食品中におけるカビ毒などを分析したいのですが、お勧めのLC/MS/MSがあったら、教えてください。

A 回答 (2件)

お薦めの装置の上限額はありますか?


4千万円台しますが、ウォーターズの
LC-MS/MSがなんと言ってもお薦めです。
4月に登場した物ですが、
マイクロマス社を吸収し、
良いところを取り入れたLC-MS/MSです。
マスリンクスというとても定評のある解析ソフトです。
運が良ければまだキャンペーンやっているかも?

参考URL:http://www.waters.co.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼遅くなって申し訳ございません。
ウォーターズのもうワンランク低い3200万円くらいのにしました。
HPLCはウォーターズを使っているので、慣れとかアフターケアなど、有利かなと思います。

お礼日時:2003/09/27 05:33

> お勧めのLC/MS/MSがあったら、教えてください。



 『お勧めのLC/MS/MS』をお尋ねって事は,装置の購入を検討されているのですね? それとも,お勧めの分析条件をお尋ねでしょうか?

 いずれにしても,「Chemical Abstract」等でどの様な装置を使いどの様な条件で分析しているかをお調べなさい。それが第一歩です。

 もし,装置が既にあるのであれば,装置を管理している方に相談するのも一つです。あるいは,その装置のメーカーに問合せても良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
分析条件ではなくて、装置購入の検討です。
実際に同じような内容の分析をLC/MS/MSでされている方がいらしたら、使用感など伺いたかったということです。

お礼日時:2003/09/23 16:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qaquagirl (アクアガール)がわかりません

aquagirl (アクアガール)とはWORLD(ワールド)の取り扱っているブランドのことかと思っていましたが、aquagirl (アクアガール)と言うブランド名がないみたいです。

aquagirl (アクアガール)のオリジナルブランドcrolla (クローラ)があることがわかりました。

aquagirl (アクアガール)とはテナントの名前のことなのでしょうか?

ヤフーのオークションでaquagirl (アクアガール)の商品がありますが
あの商品はcrolla (クローラ)のことですか?

それともいろいろなブランドでaquagirl (アクアガール)の店で買ったからaquagirl (アクアガール)と表示しているのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

aquagirlはセレクトショップで、海外や日本の他のブランドのものも取り扱っています。
crollaはaquagirlのオリジナルブランドです。

>aquagirl (アクアガール)とはテナントの名前のことなのでしょうか?

テナントというか、セレクトショップの名前です。

>ヤフーのオークションでaquagirl (アクアガール)の商品がありますが
あの商品はcrolla (クローラ)のことですか?

そうだと思います。ブランドタグのアップ写真とかないですか?オリジナル商品のブランドタグは「crolla]です。
例えば、海外ブランドのDESQUARD(デスクアード)をaquagirlでも扱ってますが、そのブランドを出品する場合は、タイトルはDESQUARDで説明が「aquagirlで購入」になると思います。
aquagirlは現在、オリジナルブランドが7割以上ですから、みなさんオリジナルブランド名のcrollaではなく、aquagirlとしてるのでしょう。

私も、crollaの商品を出品したことがありますが、タイトルはaquagirlにしましたね。crollaと言っても知名度ないですし。

aquagirlはセレクトショップで、海外や日本の他のブランドのものも取り扱っています。
crollaはaquagirlのオリジナルブランドです。

>aquagirl (アクアガール)とはテナントの名前のことなのでしょうか?

テナントというか、セレクトショップの名前です。

>ヤフーのオークションでaquagirl (アクアガール)の商品がありますが
あの商品はcrolla (クローラ)のことですか?

そうだと思います。ブランドタグのアップ写真とかないですか?オリジナル商品のブランドタグは「crolla]です。
例えば、海...続きを読む

QLC/MSとLC/MS/MSの違いとは?

LC/MSとLC/MS/MSの違いはナンでしょうか?
LC/MSの理論をきちんと調べればわかるのかもしれませんが、
よくわかるHPなどあったら教えてください

Aベストアンサー

ここらへんでしょうか、LC/MSとの違いも書いてあります

http://www.get-c.co.jp/lc-ms-ms.pdf

Qヴィッツとアクアで迷い中 12年乗ったヴィッツの買替えを検討中です。 ヴィッツの特別仕様車に希望する

ヴィッツとアクアで迷い中
12年乗ったヴィッツの買替えを検討中です。
ヴィッツの特別仕様車に希望するオプションをほとんどつけた見積価格がアクアの車両本体価格くらいでした。
毎日の通勤が往復で16kmくらいです。
長いことヴィッツに乗って、飽きてきたのもあり、アクアを初めは欲しかったのです。ところが、担当の営業スタッフさんから、走行距離からすると、アクアの価格とヴィッツの価格の差はガソリン代では元が取れそうにないですね、と言われましたので、再度ヴィッツにしようかなあと迷っています。
ヴィッツはアクアより価格も安く、車体の大きさもあまり変わらない(アクアが10センチくらい長く、高さはヴィッツが7センチくらい高い)のですが、街を走れば、アクアだらけです。
すごく売れているのはどうしてだと思われますか?
ハイブリッド車だという理由だけですか?
乗り心地や内装がアクアのほうがはるかにいいのでしょうか?
アクアの売れている理由がハイブリッド車だから、というだけならヴィッツに決めようと思います。
ヴィッツとアクア、どちらにするか検討した方がいらっしゃったら、どちらに決めたのか、とその理由を、お聞かせいただけないでしょうか?

ヴィッツとアクアで迷い中
12年乗ったヴィッツの買替えを検討中です。
ヴィッツの特別仕様車に希望するオプションをほとんどつけた見積価格がアクアの車両本体価格くらいでした。
毎日の通勤が往復で16kmくらいです。
長いことヴィッツに乗って、飽きてきたのもあり、アクアを初めは欲しかったのです。ところが、担当の営業スタッフさんから、走行距離からすると、アクアの価格とヴィッツの価格の差はガソリン代では元が取れそうにないですね、と言われましたので、再度ヴィッツにしようかなあと迷っています...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず・・・ハイブリッド車は「エコカー」と言われていますが、これは『エコロジー』の略です。『エコノミー』ではありません。
別の見方をすれば高性能車という枠です。省燃費という性能にお金をつぎ込むというものです。その性能に損得とか見返りを求めるのは野暮なんです。(汗)
実際ハイブリッドモデルと同格のガソリン車で ガソリン代の差額で車両価格の元が取れるか? については90%以上のケースで無理!となります。

ヴィッツとアクアですが、基本的に内外ともほぼ同サイズのコンパクトカーです。
燃料価格や税制が現行のまま、と仮定します。経済的に有利なのは原則ヴィッツです。

アクアを選ぶとすれば ハイブリッドによる走行フィーリングや航続距離、車体デザインやハイブリッドというステータス などに価値を見出せるか否かです。

QLC/MS/MSの分析で

高濃度のサンプルを溶出位置確認のためインジェクションして、
その後、濃度0の溶解液を注入したら、モノの位置にピークを検出してしまいます。
シリンジ周りやカラムだと思い、洗浄しその後濃度0のものを注入するとやはりピークを検出します。
経験上、10~20くらい注入すればキャリーオーバーのピークは解消できるはずですが、
しぶとく出てきます。
実際、カラムに残っているのか疑問っぽいですが・・・
ただ、どこかにあるはずなんですが~どこにあってどこから出てくるのかが全くわかりません。
何かいい解消法はないでしょうか?
モノはモサプリドっていうものです。

Aベストアンサー

アミン系物質のキャリーオーバーは、改善が難しいことが多いです。
おっしゃる通り、カラム内やMSではないと思います。オートサンプラーとカラムの間のどこかです。
酸性の移動相を流したり、バルブやラインやサンプルループや、とにかく、出来るところはすべて取り替えましたが、決定打にはなりませんでした。ただ、メーカーによっても違うので、お問い合わせください。
こういう物質は、一度、洗浄がうまくいったところで、また同じ症状になる可能性はあると思います。
当方は、キャリーオーバー由来のブランクは、10回も打てば、ある一定のところで安定するので、そこまでを定量範囲としました。

Qアサヒ アクアブルーは販売終了ですか?

今日、アサヒ アクアブルーをケース買いしようと
スーパーに行きました所、

アクアブルーが一つもなく、
変わりに似た感じの「ブルーラベル」という物が
置いてありました。

糖質がアクアブルーは50%オフだったのが、
ブルーラベルは0%になっていて、
価格も350ml24本入りで500円ほど安くなってました。

これは、アクアブルーが販売終了して
これに変わったのでしょうか。

主人はアクアブルーを好んで飲んでいまして
他のは飲む気がしないそうです。。。

このブルーラベルを飲んだことある方いらっしゃいますか??
アクアブルーと比べてどうですか??

Aベストアンサー

我が家もアクアブルーの大ファンで、最近他の発泡酒を飲み、満足していなかったのですが、7月16日に再出荷されるとの噂を聞き、楽天のホームページを見るとそのように書いてありました。 約一週間我慢して、酒屋に行きましょう!

QLC/MS/MS

少し前の質問とかぶりますが、興味があるので再度投稿させて
頂きました。
LC/MS/MSの現状についてです。
ソフトなイオン化法を用いたとしても、MS/MS部分でフラグメン
トを得ることは可能?
製薬業界などでコンビケム→LC/MSのような流れでスクリーニン
グは行われている?
(また、この場合、市販のライブラリでは登録件数は少ないが、
 自社でライブラリを構築しているので検索可能?)
LC/MSはどこのメーカーが良い?

前の別の方の質問時ではなにかあまり使えないような印象を受け
る回答しかなかったのですが・・・・。
運用を工夫すれば、利用価値の高い機器なのではないのしょうか?

Aベストアンサー

先の質問に回答した者です。

 この質問も出された時から知ってはいたんですが,色々と雑用があって中々回答する事ができませんでした。未だ開けてられるようですので,簡単ですが回答させていただきます。

> ソフトなイオン化法を用いたとしても、MS/MS部分でフラグメントを得ることは可能?

 可能です。ただし,ソフトイオン化を用いる場合,得られるイオンの強度(量)は FAB イオン化等に比べるとかなり弱い(少ない)です。そのため,高エネルギーでの CID を行うと,フラグメントイオンが弱くなり測定困難になる可能性が大きく,通常は低エネルギーでの CID を行います。

 また,LC/MS で多用されている四重極装置では,低エネルギーでの CID しか行う事が出来ません。

 これらの結果,先の回答に書いた様に,EI イオン化でのフラグメントの様な C-C 結合が解裂したフラグメントは得られ難いです。逆に言えば,ペプチド結合やグリコシド結合などの解裂しやすい結合のみが切れたフラグメントが通常得られ,スペクトルが簡単になりますので,アミノ酸シークエンス等の解析は容易になります。

> 製薬業界などでコンビケム→LC/MSのような流れでスクリーニングは行われている?
> (また、この場合、市販のライブラリでは登録件数は少ないが、自社でライブラリを構築しているので検索可能?)

 企業に所属した経験がありませんので実際の所は分かりませんが,お書きの様なスクリーニングは行われていると思います。

 ただし,その場合は,ライブラリを構築する過程でタグと呼ばれる適当なパーツを付けて行く事で,生成物の質量から構造が分かるようになっています。

 ですので,先の質問にある様なライブラリ検索によって構造解析をする必要はありません。

> LC/MSはどこのメーカーが良い?

 これは色んな条件が関係してくるでしょうから,一概に何処とは言えないと思います。

> 前の別の方の質問時ではなにかあまり使えないような印象を受ける回答しかなかったのですが・・・・。
> 運用を工夫すれば、利用価値の高い機器なのではないのしょうか?

 使い方が問題です。ソフトイオン化による LC/MS では高極性・高分子量の化合物の分子量が得られます。また,アミノ酸シークエンス等の情報も得られます。その結果,従来 MS の対象でなかった生体高分子の測定が可能になり,生体化合物の解析などに威力を発揮しています。

 その一方で,先の回答にも書いた様に,従来の低分子化合物に行われていた様な「フラグメント情報に基づくライブラリーサーチ」には適さない事になります。

 要は各イオン化法,測定法,・・・の特徴を把握して,個々の目的に最も適した手法を用いる事が大事だと思います。

先の質問に回答した者です。

 この質問も出された時から知ってはいたんですが,色々と雑用があって中々回答する事ができませんでした。未だ開けてられるようですので,簡単ですが回答させていただきます。

> ソフトなイオン化法を用いたとしても、MS/MS部分でフラグメントを得ることは可能?

 可能です。ただし,ソフトイオン化を用いる場合,得られるイオンの強度(量)は FAB イオン化等に比べるとかなり弱い(少ない)です。そのため,高エネルギーでの CID を行うと,フラグメントイオンが弱くなり...続きを読む

Qアクアマリン

アクアマリンの希少価値はどの程度ですか?

普通、ブルートパーズは加熱加工がしてありますが、
加熱、非加熱問わず、アクアマリンの方が、ジュエリーとしては高価なことが多い気がします。

これは最近の傾向ですか?

パワーストーンのブレスレット等に使われるビーズでは、
多くはブルートパーズの方が、加熱加工してあっても、
アクアマリンよりお高いことがあります。
ただ、ジュエリーとしては、最近アクアマリンも値段が上がったような…?

アクアマリンの希少価値が高いということでしょうか?
品質の良いアクアマリンが採れなくなってきているのですか?

Aベストアンサー

こんばんは

アクアマリンは元々高い石ですよ
ブルトパよりもランクが上です

アクアマリンもピンキリですが
大粒で綺麗なものは少なくなってきています
価値としてもつのであれば1キャラット以上のほうがいいですよ

QLC/MS/MSによる確認試験について

今、LC/MS/MSの勉強をしているのですが、少々皆様にお聞きしたいことがあります。

それは、よく論文などで、
「HPLCの検出後、LC/MS/MSを用いて確認試験を行った」
というような文章があるのですが、具体的に何を検出した後にどういう確認をするのでしょうか。また、なぜそのような確認、操作を行うのかイマイチわかりません。

もし、ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授頂けると助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

同定情報に、大きな差があるからです。

HPLCとだけ記載された場合、検出器はほぼUVか蛍光です。利点は機器が安く、一回に多くの試料を導入できること、欠点は感度がやや低く、物質情報はリテンションタイムと波長だけで、同定の決め手に欠けるということです。

LC/MS/MSは、HPLCの検出器がタンデムの質量分析計です。その化合物のプレカーサーイオンとプロダクトイオンのm/z(質量/電荷)が、数値でハッキリでます。要は、ほぼ確実にその対象化合物である、と論文で大手を振って言えるだけのデータが得られるわけです。

よって、HPLCでおおよその見当をつけた後、LC/MS/MSで確定情報を付与するというのは、非常に合理的と言えます。

QARIA マンホームとアクアのカレンダーについて

天野こずえ先生の漫画にAQUA(後に「ARIA」として継続)という作品があり
そのAQUA1巻 Navigation02で主人公の灯里が
「地球では4月だけど、ここはアクアだから8月になるんだ」
というような意味の台詞を言っていますが、この意味が良く分かりません。

地球:公転周期1年
アクア:公転周期2年

という条件であっても、自転周期が同じ24時間だというのならば
地球で4ヶ月経過すれば、アクアでも4ヶ月経過すると思います。

もし地球の1月1日とアクアの1月1日が同じであれば
地球の4月は、アクアでも4月(もしくは+12ヶ月した16月)だと思います。

最初から地球とアクアの季節に4ヶ月のズレがあったのならば
地球の4月がアクアで8月になるのだと思いますが。

皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

作者のミスでしょうね。

10巻で、1年が24ヶ月あるアクアでは、
誕生日の半年後に裏誕生日を祝う、という話がありますが
そこにマンホームのカレンダーとの比較が掲載されています。

地球1月2月…12月1月
火星1月2月…12月13月

という形なので、マンホームが4月ならアクアも4月、
もしくは16月のはずです。
初期の話なので、アクアの8月はマンホームでいうところの
4月「くらいの季節」、という設定と実際のカレンダーが
作者の頭の中でも混乱してしまったのではないでしょうか。

QLC/MSでの残留農薬の分析について。

LC/MSを用いて、食品中の残留農薬を分析する事に対して調べたいのですが、自分はLC/MSを使用した事がなく、また、LC/MSに関する知識も持ち合わせておりません。

HPLC程度しか使用した事のない初心者なのですが、LC/MSを用いた残留農薬分析について、色々と調べたいと思うのですが、その様な事について解説しているサイトや本はないでしょうか?

そもそも、LC/MSではどの様な成分を分析する事に優れているのか、GC/MSと比較してどの様な点が優れいてるのかなど、一切分かりません…
どなたかご教授いただけると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際に調べたい内容は具体的に何ですか?
LC/MSの装置で有名なのがウォーターズとアプライドバイオシステムズジャパンの二社です。
装置の購入も検討に入れられているのなら、メーカーに問い合わせるのが一番です。
各社アプリケーションの開発に力を入れていますから。
以下は島津製作所ですが、アプリの一例です。
http://www.an.shimadzu.co.jp/support/lib/an/200407/c34.pdf

検出器には数種類あってAPI、APCI、ESIがあります。
一般的なのはESI(エレクトロンスプレーイオン化法)です。
また、フラグメンテーションさせたイオンにはマイナスとプラスがあるため、
測定する農薬によってネガティブモードとポジティブモードを使い分けます。
農薬一斉分析の場合は、1検体につき2回の測定が必要になる場合があるということです。
LC/MSの原理などは以下で。
http://www.env.go.jp/chemi/anzen/lcms/

また、LC/MS-MSというものもあります。(タンデムMSとも呼ばれます)
四重極で振り分けたイオンをコリジョンセルでフラグメントさせ、
次の四重極で検出するシステムにより、さらにSN比が高くなります。
http://www.natc.co.jp/bunseki/lcmsms.html

蛇足ですが、WatersがリリースしたUPLCにも注目が集まっています。
http://www.chromato.co.jp/lc/waters/acquity.html

何か参考になるものがあればよいのですが。

参考URL:http://www.env.go.jp/chemi/anzen/lcms/

実際に調べたい内容は具体的に何ですか?
LC/MSの装置で有名なのがウォーターズとアプライドバイオシステムズジャパンの二社です。
装置の購入も検討に入れられているのなら、メーカーに問い合わせるのが一番です。
各社アプリケーションの開発に力を入れていますから。
以下は島津製作所ですが、アプリの一例です。
http://www.an.shimadzu.co.jp/support/lib/an/200407/c34.pdf

検出器には数種類あってAPI、APCI、ESIがあります。
一般的なのはESI(エレクトロンスプレーイオン化法)です。
また...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報