今までレンタルで借りていたプレハブを今後は分割払いで
買い取ることになりました。

この際の経理処理ですが、どのように資産計上(時期と金額)
したら良いでしょうか

以上素人なもので申し訳ありませんがわかる方いましたら
教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

新たに、中古の固定資産を購入したとの考え方で処理すればよろしいです。



処理日 買取決定日
仕訳 借り方 建 物  貸方 未払金
金額は買取金額(今後支払う金額)です。

当期より減価償却をはじめます。
期中の取得は月数で按分になります。
中古資産の耐用年数の計算方法は、下記の参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/phone/5404.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

明快な回答ありがとうございました
今後ともよろしくお願いいたします

お礼日時:2001/04/20 21:07

こんにちは。


プレハブって、建物ですよね?

経理処理ですが、
貸方=未払金、借方=建物
時期=買い取った日

質問内容からこれくらいのアドバイスしたできません。
参考にならなかったらすいませんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
当方の言葉が足りず申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/04/20 21:07

 turukojiさんの質問文を読みますと、レンタルで借りた時点での処理は2種類の処理方法が考えられるため、どういう会計処理を採用していたかが不明です。

最初から所有権が移転するのが認識できた場合(所有権移転ファイナンシャルリース取引)又は期限が切れたら返すけれども、レンタル会社が購入した原価が分かっている場合(所有権移転外ファイナンシャルリース取引)は普通に固定資産を購入した時の処理に準じます。借方(固定資産)貸方(リース債務)とし、取得原価はリース、レンタル会社が購入した原価です。
 定期的にリース、レンタル料を支払うわけですが、これにはリース、レンタル会社にとっての原価部分と利益部分との両方があります。このときの会計処理ですが、前者はリース債務の減少とし、後者は支払利息として費用計上します。前者と後者の合計金額は毎回一定ですが、前者と後者との区分は普通、利息法によって計算するため、毎回異なります。
 また、減価償却ですが、所有権が移転するのであれば、普通に購入した場合と同じく取得原価から残存価額を控除した金額から計算します。所有権が移転しないものについては返却する時点で残存価額が0になるように定額法で減価償却費を計上します。
 もし、リース・レンタル会社が購入した金額が不明な場合は単なる賃貸借処理をおこないます。この場合はオペレーティングリース取引といいます。
これは毎回のリース料は単純に費用計上します。
 
 

この回答への補足

丁寧な説明ありがとうございました。
今回の取引ですが、今までは1ヶ月ごとの更新でレンタルという
形で借りて(レンタルのニッ○ンみたいなところから借りてました)
賃借料で計上していました。
このたび、長期的に使用することとなったため、レンタルしていたものを
買い取って資産計上しようとしています。

気になったのは、
いままで賃借料でけいじょうしていた過去費用も戻しいれて資産計上する
必要があるのか?

資産計上のタイミングは分割払い終了時か?もしくは契約締結時総支払額を
資産計上(貸方未払費用)し、償却開始する必要があるか?

です。以上説明が足りず申し訳ありませんでした。

補足日時:2001/04/20 13:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な説明ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします

お礼日時:2001/04/20 21:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去に固定資産として計上したものを一括資産へ計上しなおすことについて

どうも、はじめまして。
3年前から簿記の勉強を始め、今年の4月から経理に転職してきました。
経理の仕事は初めてなので、理論と実務の違いがまだよくわかりません。
で、新しい会社に来て、一つ気になった点があります。
表題の件ですが、H14年4月以降に取得された工具器具備品で、一括償却資産に属するものが、
固定資産として計上され、定率法4年で償却されています。(前期決算にて)
本来これは、一括償却資産になるはずのものですよね?
このときは資産総額が150万円以下だったのですが、
今年度になり、その金額を超えることが見込まれるので、
できる事ならば訂正したいと考えています。
ただ、それがどのようなものか良く分かりません。
もし、ご存知の方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも、一括償却資産とは、強制適用ではなく、原則としての今回のケースで行けば定率法4年償却のものに対して、特例として、取得価額10万円以上20万円未満のものについては3年均等償却を「選択する事ができる」、というものですので、取得事業年度に一括償却資産で処理されていなければ、残念ながら遡ってそれを訂正する事はできず、当初の方法により償却していくしかありません。

Q経費未計上の資産について(分割払い中)

個人事業主です。H15年5月に190万円の業務用の車を購入して60回の分割払い中です。分割払いの手数料413,750円と合計して総額2,313,750円でクレジットを組んでいるのですが、これまで全く費用として計上していませんでした。クレジット会社からの支払い予定表はあります。H17年度の申告から計上したいと思っています。H17.1現在の残高は1,540,000円なのですが、これを未払金として資産計上し支払いをしながら減価償却するという処理で大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

車両の取得費 (本体価格+諸手数料) と、ローンとは別物です。
車両は、減価償却資産ですから、購入時から減価償却が始まったものとし、3年目の H17年分のみが経費となります。科目は「減価償却費」です。

ローンに付いては、元本部分は「借入金」で負債のうち、つまり経費にはなりません。
利息部分のみ H17年中に支払った分が「利子割引料」として経費となります。

Qソフトウェア関係の資産計上と時期(経理法人税会計)

お世話になっております。
人事関連のシステムを自社利用のために導入することになりました。
2012年9月より更改作業を始め、2013年4月より新システムを稼働させる予定です。
社内稟議は9月でおりております。
この場合に、以下の勘定科目、及び資産計上時期はどのようにすれば良いでしょうか?
保守料は修繕費で発生のつど処理しますので、下記金額からは除いております。

(1)人事関連システムパッケージ費用 1億円(下記の分以外の8000万は支払まだ)

(上記1億円の内、2000万円がミドルウェアとして10月で発生、支払)←とりあえず仮勘定で処理。

(2)仮想サーバー増強によるSE設定費用(支払まだ)
500万円

(3)人事関連明細綴じ機(支払まだ)

250万円

(1)、(2)、(3)における勘定科目と資産計上時期をどうすべきかをおおしえいただきたく。
また、仮にこの情報だけでは判断できないという場合、どういう情報があと必要で
しょうか?
ご回答の程、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずそのソフトは何時検収されたかと言うことです。
代金支払いと検収時期は同じではありません。
検収(ユーザーの検査が終わりOKが出たとき)がすめばその時点で納品と言うことですから、固定資産の計上はそのときになります。
ミドルウェアもその人事ソフト専用であれば、すべてが検収されたと同時に納品と考えます。

明細綴じ機は有形固定資産で別な資産です。これは使用開始時が資産計上時期です。

とりあえず、検収完了までは建設仮勘定に計上しておき、検収がすんだ時点で本勘定に振替となります。

仕訳としては
 無形固定資産(ソフトウェア) 999/ 建設仮勘定  999
    人事関連のシステム
 
 器具備品   999/   建設仮勘定  999
       明細綴じ機

と言うことです。

Q資産計上と償却資産申告書

夫婦役員二人の有限会社です。仕事場にエアコンを2台買いました。1台が14万で電気回路増設に25000 円、配管カバーなどに12000円かかりました。仕訳として、合計14万をを2分の1にしてそれぞれ器具備品として資産計上でいいでしょうか?
電気回路増設と配管カバーも合計したものを2分の1ずつエアコンにプラスして資産として計上してかまわないでしょうか?1台が158500円になります。

それと今月末に市役所に、償却資産申告書を作成して出さなければいけないのですが、上記のように計算して、それぞれに同額で、増額資産として計上していいでしょうか?お願いいたします。

Aベストアンサー

税金関連のことは、役所の担当窓口か税理士に確認するのが近道です。

Q4人だけの小さな会社の経理をしています。経理は全くの素人です。

4人だけの小さな会社の経理をしています。経理は全くの素人です。
複数の会社から商品毎の納品書が毎日それぞれ数十枚、多いときは100枚強来ます。税込み、税別様々です。
1日合計600枚くらいです。
その納品書を全て1枚ずつ、会計ソフトに入力しています。
そこで3点質問させて下さい。

1、これを会社別に納品書日付毎の数字に合計して入力してもよいものでしょうか。
納品元からの請求書は納品書番号と納品日が記載されています。

2、社内では全て税込みで入力してるため、税別で来る納品書は手計算で1枚ずつ消費税を足しています。
これは普通のことでしょうか?ほかの会社では通常どのようになさっているのか分からないもので。。
ちなみに1、のやり方がOKであれば、日付毎の税抜き合計にまた手計算で消費税を足すことになるのですが。

3、前払いの会社がいくつかあるのですが、全て買掛金で入れています。
そのため、買掛帳残高がマイナスになっている会社がいくつかあるのですが、これはやり方を変えるべきでしょうか?

できるだけ帳簿の数字をきれいにしたいと思うのですが、末払い、2ヶ月後払い、前払いと会社によって
様々なのでなかなかうまくできません。

ちなみに社長も経理は素人で、やり方は私のやりやすいように好きに変えてよいと言われています。
ただ、通常上記のようにしてよいものかどうか判断がつかないため教えて頂ければ大変助かります。

よろしくお願い致します

4人だけの小さな会社の経理をしています。経理は全くの素人です。
複数の会社から商品毎の納品書が毎日それぞれ数十枚、多いときは100枚強来ます。税込み、税別様々です。
1日合計600枚くらいです。
その納品書を全て1枚ずつ、会計ソフトに入力しています。
そこで3点質問させて下さい。

1、これを会社別に納品書日付毎の数字に合計して入力してもよいものでしょうか。
納品元からの請求書は納品書番号と納品日が記載されています。

2、社内では全て税込みで入力してるため、税別で来る納品書は手計...続きを読む

Aベストアンサー

1 納品書日付毎に入力してもかまいませんが、
 事務量が増えて煩雑なだけで、その必要があるかどうか。
 だけの話だと思います。

 仕入れの管理をするなら別途しないと、
 ここで間違えると経理や決算に影響するので好ましくありません。

2 既出ですが、経理では請求書が来て初めて記帳(入力)するもので、
 納品書で処理しているところはないと思います。

3 これは仕訳のやり方が間違っています。
 前払い実施時 前払金/現金 1000
 購入時    仕入 /前払金 100 (請求書の締切日例えば月末とか)

これで前払金残高が残っているところは前払金がプラス勘定。
前払い金を越えて仕入れた場合は、買掛金勘定が発生します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報