「てんかん」とは一体、何ですか?ある本では障害者だ、とか医学的には不明だからとりあえず精神的な病気の分類にしているとか・・。是非ほんとのところを教えてください!おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A6%E3%82%93% …

「てんかん」とは、脳細胞が過剰な興奮(放電)になり、てんかん発作を繰り返す慢性的な脳疾患です。
根本原因はわかっていません。
外傷や他の脳疾患でも、同じようにてんかん発作は起こりますが、「てんかん」ではありません。

脳の慢性疾患なので、障害があると言えます。
ただ、てんかん患者の7割は、薬の服用で、日常生活に差し障りはありません。
症状が重くなければ、現在では完治できる疾患でもあります。

とりあえず精神的な病気の分類にしているのではなく、精神科と神経内科で扱う病気です。
障害者自立支援法に伴い、自立支援医療(精神通院医療)が受けられます。
    • good
    • 0

kokko-to-kotokoさん、はじめまして(^^)



私は、ホントつい先日、「てんかん」の発作を久々におこして、救急車ではこばれてしまいました(^^;)

さて、病気についての詳しいことは#1さんや#2さんが教えてくださったHPでとても分りやすいと思います。

でも、あなたはなにか別の意味で「てんかん」のことをしりたいようですね。何かあったのでしょうか?

私は突然意識をなくして倒れるそうです。
「あ、来る!」という自覚はあるのですが、倒れているときの記憶がないのと、声があまりでません。
脳波を調べると確かに「てんかん」と診断されました。
なので、「デパケン」という薬を何年も飲んでいましたよ。

実は今回は、投薬を止めて2年くらい経ちました。
でも、実際、薬を飲んでいても起きるし(頻度は少ないですが・・・)、飲んでいなくても起きます。だからといって、誰かから差別されたり、仕事上で不利になったことはありませんよ。でも、外回りははずさせてもらいました。(外で急に倒れたら困るので)

私は普通に日常生活を送っています。
でも、何かあったときの為に、カバンの中には保険証と今通っている病院の診察券と飲んでいる薬と「てんかん」で
ある旨のメモを入れて常時持ち歩いています。
だって、倒れてしまったら自分ではどうにも出来ませんからね。もちろん、会社の上司、と親友のごく一部には教えてあります。

「てんかん」は神経内科なのですが、実は今は別の症状で精神科に通っています。

とにかく、あまり病気とは捕らえないように、でも無理をしないように生活するように心がけています。
ストレスと睡眠不足が私には一番の敵みたいなので。

私は病気とは思っていません。
たまたま倒れちゃった・・位にしか思っていません。
でも、周りはそう思ってくれないんですよね(^^;)
突然目の前で倒れたらビックリしますよね。おまけに痙攣してるし・・・。
救急車で運ばれたのはその為です。

回答がお役に立てれば幸いです・・・。
    • good
    • 0

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「”てんかん”とはどのような病気ですか?」
http://www.hosp.go.jp/~szec2/adult/mokuji.htm
(成人の難治てんかん)
http://epilepsy.med.nagasaki-u.ac.jp/
(長崎てんかんグループ)
http://www.child-clinic.jp/disease/iroiro/epilep …
(てんかん)
http://www3.pinky.ne.jp/~sick-battle/tennkann/te …
(てんかんとは)

ご参考まで。

参考URL:http://www.hosp.go.jp/~szec2/EpiGuide-f/EpiGuide …

この回答への補足

 あなたは、「てんかん」についてどのように思っていますか?もし、よければあなたの意見を教えてください!

補足日時:2003/09/23 09:53
    • good
    • 0

ここ 分かり易く書いていました。



ご参考になれば幸いです!

参考URL:http://epilepsy.med.nagasaki-u.ac.jp/faq/epileps …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にしてみます

お礼日時:2003/09/23 09:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運転適性相談の診断書を病院にもらいに行きました この診断書は運転免許試験場に持っていったほうがいいで

運転適性相談の診断書を病院にもらいに行きました

この診断書は運転免許試験場に持っていったほうがいいですか?

Aベストアンサー

意味がわからん。

>運転適性相談の診断書を病院にもらいに行きました
なんで?診断書が必要だからじゃないの?
あなたが、勝手に診断書を申請したの?
勝手にしたのならもっていく必要はないかな。

医者が必要だからと発行したのならもっていく方がいいかな。
必要とされてるのに、隠して更新すると、後で困りますよ。

Q医学的にみて合理的な昼休憩の取り方

PCに向かって仕事をすることの多い技術系の仕事なんですが、実感として昼ご飯を食べながらでも仕事をするのは全く苦になりません。しかし、14時ごろに襲ってくる強烈な眠気は何とかならないかと思います。最近では昼寝を取り入れる企業が増えていますが、そのためではないかと思うくらいです。

医学的には昔からご飯を食べながら仕事をするのは消化に悪いとか、血流が胃に集中するから脳に行かないとかいろいろ言われますが、本当にそうなのでしょうか?
実際には食べてしばらくしてからの方がそういう状態になっているのではないでしょうか?

少なくとも実感としては、13:00を過ぎてからの強烈な眠気に必死で抵抗することの方がよほど体に悪そうな気がします。はっきり言って昼は仕事しながら飯食ってて構わないので、13:00~14:00とかを昼休憩にしたいです。実際のところどうなのかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には、横になって寝てしまうと夜の睡眠に障害がでるとされています。
また、食べてすぐ横になると、(特にお腹がでている人は)逆流性食道炎を起こしやすくなります。

理想的な午睡は、机に俯せになるか、背もたれにもたれて、20分前後の睡眠?です。
これだと夜の睡眠に邪魔にならないか、かえってよい効果をもたらすと言われています。

なお、午睡を考えるのも大事ですが、夜の睡眠の質を向上させるのが一般的には有効で大事です。

Q健康保険限度額適用認定証。補助人。運転免許に必要な診断書。

精神科病院に医療保護入院しました。
その際、ケースワーカーさんに「健康保険限度額適用認定証」を取得しておいた方が良いと言われ、家人(父)が加入している保険組合より、上記の認定証が送られてきました。
当方は、その頃、とても体調が悪く、入院が長引くと医師より説明を受け、受給したとのことでした。
結果としては、4日で退院することになり、必要がなかったようなのですが、この証書の意味は、どのようなものなのでしょうか?
体調をしばしば崩すことがあり、短期間の入退院を繰り返しておりますが、これは、毎年,取得しておいた方が良いのでしょうか?
精神科病院にのみ適用のものでしょうか?
また、適用区分に書かれているアルファベットは、どのような意味があるのでしょうか?

精神障害より、今回、補助人をつけることとなりました。
補助人をつけると、どのようなことが制限されますでしょうか?
そもそも、この補助人をつけるという意味合いが分かりません。
詳しく教えて下さい。

精神の病気を持っているということで、運転免許に必要な診断書を提出するように、運転免許試験センターから文書が郵送されてきました。
これは、運転をせず(現在,できるような状態ではない)にいる場合でも、提出は拒めないのでしょうか?
顔写真つきの身分証明書を提出してくださいと言われるとき、運転免許くらいしか持っていないので、不便になるなぁということだけなのですが……。
二人,精神科主治医がおり、書かれた診断書を見ますと、一人は「可能」,もう一人は「不可能」と書かれているのですが、このような場合はどうしたら良いのでしょうか?
「可能」と書かれた診断書を提出した場合、法的に問題になってくるでしょうか?

精神科病院に医療保護入院しました。
その際、ケースワーカーさんに「健康保険限度額適用認定証」を取得しておいた方が良いと言われ、家人(父)が加入している保険組合より、上記の認定証が送られてきました。
当方は、その頃、とても体調が悪く、入院が長引くと医師より説明を受け、受給したとのことでした。
結果としては、4日で退院することになり、必要がなかったようなのですが、この証書の意味は、どのようなものなのでしょうか?
体調をしばしば崩すことがあり、短期間の入退院を繰り返しております...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
補足の回答です。

もし、障害者自立支援法の自立支援医療(精神科通院)を利用できず、
健康保険や国民健康保険だけ、という普通のケースの場合には、
かかった総医療費の3割が自己負担になります。
けれども、その自己負担額には月額の上限があるので、
それを超えた部分は、高額療養費としてあとから戻せますし、
さらに、健康保険限度額適用を受けている場合には、
「高額療養費をあとから戻してもらう」という面倒なことをせずに、
月額の自己負担額の上限いっぱいまで支払えばOKです。

障害者自立支援法の自立支援医療(精神科通院)を利用できるときは、
精神科通院(薬も含みます)に限って、
かかった総医療費の1割を自己負担するだけで済みます。
自己負担額の月額の上限は、まず障害者自立支援法で定められていて、
あなたの場合、健康保険適用限度額が区分Bであることを考えると、
自立支援医療でも「特にさらに減免される」というようなこともなく、
自立支援医療の「一般」という区分になって、
月37200円が月額上限額(精神科通院の場合)となります。
それを超えた部分については、
精神科通院に限っては、支払う必要はなくなります。

精神科通院以外のときは、最初に書いたような3割負担になりますが、
健康保険限度額適用が区分Bですから、
月に「80100円 +(総医療費 - 267000円)× 1%」を
超えた部分については、支払う必要はなくなります。

総医療費、というのは、あなたが支払う部分だけのことではなくて、
その1か月全部の医療費のことです。
いくつかの病院にかかっている場合は、すべて引っくるめます。
病院からもらう領収証に書かれている金額で、わかると思いますよ。

以上が答えです。
精神科への通院かそうでないか、ということによって変わるわけです。

県障(その都道府県独自で医療費をさらに軽くする制度)も使う場合は
上で書いたしくみを使ってもさらに残ってしまった自己負担額を、
県障のほうで最終的に軽くする、というしくみになります。
ただ、都道府県によって細かい取り扱い方法がばらばらなので、
ここでは、これ以上お答えすることはできません。

ところで、1か月にいくら払ったか、ということは、
医療機関が診療報酬請求というものを見ながらチェックしています。
診療報酬請求、というのは、
 「これこれこれだけ医療費がかかり、
  3割を患者さんに負担してもらったけれども、
  残り7割は、健康保険のほうから私たちの病院に払って下さい」
と病院が健康保険のほうにお願いしているしくみです。
また、自立支援医療のほうは、医療機関もチェックしていますが、
さらに市町村もチェックしています。
医療機関から市町村のほうにも「これこれこれだけかかっています」と
報告が廻るようなしくみになっているのです。
なお、もちろん、あなたが自分で、
かかった医療費をちゃんと憶えておくことも、とても大事です。

このようなしくみは法律で決められているのですが、
こういうしくみにしていないと月額上限をチェックできませんから、
しかたのないことだと思って下さい。
もちろん、必要以上の個人情報は決して流されていませんし、
外に漏れないよう厳しく管理されていますから、心配しないで下さい。
また、自立支援医療については、
「あなたはもうこれだけ精神科通院の医療費がかかりましたよ」と
本人にきちんと教えるようなしくみを作ってる市町村もあります。
(本人に渡すカードに、月々の医療費自己負担分を書いてゆく形で。)

最後に診断書について。
常に「新しく出された診断書のほうが有効」などということは、
ありません。
内容が異なる診断書が出された場合には、
より重い診断をしたお医者さんにもう1度調べてもらって、
別のお医者さんと同様の「軽い」という判断に変わればそれを出し、
残念ながら「重い」というままで変わらなければ、
「重い」(ご質問では、「不可能」とされたもの)とされた診断書を
出して下さい。
「重い」「軽い」という矛盾した診断書を一緒に出してはいけません。
 

こんにちは。
補足の回答です。

もし、障害者自立支援法の自立支援医療(精神科通院)を利用できず、
健康保険や国民健康保険だけ、という普通のケースの場合には、
かかった総医療費の3割が自己負担になります。
けれども、その自己負担額には月額の上限があるので、
それを超えた部分は、高額療養費としてあとから戻せますし、
さらに、健康保険限度額適用を受けている場合には、
「高額療養費をあとから戻してもらう」という面倒なことをせずに、
月額の自己負担額の上限いっぱいまで支払えばOK...続きを読む

Q現代医学とその他の医学

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと悲劇的なことを言われても、多くの人は現代医学の治療法を受けます。ほかの医学に目を向ければ何か道が開けるかも知れないのに、目の前には現代医学しかみえていません。

皆様、がん患者や、慢性の腰痛の患者、難病の患者、原因不明の病の患者の人たちが、医者に「治らない」といわれてもなお現代医学に頼るのはどうしてなのでしょうか?現代医学しか知らないからなのでしょうか?ほかの医学は、科学的証明に希薄なため信用がおけないからなのでしょうか?現代医学にだって解明できていないことはたくさんあるし、病に関することすべてが医学的、科学的な根拠で立証できるものではないのでは・・・?

ほとんどの人が現代医学だけにしか頼らない、という現状についてなにか意見を下さい。よろしくお願いします。

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと...続きを読む

Aベストアンサー

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科学雑誌片手ではないのでおそらく他の部分に原因があると思います。

私自身が考えるのは
『施術者の社会的な信用』だと思います。漠然とした言い方ですが『きちんとした教育と学問の上に成り立った施術』であれば多くの共感が得られるのでは?と思います。少なくともどんなバカな西洋医でも6年の期間を費やし、国家試験を通過しそれなりに名の通った先人に教えられて研鑚した結果でなければ『独自の』医療は展開できません。人の体について考える以上、西洋医学でも基礎とされる解剖学や生理学は全ての医療の基本となると思いますが、少なくともここ日本におけるその他の医療者…施術者がこれを身につけているとは考えられないところが不安の種です。解剖学で骨に関して熟知していない人間が骨のずれなどわかるわけがない…本当はわかるのかもしれないけれど普通はそうは考えない。他も同様です。体のバランスを整えるなどと宣伝するもののでは真のバランスとは如何に?と聞かれて答えられるものはいるのか?そこが問題です。中医の中には完璧な生理学を修めている方は山ほどいます。そういった人が行うものに関してなら信頼はおける…そういう理屈です。

現代医学にだけしか頼らないのではなく、信頼できる医者が(一般的には)現代医学にしかいない(確かに中には変なのもいるが・・)というだけのことだと思います。
健康食品の宣伝などで、玉石混交といってもコンマ1以下しか玉はない(ほんとにあるのか?)というところです。

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科...続きを読む

Qてんかんと運転免許

てんかんと運転免許

てんかんを告知せず免許を取り、更新のときに過去のことだしなんか嘘をつくのがやだったので大丈夫だろうと思い
書いたら、診断書が必要になりました。
これって毎回今後必要になるんでしょうか?この記録は一生消えなくなるんでしょうか?

警察官の対応が、てんかんはてんかんみたいなひとくくりでまとめてみてしまっている言い方でとても腹立ちました。

Aベストアンサー

初めまして。
当方もてんかん持ちですが、更新の際に診断書を提出しましたよ。

センター側の書式を通院している担当医、または専門医に書いてもらう必要がありますので、お金もかかりますし、また再度、センターに足を運ばないといけない手間がかかりますが…(汗)

No.1様、No.2様の回答にも基づきますが、実際、事故を起こしたり…単独事故ならまだしも、業務上過失傷害、または致死に至るケースが過去、実際に存在しているからです。

日常的に運転をする必要性が大きければ大きいほど、その事案を考慮しての対応ですから、その相談係の方の対応にもよりますが、癇に障るような発言をされることも致し方ないのです。

>何年も発作出ていないので、運転中にでるなんてことはまずないのです

それは医師の診断書が証明してくれるでしょう。
ご安心なさっても大丈夫ではないですか?

更新時、毎回必要になるかは、やはり質問者様の自己申告に委ねられます。

提出した診断書は、免許センターに保管されますから、医療機関のカルテ同様の5年か、もしくはそれ以上か、それ以下かもしれません。
その際にでも、聞いてみても構いませんし。

疾患を持つ以上、切り離せないことですから。。

余談(?)ですが、免許証がICカード化され数年経ちましたが、免許証では本人がてんかん疾患である記録は残りませんよ。
あくまで、プライバシー保護や偽造防止の為です。
事故や違反記録も残りません。

参考になれば、幸いに存じます。

初めまして。
当方もてんかん持ちですが、更新の際に診断書を提出しましたよ。

センター側の書式を通院している担当医、または専門医に書いてもらう必要がありますので、お金もかかりますし、また再度、センターに足を運ばないといけない手間がかかりますが…(汗)

No.1様、No.2様の回答にも基づきますが、実際、事故を起こしたり…単独事故ならまだしも、業務上過失傷害、または致死に至るケースが過去、実際に存在しているからです。

日常的に運転をする必要性が大きければ大きいほど、その事案を考慮しての...続きを読む

Qドラマ「24」を医学的に見た場合

こんばんは!

この前「24」というドラマを見ていて感じた疑問についてご意見をお聞かせください!

そのドラマでは、いったん心停止した登場人物が回復した直後に走ったり仕事をしたり、まったく普通に行動しているのですが、これは医学的にみてどの程度リアリティがあることなのでしょうか?素人の私からすると、かなり無理があるのではないかと感じたのですが・・・

状況としては、記憶が確かではないのですが、だいたい以下の通りだったと思います。

<状況1>飛行機が墜落し心肺停止状態に。その後、人工呼吸と心臓マッサージで生還。その直後に走り回っていた。

<状況2>拷問を受けた登場人物が心停止状態に。エピネフリン(?)というような薬を投与されて心臓が動き出し、すぐ意識を取り戻す。その数分後には立ち上がり、30分後ぐらいには車の運転したり銃撃戦に参加。

病気のことなどで真剣に悩まれている方が多い中、このような質問は恥ずかしいのですが、医学的なご意見が聞きたくてあえてこちらのカテゴリーにしました。

お時間のある時で結構ですので、ご意見をお聞かせ下さい!よろしくお願いします。

こんばんは!

この前「24」というドラマを見ていて感じた疑問についてご意見をお聞かせください!

そのドラマでは、いったん心停止した登場人物が回復した直後に走ったり仕事をしたり、まったく普通に行動しているのですが、これは医学的にみてどの程度リアリティがあることなのでしょうか?素人の私からすると、かなり無理があるのではないかと感じたのですが・・・

状況としては、記憶が確かではないのですが、だいたい以下の通りだったと思います。

<状況1>飛行機が墜落し心肺停止状態に。そ...続きを読む

Aベストアンサー

蘇生処置が迅速かつ的確で心停止の期間が極めて短く,かつ停止の原因が直後に無くなっている場合には短時間に全快に近い回復が可能だと思います。
具体的には窒息、WPW症候群や洞不全症候群などの不整脈、心停止には至らないかもしれませんが迷走神経反射によるショックの場合などです。蘇生処置を続けていたら患者に「もういい」と押しのけられた、なんて話も聞いたことがあります。
とはいえ、医師としては回復しても一日は入院させたいところです。
墜落による外傷とかエピネフリン(昇圧剤)を要するほどのショックがあったとすると脳へのダメージは相当なものがあったと考えるのが普通でしょう。
日本の脚本家の程度の低さは困ったものです。

Qてんかんと運転免許の更新

てんかんと運転免許の更新

免許更新の際、てんかんと記入したものの診断書が必要となりいったん帰りました。
同じところに行けば知られていると思うので、何年も発作は出ていないので他の免許更新できる場所で何も書かずに更新しようとも思い始めました。

どこで更新しようともこの情報は漏れているのでしょうか?場所さえ変えればスルーできるのでしょうか?

Aベストアンサー

担当した職員がPC入力をしていれば、分かるかも知れませんね。ただ署内だけで収まっている可能性が高いとは思いますが。(個人情報に関わることなので、正式な届け出がない限りは載せないと私は思います)

私の姉もてんかん持ちで、免許取得の際には申し出ず長年運転してました。ですが結婚を機に申告し、今はてんかん持ちとして運転しています。

てんかん持ちと申告しても、免許証に記載されたり普通の違反などの照会では出てきません。特に免許証がICカード制になり、その辺りの情報管理が更に厳重になったそうです。(姉の旦那が刑事で、そう話してました)

ただ、申告する意味としては、もしも事故を起こした場合。それがてんかん発作による事故であっても、申告していなければ、なかなか厳しく処罰されるので、ある意味「情状酌量」の面で申告しておく、と言うことです。

てんかん発作は、いつ起こるか分かりません。なので私としては申告しておき、病院で診察を受け「大丈夫」と医師に言われたら、その診断書を持って「てんかん登録の取り消し」をすれば良いと思います。

てんかん登録すると、診断書も指定書式とかあって、手間も金も正直掛かりますが、『保険』だと思って登録をぜひ考えてみて下さい^^

お大事に☆

担当した職員がPC入力をしていれば、分かるかも知れませんね。ただ署内だけで収まっている可能性が高いとは思いますが。(個人情報に関わることなので、正式な届け出がない限りは載せないと私は思います)

私の姉もてんかん持ちで、免許取得の際には申し出ず長年運転してました。ですが結婚を機に申告し、今はてんかん持ちとして運転しています。

てんかん持ちと申告しても、免許証に記載されたり普通の違反などの照会では出てきません。特に免許証がICカード制になり、その辺りの情報管理が更に厳重に...続きを読む

Q医学の専門的な質問がしたい。

こんにちは。医学で治療方針や診断、検査など具体的な内容についてDrに気軽に質問ができるサイトなどはないでしょうか?
当然、内科・外科・小児科・循環器科・など色々な科があり、またさまざまな専門分野に分かれているとは思いますが、教えていただけるDrがいればいいのですが。特に内科的なことです。

Aベストアンサー

 会員になる必要がありますが、@nifty のすこやかフォーラムなどいかがでしょうか。http://forum.nifty.com/fskyk/

参考URL:http://forum.nifty.com/fskyk/

Qてんかんをもって運転免許を持っています。

てんかんをもって運転免許を持っています。
ゴールドで、無事故無違反紛失もありません。

当時の主治医は「診断書」くれませんでした
免許は取ってもいいと言う事になってましたが
「診断書は要らないそのまま教習所に行けばいいよ」と言われてしまい・・・
(道路交通法が変わって間もなくだったと言うのもあってなのか)

教習所もまさか、そんな人来ないだろうと思ったのか、聞いてもくれず私もいい出せず

そこで・・・
結婚して引っ越して、主治医が変わりました。
今の主治医も「10年以上発作ないし、免許いいよ。
乗ってて分かるだろうけど、神経使うから体調と薬の飲み忘れは十分管理してね。
更新の時、診断書出すよ」と言ってくれております。

今から診断書を書いてもらって、更新時申告しても遅くないでしょうか?
ばかげてるとお思いでしょうが教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

参考にならないかもしれませんが、大丈夫だと思いますよ。
私も発作はないし、主治医も診断書が必要だということを教えてくれませんでした。
私の場合は、知らずに2回更新してしまいました。
更新時、健康状態のチェック項目がありますが、面倒だったので無視していましたが、ちゃんとしないといけないことだし、診断書を持って行けば免許取消しにならないと分かったので、次回の更新で診断書を持っていくつもりです。
やっぱり堂々と運転したいですからね。

Qいわゆる東洋医学というものに懐疑的です。

いわゆる東洋医学というものに懐疑的です。
以下質問です。
1.針で突くと肩こりが治ったり、人を死に至らしめるツボというのは本当にあるのでしょうか?
2.サイの角が病気に効くというのは本当なのでしょうか?
以上二つ科学的に証明されているのでしょうか?あるいは迷信ですか。
3.物理でも農業でも西洋、東洋の区分はありません。医学のみ西洋だ東洋だと言っているのはなぜですか?

Aベストアンサー

アメリカ在住です。A03さんの意見が私の意見とにているので、補足として、意見をのべます。

現在アメリカでは日本で言われる西洋医学をもう1度見直そうという人たちがふえています。
というのも、あまりにも早く、短期にその症状だけをなおそうとするあまり、症状Aを直すために症状Bがあらわれ、その症状Bを直すために、また、新たな薬の投与がおこなわれる。

これが普通のことのように、行われ2-30年前より、それらに疑いを持った人達が、東洋医学に目をむけだしました。
東洋医学も徐々に研究、科学的な論文が出されるようになりましたが、まだ、歴史的に西洋での知名度がひくいため、研究結果として、発表に至らない研究もあります。

ただ、科学というものはまだ、人間の歴史ではとても短い開発、発見しかなく、つい10年まえに科学的証拠がないというものも、今は科学的に立証されている常識のこともあり、すべてをその時点での科学的に立証にすぎません。ですから”これは科学的な証拠”とうのは現時点2010年においての”科学的な”といわなければただしくありません。というのも明日はまた、別のその証拠を揺るがす結果がでてくることもあるからです。

今、アメリカでの薬剤による治療の問題点は、人間の気持ちを無視した治療です。
それまで、日本で言う東洋医学、針マッサージ等を含めた、処方は単なる擬似的な治療とされていましたが、心電図、脳の働きを詳しく探っていく上で、これらの効果を立証し、治療にアメリカでは保険が利くようになりました。

まだまだ、色々な研究結果に時間がかかりますが、
東洋医学はその症状が出てきた本来の原因からさかのぼって治療するため、時間がかかります。

事故はちがいますが、色々な病気が現れるにいたって、常にその人がたどってきた衣食住が関係あります。
これが今、アメリカでは気にかけるようになり、東洋に色々な情報を求めるようになりました。

参考までに。

アメリカ在住です。A03さんの意見が私の意見とにているので、補足として、意見をのべます。

現在アメリカでは日本で言われる西洋医学をもう1度見直そうという人たちがふえています。
というのも、あまりにも早く、短期にその症状だけをなおそうとするあまり、症状Aを直すために症状Bがあらわれ、その症状Bを直すために、また、新たな薬の投与がおこなわれる。

これが普通のことのように、行われ2-30年前より、それらに疑いを持った人達が、東洋医学に目をむけだしました。
東洋医学も徐々に研究、科学的な論文...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報