先月末に父親(53歳)が体調不良のため地元の病院で検査し、その後大きな病院を紹介され再検査したところ"急性骨髄性白血病"と診断されました。
即入院をすることになり数日後には抗癌剤による化学療法が始まりました。
白血球が300~400まで下がった現在ではその副作用で髪は抜け発熱はもちろん口内炎もひどく苦しい生活を送っているようです。

そうしたなかつい先日病院から本人を除く家族が呼び出しを受け医師の説明を聞いたのですが、そこで良性の白血球がでてこないこと、さらに調べてみると"フィラデルフィア染色体"が発見されたこと、今後の治療方法として骨髄移植しかないこと、ただし今の状態ではそれも難しく少しでも回復しないと実施は無理ということを告げられました。
また抗癌剤による影響だと思いますが、今の状態が長く続けばいずれ感染により命を落とす可能性が高いとまで言われました。

ここで、ひとつ疑問に思ったことがあるのですが、いろいろ調べた結果"フィラデルフィア染色体"="慢性骨髄性白血病"という認識を現時点で持っています。
また、"フィラデルフィア染色体"=骨髄移植しかないという認識でもいますが、そうなると結果論に過ぎないかもしれませんが最初に抗癌剤を使用したのは意味がなかったかもしくは逆効果だったのではないかという思いがあります。
要は最初に"急性"ではなく"慢性"という診断がなされていれば抗癌剤ではなくとりあえず白血球の数を下げる薬などで安定化をはかり時期をみて骨髄移植、もしくはあえて治癒(寛解)を目指すのではなく延命ということを目的に治療する方法もあるのではないかと考えるのです。

治療をお願いする医師をはじめ病院に対して変に疑いを持つのはどうかと思いますが、白血病に関してはまだまだ解明されていない部分も多く今回の治療手順が正当なものかどうかを知りたいというのが正直なところなのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

血液が専門ではありませんが医師です。


白血病は血液の癌です。新薬も開発されてきていますが、薬物療法は慢性であっても抗癌剤が中心になります。
「とりあえず白血球の数を下げる薬」は存在するのでしょうか。自分が知る限り、この場合は抗癌剤が白血球の数を減らす役割を果たしていると思います。
変に疑いを持つよりも正直に聞いてみるほうがよいと思います。
「抗癌剤以外の治療薬はないのか、治療を受けないとどうなるか」と主治医に質問することをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

医師の方からアドバイスを頂けるとは恐縮です。

他の方も言われているように確実なところは担当医に
聞くのが一番なのでしょうが、こうして医師側から
見解を聞くことが出来てあくまで参考とは言え正直
ちょっと嬉しく思います。

この先まだまだ長い戦いになるであろうし、選択が
迫られた時にきちんと判断が出来るよう日々勉強して
いきたいと思っています。

お礼日時:2003/10/06 17:23

MiJunです。



>きちんと把握しておかないといけないと思い勉強している状態であります
病気およびその治療に関して知識をつけることは賢明な治療法を選択するにも重要だと思います。

最近はインターネットおよびTVでの健康番組等の影響か情報が沢山得られるようになってきており、それらの選択するのが大変になってきていると考えます。
そのためにも、一部の科学的(臨床的にも)あやしげな民間療法に惑わされずに専門病院できちんと治療すべきだと思います。

>これって悪い方向ではないですよね?
良い方向に向かっているのではないでしょうか?
少なくとも、状態が悪ければ治療法にもよるでしょうが、白血球減少等で無菌室で治療になりますので、その意味では一般病棟で治療が可能なので良い方向ではないでしょうか?

良く主治医に説明を求めてはください。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。

やはり皆さん言われているように主治医に聞くのが一番のようですね。

お礼日時:2003/10/06 17:16

MiJunです。


ご家族の心中お察しします。

>教えて頂いたサイトはもちろん多数の関連サイトを調べていました
先に紹介した2番目のサイトで「治療法の選択肢」は参考になりませんか・・・??

>白血病に関してはまだまだ解明されていない部分も多く
他の癌でもまだまだ解明されていない問題は沢山ありますし、その中で新薬の開発も含めて臨床的な検討がされているのが現状だと思います。
⇒現在100%寛解する治療法が確立されていない状況では家族等が調べたり、医師に疑問点を尋ねてその中で納得して治療法を選択していかざるを得ないのが現状と思います。

既にチェックされているとは思いますが、都道府県レベルの図書館には「白血病の治療」に関する成書も所蔵されていると思いますので、参考にされてはいかがでしょうか?

http://www.geocities.co.jp/Beautycare/4196/
(慢性骨髄性白血病(CML)治療新薬)
http://www.glivec.jp/kusuri/byo004.html
(慢性骨髄性白血病)
http://pathy.med.nagoya-u.ac.jp/leukemia2/node26 …
(慢性期の治療)

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々返事が遅くなりまして..

やはり、まだまだ発展途上というわけではありませんが
日々試行錯誤が続いている病気なのですね。

実際のところこちらは治療をお願いする身でありその病気に対しては医師を信じるしかないのだと思いますが、それでもその病気がどういったものなのか、きちんと把握しておかないといけないと思い勉強している状態であります。

ちなみに、最近は父の状態が良くなっているのか当初個室だったのものが二人部屋、先日は五人部屋と病室がかわっています。 これって悪い方向ではないですよね?

お礼日時:2003/10/01 20:11

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「白血病」
これらも既にチェック済かもしれませんが、
http://www.ccijapan.com/treatment/57/57adultAML. …
(成人急性骨髄性白血病)
http://www.ccijapan.com/treatment/87/87CML.html
(慢性骨髄性白血病)

どのような病院で治療されているのかさらに現在の状態では転院は難しいのかもしれませんが、さらに専門病院でセカンドオピニオンを求められては・・・??

ご参考まで。

参考URL:http://humanbalance.net/gan3/data29/data29.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなり申し訳ありません。

教えて頂いたサイトはもちろん多数の関連サイトを調べていましたが、どうしても一つの疑問が消えないのです。

当初の"急性"という診断から抗癌剤の投与は決して間違いではないと思いますが、"慢性"に対してもやはり抗癌剤を投与する必要があるのでしょうか?

また、こういった質問を直接担当医にするのは良くないきがしているのですが、やはり専門病院なり他の医師の意見を聞くべきなのでしょうか?

お礼日時:2003/09/27 08:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急性骨髄性白血病について

知人が骨髄異型症候群から急性骨髄性白血病になってしまいました。
心配でいろいろと調べてみたんですが、なんだかよくわからなくて・・・。
急性骨髄性白血病について教えてください。

1、がんの再発予防に効果があるらしい「活性化リンパ球療法」なんですが、急性骨髄性白血病には効果はないのでしょうか?

2、慢性骨髄性白血病に効くらしい「グリベック」という薬は急性骨髄性白血病には効かないんでしょうか?

3、「丸山ワクチン」は急性骨髄性白血病には効果がないんでしょうか?

その他、効果のありそうなものを何でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.と3.については,どちらも免疫の力をかりて腫瘍細胞を抑えようとする治療です。
効果のある病気の中に白血病も含まれていますが,確実な効果がある治療法として世間に認識されるにはいたっていません。つまり,(今後,データが蓄積され有効性が証明される可能性はありますが)少なくとも現時点では効くという確実な証拠はありません。(逆に言うと,絶対効かないという証拠もありませんが。)

2.についてですが,bcrとablという名前の,本来別々の場所にあるべき遺伝子があります。慢性骨髄性白血病においては,bcrとablがくっついてしまうことで,異常なたんぱく質が作られ,これが白血病を引き起こします。グリベックはこの異常なたんぱく質を抑える薬です。したがって,このたんぱく質が原因である慢性骨髄性白血病ではよく効くのですが,それ以外の白血病には効果がありません。
ただし,厳密にいうと,この異常たんぱく質ができる白血病が他にもあり(通常は急性リンパ球性白血病です),その場合はグリベックが効く場合があります。
また,この異常たんぱく質以外のたんぱく質でも,グリベックが抑えることができるものもあり,そういったたんぱく質が原因の場合は他の白血病でも効く可能性があります。しかし,そういった例は極めて限られており,また研究段階でもあるので,一般には急性骨髄性白血病に第一選択として用いられることはありません。
長くなりましたが,結局のところ,通常の急性骨髄性白血病には効かないということになります。


急性骨髄性白血病の標準的治療は化学療法ですが,どんな治療をするかは患者さんの状態によって決められます。化学療法の場合も薬の組み合わせや量などは個々の患者さんの状態などによって変わります。

なお,骨髄異型症候群は骨髄異形成症候群の誤りと思われます。

1.と3.については,どちらも免疫の力をかりて腫瘍細胞を抑えようとする治療です。
効果のある病気の中に白血病も含まれていますが,確実な効果がある治療法として世間に認識されるにはいたっていません。つまり,(今後,データが蓄積され有効性が証明される可能性はありますが)少なくとも現時点では効くという確実な証拠はありません。(逆に言うと,絶対効かないという証拠もありませんが。)

2.についてですが,bcrとablという名前の,本来別々の場所にあるべき遺伝子があります。慢性骨髄性白血病にお...続きを読む

Q骨髄移植を受ける友達のために自分の白血球のHLA型を検査するのは無意味?

友達が骨の悪性腫瘍が再発して12月から療養に入り5月ごろに骨髄移植を受ける予定だと聞きました。
抗がん剤投与で弱っていく友達を見ると、何もできずもどかしい思いをしていますが、ドナーになれる可能性を確認するために自分の白血球のHLA型を検査することに意味はあるでしょうか?
検査費用は3万円から5万円だと聞きました。
非血縁者のHLA型が一致することは100万分の1ぐらいだと聞いていますので、自分の型がわかるだけではだめなので、相手の病院でチェックしていただくことになると思いますが、ドナーになれる可能性はかぎりなく低いので、結局、その友達にすまないと思わせたり気を使わせたりするだけで終るのならでしゃばったことはするべきではないのでしょうか?
ドナー経験者の経験談なども読んで、自分なら時間を作ることもできるし、リスクも承知の上でドナーになる覚悟も込みで検査しようと思っていますが、これってただの自己満足なのでしょうか。
何もできない気持ちをただ満たしたいだけなのでしょうか。

Aベストアンサー

もしかしたら100万分の1の可能性も無くはない・・・と思う気持ちは分かります。
その僅かな可能性に賭けてみるのも良いと思いますが、見込みは無いでしょう。

私は従兄弟が白血病で骨髄移植しました。
完全一致ではありませんでしたが、親の型とほぼ一致したので移植しました。
私は従兄弟と同じ血液型という事もあり、移植後、無菌室で血小板も必要と言われ、幸い血小板の検査をしたらかなり高い数値でしたので血小板の提供をしました。

ドナーを見つけるのは容易な事ではありません。
あなたのそういう気持ちだけで十分と思います。
私のようにもし血小板とかお手伝い出来ればそういう事をしてみたら如何でしょう?

友人さんの骨髄移植が無事に成功するよう、お祈りしてます。

Q急性骨髄性白血病の発病について質問です。

急性骨髄性白血病の発病について質問です。
知人の事ですが、1ヶ月ほど前の血液検査では以上無かったのに、
鼻血が止まらず微熱が続くので検査をしたら急性骨髄性白血病と診断されました。
急性骨髄性白血病という病気はそんなに急に発病するようなものなのでしょうか?
もしご存知の方がいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

白血病は骨髄異形成症候群のように、白血病になる前段階を検出できる病態もありますが、基本的には鼻血、全身倦怠感、微熱等の症状を伴って、急に発症することが多い病気です。
急性骨髄性白血病は白血球を作る工場である骨髄で正常に白血球を作れなくなった状態です。
骨髄内で多くの白血病細胞が増殖すると、血液中にも出現するようになり、様々な症状を呈するようになります。

骨髄検査や特殊な遺伝子検査などを行えば、もう少し早く気づくことはできたかもしれませんが、身体的・金銭的負担の大きい検査を、白血病を疑う症状がないときに実施することはまずあり得ません。
症状が出現して初めて表面化する病気ですので、1ヶ月前に検査した時に該当症状がなかったのであれば、一般的な血液検査レベルでの検出はまず無理だと思います。

裏を返せば、症状があれば白血病も念頭に置いて、精密検査をする必要があるといえるのですが、類似症状を呈する疾患はたくさんあるので、受診した診療科の白血病に対する認識の差が、診断精度を左右することはあります。
たとえ内科系であっても、消化器科、循環器科、呼吸器科等であれば、特徴的な検査結果がなければ、白血病を候補に挙げることは難しいと思います。

参考にして頂けると幸いです。

こんにちは。

白血病は骨髄異形成症候群のように、白血病になる前段階を検出できる病態もありますが、基本的には鼻血、全身倦怠感、微熱等の症状を伴って、急に発症することが多い病気です。
急性骨髄性白血病は白血球を作る工場である骨髄で正常に白血球を作れなくなった状態です。
骨髄内で多くの白血病細胞が増殖すると、血液中にも出現するようになり、様々な症状を呈するようになります。

骨髄検査や特殊な遺伝子検査などを行えば、もう少し早く気づくことはできたかもしれませんが、身体的・金銭的負担の...続きを読む

Q脳を移植するのは可能とありますが 移植手術の際、入院日数はどのくらいですか?

脳を移植するのは可能とありますが
移植手術の際、入院日数はどのくらいですか?

Aベストアンサー

脳移植は未だ動物実験も行われていません。
現在行われているのは、ネズミや猿を対象とした「頭部」移植手術のみです。

Q急性骨髄性白血病

急性骨髄性白血病と慢性骨髄性白血病とは、同じ白血病でも、急性と慢性では全く違うものだそうですが…
急性白血病が寛解して治癒してから、また慢性白血病になる可能性ってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

白血病と言う意味では、骨髄中の造血細胞が腫瘍化するという事は同じ
ですが、まず治療方法が異なります。急性骨髄性白血病は、複数の薬剤
(効ガン剤)での治療が主になりますが、慢性骨髄性白血病では薬剤の
治療や放射線療法と同時に、骨髄移植を実施することが多いです。

また慢性骨髄性白血病と急性骨髄性白血病は、染色体異常を伴いますが
(二つの染色体の位置が入れ替わる)この染色体の位置が異なります。

最後に急性骨髄性白血病と慢性骨髄性白血病は異なる要因で発病するので
急性骨髄性白血病が完治しても、慢性骨髄性白血病が発症する可能性は
あり得ます(薬剤や放射線等で染色体異常が発生する可能性がある)。

Q健康診断での白血球値

先日健康診断を受けたのですが

血液検査の白血球値が9000と高い値であることが判明し
再検査又は精密検査を必要と言われました。

この白血球値9000というのは、どのような場合に出るのでしょうか
またどのような病気が考えられるのでしょうか

心配です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問拝見いたしました!!
親類が医師なので・・わかる範囲で答えさせていただきますね!

まず・・9000という値は「すご~~く高い!」というわけでもありませんよ~!!
それに、白血球って・・個人差が大きいんです!
そして・・日によって、時間によっても変化しますよ!

もし何かあるとすれば・・。
まず、健康診断のあと、何か言われたり、再検査などがあると思います!
再検査というのも・・更に深いところまで調べる方向的な!
白血球は、細菌などのから体を守る役割ですから・・
細菌とかウイルスとかに感染したり体の中でのどこかで炎症が起こると、白血球数は増えます。
CRPという値・・炎症反応の値ですが・・。
これは普通の健康診断の「血液検査」では項目的に入ってないですね~!
今の状態で・・このCRPを調べるような事が又追加すれば・・医師の方(健康診断側の方)がさらなる方向への検査を試みる形になるとも言えますね~!!
白血病などみたく、血液の病気でも、白血球数が大きく変わりますが・・。
なので、いろいろ増えたり減ったりしても、そんなに気にする事は無いと思います~!
ご心配でしたら・・「健康診断で・・・」とお話して、
再度詳しく知りたい!・・など医師に告げて診察、診断してもらいましょう!!
ちなみに白血球は、リンパ球とか好中球とか・・他いくつかの種類があるんです!
病気の種類によってどの細胞がどう変わるか?があります!
その種類の比率を更に調べてもらうと、もっと深いところまでがわかると思いますが・・・。

とにかく「数値のみ」で恐がらず・・もしご心配でしたら、又新たに病院、医院(内科)に訪れてみて下さいね~!!

心配して「ストレス」を溜めちゃったりして・・逆に具合が悪くなりませんように~!!

お大事になさってくださいね~!!

質問拝見いたしました!!
親類が医師なので・・わかる範囲で答えさせていただきますね!

まず・・9000という値は「すご~~く高い!」というわけでもありませんよ~!!
それに、白血球って・・個人差が大きいんです!
そして・・日によって、時間によっても変化しますよ!

もし何かあるとすれば・・。
まず、健康診断のあと、何か言われたり、再検査などがあると思います!
再検査というのも・・更に深いところまで調べる方向的な!
白血球は、細菌などのから体を守る役割ですから・・
細菌とかウ...続きを読む

Q急性骨髄性白血病の感染症

急性骨髄性白血病の疾患・治療による白血球異常のため、どのような感染に対する抵抗力が低下するのですか?

Aベストアンサー

特に、細菌、ウイルス、真菌の日和見感染に気をつける必要があります。日和見感染とは、免疫力が低下している為に、普通は感染しない身の回りにいる細菌などに感染することです。特に真菌感染に気を付けます。例えば、後天性免疫不全症(AIDS)の患者がかかりやすい「カリニ肺炎」などにかかることもあります。それを防ぐために、ファンキゾンなどの抗真菌薬を使用します。
年齢によりますが、急性骨髄性白血病は治らない病気ではありません。小児では、6,7割は治ります。がんばってください。

Q血液検査の結果、骨髄に異常がありました

開業医で血液検査をしたら総蛋白の異常が見つかり、再検査(蛋白分画検査)をしても
異常値が出てしまい、総合病院の血液内科を受診するようにすすめられました。


蛋白分画検査の結果

分画測定値 濃度
総蛋白 9.2
アルブミン 45.7 4.20
a1グルブミン 1.9 0.17
a2グルブミン 4.6 0.42
βブルグミン 40.7 3.74
rブルグミン 7.1 0.65

開業医の先生から、骨髄腫?白血病?の言葉が出ましたが、
可能性が高いのでしょうか?
不安でたまりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 陰性と陽性があるのですか?

良性、悪性のことでしょうか
先の回答の参考リンク先に記されていますが、
Mタンパクがあるからといってそれだけで治療が必要とは決まりません

どうもたまたま見つかったことのようですから、
関連する症状が無く、骨髄の異常も軽いとなれば経過観察のみとなることもあります

http://health.goo.ne.jp/medical/search/10N21000.html
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/myeloma_diagnosis.html

Q小児急性骨髄性白血病について教えて下さい

小児急性骨髄性白血病について教えて下さい
1歳3ヶ月の子供が急性骨髄性白血病と診断されました。
M4とのことです。
16逆位という話もされました。
完全寛解率はどれくらいのものなのでしょうか?
それから
少し聞くのが怖いのですが
この子の将来はどのようになりますか?
5年、10年生存率はどれくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

お子さん心配ですよね。
きっと心をお大変痛めてらっしゃると思いますが、

完全寛解率は、是非医師にお尋ねしてください。
ここで、どうこう推測でお話する事ではないからです。

怖い気持ちは良くわかります。

でも、事実ですし、辛いのはお子さんです。

これから大変な治療を受けていかなければなりません。

私事で言えば、私の弟も小児急性骨髄性白血病でした。
5年生存できるかできないかと先刻されたそうです。

しかし、本人、両親、大勢の医療従事者の皆さんのおかげで現在寛解し、もうすぐ30歳です。

生存率はあくまでも予測です。
本当にそうなるかなんて誰にもわからない。
子供の生命力を信じるしかないんです。

お子さんを信じて、是非支えてあげてください。
これから大変な毎日が続くと思います。
気持ちをしっかり持ってください。

一日でも早く良くなる日が来ますように…。
お祈りしております。

Q骨髄穿刺したかたいますか?

骨髄穿刺したかたいますか?

Aベストアンサー

64歳主婦です。

私もしました。

医師の「腕」にもよります。

私の場合、医師の腕が良かったのか、ほとんど痛みは感じませんでした。

何事も、問題は起きていません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報