ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

先日、DCX3000というザッピングマシンを購入しました。

単三ニッケル水素電池に使用したいのですが、設定電圧に迷っております。

ご存知の方がおられましたら、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ザッピングは自分もやってますが


これは答えはでませんよ

ザッピングのデーターは一つの財産ですから
自分でテストして試さないといけませんよ

それに、バッテリーメーカー、使用頻度、その他いろいろと条件によって変わってきます
DXC3000の説明にある程度ですが単2サイズのザッピングが書かれていると思いますが
単三ではまったく違ってきますので、数十本のバッテリーを購入して自分でどの程度までできるかを
把握しないといけませんね

自分ではミニッツ用にザッパー買いましたが(ほかにもバラセルでありますが・・・)
40本近くデーター取りにバッテリーを潰しましたよ
新品でいきなり高いVでザッピングして一瞬で終わってしまったとか・・・・
新しいバッテリーはここまで耐えられるけど古いのでやったらいきなりダメになったとか
成功していたバッテリーを欲を出してもうすこし良くなるって連続でやったらダメになったとか・・・・

同じメーカーのバッテリーを数十本購入して少しずつテストしていって見てください。
1回のザッピングと2回目とは数値が違いますからトライアンドエラーで計測してみてくださいね
うまくいくと本当にやって良かったって思えますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。
やはり努力をしない姿勢はいけませんね。
勉強になります。
某サイトで、90Vでやってる方がいたので試した所、エネライトを10セルほどポシャらせていただきました。
これも勉強と思い、もう10セル買いました。
データ取りの為にもう何十セルか為してみますね。

お礼日時:2011/03/25 17:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッテリーのザッピング

寒さも厳しくなり、プロポ片手にコースへ出向くことがめっきり少なくなりました。このシーズンの過ごし方といえば家でごろごろ来年の模索をいろいろやってます。さて、質問ですが、ニッケル水素バッテリーのザッピング方法について教示下さい。メーカー発売の純正機器を購入し処理をすればいいのですが、価格が高い!!それに大まかな理屈は知っていますが、その基本的原理や特性を理解しないままの処理は問題があると考えました。
いろいろなサイトでザッピングの記事を読みましたが、あまり詳しくかかれていません。自分の希望としては、自作ザッピングマシンを製作し、その効果を確認したいと考えます。すでにご臨終状態のセルがいくつかあり、これらを使ってテストする計画です。何らかの結果がでれば、来年のシーズンに実戦投入できればと考えます。
基本的な回路(高電圧を付加する極性や、蓄電方法など)さしさわりのない範囲でOKです。
どなたかご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

充電器には、いくつかの方法があります。
ニッケル水素の場合、放電の管理という事も考える必要があります。マイクロコンピュータ利用という装置もありますね。

放電の終端は、電圧を検知して、そこで一度打ち切る。少し時間を置いて、再度放電して、電圧検知。これを数回くり返すのが簡単で効果的。要は過放電の防止。

充電の技術的なポイントは、充電の完了をどうやって知るか。
一定の電流で充電してゆくと、満充電が近づくと、端子電圧が急に変化します。これを検知する方法があります。充電完了電圧より少し高い電圧源から充電してゆくと、電流が急に変化する点があります。電池の温度を測っていると、温度が急変する点があります。
これらの変化自体を検出するのが精度も良く、電池を傷めることが少ないですが・・・回路が複雑になります。電圧や電流がある値になったら打ち切るという方法でも実用になります。というか、この方式が多い。

パルス充電という方法。大電流のパルスを電池に打ち込みます。直後に電池の電圧を測ります。満充電が近づくにつれて、パルス印加後の電圧の変化が小さくなります。その変化を観察しながらパルスを加え続けるのが理想的。パルスの電力、パルスの幅やパルスの間隔がカギです。下記は、温度検出型です。
http://www.newon.org/doku/web/mini4wd/parts/rmx167/index.htm

充電器には、いくつかの方法があります。
ニッケル水素の場合、放電の管理という事も考える必要があります。マイクロコンピュータ利用という装置もありますね。

放電の終端は、電圧を検知して、そこで一度打ち切る。少し時間を置いて、再度放電して、電圧検知。これを数回くり返すのが簡単で効果的。要は過放電の防止。

充電の技術的なポイントは、充電の完了をどうやって知るか。
一定の電流で充電してゆくと、満充電が近づくと、端子電圧が急に変化します。これを検知する方法があります。充電完了電圧...続きを読む

Q四駆用モーターの改造

ミニ四駆に使うあのモーターの改造(トルクを上げたいんです)方法を教えてください。
自分でも探してみたのですがページのURLでも結構です。

Aベストアンサー

モーターが磁力による吸引と反発力で回転していることはご存知ですね。ならば、大きな力を出すにはこの磁力を大きくしてやれば良い事になります。電磁石の磁力の大きさはA・T(アンペア×ターン)と言う式で求められますが、これは電流とその電流が流れるコイルの巻き数を掛け合わせたものと言う意味です。したがってモーターの力を強くするにはモーターに流す電流を大きくするかコイルの巻き数を増やすかと言うことになりますが、ただ、まき数を増やすとコイルの電気抵抗も増えてしまうため、思ったように強い力が出てくれません。そこで巻き数を増やす場合は少し太いエナメル線を使って電気抵抗が大きくならないようにする工夫が必要です。また、太いエナメル線を使えば電気抵抗が小さくなるのでA(アンペア)が増えてまき数は同じでも強い力が出ます。

大まかに言うと上のようなことになりますが、モーターと言うのは単純に見えて実はかなり複雑な要素が絡んだ機会ですので、上の例はほんの一例に過ぎません。

Qモータのトルクを上げるには?

解答の方,宜しくお願い致します。

ミニ四駆などで使われている,マブチモータのFA-130のトルクを2~3倍くらいにしたいのですが,何か良い案はあるでしょうか?

ギヤボックスを使ってなどではなく,モータ自体のトルクを上げたいのです。
また,モータもこれと同型の物でお願いします。

ちなみに,自分で銅線を巻き直してみたのですが,うまく動きませんでした。

Aベストアンサー

直流モータのトルクを上げるには電圧を上げるか磁力を上げるかということになります。
電圧を上げると電流が増えて短時間なら大丈夫ですがコイルの発熱が多くなって何秒かでコイルが焼けてしまう恐れがあります。

磁石を強力な種類のものに交換することで可能性は高くなります。
同じ形の強力な磁石が入手可能可能かが問題です。
ただ、磁石を強力にしてトルクが本当に上がるかどうかは不明です。
理由は磁力が強くなるには磁力が通る経路(磁気回路)が充分に強い磁力を通すことができるようになっていなければなりません。
つまり、磁気回路の材質の磁気飽和特性と磁気回路の断面積からきちんと計算してみなければわかりません。
普通、磁気回路はモータをできるだけ軽くするように必要最低限に設計されていますので2~3倍と言うのは無理だと思います。

Qあなたのミニ四駆の最凶改造法を教えてください

 お世話になります。ちょっと友人達の間でミニ四駆が再加熱「ダッシュ!四駆郎」「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」両方を見ていた世代なものですからみんな本気です(笑)
 それで今度仲間を集めてノールールで勝負することになったのですが、私もミニ四駆全盛の頃の記憶をたどって改造するもののなかなか早くなりません。あの頃のほうが早かったようにすら感じます↓↓
 今回はノールールということで私の記憶にある裏技改造は「ミニ四駆を二駆にする」「電池の所の金具を二重にする」「モーターをいじる(タミヤ以外のメーカーの千円モーターにする)」程度です。
 インターネットでも探してみたのですが、セッティングが中心でなかなか裏技改造までは見つかりませんでした。ですから、「他にもこんなトンでも改造がありますよ」というのがあれば教えれください。ちなみに私が主に使用しているのはレイスティンガーです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミニ四駆ですか、懐かしいですねぇ。私が小学生の頃に人気のピークだったのでハマってました。

>裏技改造

シャーシをアルミ?だったかで出来た高強度のものにするというのもありましたね。これを使うと標準シャーシより重いけど重心が低いのでコーナーで安定します。1つで千円くらいするし公式レースに出れないのでやる人は少なかった記憶がありますけど。最近はミニ四駆なんて聞かなくなっていたし売ってる店は無いだろうなぁ。

あとは、1レース持てば良い程度の短時間用の裏技ですが。通常のミニ四駆は単3電池2本を直列につないでいるのでモーターは3.0Vの電圧で動いています。これを単4電池3本に改造するんです。モーターの回転数やトルクは電圧を上げることで一時的に強化できます。ただし、元々高回転のモーターは発熱などが原因で1レース持たずに壊れるかも。おすすめはトルクチューンモーター?とかいう名前の300円台でトルク重視のモーター。千五百円のモーターと良い勝負でした。

ちなみに、私のおすすめはフロントにモーターを搭載するタイプのマシンですね。モーターをトルクチューン、ギアは超速ギア?(ベアリング入りのオレンジっぽいやつ)、リアにローラーステーを付けてフロントとリアにアルミベアリングローラー、サイドはスタビライザーポール。タイヤはナローワンウェイ、車軸は全部ボールベアリング使用。こんな感じのシンプルな設定で結構速いです。友達と一緒に行ったイベントの公式ルールを使った非公式レース(たしか何かのイベントのオマケ)で決勝まで残って6台中2位でした。

基本は回転する部分は全てボールベアリング入りを選ぶことですね。回転する時の抵抗が少ないのでコーナリングがスムーズです。後はフロントやリアにバネなどで衝撃を吸収する系統の部品は使わないことです。安定性は上がるけど勢いが殺されるので微妙に速度が落ちます。安定性ならサイドにスタビライザーポールを立てるだけで十分です。

なお、千円を超えるようなモーターは回転数だけを見れば非常に速いですが速すぎるのでコーナーで吹っ飛びますよ。ローラーなどを安定性重視にしないとまともに完走できないので結果的には300~600円クラスのモーターを使う場合との差はあまり無いです。

ミニ四駆ですか、懐かしいですねぇ。私が小学生の頃に人気のピークだったのでハマってました。

>裏技改造

シャーシをアルミ?だったかで出来た高強度のものにするというのもありましたね。これを使うと標準シャーシより重いけど重心が低いのでコーナーで安定します。1つで千円くらいするし公式レースに出れないのでやる人は少なかった記憶がありますけど。最近はミニ四駆なんて聞かなくなっていたし売ってる店は無いだろうなぁ。

あとは、1レース持てば良い程度の短時間用の裏技ですが。通常のミニ四駆は...続きを読む

Q弱くなってしまった磁石を復活させるには?

こどものおもちゃになればと思い、東急ハンズで、I型とU型の磁石を買ってきたのですが、日が経つにつれ、チカラが弱くなってきました。いまでは安全ピンすらくっつきません。これって、いったいどうしたら復活させることができますか?ご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 日が経つにつれ、チカラが弱くなってきました。

「減磁」という現象ですね。I 型と U 型をお持ちなら,使用していないときは互いに接続させておき,磁気回路を作っておくと減磁が少なくて済みます。黒色のフェライト磁石は減磁はほとんどないのですが,銀色のアルニコ磁石は,磁気回路を作っておかないとどんどん減磁していくので,保存の際は注意が必要です。

> いったいどうしたら復活させることができますか?

再度磁化する以外に方法はありません。減磁の様子から,お手元の磁石は恐らくアルニコ磁石ではないかと推測しておりますが,アルニコ磁石はほどほどの磁場でも磁気飽和させることができます。大型のネオジム磁石などの強力な磁石を買うか借りるかし,これをお手元の磁石と接続させれば,ほぼ元の状態に戻るでしょう。接続時間は一瞬で大丈夫です。加熱も不必要です。

Q前後のトレッド幅について。

普通、車のトレッド幅は前輪が後輪に比べて広くなっていますよねぇ。
それで前項輪とも面位置にしたくて同じ幅のスペーサーを使うとどうしても後輪が内に入り気味で格好悪いのですが、前項輪のトレッド幅を同じにすると何か影響はありますか?
特に4駆は前後トレッド幅に差がありますが、いったいトレッド幅とは何に影響するのでしょう。結構攻めた走りもするので、走りについての影響がどんなものか気になります。

Aベストアンサー

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なくなり、空気入りタイヤの特性上、左右輪の摩擦力の総和が大きくなります。
 これがナニを意味するか、と申しますと、カンタンに解釈するとトレッドを広げた方がカーブを曲がる時の遠心力に耐えるチカラの大きさが大きくなるという事です。
 特にフロントサスをワイド化した場合、車両の動きがよりクイックになる、直進安定性が悪くなる、などの変化が起こります。勿論、トレッドを狭めるとこの逆、よりダルになる、直進安定性が向上する、などです。
 ちなみに、フロントトレッドをホイールオフセットだけで変えると必ずハンドル手応え感が変わりますが、ノーマルの値からトレッドを広くしても狭くしてもだいたい悪化するので注意が必要です。

 で、リヤのトレッドがナゼ狭いか?の点ですが、通常の市販車では、例え静的に50:50の重量配分でも、旋回時の荷重移動量は、操舵による走行抵抗の増加やフロントまわりとリヤまわりのロールの硬さ(ロール剛性と言います)の違いなどにより、フロントの方が大きくなりがちです。これでは勿論アンダ・ステア(US)が強くなってしまいますが、そこで、このUSを弱める為に、リヤサスの限界を少し落としてやる必要があるワケです。

 よって、リヤトレッドだけを広げる行為は、力学的にはUSを強める方向となりますが(一方直進性は向上しますが)、但し、これが全て悪いかとゆぅとそぅでもありません。
 御質問の方はそれなりにハードに走られる方の様ですので、運転しやすいかどぅかは置いといて、とりあえず速いか遅いかで判断しますと、USが強い事が必ずしも遅いとは限りません。多くの方が思い違いをされていますが、クルマが速い/遅いは旋回しやすさだけでは決まらず、速く走る為にはまず1mでも前に出る性能が必要になります。実際、流体力学的に幼稚でタイヤもプアな'75~'76年頃までのF1では、コーナからの脱出加速でタイムを縮めなければならない為、リヤトレッドが極端に広く異常にテールヘビーな強USレイアウトとなっています(タミヤのプラモで観察出来ます。リヤウイングステイにオイルタンクとオイルクーラーを内臓したロータス72や、リヤトレッドに対して極端にフロントトレッドが狭いブラバムBT44Bなど、今日のF1ではまず考えられません)。
 この点、旋回しやすくチューニングされたマシンでは、前に出る性能(トラクション)が犠牲になっている場合が見受けられます。すばらしく曲がりやすいが、踏んでも踏んでも加速せずにイライラしているハチロクオーナーの方は、結構多いのでは無いでしょうか?

 御質問の様子では、恐らくリヤトレッドを拡大する、と言ってもせいぜい10~20mm程度ではないでしょうか?これがどの程度ハンドリングに影響するかは、駆動方式にもよりますし、実際にやってみなければ判りません(フロントに比べ、リヤトレッドの拡大は判りにくい、と言う事もあります)。自分の経験ではさすがに15mmも拡大すると差が判りますが、これはテストドライバレベルの話ですし(上級のテストドライバでは10mm以下の差でも感知します)、ご本人が気になさるかどぅか?も重要な要素です。
 尚、サスペンションは、実はエンジンのチューニングよりずっと危険な状態になりやすい要素を内包しており、運動力学的な検討を加えずにヤミクモにイジるのはお勧め出来ません(この点、ホイールベースとの兼ね合いやLSDへの負担等、トータルバランスを訴えられている他の方の御回答は、さすがgoo回答者となるほどの方、と申せましょう)が、この程度のトレッド拡大なら、クルマの限界特性をある程度以上把握されている方であればそれほど危険な事にはならないでしょう。

 長くなりましたが、左右荷重移動量の話が出たところでついでに。
 左右荷重移動量を増やすと旋回の限界が下がる事はご説明いたしましたが、シャシばねを固めてロール剛性を上げると、過渡的には左右荷重移動量が増加し、見かけ上、旋回限界が下がります。これは多くの方が思い違いをされており、意外な話かもしれませんが、物理的な法則ですのでサスのチューニングやタイヤの選択では越えられません。レーシングカーのばねがヤミクモに硬いのは空力的付加物(ウイングなど)によるダウンフォースが大きいからで、ダウンフォースがほとんど期待出来ないロードカーには当てはまりません。
 日本車では考えられない様な超高速を日常的に出さなければならない欧州車(ドイツ車に限らず、欧州車は旅行等でアウトバーンを走る可能性を考慮しなければなりません)のサスは、VWやオペルなどは勿論ポルシェやロータスでさえ意外なほどタップリとロールしますが、このシャシばねのヤワさはこんな事情からも来ています。

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なく...続きを読む

Q磁気を取り除きたいんですけど。

例えば、金属などに強力な磁石をくっつけると、
それ自体が磁力を帯びてしまいますよね。

今回の場合はピンセットなんですけど、
細かい作業をしてるもんで、引っ付くのは困るんです。
こういった、磁力(磁気)を取り除くにはどうしたらいいんでしょうか?
アドバイスお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

消磁器を使うのが一般的ですが、電磁石と交流電源でも可能です。電磁石に交流を印加しておき、そこに消磁したいものを貼り付けた状態からゆっくりと十分な距離になるまで離していきます。これで消磁できます。

電磁石にはいらないトランスなどをばらしても使えます。

Q電圧を掛けずにシャフトを回すモーターブレークイン

こんにちは、模型用の直流モーターのブレークインに関しての質問なんですが、

例えば、
(1) モーターが20,000rpmで回るように電圧を掛けるのと、
(2) 別のモーターを使ってブレークインするモーターのシャフトを20,000rpmで回す(電圧を掛けない)

この2つの方法はどちらも同じ効果が得られるのでしょうか?

但し、電圧を掛ける方式のブレークインでは磁石が熱くなって磁力が落ちないように、冷やしながら行います。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電圧を掛ける方法で、なじみの無い初期から高い電圧を掛けていくと火花も大きくなりかえって表面を痛めることが多いのです。
火花が出ると早くなじむように感じますが、荒いなじみになります。
そのため、電圧を掛ける方法では、最初は低い電圧にして火花が大きくならないようにします。

この点、別のモーターで駆動する方法は、火花が出ませんから、比較的に高速で綺麗になじみ(当たり)を出すことができて、時間も早くできると思います。
2台のモーターは、それぞれ多少の心ブレがありますからフレキシブルなジョイントでつなぐ方が良いです。

よくなじんできたのを確認できたら、単独で電圧を掛けて仕上げをすると良いと思います。

Q1.5Vの乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?

1.5Vの乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?

乾電池とACアダプターの両方で動作できる機器のACアダプターはどの製品を見ても350mAです。
つまり、乾電池も350mA程度(もうちょい低いかも)の出ると考えてもいいのでしょうか?

たとえば)
私の家のキーボードは単三電池を8個(直列)をいれて動きます。
そこで、付属のACアダプターを見てみると12V350mAでした。
つまり、計算上電池一本は350mAの出力が出ていることになります。

ちなみに、電流についてはいまいちよく知りません。
ふと疑問に思ったので質問しました。
回答お願いします。

Aベストアンサー

>つまり、計算上電池一本は350mAの出力が出ていることになります。

までのあなたの仮説はほとんど正しいですね、 乾電池は350mAのほぼ電流を取り出せているといえます。

言葉の定義ですが、 電流は mA で、電気の流れる速さのようなもの。
出力というのは、電圧×電流 つまり電力というものです。

次に、
>乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?
という初めの質問だけに答えるとします。

流そうとする電流は、機器の抵抗などによって変わります。
ただ、大きな電流を取ろうとすると、電池は電圧が低下して、使えなくなる(機器を動かせなくなります)

瞬時であれば、数A(アンペア)流せますが、そんな使い方をする機器は、まずありません。

カメラの外付けストロボは、1Aぐらいの電流を使い、一回のストロボ発光につき、数秒から20秒ぐらい電流を流します。 それを何度も繰り返せます。

お使いのキーボードが350mAを流すとすると、数時間連続で使えると思います。
電池の良しあしや、連続で使うかなどの条件によって変わるので一概に計算できません。


人気Q&Aランキング