baroque(バロック)時代の音楽(オペラ)と日本の歌舞伎との似ているところや違いって何だと思いますか?このことについてエッセイをかかなくてはいけないんですけど、勉強したとはいえ、いまいちよくわからなくて困っています。知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



似ているところは、基本的に「歌・踊り・芝居」の3要素がそろった総合舞台芸術ということでしょうか。

違いは、歌舞伎は一人一人の役者が上記の3要素をすべてこなしますが、オペラの場合は少なくとも踊りに関しては分業だということです。
特にバロックオペラの時代は、今以上に美声至上主義で、踊れなくてもよかったのです。
ただ実は、バロックオペラに舞踊があったかどうかはちょっと自信がありません(今まで書いてきたことと矛盾してしまいますね、すみません)。

成り立ちや観客層に関しては、バロックオペラは貴族や文化人であり、歌舞伎は一般大衆であるという事です。

演目に取り上げる題材も違いますが(バロックオペラはギリシャ悲劇)、歌舞伎は種類が多いので、下記のサイトを参考になさってみてください(バロックオペラに関する記載のあるサイトも挙げておきます)。
    • good
    • 0

考えたことも無いのですが、少しでもお役に立てれば


最初にバロックオペラの定義ですがモンテヴェルディ
からヘンデルあたりまで、ということでいいですか?
(1)成立年代がほとんど一緒。オペラは1600年ペーリ、歌舞伎は出雲の阿国の1603年何れも前時代の
文化を基に花開いた芸能であること。
(2)男性が女性を演じることが多い。BOはカストラート、歌舞伎は女形。

・・すいません、また思いついたら・・。因みに僕は
オペラファンで歌舞伎のことはよく知りません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qbaroque opera(バロックオペラ) と Japanese Kabuki theater(歌舞伎)について

baroque(バロック)時代の音楽(オペラ)と日本の歌舞伎との似ているところや違いって何だと思いますか?このことについてエッセイをかかなくてはいけないんですけど、勉強したとはいえ、いまいちよくわからなくて困っています。知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

似ているところは、基本的に「歌・踊り・芝居」の3要素がそろった総合舞台芸術ということでしょうか。

違いは、歌舞伎は一人一人の役者が上記の3要素をすべてこなしますが、オペラの場合は少なくとも踊りに関しては分業だということです。
特にバロックオペラの時代は、今以上に美声至上主義で、踊れなくてもよかったのです。
ただ実は、バロックオペラに舞踊があったかどうかはちょっと自信がありません(今まで書いてきたことと矛盾してしまいますね、すみません)。

成り立ちや観客層に関しては、バロックオペラは貴族や文化人であり、歌舞伎は一般大衆であるという事です。

演目に取り上げる題材も違いますが(バロックオペラはギリシャ悲劇)、歌舞伎は種類が多いので、下記のサイトを参考になさってみてください(バロックオペラに関する記載のあるサイトも挙げておきます)。

Q歌舞伎鑑賞のオペラグラスなど

歌舞伎を初めて見に行こうと思います。
ここで検索もしてみたのですが、いろいろ細かいことを教えていただきたくて質問しました。

イヤホンガイドは借りてみようと思っているのですが、オペラグラスを買って持っていくか借りようか迷っています。
1.どれくらいの倍率がいいのでしょうか?あまり倍率がいいものは値がはるので、ちょっと厳しくて^^;
借りるオペラグラスは、けっこうよく見えるのでしょうか?
2.席を、1等席か2等席にするか迷っています。
大阪の松竹座は客席が1000くらいだったのですが、そうなると2階席でもわりと見えるのでしょうか?
1等席で見たいのはもちろんなのですが、そんなにかわらないようなら(かわるとは思いますが)遠方なので交通費もかかるし、お金をためてまた次回1等席で見てみようかなと思っています。
どれかでもいいので、お教えいただければうれしいです。
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

 観劇の際は高倍率の双眼鏡よりもオペラグラスの方が適していると言われていますが
オペラグラスって3倍か4倍くらいのものですよ。
そんなに大きく見えるわけではありません。
そのかわり視野が広くなるといっても、
オペラをのぞいている限り視野の外で何か行われても何にも見えませんからね。
たとえば役者の顔が見たい!というんでしたら、オペラじゃなくて双眼鏡の方がいいと思いますし。
個人的にオペラグラスを使う意義がよくわかりません。
双眼鏡だって、3~4000円で売られていることもありますよ。
何回も観劇するつもりがあるのでしたら(それも安いお席で)
思い切って購入した方が絶対賢いと思います。

 私は遠方から観に行くので絶対一等席じゃないと観ませんが
座席表を見る限り、二等席は二階の後方になるんだと思います。
二階の後ろになると、花道でのお芝居が見えなくなりますよ。
7月公演だったら、「鳴神」で最後の引っ込みが見えなくて残念に思うんじゃないでしょうか。
一等席といっても範囲が広いので、やっぱり遠かったり見えにくい座席というのも出てきます。
一等席をとるにしても、初心者がいい席を取るのは無理だと思いますので
一等席と二等席と見比べてみて、あんまりいい場所の一等席が取れないようでしたら
今回は節約して二等席での観劇にしてみたらいかがでしょうか。
7月公演だと想定してチェックしてみたんですが
たとえば二等席だと二等の最前列のチケットで、一等席だと14列目の端の方でした。
こういう場合なら、私なら迷わず二等にしますね。
でも、平日公演だと余裕で取れるんですが
土日になると昼の部は一等席しかなくなっていたりしています。
確かに松竹座はこじんまりとしていて舞台とも近い劇場なんですが
そのため一等席の範囲が広く取られていて
二等、三等は座席数が少ないので売り切れるのも早いです。
頭だけで考えずに、実際にチェックしてから悩んでもいいんじゃないですか。

 観劇の際は高倍率の双眼鏡よりもオペラグラスの方が適していると言われていますが
オペラグラスって3倍か4倍くらいのものですよ。
そんなに大きく見えるわけではありません。
そのかわり視野が広くなるといっても、
オペラをのぞいている限り視野の外で何か行われても何にも見えませんからね。
たとえば役者の顔が見たい!というんでしたら、オペラじゃなくて双眼鏡の方がいいと思いますし。
個人的にオペラグラスを使う意義がよくわかりません。
双眼鏡だって、3~4000円で売られていることもあります...続きを読む

Qバロック時代とクラシカル時代に活躍した5人の作曲家について

Handel,Bach,Vivaldi,Mozart,Haydnの5人の作曲家について調べています。なんでもいいのでこの時代中に活躍した事やプロフィールなど教えてください。できましたらバロック(Baroque)時代とクラシカル(Classical)時代の違いも教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

 ご質問からはどんなことが必要なのかよく分からないけど、何か書くとほかの人からも反応があるでしょうから、見当違いかもしれないけど雑談を…。
 とにかく歳の順に並べなおしてみましょう。ヴィヴァルディ、バッハ、ヘンデル(2人は同い年で、ヘンデルのほうが誕生日は早いですが、ヘンデルのほうが長生きしたのでこの順番にしておきます)、ハイドン、モーツァルト。バロック時代を1750年までとするのは、バッハの死んだ年を目安としています。ヘンデルもバロックの作曲家ですが、1750年以降は、「生き残り組」になっちゃったわけですかね。
 それはさておき、前の3人がバロック、後の2人がクラシックということになっています。ハイドンとモーツァルトは同じ時代をウィーンで生きていますが、あとの人たちは活躍した年代、土地、ジャンルが違うので互いに一面識もありません。でも、バッハはヴィヴァルディのスタイルに大きな影響を受けていますし、モーツァルトはバッハの息子のひとりヨハン・クリスチャン・バッハから多大な影響を受けています。バッハとヘンデルの興味ある共通点については、www.tcat.ne.jp/~eden/MM/B&HEye2.htm をご覧ください。
バロックとクラシックの様式的な違いは、前者が通奏低音の時代、後者が機能和声の時代ということですごく大雑把な区別ができます。違いを見るのも面白いかと思いますが、バロックからクラシックへの変遷をゼン古典派の作曲家たちを調べてみていくのも面白いかと思います。これについてはホームページとしては、homepage2.nifty.com/pietro/storia/preclassico.html くらいしか見つかりませんでした。むしろ西洋音楽史の本をしっかり読んで、関連のCDを聞いたほうがいいでしょうね。

 ご質問からはどんなことが必要なのかよく分からないけど、何か書くとほかの人からも反応があるでしょうから、見当違いかもしれないけど雑談を…。
 とにかく歳の順に並べなおしてみましょう。ヴィヴァルディ、バッハ、ヘンデル(2人は同い年で、ヘンデルのほうが誕生日は早いですが、ヘンデルのほうが長生きしたのでこの順番にしておきます)、ハイドン、モーツァルト。バロック時代を1750年までとするのは、バッハの死んだ年を目安としています。ヘンデルもバロックの作曲家ですが、1750年以降は、「...続きを読む

Qお礼必返! テレビドラマ・映画にも出演する歌舞伎役者と歌舞伎しか出演しない歌舞伎役者の違いは?

お世話になります。
歌舞伎役者の中には歌舞伎以外のテレビドラマ、現代劇舞台、西洋劇舞台、映画などにも出演する歌舞伎役者と歌舞伎にしか出演しない歌舞伎役者がいるように思います。
前者は松本幸四郎さん(出演作:HEROなど)、片岡孝太郎さん(出演作:白い巨塔など)、中村獅童さん(出演作:男たちの大和など)、中村橋之助さん(出演作:忠臣蔵など)後者はそれ以外の歌舞伎役者さんです。

歌舞伎以外でも活動する歌舞伎役者とそうでない歌舞伎役者の違いはなんでしょうか?

私の仮説
1 歌舞伎界の本来のしきたりでは、歌舞伎以外には出てはいけないにも関わらず、時代の流れによって新しい考え方の人たちは前例を破ってテレビ・映画に出ている。古い考えの人たちは苦々しく思っている。
2 歌舞伎役者は本来の歌舞伎の舞台さえまじめに勤めれば、それ以外はどのような芸能活動をしてもよい。有能な歌舞伎役者はテレビ・映画からもお声が掛かるし、出ない人は本来の歌舞伎芸が未熟か、または歌舞伎一筋でそれ以外の活動をしようと思っていないだけ。
3 所属する流派や生まれた家系によって「歌舞伎以外にも積極的に活動する家系・流派」「TV・映画からお声が掛かれば断る理由もないが、そうでなければ原則として歌舞伎に専念する家系・流派」「先祖代々の言い伝えで歌舞伎以外の芸能活動を絶対にしてはならない家系・流派」というように分かれている。
4 実は松竹が全てを取り仕切っており、松竹の指示でTV・映画に出たり出なかったりする。全ては松竹の意向であり、歌舞伎役者個人には仕事を選別する自由はない。
5 誰も知らない梨園の謎。知った者には命がないため、これに関する質問はタブーとされている。
6 それ以外。

頂いた回答には24時間以内に必ずお礼コメントをお返しします。
よろしくお願いします。

お世話になります。
歌舞伎役者の中には歌舞伎以外のテレビドラマ、現代劇舞台、西洋劇舞台、映画などにも出演する歌舞伎役者と歌舞伎にしか出演しない歌舞伎役者がいるように思います。
前者は松本幸四郎さん(出演作:HEROなど)、片岡孝太郎さん(出演作:白い巨塔など)、中村獅童さん(出演作:男たちの大和など)、中村橋之助さん(出演作:忠臣蔵など)後者はそれ以外の歌舞伎役者さんです。

歌舞伎以外でも活動する歌舞伎役者とそうでない歌舞伎役者の違いはなんでしょうか?

私の仮説
1 ...続きを読む

Aベストアンサー

2,有能な歌舞伎役者はテレビ・映画からもお声が掛かるし、出ない人は本来の歌舞伎芸が未熟か、または歌舞伎一筋でそれ以外の活動をしようと思っていないだけ。
 が近いように思います。
明治時代以降に西洋から演劇が入ってきた時 積極的に歌舞伎俳優さんが出られたようです。(あまり詳しくはしりませんが)
 松本幸四郎さんは20代の若い頃から ミュージカル・ラマンチャの男に出演されていますし 映画・テレビ(NHK大河ドラマ主演)に出演されています。尾上菊五郎さんは三之助時代にNHK大河ドラマ「義経」に主演されて そのときの共演者で映画女優の藤純子さんと結婚しました。坂田藤十郎さんも若い頃(扇雀時代)はよく映画などに出られていました。NHKの大河ドラマには歌舞伎俳優さんはよく出演されました。他には市川海老蔵さん(武蔵)尾上菊之助さん 中村橋之助さん(信玄)中村勘三郎さん 市川亀治郎さん(昨年の信玄)など。 現在の主演クラスの方でテレビ、映画、舞台に出演されていない方を探すほうが難しいのではないでしょうか。

Qインディーズバンド、バロックのボーカルの人の名前は何?

baroqueのボーカルの方の名前は「怜」さんですけど、なんて読むんでしょう?

Aベストアンサー

『りょう』ではないでしょうか?

http://www2.starcat.ne.jp/~Halcyon/BAROQUE.html

参考URL:http://www2.starcat.ne.jp/~Halcyon/BAROQUE.html

Q現在、歌舞伎や能に親しんでいらっしゃいますか?

私は、現在伝統芸能について興味があります。
でもまわりには誰一人といってよいほど、興味がある人がいません。
特に京都に住んでいると、買い物のメッカ四条に”南座”があり、簡単に親しむことができます。

そこで質問なんですが、


現在歌舞伎や能に親しんでいらっしゃる方、どのようなことがきっかけで興味をもたれましたか?

また歌舞伎や能が趣味の若い仲間をおもちですか?

その他歌舞伎や能の魅力など、教えてください。

ちなみに私は、能の超ー初心者です。

Aベストアンサー

 今を去ること十数年前、大学で能のサークルにいました(仕舞と謡の実践と研究)。
それまでまったく興味のなかった世界でしたが、きっかけはというと、まず「そのサークルが活発で能楽以外の活動も楽しそうだった」から入部し、「やってみたら結構面白かった」ので居ついてしまい、「翌年には1年生にえらそうなことを言っていた」という感じです (^_^;)

【能に魅かれた点】
1.日本人として伝統的な芸能に興味があった。
 (落語・歌舞伎・三味線・笛・太鼓etc.)
2.どうせやるなら「俺は大学で4年もやった。結構いいところまで行った。」などと言ったら恥ずかしくて穴を掘って飛び込みたくなるくらい「深いもの」をやりたかった。
3.「大学時代、何やってた?」「能楽」「え!?」という会話を楽しむため(爆)
4.凝縮された表現力に魅かれた。
 例)演技というものを考えた時、「派手な感情表現」より「抑えた表情や仕草」で感情を伝えて共感させられる方が難しく、これができる人が「名優」 → 劇的夢幻能においては能面をつけるので仕草のみで表現する。先人が練り上げた「最小の動き:所作」と地謡で時空を超えた世界を表現する。といった点でも「(演者の力量はもちろん問われるが)非常に優れた演劇」といえる。(温故知新とも言える)
(シテがたった一歩踏み出しただけで、とんでもなく離れた場所・時間に場面転換してしまう・・・)
5.先輩の仕舞を見て「大した事ない、これくらいなら俺にも・・・」と思って舞ってみたが、われながらカッコ悪かった。稽古を重ねて仕舞の「見せ場」っぽいところではなんとかサマになってきたと自信を持った頃、先輩に「プロの能楽師が演じている時は、いつ写真をとっても決まっている」と言われまたもや反省。奥が深い。そこまで行くのにあと何十年かかるのか、と思いつつやりがいを感じた。

おまけ
【そのサークルに魅かれた点】
1.勧誘していた先輩が美人だった。
2.学生同士の独学(自己満足)ではなくきちんとしたプロの先生について習えた。
3.少ないながらもOBでプロになった人がいるくらい「まじめに」取り組んでいた。(遊ぶときもけじめをつけて思いっきり遊ぶサークルだった)

 以上経験談ですあ、参考になりました?

 今を去ること十数年前、大学で能のサークルにいました(仕舞と謡の実践と研究)。
それまでまったく興味のなかった世界でしたが、きっかけはというと、まず「そのサークルが活発で能楽以外の活動も楽しそうだった」から入部し、「やってみたら結構面白かった」ので居ついてしまい、「翌年には1年生にえらそうなことを言っていた」という感じです (^_^;)

【能に魅かれた点】
1.日本人として伝統的な芸能に興味があった。
 (落語・歌舞伎・三味線・笛・太鼓etc.)
2.どうせやるなら「俺は大学で4...続きを読む

Q古典主義→バロック→マニエリスム(反発?)

古典主義→バロック→マニエリスム

この流れで、特にバロックからマニエリスムへの移行は反発がおもな契機だったのでしょうか?

古典主義をゆがめてやれ→バロックの動機
それでは、バロックからマニエリスムへの移行で、前者への反発が後者にあったとしたら、それはどういう意図の反発だったのでしょうか?

Aベストアンサー

古典(ルネサンス)→マニエリスム→バロックですね。
音楽史ではバロック→古典→ロマン派→印象派となりますから、ややこしいですね。

マニエリスムはいわゆるマンネリズム、マンネリ。手はこのようにかくべし、顔はこのように描くべしとマニュアル通りに描かれた絵画です。ミケランジェロにもすでにマニエリスム的手法が認められるとする学者もいます。華美なバロックはその後に反動的に生まれたものです。

マニエリスムは美術史的には低い価値評価を受けていましたが、シュールレアリスト達が再評価をしています。シュールレアリズムは現実主義(レアリズム)を超えたところに価値を見いだす運動です。見た目の美しさよりもより深い心の深層を揺さぶる芸術活動です。

絵画の美的側面のみを注目する中ではマニエリスムは価値が見いだされませんでした。しかし、そこでは、ルネサンスの芸術の中にも存在した「象徴」が、より強い意味を持っています。マニエリスム芸術には心の奥底に潜むものを暴く機能が潜んでいるわけです。なので、fine artの領域を逸脱していると言えるのかもしれませんが。

くわしくは、グスタフ・ルネ・ホッケの著書や、それを日本に紹介した種村季弘の著書等参考になさってください。

古典(ルネサンス)→マニエリスム→バロックですね。
音楽史ではバロック→古典→ロマン派→印象派となりますから、ややこしいですね。

マニエリスムはいわゆるマンネリズム、マンネリ。手はこのようにかくべし、顔はこのように描くべしとマニュアル通りに描かれた絵画です。ミケランジェロにもすでにマニエリスム的手法が認められるとする学者もいます。華美なバロックはその後に反動的に生まれたものです。

マニエリスムは美術史的には低い価値評価を受けていましたが、シュールレアリスト達が再評価をしてい...続きを読む

Qオペラ座の怪人の中でのオペラの演目

 ミュージカルオペラ座の怪人の劇中で、オペラをやりますが
ハンニバル、ドン・ファンは分かるのですが…真ん中でやる、奥方が愛人をメイドに変装させる
古典的なのが分かりません…完全にオリジナルなのでしょうか?それとも元ネタあるのでしょうか?
気になって、しょうがありません。
 あと、ドン・ファンですが作品中でファントムが入れ替わる重要なシーン。あれはドン・ファンの
内容に実際にあるようですが・・・ドン・ファンの話の内容(特に入れ替わるシーンの理由等)
が分かる、出来たら映画なんかがあればいいのですが、
元ネタも分かれば面白さ倍増そうですし・・・
ご存知の方、宜しくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

■愛人をメイドに変装させるオペラ
 舞台の上では「イルムート」という作品名になっていますが、元ネタはリヒャルト・シュトラウスのオペラ「ばらの騎士」です。
 元ネタ風に解釈すると、カルロッタは元帥婦人の役で、クリスティーヌが演じている女装したメイド(?)がオクタヴィアン・ロフラーノ伯爵、元帥婦人の愛人です。女装した彼は「小間使いのオクタヴィアン」と呼ばれます。

■ファントムが入れ替わるシーン
 自信ありませんが、第2幕でドン・ジョヴァンニが従者のレポレロと入れ替わって、エルヴィーラ(ドン・ジョヴァンニの昔の愛人)の女中にちょっかい出そうとしているあたりだと思います。「窓辺にいでよ」のアリアのあたりでしょうか・・・ホント自信ありませんが。
 映画はフランス映画「ドン・ジョヴァンニ」がありますが、ビデオ化されているかが不明です。

Qバロック時代の人間観について教えてください

バロック絵画に、バロック時代の人間観が反映しているのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 論旨を簡単にするために、バロックとそれまでの古典主義を対立させて見ていくことにします。「人間観」ということですが、古典主義の哲学と言えるのがスピノザやデカルトの体系であり、それは「神と人間の存在の確信」に支持を与える、直線的な思想であると言えるでしょう。
 対して、バロックはアーノルド・ハウザー『芸術と文化の社会史』によるとコペルニクスの宇宙論が勝利を占めた後にヨーロッパ美術に出現したとしています。宇宙の無限性という畏怖すべき観念が、神と神によって創られた人間の存在の基盤を揺るがしたのです。バロックの曲線(楕円や渦巻きや螺旋)は円環へと収束します。円環には始まりも無ければ終わりもありません。パスカルは彼の思想において「無限なる空間の永遠の沈黙」を前にして不安を覚えました。バロック美術は洞窟、迷宮、唐草模様などの付属物によって過剰ともいえる装飾を与えられています。そのような曲線は、時代的観念の象徴であるとともに、不安を慰撫する休息をもたらす意味を持っています。ガストン・バシュラール『空間の詩学』では人間は貝殻のなかに最大の休息を見出す、と述べています。また、貝殻を形作る渦巻きや螺旋は女陰のシンボルであるとユングは指摘しています。ここまでの記述を整理すると―宇宙論の確立により生み出され増大する不安―その不安を慰撫する円環(渦巻き、螺旋)の形成―生命と存在の再生のための胎内回帰。とまとめられるでしょうか。
 参考までに書いておきますと、バロックとは、もとポルトガル語の<バローコ>でゆがんだ真珠を意味する普通の言葉でした。それが美術用語に転用され風変わりなもの、不均等なものという意味を付与されることになりました。そこには18世紀後半のフランスで古典主義の概念が確立し、そこから逸脱したものがバロックの名で呼ばれたという時代背景があります。
 もし、ちゃんとした(?)美術史の講義等に提出するのが質問の目的でしたら、
あまり参考にならなかったかなぁと思います。ただ、あまりバロックは美術史で割かれない異端児でもある、可哀相な「宝石」であることは確かですね。
                            ご参考までに・・・

 論旨を簡単にするために、バロックとそれまでの古典主義を対立させて見ていくことにします。「人間観」ということですが、古典主義の哲学と言えるのがスピノザやデカルトの体系であり、それは「神と人間の存在の確信」に支持を与える、直線的な思想であると言えるでしょう。
 対して、バロックはアーノルド・ハウザー『芸術と文化の社会史』によるとコペルニクスの宇宙論が勝利を占めた後にヨーロッパ美術に出現したとしています。宇宙の無限性という畏怖すべき観念が、神と神によって創られた人間の存在の基...続きを読む

Q泣ける歌舞伎 笑える歌舞伎 教えてください。

歌舞伎はテレビなどで数える程しか見た事がありませんが、
どうにもスッキリしないというか 消化不良で終わってしまいます。

歌舞伎以外のお芝居では、1つの物語として起承転結があって
その世界に入り込んで感情移入できるのですが
今までに見た歌舞伎では、物語の人気のある1シーンだけが切り取られており
なかなか深く感情移入するまで至りませんでした。

泣ける演目、笑える演目 ありましたら教えてください。
現在公演中のものでなくてもかまいません。

Aベストアンサー

こんばんは

演目ですと難しいですね
ちなみに過去に泣いたことはありません
が、泣きそうになったのは
寺小屋
伽羅先代萩
俊寛
与話情浮名横櫛
ただ、あくまでの役者さんによりますよ


あまり空振りする役者さんだとしらけることありますから

笑うほうですが
基本的に、勘三郎丈、左團次丈 がでていると笑えることが多いです
それと上記に上げた演目でも笑える部分もありますし
歌舞伎って娯楽ですから、笑う部分あり泣かす部分ありなんですけどね

ならば、通し狂言で見るといいかと言うとそうでもないですね
私は割りとそれでダレるタイプです
いいトコ取りが一番面白いとおもうタイプなので
演目が決まって、見に行くと決まる時に(演目決める時でもありますけど)演目がどんな話だったか
検索します、そして見に行くかどうか、役者さんのバランスで最終決断をします(歌舞伎高いですからね、ハズレは出来るだけ避けたいので)

会場に着いたらパンフレット(筋書き)を購入して幕があくまで
読みます、それで幕が開いて楽しめるという方法を取っています

もちろん、半日の公演の中にはあんまり好きでないなと言う演目があるときは
音楽中心で聞く
脇役を楽しむなどで乗り越えています

ご参考までに

こんばんは

演目ですと難しいですね
ちなみに過去に泣いたことはありません
が、泣きそうになったのは
寺小屋
伽羅先代萩
俊寛
与話情浮名横櫛
ただ、あくまでの役者さんによりますよ


あまり空振りする役者さんだとしらけることありますから

笑うほうですが
基本的に、勘三郎丈、左團次丈 がでていると笑えることが多いです
それと上記に上げた演目でも笑える部分もありますし
歌舞伎って娯楽ですから、笑う部分あり泣かす部分ありなんですけどね

ならば、通し狂言で見るといいかと言うと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報