ネフローゼ症候群の診断基準の必須項目に「蛋白尿3.5g/day以上、低蛋白血症のTPが6g/dl以下とalb3.0g/dl以下」ってあるけど、この数値ってどうやって決めたのでしょうか?
例えば、この数値を超えると血栓症や易感染性などの合併症が起こるリスクが高くなるとか、何かしらの統計の結果決めたことなのでしょうか?

どなたか、ご存知でしたら教えてもらえませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ダイレクトな回答ではありませんが、Googleで「難治性ネフローゼ症候群 診療指針」で検索すると、


「難治性ネフローゼ症候群(成人例)の診療指針」というPDFファイルがHitしますが、その中で以下の報告書が引用されてます。
・上田泰.総括研究報告.厚生省特定疾患ネフローゼ症候群調査研究班昭和48年度研究業績,1974:7-9.
この報告書が診断基準の根拠になっているようですが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/09/30 22:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング