職場でイオン交換樹脂を通した蒸留装置を使っております。
我が家には生後8カ月になる子供がいて、東京都在住ではありませんが、水の汚染が心配で今朝からミネラルウォーターでミルクを作ることにしました。
しかしストックが8本しかなく、原発事故も当分改善する見込みがないため、娘の飲用に職場の蒸留水を少し分けてもらおうかと考えております。
そこで質問ですが、化学実験レベルの蒸留水製造装置で放射性ヨウ素は除去できるのでしょうか?
また、実験用の蒸留水製造装置の水は飲用に適しているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

素人意見ですがしばらくは蒸留水にするとしても細菌を気にしてる回答者さんもいらしたことですし



長期視点で今話題のウォーターサーバーなんかいかがですか??
現在設置許容を越え新規注文中止が多いですが8ヶ月ならまだまだミルクも必要でしょうし…

ただアクアクララ等は水道水濾過らしいですから
他社でどこの水か見てからをオススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アクアクララ、問い合わせが多そうですね。
今からでも契約できるか心配ですが考えてみます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/30 09:44

蒸留が有効かどうか、私も結果を探しています。


RO浄水器は、大手スーパーなどに置かれていて、容器を買えば無料で純粋が手に入ります。家庭用より性能が良いとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

状況が長引くようならスーパーの水も考慮に入れます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/30 09:42

完全に除くには逆浸透圧法(RO)で純化するのが確実ですが、本来あるべきミネラル分などもなくなりますので、どこかの「おいしい水」の方が良いだろうと思います。


でも、多分数ヶ月内にその水にも放射性物質が検知される様になるでしょう。
輸入物はあまり体に良くない様な気が…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

逆浸透圧法の浄水器の情報も見ましたが、装置が大掛かり過ぎて賃貸住まいのうちには無理みたいです。
粉ミルクを溶かす水なので美味しさは求めていません。
市販の水も確かに関東近辺では汚染も時間の問題ですね。

輸入物は硬度の高い物が多い上に軟水は入手が難しそうです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/24 15:13

蒸留によって、セシウムなどは取り除けるようですが、ヨウ素は沸点が水と近いので完全には取り除けないと思います(大部分は除去できる)。



ただし、化学実験用の蒸留水製造装置は、細菌について考慮していない場合が多いので、タンクに蓄えている蒸留水に雑菌が繁殖している場合があります。
飲用するのはお奨めしませんが、飲まれる場合は煮沸しないとだめです。

>東京都在住ではありませんが
→水道水より放射性ヨウ素が検出されていないまたは基準値以下であれば、心配しないでよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タンク内にあった蒸留水は別容器にとって本日蒸留した分をもらうつもりです。
更に電気ポットで沸かして粉ミルク用のみに使うつもりですが、それでも衛生面からは心配が残ります。
地元の水道局からは何も発表が無いみたいなので、心配が尽きません。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/24 15:09

・化学実験レベルの蒸留水製造装置で放射性ヨウ素は除去できるのでしょうか?



ます、できないです。

・実験用の蒸留水製造装置の水は飲用に適しているのでしょうか?

安全ですが、蒸留水は、ミネラルウオーターと反対に、不純物を分離しウマミ・コクがなくなるので直接飲用ではウマクないです、
無味乾燥。コーヒーや茶には最適ですが。

ミネラルウォーターは、成分により、連続して飲用すると乳幼児の発育に害あるもの
もあるので注意してください。

空いたボトルに水道水入れて日付書いた紙貼っておきましょう。
検知された放射性物質の半減期は八日ですので、10日もすれば、心配ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

粉ミルクを溶かして使うのでミネラルが無くなっても問題ありません。
ちなみに今日使ったミネラルウォーターは去年買っておいた南アルプス天然水、軟水なので大丈夫なはずです。
十日間置いた水道水だと今度は衛生的に心配なので他の方法を考えます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/24 15:06

まず、用語を正確にしておきましょう。



・蒸留水……水を加熱し水蒸気にして、再び凝縮さてたもの
・イオン交換水……イオン交換樹脂を通したもの

まず、水中でヨウ素やセシウムがどのような状態になっているのかは
わかりません。極微量なのでどのような方であったもおかしくないから
です。
セシウムに関してはアルカリ金属で水と反応すると思いますので、
Cs+で存在している確率が高いでしょう。ですから陽イオン交換樹脂
がH+に置換するはずなのですが、元来が微量なのでどこまで減少
できるかわかりません。

それよりも、ミルクを作るときに重要なのは放射性ヨウ素の量です。
これが水中でどのような形でいるのかがわかりません。
I2の単体なのかHI等の陰イオンか、I3^-のような多重イオンか?
うがい薬などの高濃度の場合はI3^-でないと溶けないのです。

下記のURLでもわかるよにヨウ素の製造は地下水をイオン交換樹脂に
通して作られるようです。ですから、ある程度の濃度ならばかなり有効
であるということです。
http://www.ntgas.co.jp/iodine/manufacture.html

今回のヨウ素の量は極微量であり、I2のまま溶けていても
おかしくはないのです。I2であればイオン交換樹脂では捕捉できません。
しかし、活性炭で捕捉できるはずなので、イオン交換樹脂と活性炭を
組み合わせるとある程度は除去できるのではないでしょうか?

と言ってもいずれもが極微量の物質なので、どれだけ除去できるかは
わかりません。詳しいデータも見たことがありません。水で困っている
人がいるのですから、この辺りのデータがそろそろ欲しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

職場にある装置はイオン交換樹脂を通してから蒸留するタイプですので両方を兼ねております。
陰イオンだとおそらくうちの樹脂では除去できないはずですからちょっと心配です。
確かに超微量成分なので、仮にヨウ素イオンに対応できたとしてもどこまで効果があるかは疑問ですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/24 15:02

蒸留水製造装置で蒸留水と放射性ヨウ素を分離できます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/24 14:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報