出産前後の痔にはご注意!

参加率が年々悪くなっているので、今回は参加賞として、金一封(3000円ぐらい)もしくは、図書券かクオカードぐらいを検討しています。
そこで気になるのが、給与課税の問題なのですが、

現金の場合は当然ながら課税されるとして、図書券・クオカードの場合はどうなるのか。金額に上限はあるのか・・・
どなたか、よろしくお願いいたします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再び、#1の者です。



#2の方の回答に対してですが、今回のケースでは、紛れもなく使用人としての地位に基づいてもらうものですので、給与所得以外の何物でもありません。
少なくとも、雑所得にはなり得ません。

会社側が給与扱いするかどうかではなく、所得税法の上では給与扱いなのです。
給与扱いしていなかったとしても、調査で見つかれば給与として認定される可能性大です。

というより、そもそも今回のご質問は、もらう側でなく、会社側の処理として、ご質問されているので、ちょっと回答の趣旨がずれてしまっているような気がします。

それと、ついでに後半部分の回答について、僭越ながら、訂正をさせて頂きます。

>ちなみに雑所得として計上できる様でしたら20万
円まで非課税です。

これは違います、非課税ではありません。
ただ、給与所得者の場合には、給与所得以外の、例えば今回のような雑所得などの金額が20万円以下であれば、確定申告をしなくても良い、というだけのことです。
ですから、給与所得者、すなわちサラリーマンに限られた規定で、もともと確定申告している人については、この金額を所得に含めて税金を計算しなければなりませんし、サラリーマンであっても、医療費控除や住宅取得控除等のために確定申告する際には、20万円以下であっても所得に含めて計算しなければなりません。
下記サイトも参考にしてみて下さい。

>懸賞やプレゼント扱いと同じく
>低額であれば課税対象にはなりません。

これも違いますね。
これらは一時所得であって、上述の雑所得とは、別の所得区分のものですし、計算方法も違います。
一時所得については、最高50万円までは特別控除額がありますので、その範囲内であれば税金がかからない、というだけであって、上記の20万円の雑所得のケースと、全く所得区分も意味も違いますので、区別して考えなければならないと思います。

>給与扱いかどうかがポイントとなります。

何度も念を押しますが、扱いはポイントではなく、事実がポイントです。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1900.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりまして申し訳ございません。
大変わかりやすく説明頂きましてありがとうございます!!!
くだらない質問に、貴重なお時間をさいて頂きましてありがとうございました。
勉強になりました。
またよろしくお願いします!!

お礼日時:2003/10/03 18:55

雑所得として処理されていいものと思われます。


但し企業側が給与として支給する様でしたら話は
別でしょう。上記金額であれば給与扱いしないもの
と思われます。その点は会社に確認してください。

ちなみに雑所得として計上できる様でしたら20万
円まで非課税です。懸賞やプレゼント扱いと同じく
低額であれば課税対象にはなりません。
給与扱いかどうかがポイントとなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅くなり誠に申し訳ございません。
実務的なアドバイスを頂きましてありがとうございます。
大変参考になりました!!
給与扱いにならないように、全員に支給するのはやめて、別の形にしたいと思います。
ありがとうございました!!

お礼日時:2003/10/03 18:58

参加賞、という事であれば、現金でなくても、やはり給与扱いになると思います。



例えば、忘年会におけるビンゴゲームによる賞品、というのであれば、いわば偶発性の強いゲームに基づくものですので、そこまでは給与課税はしないかもしれませんが、参加賞と言う事であれば、単に使用人としての地位に基づいてもらうもの(不参加者には支給されなくても)ですので、図書券でなくても、通常の物品でも、給与課税されると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(^^)
返事が大変遅くなり、申し訳ございません。

>図書券でなくても、通常の物品でも、給与課税されると思います。

げげっ!!驚きです。
偶発性ですか・・・
検討し直します。ありがとうございます(^^)

お礼日時:2003/09/24 09:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交際費か給与課税か福利厚生費(会社損金)か

会社で経理をやっています。会社で、毎年ホテルの大広間で全社員参加のクリスマスパーティをやっていまして、その内容は、優秀社員表彰、10年勤続表彰、ビンゴ大会、エンターテインメント、慰労懇親会です。

その費用は以下のとおりです。
ホテルの会場・設備費用50万円
ホテルの飲食費用一人あたり1万円程度
優秀社員商品 時計50万円
10年勤続表彰賞金 一人10万円
ビンゴ大会景品30万円(20個ほど)
エンターテインメントのバンド出演者の費用30万円
ホテルまでの各人の公共交通費

交際費処理しなくてはならないもの、
給与課税しなくてはならないもの、
会社の経費(損金)でよいものそれぞれ教えてください。

Aベストアンサー

先の回答者の言われるように豪華なパーティでしたね。

ご質問のような現物給与の税務の取り扱いとしては、原則として給与課税、ある基準以内であれば課税しないという姿勢です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2591.htm

> ホテルの会場・設備費用50万円
> ホテルの飲食費用一人あたり1万円程度
> エンターテインメントのバンド出演者の費用30万円
> ホテルまでの各人の公共交通費
以上が、宴会費用と言えると思います。
参加人数が示されませんので一人当たり金額が不明ですが、宴会費用として常識的なものであれば給与課税、交際非課税の対象としなくても差し支えないと思います。

> 優秀社員商品 時計50万円
これは、さすがに豪華商品と言えましょう。
給与課税の対象と考えます。

> 10年勤続表彰賞金 一人10万円
現金支給の場合は、金額にかかわらず給与として課税されます。
(上記URL後段)
なお、商品の場合にはこの程度の金額までは給与課税しなくても差し支えないと考えます。
http://amano-z.com/hj/jitumukouza/genbutu_kyuyo.htm#6

> ビンゴ大会景品30万円(20個ほど)
これは、私としては宴会費用と考えます。上記の宴会費用と併せて「社会通念上相当な範囲」かどうかを判断することになろうと思います。

それにしても、平均単価15,000円とは、ビンゴ大会景品としては一般的な商品の範囲を超えていると思います。

あまりに高額な商品は今後控えられた方がよろしいのではないでしょうか。
もらう側にすれば本当に欲しいものは別として、賞品をもらって源泉所得税が課税されるというのは割り切れない気持ちが残ると思います。
また、税務当局は調査の際このような豪華宴会は何とかして課税しようと考えるものです。

先の回答者の言われるように豪華なパーティでしたね。

ご質問のような現物給与の税務の取り扱いとしては、原則として給与課税、ある基準以内であれば課税しないという姿勢です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2591.htm

> ホテルの会場・設備費用50万円
> ホテルの飲食費用一人あたり1万円程度
> エンターテインメントのバンド出演者の費用30万円
> ホテルまでの各人の公共交通費
以上が、宴会費用と言えると思います。
参加人数が示されませんので一人当たり金額が不明ですが、宴会費用として常...続きを読む

Q課税かどうか?

社内研修の中でイベントを行います。
そのイベントで社員に商品券や会社の製品(菓子、飲料など)を景品として渡すのですが、
源泉の課税対象かどうかの区分は金額によるのでしょうか?
それとも物によるのでしょうか?
どのような場合に課税対象となり、課税率は何%になるのかを
教えてください。
またそのようなことがわかるサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

>5000円の商品券でも現物給与としはならないのでしょうか?

ご質問は 少額不追求に該当するか否かのご質問かとおもわれます。
(現物給与でも少額なものは、あえて源泉徴収しなくても良いというものです)
しかし、金額について明文化された通達はありませんから、過去事例から判断
するしかありません。

原則論であれば
 ○5000円の商品券は金銭支給と同じであり、源泉徴収が必要と思われます。
   (券面金額どおりの現物支給となります)
 ○会社の製品である、菓子・飲料は少額であり、社会通念の範囲内と思われ
  ますので、源泉徴収の必要は無いと思われます。
しかしながら、多数の参加者に対するレクレーションの景品として5000円の
商品券を配付することは、レクレーションの性格と金額から微妙な問題と思
われます。
5000円の商品券が数枚配付されるだけであれば、税務調査時に問題とされる
事は少ないでしょうが、多数配付されるのであれば事前に税務署にご相談さ
れることをお奨めします。


人気Q&Aランキング