23区でも水道水に1リットルあたり210ベクレルもの放射線が検出されました。
日本は先週、基準を30倍に緩和したようなのでまだ「乳児の飲用に不適」といっていますが、
実は、WHOの基準の21倍にもなる値のようです。

ところでヨウ素131の沸点は184度だそうですが、
ということは、家庭でも水道水を蒸留することによって、
放射性ヨウ素を取り除くことができるのでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

> ところでヨウ素131の沸点は184度だそうですが、


> ということは、家庭でも水道水を蒸留することによって、
> 放射性ヨウ素を取り除くことができるのでしょうか。

・可能のようですね。
九州電力「玄海原子力発電所環境放射線モニタ」の仕組みは、蒸留方式ですから。

下記URLの「Q発電所で発生する液体廃棄物はどうやって処理しているのですか?」を参照。
http://www.kyuden.co.jp/nuclear_real_genkai_qa_env

放射性物質を100%除去できなくても、かなり除去できそうです。
家庭で水道水を蒸留するには、グラグラ沸騰させず静かに蒸留した方が、より安全な蒸留水が得られると思います。

・ヨウ素は原子番号53,沸点184℃
・セシウムは原子番号55,沸点671℃
どちらも、重たくて、沸点も高い。

早速、ウチで一番デカイ鍋(パスタ鍋)と熱帯魚用設備「ヒーター、ホース、パイプなど」で、早速、蒸留器を作ってみる事にします。
    • good
    • 0

この質問が検索上位にhitするので取り急ぎ失礼します。



信用されてた東大様が
ごめんちゃい してます。

参考URL:http://twitter.com/team_nakagawa
    • good
    • 0

揮発性をすりかえた流布です。

東大教授は高揮発性に着目しました。一方は、水と全く揮発性が同じなので増えると流布しています。
    • good
    • 0

科学的な立場から、デマの流布や混乱があってはいけないので回答をきちんとします。


 放射性ヨウ素は陰イオン(ヨウ素酸イオン、ヨウ化物イオン、溶存状態は余程の河川水の高度な専門家でないと断定できない。原子炉から出たヨウ素と天然のヨウ素と少し違うかもしれない。ただし陰イオン化していることは間違いないだろう。基本的にヨウ素は陽イオンにはならない。大気中の存在状態ともことなると思われます)として溶けていると考えられる。

(1)家庭用浄水器について
 河川水で今回検出されている。東京都は浄水過程で、既に高度浄水化(世界一といわれる)。この浄水化過程も既に活性炭を使用されて処理されているのですが、活性炭はイオンをほぼ吸着しないので問題となっている訳です。したがって家庭用浄水器は無力です。ですから、浄化できる高額な浄水器なんて惑わされて買わないです下さい。ただし下記(5)に説明しましたRO浄水器は状況によって程度は違いますが有効です。

(2)煮沸について
  ヨウ素(イオン化していない状態)ならば、気化し易く、煮沸も意味があります。しかしヨウ素がイオン化している場合は、全く気化しません。したがって煮沸は全く無意味で、むしろ水が少なくなる分だけ濃縮されます。逆効果です!

以下は家庭ではできないが・・・
(3)蒸留について
  解り易く云えば、蒸留は沸騰した湯気を集めて、また水にすることです。つまり上の(2)の湯気にはイオンは含まれて来ません。したがって蒸留水は、放射線ヨウ素をかなり除去できる可能性が高いと思われます。
しかし、蒸留は沸騰している水の飛沫が飛ばないような蒸留(]無沸騰での蒸留)をしないと、厳密には除去できません。
なお家庭でやるのエネルギーの浪費につながりますし、計画停電下ではとても推奨できません。

➃イオン交換について
 これは専門的になりますが、陰イオン交換樹脂を使用すれば、除去出来る可能性があります。ただ、非常に低い濃度で存在するので、濃縮過程必要かも知れず単純なではないのです。無沸騰蒸留の方が簡単です。一般の方は入手は簡単にはできません。

(5)逆浸透について
 さらにかなり専門的になますが、非常に細かな穴(二ナノ以下)特殊なプラスチックの膜を使うと純水が得られます。これはアラビアなどの淡水化フラントなどにも使われています。大学や研究機関の実験室などでは、イオン交換、紫外線処理、逆浸透、蒸留を組み合わせて、超純水を作ります。専門的な説明になりますが、イオンの大きさは一般には0.15ナノ以下で、イ
オンが分離されるのは、水の中ではイオンの回りに水和水が一体となって存在しているので分離されます。最近は水宅配業者やスーパーなどがRO浄水器での水を提供しています。ミネラル(イオンが大部分)は除去されています(ミネラル分がなくなるので私は推奨しない)。高価な家庭用のRO浄水器と呼ばれるものも出ています。しかしこの膜は少し穴が大きいものが使われているとも云われています。この膜は厳密なイオンの分離というよりは汚水を飲料水にする特殊用途などにも使われます。理論的に逆浸透水は、浄水化条件(膜性能、廃棄水の割合など)によりますが、かなり放射性ヨウ素種の除去に有効であると思います。市販ミネラル水が入らない人はスーパーのRO水は幼児用としても使えるかもしれません(厳密には各スーパーなどに問い合わせてから使ってください)。家庭用よりはマシと思います)。RO水業者は90%以上は除去できると言っているようです(つまり原水が20倍程度汚染されると駄目ということになります)。

以上で、相当な専門家レベルの正しい知識(多少それぞれの分野の専門家から見ると間違いはあるかもしれませんが)を身に付けられるので、後は適切に判断して行動してください。発表されているものが正しければ、直ぐに人体に影響があるものではない(今日現在の汚染レベルの東京の水を一ヶ月飲み続けたとしても)ですが、現状が長期間続くと対策は必要ですので、参考になれば幸いです。

【放射性セシウム】ヨウ素とともにセシウムも問題となります。これば水の中では、必ず一価の陽イオンとして存在します。
カリウムやナトリウムイオンと科学的には良く似た性質を示します。これもイオンとして存在する為に、以上のことは当てはまります(イオン交換には陽イオン交換樹脂が必要です)。ただ半減期がヨウ素の8日に比べて30年と長いので注意が必要です。

大気汚染は拡散も早く風が吹けば解消されていくのですが、水は山が汚染されると心配です。早くこの問題が解決されることを祈ります。何か質問があれば、書いておいてください。可能な範囲でデマなどが流布しないようにお答えしたいと思います。
    • good
    • 0

最近は東大、京大以外は信用しないようにしています。



http://twitter.com/team_nakagawa/status/50379623 …
    • good
    • 0

固体であれば「ほうれん草」の中に入らず農家もほくほくでした。

    • good
    • 0

ヨウ素成分の多くは固体なので、蒸留して留分を取得することで


除去可能でしょう。あくまで煮沸ではなく蒸留であり、取得するのは留分側です。

ただ、それを家庭で実現可能かと言われれば道具の関係上難しいのではないでしょうか?
    • good
    • 0

ヨウ素131は高揮発性物質であり、煮沸除去可能であると聞きました。


また、活性炭もある程度効果が期待出来るらしいです。

私が聞いた話とここの内容では乖離度が高すぎます。
    • good
    • 0

どうも、核種のみに注目しすぎて


物理化学的性質を無視した回答が見受けられます。

確かに、単体ヨウ素であれば、昇華性は強いですが、
イオン状ヨウ素は、昇華するとは思えません。

セシウムにしても、金属セシウムの状態ではなく、
セシウムイオンの状態で存在すると考えられます。

蒸留ならばともかく煮沸で取り除けるとは思えません。

責任は持てませんが、全てイオン状であれば、
イオン交換樹脂のほうが取り除きやすいような気がします。
    • good
    • 0

ヨウ素131は昇華性が高いので、それを蒸留で取り出す事でこれが製造されています。


逆に水の方を蒸留してと言うのも理屈からすれば可能だとは思うのですが、粒状が小さいので分離効率が高くないような気がします。

つまり蒸留して純水を作った方が良いのか、煮沸してヨウ素を飛ばした方が良いのか。

ROなどで濾過してしまうのが一番楽な気がします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q放射性ヨウ素131は、1グラムで何ベクレルですか?

このところセシウム137とヨウ素131が度々出てきますが、
セシウム137の放射能は1グラムで3.215TBqなどと書いてあります。

しかし、ヨウ素131については、書いてあるものを見つけれませんでした。
半減期が約8日と短いので、書く必要が少ないのかもしれませんが、
1グラム当たり、何ベクレルなのか教えてください。
それと計算で出せれるなら、その計算式も教えてください。

Aベストアンサー

面倒な話は抜きにして、基本的なことだけです。

放射線は、放射性物質の原子がこわれて別の原子に変わるときに出ます。1個の原子が壊れると、1~2種類の放射線が1個放出されます(だから、2種類の放射線が出るなら2個の放射線が出ることになる)。ヨウ素131の場合は、ベータ線とガンマ線が出ます。この場合、ベータ線を計らないように(1mm程度のアルミ板で遮蔽)すれば、ガンマ線だけを計れるので、

ガンマ線の数=壊れた原子の数

になります。
この場合、ベクレルというのは、1秒間に測定されたガンマ線の数(線源を球形に全部囲んだときの数として数える)なので、これは、1秒間に壊れる原子の数になります。

1秒間に壊れる原子の数は、そのときにあった原子の数に比例することが知られています。したがって、

「1秒間に壊れる原子の数(dN/dt ベクレル)」=「比例定数λ」×「そのときある原子の数N」

という式です。
比例定数λと、そのときある原子の数Nがわかれば、1秒間に壊れる原子の数(dN/dt ベクレル)がわかります。

上式は、放射性壊変の基本式として、

dN/dt=λN

という、簡単な微分方程式ですが、これを解くと、半減期Tとλの関係が求められて、

λ=0.693/T

になります。

T=8.04[日]=8.04×24×3600=6.95×10^5[秒]
なので、

λ=0.693/(6.95×10^5)=1.0×10^(-6)[1/秒 ]

でλはわかりました。

次に、質問の、ヨウ素131の1[g]に何個の原子があるか計算します。

ヨウ素131は、1[mol]=131[g]で6.0×10^23個の原子を持つから、1[g]では、

N=1/131×6.0×10^23=4.6×10^21[個]

の原子になります。

Nとλがわかったので、ベクレルは、

dN/dt=λN=1.0×10^(-6)[1/秒 ]×4..6×10^21[個]=4.6×10^15[個/秒]=4600[TBq]

です。

基本的な考え方の流れを示しましたが、逆にベクレルがわかっているとき、どれほどの放射性元素があるのかも求められますね。

面倒な話は抜きにして、基本的なことだけです。

放射線は、放射性物質の原子がこわれて別の原子に変わるときに出ます。1個の原子が壊れると、1~2種類の放射線が1個放出されます(だから、2種類の放射線が出るなら2個の放射線が出ることになる)。ヨウ素131の場合は、ベータ線とガンマ線が出ます。この場合、ベータ線を計らないように(1mm程度のアルミ板で遮蔽)すれば、ガンマ線だけを計れるので、

ガンマ線の数=壊れた原子の数

になります。
この場合、ベクレルというのは、1秒間に測定されたガンマ線...続きを読む

Q下水汚泥に含まれる放射性ヨウ素131

まずは下記URLをご覧下さい。この表の放射性ヨウ素131についてですが,当然原発事故が原因と思いますが,事故から1年以上が経過しています。この事実は,どのように理解したらよいのでしょうか。ご教示下さい。
http://www.pref.gunma.jp/05/h6600049.html

Aベストアンサー

こんにちは。

放射性ヨウ素の半減期は8日と短いのに、
検出されるのはなぜか?ということでしょうか?
福島第1原発から、現在も新たな放射性物質の放出が続いているか、
それとも別の放出源があるのか-ということだと思います。
正確なことは、ほかの地域や環境中の放射線の検証などが必要ですが、
「別の放出源」が原因のように思えます。
バセドー病のような甲状腺障害の治療には、放射性ヨウ素が使われ、
それらは当然患者から排泄され、下水に流れ込みます。
去年の原発事故のあとも、各地で散発的に放射性ヨウ素が検出されていますが、
いずれも医療用に由来するものと判断されています。
繰り返しになりますが、群馬県の例が医療用と断定するためには、
さらに検証が必要です。
しかし、検出された量も微量ですので、心配することはありません。

Q福島原発でなぜヨウ素131が未だ減らないのか

私の生活域での水道水中の核種分析でヨウ素131だけが増減を繰り返しています。私の乏しい知識では、ヨウ素131は自然に生成もしますが、ウラン238の核分裂による生成が主なものと認識しています。また、半減期は8日ですからもう40日以上になりますから新たに核分裂していないのなら減少の一途のはずです。

原発が再臨界しているのならわかりますが、保安院等の発表では再臨界はしていないと言います。再臨界していないでヨウ素131が減らない理由をご教示下さい。

Aベストアンサー

地震発生時まで稼動してい福島第一原発の原子炉は1号機(46万KW)、2号機、3号機(各78万KW)で原子炉停止時の放射性ヨウ素131は半減期約8日で1/2に16日で1/4,24日で1/8に減衰していきます。

>ウラン238の核分裂による生成が主なものと認識しています。
この核分裂は中性子を吸収してプルトニウム239経由の核分裂で放射性ヨウ素全体の30%程度を占めます。残りの70%はウラン235の直接の核分裂により生成されたものです。
大雑把な計算では前者を無視して、後者の反応だけでの試算結果では、稼動していた3機の原子炉に停止時に残っていた放射性ヨウ素は約3Kgのオーダーで46日経過していますので半減期を5回過ぎて居るので放射性ヨウ素は1/32の約100g程度原子炉に残っていることになります。
これは46万ベクレル(46京ベクレル)に相当します。なのでまだ一連の水素爆発で環境中に放出された放射性物質相当の放射性ヨウ素が3機の原子炉の中に残っています(無視しているプルトニウムからの放射性ヨウ素分と既に爆発で放出された分を無視しているので大雑把な計算です)。また水素爆発が起これば放射性ヨウ素の外に、半減期約30年の放射性セシウムが加わり長い期間放射能を出し続けます。それが、一様ではなく風向きや降雨で均一でなく場所によって高濃度の汚染をします。チェルノブイリやスリーマイル島原発事故は4日や7日で放射能閉じ込めに成功したのに対し、日本の原発放射能放出汚染の閉じ込めは6ヶ月~9ヶ月も先のことで、これからももっと広範囲(都道府県の陸地と海洋汚染)を放射能汚染し続けることでしょう。政府は放射能汚染閉じ込めを緊急に行わず何を考えてだらだらと思いつきの行き当たりばったりの対策をやってるのでしょう。原発作業者や原発周辺の放射能汚染被災を受ける(これからも増え続ける?)一般国民はただ被爆者になり被災者にされるだけでしょうか?

詳細な計算法は参考URLをご覧下さい。

まだM8クラスの地震が予測され今回の津波と同程度の物が、既存の原発を襲う可能姓が非常に高い確率であります(青森沖、房総沖、東南海地震)ので、地震・津波対策をするまで原発を停止したり、対策工事を緊急にしないと日本列島に同様の原発事故が起これば日本列島全体が放射能汚染され逃げ場、避難場所も無くなるかも知れません。原発の安全神話が崩れた現在、国民は懸命な選択をしないと将来は無いでしょう。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/elm200/20110326/1301118597

地震発生時まで稼動してい福島第一原発の原子炉は1号機(46万KW)、2号機、3号機(各78万KW)で原子炉停止時の放射性ヨウ素131は半減期約8日で1/2に16日で1/4,24日で1/8に減衰していきます。

>ウラン238の核分裂による生成が主なものと認識しています。
この核分裂は中性子を吸収してプルトニウム239経由の核分裂で放射性ヨウ素全体の30%程度を占めます。残りの70%はウラン235の直接の核分裂により生成されたものです。
大雑把な計算では前者を無視して、後者の反応だけでの試算結果では、稼動していた3機の...続きを読む

Q1リットル中100ベクレル ヨウ素原子何個に相当?

23区でも水道水に1リットルあたり210ベクレルもが検出されました。
日本は先週、基準を30倍に緩和したようなのでまだ「乳児の飲用に不適」といっていますが、
実は、WHOの基準の21倍にもなる値のようです。

さて、この放射線がすべて「放射性ヨウ素」によるものだと仮定してですが、
ミクロな考え方をした場合、
1リットル中に、放射性ヨウ素の原子が何個入っている、と考えればいいのですか。

どのように計算すればいいのか分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

放射性物質の壊変の式
dN/dt=-λN
dN/dt:毎秒壊変原子数
N:そのときの原子数
λ:壊変定数

微分方程式です。
これを解くと、半減期Tとλの関係が求められて、
λ=0.693/T
になります。

ヨウ素131の半減期Tは、
T=8.04日=694656秒
だから、
λ=0.693/694656=9.97616×10^(-7)[1/s]

210ベクレルということは、毎秒壊変原子数が210個ということです。
で、
dN/dt=-210[個/s]
です。(微分方程式では、時間がたつと減っていく場合「-」にします)
で、
N=(dN/dt)/λ=210/9.97616×10^(-7)=2.105×10^8[個]

残っているのはここから210個引くんだけどそんなの引いてもどうということはない。
2億1千万個です。

これは、ヨウ素
2.105×10^8/(6.022×10^23)=3.50×10^(-16)[mol]
で、
3.50×10^(-16)×131=4.58×10^(-14)[g]=0.0000000000000458[g]
入っていることになる。これは、ふつうの方法では計れない。こんな微量なものを計るはかりはありません。
放射線を使うから求められる値です。
念のため、微量だから害はないといっているのでありません。

毎日飲み続ければ、そのうちものすごく運が悪ければ、何らかの障害を起こすかもしれない。それより、ほかのことで運の悪いことが起こるのが先でしょう。「運が悪い」と書きましたが、ふざけているわけではありませんよ。放射線障害が起きるかどうかは、確率の問題なんです。

放射性物質の壊変の式
dN/dt=-λN
dN/dt:毎秒壊変原子数
N:そのときの原子数
λ:壊変定数

微分方程式です。
これを解くと、半減期Tとλの関係が求められて、
λ=0.693/T
になります。

ヨウ素131の半減期Tは、
T=8.04日=694656秒
だから、
λ=0.693/694656=9.97616×10^(-7)[1/s]

210ベクレルということは、毎秒壊変原子数が210個ということです。
で、
dN/dt=-210[個/s]
です。(微分方程式では、時間がたつと減っていく場合「-」にします)
で、
N=(dN/dt)/λ=210/9.97616×10^(-7)=2.105×10^8[個]

残っているのはここ...続きを読む

Q放射性物質の量(単位:ベクレル)?

インターネットで調べていると、「放射性物質の量(単位:ベクレル)」という記述が目に付きます。
ベクレルというのは放射能についていうのであって、物質の状態の量ではないと思うのですが。
(放射性の有無に関わらず)物質の量については質量を単位とすべきだと思うのですが、いかがでしょうか。
計量法とは異なる表記なのでしょうか。

Aベストアンサー

おっしゃるようにベクレルやキュリーは放射能の単位であり、「放射性物質の量」ではありません。
慣用的に「放射性物質の単位」として使われる場合も多いようですね。

そういった文脈の場合、
「 ベクレル → 質量 」よりも「 放射性物質 → 放射能」として読み替えたほうがすっきりすることが多いように思います。個人的に。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報