特許事務所に勤務しています。
所内での人数調整の関係から、
学生時代の専攻とは違う技術分野を担当しています。
弁理士資格を取ることができたのですが、
資格取得後も、取得前と変わらず、出願業務が主です。

訴訟や海外事件も扱ってみたく、転職を考えています。
気になっているのは、40歳という年齢と、英語力不足です。

そこで、アメリカの大学で、英語とITを勉強する目的で、
1年ほど留学をしてみたいと思うようになりました。

今から米国の大学を卒業するのは、
お金も体力も大変だと思うのですが、
米国の大学で、ITなど、単科の単位だけでも取得できると聞きました。
3か月ほど語学学校に入った後、単位取得の目的で、
米国に留学できないかと考えています。

そこで、質問は、
このような留学は、可能でしょうか。
また、このような留学経験は、知財の分野で仕事をする上で、強みになると言えるでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

英語力不足で1年程度留学しても、やっとコミュニケーションがとれる程度の英語力を身につけた時期に帰国することになることが多いかと思います。


英語とITの勉強は、日本で働きながらでもできることと思います。留学は、お金さえ投じれば可能でしょう。
「強み」とは他人との比較における概念ですが、実際、米国弁護士と対等に判例の議論などができる程度の英語力を身につけた上で、米国の特許法律事務所に短期雇用してもらいながら、米国Patent Agentの資格取得をして帰国されているような方もいらっしゃいます。
また、一口に「英語力」といっても、英語での知財に関するコミュニケーション力と、特許明細書の和英翻訳のための英語力はまた違ったものです。明確な目的意識をもって自己研鑽していくことが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、ありがとうございました。
少し飛躍していたように思います。
明確な目的意識を持って自己研鑽。
ありがとうございました。よくわかりました。
気持ちを新たに、落ち着いて自己研鑽していきたいと思います。

お礼日時:2011/03/21 12:00

訴訟や海外事件も扱ってみたく、転職を考えています。


そこで、アメリカの大学で、英語とITを勉強する目的で、
1年ほど留学をしてみたいと思うようになりました。

とのことですが、留学してアメリカの大学で英語とITを勉強すれば
訴訟や海外事件を扱えるようになるのですか?論理的なつながりはあるのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御指摘のように、少し飛躍していたように思います。
御指摘、ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/21 12:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁理士試験について

知的財産業務に従事して数年がたちます。
最初は弁理士試験を目指していましたが周りからの批判(実務から乖離しているから役に立たない等)があり勉強する気がうせて数年そのままの状態でした。何より実務におわれてそれどころではないという面もありましたが。

しかし、数年経過して新規出願のプロセス、中間処理、各種審判の応答業務に慣れてからは
また初心にたちかえり弁理士試験を目指すべきではという風に思うようになりました。
実務から乖離しているから役に立たないなんてのはあくまでも社内での考え方で
このご時世一生雇用してくれるとは限らず放り出されれば何を条件として提示されるかもわからないからというのが自分なりの考えです。技術寄りではない法律家として知財担当を重宝する会社も多いと思いますし(これに対して意見があったらお願いします。周囲からはいまだに時間の無駄なんていわれてます。。)

ここで、実務を通して基礎知識の整理はある程度できていると思っております。
従ってまずは論文の勉強から始めようと(既に始めておりますが)思っておりLECの教材を購入しました。

短答からはじめなかった理由として論文は弁理士としての素養を高める以外にやはり文章能力を向上させるためにも必要と思ったからです。あとやはり短答では例外を問うことが多いと思うのでまずは木曽を押さえたほうがよいかと思いました。

ここで、まず第一に立ちはだかった壁が下記の3点でしてご意見いただけないかと思っております。

(1)弁理士勉強は誰のどんな著書を押さえておく必要があるか?審査基準程度で十分かどうか。

(2)常識は別として、判例は抑えておく必要があるか?その場合どの程度か。
(新規性や進歩性を問題とする判例を勉強するとき技術的にはをどこまで焦点を当てているか等)
まずは試験合格という目標では際限なく勉強するには非効率だと思います。
何からあたって行くべきかというのも漠然と疑問に思っておりますので助言いただければと思います。

(3)最後に一番不思議なのは弁理士試験での当然と思われるような定義をかかせる点についてです。LECの教材では下記のような定義づけをしております。
「従業者等」・・・労働の対価として、使用者などから報酬を受け取る関係にあるもの
「業務範囲」・・・客観的に業務遂行と技術的に関連性のある範囲
「特許を受ける権利」・・・国家に対し特許権の付与を請求しうる権利

条文や審査基準をみても定義としての記載はないので、この定義はどのように決めたのかという点で非常にわだかまりがあります。判例より導かれた定義なのか?
特許法の権威といわれているような学者の定義なのか、はたまたLECが決めたのか?辞書からの引用なのか。

特に上2つなんかは一見当たり前そうに見えるので定義として覚える価値があるのかすら疑問で
私の性格上これが解決しないと前に進みそうにありません。

追伸, 毎回お世話になっているSkiplawさんからのご解答がほしいななんて個人的に思ってます(笑)

以上弁理士の試験に関する勉強でご意見いただければうれしいです。

知的財産業務に従事して数年がたちます。
最初は弁理士試験を目指していましたが周りからの批判(実務から乖離しているから役に立たない等)があり勉強する気がうせて数年そのままの状態でした。何より実務におわれてそれどころではないという面もありましたが。

しかし、数年経過して新規出願のプロセス、中間処理、各種審判の応答業務に慣れてからは
また初心にたちかえり弁理士試験を目指すべきではという風に思うようになりました。
実務から乖離しているから役に立たないなんてのはあくまでも社内での考え方で...続きを読む

Aベストアンサー

最近の事情は、知りませんので、自分が受験生だった2003年頃の事情が前提ですが、

(1)基本書と言われるものはたくさんありますが、最初は、一切、読まずに、予備校のテキストのみを使って勉強するのがいいと思います。学者の本は、弁理士試験向けではないので、試験勉強という点では非常に無駄が多いですし、勉強がかなり進んだ段階でないと、その価値は分からないとおもいます。予備校で基本書リストが配られると思いますので、予備校テキストで内容を十分に理解・記憶した後に片っ端から読むといいと思います。

(2)最高裁と大合議のみでいいと思います。知財高裁の判決ですら大合議以外は、判例とはいえず、裁判官毎に変わるからです。

(3)青本・判例・基本書で色々だと思います。昔は、特許→吉藤、意匠→高田、商標→網野と言われていましたので、その時代の名残で、それらの基本書からの引用が多いと思います。特許を受ける権利の定義は、青本の記載です。

私のお勧めの勉強は、条文の番号と表題を最初に全て暗記することです。私が受験生だったころは、
全ての条文について、条文の番号と表題の関係を答えられるようにトレーニングしました。
例えば、「153条は?」と聞かれたら「職権審理」とすぐに答え、「職権審理は?」と聞かれたら「153条」と答えることができました。

これが終われば、次に、勉強している事柄が何条に関連しているのかを意識して勉強し、知識と条文を常に関連付けました。重要な条文については、何項かまでいうことができました。

暗記する事項は膨大ですが、最初に頭の中にしっかりとした目次を作れば、体系的に理解することが簡単になります。

職務発明の解説を読むときは、35条の条文を頭に思い浮かべながら、条文の文言に知識を載せるように意識します。後日、その条文を見た時に、その解説の内容を思い出しながら条文を読みます。
この勉強を続けると、35条の条文を見ただけで、それに関連する制定趣旨、各用語の定義、判例などが浮かんで来るようになります。

最近の事情は、知りませんので、自分が受験生だった2003年頃の事情が前提ですが、

(1)基本書と言われるものはたくさんありますが、最初は、一切、読まずに、予備校のテキストのみを使って勉強するのがいいと思います。学者の本は、弁理士試験向けではないので、試験勉強という点では非常に無駄が多いですし、勉強がかなり進んだ段階でないと、その価値は分からないとおもいます。予備校で基本書リストが配られると思いますので、予備校テキストで内容を十分に理解・記憶した後に片っ端から読むといいと思いま...続きを読む

Qボードゲームの知財権について

新しいボードゲームを考案したのですが、どのような知財権を取得できるのか教えて下さい。
このゲームは、ボード・コマ共にデザイン的に特徴は無く、ルール以外に特筆すべきものは何も有りません。
また、私はプログラミング出来ません。
以上のことから、著作権は当然として、あとは商標くらいしか取れないのではないかと思っていますがどうなのでしょうか?
また、オセロやウノ、アルゴ(学研)がどのような知財権を取得しているのかもお教え頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

> このゲームは、ボード・コマ共にデザイン的に特徴は無
く、ルール以外に特筆すべきものは何も有りません。

ということになりますと、独創的、創作的なものはルール
だけということになりますね。ところで、ゲームのルール
などの単なる取り決めは「自然法則を利用した技術的思想
であるもの」という特許要件になりませんのでこれだけで
は特許権の取得は難しいと思います。また、小発明を保護
する実用新案はルールなどの観念的なものを対象としてお
りませんのでこれもダメです。

>また、オセロやウノ、アルゴ(学研)がどのような知財権
を取得しているのかもお教え頂ければ嬉しいです。

 オセロゲームも特許化されませんでしたので、多くの模
倣商品が出回りました。
しかし、模倣された商品に入っているゲームルールの説明
書が、オリジナルのオセロゲームに書かれているオセロゲ
ームの説明書と内容的に同一であり、「オセロゲームを無断で表現した」ということで著作権侵害ということになり
ました。模倣者も商品を売るためにはゲームルールを表示
しなければならないので、著作権によって実質的に作者の
権利が守られたということです。
 ウノ、アルゴはよくわかりません。 しかし、一見する
とこれらのルールそのものはやはり特許などでは保護され
ないと思います。しかし、ゲームに用いるカード、アイテ
ム類がオリジナリティーが高いデザインであれば意匠で保
護されうる対象になるかと思います。


>あとは商標くらいしか取れないのではないかと思っていますがどうなのでしょうか?
 商標は取れますがアイデアまでを保護するものでないで
すから、例えば全く異なった名称で発売された場合は相手
に権利行使はできないと思います。

 ということで、著作権以外の権利化をしたいと言うこと
であればルール以外のところでなんらかの工夫をする必要
があります。ちなみにゲームのコマに技術的な特徴を持つ
ボードゲームで実用新案登録されたものはあります。





 

> このゲームは、ボード・コマ共にデザイン的に特徴は無
く、ルール以外に特筆すべきものは何も有りません。

ということになりますと、独創的、創作的なものはルール
だけということになりますね。ところで、ゲームのルール
などの単なる取り決めは「自然法則を利用した技術的思想
であるもの」という特許要件になりませんのでこれだけで
は特許権の取得は難しいと思います。また、小発明を保護
する実用新案はルールなどの観念的なものを対象としてお
りませんのでこれもダメです。

>また、オセロ...続きを読む

Q今年の弁理士短答試験について

今週末の弁理士短答試験の結果発表はいつなのでしょうか?
調べたけど、10日後くらいの発表ということしかわかりませんでした。
お願いします。

Aベストアンサー

6/7合格発表です。
ちなみに、去年と同じなら、23日くらいに特許庁HPに問題と解答が掲載されますよ。

参考URL:http://www.deux.jpo.go.jp/cgi/search.cgi?query=%95%D9%97%9D%8Em%8E%8E%8C%B1&lang=jp&root=short

Q弁理士って論文を読んだりするのでしょうか?

日々先端技術について詳しく知っておかなくちゃいけない仕事なので
論文などを読んで知識を増やしてるのでしょうか?
(聞くところによると論文とかは最先端のとこが書かれており、読む弁理士もいるそうなのですが、本当なのかがわかりません)

また、雑誌とかで知識を得たりしないのですか?

Aベストアンサー

各案件は最先端の技術(発明のはず)なので、それを完全に理解すべく学術論文を読むということはまず不可能です。(そんな能力があれば、自分で理研なみの研究開発所を運営できてしまいます)

あくまでも、先行文献に書かれている技術と出願明細書に書かれている技術の違いを理解して、特許性(新規性・進歩性)を判断できる程度の知識があれば十分という立場です。打ち合わせも、そのような文面・文言的な判断の比重が重くなります。

これは、審査官においても同じで、公知文献と何が違うのかわからない、という点を審査官がわかる程度に明確にしておかないと、せっかくの発明も進歩性が明示されていないことで特許を受け損なうことにつながります。

逆にいえば、弁理士や特許事務所はそのような特許性を判断すべく、知的財産に関する法律については勉強を欠かしませんし、法解釈や最新の判例についての論文が載っている専門誌(特許研究、とっきょ、パテント、知財管理など)は読んでいるべきでしょう。

Q弁理士で年収2000万とか稼ぐことって可能なんでしょうか?

がんばったらそれぐらいいけるのでしょうか?

弁理士は最近平均年収が下がってるといわれてるので正直心配です

もちろん人並み以上にがんばって海外にも目を向けてがんばりたいとは思ってるのですが・・・

また、それぐらいがんばれば、もう一桁上とかどんどん狙っていける仕事なんでしょうか?

コンサルとかの業界だと若くしてこのようなことが可能ですが
弁理士はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

おそらく
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4833418711/
をお読みなられて、
>コンサルとかの業界だと若くしてこのようなことが可能ですが
と思いますが、
http://stepup.yahoo.co.jp/school/ranking/ranking_13.html
によると、
 第一位 弁護士 851万円
 第二位 税理士 831万円
 第三位 弁理士 800万円
だそうです。実務未経験で弁理士試験合格なら
一年目は400万円前後でしょう。400万の2倍が
800万ですから、800万の2.5倍の2000万は
射程圏内ではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報