ローカルディスク(D:)とは何か、詳しく教えてください。

ちなみに私は凄い初心者です。

まったく知らないのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ローカルとは限られた特有の物や状態のこと


ローカルディスクはその名通り、限られた状態のディスクという意味。
(「限られた」は接続されているPC限定という意味)

ローカルディスク(D:)は
PCに接続されているのが1台のHDDの場合は、
容量を分割して作成した領域のことで、
ドライブレターをDと割り当てたもの。

ドライブレターとはPCに接続されているドライブを識別するための記号。
A、BはFDD、CからZがその他のドライブで、
デフォルトではHDDが優先されて付与されます。
(固定することができる)

HDD1台の場合で、容量を分割していない場合、
Dはオプティカルドライブ(CDドライブなど)になります。

例えば、100GBのHDDを30GBと70GBに分割して、
30GBをOSをインストールするCドライブにした場合、
70GB部分をDドライブとすることができます。
また、この70GBを更に分割すれば、D、E等も作成できます。


また、HDDが複数設置されている場合、そのうちの1台をDとしたもの。


ただ、これはウィンドウズの話。
他のOSだと違います。

詳しく知りたいのでしたら書籍でも読んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

よくわかりました

お礼日時:2011/03/17 13:31

ほかの方が答えていらっしゃるので、


あまり詳しくありませんが補足です。


分割されたハードディスクですが、
物理的に二つ有る場合と、
論理的に二つ有る場合(現在ではこれが多数)があります。
D:の場合、通常はハードディスクである可能性が高いのですが、
まれにはSDカードリーダーやほかの記憶装置などに割り振られることもあります。

なお、ハードディスクを論理的に分割する理由としては、
ハードディスクが丸ごとひとつの場合、
ハードディスクが破損した際OSのリカバリをすると
そのままOSやプログラムだけではなくデータが喪失される可能性があり、
それを防止することや、
OSのリカバリーの役割や(ハードディスクによるリカバリ)
ハードディスクの利用を分散する役割のためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

よくわかりました

お礼日時:2011/03/17 13:32

パソコンに入っているハードディスクです。

一個目はC、二個目はDとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

どちらかというと、何のためにあるのかが知りたいです。

お礼日時:2011/03/17 12:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QローカルディスクCとローカルディスクDって

スタートからコンピュータをクリックするとハードディスクドライブとして、ローカルディスクCとローカルディスクDがあります。空き領域としてローカルディスクCは、134GB/224GBに対して、ローカルディスクDのほうが224GB/224GBとあります。
意味としては基本Cのほうを使いますが、空き領域がたまってきたらDに移すということですよね?

質問なんですがCドライブとかCドライブとかよく聞きますがそれはローカルディスクCやDのこととは別になるのことなのでしょうか?

Aベストアンサー

bob1995 さん、おはようございます。

ドライブの使用状況やドライブの名称からおそらく、ローカルディスクCがあなたのPCのCドライブだと思われます。そして、ローカルディスクDがあなたのPCのDドライブだと思われます。名称は変更可能です。
空き領域がたまってきたらDに移すということですよね?
そうですね。その前にDドライブに移行させた方がCドライブの負担が軽くなります。

QWindows7ローカルディスクC:→D:へ

★Windows7 ですけどローカルディスクC:がかなり空き量が少ないです。でもD:は空き空きですけど、Windows7ローカルディスクC:→D:へファイルを移動するにはどの様にしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

1.C:ドライブのディスクのクリーンアップの時「詳細オプション」タブを開いて「システムの復元」ファイルを削除すると、C:ドライブがだいぶ空きますよ。

2.それから、ドキュメントやピクチャー、ミュージックなどをD:ドライブに保存する方法は次の通りです。

スタートボタンのコンピュータからC:ドライブを開いたら「¥Users」または「ユーザー」というフォルダがあります。

そして、「あなたの名前」フォルダがあり、この中にユーザーが作ったファイル類「ドキュメント」「ピクチャー」「ミュジック」「デスクトップ」などがあります。

これらは、全部C:からD:へ移動できます。他にも移動できるものが有るようですが、この¥Usersの中身だけにしておいた方が無難です。

スタートボタンのドキュメントを右クリックしてプロパティから「場所タブ」を開くと現在のドキュメントの「場所」が書いて有ります。

C:¥Users¥あなたの名前¥Documentsとなっていると思います。

これを、

D:¥Users¥あなたの名前¥Documentsに変更するのです。

そのために、事前にD:ドライブに「¥Users¥あなたの名前¥Documents」というフォルダを作ります。

そして、先ほどのC:のドキュメントのプロパティの場所タブを開いて、「移動」ボタンを押して、移動先を「D:¥Users¥あなたの名前¥Documents」に指定すれば、OKです。

ドキュメントフォルダをD:に移動したら次に、中身のデータやファイルも移動しますか?と聞いてきますので、「ハイ」します。

ピクチャーやミュージックも同じようにしてやります。

DocumentsやPictures、Musicなどスペル(綴り)を間違わないでください。

ただし、失敗すると訳が分かんなくなりますので、ゆっくりやってくださいね。

また、D:からC:へ戻したい場合は、「場所タブ」の中に「標準に戻す」というのがあります。

1.C:ドライブのディスクのクリーンアップの時「詳細オプション」タブを開いて「システムの復元」ファイルを削除すると、C:ドライブがだいぶ空きますよ。

2.それから、ドキュメントやピクチャー、ミュージックなどをD:ドライブに保存する方法は次の通りです。

スタートボタンのコンピュータからC:ドライブを開いたら「¥Users」または「ユーザー」というフォルダがあります。

そして、「あなたの名前」フォルダがあり、この中にユーザーが作ったファイル類「ドキュメント」「ピクチャー」「ミュジック」...続きを読む

Qローカルディスク(D:)の空きが少ない

昨年末にWindows7に買い換えたのですが、最初からローカルディスク(D:)の空きが17.7と少なく、不思議に思っています。右クリックで開くで見ても何だか解りません。どうして使っていない(D:)の空きが少ないのか知りたいと思います、初心者に近い男性です、何方か教えて頂きたいと思います。お願い致します。

Aベストアンサー

あなたのパソコンがごく普通の市販品であると仮定してお答えしてみます。

市販品の場合
1) C:パーティションのみでD:が無いもの
2) C:が非常に大きくて、逆にD:が少ししかないもの
3) C:が小さくて、D:が大きいもの
などいろいろ発売されています。
いろいろある理由は設計した人(メーカー)が勝手に決めたことなので分かりません。

私の想像ですが
1) C:パーティションのみでD:が無いものの場合、製作者の意図は
・ 素人はD:があっても使いこなせないからC:だけでよい。または
・ HDの絶対容量が少ないので、C:D:切り分ける意味 (値打ち) がない。
・ D:が必要なユーザーは、自力で必要なD:パーティションを作ればよい。
このいずれかだと推定されます。

私のデスクトップの場合は後者に属し購入時はC:のみでサイズはほぼ1TBでした。
これをC:200GBとし残りをD:にあてがって使用しています。

2) C:が非常に大きくて、逆にD:が少ししかないもの
・ この場合製作者の意図は理解し難いですが、多分
「D:がもっとほしけりゃ、好きなだけ勝手に増やしてやー」ってことでしょうか?
・ いまひとつ考えられることは、D:がリカバリー領域として制作されている場合
もあります。あなたの場合はこれに該当する?ようです。この場合はユーザーは、
この領域を使用できません。
ユーザーが使用できる領域(パーティション)が必用なら、新たにE:パーティションを
作る必要があります。 但し増やしたパーティションがE:になるかそれ以外になるかは
パソコンにより決まります

3) C:が小さくて、D:が大きいもの
このケースは、ごく少ないと思われますが、製作者側の意図は
「C:はシステム領域として使用し、ユーザー領域はD:を利用して下さい」
という意味だと思われます。最もリーズナブルな設計思想だと思います。
これがなぜリーズナブルかという説明は割愛します。

蛇足ながら
結論としてユーザーは千差万別なので、ニーズを応じてパーティションを切り分ける
知識が必用と思います。

あなたのパソコンがごく普通の市販品であると仮定してお答えしてみます。

市販品の場合
1) C:パーティションのみでD:が無いもの
2) C:が非常に大きくて、逆にD:が少ししかないもの
3) C:が小さくて、D:が大きいもの
などいろいろ発売されています。
いろいろある理由は設計した人(メーカー)が勝手に決めたことなので分かりません。

私の想像ですが
1) C:パーティションのみでD:が無いものの場合、製作者の意図は
・ 素人はD:があっても使いこなせないからC:だけでよい。または
・ HDの絶対容量が少...続きを読む

Qディスク管理にて ローカルディスクDを作る時に

SSDにてOSをインストールでき
そのときローカルディスクDがなく
データ用HDDを管理ディスクにて
フォーマットしようとしたんですが


ディスク1に左部分に100MBほどデーターが有り
フォーマットできません
残り右部分1862.92GBはローカルディスクDに出来るようですが
この左部分の100MBはシステムで予約済みとかかれ、フォーマットできないので
ローカルディスクDにすることが出来ません

これはどうすれば解決できるでしょうか?

Aベストアンサー

「ディスク1に左部分に100MBほどデーターが有り」と書いてありますので、
Win7 OSは「ディスク0」であるSSDにインストールしているわけですね。

つまり「ディスク1」の100MBの領域はシステムには影響していません。
念のため下記の方法で確認してみてください。

「ディスク1」の電源ケーブルを外してPCを起動してみる。
PCが正常に起動するならば「ディスク1」はシステム起動に関係ないことが確認できます。
つまり「ディスク1」が無くてもPCは正常に起動するわけですから、
「ディスク1」の電源ケーブルを接続して「ディスク1」の100MB部分を「削除」しても構いません。
削除すれば「未割り当て」領域となり、フォーマットできます。
100MB部分はムダですので、残り右部分の1862.92GBと一緒にしてしまう(結合する)ほうが便利でしょう。

質問からは外れますが、参考までに「「システムで予約済み」領域を作成しない方法」については下記サイトを参照してください。
---「システムで予約済み(System Reserved)」領域を利用しないようにする
http://ftlabo.sakura.ne.jp/win/system-reserved/system-reserved.html

「ディスク1に左部分に100MBほどデーターが有り」と書いてありますので、
Win7 OSは「ディスク0」であるSSDにインストールしているわけですね。

つまり「ディスク1」の100MBの領域はシステムには影響していません。
念のため下記の方法で確認してみてください。

「ディスク1」の電源ケーブルを外してPCを起動してみる。
PCが正常に起動するならば「ディスク1」はシステム起動に関係ないことが確認できます。
つまり「ディスク1」が無くてもPCは正常に起動するわけですから、
「ディスク1」の電源ケーブル...続きを読む

QローカルディスクDの容量について

PCの「コンピューター」から「ローカルディスクの容量」を確認すると、添付のようになります。突然赤になりました。実際にDを開いてみると、添付2のように使用量は非常に少ないです。なぜこのようになるのでしょうか?この「赤い帯」は正しいのでしょうか?PCに詳しい方、よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

Windowsのバックアップデータでは?
http://nufufu.com/pc/windows7/the-data-of-old-backup-is-erased-by-windows7-and-a-hard-disk-is-made-light/
7の方法です

参考までに私のメインパソコンは 油断しているとバックアップ用HDDの500GBが すぐに真っ赤かに変わります 
便利な機能ですが HDDの容量が多くないと困りものです
ボチボチ入れ替えて容量アップも考えている所ですね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報