基本的な質問だと思うのですが、違いを教えてください。

1)
I will be coming back.
I will come back.

です。どちらも<未来>で
戻ってくるつもりです。という意味だと思うのですが、
何かニュアンス的に違うのでしょうか?

2)
Im going to leave for japan.
Im leaving for japan.

多少の時間的な違いがあるのでしょうか?
違いがあれば教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Gです。

 makko2003さん、こんにちは、

これは学校の先生も使える英語として教えるとしたら、非常に難しい物と思います.

1)
I will be coming back.
I will come back.

なぜかというと、両方とも未来の事であるし、意志でもあるわけです. どちらも、帰ってくるつもりだ、ということです.

はっきり言って、文法的に未来形、未来進行形と分けてしまうから、問題が起きてしまうんですね. 私の例文を他の解答で見ていただければきがつくと思いますが、will be -ingを使った文章がかなりあるのがお分かりだと思います

なぜかというと、will be -ingの方が、必ずするよ、という意志がより強く出せるからなんですね. 確かに、I will come backは意志を出していますが、あまりにも、この文章が、使われすぎて「社交辞令」のようになってしまってきているから、と私は感じるからなんですね.

ですから、I will come back.というと、Really?本当?と問い返され、I will be coming back.と言い直す、ということなんですね. 言い方をかえると、I will come backという表現の「威厳さ」がなくなってきている、ということです.

つまり、使える英語としては、どちらの表現もそんなに違いはない、ということです.

また、意志をはっきり出したければ、文章だけでなく、単語にアクセントを置き、そのフィーリングを出します. I WILL come BACK.として、そのフィーリングを出すという事です.

また、意志を出す、ということを助詞という物に頼らず(また、誤解を防ぐ、ということでも)I will be definitely coming back.という表現で、副詞を使ったり、Trust me, I will come/be coming back.と文節を追加したり、You can kill me if I don't come backと同じフィーリングを違う言い方で示す事が出来ます.

また、#2さんが、「戻ることの意志を問う用法」という事をお書きですが、両方の言い方で意志を問う使い方をします. これは、Are(n't) you hungry?と聞いて、本当は自分も食べたいという事を伝える,という、用法と全く同じ事で、この言い方だけではない、ということです. 日本語でも言いますね.「おなかすいてない?」といって、何か食べようよ、という意味で使われますね.

Do you have a watch?と言ってあなたは時計を持っていますか?という意味と、今何時か教えてください、という意味でも使われる、ということも同じ例ですね.

Will you be coming back?といって、本当に帰っくるの?と意味でも使われる、ということです. カジノへ行って、隣の人がトイレに立つ時に、席をとっといてほしいときに、Will you keep this seat for me?と聞かれ、Will you be coming back?本当に帰ってくるのですか、と聞き返している、という場面はよくあります.

2)
Im going to leave for japan.
Im leaving for japan.
ですが、この文章だけでは、出発する、という意味では誤解がある文章です. これに、いつということが追加してあれば、多分、「日本に行く」という事が感じ取る事が出来ますが、この文章だけ初めに聞いたとしたら、どちらも、日本に引越しする事になったよ、という意味に取ります. leave forという単語について、ここでも書いたことがありますが、日本に向けて行く、というフィーリングよりも、日本に向けてここを去る、というフィーリングなんですね. だから、引越しする、という意味になるんですね.

日本語の「アメリカに行く事になりました」という肩をして、行く、ということではなく、アメリカに住む、ということを言う時が多い、ということと同じ事だと思います.

つまり、この文章を使うときに、、前後する文章で、飛行機は、とか、バケーション、とか、ビジネストリップとかいう表現が入ってくれば、単に日本へ行くんだ、という意味になりますが、この文章だけでは、そのフィーリングが入ってきません.

難しいところだと思います. 辞書に書いてある意味をそのまま持ってきて日本語の文章を作ってしまい、その日本語自体が気に入れば、そういう意味だ、と信じてしまう危険性がある、ということでもあります.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも具体的な回答ありがとうございます。
正直に言って、混乱気味になりました・・・
最近、目で見える英語にしか触れていなくて。
どうしても文法を考える時のほうが多くなってます。
Ganbatteruyoさんの、フィーリングで伝える、というのはとても大事な事だと実感します。

お礼日時:2003/09/24 15:33

詳しい回答が出ていますが感じた事を書かせて下さい。



1)
I will be coming back.
I will come back.

>どちらも<未来>で
戻ってくるつもりです。という意味だと思うのですが

どちらも未来で「戻ってくるつもり」を表していると思います。
未来形、未来進行形という言い方は学校ではしましたが
実際には両者の間にはさして大きな隔たりはないと思います。
I will doの形でも
I will be doingの形でもどちらでも意志を表す事が出来ます。
#3さんの仰るようにwill be doingの形の方がより強く意志を表しているイメージがあります。
ですのでどちらも意味としては大差ないと思います。


2)
Im going to leave for japan.
Im leaving for japan.

これはどちらも「ここを離れて日本に(向かって)立つ」と云う意味になります。
leaveにはこの場所を離れる、去ると云う意味があるので
for以下はその目的地になります。
現在いる場所が現れる時はleaveのすぐ後に来ます。
leave haneda for America
アメリカに向かって(羽田を)立つ
と云う具合です。

この文章の正確な訳は#3さんも仰っている通り
前後の文章とあわせないと旅行なのか引越しなのか出張なのかまでは分からないです。
この文章だけぽんとあると
「日本に向かうことになりました」「日本に向かって立ちます」
と云う訳になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
2)の訳の回答を見てすっきりしました。

お礼日時:2003/09/24 18:50

makko2003さん、こんばんは。



>1)
I will be coming back.
I will come back.

どちらも未来で、
will be ~ingの形で、未来進行形
「・・しているだろう」「・・するだろう」
ということを表します。

I will be coming back.
私は戻ってくるだろう。

I willの形で、意志未来
「・・しよう」「・・するつもりだ」

I will come back.
私は戻るつもりだ。

I will do my best.
私は最善を尽くすつもりだ。

面白いのは、
What time will you coming back?
何時に戻られることになるのでしょうか?

「何時に戻る予定なのか」を聞くときは、will be coming backを使います。
これを

What time will you come back?
とすると、戻ることの意志を問う用法もある、とのことです。
それを避けるために未来進行形が使われるということです。
また、丁寧で如才ない言い方としてもよく用いられます。

>2)
Im going to leave for japan.
Im leaving for japan.

leave for~ ~に向けて出発する

I'm going to leave for Japan.
私は、日本に向けて出発するつもりです。

I'm leaving for Japan.
日本に向かっています。

のようになるかと思います。
ご参考になればうれしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
what time will you coming back?
初めて聞きました。どうしても文法的に考えてしまうので違和感を感じますが...
what time are you coming back?とも、また違う感じなのでしょうか。
深く考え出すと止まらなくなりますが・・・

お礼日時:2003/09/24 15:02

(1)は、


上のが、私は帰ってきているでしょう(帰ってくる途中。帰路についている状態)。下のは、私は帰って来るでしょう(もう着いている)。って感じでしょうか。

(2)は、
訳せば、上が、日本を去るつもりだ。下は、日本を去ろうとしている。って感じです。上のは去るのが3日後でも使いますが、下のを使うときは、少なくとも空港にいて欲しい感じです。
余計なことを言うと、forは必要ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
2)は“日本を"ではなく、“日本へ”という事が言いたかったんです。きちんとした文章ではなくてすみません。

お礼日時:2003/09/24 14:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング