います。
いつになるかわからないが、晩年かもしれないが、傷は閉じると思います。
全部自分でやろうとせず、自然(身体の治癒力)を信じればいいんじゃないかと。

昇華 じゃなくて 消化、、、


過去にある人が、同窓会に参加して毒をもった事件があった。
中学校の時にクラスの人にいじめられて、ずっと恨みを抱き続けていて、大人になったある日同窓会のとき復讐をしたわけです。


この人の場合、「悪い時代もあったが、それは過去のこと」と消化していないからじゃないかと。


この人は自分をいじめた人たちが、同窓会でニコニコ自分に話しかけてきたのをみて、「しらばっくれてる」って怒りが湧き上がったそうなんですね。


「許してもらえるとでも思っ...続きを読む

Q認知行動心理学、認知行動療法を学びたいものです

認知行動心理学、認知行動療法を学びたいものです

感情を抑制したりするのに行動の変化による感情抑制は出来ますか?

僕は異常性欲者でしたが自分でご飯を作ったりするうちに無くなりました。

小さい頃から大抵親という存在にいろいろしてもらい、潜在意識に他人への執着が出来き、それを解消するうちに治ったと思っています。

そういうのは認知行動療法ではないですか?

Aベストアンサー

一素人ですが・・・。
認知行動療法というのは、端的に言うと、
「合理的な思考をすることによって、現実適応できるようにしていく」
ということになると思います。

「>自分でご飯を作ったりするうちに無くなりました」
とのことですが、素晴しいですね。

認知行動療法的考え方からすると、
「ご飯を作るという現実に対する積極的働きかけをするほうが、その人にとって(理由は多様ですが)合理的であり、合理的であるということは、その人を自然な生活体勢に導く」
ということになると思います。

>小さい頃から大抵親という存在にいろいろしてもらい、潜在意識に他人への執着が出来き、それを解消するうちに治ったと思っています。
:というのは、どちらかというと精神分析的思考過程かもしれませんね。
認知行動療法では、過去の生育環境や家族関係といった精神分析の得意分野はあまり顧慮されず、あくまで本人の現在の認知行動(思考・行動)のみを重視しているようです。
    

Qアドラー心理学の最新情報

ドモ、カプリコーンです。
お金がなくなりかけて、心理学関係の書籍を買うことも出来ず、
近くの図書館から心理学関係の書籍を読み漁ってる毎日なのですが。
アドラー心理学がフロイト、ユングに比べて有名ではないとかいわれていマスが、
別の質問で、マラソンの小出監督や高橋直子さんがアドラーを学んでいるという
話もあり。

結局のところ、(1)最新のアドラー心理学が学べる、書籍やHP、大学なんかを紹介していただきたいデス。
(2)エリック・バーンの交流分析、カール・ロジャーズのクライエント中心カウンセリングとの関わりも、もしあったら教えていただきたい。

Aベストアンサー

こんにちは。

お役に立てるかどうかはわからないのですが。。。
私は下のURLを良く見ます。

書籍は最新かどうかはわからないのですが、個人的に
「人はなぜ神経症になるのか」(岸見一郎訳 春秋社)
が面白かったと思います。
あ、でもアドラーが書いているんですから最新なわけないですね。
済みません~m(_ _)m

参考URL:http://www.hgld.co.jp/index.htm

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Qエリクソンの発達心理学について

フロイトやエリクソンの発達心理学では
人間の成長段階において、
たとえば、乳児期の基本的信頼と不信
2歳前後の自律と恥・疑い
3から6歳のイニシアティブと罪悪感
などと、成長する上で必要なものがあるとしていますが、
これらが獲得できているのかはどのように判断するのでしょうか?
自分の生い立ちなどから、これかが正しく獲得できていない時期が
あったように感じ、もしそうなら、自分を見つめなおして、
成長するきっかけにしたいと考えています。
発達心理学について知識も浅いので、参考になる文献なども
合わせて教えていただけたら助かります。

Aベストアンサー

お節介と思いますが、お礼の内容で気になることがあったので再び回答します。その前にエリクソンをご存知というのは、勉強しているのかなと思います。エリクソンは、フロイトのようにメジャーではありません。しかし、発達課題をそれまでの思春期までから死ぬまでの一生と考えたところに功績があります。知っている人は知っているという存在です。私の好きな心理学者の一人です。「好きな」というと語弊がありますが、彼の考えで私の人生を解釈するとピッタリです。

前置きが長くなってしまいましたが、本題に入ります。「被害妄想」とありましたが、それが今悩んでいる事でしょうか。私も「被害妄想」まで行きませんが、「他人の目」が気になります。「あの人はどう思っているだろう。」「気を悪くしただろうか。」と気になってしまいます。大学時代にそんな自分が嫌で自分を変えようとして、丸坊主にしたことがあります。悪友は「外見が変わっても中身は変わらない。」と言いました。そのときは自己受容出来ていなかったと思います。自我が確立していなくて、いつも他人の物差しに左右されていたのだと思います。
何でそうなるかというと自分がないと思います。言い換えれば「自分は~」という自信がなかったわけです。「自信」というのは、それまで私は「過去の成功事例に基づくもの」と考えていました。そのときに前述の悪友が「自信は自分を信じる事だ」と言いました。確かに漢字では「自信」は「自分」を「信じる」と書きます。それからは、「他人の目」が気になるときは自分が不安定なときなので、「自分を信じる」と言い聞かせています。
私のそういう性格は生まれつきなので、なかなか変えることが出来ません。しかし、性格は相手との相対的な関係ではないでしょうか。「他人がどう思っているか気になる」というのは、自分からすればマイナスですが相手からすれば「気遣いしてくれる人」「相手のの心を心を思いやる人」「優しい人」と映るのではないでしょうか。自分の性格をマイナス思考するのでなく、プラス思考してはどうでしょうか。

2つめは爪かみです。エリクソンからすれば基本的信頼の欠如となるかもしれません。また違う見方をすればウィニコットという小児科医の移行対象になると思います。移行対象を何であるか一言で言うとスヌーピーに出てくるライナスという子どもがいつも毛布を持っているものです。ウィニコットによれば2~3歳の幼児が母親がいなくなって不安になったときに、子どもはその不安を解消するために自分の体の一部や毛布などを触ります。それを移行対象と呼んでいます。移行対象は言語などが発達すると消滅すると言われています。それが何らかの原因で大人まで消滅しない場合があります。
私の大学生の娘は、ライナスと同じように2~3歳のときのタオルケットが「大好きタオル」と言って、離すことが出来ません。その当時ものはもうボロボロになっているので、そのタオルを新しいタオルに包んで二代目、三代目・・・と呼んで持っています。その娘は中学・高校と不登校傾向で、超低空の出席率で高校を卒業し大学に入学しました。その娘に「何で定期テストが近づくとお腹が痛くなるの」と聞くと「何でだか自分でも分からない」と言ってました。ただ最後に「甘えたいときに甘えられなかった」と言ってました。基本的信頼というのは、こんなところにも出てくるのかなと思いました。いろいろ私自身のことを書きましたが、質問者さんにも何か思い当たるところがあるのかなと思い書きました。

3つめは質問者さん自身が子育て最中ということで気になると書いてありました。子育てしながらも、自分の思いが子どもに投影されるのではと心配なされているのでしょうか。それについては、結構関連があると思います。バウムテストというテストがあります。これは、「1本の実のなる木を描いてください。」と指示されて描かれた絵からいろいろ解釈するものです。あるカウンセリングの研修会で、娘の絵を見てその講師は幼少期に何かのトラウマがあると言いました。私も描いてみると、娘の絵と似ていました。私自身も振り返ってみるとエリクソンの基本的信頼に問題があるのかなと思いました。
しかし、それに気付いているのと気付いていないのでは、大きな差が出てくると思います。娘が不登校傾向になったときにも、私自身がカウンセリングについて勉強していてその知識があったためにその時々に適切に対処出来たと思います。気付いていない場合には、目の前に起こっていることが何が原因かさっぱり分かりません。領域外の専門家に診てもらっても、「原因が分かりません。」と言われて途方にくれてしまうと思います。それに気付いていれば、心理的要因と思いその領域の専門家に診てもらうことができます。
また、悩みもそれに気付いたり意識化されるようになったりしたら、80%は解決できたと思います。気付かない場合は鳴門海峡のように渦を巻いて堂々巡りをしているばかりです。意識化することによりその渦から脱出できます。

4つめは再び基本的信頼に戻って、子育ての中では母親というのはもっとも重要なキーパーソンです。娘が「甘えたいときに・・・」と言っていたのは母親にでした。質問者さんが女性であるならば、それを与えるならば、いつでも、どこでも、すぐに黙って一言「いい子だね」と言って抱きしめてやることです。男性であるならば配偶者が心が安定していてすぐに子供を抱きしめてやることができるようにサポートしてあげることです。

2回目の回答は長くなってすみません。エリクソンのことと似ている部分があったので、だらだらと書いてしまいました。お許しください。

お節介と思いますが、お礼の内容で気になることがあったので再び回答します。その前にエリクソンをご存知というのは、勉強しているのかなと思います。エリクソンは、フロイトのようにメジャーではありません。しかし、発達課題をそれまでの思春期までから死ぬまでの一生と考えたところに功績があります。知っている人は知っているという存在です。私の好きな心理学者の一人です。「好きな」というと語弊がありますが、彼の考えで私の人生を解釈するとピッタリです。

前置きが長くなってしまいましたが、本題に...続きを読む

Q大学で心理学を学んでいる人教えてください。 僕は今高校生で大学では心理学や哲学などを学びたいと思って

大学で心理学を学んでいる人教えてください。
僕は今高校生で大学では心理学や哲学などを学びたいと思っています。
僕のいとこが心理学部に入っているのですが統計学ばかりでつまらないと言っていました。
心理学とはどういうことをするんですか?
日常生活などで使えることは勉強しますか?

Aベストアンサー

臨床心理士を修得するためには大学院まで行かなくてはならない。
行って公的な資格はないです。民間の資格を取っても生かせる人は収入になって生活できる人は少ないようです。
電話帳でカウンセラーで調べてください。どれだけ少ないかですね。

Q心理学の分類について

心理学の分類について質問です。
心理学をwikiで調べたら、基礎心理学と応用心理学にわかれる。現在は臨床心理学と実験心理学に別れるという事だったのですが、社会心理学や恋愛心理学その他も ろもろはどの分類に入るのでしょうか

Aベストアンサー

簡単に説明しますと、研究の目的をどこにおくかで、区別しています。

基礎心理学または実験心理学は、一般的な人の性質について探求することを目的としています。
一方、応用心理学や臨床心理学は「人の役に立つ」ということが目的です。

社会心理学は一般的な人の性質について探求していますので、基礎心理学であると言えます。
しかし、研究手法としては実験と同じぐらい調査も用いられているため、実験心理学とは言いがたいところがあります(wikiの基礎心理学と実験心理学の記述を見比べてみてください)。
もちろん、社会心理学の知見が他のところで役に立つこともあるとは思いますが、それは「社会心理学の応用」であって、「社会心理学が応用」ということではありません。

恋愛心理学は、社会心理学のようにアカデミックな分野として確立されているものではありませんので、上記の分類のどこに入るかということも不明瞭です。
すでにある他の分野、たとえば認知心理学、犯罪心理学、発達心理学といった分野の中で、恋愛について研究したという扱いになると思います。

Q産業、組織心理学、組織行動学を大学院で学びたいのですが、

今アメリカで心理学専攻、そして組織行動学を副専攻しています。将来FranklinCoveyのような経営コンサルティング業務に就くことに興味があります、今現在は先ず日本の大学院で産業、組織心理学、組織行動学関係を勉強するつもりですが、日本の大学におけるOrganizational Behaviorの位置づけは心理学ですか?それともビジネスですか?またどのような大学がこの分野でゆうめいなのでしょうか?教えていただければ嬉しいです。お願いします。

Aベストアンサー

日本では、慶應義塾大学大学院経営管理研究科が有名じゃないでしょうか。

Q心理学を学ぶのにおすすめの本を教えて下さい!

私は今中学3年生です。
心理学を勉強しようと思い、一度図書館で「図解式心理学」みたいな本を読みました。
その本は、一つの心理学について2ページで分かり易く説明していましたが、
もっとたくさんの心理学を学びたいと思っています。
この本のように、1冊にたくさんの心理学について書いてあって、一つの心理学について1~4ページほどで分かり易く説明してある本はありますか?
値段はいくらでも構いませんし、ページ数も多くても構いません。

Aベストアンサー

ゆうきゆうさんの「マンガで分かる心療内科」シリーズをおすすめします。
ゆうきさんは現役の精神科のお医者さんですが、ご自身のサイトで、漫画家のソウさんによる臨床心理学の漫画を掲載されています。
これらの本はその連載をまとめたもので、心理学の基礎知識を手軽に楽しむ学ぶにはうってつけです。

参考URL:http://sinri.net/

Q高校2年です。 将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで

高校2年です。

将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで心理系大学にいくのはアホですか?

ちなみに心理というワードを聞くだけで興味がわいてワクワクしてくるくらい心理学が大好きです。


私は今まで、どうしても心理を学びたくて心理系の大学ばかりを探してきて、ほかの学部に目がいきませんでした。ですが、親と相談しててほかの学部も考えてみたらと言われもう一度考えてみようと思っています。

そこで、文系で就職に有利な学問といったら
何があるんでしょうか?

Aベストアンサー

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書いておられるように、アバウトな就職の為に大学に行くのではありません。
やりたい事があれば、そのために行く、やりたい事が無ければ、大学で見つけようと考えて行くものです。
まずは、あなたがどういう仕事に興味があるかをしっかり自分に問うべきですね。高2ならば、行く大学によって、選択科目も考えなければいけません。
行ける所に行くのではなく、行きたいから行く方が、勉強もやりがいがあります。

あなたの大切な将来の為に、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。
良い高校生活を送って下さい(*⌒▽⌒*)。

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報