哲学用語でesというのがありますよね。私も学生時代にちょっと学んだような気がするのですが・・・。どなたか簡潔に教えていただけないでしょうか。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 一つ前に英国情報部の方が紹介されているURLにあるとおり、哲学用語というより心理学用語です。

フロイトの。ですから、心理学カテゴリーの方が詳しい説明が得られるかも。あ、でも「簡潔」でいいんですか。じゃ、簡潔に。
 人の心のガソリンタンクです。リビドーの源泉。リビドーというのは、しばしばフロイト自身が「性欲」と同一視していた「生きるエネルギー」みたいなものです。ほんとは食欲とか排泄欲も含めて言う広い意味での「生きるエネルギー」なんですが。
 「es」というとドイツ語です。ラテン語では「id(イド)」。なんか、湧き出る感じでしょ? こんこんと。で、両方とも英語での「it」にあたります。スティーブン・キングとは関係ありません。日本語で言うと「それ」です。「それ」……なんか、アレですね。…いや、なんでもないです。
 よーするに「それ」としか呼びようのない得体の知れないものというイメージです。生きようとする欲求の塊そのものであって、その欲求の実現可能性だとか他者への配慮や社会性なんか少しも持ち合わせてはいません。むきだしの欲望です。事実、フロイト自身これを説明するのに「幼児」を比喩としています。

 ついでに「局在論」を少々。
 フロイトが言う局在論というのは、「心」はその全体でまとまって一つの働きをしているのではなくて、機能ごとに分かれた部品(パーツ)で組み立てられているという説明上のモデルです。人の心は「イド」「自我」「超自我」の3部分からなるとしています。
 「イド」は上記のような「生きるエネルギーの源泉」。それだけでは、はなはだお行儀の悪いものです。ここからエネルギー供給を受けて稼動する、心のメイン部分が「自我」。いわばエンジンです。「超自我」はいわばステアリングシステム。「自我」に社会性・道徳性の方向付けを与えます。社会生活を営むうち、徐々に内面化される良心のようなものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「超自我」という言葉も何となく記憶がありました。わかりやすいご説明、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/22 17:52

簡潔ではないですが、下の参考URLに定義みたいなものが載っています。

難しい。

参考URL:http://www.m-net.ne.jp/~koharuzz/es.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事、どうもありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2001/04/22 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学に経験は無意味か?専門用語が不可欠か?哲学という学問の根本意義とは?

きょう削除されてしまった某氏の質問に絡んで、いろんな観点から問題が紛糾しました。回答者側とすれば最終的な決着をみてから削除してもらいたかったと管理者側の無粋を咎めたくもあります。
ところで質問者とのやり取り、また他の回答者の意見をみて改めて哲学とは何ぞや?という原点に思い至らざるを得ない感がありました。
私は、この分野の専門知識には、まことに疎いのですが、哲学というのは世間でよく言われるところの屁理屈をこね回す学問なのでしょうか。

Aベストアンサー

元哲学専攻の大学院生です。(専攻は近現代ドイツ思想付近)
「某氏の質問」とやらを拝見していないので、見当違いでしたら申し訳ありません。

私は、哲学とは「誰もが当たり前だと思っていることをもう一度考え直してみる学問」だと思っています。
たとえば「世界は本当に存在しているのか?」とか、「人を殺すのは悪いことなのか?」とか。

普通の人は「そんなの存在してるに決まってるじゃん」「殺しちゃ悪いに決まってるじゃん」と、特に根拠があるわけでもないのに思いこんでいますよね。そこをあえてもう一回、本当に正しいのかどうか論理的に証明してみよう、という試みです。

確かにこの証明のプロセスを「屁理屈をこねまわす」と言い表すことも出来ますが、屁理屈をこねまわす理由は決して自己顕示欲ではなく、純粋な知的好奇心です。

証明に成功したら、「やっぱり正しかった」と安心してこれから生活できます。万が一「正しくない」という証明になってしまったら、我々は手遅れになる前に根本的な物の考え方を改めなければいけません。どちらにせよ、無意味ではないと思います。

*

ところで上記の通り、哲学とは常識を疑う学問であり、それは根拠のない常識の上に安住している一般市民を不安がらせ、敵に回す行為にも繋がります。

時に哲学者が攻撃的な人物に見えて、普通の人から煙たがられることもあるのは、その学問の性質上、仕方ないのかもしれませんね。

元哲学専攻の大学院生です。(専攻は近現代ドイツ思想付近)
「某氏の質問」とやらを拝見していないので、見当違いでしたら申し訳ありません。

私は、哲学とは「誰もが当たり前だと思っていることをもう一度考え直してみる学問」だと思っています。
たとえば「世界は本当に存在しているのか?」とか、「人を殺すのは悪いことなのか?」とか。

普通の人は「そんなの存在してるに決まってるじゃん」「殺しちゃ悪いに決まってるじゃん」と、特に根拠があるわけでもないのに思いこんでいますよね。そこをあえて...続きを読む

Q哲学用語

立ち読みで暗記してきたので、
正確に記憶してきたかは自信ないですが、

道徳関係の小論を読んでたら
「ヴィルテュス」という語に出会いました。
これは、美徳のことを意味するそうです。

検索して調べてもヒットしなかったので
これの、正しい表記、
もしくは、よく使われる表記について教えていただけないでしょうか?

あと、ついでに
道徳論に関心があるので、
モンテーニュ
セネカ
アウレーリウス
とかではなくて(といっても私はこれら完全に読んでないんですが・・・。)
哲学用語を駆使した著書でなにかありましたら
紹介いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

英語の「virtue」(美徳)のことでないでしょうか??
ラテン語で「Virtus」ですかね?

Q哲学用語辞典

哲学用語辞典でお勧めのものを教えてください。

Aベストアンサー

 
哲学・思想辞典(事典)は色々なものがあります。小型の辞典で、それなりの内容と色々な項目ということでしたら、No.1 の方も挙げておられますが、

>「岩波哲学小辞典」
>粟田 賢三 (編さん), 古在 由重 (編さん)
>価格:¥1,700

この辞典がよいでしょう。わたしは小辞典・事典としては、新書版の辞典を使っていましたが、現在絶版のようです。上の小辞典で、確かに内容は少し古いように思えますが、哲学の歴史で、ここ30年ほどのことが載っていないというのは、大した問題ではありません。

現代の思想辞典をということなら、以下のものでしょう:

>「現代思想キイ・ワード辞典」三一新書
>鷲田 小彌太 (著) 新書 (1993/09) 三一書房
>価格:¥1,068

あと、ムックや新書で、分かりやすい「入門書」があり、現代思想入門ということなら、このあたりの本もよいです。いずれも、書店の店頭で、実物の本を見て、実際、言葉を引いてみて、納得の行く説明があるものを選ばれることです。個人個人で、感じ方、評価が違いますし、使いやすさなども、人によって違って来ます。書店店頭だと、これ以外にも、本がありますから、色々見られて、検討されるのがよいでしょう。

-----------------------------------

以下が哲学辞典の本命です。手軽に持ち運びできる哲学辞典は、ごく初学書向けのもので、ちゃんとしたものをということになると、1万円のオーダーになりますが、以下のような本でないと、不十分です。

>「哲学事典」
>単行本 (1971/04) 平凡社
>価格:¥9,223

これは名著というか、長年、優れた哲学事典として定評のあった事典で、基本的には、これがベストの辞典です。1971年というのは、少し古いと感じられるかも知れませんが、古代哲学から、西欧哲学、またアラビアや中国やインドの思想などの用語の説明も入っています。ここ30年ほどの思想の用語はありませんが、それは、ムックや新書などに、用語辞典や入門書があります。

これを補う形の辞典が、

>「岩波哲学・思想事典」
>広松 渉 単行本 (1998/03) 岩波書店
>価格:¥14,000

この本は、先の平凡社の「哲学事典」を補う形で、現代哲学も視野に入れ、より詳細な説明を、キーワード的に選んで説明した事典で、平凡社の哲学事典とセットにして使うように最初から考えられていたという話があります。実際、平凡社と岩波のこの二つの事典があるのが便利なのです。

どちらをということでしたら、哲学の歴史を基本から確認されたい場合は、平凡社がよいでしょう。他方、現代哲学も含め、現代的ニーズに答えて、現代人に関心のある哲学問題などを、確認されたい場合は、岩波ということになります。平凡社の方が、レヴェル的には高いし、説明の言葉も難しく、古い本で、項目の参考書籍なども、絶版がほとんどという状態ですから、どちらかを選ぶなら、岩波の方がよいかも知れません。
 

 
哲学・思想辞典(事典)は色々なものがあります。小型の辞典で、それなりの内容と色々な項目ということでしたら、No.1 の方も挙げておられますが、

>「岩波哲学小辞典」
>粟田 賢三 (編さん), 古在 由重 (編さん)
>価格:¥1,700

この辞典がよいでしょう。わたしは小辞典・事典としては、新書版の辞典を使っていましたが、現在絶版のようです。上の小辞典で、確かに内容は少し古いように思えますが、哲学の歴史で、ここ30年ほどのことが載っていないというのは、大した問題ではありません。

...続きを読む

Q因果が逆転する(誤謬)のことを表す哲学用語

因果が逆転する(誤謬)のことを表す哲学用語はありますか?ラテン語でありそうな気がするのですが...よろしく御願いします。

Aベストアンサー

アリストテレスの虚偽論に
帰結の虚偽
=前後に継起する判断を逆に置きかえることによって
生ずる虚偽

『詭弁論駁論』

というのがありますが・・・


fallacia consequentis(羅)
to hepomenon(希)

Q哲学の用語

工学に携わるものです.
工学上の下記の概念が哲学分野ではどう表現されるか
を教えて頂けませんでしょうか.

システムを設計する際に
一般にまず
何を要求するかという
設計指針というものを設定するのですが

1 どうしても必要な機能(MUST)
2 高ければ高いほどよい機能(WANT)

を哲学ではそれぞれ何というのでしょうか.

例としては

家を建てるなら
1 倒れないこと
2 収容体積

飛行機を飛ばすなら
1 墜落しないこと
2 航行速度
となります.

一部の工学分野では
一般に
1 安定性
2 性能
と呼んでいますが,
安定性も性能といえば性能ですし
物によっては
2に該当する安定性もあるのです.

質問の仕方が悪いかもしれませんが,
よろしくお願い申し上げます.

Aベストアンサー

 
哲学の問題ではないような気もするのですが、しかし、例えば、「最大多数の最大幸福」というような概念が功利主義でありますが、こういうのは、2に近いかも知れません。

思想的には、「中庸」ということが、西欧でも東洋でも言われます。性能が高ければ高いほど良いという訳ではないということです。

しかし、そういうことを言っていても、答えになりませんので、とりあえず、私見として、次のようなものが考えられます。

>1 どうしても必要な機能(MUST)

「必須条件・必須与件・必須機能」か、または意味が少し弱いですが、「必要条件・必要与件・必要機能」が対応するように思えます。

>2 高ければ高いほどよい機能(WANT)

これは難しいのですが、「理想条件・理想与件・理想機能」が対応すると思えます。システムによっては、小さければ小さいほど良いものもあります。例えば、胃カメラなどは小さい方がいいです。

或るシステムで、その「目的」にとって、もっとも適っている、または理想的な規模や効率が、2の条件だと思います。「最適条件・最適与件・最適機能」でも良いとも思いますが、これは、他のシステムとの関係も含めているように思えます。

住宅の体積(広さ)が大きければ大きいほど良いというのは、個人のエゴではそうかも知れませんが、社会全体を考えれば、「最適条件」とは言えません。

「理想」も、社会全体まで考えると、難しいですが、システム単独だと、そのシステムの目的を、もっとも「理想的」に実現できる条件で、理想の上限は、限りがないとも言えます。「最適条件」等も、使えないことではないと思います。

「必要条件」に対しては、「十分条件」というのが、論理学でありますが、「十分」というのは、ある所で、満足できるという意味が含まれます。限りない性能の向上は、やはり「理想」でしょう。
 

 
哲学の問題ではないような気もするのですが、しかし、例えば、「最大多数の最大幸福」というような概念が功利主義でありますが、こういうのは、2に近いかも知れません。

思想的には、「中庸」ということが、西欧でも東洋でも言われます。性能が高ければ高いほど良いという訳ではないということです。

しかし、そういうことを言っていても、答えになりませんので、とりあえず、私見として、次のようなものが考えられます。

>1 どうしても必要な機能(MUST)

「必須条件・必須与件・必須機能」...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報