いつもお世話になります。

地震の影響でガソリン不足が深刻ですが、私は実に運の良いことに3/10の14時46分(給油時のレシートが財布に残っていました)に満タンにしていたので長蛇の列に並ぶこともなく車が使えています。
そこで、あの大地震が3/11の何時に起きたのかを確認しようと、↓を見たところ
http://tenki.jp/earthquake/entries?p=25
やはり「14時46分」...ちょっと背筋がゾッとしました...

いや、質問はそんなことではなく、、
上のサイトを遡ってよく見ていくと、3/9の11時45分から三陸沖で地震が頻発していたことが判ります。
http://tenki.jp/earthquake/entries?p=27
宮城県あたりはそれ以前から地震が多かったとは思いますが、この3/9~の頻度は明らかにそれ以前とは違っています。この状況でも専門家は全く予測ができなかったのだろうかと疑問に思いました。
知識のない一般人がフト感じた疑問ですので、全くの見当外れな質問でしたらごめんなさいです。

「今回の大地震について...予測」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

何がぞっとしたのかはよくわかりませんが、


震度1や2の地震というのは毎日たくさん起きています。
そこから震度7の地震を推測するのは不可能です。

数字で見るとM6.0とかそれに近い数字だから大きそうに見えますが、
6.0ぐらいなら非常に小さな地震です。

M9.0というのはその約72万倍のエネルギーですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>何がぞっとしたのかはよくわかりませんが、

私にもよく判りませんが、まだ数日先でも良かった給油をなぜ前日の同じ時刻にしなければならない気になったのか、とゾッとしました。

>震度1や2の地震というのは毎日たくさん起きています。
>そこから震度7の地震を推測するのは不可能です。

貼付サイトの一覧表はご覧になりましたか?
それ以前の記録では、1日に「全国の様々な場所で」「数回~10回程度」の記録しかありません。
それがこの3/9の11時45分からの頻度は、24hで「三陸沖ばかり」「30回」です。3/11の震度7までにさらに10回です。
こんなのも日常のことなのでしょうか。
震度1や2の小さな地震から震度7の地震を推測するのは無理なのはよく判りますが、この地域限定的かつこれまでにない頻度から推測不可能なものかと思ってしまいます。

お礼日時:2011/03/17 18:58

>それ以前の記録では、1日に「全国の様々な場所で」「数回~10回程度」の記録しかありません。


>それがこの3/9の11時45分からの頻度は、24hで「三陸沖ばかり」「30回」です。3/11の震度7までにさらに10回です。

逆に聞きたいんですが、ちゃんと全部見ました?

2月27日には岐阜県飛騨地方で24時間に25回以上の計測をしていますし、
去年9月29日頃の福島県中通りなんか24時間で30回を超えてます。


さらに言えば、1995年の阪神淡路大震災のときは
1月17日に震度7の地震が発生する前までは微震すらほとんどありませんでした。

1月15日~1月17日の大地震までの兵庫県での地震観測は、
震度1が1回、そして震度7が1回だけです。


よって、地震の頻発と大地震との関連性は薄く、予測することは不可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。
そうですか、今度の大地震と頻発していた現象には直接の関連性はないということですね。
勉強になりました。

お礼日時:2011/03/17 23:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地震でふと思いましたが...

今回の地震は東北ですがそこには牢屋はないのですか?
何か地震で建物が壊れて脱獄とかしてないのかと心配です。
馬鹿な質問ですが親戚の安否が確認出来たので
こうなったらヤバイんじゃないかと思いました。
僕の質問に対して侵害を及ぼす回答は控えてください。

Aベストアンサー

別に馬鹿にはしていないと思うけど。全うな人間なら刑務所なんて無関係だし、外観や構造なんて入った人しかわからない。万一建物が壊れたことを想像したとき、現地にいまだ被災者の方がいると思ったら心配するのが普通でしょう。

まぁ、心配いらないと思います。すでに言われているようにコンクリートで固められた頑丈な建物のはずです。その前に、一応収容されているとはいえ人間なので、災害のときは避難させると思います。もちろん一般市民と区別はすると思いますが。
日本の刑務所などは懲罰施設ではなく更正施設なので、収容されていても人権は認められますから、災害時、食事や衣服の支援に差が出ることはないと思います。すぐに隣県の施設に移動させられると思います。

Q東日本大地震により、東京湾北部の地震の目が消滅し、首都直下地震の心配がなくなった、のでしょうか??

琉球大学名誉教授木村政照著の“「噴火と大地震」の危険地図”を読んでいて、気になった説明に出会いました。
<21世紀初頭のひところまで東京湾北部に地震の目ができていたが、2011年3月以後は消滅している。
東日本大地震の影響により、消えたと思われるのだ。なので首都直下地震が近い将来に起きる可能性は低いとみていい。>
<今後30年は心配なし」
質問は、今まで、首都直下地震を騒いでいましが、当面の心配はなくなった、のでしょうか?

Aベストアンサー

東日本大震災となった東北地方太平洋沖地震はプレート型地震であり、懸念されている首都直下地震は断層型地震です。
ですので東北地方太平洋沖地震で断層の歪みにも影響は有ったでしょうが心配が無くなった訳ではありません。
現在の地震予知レベルで言える最大値として、30年以内に発生する確率が50~60%(一部では70%とも言われて居る)。
つまり、0%ではありませんので質問主さんがこの回答内容を読んでいる最中に起きるかも知れませんし、30年後に
起きるかも知れません。
早い話がいつ起きてもおかしくは無いと言う事ですから、備え有れば憂い無しではありませんが起きる事を前提とした
準備だけはして於いた方が良いです。
東北地方太平洋沖地震も震源地が事実上予測外の場所ですからね。

Q地震時の火災検知器/火災報知盤の機能維持

地震の後に火災が発生した場合、火災検知器や火災報知盤は地震後にも機能が維持できるのでしょうか?
何か型式認定とかで規程があるのでしょうか?
結構、地震の後に火災が発生しているので、ふと疑問に思った次第です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

阪神大震災の被災経験者です。
つとめている職場では、火災は発生しませんでしたが、相当数の火災報知器、や非常灯が、震災後使えませんでした(それ以外の警報装置などはバックアップ電源すらなく、当然停電で死んでいました)。もちろんそれぞれ、規定どおりバッテリーでバックアップしていましたが倒れた設備で壊れたり、非常電源がひっくり返ったり(NTTの複数局の鉛電池が使用不可能になり、加入電話に流している、電源がダウンして、災害時(停電時)に強いといわれた黒電話が使えなくなるぐらいでしたので、工場の非常設備のバッテリーなどひとたまりもありませんでした)配線が断線するなどで、使用ができませんでした。災害後、火災報知器システムは地震を一切考慮していないことが判明、対策をどうとうるか職場で大問題になった記憶があります。全社的にどうなったのかは、正直認知していませんが、自分が担当していた部門では、バックアップ用にヂーゼル発電機を導入し、各非常設備の電源のバックアップをバッテリーと併用にし、配線等は揺れに強い仕組みにに作り替えました。勿論バッテリーの設置場所、設置方法も全面的に見直しました(お金がかかりました 億円単位です)。あれから10年、非常用のヂーゼルまだ回るのかな?)。
お答えは現状の火災報知器は地震にたいする配慮はあまりされておらず、巨大地震後は相当の確率で、機能は維持されない。

阪神大震災の被災経験者です。
つとめている職場では、火災は発生しませんでしたが、相当数の火災報知器、や非常灯が、震災後使えませんでした(それ以外の警報装置などはバックアップ電源すらなく、当然停電で死んでいました)。もちろんそれぞれ、規定どおりバッテリーでバックアップしていましたが倒れた設備で壊れたり、非常電源がひっくり返ったり(NTTの複数局の鉛電池が使用不可能になり、加入電話に流している、電源がダウンして、災害時(停電時)に強いといわれた黒電話が使えなくなるぐらいでしたので...続きを読む

Q宮城の地震と十勝沖地震

これらの地震の起こった正確な時間を教えて下さい。何月何日だけで結構です。

Aベストアンサー

これ。

参考URL:http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/

Q今回の地震と宮城県沖地震の被害の違い

1978年の宮城県沖地震は、マグニチュード7.4(震度5)でした。
被害は、仙台市域で、死者16人,重軽傷者10,119人,住家の全半壊が4,385戸,部分壊が86,010戸という多大な被害が生じました。
また火災も発生し、多数のブロック塀が倒壊しました。

今回の地震は、マグネチュード7.2(震度6弱)でありながら、死者ゼロ、火災なしという軽微な被害で住んでいます。
この両者の違いは何でしょうか?
28年の間に建築物やライフラインの耐震性がすぐれたものになったということでしょうか?

震度6弱とは、
「立っていることが困難になる。」
「かなりの建物で、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する」
「耐震性の低い住宅では、倒壊するものがある。耐震性の高い住宅でも、壁や柱が破損するものがある」
となっています。
ですが今回の地震の被害状況からすると当てはまってないように思います。
地震計が間違っているということはないでしょうか?
あれだけ広範囲にわたって震度5強、震度6弱を記録しているにしては、被害が軽微すぎるような気がしてなりません。
先の新潟地震は震度5強であれだけの被害を出しています。

気象庁の情報をそのまま鵜呑みにしてもよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

1978年の宮城県沖地震は、マグニチュード7.4(震度5)でした。
被害は、仙台市域で、死者16人,重軽傷者10,119人,住家の全半壊が4,385戸,部分壊が86,010戸という多大な被害が生じました。
また火災も発生し、多数のブロック塀が倒壊しました。

今回の地震は、マグネチュード7.2(震度6弱)でありながら、死者ゼロ、火災なしという軽微な被害で住んでいます。
この両者の違いは何でしょうか?
28年の間に建築物やライフラインの耐震性がすぐれたものになったということでしょうか?

震度6弱とは、...続きを読む

Aベストアンサー

最近は測定方法が変わりました。以前は気象庁の人間の体感ではかっていましたが今は機械による計測です。これは建物が昔と違い震度7でも免震構造から崩れない物が増えてきたからです。また地震計の設置されている地盤の堅さによっても実際より大きな値になるところと小さい値になるところとまちまちです。あくまでも地震計の設置している場所での震度ですので鵜呑みにするのは間違いです。気象庁の発表する震度は役場に設置しているところが多いのでガス会社や電力会社などライフラインは市内をもっと細かく設置しているところもあります。私の住む場所では市役所と10Kmと離れていないのにもかかわらず市役所では震度2に対して私の住むところは震度5だったと言うこともあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報