人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

初学なのですが、岡野の化学をはじめからていねいに 理論化学編を終えました。

そこで無機有機に進まずに 鎌田真彰の化学理論化学 へ進んで理論化学を

進めたいと思っているのですが、どうでしょうか? 他の問題集をするべきでしょうか?

A 回答 (1件)

何年でどのレベルまでするのかが問題です。


鎌田化学に行くのも方法ですが、その時間がありますか?

無機化学は1ヶ月で終わっても、有機は最初につまづくと
途中から何を言っているのかわからなくなります。
時間が無ければリードαとかセミナー化学などの問題集を
やった方がいいでしょう。要は点数が取れればいいのです。

国公立の理系が志望ならば化学の新研究は読んでおく必要が
あります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学の参考書

化学の参考書に詳しい方お願いします。化学を基本から勉強したいのですが、苦手です;;.そこで参考書を色々調べましたが、しっくりとくるものがありませんでした。読んでみたのは
・宇宙一わかりやすい〜
・岡野の初歩から〜(
・照井式〜
・鎌田の理論化学
他にチャートや総合的研究や新研究など

宇宙一はわかりやすいが、網羅性にかける
岡野の初歩からは、岡野流の計算が合わなかったし網羅性に欠ける
照井式は詳しいが、わかりやすくはないような…
鎌田の理論化学はシンプルで書いてないことがある

どれもいい参考書なんですが、抜けてるところがあり、独学にはちょっと厳しいです

いい参考書知ってる方お願いします

Aベストアンサー

化学の出発は現象・性質だと思えますので
活字や表・チャートだけでの知識ではなく
写真によるイメージ・色がとても大切な情報であると考えていますので、
「図表」も強くお勧めします。

また、参考書一冊ですべてという願いも理解できますが
学習者のレベルで大きく推薦図書は変わります。

質問者の化学の苦手の原因がどの分野・レベルか
わかりませんが、一般的に参考書はより深い理解を得るためのものだと
思います。

他のかたもおっしゃる通り、まずは克服のためには
分野別の薄い問題集をお勧めします。
一般書店販売はしていませんが
東京書籍のLet's Try Noteをお勧めします。
予備校のライブラリーなどで閲覧してみてください。
そこに突破口が見つかることをお祈りしてやみません。

Q化学の独学に適した参考書を教えてください

タイトルの通りです。
ただ、化学に関しては完全に未履修というわけではなく、化学基礎は一応終えて、化学も無機化学までは履修しています。(有機化学は選択の関係で履修できませんでした)

ですが、化学の教師が無能だったため化学式しか覚えていない状態です。(授業の半分以上を化学式の小テストに費やしていた)

目標レベルとしては電通大に通用するレベルが良いです

Aベストアンサー

電通大を受験すると言うより、電通大の化学の入試問題レベルで良いと言う事でしょうか?
そうであれば、電通大の場合は、標準問題+α程度ですから、「新課程実戦化学重要問題集 化学基礎・化学」で充分なはずです。
対応する参考書としては、網羅系ですが、 「化学の新研究」もしくは、「チャート式新化学 化学基礎+化学」などですね。
良い教科書を持っていて、教科書だけで理解できるならば、重要問題集だけでも良いと思います。

Qなぜ物理は独学が不可能なんですか?

こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、
「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」
との記述があります。

さらにこちら(http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96)のページにも、
「独学はほぼ不可能だと思われる」
と書かれています。

しかしながら受験勉強法研究家として有名な(しかし自分はあまり参考にはしていませんが。)
和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに」という参考書について、
「下手な教師よりよっぽどわかりやすい。今まで物理が独学に不向きと言われていたのはこのような参考書がなかったから。」
というようなコメントをしています。

ということは、参考書で授業と同じような理解ができるのではないでしょうか?

私は恥ずかしながら、落ちこぼれからほぼ独学で旧帝大医学部に行こうと思っています。
高2から物理の授業が学校で始まる予定でしたが、丁度高2から家庭の事情により、高校には通っていませんので、ほぼ独学というわけです。
数学はちっぽけな個人塾に行ってるので、まあ完全独学というわけではないので、他の科目は努力次第で目処がたちそうなのですが、物理は方々で、「独学は無理。国立医学部となるとなおさら無理。」という声が色々なサイトで目に入り、「ああやっぱり(高レベルまで行くとなると)独学なんて無理なのかなぁ。」と落胆と失望を何回か繰り返しています。

(といっても、そんな気持ちからかやるべきことをやる前からそんなこと思ってます。自分ではあまり100%無理なんて思いはないのですが、外部情報から無理だと思わせられている。だから無理なのかなぁと心配になりやる気が出ない。自分に都合良く言わせてもらえばそんな状態でいます。
他の科目は勉強してますが、物理に関しては、「独学は無理」という言葉が頭に浮かび、生物にしたほうがいいかなぁなどと躊躇して勉強する気になれません。ただ生物より物理のが、現代医療はMRIとかあるし、大切なのでなるべく物理を学びたいのです。大学に入ってから苦労しそうだし。
それで実際の所はどうなんだろうと質問いたしました。)


そういうわけで、例として上に挙げたようなサイトで言われる、
「物理は独学は不可能」
という言葉の理由についてお聞きしたいです。

それと、旧帝大医学部レベルまで物理を独学で引き上げるのは、正直なところ無理なのかという点も意見を下さい。因みに自分は理解力はいいほうではありません。文系脳に近いです。
数学は人より時間をかけてできるようになった方だと思います。
時間は1年半ですね。最悪でも1浪(2年半)までで受かりたいです。

もし肯定的な意見をお持ちの方がいたら、勉強を進めていく上でアドバイスもいただけますでしょうか。

ちなみに「旧帝大」と付けるわけは、ある医学部の方が書いた本に、
「臨床か開業なら関係ないが、それと平行して研究、あるいは専門の研究医になるならやはり旧帝大系でないと厳しいというのが実情。」
と書いてあったからです。
医学の研究にも興味があるので、そちらの方に有利な旧帝大医に是非とも受かりたいのです。。

真剣に悩んでいます。
ご高見お願いいたします。

こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、
「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」
との記述があります。

さらにこちら(http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96)のページにも、
「独学はほぼ不可能だと思われる」
と書かれています。

しかしながら受験勉強法研究家として有名な(しかし自分はあまり参考にはしていませんが。)
和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに...続きを読む

Aベストアンサー

数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。

物理の場合は、
「物理とは何を目指しているのか?」
「物理は、どうやって学んでいったらよいのか?」
といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。

物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。

言い換えれば、「自然現象のイメージと数式が結びつく」ということになりましょうか。

これがうまくいかないと、公式を暗記しても、理解できないのだと思います。

そして、この部分に、物理独特の考え方がたくさん出てきて、独学を妨げているように思います。

予備校であれ、参考書であれ、「自然現象と数式とが結びつく」という点を詳しく説明してくれるものがあれば、独学が可能だと思います。

あくまでも個人的な意見なので、お役に立つかどうか分かりませんが、自分自身が物理を学んだときに感じた難しさを思い出して、書かせていただきました。

参考サイトは、考え方の部分を説明してくれています。

参考URL:http://tahara-phys.net,http://webkouza.com

数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。

物理の場合は、
「物理とは何を目指しているのか?」
「物理は、どうやって学んでいったらよいのか?」
といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。

物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。

言い換えれば、「自然現象のイメージと数式が結びつく」ということになりましょうか。

これがうまくいかないと、公式を暗記して...続きを読む

Q白チャートの次はどの問題集に移るべきか

高1です。現在しろチャートを使っているのですが、これが終わったら次は青チャートをやるべきか一対一に移るか悩んでいます。
しろチャートは例題だけやってます。浪人してでもいいので東大理一を最終目標にしています。しろチャートはレベルが低いと言われていますが、一対一をやる前に青チャートをやるべきでしょうか。東大二次でも青チャートのレベルが出題されるとも聞きました。私には判断しかますので、しろチャートの次はどの問題集に移るといいかご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

赤チャートが1番難しいとされているので
本屋にある赤チャートをパラ読みして 解法みて理解できるようなら 赤チャートを買うのがいいと思います。
青チャートでも十分国立は目指せると思いますが 難しい問題を解けるようになってたら 国立の一般入試でも 見直す時間ができるのではないでしょうか。

赤・青チャートの解法みても よくわからないなー というときは ー対ー にしてみてはどうでしょう。

Q赤本と黒本どっちがいいの?

質問はタイトルの通りですが補足をします。
現在センター用の赤本を2冊(数学と英語)持っているのですが、他のサイトなどを見ると赤本よりも黒本の方が解説などが質がよい(詳しい)というような意見が結構ありました。
これから他の教科を買い足す場合、このまま赤本を買ったほうがよいのか、やはり黒本にしたほうがよいのか教えてください。
またその理由も教えてください。

Aベストアンサー

私の場合、センター対策は黒本を使い私大・国立対策は赤本を使っていました。黒本は全教科買って持っていましたが、あれってかなり重くて
たまに予備校で自習する時に持っていかずに塾で赤本を借りたりしていました。
同じ年度の解説を比べてみると、やっぱり黒本のほうが丁寧な気はします。
私は河合生だったのですが、在籍中に先生に黒本の解説は河合の先生が書いている、ということを伺いました。
まぁ、そんな理由から黒本を愛用していました。
でもそれぞれの好みはあると思うので、一度本屋さんで同じ年度のものを見比べてみてはいかがでしょうか。

Q青チャート終了後の、演習書をさがしてます!!

東大理II志望を志望の者ですが、数学の演習書を探しています。
もうすぐ青チャート3冊とも3周するんですが、
解法を一通り習得した後に使える、難しすぎないものを探しています。
最終的には数学を勝負科目にまで持っていきたいと思ってます。

ネットや本屋でいろいろと見て回って、とりあえず今の所は
「理系プラチカ(1A2B)」「1対1」「標準問題精講」のどれかを
考えているんですが、どれが一番合っているのかよく分かりませんでした。そこで、

・それぞれの本の特徴や違い(どの本か1つでも構いません)
・その本から得られるもの
・問題数やだいたいの使用期間
・難易度の比較
・短所
等、使ったことのある方や数学の参考書に詳しい方がいましたら、教えて下さい。あと、上の3冊以外のオススメの本や、その次に使える演習書も教えてもらえるとありがたいです!!

Aベストアンサー

私は「青チャート」で一通り解法を身に付けた後は「1対1」をやりました。
実際やってみてその選択肢は正しかったと思います。

比較: 青チャートが基本問題なら1対1は受験標準問題。青チャートを仕上げた人なら無理なく1対1に進むことができる。
特徴: 標準問題に狙いを絞った例題とそれに対応する演習題。
使い方: 演習題は必ずしもやる必要はない。例題をマスターすれば十分。(青チャートや難系もいちいちすべての問題を解く必要がないのといっしょ)
使用期間: 一日4~5問で約5か月
短所: けっこう敷居が高いが青チャートを仕上げているなら大丈夫。
得られるもの:少ない問題で標準問題の解法パターンをマスターできる。

私はこの後に河合塾の「やさしい理系数学」に手をつけようと考えましたが、これは「1対1」とほぼ同レベルなのでやる必要はありませんでした。
(ただし、評判はかなり良いし、実際に見てみてもかなり良く出来てる印象をもった。「1対1」の代わりにこれをやってもいいかもしれない)

「1対1」の次に使える参考書としては河合塾の「ハイレベル理系数学」がおすすめです。
はっきりいって、「1対1」を仕上げた後でも半分も解けませんが、別解が豊富で思考力を鍛えるのに最適です。
同レベルの問題集に「新数学演習」があります。

なぜか河合塾の問題集が多くなってしまいましたが、別に私は河合塾とは何の関係もありませんよ(笑)
通っていた予備校は駿台でしたしね。

私は「青チャート」で一通り解法を身に付けた後は「1対1」をやりました。
実際やってみてその選択肢は正しかったと思います。

比較: 青チャートが基本問題なら1対1は受験標準問題。青チャートを仕上げた人なら無理なく1対1に進むことができる。
特徴: 標準問題に狙いを絞った例題とそれに対応する演習題。
使い方: 演習題は必ずしもやる必要はない。例題をマスターすれば十分。(青チャートや難系もいちいちすべての問題を解く必要がないのといっしょ)
使用期間: 一日4~5問で約5か月
...続きを読む

Qセミナー化学の代わりになる問題集

私は現在高校2年で、来年から受験生になります。
国立志望で二次試験でも化学が必要なのですが、学校では化学をやらないので独学で勉強しています。

今は東進ブックスの「化学をはじめからていねいに」の理論化学編は読み終え、鎌田の無機化学をやっています。
問題集では重問を使っているのですが、いきなり重問では難しすぎる気がします。
本当はセミナー化学を使いたいのですが個人では売ってもらえません。

重問は解答を見れば理解は出来るのですが、時間がかかってしまう上に、知識としてなかなか定着してくれません。

やはりもう少し簡単なものからやるべきでしょうか?
やるならばお勧めの問題集はありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

化学を全く独学で学ばれるならば、
 
・照井式解法カード(学研)  ←講義型参考書(他に気に入ったものでもよいです)
・図説化学(数研出版)
 
がお勧めです。まずは講義方参考書を2~3回通読します。1度で無理に覚えきる必要はありません。化学全体の概観を早めに押さえましょう。その際、図説化学を見ながら勉強すると効果が高いと思います。
 
 
志望校がどのランクか存じませんが、旧帝大や東工大レベルを目指されるならば、いずれは重要問題集の問題はスムーズに解けるようになっていなければならないと思います。その意味で、私は重要問題集のA問題をまず制覇されることをお勧めします。重要問題集に変わるものを既にお持ちであれば、まずそれを仕上げるのでも良いでしょう。問題集をむやみに沢山持つ必要はありません。問題集は、講義型参考書の各章を読み終えた段階で挑戦してみるとよいと思います。
 

ちなみに私は標準問題精講(旺文社)も使用しましたが、難題を出題する大学でなければ、重要問題集のみで十分対応できます。解説は確かに標準問題精講のほうが丁寧で分かりやすいですが、問題がやや少ないので、問題集を繰り返して広範な知識を暗記するのにはあまり向いていない気がします。
 
 
問題集の使い方ですが、解法が分かる問題は、問題を見た瞬間に手が動くはずですから、30秒程考えても手が動かない場合は、その知識が頭に入っていないものと考えられます。よって、解答をその場で見てしまい、その場で解きなおす作業を繰り返す方法が効果的だと思います。計算問題は、関数電卓などを使って良いと思います。考え方が正しいかチェックするのが目的です。但し、たまには自力でやりましょう。試験中に解けなくなります。その際、間違えた(あるいは正解した)問題番号に印をつけていくと、復習がしやすくなると思います。あと、化学の問題を解くときは、単位を意識していれば大抵の計算問題は間違えなくなります。
 
 
最後に補足ですが、どうしてもセミナー化学を使ってみたい場合、
 
1.学校の先生に相談して、学校経由で購入してもらう。
2.代ゼミ等、大手予備校の参考書コーナーで入手できる場合がある。
3.出版社に「○○高校のものですが、解答をなくしてしまったので手配して頂けないか」と、尋ねる。(但し、学校で使用履歴がないとマズいケースも考えられる)
 
私の兄弟は、以前学校で使っていた問題集の解答を実際に無くし、3.の手段で買いなおしていました。参考になれば幸いです。
 
 

化学を全く独学で学ばれるならば、
 
・照井式解法カード(学研)  ←講義型参考書(他に気に入ったものでもよいです)
・図説化学(数研出版)
 
がお勧めです。まずは講義方参考書を2~3回通読します。1度で無理に覚えきる必要はありません。化学全体の概観を早めに押さえましょう。その際、図説化学を見ながら勉強すると効果が高いと思います。
 
 
志望校がどのランクか存じませんが、旧帝大や東工大レベルを目指されるならば、いずれは重要問題集の問題はスムーズに解けるようになっていなけ...続きを読む

Q独学で数学の教科書レベルから勉強し直したいのですが白チャートでも大丈夫

独学で数学の教科書レベルから勉強し直したいのですが白チャートでも大丈夫ですか?
一橋志望です
あと、黄や青はどのレベルでしょうか?

Aベストアンサー

白チャートは教科書レベルのことが長々と書かれているようなものなのであまりお勧めできないです。個人的には白チャートに取り組むくらいなら教科書の例題や問に取り組んだ方が良いと思います。

黄チャートは教科書レベルから勉強する場合も教科書と併用することによってそれほど問題なく使用できるレベルの問題集です。ですが入試問題レベルの演習をするための基礎体力作りとしては少し物足りないです。黄チャート終了後に適当なレベルの問題集を1,2冊こなしてからでないと入試問題レベルの演習はつらいでしょう。

青チャートも十分教科書と併用して使用できるレベルの問題集ですが、数学が苦手な人は教科書と青チャートの間にレベルの隔たりが感じられるかもしれません。青チャートを完璧にすれば、入試問題の中でも標準的なレベルのものには取り組めるくらいの力がつくと思います。

以上、私の個人的なフィーリングですが参考になれば幸いです。

参考URL:http://lykeion.info/suugaku/gakusyuuhouhou/sankousyo1.htm

Q独学にいい物理の参考書

高一女子です。
学校の行事が年中多いので、塾に行ったり通信教育をやるより独学で物理を勉強しようと思っているのですが、どんな参考書や問題集がいいでしょうか??
(物理は大学受験のために勉強します。私立大学でレベルは0くらいです)
ちなみに、わたしの高校の物理は進みが遅いので、基礎からやらないとだめです...。

Aベストアンサー

先ずこれまでの回答について、右上の検索窓やネットで例えば次のように調べて下さい。
高校 物理 参考書
高校 物理 独学 勉強法

主にネット上のサイトについての情報ですが、次が参考になると思われます。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6829640.html
物理を勉強したいのですが・・・ 

Q無機化学はなにを暗記すればいいんですか?

無機化学は暗記だと書いてありました。
参考書を開いたら、いろいろ書いてあります。
が、なにを覚えればいいのかわかりません。

例えば、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体

これをまんま覚えればいいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。無機化学は確かに暗記が必要ですが、理解を伴った効率的な暗記が必要です。

「フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体」と唱えてもいざ問題を解くときには忘れてしまいます。

無機化学は極めようと思っても、学生には無理があります、ごくまれに難関大学でマイナーな元素の性質を問う問題もありますが、無機で出る問題はほとんど決まっています。

あなたはおそらく無機化学初心者でしょうから、頻出事項とマイナーな事項の区別がつかないと思いますので、参考書を使うことをお勧めします。

現在あなたが持っている参考書が何なのかわかりませんが、多くの参考書には「重要!」「ここがポイント!」などの重要箇所があると思います。まずはそこを覚えましょう。

もしあなたの参考書が使いにくいのならば、別の参考書にしましょう。あまりマニアックなのは避けて、シンプルで基礎的な参考書にしましょう。東進ブックスの「岡野の化学をはじめからていねいに(無機・有機化学編)」などがお勧めです。

さて暗記するコツを教えましょう。無機化学で暗記する物は大きく分けて2つです。1つは物質の性質。もう一つは化学反応式です。物質の性質はほとんど丸暗記です。ですが性質が似ている元素のグループを知っていると覚えることが少し減ります。アルカリ金属・アルカリ土類金属・遷移元素・ハロゲン・希ガスや両性元素・酸性酸化物・塩基性酸化物などのグループは押さえましょう。またゴロで覚えるのも効果的です。私が使っているのは、両性元素は「ああすんなり(Zn Al Sn Pb)」。「ひ さん に働く」で「非」金属の酸化物は「酸」性酸化物。「禁 煙」したい「金」属の酸化物の「塩」基性酸化物。などなど。


化学反応式についてはほとんど暗記の必要はありません。反応の原理だけ知っていれば知らない化学反応式でも書けます。そのために必要な知識を書きます。

(1)イオン化傾向の大きい順番
K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb H2 Cu Hg Ag Pt Au(貸そう か な ま あ あ て に すん な ひ ど す ぎ るしゃっ(はく) きん)
(2)基本的な反応原理
・弱酸の塩 + 強酸 → 強酸の塩 + 弱酸 (弱い者は出ていけ!反応)
・弱塩基の塩 + 強塩基 → 強塩基の塩 + 弱塩基 (弱い者は出ていけ!反応)
・揮発性酸の塩 + 不揮発性酸 → 不揮発性酸の塩 + 揮発性酸

・イオン化傾向がA>Bのとき
 A + Bの陽イオン → Aの陽イオン + B

・酸性酸化物 + 塩基 → 塩 + 水 (中和反応)
・塩基性酸化物 + 酸 → 塩 + 水 (中和反応)

・酸性酸化物 + 水 → オキソ酸
・塩基性酸化物 + 水 → 塩基

・両性酸化物 + 塩基 → 塩 + 水 (中和反応)
・両性酸化物 + 酸 → 塩 + 水 (中和反応)

それでは、また何かあったらどうぞ。

こんにちは。無機化学は確かに暗記が必要ですが、理解を伴った効率的な暗記が必要です。

「フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体」と唱えてもいざ問題を解くときには忘れてしまいます。

無機化学は極めようと思っても、学生には無理があります、ごくまれに難関大学でマイナーな元素の性質を問う問題もありますが、無機で出る問題はほとんど決まっています。

あなたはおそらく無機化学初心者でしょうから、頻出事項とマイナーな事項の区別が...続きを読む


人気Q&Aランキング