あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

原爆被害者の方の手記などを読んでいて疑問に思いました。

被爆者が「水をください」と頼むのですが、「水を飲むと死ぬので心を鬼にしてやらなかった」という記述が散見されます。
最初は単なる迷信だろうと思っていたのですが、その数が多いので気になりました。

そもそも被爆の経験がないわけですから、水を飲むと死ぬという経験則がないわけです。
なぜそんなことがいわれるようになったのでしょうか。
また、水を飲むとほんとうに死ぬのですか?
火傷をしているので、水を飲んだほうがよいように思えるのですが。

よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

広島原爆程度の線量の場合


小腸柔突起細胞が死滅。血液-胃・すい臓-小腸-血液の循環路がたたれ(胃液・膵液のぶんびつが正常各5-6リットル/日で.腸からの吸収がない)ので.脱水状態になり.喉の渇きを訴える。
既に.水吸収ができない体になっているので.水を吸収できず.嘔吐。胃液により腸管等が腐食されて.その場で死亡。
小腸の柔突起の細胞が全部なくなって(分裂できず再製されないため).腸管に穴があき(1週間後に)死亡。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>既に.水吸収ができない体になっているので.水を吸収できず.嘔吐。
 水をあげても嘔吐してしまいますか。そして胃液が腸を溶かして死亡。
 水をあげなくても一週間後に死亡。
 きびしいですね。

>胃液により腸管等が腐食されて.その場で死亡。
 腸は既に死滅しているので、その場で死亡はないのでは?

お礼日時:2003/09/21 08:55

>腸は既に死滅しているので、その場で死亡はないのでは?


死んでいるのは.「腸」ではないのです。
「腸」の柔突起を覆う表面の細胞を作る細胞です。
表面の細胞がすべて失われるまでの約1周間生きていられます。
柔突起の表面の細胞は.根元から先端に移動し.先端に達すると.外れて.分解消化されます。なにも食べていないはずの出産直後の「胎児」が排泄する「胎便」は.このような腸の表面細胞が消化されてできたものです。
    • good
    • 2

はじめまして。



もう前者の方が回答なさっていますが、プラスです。

以前何かの本で読んだのですが、被爆して水を飲んだ人はそれまで精神的に張りつめていた物が水を得た事で気がゆるみ、亡くなる原因の一つになった。という事です。

科学的な根拠の無い様な話ですが…。

この回答への補足

ありがとうございます。
精神論ですね。

>水を得た事で気がゆるみ

 ということは、やはり一時的には楽になるのでしょうね。楽のまま死ぬのか。

補足日時:2003/09/20 19:28
    • good
    • 3

自分もこの問題には、以前より関心がありましたが、


やはりepkakpeさん同様に、
明快な答えを見つける事ができませんでした。

ところが、先日、下記のような回答を見るにつけ、
なるほどと思いました。
状況としては、同じ条件に近いと思います。

ただ、心情的にはもう助からない命なのですから、
末期の水を飲ませてやってもいいのではないかと、
思ってしまいますがね..。

ご参考になれば幸いです。

参考Q
『戦災で瀕死の火傷をした患者に
 何故水を飲ませてはダメなのか? 』

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=640410
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たかが水と思っていましたが、重傷患者にとっては大変なことなのですね。

>末期の水を飲ませてやってもいいのではないかと、
 一時であれ、楽になれるのであれば。
 それとも苦しむのか。

お礼日時:2003/09/20 18:42

脱水症状であるところに水を飲ませると、体液の濃度が下がってしまうので、生きられないのだそうです。


塩水を飲ますほうが良いのかも(?)

夏バテの対策で「汗をかいたらミネラル補給」がありますが、もっとひどい症状なので確実に実行せよ!生死に関わるぞ ってことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
スポーツ飲料がよさそうですね。

お礼日時:2003/09/20 18:39

極端な脱水症状の人に水を上げると死にます。


(砂漠で遭難した人にいきなり水を与ちゃ駄目なんです)

多分被爆した事により極端な脱水症状を起こしていたのだと
容易に想像が付きます。(水を求めて川に殺到していた)

被爆だからと言うより極度の脱水症状を起こしていたからが理由だと
思います。

この回答への補足

ありがとうございます。
脱水症状のせいでしたか。
でも極端な脱水症状の人に水を与えると死ぬとなると、
どうやって看護するのでしょうか。
水をほんのすこしだけ与えればよかったのでしょうか。

補足日時:2003/09/20 18:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 熱傷・やけどのまとめページ

    熱傷(やけど)とはどんな外傷か  熱傷は、一生のうちに誰でもが一度は経験するといっても過言でないほど頻度の高い外傷のひとつで、熱で皮膚の組織が破壊されて、本来もっているべき防御機能が失われてしまった状態のことです。  熱傷の程度は、皮膚に受けた熱の温度と熱を受けた時間によって決まり、高温でも瞬間的に受けた熱は比較的浅い傷害にとどまりますが、低温でも長い時間受け続けると深い傷害になります。 原因は何...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q瀕死の人に「水を飲ませると危険」なのは本当?

とくに戦時中の話などで、
戦傷を受けたり、空襲で火傷を負ったりして、
虫の息となっている人が、
しきりに水を欲しがるのに、
やると死ぬので水をやれなかった、
…などという話をよく聞きます。

これは医学的に根拠があるのでしょうか?
だとすれば、現代医学の見地からの見解は?

Aベストアンサー

当時、実際に提唱していた者ではないので「自信なし」ですが―――
以前このサイトで、似たような質問に回答した事がございます。ご参考になさってみて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=910336
(#1.5様の仰っておられるような内容+αです。)

戦争中ですと、「飲んで直ぐの様態の悪化」という観点の他にも、「綺麗な水を確保するのが難しかった」などの理由もあるかも知れませんね。

南方戦線の或る軍医が、食事からの感染を避けるために、部隊全ての兵士に「食後2時間位の水物摂取を禁じた」という話を聞いた事があります。同じ地域に展開している幾つもの隊で赤痢やコレラ等に悩まされる中、この軍医の居た隊だけは感染者がゼロだったそうです。(野良犬が腐った物を食べてもお腹を壊さないのと同様、胃酸を高濃度に保ち殺菌した訳です。)

戦時中はそれ位「水や食べ物の悪いところが多かった」事が推測出来ます。

瀕死の状態を乗り越え、傷口が塞がるなどして「生命が助かりそう」になった回復段階で、(数日前に汚水を摂った事が原因で)お腹を壊してしまったら…折角助かりそうだったのに、死んでしまいます。

当時、実際に提唱していた者ではないので「自信なし」ですが―――
以前このサイトで、似たような質問に回答した事がございます。ご参考になさってみて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=910336
(#1.5様の仰っておられるような内容+αです。)

戦争中ですと、「飲んで直ぐの様態の悪化」という観点の他にも、「綺麗な水を確保するのが難しかった」などの理由もあるかも知れませんね。

南方戦線の或る軍医が、食事からの感染を避けるために、部隊全ての兵士に「食後2時間位の水物摂取を禁じ...続きを読む

Q原爆投下後、水を飲んだら死んだ?

広島と長崎に落とされた原爆についてお伺いしたいです。

「原爆が落とされた後、水を飲むと死んだ」
という記述がありましたが、これはなぜですか?
「やけどで食道が詰まり、気道から肺へ水が入ったため」
という話を聞いたことがあるのですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

回答ではないのですが、原爆投下後に降った雨は真っ黒と言われています。理由はまだ放射能が漂っておりそれが雨と混ざったためです。つまり放射能をそのまま体内に入れてしまったわけです。

投下直後は喉が渇いた人が大勢おり、飲んではいけないことは明らかにわかっていたがその時の喉の渇きは筆舌に尽くしがたいものでったのでしょう。

akomo様の言う水とは川の水のことでしょうね。川の水も雨と同じであると思います。放射能を含んだ水をそのまま飲んだり、浸かっていたと思われます。

Q原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。

鳥インフルエンザ、新型(鳥)インフルエンザが流行してしまった場合、最悪の事態の予想を、新型インフルエンザ対策検討小委員会が明らかにしたという数値をみて、死者、患者共にその数の多さに驚きました。あくまで最悪の場合の予想とはいえ、ものすごい惨事であると思いました。そこで、生物兵器という言葉を思い出しました。兵器には核兵器もあると。そこで気になりました。原爆・長崎広島の被害者数はどれくらいなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて
12万2338人、長崎は、人口24万人、
死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。

被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
です。

Q大やけど患者への水分補給について

小学校6年生の国語の教科書に原爆関係の作品が掲載されています。
その中に被爆後の患者に水を飲ませてはならない、という文章があります。

大やけどの患者さんになぜ水を飲ませてはならないのか、小学生にもわかるように説明して下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私の中では被爆の有無に関係なく、大やけどの患者さんに水を飲ませてはいけないものだと思っていました。

S_Rさんの考えであっていると思います。
水を飲ませてはいけない理由は、体温低下とkyaezawaさんが書いたとおり、
水を飲ませると大量に皮膚から出血?膿?などが出てしまうことだと思います。

>軍医が「やけどの患者に水を飲ませるな」

 軍医が医療知識で水を飲ませるなと言ったのか、大切な水を死に際の人に飲ませるのはもったいないから言ったのかはわかりません。
原爆投下後の水について言ってるのであれば、汚染されているから被爆の進行を早めるから飲むなと言ったのかもしれませんが。

>広島への原爆投下後ですので、8月の話です。
>被爆者が飲もうとしている水は屋外のもので、30℃近いのではないかと思います。
>それでも、死に至るほどの体温変化の原因になるのでしょうか?

 屋外の水というのは、川などの水のことでしょうか?
もしかすると30℃くらいあって体温変化の原因にならないかもしれませんが、汚染されているので飲めませんよね。

>私の中では被爆の有無に関係なく、大やけどの患者さんに水を飲ませてはいけないものだと思っていました。

S_Rさんの考えであっていると思います。
水を飲ませてはいけない理由は、体温低下とkyaezawaさんが書いたとおり、
水を飲ませると大量に皮膚から出血?膿?などが出てしまうことだと思います。

>軍医が「やけどの患者に水を飲ませるな」

 軍医が医療知識で水を飲ませるなと言ったのか、大切な水を死に際の人に飲ませるのはもったいないから言ったのかはわかりません。
原爆投下後の水につ...続きを読む

Q広島長崎の放射能は、どうして消えた??

 長崎広島に原爆が落とされたとき、放射能で30年は荒れ地になるだろうと言われた。しかし、今や完全に復興しているし、土地に放射物質が残っているという話も聞かない。
 今、福島第一原発の事で、放射能もれが話題となっている。農作物の作付け制限も話題となっているし、海も汚染されている。先行き見通しが立ちづらい状況である。
 そこで、放射物質の半減期以前に放射線がなくなった?? のはなぜかと思いました。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1392047.html

こちらの回答がわかりやすいかと思います。

Qなぜ「広島」「長崎」に原爆投下?

どうして広島と長崎に原爆投下したんですか?
他にも候補地がいくつかあったみたいですが・・。
東京、川崎、横浜とかも入っていたんですよね。
広島に落とすより、東京に落とすほうが意味があるような気もしますが・・・。
気象の関係と言うことも聞いたことがありますが、わかりません。

Aベストアンサー

下記リンクの中の「原爆投下都市の選定理由」に書いてあることが、私の知るところと概ね一致しています。

その中にあるように、長崎に原爆を落とした時は、小倉が第一目標であったが、小倉に落とせずに長崎に落としたとされています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%88%86#.E5.8E.9F.E7.88.86.E6.8A.95.E4.B8.8B.E9.83.BD.E5.B8.82.E3.81.AE.E9.81.B8.E5.AE.9A.E7.90.86.E7.94.B1

日本に対する都市無差別空襲について、下記の本が参考になりますので推薦します。「京都が空襲されなかったのは、文化遺産を惜しむアメリカの配慮」というのが根拠のない俗説であることが論証されていますが、「空襲の優先順位」などについても分かります。

日本の古都はなぜ空襲を免れたか
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31002714

「東京、川崎、横浜とかも入っていたんですよね。
広島に落とすより、東京に落とすほうが意味があるような気もしますが・・・」

日本の主要都市は、昭和20年8月にはほとんどが焼け跡になっていました。東京も川崎も横浜も徹底的に空襲されて、燃えるものが既にない状態でした。

原爆の投下候補都市は、「ある程度大きく、かつ大規模な空襲を受けていない都市」として選ばれたようです。

下記リンクの中の「原爆投下都市の選定理由」に書いてあることが、私の知るところと概ね一致しています。

その中にあるように、長崎に原爆を落とした時は、小倉が第一目標であったが、小倉に落とせずに長崎に落としたとされています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%88%86#.E5.8E.9F.E7.88.86.E6.8A.95.E4.B8.8B.E9.83.BD.E5.B8.82.E3.81.AE.E9.81.B8.E5.AE.9A.E7.90.86.E7.94.B1

日本に対する都市無差別空襲について、下記の本が参考になりますので推薦します。「京都が空襲されなかったの...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q北朝鮮からミサイルが飛んできたら

 北朝鮮から核ミサイルが飛んで来て、永田町に落ちたとすると、被害はどのくらい広がりますか? 即死のみならず、疾病による死亡や後遺症も含めて。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

■他サイトで同じような質問に答えているのですが、解りやすく新たなデータを追加したため長文となってしまいました。

 北朝鮮が保有する弾道ミサイルで、日本への発射が懸念される物にノドン2号とテポドン1号ミサイルがあります。
 ノドン2号は旧ソ連が開発したスカッドの亜種で、1,300kmの射程を持つと言われています。一方テポドンは1段目にノドンを使い、2段目にスカッドの弾体を結合して作った2段式弾道ミサイルで、射程も1,700km~2,200kmと見積もられています(射程および発射速度から中距離弾頭ミサイルとする記述もあります。が正直、どの数値が正しいという確証がないため、かなり曖昧な分類となっていることは確かなようです)。

 弾頭を搭載する2段目スカッド・ミサイルの弾体直径は0.9m弱で、弾頭を搭載するスペースが非常に小さく、核運搬兵器としては戦術ミサイルと呼ぶべき種類の物でしか在りません。
 同サイズのミサイルの弾体重量も最高で0.8tを下回り、最大重量を搭載すれば当然ながら最大射程まで飛ばすことはできず、目標距離を計算した搭載重量に低減させられることになります。

 核専用ミサイルとして新規設計するならともかく、化学・生物兵器弾をも搭載可能な柔軟性設計とするのが一般的な考え方であり、弾頭重量を500kgとした場合、そこに搭載される核弾頭は20~50kt程度と見積もることが出来ます。

▼弾頭の威力と被害予想に関する書籍やサイトを調べたのですが、詳しく述べている物を見つけられませんでした。

 現在、北朝鮮は20kt級核爆弾を7~8発製造可能なプルトニウムを抽出していると観られています。
 広島は投下されたLittle Boyは13kt(ウラン235)により20万人の犠牲者をだし、長崎もFatmanが22kt(プルトニウム)によりは7万4千人が数箇月の間に亡くなり、その後の調査で死亡者数が15万人にも達しました。平坦な広島に対して山間部による起伏が被害を減少させたのです。
 しかし、都会の場合、破壊された建造物が市街地を埋め尽くし、瓦礫と化した廃墟街を車輛で移動することは非常に困難であり、そのような地を人が歩くことも容易くはないでしょう。人口1200万(平日であれば都郊外からの近県から、多くの労働者が都心へと集まるため、被害想定人口はかなり高いと見るべきでしょう)の中心で核爆発が発生したシミュレーションをまだ目にしたことがないので解らないというのが本音です。

 ただ爆発後の死亡と放射能汚染による傷病認定が懸念されるかも知れませんが、他国からの攻撃であることを考慮するなら、政府も寛大に攻撃による疾病患者であることを認めるはずです。
 さらに大都市が核汚染に見舞われた場合、救援する側が対核防御服を身につけていなければ活動できないことです。日本ではこの手の状況対応能力が(ちいさな自衛隊部隊以外)ほとんどゼロであると言う事実です。つまり、救援したくても救援する側に被害が出るため救援活動が行なえず、放置された数日の間に助かる多くの命が失われるでしょう。

 個人的にはその数を500万~700万と見積もるのが妥当かと思っています。

■他サイトで同じような質問に答えているのですが、解りやすく新たなデータを追加したため長文となってしまいました。

 北朝鮮が保有する弾道ミサイルで、日本への発射が懸念される物にノドン2号とテポドン1号ミサイルがあります。
 ノドン2号は旧ソ連が開発したスカッドの亜種で、1,300kmの射程を持つと言われています。一方テポドンは1段目にノドンを使い、2段目にスカッドの弾体を結合して作った2段式弾道ミサイルで、射程も1,700km~2,200kmと見積もられています(射程および発射速度から中距離弾頭ミサイ...続きを読む

Qプルトニウムの半減期について

全くの科学素人ですので出来れば小学生レベルの言葉で失礼致します。

広島・長崎に原爆が落ちましたよね。
例えばですがプルトニウムには放射能が半減するのに2万年位かかるそうです。

どうして現在広島や長崎の人は普通に暮らせるのですか?
野菜とか作って食べていらっしゃると思いますし魚介類も普通に収穫
していらっしゃいます。
大丈夫なのですか?

自分なりに調べてみたのですが「残留放射能」というのが現在では自然界にある
放射能よりも少し高いレベルのものしか検出されないとの事。

ますます疑問が膨らむばかりです。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1の回答者です。

> 放射能が半減するのに2万年とはいってもその地(土)に留まるわけでなく
> プカプカと空気中を漂ったということですか?

「放射能」という用語と、「放射性物質」という用語がごっちゃになっているように思います。

「放射性物質」とは、内部で原子(放射性元素)が崩壊し、放射線を放出する性質をもった物質のことを指します。放射性物質に含まれる不安定な原子は崩壊して別な原子が生成され、最終的に安定的な原子(ほとんど崩壊を起こさない原子)にたどり着き安定します。その崩壊過程でα線、β線、γ線といった放射線を出します。

「放射能」とは、放射線を出す能力そのものを指す用語で、本来数字で表されるものではなく、物の性質を示します。よって「放射能が半減する」という文は誤解の元ですし、「放射能が土壌にとどまる」、あるいは「放射能が空気中を漂う」というのも変です。
正しく言うのであれば、数字で表されるものは「放射線の強度」や「放射性元素の数」です。また、土壌にとどまる、あるいは空気中を漂うのは「放射性物質」なのです。


で、ご質問への回答ですが、原爆の炸裂によってばらまかれた「放射性物質」は、キノコ雲に乗って成層圏まで吹き上げられ、そのまま大気中をぷかぷか漂ったり、原爆のもたらした物理的破壊によって空中に吹き飛ばされた埃に付着して地表に降り注いだりしました(死の灰、黒い雨)。地表に降り注いだ放射性物質の一部は雨水とともに土壌に染みこみ、また風で吹き飛ばされて広く拡散したことでしょう。原子のレベルではα崩壊・β崩壊によってしか放射性物質は減少しませんから、広島・長崎の原爆でばらまかれた放射性物質は、空中に吹き飛ばされようが土壌に染みこもうが、未だに地球上のどこかには存在するはずです。
ただ、α崩壊、β崩壊によって徐々に放射線を放出しながら安定化していき、長い時間の後には半減(1/2)→半減の半減(1/4)→さらに半減(1/8)と放射性元素の数は減少していくはずです(それにより放射線の強度も減少していく)。

なお、広島・長崎の爆発後に環境に放出された放射性物質の総量は、チェルノブイリ事故でそれの400分の1に過ぎなかったと言われています。元々、少量の核物質(せいぜい十数キロ)を急激に反応させて一気に破壊力を得る原爆は、その爆発の瞬間に放出される放射線こそ強力無比ですが、ウラン・プルトニウムの残り滓である各種放射性物質は大した量ではありません(燃料が十数キロだとすれば、残り滓も同程度です)。爆発時の強力な放射線照射により淡い放射能を持った爆弾の破片なども多少はあるでしょうが、強力な放射性物質はウラン・プルトニウム由来の残り滓であると考えられ、量的には決して多くないのです。
ところが大量の核燃料(何トン・何十トン)を長時間にわたって反応させ巨大なエネルギーを生む原子力発電所は、そもそも核燃料の残り滓が非常に大量に生じ、万が一の事故の際はその大量の放射性物質が外部に漏洩しますから、放射能汚染の程度で言えば原爆の比ではないでしょう。

やや蛇足かもしれませんが、広島・長崎の被爆者に放射線障害をもたらした最大の原因は爆発したその瞬間に放出された強力な放射線(主にγ線)であって、爆発後に降り注いだ放射性物質のα崩壊・β崩壊による放射線による被害は、前者に比べれば少量だった(それでも決して軽い被害ではありません。特に放射線源が体内に入った場合)と思われます。広島・長崎の残留放射能が少ないのは、死の灰が地球上に広く拡散していったというだけでなく、そもそも飛び散った放射性物質の総量がもともとそれ程多くなく、汚染は比較的小規模だったということが理由としてあげられるでしょう。

チェルノブイリの場合、爆発の規模は広島・長崎に比べ遙かに穏やかでしたが、爆発によって飛び散った放射性物質の総量は広島・長崎より遙かに多かったでした。よって、土壌は広い範囲で深刻に汚染され、また風によって近隣諸国にまで運ばれた大量の死の灰の影響は、今後広島・長崎よりも遙かに長期間、あの地域を悩ませるはずです。

#1の回答者です。

> 放射能が半減するのに2万年とはいってもその地(土)に留まるわけでなく
> プカプカと空気中を漂ったということですか?

「放射能」という用語と、「放射性物質」という用語がごっちゃになっているように思います。

「放射性物質」とは、内部で原子(放射性元素)が崩壊し、放射線を放出する性質をもった物質のことを指します。放射性物質に含まれる不安定な原子は崩壊して別な原子が生成され、最終的に安定的な原子(ほとんど崩壊を起こさない原子)にたどり着き安定します。その崩...続きを読む

Q明日歯の神経を抜くのですが・・・

虫歯が神経の近くまで広がっていたため
神経を抜いて被せ物をする事になりました。

検索してたら、神経を抜くのは凄く苦痛と書いてる人達ばかりです。

歯医者の先生に「神経を抜くのって痛いんですか?」
と聞いたんですが、「麻酔が効いてるし痛くない」との返答で。
ネットに書いてある事とは真逆なんです;

そこで質問なんですが、神経を抜くのは痛いんでしょうか?
凄く不安で、最近夜も眠れない日が続いてます…

どうか教えてくださいorz

Aベストアンサー

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、もろくなる。
(4)変色していく。
(5)臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。(残髄等)

などがあげられます。しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。

要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。

で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。ただ、炎症がきつい歯髄には麻酔が効きにくいこともありますが、麻酔の方法はいろいろありますから(^.^)b

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、...続きを読む


人気Q&Aランキング