カテゴリが違うかもしれませんが、質問させて頂きます。
本や時代小説を読むと「イデオロギー」という言葉をたまに見かけます。
この言葉はなんとなくのイメージではわかるのですが、簡単に言えばどういう意味
なのでしょうか?

歴史上の出来事を例にとってご説明して頂けたりすると、幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1の方が書いているように、元々はドイツ語。


正確に言えば、参考URLにあるように、マルクスとエンゲルスが書いた「ドイツ・イデオロギー」が大本になります。

既存の価値観に対して「ちゃいまんがな!」と異議申し立てするときに使ったわけです。

資本主義駄目でんがな、共産主義でんがな。と。

この辺の発想というか、マルクス主義は一定の世代にとっては必読書。

文章を書いていても、出てきちゃうわけです、そういった用語法が。

で、出ちゃうんです。時代小説を書いていても。
今の体制じゃ駄目だ!新しい体制でないと。

日本の夜明けは近いぜよ!

という文脈では。

織田信長が、中世ではなく、近代人の発想で物を考えたとか・・・
幕末の志士が、幕藩体制でなく、近代国家を考えていた・・・
なんて文脈で出てきますね。

参考URL:http://www.otsukishoten.co.jp/search/Detail.asp? …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は司馬遼太郎さんの本が好きなので、何度かイデオロギーという言葉が出てきました。
そこで「勤皇思想はイデオロギーではない」という表現があったんです。
「勤皇思想」は万人に普遍的にある考えで、イデオロギーではないと。
ですのでイデオロギーというのはもっと難しい意味で、革命思想に繋がるものなのかと
漠然と思ってました。
なんとなくですが、意味が分かりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/09/24 12:50

階級別の歴史的、社会的な思想体系を現すドイツ語です。


英語はideology.

今風にいえば思想傾向や政治に対する考え方でいいでしょう。「彼は友人だが彼のイデオロギーには賛同できない、ついていけない」などと使います。階級闘争、イデオロギー対立が顕著でない現在では、主張や意見の意味で使われることもあります。

戦前の戦争、労働闘争などはイデオロギーの対立が原因のひとつであり、戦後しばらくまで激しいイデオロギー闘争(論争)が続きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>主張や意見の意味で使われることもあります。

そうなんですか。
イデオロギーというのはもっと「重い」使い方だと思ってました。
でも、現在ではあまり使わない言葉ではありますよね。

お礼日時:2003/09/24 12:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング